ウェディングドレス 清楚。 ウェディングドレスの種類と形を分かりやすく!似合う体型&選び方も

クラシカルなウェディングドレスがロマンチック!オススメコーデの紹介

ウェディングドレス 清楚

「ウェディングドレスの選び方が分からない!」 「私に似合うウェディングドレスはどれ!? 」とお困りの方はいませんか? 「式=ウェディングドレス」というイメージは、一般的に広く浸透しているものですが、いざ結婚式が決まって自分が着る物を選ぼうとすると、何を基準に選べば良いのか分からない。 または気に入ったドレスがあっても、実際に着てみるとしっくりこない。 そんな経験をしたことがある花嫁は少なくないのではないでしょうか? そこで今回は、肌らぶ編集部がお気に入りのウェディングドレスを見つけるためのウェディングドレスの選び方を調査いたしました。 あなたも一緒に、をより一層素敵なものに演出してくれる、運命のウェディングドレスを見つけましょう! 目次• 選ぶ前に知っておきたい【ウェディングドレスの5つの種類】 ウェディングドレスは結婚式に臨む花嫁にとって、楽しみのひとつであると同時に、大きな悩みの種でもあるのではないでしょうか? そんな悩める花嫁のために、まずはウェディングドレスを選ぶ前に知っておきたいウェディングドレスの種類をご紹介します。 ウェディングドレスは基本的に、シルエットの形により 【プリンセスライン】【Aライン】【マーメイドライン】【スレンダーライン】【エンパイアライン】の5つの種類に分けられることが一般的なようです。 ウェディングドレスの5つの種類とそれぞれの特徴を理解しておくと、ウェディングドレスを選ぶ上で役立つので、自分はどの種類が着てみたいかを考えながら読んでみてください。 ドレス全体にゴージャスなボリューム感があるため、華やか・ゴージャスといった雰囲気を演出することができるといわれています。 スカートのふくらみにより、お腹部分を隠すことができるので、マタニティドレスとしてもおすすめです。 緩やかなスカートの流れとシンプルなシルエットが、クラシカルかつ上品なイメージを演出してくれるとされています。 ドレスの裾部分が人魚の尾ひれのように見えることから、「マーメイドライン」という名前が付いています。 元・ウェスト・ヒップの曲線が露わになったシルエットにより、大人っぽくセクシーなイメージを演出することができるとされています。 シンプルなシルエットが大人っぽい雰囲気をつくる為、大人っぽく見せたい方におすすめです。 シンプルながら、スカート部分のフレアな揺れ動きがロマンチックな印象を演出してくれるとされています。 ハイウェストが縦のラインを強調するため、背を高くスレンダーに見せてくれます。 ウェディングドレスは、ドレス単体で見たイメージと実際に着た際のイメージが異なります。 ウェディングドレス単体で見ていたら素敵だったけれど、自分が着てみるとイメージが違う・・・などということにならないように、実際に着用したいウェディングドレスのイメージをあらかじめ固めておきましょう。 シルエットでいうと「プリンセスライン」や「Aライン」のウェディングドレスがよいでしょう。 シルエットでいうと「スレンダーライン」や「マーメイドライン」のウェディングドレスが良いでしょう。 シルエットでいうと「プリンセスライン」や「マーメイドライン」のウェディングドレスが良いでしょう。 シルエットでいうと、「エンパイアライン」や「スレンダーライン」のウェディングドレスが良いでしょう。 シルエットでいうと、「Aライン」のウェディングドレスが良いでしょう。 「きれいに見せるためにしなくちゃ!」と焦り気味の花嫁さんもいるのではないでしょうか? しかし実は、ウェディングドレスは自分の体型にあったドレスを選ぶことで、無理なダイエットをしなくてもボディバランスを美しく見せることができるとされています。 この章では代表的な体型別に、肌らぶ編集部がおすすめするウェディングドレスの選び方をご紹介します。 自分至上最高に美しいウェディングドレス姿を披露することができるよう、自分の体型に適したウェディングドレスの選び方を見てみましょう。 上半身の装飾は控える。 ウェディングドレスのカラーは白が定番ですが、一言に白と言っても一般的に「純白」と呼ばれるものから、やや気色味がかった温かみのある「アイボリー」と呼ばれるものまで、白の中にもさまざまな色味があります。 ウェディングドレスの白は、自分の肌の色に合わせて選ぶことで、ウェディングドレス姿をより垢抜けて見せることができるのです。 今回は肌の色を「イエローベース」と「ブルーベース」の2つのベースカラーに分けてご説明します。 自分の肌の色はどちらの傾向にあるのか、確認しながら読んでみてください。 また、元から肌の色が白い、よく青白いといわれるという方にも、純白カラーはおすすめです。 肌の白さを際立たせ、なおかつ顔立ちをはっきりと見せることができるとされています。 また、日に焼けやすい、もとから色が黒いと言う方にも、アイボリーカラーがおすすめです。 肌の色と自然に馴染み、顔立ちを優しく見せてくれるとされています。 結婚式を挙げる場所によっては着用するウェディグドレスにも規則があったり、会場の広さによってはドレスが大きすぎて身動きが取れなくなったりすることもあるようです。 会場の雰囲気、構造に構わず着たいものを着てしまうと、花嫁姿が浮いてしまい、美しく感じられなくなってしまう事もあります。 ウェディングドレスを選ぶ際は、下記に挙げた挙式会場ごとのポイントにも注目してみましょう。 教会はそもそもが神聖な場所であり、教会によっては挙式にも宗教的な制約を設けている場合があります。 ウェディングドレスを選ぶ前に、教会側に確認を取っておくとよいでしょう。 チューブトップなどから腕にかけてを大きく露出したドレスの場合は、ロング手袋を着用し露出面積を減らすなどの配慮もよいでしょう。 また教会式の場合挙式の間中、参列者に後姿を見せた状態になります。 その為、ロングトレーンや大きなリボンなどのデザインにこだわってドレスを選ぶこともおすすめです。 照明の当たり方でキラキラと光るビジューやラインストーンによる装飾があるとより映えるでしょう。 また、広い会場でも存在感をアピールできるよう、スカートのボリュームは大きいものがおすすめです。 レストランやガーデンは、あちこちと動き回ることが多いタイプの会場なので、ドレスのボリュームは抑えた方が無動きやすいようです。 その分参列者との距離が近いため、至近距離で見ても美しさを損なわない、レースの重ね使いや金刺繍、ラインストーンなど細かな部分にまで装飾の施されたウェディングドレスがおすすめです。 コンプレックス撃退!気になる部分をカバーするポイント ここでは、コンプレックスをカバーして希望のウェディングドレスを美しく着こなすポイントをご紹介しましょう。 「腕が太いから出したくない」「お腹が出ているから隠したい」など、みんなさまざまに異なるコンプレックスを抱いているもの。 そこでこの章では、代表的なコンプレックス4つを例に挙げ、コンプレックスのカバー方法をご紹介します。 二の腕の太さやたるみが気になって、ノースリーブなんて着れない!という方は、スリーブやフレンチスリーブのように、ふんわりとした立体的なデザインの袖がおすすめです。 袖のボリューム感との対比で、二の腕を細く見せることができるとされています。 また、ロングスリーブを着用する場合は、腕の中でも最も細い手首部分が露出する、7分袖がおすすめです。 手首の細さが際立ち、腕全体を華奢に見せることができます。 そんなときは、胸元にフリルなどの装飾があしらわれたデザインをおすすめします。 また、ウェストがギュッと絞られたデザインは、ボディラインにメリハリをつけることでバストが大きいように見せることができるとされています。 お尻の大きさが気になるから、スカート部分にボリュームのあるドレスを着よう、と考える花嫁は意外に多くいるようです。 その考え方は間違いではありませんが、お尻の大きさが気になるからと言って、タイトなウェディングドレスを諦める必要はありません。 お尻の大きさが気になるけれど、タイトなシルエットのドレスが着たい!という場合はリボンやレース、ギャザーなど、ヒップラインに大きな装飾を施したデザインを選ぶことがおすすめです。 装飾のボリューム感で、お尻の大きさをカバーすることができます! 8. ウェディングドレスの選び方のまとめ ウェディングドレスの基本的な5つのシルエット、そしてウェディングドレスの選び方、ウェディングドレスを着る際のコンプレックスのカバー方法などをご紹介しましたが、いかがでしたか? ウェディングドレスは特別なドレス。 ウェディングドレスを着る瞬間は、人生の中で最も美しい自分でいたいものですよね。

次の

ウェディングドレスの種類と特徴を知って『ドレス選び上手』になろう

ウェディングドレス 清楚

ウェディングドレスの種類と特徴を知って『ドレス選び上手』になろう 結婚式準備の一大イベント『ドレス選び』 ウェディングドレスにはたくさんの種類があるので本当に迷ってしまいますよね。 「プリンセスラインで可愛らしく」「マーメイドラインでエレガントに」など、 雑誌やカタログにも色々な種類が出てきます。 Aライン?オフショルダー?タイプを聞いてもピンと来ないけど今さら聞けない・・・ と思っている方でも安心してください! 簡単に分かりやすくウェディングドレスの種類をご紹介します。 Aライン その名の通り、スカートが徐々に広がってアルファベットの「A」のようなシルエットになる王道のラインで、上品でエレガントな印象に見せるドレスです。 プリンセスライン 上半身はぴったりと、下半身はふんわりとボリュームがあるキュートなお姫様ドレス。 ウエストの切り替えがあるので上下でメリハリが出るラインが特徴。 スカートを広げるために中に履くパニエによって、スカートのボリューム感を調節することができます。 マーメイドライン 大人の上品さを引き立たせてくれる、体のラインに沿った細身のドレス。 長身でほっそりとした花嫁さんには特にオススメです! 細身だから動きやすく、レストランウェディングやガーデンウェディングに向いています。 マーメイドライン 膝までは体にぴったりとフィットし、膝から裾に向かって広がるタイプのドレス。 その広がる足元のシルエットはまさにマーメイド(人魚)の尾ひれのようです。 女性らしい曲線美を演出するこのドレスは、体型にそれほど自信が無い方でもスタイル良く着こなすことができます。 エンパイアライン 胸のすぐ下で切り替わるハイウエストドレス。 スカート部分は裾までストンとしていて直線的です。 女神のようなエレガントさの中にも可憐さがあるエンパイアラインは、ハイウエストと縦のラインで身長を高く見せてくれます。 お腹周りを締め付けないので、妊婦さんも安心して着ることができますよ。 スタイルズは全国に ウエディングステージを展開しています 首周りや袖もドレスデザインはさまざま ウェディングドレスといえば、袖なしで両肩を出すビスチェタイプが 主流と感じている人が多いかもしれません。 しかし元々は肌を見せないことがマナーとされていたので、 過去には長袖ドレスが一般的でした。 清楚な花嫁が肌を露出するなんて・・・という風潮だったんですね。 今でも教会式などは肌を隠すことを意識されていますが、新婦さんが着たいドレスを自由に選ぶのが一般的です。 首周りや袖にも色々なデザインがあるのですが、今回は代表的な4種類をご紹介します! アメリカンスリーブ 肩を全面的に露出させるように、首元から脇下までを大きく斜めにカットしたノースリーブ。 開放的なアメリカの雰囲気を感じさせることから、アメリカンスリーブと呼ばれるようになったそうです。 一見肩が強調されるように見えますが、目線が中心にいくので肩幅にお悩みがある人にもオススメ。 スタイリッシュで健康的な印象です。 オフショルダー 両肩が出るほど首周りが大きく開いたタイプで、人気が高いデザインです。 半袖 一般的にイメージする半袖の形以外にも、ウェディングドレスによく使われる形があります。 フレンチスリーブはノースリーブと半袖の中間に位置する、肩が隠れるくらいの短い袖。 肩のラインをカバーして華奢に見せてくれる効果があります。 パフスリーブはふんわりと膨らませた袖が可愛らしくてお姫様のよう。 肩周りにボリュームが出るので二の腕を細く見せてくれます。 長袖 ロングスリーブとも呼ばれる長袖にも色々なタイプがあります。 例えばパコダスリーブ。 これは二の腕はぴったりめで、肘のあたりから袖口に向かってラッパのように広がるデザインのことです。 袖口にボリュームが出るので華奢さをカバーしたい人にオススメ。 総レースの長袖はイギリスのキャサリン妃も着られていたタイプ。 清楚でエレガントな印象になり、大人の上品さを演出してくれます。 2WAYドレスでミニ丈も楽しもう! ひざ上丈がキュートなミニ丈のウェディングドレス。 その中にはミニ丈とロング丈の2WAYドレスもあるってご存じですか?スカートが二段構造になっていて、長い方のスカートを取り外すとミニドレスに変身!雰囲気がガラリと変わります。 「このシーンでミニ丈を着たいけど、基本的にはロング丈が良いなぁ」とお悩みの方は、このようなプチお色直しができる2WAYドレスがオススメです! ウェディングドレスを選ぶコツは特徴を知ること ウェディングドレスはたくさん種類があって悩んでしまいますが、 それぞれ特徴が違います。 その特徴を知ることで、自分が着たい・自分に似合うドレスが見つかるはず。 見せたい雰囲気やカバーしたい部分を考えながら選ぶのも1つの方法ですね! いかがでしたでしょうか?お好みのドレスは何となく浮かんできましたか? 提携しておりますでは素敵なドレスをたくさん取り揃えております。 きっとお気に入りの1枚が見つかるはず!.

次の

ウェディングドレスの種類と特徴を知って『ドレス選び上手』になろう

ウェディングドレス 清楚

ウェディングドレスの種類と特徴を知って『ドレス選び上手』になろう 結婚式準備の一大イベント『ドレス選び』 ウェディングドレスにはたくさんの種類があるので本当に迷ってしまいますよね。 「プリンセスラインで可愛らしく」「マーメイドラインでエレガントに」など、 雑誌やカタログにも色々な種類が出てきます。 Aライン?オフショルダー?タイプを聞いてもピンと来ないけど今さら聞けない・・・ と思っている方でも安心してください! 簡単に分かりやすくウェディングドレスの種類をご紹介します。 Aライン その名の通り、スカートが徐々に広がってアルファベットの「A」のようなシルエットになる王道のラインで、上品でエレガントな印象に見せるドレスです。 プリンセスライン 上半身はぴったりと、下半身はふんわりとボリュームがあるキュートなお姫様ドレス。 ウエストの切り替えがあるので上下でメリハリが出るラインが特徴。 スカートを広げるために中に履くパニエによって、スカートのボリューム感を調節することができます。 マーメイドライン 大人の上品さを引き立たせてくれる、体のラインに沿った細身のドレス。 長身でほっそりとした花嫁さんには特にオススメです! 細身だから動きやすく、レストランウェディングやガーデンウェディングに向いています。 マーメイドライン 膝までは体にぴったりとフィットし、膝から裾に向かって広がるタイプのドレス。 その広がる足元のシルエットはまさにマーメイド(人魚)の尾ひれのようです。 女性らしい曲線美を演出するこのドレスは、体型にそれほど自信が無い方でもスタイル良く着こなすことができます。 エンパイアライン 胸のすぐ下で切り替わるハイウエストドレス。 スカート部分は裾までストンとしていて直線的です。 女神のようなエレガントさの中にも可憐さがあるエンパイアラインは、ハイウエストと縦のラインで身長を高く見せてくれます。 お腹周りを締め付けないので、妊婦さんも安心して着ることができますよ。 スタイルズは全国に ウエディングステージを展開しています 首周りや袖もドレスデザインはさまざま ウェディングドレスといえば、袖なしで両肩を出すビスチェタイプが 主流と感じている人が多いかもしれません。 しかし元々は肌を見せないことがマナーとされていたので、 過去には長袖ドレスが一般的でした。 清楚な花嫁が肌を露出するなんて・・・という風潮だったんですね。 今でも教会式などは肌を隠すことを意識されていますが、新婦さんが着たいドレスを自由に選ぶのが一般的です。 首周りや袖にも色々なデザインがあるのですが、今回は代表的な4種類をご紹介します! アメリカンスリーブ 肩を全面的に露出させるように、首元から脇下までを大きく斜めにカットしたノースリーブ。 開放的なアメリカの雰囲気を感じさせることから、アメリカンスリーブと呼ばれるようになったそうです。 一見肩が強調されるように見えますが、目線が中心にいくので肩幅にお悩みがある人にもオススメ。 スタイリッシュで健康的な印象です。 オフショルダー 両肩が出るほど首周りが大きく開いたタイプで、人気が高いデザインです。 半袖 一般的にイメージする半袖の形以外にも、ウェディングドレスによく使われる形があります。 フレンチスリーブはノースリーブと半袖の中間に位置する、肩が隠れるくらいの短い袖。 肩のラインをカバーして華奢に見せてくれる効果があります。 パフスリーブはふんわりと膨らませた袖が可愛らしくてお姫様のよう。 肩周りにボリュームが出るので二の腕を細く見せてくれます。 長袖 ロングスリーブとも呼ばれる長袖にも色々なタイプがあります。 例えばパコダスリーブ。 これは二の腕はぴったりめで、肘のあたりから袖口に向かってラッパのように広がるデザインのことです。 袖口にボリュームが出るので華奢さをカバーしたい人にオススメ。 総レースの長袖はイギリスのキャサリン妃も着られていたタイプ。 清楚でエレガントな印象になり、大人の上品さを演出してくれます。 2WAYドレスでミニ丈も楽しもう! ひざ上丈がキュートなミニ丈のウェディングドレス。 その中にはミニ丈とロング丈の2WAYドレスもあるってご存じですか?スカートが二段構造になっていて、長い方のスカートを取り外すとミニドレスに変身!雰囲気がガラリと変わります。 「このシーンでミニ丈を着たいけど、基本的にはロング丈が良いなぁ」とお悩みの方は、このようなプチお色直しができる2WAYドレスがオススメです! ウェディングドレスを選ぶコツは特徴を知ること ウェディングドレスはたくさん種類があって悩んでしまいますが、 それぞれ特徴が違います。 その特徴を知ることで、自分が着たい・自分に似合うドレスが見つかるはず。 見せたい雰囲気やカバーしたい部分を考えながら選ぶのも1つの方法ですね! いかがでしたでしょうか?お好みのドレスは何となく浮かんできましたか? 提携しておりますでは素敵なドレスをたくさん取り揃えております。 きっとお気に入りの1枚が見つかるはず!.

次の