パスチラ お 菓子。 グレーテルのかまど エカチェリーナ2世のレヴァシ

総合情報サイト

パスチラ お 菓子

商品情報 ロシアから直輸入。 つい日本に上陸した! リンゴに加え、健康維持に欠かせないクランベリーも昔から焼き菓子に使われた。 素朴な材料(酸っぱいリンゴ、クランベリ、砂糖と卵白)から出来たこの菓子は、驚くほど古い歴史がある上、かつてロシアの貴族や皇帝も好んで食べていました。 皆さん、一度食べたら、絶対クセになる味です! その秘密は何と言っても長年に渡って磨き上げた職人の技にある。 焼きリンゴのお菓子。 ロシアの手作りベリョーフ パスチラ。 クランベリー味。 MADE OF CLASSIC BELYOV PASTILA WITH CRANBERRY 85g 栄養成分表(100g当たり): エネルギー1326kJ 約316. 92 kcal たんぱく質 4 g 脂肪 0 g 炭水化物 74 g 食塩 0 mg 保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。 賞味期限:製造日から18か月 商品説明 メーカーからのご挨拶 Enjoy the Russian taste! Belyov pastila is exclusive hand madeproduct. Very simpleingredients such as apple and sugar turninto a lush, fragrant slice of pastila is realmagic. To this day, craftsmen at the factoryprepare pastille according to the authentictraditions, on birch wood in a 19th-centuryRussian stove. Just imagine! This is hownatural ingredients, craftsmanship and atime-tested recipe create the true taste ofpastila. With healthy benefitsBelyov classical pastila from themanufacturer "Belyov pastilaManufactory" is not only a very tasty, butalso healthy type of sweets: 1. It is prepared manually in aRussian wooden oven. Delicacy is prepared from apple puree,also hand-cooked of apples from Russianfarms, that is why the pastila contains alarge amount of pectin. Pectin helps to clear human body fromtoxins, reduces amount of "harmful"cholesterol, normalizes metabolism anddigestion.

次の

パスチラはこんな子です。

パスチラ お 菓子

ゼフィールの発祥は不明で、憶測が多い。 一つだけはっきりしていることは、パスチラ(ベリーとリンゴのピュレからつくられる焼き菓子)の派生菓子ということである。 パスチラの材料はフルーツ、ベリー、蜂蜜のみ。 パスチラは14世紀に食べられるようになった。 その約100年後に、見た目が美しく、白くなるようにと、卵白が加えられるようになった。 パスチラに泡立てた卵白を入れることを考案したのはフランス人だと考えられている。 このフワフワした菓子が、ゼフィールと呼ばれるようになった。 これはギリシア神話の西風の神の名である。 この心地良い風は、とても繊細で軽い。 ゼフィールをマシュマロだと考える人がいるが、正式な類似点はあるものの、まったく別の食べ物である。 マシュマロには卵は入らない。 ゼフィールはソ連で最も愛されている菓子の一つだった。 安くて、どこの食料品店でも買えた。 ゼフィールには、 ホワイト、ピンク、ホワイト・ピンクの3種類ある。 まれにチョコレートのかかったゼフィールもあった。 私の祖母によれば、「デフィツィト(不足)」と呼ばれるほど珍しかったという。 ゼフィールを家庭でつくる人はほとんどいなかった。 祖母に聞いてみると、驚きながら「あるわけないわ。 どこでも売ってたからつくる必要がなかったの。 レシピも誰も知らなかったし」と答えた。 今日、レシピは出回っている。 伝説的な菓子を誰でもつくることができるようになった。 材料 ・ フルーツまたはベリー 125グラム(ピュレにして) ・ 砂糖 100グラム ・ 卵白 1個分 ・ ふりかけ用上白糖 適宜 シロップ ・ 水 75ミリリットル ・ 寒天 5グラム ・ 砂糖 200グラム つくりかた 1. 最初にピュレをつくる。 私はリンゴとチェリーを2対1で混ぜる。 リンゴにはペクチンが多く含まれているため、ぴったりで、チェリーを入れると少し酸味が加わる。 リンゴの皮をむいて、乱切りにする。 鍋に水を大さじ2~3杯入れて、リンゴとチェリーを加える。 弱火で柔らかくなるまで煮る。 火を消して、余分な水を捨て、フードプロセッサーに入れてピュレにする。 フードプロセッサーがない場合は、裏漉しする。 ピュレはドロドロしていること。 水っぽい場合は、数分煮る。

次の

ドストエフスキーも愛したロシアのお菓子パスチラ

パスチラ お 菓子

(ロシア文化フェスティバルblogより) モスクワのカザン駅から南東へ、列車でおよそ3時間。 郊外のちいさな街コロムナには、2つのパスチラ博物館があります。 まずは、パスチラというお菓子の歴史や作り方についてのレクチャーがあります。 ロシアの小さな青林檎のピューレとお砂糖や蜂蜜、卵白などナチュラルな素材だけで作られた素朴なお菓子パスチラ。 昔ながらのレシピで作られています。 それから、可愛らしい19世紀ロシアスタイルのお茶会へ。 ひとつずつ、味の説明や効用を教えていただきながら試食します。 食感は、大きく分類すると、果汁を煮詰めて固めたゼリー状のタイプと、卵白などを加えてふんわりシフォンケーキのように仕上げたタイプの2種類あります。 そこに、ベリー類やフルーツのエキスを加えてみたり、ケシの実やチョコレートでデコレーションしたり・・・無数のバリエーションとハーモニーが楽しめます。 子どもの頃にコロムナに住んでいたドストエフスキーはベリーのパスチラがお気に入りで、お菓子箱のなかにはいつも常備していたのだそうです。 こちらのエクスカーションは、建物内を回りながら、各部屋でお客様を巻き込んでまるで劇場のようにストーリーが展開していきます。 実際にパスチラ作りを体験し、最後にはもちろんお茶会も用意されています。 レース柄など優美なデザイン。 大都会モスクワから少し足を伸ばせば、古き佳きロシアの田舎の風景を味わうことが出来ます。

次の