手 の 指 の 皮 が むける 病気。 手の皮がむける!かゆい!この症状の6つの原因とは!?

手の皮がむけてヒリヒリと痛い!原因は汗?治った方法や対策はこれ!

手 の 指 の 皮 が むける 病気

Topics• 指の皮がむける原因と治し方は? 指の皮がむけてきたら、まずは自分の体質や生活を考えてみましょう。 ・手汗が多い体質 ・水仕事が多い ・乾燥肌がひどい ・冷え性 ・ストレスを抱えている ・寝不足が続いている ・家族に水虫の人がいる ・花粉症などのアレルギーを持っている 誰が見ても、どれかしら当てはまりそうな内容ですよね。 ということは、 指の皮剥けは、誰にでも起こる可能性があると言うことなんです。 上記のようなことが、ひとつでも当てはまったら、指の皮がむける症状が出てもおかしくないのです。 手汗や水仕事が原因だと考えられるときは、まず、まめに指の水分を取り去ることです。 手汗を洋服で拭いたり、水仕事で濡れた手をエプロンでサッと拭いたりしていると、ふやけた部分から雑菌が入り、皮剥けにつながってしまいます。 指先の水分を、きちんと清潔なタオルで吸い取るようにするだけでも、変わってきます。 乾燥肌や冷え性から指の皮がむける場合は、血流が滞っていると考えられるため、暖かい湯舟につかり、わきの下から指先にむけてマッサージをするなど、血行を促すようにしましょう。 お風呂から出たら、ワセリン系の軟膏で保湿すると効果的です。 ストレスや寝不足が続いているなら、自律神経が正常に機能していないことが考えられます。 まず、そちらの原因を軽減させることが必要です。 水虫やアレルギーは、自分では判断しにくいので、皮膚科の診察をうけるのが一番です。 水虫は白癬菌と言う菌が人にうつる心配があり、アレルギー性の皮剥けの場合、かゆみが伴い、かいたところからトビヒのおそれがありますので、皮膚科の先生に診てもらうのが安全なのです。 指の皮がむけるのは病気? 皮がむけたり、皮膚に異常が出てくる症状の病気はたくさんあります。 でも、指の皮がむけるだけの大きな病気は、まずないと思って大丈夫です。 大きな病気の場合、全身の倦怠感や、疲労感など、先にほかの症状に苦しんでいるはずです。 ただし、 血行不良や自律神経の異常は万病のもとです。 冷え性などの血行不良をそのままにしておくと、血栓などができやすい血液になり、いずれは脳梗塞などの重大疾病を引き起こす可能性があります。 また、自律神経が正常に機能しなくなると、脳貧血や代謝異常を起こすこともあります。 どちらも、免疫力の低下を引き起こしますので、指先の皮がむけることは、最初のサインと言えます。

次の

手の皮がむけてヒリヒリと痛い!原因は汗?治った方法や対策はこれ!

手 の 指 の 皮 が むける 病気

手の皮がむける(2) の参照が多いので、追加記事を書きます。 手の皮がむける場合で、水虫(ミズムシ、みずむし、白癬、はくせん)やかぶれ(接触皮膚炎、せっしょくひふえん)を疑うのは次のような症状の時です。 利き腕(ききうで)と反対側の手の平だけ皮が向ける 1.手の白癬(水虫、みずむし、ミズムシ): 手荒れは一般に利き腕の手の方が利き腕ではない手よりも症状が強いことが多いですね。 右利き(みぎきき)なら左手より右手のほうが症状が強く、また、親指やヒトサシ指が他の指より荒れます。 右利きなのに、左手の皮ばかりむける場合はミズムシを念のため疑います(左手に症状が強くても、ほとんどはミズムシではありません。 ただ念のため検査はした方が良いということです。 もちろん皮膚科を受診された患者さんにはカビの検査そします)。 2.シャンプーや乳液などによるかぶれ シャンプーや乳液は容器を利き腕に持って、利き腕ではない方の手の平の真ん中に出します。 ですから、利き腕と反対の手の平の真ん中だけ荒れている場合はかぶれを疑います。 かならずしもアレルギーとはかぎりません。 シャンプーや乳液に含まれる界面活性剤による乾燥だけということもあります。

次の

手の皮がむけるのは病気?子供に多い溶連菌感染症とは。

手 の 指 の 皮 が むける 病気

手の皮が剥ける「掌蹠膿疱症」とは? 出典: 手や足の裏に 小さな水泡が無数にできます。 手の好発部位は 親指と小指の付け根。 さらに手のひらの中央部にもできやすいです。 透明な小さな水泡から始まり、少しずつ黄色味を帯びていきます。 これが破れ、かさぶたのような状態になります。 次第にこれらが混在した状態となっていくのが特徴です。 症状としては水泡形成時にはかゆみを伴うことが多いようです。 【原因】 詳しくは不明です。 しかし免疫由来であることが多く、金属アレルギーや喫煙により起こることがあるとされています。 また、体のどこかに 細菌由来の疾患がある場合にも症状が出てくることがあります。 代表的な例としては、 慢性扁桃腺炎、歯周病、慢性副鼻腔炎、中耳炎など。 これらの症状の悪化と同時に掌蹠膿疱症も悪化することが多いといいます。 しかし、掌蹠膿疱症自体は細菌由来のものではありません。 免疫をつかさどる白血球の一種「 好中球」が水泡の中に溜まった状態です。 体になんらかの刺激が加わることで、免疫機能の影響の一つとして発症することが分かっています。 【治療】 現在、主に行われている治療としては ステロイドを塗布する治療がメインです。 炎症を抑えるような対症療法が広く行われているほか、原因と考えられる疾患(歯周病や慢性副鼻腔炎)を治療するのも効果があると考えられています。 手の皮が剥ける「汗疱性湿疹」とは? 出典: 汗が皮膚の下に溜まる汗疱と呼ばれる 1~2㎜の大きさの水泡ができる疾患です。 かゆみを伴うこともありますが、水泡ができる以外は無症状のこともあります。 【原因】 明確にはなっておらず、 不明。 細菌の影響などではなく、自身の汗になんらかのアレルギーを起こしているのでは?と考えられています。 【治療】 主な治療は ステロイドの塗布と、サリチル酸の使用です。 対症療法がほとんどになります。 手水虫かもしれない?と疑うポイントとは? 上記の2つ「掌蹠膿疱症」と「汗疱性湿疹」は手水虫と症状が似ています。 しかし、手水虫を発症するには特定の条件を満たしていないと起こりにくいもの。 まずは見分けるために手水虫を起こしやすいポイントをまとめてみました。 もっと詳しく知りたい ・自分の足・または家族に水虫がある ・こまめに手を洗わない ・長時間手袋を着用することが多い 上記した3つのいずれかに当てはまる場合には、手水虫を起こしている可能性があります。 手水虫は抗真菌剤を塗布しない限り治りません。 疑われる場合には速やかに専門医(皮膚科医)の診断を受けましょう。 手の皮が剥ける・まとめ 手は比較的皮が剥けやすい部分ではあります。 お風呂でふやけたり、手荒れなどからも手の皮が剥けることもあります。 大切なのは、なぜ手の皮が剥けているのかとそのつどきちんと原因を探ることです。 ふやけただけなのか、水泡形成が伴うのか、かゆみはどうか、不衛生な環境にさらさなかったかどうかなど。 手の皮剥けは原因がわかれば、治癒しやすいものがほとんどです。 ぜひ、しっかりと手の皮剥けの原因を考えてみてくださいね。

次の