イオン apple pay。 WAONはiPhoneのApple Payに登録できる?Apple Payのお得な使い方を解説!

イオンカードとApple Pay。|イオンカード 暮らしのマネーサイト

イオン apple pay

イオンカードが2016年10月より開始する決済サービスApple Pay アップルペイ)に対応。 イオンモールやミニストップ、マックスバリュなどイオングループ約7,000店舗で利用できます。 そこで、カードの登録や利用方法など使い方についてまとめてみました。 スポンサーリンク Apple Payが利用できるカード Apple Payは、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で使うことができる決済サービスです。 事前にクレジットカードを登録しておけば、買い物のときにiPhoneやApple Watchをかざすだけで支払いができます。 店舗やアプリケーション内、ネットショッピングでの利用が可能です。 いわゆる「おサイフケータイ」ってやつですね。 待ち望んでいた方も多いと思います。 iPhone 6以降のiPhone、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降のiPadでもApple Payは対応していますが、店舗での利用ができません。 利用できるクレジットカードのブランドや発行会社は以下の通り。 出典: 【追記】楽天カードも正式に対応しました。 カードブランドでは一番メジャーなVISAがないですね。 なんでなのかは分からないですけど、VISAだとApple Payが使えないわけではありません。 VISAのイオンカードでも使えますし、三井住友VISAカードでも大丈夫です。 つまり、カードブランドとしてVISAが未対応だとしても、発行会社が対応していれば問題なく利用できます。 イオンのクレジットカードでは、イオンカードセレクト、、その他の提携カードなど 多くがApple Payで利用が可能です。 カードの登録はカメラでスキャンするだけ! iPhone 7にカードを登録する方法は簡単です。 搭載されているカメラで、クレジットカードの券面を写すだけで認識してくれます。 もちろん複数のカードを登録することも可能です。 今までたくさんのクレジットカードを財布に入れて持ち歩いていたものが、 スマホ1台にまとめることができます。 店舗での使い方 Apple Payは、電子マネーのSuica、QUICPay、iDに対応しています。 イオンカードの場合は、全国の iD加盟店で利用することが可能です。 利用する手順としては、店員にiDで支払う旨を伝えてから、iPhone 7、iPhone 7 PlusのTouch IDに指をのせたままカードリーダーに近づけると支払いが完了します。 Apple Watch Series 2の場合は、サイドボタンを2回押してからiDのカードリーダーに近づければいいだけです。 カード情報が漏れることはないのか? 「カード情報をスマホに入れても大丈夫なのか?」ちょっと心配になりますよね。 でも、安心して下さい。 Apple PayをiPhone 7など対象の端末に設定しても、クレジットカード番号がスマホやAppleの管理サーバーなどに保管されることはありません。 暗号化された状態で保管されるので、Apple Payを利用したからといって、クレジットカード番号が加盟店に漏れてしまうことはないです。 クレジットカードもICチップ化が進んでいるので、支払い時にサインをすることも少なくなっていて、スマホで支払う手間とそこまで大差ないような気もします。 ただ、たくさんカードを持っていて、全て財布に入れてパンパンになっている場合は、サブカードをApple Payに登録しておくことでスリム化できますね。 それにネットショッピングだと、カード番号や配送先など入力する手間が省けるのは魅力的です。 スポンサーリンク [更新日]:2017年2月17日 カテゴリー:•

次の

イオンカードをApple Payに登録する注意点|5%オフやWAONの取り扱いは?

イオン apple pay

イオンカードを登録したApple Payが利用できる店舗 イオンカードを登録したApple Payは「iD」加盟のお店で利用できます。 また、Apple Pay対応のアプリ内・Web上でのオンライン決済でも利用可能です。 また「Wallet」アプリでのSuicaチャージもできません Suicaアプリからチャージ可能です。 詳細は。 Apple Payでの支払いでも"ときめきポイント"が貯まる イオンカードを登録したApple Payでの支払いの場合も"ときめきポイント"が200円で1ポイント付与されます。 なお、Suicaチャージについては400円で1ポイントとなります。 iPhoneの「Wallet」アプリでApple Payにイオンカードを追加する iPhoneの「Wallet」アプリで『イオンカード』をApple Payに追加・登録します。 iPhoneの「Wallet」アプリでカードの追加画面を表示する iPhoneのホーム画面から「Wallet」アプリを起動します。 iPhoneのApple Payに追加したイオンカードで支払いをする iPhoneでApple Payに追加したイオンカードは、お店での支払いやSuicaのチャージ、対応アプリやWeb上での支払いに利用できます。 Apple Payに追加したイオンカードをお店での支払いに利用する Apple Payに追加したイオンカードをお店での買い物の支払いに利用したい場合は、iPhoneの「Wallet」アプリからイオンカードを選択します。 Touch IDで指紋認証して、レジ等のリーダーにかざすことで支払いを行うことができます。 利用の場合は「iDで支払います」と店員に伝えてください。 Apple Payに追加したイオンカードでSuicaをチャージする Apple Payに追加したイオンカードから、Apple Payに追加している『Suica』のチャージを行うことも可能です。 iPhoneの「Wallet」アプリで、イオンカードから『Suica』をチャージする方法については「」をご覧下さい。 iPhoneのApple Payに追加したイオンカードでSafariのサイト上での支払いをする方法については「」をご覧下さい。 iPhoneのApple Payに追加したイオンカードでアプリ内の支払いをする方法については「」をご覧下さい。 iPhoneの「Wallet」アプリでApple Payからイオンカードを削除する Apple Payに追加した『イオンカード』を削除するには、「Wallet」アプリからイオンカードを選択して[ i ]アイコンをタップします。 「情報」タブ内の「カードを削除」をタップして、「削除」を選択することでApple Payからイオンカードを削除できます。 なお、カードを削除すると利用明細も削除されます。

次の

イオンカードのApple Pay。イオンカードが「死蔵→使用」に変わった3つのメリット|ANA SFC 修行.com

イオン apple pay

ちなみに、現状、 WAONカードはApple Walletには対応していないようです。 そもそもApple Payって 間違いを恐れずに云うならば、FeliCa対応のカードをiPhone(Apple Watch)にまとめているだけです。 FeliCaについては、ネット上にたくさん情報が上がっていますし、僕もそこまで詳しいわけではないので(汗)、 詳しくはご説明 できませんしませんが、 ネット上の情報を丸写しすれば、 「ソニーの非接触ICカード技術方式」です。 ですので、 どこの店舗でApple Payが使えるのかを確認する場合、 Apple Payでの支払いに対応している店舗ではなく、 FeliCaに対応している店舗かどうかが重要です。 Apple Payには主に、• 交通系ICカード• クレジットカード が登録できますが、クレジットカードの場合は、 QUICPay、もしくは iDとして使用可能です。 Apple Walletに登録したクレジットカードが QUICPayなのか、 iDなのかは、 Apple Walletで確認できるかと思います。 以下は僕のApple Watchの画面です。 IDEMITSUの方は QUICPay、イオンクレジットカードの方は iDのロゴが入ってるので、確認できます。 ちなみに。 僕は他にも、「楽天カード」、「Oricoカード」をApple Walletに登録していますが、どちらも QUICPayでした。 僕が持っているカードの中で iDとして使えるのは、イオンクレジットカードのみです。 イオンでApple Payを使用するために登録しておくべきカードは イオンクレジットカードが iD対応ということは、やはりイオン側としても iDが店舗で使用できるように 対応しているだろうと思われますので、 iDのクレジットカードは確実に登録しておいたほうが無難だと思います。 まぁ、よく行くイオンに、イオンシネマ無くて、イオンシネマのあるイオンモールは車で片道1時間ほどかかる距離にあるので、 自分にとって魅力はあまり感じられないのですが。。。 iDがあれば事足りるかと思うのですが、 QUICPay、 Suicaも登録しておけば死角はないでしょう。 イオンの自動販売機でApple Payを使う さて、イオンの自動販売機によくあるこのFeliCa対応機器、見たことないでしょうか。 画像でも確認できるとおり、交通系電子マネー、使えます。 iDは使えないようなので、イオンクレジットカードは使えないのですが。 僕はSuicaをApple WatchのApple Payに登録してあるので、Suicaで今回は購入しました。 Suicaの登録方法はこちらに掲載してますが、カードのSuica登録方法ではなく、Suicaアプリからの登録方法となってます。 購入手順としては、以下で大丈夫かと。 購入するジュースのボタンを押します。 「はい」をタップ• 初期表示はおそらく 「WAONゴリヨウニナレマス」になっていると思うので、 ボタンを押して 「コウツウケイゴリヨウニナレマス」を表示させます。 iPhone もしくは Apple Watchを上記機器に近づけて、購入完了。 もし、 ボタンを押しても、「WAON」以外が表示されなければ、残念ながらWAON以外は使えないので諦めましょう(泣) ちなみにこちらのタイプのFeliCa対応機器が設置されていれば、Suica、iD両方使えるはずです。 同じようなタイプで、こちらの機器が設置されている場合もあります。 こちらでは、 Suicaは使えず、 iDが使用可能みたいですね。 専門店街でApple Payを使う 専門店街では、僕が見た限りでは、ほぼ全店舗でApple Pay(iD)を使用することができます。 僕がよく行くイオンで確認したところ、ほとんどの店舗にこの手の端末が置いてあります。 この端末、プラス このロゴがレジにあれば、 iDで支払いが可能です。 支払いの際に、iDで支払う旨を店員さんにお伝えすれば、対応してくれます。 上の端末の場合は、真ん中のほうにどの電子マネーを利用するか選択するボタンがあります。 WAON、 sugoca、 iD、 QUICPay等々、 4つほどボタンがあるかと思いますので、この場合は iDのボタンを押して、 画面部分に Apple Watchをかざせば、支払い完了です。 フードコートでApple Payを使う フードコートにも、大抵こちらの端末が置いてあるかと思います。 なので、使い方としては専門店街でApple Payを使うに記載している通りです。 スーパーマーケットでApple Payを使う セルフレジです。 店員さんがいるレジではやったことないのでわかりません。 すみません。 まずはポイント対象となるカードを読み込ませます。 ここが残念なのですが、Apple Watchのみで完結したいのに、 ポイント対象カードをセットする際に、どうしてもカードを財布から取り出さないといけません。 Pontaカードみたいに、自動で付与してくれればいいのに。。。 商品をレジに通して、お会計です。 Apple Payで使用できる、 交通系IC Suica 、QUICPay、iDのいずれかを選びます。 Apple Payを準備して、画面に近づけて支払い完了です。 まとめ 以上、イオンでは iDがあれば一通り買い物ができそうです。 当然、各店舗によっては使用できるFeliCaの種類に差が出るかと思いますが、 僕は今のところイオンでの支払いは iDオンリーです。 Apple Watchのみで支払いが済ませられて、財布を出さずに済むので楽なのですが、 控えのレシートは必ずもらうので、ポケットの中がレシートだらけになります(笑) 余談ですが。 心理として、現金を使用する場合は手元から現金が離れていく罪悪感があり、それが過剰な買い物欲を抑制してくれるらしいのですが、 眼の前から現金が消えていく実感のないカード払いは、罪悪感が希薄で、つい余計に買いすぎてしまう傾向にあるようです。 皆さん、ご利用は計画的に。

次の