アトピー性皮膚炎。 アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎治療の名医・専門医37名

アトピー性皮膚炎

自律神経とは? 自律神経とは、僕たちの体を構成する60兆個のさいぼうを無意識のうちに調整している神経です。 「自律」神経というように、普通は僕たちの意志とは無関係に働いています。 たとえば、自律神経は、心臓の拍動や胃腸の運動のように意志によってコントロールできない運動をさせる働きがあります。 自律神経には交感神経と副交感神経があって、その両者が相反する方向に働いています。 簡単に言えば、自律神経とは興奮する体調をつくるかリラックスする体調をつくるかを調節していると考えればいいでしょう。 働いているとき、スポーツしているときなど、僕たちが興奮するときに使う細胞は決まっています。 それらの細胞にゴーサインを出すのが交感神経です。 つまり、昼間活発に活動するときには交感神経が優位に働いています。 逆に、休む、眠る、食べる、こうしたリラックスして穏やかになっているときに働く細胞も決まっています。 それらの細胞にゴーサインを出すのが副交感神経です。 ところが、休むときに興奮のサインが出たり、その逆に興奮しなければならないときに休むサインが出たりして、そのバランスが崩れるのが自律神経失調症です。 自律神経は、僕たちが一つの行動を起こしたときに、無意識のうちに瞬時に働く細胞を決定しています。 そして僕たちの体の中の細胞のほとんどは、この自律神経の支配を受けています。 専門的なことを言えば、自律神経がその細胞の近くまで伸びて、交感神経の場合はノルアドレナリンを分泌して細胞にシグナルを出して働かせます。 さらに、副腎の髄質からアドレナリンが出ます。 そして心臓の拍動を高め、血管を収縮して血圧を上昇させることで体全体を興奮させ、体を活動的にさせます。 副交感神経の場合には、アセチルコリンを分泌して細胞にシグナルを出して、その細胞を働かせます。 そして心臓の拍動をゆるやかにして血管を拡張させ血流を促し、心身をリラックスさせます。 また、副交感神経が優位になると、腺細胞の分泌や排泄が促されて食欲も高まり、排便が促進されます。 まず生存に必要なのは消化・吸収であり、その機能を支配しているのが副交感神経なので、自律神経はもともと副交感神経から進化したと考えられます。 さらに海から上陸した生物が重力に逆らって活発に活動するようになり、運動量を大幅に増やすために必要に迫られて交感神経が発達したのです。 たとえば副交感神経がきちんと働かないと、ゆっくりと休みたいときに血管が縮まって血流が悪くなり、手足が冷えてくつろぐことができないことになります。 このような自律神経の不調が生じるのは、主に悩み、心配などのストレスのためです。 無意識に抑圧された過去のトラウマがストレスになることもあります。 大きな心配事があれば、食欲が落ちたり、よく眠れなくなるといったことは、誰にも経験があるでしょう。 それは心の状態が自律神経を左右し、体に大きな影響を与えるからです。 逆に病気になれば、気分も落ち込んでしまうというように、体の状態も心に大きな影響を与えます。 このように、心と体の状態をつなげているのが自律神経なのです。 体の中の「シーソー」のバランスを取ろう 交感神経と副交感神経を併せて自律神経と言います。 自律神経とは、人間の活動と休息に合わせて、体の各組織を無意識のうちに調整している神経のことです。 交感神経とは、おもに昼間に働きます。 人は活動する時や運動をしている時に活性化し、「元気はつらつ」「やる気まんまん」の状態を作り出す神経と考えれば良いでしょう。 具体的には、心臓に働きかけて拍動を速くし、血管を収縮させて血圧を上げます。 呼吸も速く浅くします。 こうすることで、心身共に興奮状態をつくり、活発に活動しやすくするのです。 活動時は、体に傷をつくることなども多くなるので、傷から侵入する細菌などの外敵から体を守る必要も出てきます。 そのため、交感神経が活性化すると、体を外敵から守る「白血球」のうち、細菌などを攻撃する役割の「顆粒球」が増えます。 副交感神経は交感神経の逆で、おもに夕方から夜にかけて働きます。 人間が休む時や、食事をした時に活性化して、「ゆったり気分」「のびのびリラックス」の状態を作り出す神経です。 具体的には、心臓の拍動を遅くし、血管を拡張させ、呼吸を深くゆっくり安定させます。 食後に胃腸の働きを活発化させて消火を助ける役割も果たします。 食後は、すぐ行動を起こしにくいものですが、それは心身共に、穏やかな急速に適した状態を作り出しているからです。 また、休息時、体内では、白血球の一種の「リンパ球」が、異常細菌を攻撃して体を防衛、メンテナンスしています。 リンパ球は、食事によって体内に入ってくる異物から体を守る働きがあり、副交感神経は、このリンパ球を増やす働きもあります。 人間の体は、このように、自律神経によって、体中の細胞をきわめて合理的に調整し、活動時と休息時に適した体調を作り上げているのです。 交感神経と副交感神経は、通常は拮抗関係にあり、シーソーのように交互に活発化して、体に働きかけています。 どちらか一方が働いた後は、必ず揺り戻しが来てもう一方の神経が働き始めることを繰り返すわけです。 このようにしながら、活動と休息のリズムをつくって、体の調子を整えています。 このシーソーの働きがうまくいっている時は、生活にメリハリがつき、体調もいい状態が続きます。 ところが、シーソーの働きを無視して、働きすぎたり、リラックスしすぎたりといった生活を続けていると、一方の神経だけが優位になり、もう一方の神経タイプに戻りにくい体質になっていきます。 こうなると、偏った側に特有の疲れが現れ、その先に病気が持っているのです。 「穏やかな人」ほどアトピーになりやすい? 「病気になりやすいかどうか」は性格で決まります。 そういわれても信じられない、という人は多いでしょう。 自律神経で考えるとわかりやすいと思います。 交感神経が優位な人は、活発な性格。 副交感神経が優位な人は、穏やかな性格になります。 活発な人も、穏やかな人も、それが健康に問題になるわけではありませんが、どちらも行き過ぎたときは危険です。 活発な人は仕事をがんばりすぎたり、長時間労働で無理を続けガチです。 そうすると睡眠時間が短くなり、翌日に疲れが残ってついには体を壊します。 では、穏やかな性格の人の方が圧倒的にプラスか、というと必ずしもそうではありません。 副交感神経は、あまり運動をしないでよく食べるというリラックスの方に偏ります。 体がだんだんふくよかになってきて、筋力はあまりつきません。 体の丈夫さは筋肉と骨と一緒に鍛えられるので、だんだんひ弱になってきます。 僕たちは筋肉や骨が丈夫で姿勢がしっかりしていると、キビキビ動くことができます。 逆に楽をしすぎると、姿勢が崩れたり、疲れやすくなります。 また、不活発だと、精神的には無気力になってきます。 つまり、活発な性格の人は何事もやりすぎて体を壊すし、穏やかな性格の人は穏やかすぎて日常生活に支障をきたして病気がちになります。 自分はどちら側に偏っているかをしっかり把握して、両極端にいかないように注意することが大切です。 起こりやすいとか、おしとやかなど、根本的な性格を変えるのはなかなか大変です。 たとえば、短気ですぐに起こることは、興奮状態で交感神経緊張をつくります。 血圧や血糖値が上がる状態は、いい仕事をするのに必要な条件ですが、あまり強く出うると体には危険です。 ただし、もちろん長所もたくさんあります。 仕事をきちんとミスなくできたり、完全にやりとげるまで頑張ることができるでしょう。 一つの 性格には短所もあれば長所も必ずあるので、自分自身でそこに気づき、しっかり見極めていくことが大切です。 まとめ 自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っています。 そのバランスが崩れれば種々の病気にかかってしまいます。 昔は科学的にわかっていなくても、自律神経のバランスを先人の知恵でやっていたようです。 今はそういう努力をせずに、すぐに薬で病気を治そうとするので結局うまくいきません。 人間の体の基本を無視して、薬で症状だけで取ろうとしても、アトピーは完治するわけがありません。 薬はあくまでも対症療法。 自らの体の自律神経を整えることがアトピーを完治させるために重要ですね。

次の

犬のアトピー性皮膚炎~症状・原因から治療・予防法まで皮膚病を知る

アトピー性皮膚炎

アトピーにムヒsを使う時の注意点!ステロイドの有無や副作用も アトピー性皮膚炎は、元々アレルギー体質の方がかかりやすく、様々なアレルゲンが原因となって皮膚の炎症を繰り返し起こし、ひどい痒みに悩まされます。 (関連記事:) アトピーにムヒsを使う時の効果と副作用! アトピーの痒みが生じた時、ムヒsを塗ると一時的に痒みが抑えられる効果があります。 そして、ムヒsはステロイド薬の中でも比較的ステロイドが弱い軟膏薬で、副作用も軽い方ですが、長期間使い続けると、次のような副作用が現れます。 ・発赤 ・痒みの悪化 ・肌の免疫力の低下 ・薬が効かなくなる ・使用を止めたときのリバウンド ステロイドには、その強さに関わらず、皮膚が持つ免疫力を低下させる作用があるため、長期間使い続けることによって、だんだんと薬の効果が薄れ、効かなくなったり、人によっては発赤、痒みの悪化などを招くこともあるそうです。 また、最も怖いのは、症状が落ち着いてきたかなと思って、使用をやめたとたんにリバウンドを起こし、以前より重いアトピーの症状が現れることです。 そして、これは皮膚科で処方されるステロイドにも同様に言えることで、全身をアトピーで覆われる重篤のアトピー皮膚炎の患者は、動くことも出来ない痒みに襲われるため、ステロイドを使用し続ける傾向にありますが、根本的な治療にはならないのです。 そのため、市販薬でムヒsを買い求め、アトピー肌に使用する場合は、長くても2週間程度の使用にとどめ、使用を中止する時はすぐにやめるのではなく、1日2回塗っていたのを1回に減らすなどしながら、ゆっくりとやめるようにしましょう。 また、発赤や痒みが生じた時には、それ以上使用せず、すぐに皮膚科を受診するようにしてください。 スポンサーリンク 痒みが我慢できない!ステロイドを使っていない市販のかゆみ止めは? アトピー性皮膚炎の症状は、体の中に入ったアレルゲンに対して反応を示し、体が不要だと感じる物を排出しようとする皮膚のデトックスのような症状です。 そのため、薬を使用せずに自然に排出できれば一番良いのですが、アトピーの痒みは非常につらく、我慢して掻かないことも大変で、薬を塗らずに掻いてしまうことで、皮膚の痒みはさらに悪化し、傷跡ができたり、色素沈着を起こしてしまうのです。 なので、ステロイドを使用していないかゆみ止めの薬で、市販でも購入できるものを使用するなら、ラナケインSがオススメです。 そして、親水性でべたつかず、塗りやすいやわらかなクリームで、使用期間なども気にせずに使うことができますよ。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、アトピーにムヒsを使う時の注意点、また、ステロイドの有無や副作用について詳しくお伝えしました。 まず、アトピーの痒み止めにムヒSを使う方が多いのですが、実はムヒSにも弱めのステロイドが配合されているため、長期間使用すると効果がなくなったり、発赤や炎症の悪化などを起こし、突然やめるとリバウンド症状を起こすのでしたね。 なので、一時的なかゆみ止めの効果はあるものの、使用するなら短期間にとどめた方が良く、基本的にはアトピーは自然治癒ができるのが一番良いのですが、どうしても痒みを我慢できない場合はステロイド非配合薬のラナケインSをオススメしました。

次の

アトピー性皮膚炎 人気ブログランキング OUTポイント順

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の主な原因 アトピー性皮膚炎は、なぜ発症するのでしょうか。 まずはアトピー性皮膚炎の定義について確認しながら、その原因を探ります。 アトピー性皮膚炎とは アトピー性皮膚炎の「アトピー」とは、「不思議な病気」を意味する言葉です。 強いかゆみのある湿疹が出て、悪くなったりよくなったりの状態を繰り返します。 家族にアトピー性皮膚炎や気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎を持つ人がいたり、もともと肌のバリア機能が弱かったりすると、アトピー性皮膚炎になりやすいことがわかっています。 厚生労働省が実施した2014年の「患者調査」によると、アトピー性皮膚炎の総患者数は45万6000人と推計されています。 発症すると、かゆみを伴う赤みやブツブツした発疹を生じます。 また、アトピー性皮膚炎の特徴として肌全体がカサついています。 このような症状は、肌をかきむしることで悪化します。 発症する主な原因 なぜアトピー性皮膚炎が発症するのか、そのメカニズムについてはすべてが明らかになっているわけではありません。 アレルギー体質のほか、ドライスキン(乾燥肌)で皮膚のバリア機能が低下するなど、遺伝や生まれながらの体質も原因のひとつとされています。 生まれつきではなく、生まれた後の要因が原因になることを「後天的」といいますが、アトピー性皮膚炎の後天的な悪化因子として次のようなものがあげられます。 アトピー性皮膚炎の 主な症状 アトピー性皮膚炎になると、どのような症状が現れるのでしょうか。 段階的な症状や発症しやすい部位についてくわしく見ていきます。 段階的な症状 子どもにおいては、初期に皮膚の乾燥がよくみられます。 アトピックドライスキンでは、関節の内側を中心に赤みやブツブツなどの症状がみられます。 肌は乾燥してザラザラした触感になり、鳥肌のようになります。 かゆみがある肌をかきむしることで、皮膚がゴワゴワして分厚くなっていくこともあります。 大人の場合も子どもと同じような症状が現れ、顔の症状は治りにくくなります。 また、悪化によって全身が赤くなる紅皮症の状態になり、重症化することもあります。 発症しやすい主な部位 とくに発症しやすいのは、ひじやひざの関節の内側、首など、擦れたり衣服の刺激を受けたりしやすい部位です。 顔にみられる場合も少なくありません。 アトピー性皮膚炎が 悪化(重症化)した場合の症状 アトピー性皮膚炎は、症状が悪化すると治りにくくなります。 悪化したときの具体的な症状と、悪化を招く原因について見ていきましょう。 悪化の症状 子どもの頃のアトピー性皮膚炎は、時間の経過とともに自然に治ることが多いのですが、ときに思春期や大人になっても症状が続く場合があります。 悪化することで症状が長引くため、早めに対処することが大切です。 季節によってよくなったり悪くなったりを繰り返しますが、とくに空気が乾燥する冬や春先のほか、夏は汗で症状が悪化しやすくなります。 子どもにおいても大人においても、肌をかきむしることで皮膚炎の症状が悪化し、ますますかゆくなるという悪循環を呈しやすくなります。 悪化させてしまう主な要因 アレルギー反応自体によって、アトピー性皮膚炎が悪化するケースが多くみられます。 このほか、皮膚への刺激もあげられます。 激しくかくことで肌が傷つくだけでなく、バリア機能がさらに低下して刺激を受けやすくなってしまいます。 そこへ、アレルギー因子や乾燥、汗、寝不足などの後天的な悪化要因が重なることで炎症が起こり、ますます症状が悪化するという悪循環を招くことがあります。 接触皮膚炎 外から肌に触れた物質によって引き起こされる皮膚炎。 刺激性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の2つに分けられます。 脂漏性皮膚炎 顔や頭、わき、陰部など、皮脂の分泌が活発な場所に現れる病気。 カサついて角質が目立つ肌に、赤みのある発疹がみられます。 とくに、顔のアトピー性皮膚炎との見分けが難しいことがあります。 単純性痒疹 強いかゆみを伴うブツブツした盛り上がりが、手や足などに現れます。 虫さされをかき壊すことで生じることもあります。 疥癬(かいせん) ヒトに寄生するヒゼンダニが起こす感染症。 強いかゆみを伴います。 ときに、皮膚科専門医でもアトピー性皮膚炎との鑑別診断が難しいこともあります。 あせも 汗を多くかくことで現れ、かゆみがあります。 ひざやひじの内側など、汗がたまりやすい場所によくみられます。 皮脂欠乏性湿疹 水分保持力が低下して乾皮症という乾いた肌になり、バリア機能が低下しているところに外部の刺激が加わって、二次的に湿疹が現れた状態をいいます。 手湿疹 手のひらや手の甲、手の指に現れる湿疹や皮膚炎を指します。 乾癬(かんせん) 炎症と角化(角質化)が主体の疾患。 赤くなった肌の上に、銀白色の角質が層状に重なっている状態の肌がみられます。 併発しやすい病気• 気管支喘息 発作的に咳や痰が出たり、ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音を伴って息苦しくなったりする疾患。 気道に慢性的な炎症が続き、さまざまな刺激に対して気道が敏感になることが原因で起こるといわれています。 小児の場合、吸入性アレルゲン(ダニ、ペット、カビなど)をはじめとした、アレルゲンに対するアトピー反応が原因となっているケースが多くみられます。 アレルギー性鼻炎 くしゃみ、鼻みず(水様性)、鼻づまりといった症状が出る疾患。 ダニやハウスダストなどが原因となって起こる通年性アレルギー性鼻炎と、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカバなどが原因となって起こる季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。 アレルギー性結膜炎 白眼の部分(結膜)が炎症して赤く充血する、かゆみを感じる、目やに(眼脂)が出る、涙が出るなどの自覚症状がある場合、アレルギー性結膜疾患と診断されます。 なかでも、顔にアトピー性皮膚炎がある人に起こる慢性的なアレルギー性結膜疾患を、アトピー性角結膜炎と呼ぶこともあります。 春季カタル 春から夏にみられる重症のアレルギー性結膜炎のこと。 点状表層角膜症、角膜びらん、潰瘍、角膜の混濁、血管侵入などの重い角膜障害を合併することがあります。 まぶたの皮膚炎がなかなか治らないこともあるようです。 重要な合併症• 白内障 眼球の前部にある水晶体が白くにごる病気。 年齢を重ねることで発症しやすくなるため、老化現象のひとつとも考えられています。 網膜剥離 目のなかで最も重要な網膜が、なんらかの理由ではがれてしまう病気。 黒い点や虫のようなものが見えたり、視野が欠けたり、視力が落ちたりするなどさまざまな症状が現れます。 カポジー水痘様発疹症 アトピー性皮膚炎のバリア機能が低下した肌に、ヘルペスウイルスが感染して起こります。 ときに高い熱が出て、入院が必要なこともあります。 伝染性軟属腫 いわゆる「水いぼ」で、伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。 子どもによくみられます。 伝染性膿痂疹 細菌に感染して起こる病気。 いわゆる「とびひ」です。 子どもに多く発症し、夏場によくみられます。 抗生物質の内服、外用が必要です。

次の