小早川 毅彦。 野村克也氏 小早川毅彦の開幕戦3連発HRを振り返る|NEWSポストセブン

小早川毅彦とは

小早川 毅彦

発祥 [ ] 出自 [ ] を本拠地とするの分枝で、初期、に仕えたの子・がの北部・小早川(現在の付近)によって小早川の名字を称したのが 始まりの一つ より古い他系譜から発祥した小早川もある。 ここでの説明は、その後発家である。 と伝わる。 遠平は平家討伐の恩賞として平家家人沼田氏の旧領であった沼田荘(ぬたのしょう、現在の付近)の地頭職を拝領し、これを譲られた養子・(流のの子)が、安芸国に移住した。 元年()、景平は長男のに沼田本荘を与え、次男のには沼田新庄を与えた。 茂平はで戦功を挙げ、安芸国の 都宇荘 ( つうのしょう )・竹原荘(たけはらのしょう) の地頭職を加えられた。 沼田小早川氏 [ ] 小早川氏の一族で、本家筋にあたる。 茂平の三男・が沼田本荘などを与えられ、を本拠としたのが始まりである。 ではは方としてに味方し付き従ったため、によって沼田本荘を没収されるが、竹原小早川家の取り成しなどにより、旧領を安堵(あんど)されている。 その後、、、の3代の間にに進出し、の基礎を築いた。 その後、で一時代を築くが、 - まではいずれも20代で早世し衰退した。 竹原小早川氏 [ ] 茂平の四男・が、都宇・竹原荘、沼田荘梨子羽郷の一部を分与され、を本拠としたのが始まりである。 沼田小早川氏の分家筋にあたるが、元弘の乱以降はの下で戦い、成立に貢献したこともあって徐々に勢力を拡大し、中期には本家・沼田小早川家と拮抗(きっこう)するまでに至った。 戦国から江戸時代 [ ] 勢力の衰退と沼田・竹原両小早川の統合 [ ] に入ると傘下の領主となる。 この頃、竹原・沼田両家で当主の早世が相次いだ。 12年()には竹原家のが子を残さずに没したため、天文13年()に出身の興景夫人の従弟である(の三男)が養子に迎えられた。 一方の沼田家でも、との影響下で活動していたが、天文8年()には、尼子方に内通しようと画策し、逆に大内氏によって居城の高山城を占拠され、城番を置かれるという事態に陥った。 当主の正平も軟禁状態に置かれるが、後に赦された。 天文11年()から始まるによるでは、正平が従軍するも大敗を喫し、天文12年(1543年)に退却中に21歳で討死。 幼い嫡子が後を継いだものの、繁平は幼くして失明(異説あり)する。 大内家と毛利家の圧力、また強力な後ろ盾を望む重臣の要望により、後見役の重臣らは殺害されて繁平は出家させられた。 その後、竹原家の隆景が繁平の妹()と結婚して沼田家を継ぎ、両小早川家は再統一されたが、それと同時に景平の系統は途絶えることになった。 これ以降は毛利一門に組み込まれ、毛利家から多くの家臣が小早川家に送り込まれている。 名将・小早川隆景 [ ] 隆景は兄のとともに毛利家を支えて「両川」と呼ばれ(体制)、主にの経略を担当した。 後、でがの後継者としての地位を確立すると、隆景は進んで毛利家を秀吉の天下統一事業に参加させ、13年()にはの功賞として一国を与えられて独立した大名となった。 天正15年()にはにより35万石に転じ、下ではにまでなるが、4年()に隠居した。 豊臣政権下の小早川氏 [ ] 隆景には実子がなかったため、弟のを養子としていたが、後にして別家を立てさせた。 これに伴い家督は、代わって秀吉のの甥・羽柴秀俊が隆景の養子として継いだ()。 この時点をもって、小早川氏は流毛利氏から流に移ったといえる。 2年()の隆景の死後、毛利家から小早川家に送り込まれていた家臣、および小早川家一門衆・譜代家臣の大半は毛利家に引き揚げており、これ以降の小早川本家は毛利氏一門から、一門の有力へと変化した。 秀秋は隆景の跡を受けにこそ就かなかったが、官位は権中納言にまで進み、隆景の隠居領を併合した石高では鍋島を抜き、豊臣政権下では第十位の大大名となった。 徳川政権下の小早川氏 [ ] 秀秋は慶長5年()のでの功績により、より51万石に加増移封された。 名は 秀詮(ひであき)と改名した。 だが慶長7年()に21歳で嗣子無く没し、養子の系譜(豊臣氏一門)の小早川家は名実ともに断絶した。 重臣だったや(通政)は大名になった。 一方、小早川の別家(大江姓)を立てた秀包も、西軍加担により久留米7万石を召し上げられ改易、後に毛利氏に戻り長州藩の家老として明治維新を迎えた。 近代以降 [ ] 12年に、小早川秀秋で断絶した系譜の後継として、旧姻戚家のの三男・を当主とした小早川家が再興された。 三郎は早世し子がいなかったため、その弟のが養子となって跡を継ぎ、に列してのを授けられた。 その後、四郎の養子としての次男・が跡を継ぐ。 元社部門技術者・開発主査でモーターのはその息子である。 , p. 152. 2355. 2357. 2356. 徳川(255万石)・上杉(120万石)・毛利(112万石)・前田(80万石余)・島津(61万石)・伊達(58万石)・宇喜多(57万石)・佐竹(54万石、岩城・芦名ら一族を含めると80万石)・堀(45万石、与力の村上・溝口、直政系(奥田)一門も含め60万石)に次ぐ。 慶長の役で越前北ノ庄15万石への減封命令もあったが、家康により回避されたとの説もあり• - 週刊朝日 号掲載 参考文献 [ ]• 『姓氏家系大辞典』 第2巻、、監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2355-2357頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 、1926年3月。 国立国会図書館デジタルコレクション。 関連項目 [ ]•

次の

小早川毅彦の経歴・性格・家族・監督の可能性はあるのか?

小早川 毅彦

小早川毅彦 Kobayakawa Takehiko 1961年11月15日生 1983年ドラフト2位 出身 年度 年 齢 チーム TEAM 打席 PA 打数 AB 1984 23 広島 1. 280 112 420 375 50 105 17 1 16 59 8 4 3 27 11 66. 344. 459 1985 24 広島 2. 290 98 312 269 41 78 16 3 14 45 4 3 2 34 4 66. 375. 528 1986 25 広島 1. 260 73 190 173 21 45 5 0 12 24 1 0 2 15 0 33. 316. 497 1987 26 広島 3. 286 124 470 420 57 120 17 1 24 93 5 0 5 37 8 96. 351. 502 1988 27 広島 3. 289 126 532 453 63 131 24 2 17 69 8 0 0 72 7 74. 395. 464 1989 28 広島 2. 301 114 458 396 48 119 13 1 12 61 1 1 3 56 2 68. 387. 429 1990 29 広島 2. 283 105 409 353 49 100 12 1 17 61 2 0 6 45 5 71. 367. 467 1991 30 広島 1. 259 92 270 239 24 62 14 0 7 39 0 1 3 25 2 38. 331. 406 1992 31 広島 4. 279 113 392 330 36 92 18 1 11 55 0 0 4 53 5 75. 383. 439 1993 32 広島 6. 269 106 362 309 36 83 11 1 17 45 1 1 4 43 5 74. 363. 476 1994 33 広島 3. 247 93 169 150 13 37 4 0 6 18 2 0 1 18 0 29. 325. 393 1995 34 広島 2. 239 66 135 113 8 27 6 0 2 14 2 0 2 19 1 28. 348. 345 1996 35 広島 3. 125 8 8 8 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3. 125. 125 1997 36 ヤクルト 1. 249 116 359 309 37 77 13 0 12 33 0 0 1 45 4 72. 351. 408 1998 37 ヤクルト 4. 173 62 93 81 6 14 4 0 3 8 0 0 0 12 0 12. 280. 333 1999 38 ヤクルト 4. 105 23 21 19 1 2 0 0 1 2 0 0 0 1 1 5. 190. 263 通算成績. 273 1431 4600 3997 490 1093 174 11 171 626 34 10 36 502 55 810. 359. 451.

次の

小早川毅彦とは (コバヤカワタケヒコとは) [単語記事]

小早川 毅彦

年度 所属球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 長打率 出塁率 1984 広島東洋 112 420 375 50 105 17 1 16 172 59 8 1 4 3 27 11 66 8. 280. 459 1985 広島東洋 98 312 269 41 78 16 3 14 142 45 4 3 3 2 34 4 66 4. 290. 528. 375 1986 広島東洋 73 190 173 21 45 5 0 12 86 24 1 0 0 2 15 0 33 6. 260. 497. 316 1987 広島東洋 124 470 420 57 120 17 1 24 211 93 5 4 0 5 37 8 96 11. 286. 502. 351 1988 広島東洋 126 532 453 63 131 24 2 17 210 69 8 3 0 0 72 7 74 9. 289. 464. 395 1989 広島東洋 114 458 396 48 119 13 1 12 170 61 1 2 1 3 56 2 68 11. 301. 429. 387 1990 広島東洋 105 409 353 49 100 12 1 17 165 61 2 3 0 6 45 5 71 7. 283. 467. 367 1991 広島東洋 92 270 239 24 62 14 0 7 97 39 0 1 1 3 25 2 38 5. 259. 406. 331 1992 広島東洋 113 392 330 36 92 18 1 11 145 55 0 1 0 4 53 5 75 8. 279. 439. 383 1993 広島東洋 106 362 309 36 83 11 1 17 147 45 1 1 1 4 43 5 74 6. 269. 476. 363 1994 広島東洋 93 169 150 13 37 4 0 6 59 18 2 0 0 1 18 0 29 4. 247. 393. 325 1995 広島東洋 66 135 113 8 27 6 0 2 39 14 2 1 0 2 19 1 28 3. 239. 345. 348 1996 広島東洋 8 8 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0. 125. 125. 125 1997 ヤクルト 116 359 309 37 77 13 0 12 126 33 0 2 0 1 45 4 72 8. 249. 408. 351 1998 ヤクルト 62 93 81 6 14 4 0 3 27 8 0 1 0 0 12 0 12 6. 173. 333. 280 1999 ヤクルト 23 21 19 1 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 1 1 5 0. 105. 263. 190 通 算 1431 4600 3997 490 1093 174 11 171 1802 626 34 23 10 36 502 55 810 96. 273. 451 -.

次の