寒冷 アレルギー。 寒暖差アレルギーに注意!鼻水、くしゃみなどのアレルギー症状は気温差が原因かも!(uk.mylively.comサプリ 2017年10月12日)

冬に多発する「寒冷じんましん」は患部を温めることが大事です

寒冷 アレルギー

Feature 特集 急激な温度差で起こる「寒冷じんましん」 2017年 10月24日 13:44 多くの人が一度は経験するじんましん じんましんはごくありふれた皮膚の病気で、4~6人に1人は一生のうちに経験すると言われています。 むくみを伴う発赤が、数時間の経過で起こり、かゆみが生じるといった特徴があります。 じんましんと聞くと、食べ物や飲み薬のアレルギーと考えがちですが、ほかにもさまざまな要因で発症し、原因がはっきりしないことも多数あります。 寒冷じんましんとは 原因がはっきりするじんましんに「寒冷じんましん」があります。 その名の通り、体が冷やされることによって、その部位もしくは全身に赤みを帯びたふくらみが出現します。 寒冷じんましんは、症状が出たときの状況などを聴き取ることで、比較的簡単に判断できます。 例えば、冷たいものを摂取した場合や冷たい外気や冷房の風に当たった場合、また水風呂に入ったり、発汗後に汗が蒸発して体が冷却されることなどで起こる場合が多いようです。 寒冷じんましんのコワイところ なぜ、寒冷じんましんになるのか。 そのメカニズムはいまだ、はっきりとはわかっていません。 梅毒や風疹、水ぼうそう等の感染症や血液疾患が原因で起こることもあります。 なんらかの他の病気が隠れている可能性もあるので、注意が必要です。 治療はじんましんを抑える飲み薬に加えて、体を冷やさないように生活スタイルを考える必要があります。 寒冷により、全身にじんましんが見られる場合は、血圧が急激に低下したり、意識を失うなどのショック症状が出る場合もあるため、放置せずに一度、皮膚科を受診するようにしましょう。 (皮膚科医長・中尾匡孝医師に聞きました) (製鉄記念八幡病院 皮膚科) 「Feature 特集」最新記事•

次の

寒暖差アレルギーの症状や治し方は?じんましん、咳、鼻水の薬や対策はあるのか?!

寒冷 アレルギー

概要 寒冷蕁麻疹とは、身体が低温の外気や物体に晒されることで生じるです。 蕁麻疹は、皮膚の細胞に何らかの刺激が加わることで、皮膚の組織内にヒスタミンという物質が放出されることによって引き起こされる皮疹のことです。 ヒスタミンは、皮膚の微小血管と神経に作用して血管を拡張させ、血管内の 血漿 けっしょう 成分を漏れ出す作用があります。 その結果、ヒスタミンが分泌された部位に、紅斑や膨疹 ふくらみのある皮疹 、が生じるのです。 寒冷蕁麻疹は機械性蕁麻疹の一種であり、身体の一部に寒冷刺激が加わることでその部位のみにヒスタミンが分泌されて蕁麻疹が生じる「局所性」と、全身が冷却されることで全身に蕁麻疹が生じる「全身性」があります。 寒冷刺激を受けてから蕁麻疹の発症までは数分~十数分以内ですが、症状は2時間以内で治まり、皮膚に痕を残すことはありません。 蕁麻疹の中には、症状が長く持続するものもありますが、寒冷蕁麻疹は数か月から数年で完治することがほとんどであるとされています。 原因 寒冷蕁麻疹は、皮膚に冷却刺激が加わることによって発症します。 は、皮膚の細胞が刺激を受けてヒスタミンを分泌し、血管の拡張や透過性の亢進を促すことによって生じる皮疹のことです。 蕁麻疹の原因となる刺激には、食物やハウスダスト、花粉、金属などさまざまなものが挙げられます。 蕁麻疹の原因を完全に特定することは困難なケースが多いですが、寒冷蕁麻疹は皮膚に対する冷却が物理的な刺激となって肥満細胞を活性化させると考えられています。 また、蕁麻疹の発症は、がんやリウマチなどの、感染症、ストレスなどによって引き起こされるケースもあります。 寒冷蕁麻疹も例外ではなく、特に中高年になって突然寒冷蕁麻疹を発症したような場合、蕁麻疹の増悪因子である病気が潜んでいる可能性も考えられます。

次の

寒冷アレルギーは東洋医学専門の鍼灸院へ

寒冷 アレルギー

寒冷アレルギーとは? 寒冷アレルギーとは、昨日までは気温が温かかったのに、翌日に急に冷え込んだなど… 寒暖差によって自立神経が乱れることで起こるようです。 血管は寒いと縮み、暑いと広がります。 寒暖差が激しいと、血管の収縮が環境に追いつけなくなり、自律神経が誤作動を起こし身体に不調をもたらしてしまいます。 また、自律神経は激しい気温差で乱れるのが特徴です。 そして、どちらかと言うと 女性に多いというのも大きな特徴です。 例えば、次のような状況で寒冷アレルギーを引き起こしてしまう可能性が高くなります。 スポンサーリンク 治し方も調査! 医療機関などでの寒冷アレルギーの治療では、症状を抑える対症療法が基本となります。 内服薬として自律神経の働きを整える抗ヒスタミン薬、鼻の炎症を抑える点鼻薬としてステロイド薬が処方されることが多いようです。 また、1番の予防策は自身で日ごろから心がけていくことでしょう。 それでは、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか? マスクを着用、胸首・手首・足首を冷やさない 寒冷刺激を緩和するために、気温が低い場所や寒い屋外に出るときは、 マスクを着用しましょう。 呼気がマスクに適度な温度と湿度を与えますので、鼻粘膜の寒冷刺激が和らぎ、アレルギー反応も軽減されます。 また、 胸首・ 手首・ 足首にはいずれも体表の近くを動脈が流れているので、厚手の上着にマフラーやストール、レッグウォーマーなどで防寒対策をしましょう。 体力をつけるための適度な運動 寒暖アレルギーにかかりやすいのは、筋肉量の少ない高齢者や女性と言われています。 毎日できる簡単な運動やウォーキングなどを行い、 基礎代謝をあげていきましょう。 規則正しい生活を心がける 肉体的・精神的にストレスが多い生活をしていたり、夜遅くまで起きているなど不規則な生活も自律神経のバランスがくずれる原因となってしまします。 早寝早起きを心がけ、生活のリズムを整えましょう。 また、適温のお風呂にゆっくとつかることも自律神経を整えることに繋がります。 バランスのとれた食生活を心がける 3食をしっかり食べること、そしてエネルギー源となるタンパク質や、疲労回復に良いとされるビタミン、ミネラルを満遍なく摂取することを心がけましょう。 タンパク質を取るならツナ缶や、鶏もも肉、豆腐、卵、牛乳など。 ビタミン B1や2など沢山種類がありますが… を取るなら、レバーやうなぎ、バナナ、緑黄色野菜など。 ミネラルを取るなら、さといもやそば、するめ、ししゃも、トマトジュースなど。 寒冷アレルギーは、 冬だけに見舞われる症状ではなく、年間を通して改善や悪化を繰り返し、完治は難しい病気とされています。 しかし、上記でお伝えした予防策や服薬等によって、症状を和らげることは可能です。 健康的な生活を送るためにも、出来ることから始めていきましょう!!.

次の