ある日お姫様になった件について 75。 ある日、お姫様になってしまった件についての75話を翻訳した方、内容を教...

ある日、お姫様になってしまった件についての75話を翻訳した方、内容を教...

ある日お姫様になった件について 75

『それでは授業時間に遅れますので急ぎましょう、姫様。 』 『そ,そうでした』 (何で授業なんだろう? アタナシアの頬に手を当てるルーカス。 『?』 『顔が赤いですよ』 『熱でもございますか』 目を見開くアタナシア。 もうイゼキエルがいるのに何してるの! 『いいえ、大丈夫です。 そして,チラッとイゼキエルの方を見ました。 すると, 『姫さま』 そう言い,イゼキエルはアタナシアの手の甲にキスをします。 『今日は貴重な時間を作ってくださって 本当にありがとうございます。 』 『今日出来なかった話は近いうちにまたお伺いした時にします。 』 アーティは顔を赤らめます。 『は,はい』 (殺そうか) ルーカスは2人を見て怪訝そうな顔でそんなことを考えていました。 『お前さっきから何してんだ?』 アナタシアはルーカスの髪を三つ編みにしていました。 『心の安定を取り戻している』 『……』 『こうすれば安定するのか?』 『ちょっとは?』 『…そうか?』 『……』 [我慢] (どうしよう? もうイゼキエルが 私を好きだとは。 過ぎ去る感情だと思ったんだけど。 アタナシアはこれまでのイゼキエルの行動を思い出した。 (考えてみればすごくよくしてくれたことはある。 普通あそこまでしてくれないよ。 そういえば本の中でイゼキエルはどうやってジェニットを愛するようになったっけ。 挨拶してください,イゼキエル』 アタナシアにイゼキエルを紹介するジェニット。 『イゼキエル?』 『どうしたの?』 アタナシアを見てイゼキエルは目を輝かせています。 (見たことないのかな? 『おい』 ルーカスがアタナシアの腕を握りました。 『お前今何を考えてる?』 『うん?あれ?』 (今思いついたのは何だったん… 『わぁ,髪すごいね』ケラケラ 『何を考えてたのか聞いてただろ』 『あっ』 ルーカスは元の姿に戻ります。 『ああ、綺麗だったのにもったいない』 (魔力が… 初めてみる波動だった 『助けてやるから諦めるなよ』 『なにを??』 『全部。 お前のパパの記憶探しでも何でも。 』 『急に…あきらめるなって。 私がいつそんな風に諦めることになったの?』 (お前は前科があるじゃないか 『もうただでさえイゼキエルのことで頭が痛いんだから、おかしなこと言わないで』 『イゼキエル?』 『お前そんなこと考えてたのか?』 『ち、ちがうよ?違うったら,違うよ!』 『お前そんなにあいつが好きなのか?』 そう言い顔を近づけるルーカス。 『え?』 『あんなおとなしいふりをして見栄を張るタイプがいいのかって。 』 『おとなしいふりじゃなくて上品だからで、見えを張るんじゃなくてマナーがいいの!とにかくイゼキエルはあんたと違って紳士なの! 』 『紳士?』 『こんなのが紳士なのか?』 そう言い,不敵な笑みをうかべ,アタナシアの手の甲にキスを落とすルーカス。 そんなルーカスにアタナシアは顔を真っ赤にします。 《なんでこいつら2人ともこんなことするの! ?》 『で,出て行け!』 場所は移りクロードの執務室。 クロード:なんとなくの気分の悪さ 『陛下,何か問題でも?』 そこには,なにかを察したかのように気分を悪くするクロードがいるのでした。

次の

楽天ブックス: ある日、お姫様になってしまった件について 3

ある日お姫様になった件について 75

つい先日、先代の魔王が逝去し、新たなる魔王の力を継承した新米魔王でした。 彼女の名はプージャ。 プージャは怠惰で、魔王としての矜持にはまるで興味がなく、ひたすら自室に閉じ籠りダラダラと過ごしていました。 その姿に嘆いた部下はプージャに世界征服に乗り出すよう懇願しました。 乗り気ではないプージャは嫌がりましたが、遂には根負けして仕方なく世界征服の為の勉強を開始します。 しかし、プージャの軍団はとても脆弱で、どう考えても勇者を倒して世界征服など出来ようもありません。 そこでプージャは思いつきました。 「昔の魔王達を召喚して配下にしたら強いんじゃね?」 意気揚々と召喚の義に取り掛かるプージャ達。 目論見は成功し、過去に世界中で暴れまわった歴戦の魔王達を召喚するに至ったのです。 ……しかし。 突如として放り込まれた【魔王対魔王】の戦国時代。 伝説に名を連ねし復活した偉大なる魔王を相手に、アラサーおたく女子なへたれ姫魔王とそれをとりまく個性的な部下達は、圧倒的な実力差を前に、頭脳と運とたまーに実力で生き残っていけるのか!? 【短編版】のため、作者はかなり手探りで書いています。 ・捜査ファイル~秋田・夏編~ 酷暑あきたネバトロうどんの謎を追え! 秋田の夜空を翔る星の謎を追え! を当作品は収録しています。 秋田は何もないド田舎だって!? いやいや、そう卑下なさらず、ふるさと秋田の 日常の謎を捜して、考えて、謎解きましょう! 探偵っぽいエルフの少女、レナ・ホームズは、小さい謎解きが大好きです。 レナの行き倒れを助けてくれた女の子、柳 備朶が助手になりました。 ローゼが400年ぶりに『11振目の聖剣を持つ者』として選ばれたと神のお告げがあったらしい。 聖剣を手にするか、放棄するか。 悩んだ末に手にすることを決意したローゼだが、実はこの聖剣に関しての記録はほとんど残っておらず、なにか謎があるようだ。 しかも奇妙な夢まで見始めて……。 シリアス寄りですがコメディもあります。 戦闘はほとんどありません。 後半は恋愛寄りの話になります。 他の曜日で余話を更新する可能性があります。

次の

楽天ブックス: お姫様になれる本

ある日お姫様になった件について 75

『それでは授業時間に遅れますので急ぎましょう、姫様。 』 『そ,そうでした』 (何で授業なんだろう? アタナシアの頬に手を当てるルーカス。 『?』 『顔が赤いですよ』 『熱でもございますか』 目を見開くアタナシア。 もうイゼキエルがいるのに何してるの! 『いいえ、大丈夫です。 そして,チラッとイゼキエルの方を見ました。 すると, 『姫さま』 そう言い,イゼキエルはアタナシアの手の甲にキスをします。 『今日は貴重な時間を作ってくださって 本当にありがとうございます。 』 『今日出来なかった話は近いうちにまたお伺いした時にします。 』 アーティは顔を赤らめます。 『は,はい』 (殺そうか) ルーカスは2人を見て怪訝そうな顔でそんなことを考えていました。 『お前さっきから何してんだ?』 アナタシアはルーカスの髪を三つ編みにしていました。 『心の安定を取り戻している』 『……』 『こうすれば安定するのか?』 『ちょっとは?』 『…そうか?』 『……』 [我慢] (どうしよう? もうイゼキエルが 私を好きだとは。 過ぎ去る感情だと思ったんだけど。 アタナシアはこれまでのイゼキエルの行動を思い出した。 (考えてみればすごくよくしてくれたことはある。 普通あそこまでしてくれないよ。 そういえば本の中でイゼキエルはどうやってジェニットを愛するようになったっけ。 挨拶してください,イゼキエル』 アタナシアにイゼキエルを紹介するジェニット。 『イゼキエル?』 『どうしたの?』 アタナシアを見てイゼキエルは目を輝かせています。 (見たことないのかな? 『おい』 ルーカスがアタナシアの腕を握りました。 『お前今何を考えてる?』 『うん?あれ?』 (今思いついたのは何だったん… 『わぁ,髪すごいね』ケラケラ 『何を考えてたのか聞いてただろ』 『あっ』 ルーカスは元の姿に戻ります。 『ああ、綺麗だったのにもったいない』 (魔力が… 初めてみる波動だった 『助けてやるから諦めるなよ』 『なにを??』 『全部。 お前のパパの記憶探しでも何でも。 』 『急に…あきらめるなって。 私がいつそんな風に諦めることになったの?』 (お前は前科があるじゃないか 『もうただでさえイゼキエルのことで頭が痛いんだから、おかしなこと言わないで』 『イゼキエル?』 『お前そんなこと考えてたのか?』 『ち、ちがうよ?違うったら,違うよ!』 『お前そんなにあいつが好きなのか?』 そう言い顔を近づけるルーカス。 『え?』 『あんなおとなしいふりをして見栄を張るタイプがいいのかって。 』 『おとなしいふりじゃなくて上品だからで、見えを張るんじゃなくてマナーがいいの!とにかくイゼキエルはあんたと違って紳士なの! 』 『紳士?』 『こんなのが紳士なのか?』 そう言い,不敵な笑みをうかべ,アタナシアの手の甲にキスを落とすルーカス。 そんなルーカスにアタナシアは顔を真っ赤にします。 《なんでこいつら2人ともこんなことするの! ?》 『で,出て行け!』 場所は移りクロードの執務室。 クロード:なんとなくの気分の悪さ 『陛下,何か問題でも?』 そこには,なにかを察したかのように気分を悪くするクロードがいるのでした。

次の