街 コン いい ね。 街コン参加女子はどう映る?男の本音が炸裂!

【2020年】おすすめの街コン運営会社を100回以上行った僕が紹介。

街 コン いい ね

街コンとマッチングアプリどっちがいい?さまざまな観点からの比較 「街コン」と「アプリ」を様々な視点から比較していきましょう。 着眼点は、• 「出会いの確実性」• 「やり取りの流れ」• 「値段」• 「デートの成功率」• 「モテ力成長度」 の5つです。 それぞれのサービスの〝確実さ〟はどうなっているでしょうか。 まず街コンならば、確実に出会えます。 とりあえず参加すれば、出会わない方が難しいです。 連絡先の交換なども、イベント運営スタッフがアナウンスをかけてくれるので難しくありません。 あなたはまず確実に10人とは連絡先を交換できるでしょう。 マッチングアプリは利用は手軽なものの、出会いの確実さは劣ります。 あくまでインターネットを介して交渉しているだけなので、実際にデートの約束を取り付けるのも一苦労で、取り付けたところで来てくれないという危険性もあります。 まず街コンですが、こちらは街コンの後から女性との交流がはじまります。 ですので、そのやり取りをできない可能性はあります。 街コンでは、女性にしっかりあなたの魅力を印象付けていなかったら、無視されてしまうこともありえます。 マッチングアプリの方はやり取りからはじまり、それから実際に会うという順番。 ですので、やり取りや連絡だけならば簡単です。 でもかなり長期にわたってやり取りを続けた挙句、結局で会うこともできなかった、というようなパターンになる危険性が常にはらんでいます。 それならばいっそのこと、最初から無視された方が幸せなのかもしれない、という意見もないこともないでしょう。 街コン参加費用の相場は大体6,000円から8,000円ぐらいです。 男性が女性の倍くらいの値段を払うのが平均的です。 マッチングアプリの費用は月額制で決まっているサービスがほとんど。 マッチングアプリの月額利用料金は、おおよそ4000円前後です。 数ヶ月一括で払う形をとると、この値段よりもさらに500円から1000円安くなる料金設定のところが多いです。 お手軽にはじめられるということが言えるでしょう。 そのためにサービスを利用すると言っても過言ではありません。 ですので「デートの成功率」が、実はもっとも大切な要素と言えます。 まず街コンですが、こちらを利用してデートをする時は、「すでに会っている」という大きなアドバンテージがあります。 デートの時、その女性と会うのは2回目なのです。 相手の好みがある程度わかっているので、当然話しやすいし、デートの戦略も立てやすいでしょう。 したがって「街コン」のデート成功率はかなり高い。 一方でアップマッチングアプリはまだ実際に会っていない状態からのスタート。 あくまでアプリ上でのやりとりだけだったため、「実際に会うと全然イメージと違った!」というようなことは覚悟しなければいけません。 連絡だけならばスムーズでも、実際に会って話すとなんだかちぐはぐになってしまったということはよくあります。 したがって「マッチングアプリ」の初回デート成功率は低い。 場合によっては、もう数回、あらためてデートをする必要が出てくるでしょう。 続いてサービスを利用することで、 あなたの〝モテ力〟がどれくらい成長するかも見ていきましょう。 街コンのモテ力成長度は高いです。 街コンは女性だけではなく男性もいます。 彼らはあなたのライバルであり、邪魔な存在ですが、しかし見方によっては、あなたの魅力に更に磨きをかけてくれる〝メンター〟とも言えなくもありません。 「うまくいくやつって、どんな身だしなみをしているのかな」「どんな会話してるのかな」ということをあなたは生で見ながら学ぶことができるのです。 したがって街コンは行けば行くだけ、あなたの男としての魅力を引き上げてくれる場、すなわち〝学校〟といってもよいでしょう。 マッチングアプリはいわば男と女の一対一の〝閉じた〟状態で、交渉が進んでいきます。 邪魔が入らないのは、いい点とも言えますが、 逆に言うとなかなか成長の機会が得られないということも忘れてはいけません。 あなたに何か致命的なミスがあるのにもかかわらず、それに気づきもせず、ただいたずらに同じミスを繰り返すことはマッチングアプリでは起こり得ます。 マッチングアプリは互いに気が合うのかどうかがはっきりしていない状態で連絡を取り合うため、デートをしてから、結局、あなたが、あるいは相手が、「違った」となって、それまでのやりとりが全部無駄になる可能性があります。 また街コンは別の男性を見ながら「モテ方」を学べるという点も見逃せません。 「モテる力が早く付く」という点でも時間の短縮になると言えるでしょう。 そういった意味から街コンは、本気で「女性とお付き合いしたい」と思っている人におすすめといえます。 したがって 「手持ちのお金がないけど、女性とやり取りがしてみたい」という人はマッチングアプリが最適です。 とりあえず女性と連絡を取り合うことだけに、あなたが楽しみを見出せるならばおすすめです。 しかしあなたがもっと高い志を持っているのならば、結局お金はかかります。 ですのでマッチングアプリは「とりあえず最後まで行かなくても、女性とメールやLINEでやりとりだけでもしてみたい」と思っている人におすすめです。 まとめ「結局あなたは何を望んでいるのか?」 以上今回は、出会いのプロデュースサービスである「街コン」と「マッチングアプリ」を取り上げ、両者を様々な観点から比較し、おすすめな人を結論しました。 結局のところ両者の選び方は、「初期投資をかけるか、かけないか」ということにまとめられるでしょう。 街コンは、初期投資がかかる。 マッチングアプリはかからない。 しかし明らかに結果が出るのは、街コンです。 投資をするのですから当然と言えば当然です。 出会いに限らず、ものごとはいかなることでもイニシャルコストをケチるせいで、いつまでも中途半端でうだつが上がらないという状態になってしまうもの。 それはあなたもご存じなのではないでしょうか? したがって街コンはマッチングアプリに比べて高いとはいえ、「女性とお付き合いしたい」と本気で思うなら、その目的達成に向けての投資と考えた場合は、それほどの値段ではありません。 「ちょっとメールのやり取りを楽しみたい」くらいの気持ちで、特にその先を望んでいないのならば、お手軽なアプリで済ませる方がよいでしょう。 大切なのは、目先の〝お手軽さ〟や〝金額〟だけで判断せず、 「自分は一体どのような結果を望んでいるのか」をよく考え、それ合わせて最適なサービスを選ぶことなのです。

次の

ど田舎の米沢でも街コンやってるらしいから参加者の声を集めてみるよ!!

街 コン いい ね

100名以上の大規模イベントから旅を通じて仲良くなれる野外イベントまで、多種多様なイベントが揃っている街コンサイト。 気になるイベントが探しやすく手軽に参加できます。 また、全国各地に駅から徒歩3分以内の専用ラウンジを用意しており、それぞれ雰囲気が異なるため、気になるラウンジで参加もOK。 イベントの進行には専属のキャストが携わっており手厚いサポートをしてくれるため、初心者でも安心して参加できます。 サイトタイプ 自社企画サイト イベントの特徴 大人数・少人数・趣味別・職業別・お店重視・野外 月間イベント数 - 対象地域 関東・関西・東海・九州・東北・北海道(一部の県除く) 対象年齢 20代~40代中心 一人での参加 〇(イベントによる) 返金制度 - 運営会社 株式会社IBJ 主要都市だけでなく、地方で開催される多くの街コンを掲載しているのが特徴。 日本各地で開催している街コンを簡単に検索することができます。 街コンによっては、当日参加や当日決済に対応している場合もあるため、空いた時間を利用して、気軽に参加することが可能です。 また、「同世代限定」や「趣味重視」など、さまざまジャンルの街コンが揃っているため、参加したい街コンが選びやすいのも嬉しいですね。 初心者向けのイベントもあるので、初めて利用する人にもおすすめです。 サイトタイプ ポータルサイト イベントの特徴 - 月間イベント数 - 対象地域 全国 対象年齢 20代~40代中心 一人での参加 〇(イベントによる) 返金制度 平日・昼間開催 運営会社 全研本社株式会社 立食・完全着席・半立食の3つのスタイルに分かれて開催されているため、好みのスタイルの街コンに参加することが可能。 参加するイベントごとに当日現金払いとなっているため、前もって振り込みをする必要がなく、忙しい人でも安心して参加できます。 どのイベントも「マッチングコンシュルジュ」がイベントを盛り上げてくれるため、初めての参加や一人での参加でも頼もしいですね。 さらに、30代以上の街コンは少人数が多く、マッチング率がアップするように工夫されています。 一人参加OKのイベントや趣味イベントが多く、興味をそそられるイベントに気軽に参加できます。 基本的には提携店舗での開催となり、どこもオシャレで思わず行きたくなるところばかり。 また、気になる異性がいた場合には、街コン終了後でも相手の幹事を通して連絡先が交換できるアフターフォローもついています。 大切な出会いのチャンスを逃すことがありません。 サイトタイプ 自社企画サイト イベントの特徴 少人数・趣味別・お店重視 月間イベント数 - 対象地域 関東・関西・東海・九州 対象年齢 イベントによる 一人での参加 〇(イベントによる) 返金制度 諸事情により中止になった場合、全額返金 運営会社 株式会社エクシオジャパン 婚活を始めたいけれど、好きな人が見つからない!そんな人のために「好きな人が見つける」をテーマにした街コンサイトです。 一人でも気軽に参加できるよう、仕事帰りに参加できるイベントや一人参加限定イベントが用意されています。 空間やフードなども重視しているので、楽しみながら参加できますよ。 また、「ハイクラスの男性限定」や「趣味別のイベント」など細かく指定することで、より出会いの質を高めています。 約50%がカップルになれるという実績も魅力的ですね。 サイトタイプ 自社企画サイト イベントの特徴 少人数・趣味別・職業別・お店重視・男女比重視 月間イベント数 - 対象地域 関東・関西 対象年齢 20代~30代が中心 一人での参加 〇(イベントによる) 返金制度 - 運営会社 株式会社Diverse 出会いのために作った専用の「恋活ラウンジ」を設けているのが特徴のルーターズ。 出会いをサポートするオシャレなイベントを積極的に開催しています。 イベント内容にもこだわり、ワイワイ楽しめる野外での大人数街コンから、看護師やハイクラス職限定のイベントまで、出会いたい相手の層に合わせて選択することが可能です。 さらに、初めて参加する人のために「全額返金保証」を用意。 対象イベントに参加して納得出来なかった場合には、参加費を返金してもらうことができるので安心ですね。 全国各地の街コンが、常時2000件以上掲載されているのが特徴です。 年齢別や趣味別、当日の街コンの特徴が書かれており、選択肢が分かりやすく、気になる街コンが選びやすいですよ。 また、完全着席スタイルから野外でのイベントスタイルまで、幅広い雰囲気の街コンが揃っているのも魅力。 花火など季節のイベントを取り入れた街コンもあり、楽しみながら参加することが可能です。 ただ盛り上がる場としてでなく出会いに繋がる場として、プロフェッショナルなスタッフのサポートが行き届いているのが特徴。 2対2の着席制のため、予約をするときに男女比が調整されているのはもちろん、雰囲気のいいお店や、おいしい食事が味わえるお店の選定にも力を入れています。 サイト上では対象年齢やそれぞれの街コンのコンセプトが分かりやすく表示されており、選びやすいところも魅力です。 男女比1対1になるイベントだけとなっており、ゆっくりお話ができるよう完全着席スタイルをとっています。 また、40分毎に「くじ引きタイム」が設けられており、2対2のプチ合コンができるように配慮されているのも特徴。 連絡先があとから聞けるお助けシステムなども用意されており、初心者でも参加しやすいサポートが充実しています。 なかなか会話ができず出会いに繋がらないという人も、このシステムなら参加しやすいですね。 120万人以上が会員登録をしており、月間10000件以上もの情報が掲載されています。 とくに、主要都市で開催する大型街コンに強く、100人規模の街コンも多数。 ワイワイ盛り上がりたい人におすすめです。 また、月額500円の「婚活フリーパス」を利用することで、指定イベントに無料で参加できるため、より街コンを身近に感じられるでしょう。 老舗街コンサイトならではの使いやすさで、街コン初心者でも安心して利用できますよ。 サイトタイプ ポータルサイト イベントの特徴 大人数・ 少人数・趣味別・職業別・野外・お店重視 月間イベント数 10000件以上 対象地域 全国 対象年齢 年齢制限なしイベントも 一人での参加 〇(イベントによる) 返金制度 「認定返金保証」マークのあるイベントで対応 運営会社 株式会社リンクバル 商品名 街コンジャパン 街コンMAP ecle 合コンWALKER Rooters YUCO. 「女性が満足できる街コン」がコンセプト 年齢制限やコンセプトなどが明確で参加しやすい 10年以上の運営実績がある街コンサイトの老舗 専用のラウンジ有!職業や年齢にこだわったイベントがたくさん 「好きな人が見つかる」をテーマに一人でも参加しやすい雰... 街コン終了後に再度連絡が取れるアフターサービスつき 当日現金払いのイベントのみ!大人数から少人数イベントま...

次の

街コンとアプリどっちがいい?出会いの確実性やモテ力アップ度から比較│ひげメディア

街 コン いい ね

こんにちは。 出会いのGuidebook編集長りゅうです。 「街コンって沢山あるけどおすすめの運営会社、パーティーはどこなの?」 「せっかくお金を払っていくのだから、いい出会いをゲットしたい。 失敗はしたくない」 この記事には、このような疑問を持つ方向けにおすすめの街コンを紹介する記事です。 僕は、 大学時代にとある地方で街コン団体の代表として数々のパーティーを開催してきて、就職してからは、100回以上街コンに通っています。 最近では当メディアの編集長として、街コンジャパンさんに街コン選びのポイントなんかも取材したりしています。 その中で感じたのは、 街コンはパーティー選びで、いい出会いがあるか雲泥の差があること。 悪徳運営会社の街コンのパーティーを選んでしまうと、せっかく高いお金を払ったのにドブに捨てることになってしまいます。。 そこでこの記事では僕が実際に行って確認済みの おすすめの街コンを紹介したいと思います。 旅行でいう楽天トラベル、飲食店検索でいうホットペッパーみたいな感じで、 全国の街コン運営会社を検索することができます。 僕自身街コンジャパンを通して申し込んだ中で、詐欺まがいの悪徳運営会社にあたったことはなく、信頼性が置けるなと感じています。 男女比が極端に偏っていると、パーティーって絶対盛り上がらないので。 また 集客力も良く、週末であれば100人以上集まるパーティーも多くあります。 もちろん少人数のパーティーもあるので、自分にあったパーティーを選べますよ。 街コンジャパンのパーティーはスタッフの人が雰囲気作りをしっかりしてくれるので、タイプの人が居なかったときでも、普通に飲み会として楽しいなと毎回感じます。 街コンジャパンのパーティーをチェックする とにかく、 悪徳運営会社がいないので、「街コンってよくわからない」という初心者でも安心して参加できます。 東京(表参道、六本木、青山)・神奈川(横浜)・千葉・埼玉を中心とした関東に加え、大阪(梅田)・兵庫(三宮)など関西地方でもパーティーを開催しています。 パーティーの種類は 1人参加限定、年齢別、趣味コン、ハイステータス、女子大生、逆年の差(年上女性、年下彼氏)など豊富。 特に、1 人参加限定パーティーは大変人気があり、他の運営会社に比べて、集まる人数、満足度が格段に違います。 皆1人なので、同性含め仲良くなりやすい、二次会に繋がりやすいといったメリットがあります。 少人数だと着席の場合も。 進行もスムーズで緊張感を上手くほぐしてくれます。 またフレンドリーな方が多いので、困ったことがあればいつでも丁寧に応対してくれます。 さらに街コンあるあるの写真と違って料理がショボかったということもなく、ドリンク・料理も豊富。 会場もおしゃれで、パーティーのクオリティが高いのが特徴です。 街コンジャパン主催の2016年イベント・オブ・ザ・イヤーでお客様の満足度が一番高かったパーティー主催者に贈られる「顧客満足度賞」を受賞しています。 「20代限定 表参道 Aquarium Party」、男性年収600万以上の「南青山 ハイスステータス Party」ハイステータスパーティー、学生限定の「青山 Student Party」などがあります。 100人以上になるパーティーもあり、集客率が良いなと感じます。 また、LINK PARTY(リンクパーティー)は街コンの時間が通常より長い(3時間や最大5時間も)&シャッフルタイムが早いので、多くの人と絡むことができるのがメリット。 応対は聞けば普通に答えてくれる。 少人数だと着席の場合も。 プロフィールカードもあるので、会話にも困ることなく、初心者でも参加しやすくなっています。 毎回40人限定が多く、参加者を絞っており、安定した集客があると感じます。 場所は、東京の恵比寿、新宿、銀座を中心に、横浜や大宮でもパーティーを開催しています。 料理も楽しみつつ、着席でじっくり喋ることができます。 一応合同会社という形にはなっていますが、実態としてはサークルに近そう。 銀座、恵比寿、新橋などでおしゃれなラグジュアリー空間を貸切って、100名以上の大規模イベントを開催しています。 着席スタイルで参加者も30人程度までと少人数に絞り、参加者全員と喋れるパーティーが特徴です。 落ち着いて座って喋りたいという人にはおすすめです。 Risem(リセム)のパーティーをチェックする 日本最大級の大規模パーティー まちぱ. comとは、株式会社アソビーが運営する街コン。 参加者数としては、街コンの中でも日本最大級といえるでしょう。 女性は参加条件はほぼ20代限定、男性も20代限定が多いですが、まれに35才まで参加可能なパーティーがあります。 まちぱ. 毎回120名~200名が集まる大規模な街コンであり、洗練されたラグジュアリー空間でのパーティーを楽しむことができます。 LAGPAは街コンの開催以外にも、 結婚式の二次会やホームパーティーなど、非日常感のラグジュアリーなパーティーをコンセプトにプロデュースしているので、街コンの雰囲気作りも抜群なのが特徴です。 さらに、 2016年リンクバル・イベント・オブ・ザ・イヤーの街コン部門最高賞を受賞していて、実績も抜群です。 同級生25~35才@銀座」などバライティに飛んでいます。 えくるの街コンはお店選びにも力を入れており、 一度の街コンで複数店舗の料理を楽しめます。 (パーティー、参加人数により変更あり) 恵比寿、中目黒、代官山など開催地もおしゃれな街ばかりで、街ブラするだけでも楽しめそうです。 以前は街コンといえば、複数店舗を巡る形のパーティーが多かったのですが、最近はかなり減ってしまったので、貴重ですね。 また、 完全着席制でスタッフがマッチングなどのフォローをしっかりしてくれるため、自分から相手を探して声をかけるのが苦手な人にも安心です。 2人1組参加が基本。 中規模 えくるのパーティーをチェックする 特徴のところでも書きましたが、スタッフの人が移動などの指示を出してくれるため、動きやすいんですね。 1名参加限定、同年代などバライティ豊かなパーティーを開催しています。 特にアニメ好きが集まるアニメコンの開催頻度が高いのが特筆すべきところ。 ALICEはお店を店舗を貸切って着席形式でパーティーを開催することタイプが多いです。 また席替えもスタッフが主体となって行ってくれるため、自分から動くのが苦手という人にはおすすめ。 居酒屋やカフェの一部を借りて開催。 ウォーキングコン、なぞ解きアドベンチャーコンなど、趣味コンを中心として、一風変わったパーティーがあります。 ドラドラパーティーの特徴としては、単なる飲み会でなく、ゲーム、散歩などのアクティビティを通しながら仲良くなれるところでしょう。 あまり、飲み会が得意でない、ゲームを通じて自然に仲良くなりたいという方におすすめできます。 残念ながら、友達が企画した合コンやイベントに行くくらいの期待度で行った方が良いかもしれません。 ドラドラのパーティーをチェックする.

次の