仁王2 ビルド おすすめ。 【仁王2】ステ振りのコツとおすすめビルド

【仁王2】激強銃ビルドの作り方!銃と大砲だけで戦い続けられる!|くろせる戦記

仁王2 ビルド おすすめ

もくじ• 薙刀鎌の特徴 薙刀鎌は リーチが長く、癖が少ないので、誰にでも扱いやすい武器です。 初心者から上級者まで使用率が高く、最強武器候補として評価されています。 上段は高威力でリーチがあるため、雑魚敵相手には無双することができます。 中段は振りが速いので、強敵相手にも隙を見せず戦って行けます。 そして、 薙刀鎌は「呪」を上げることで攻撃力が伸びるため、陰陽術との相性が最高です! 陰陽術は武器に属性を付与したり、遠距離属性攻撃をしたり、非常に強力な「遅延符」や「結界符」等など。 陰陽術の恩恵を最も受けられるため、最強候補になっていると言えるでしょう。 使う武器を迷ったら、まずは薙刀鎌から使ってみて下さい。 おすすめのステ振り 薙刀鎌は「呪」で攻撃力が上がるため、「呪」を中心に伸ばしていくのがおすすめ。 呪は陰陽術にも対応しているため、同時に陰陽術の効果や術容量を伸ばせます。 また、 薙刀鎌は「軽装」を使っていくため、10程度まで「勇・技」を上げるだけで構いません。 防御力が不安になりそうですが、陰陽術で強力なサポートも出来るので気になりませんね。 振り方としては、 「体10、心10、勇10、技10」は固定で、後は呪に特化した振り方をすると強くなります。 Lv50以降になったら、少し体も上げておくと安心ですね。 中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめ 中盤で入手できる 「ソハヤ衆鎧シリーズ」は、揃え効果がかなり強力な中装防具です。 基本的に軽装な薙刀鎌ですが、中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめですね。 「体9、武9」で特殊効果が発動するので、武に少し振れば性能が発揮できますよ。 しかも、集めるのが超簡単なので、以下の方法を参考に周回して見て下さい。 どんな武技・スキルを習得すべき? 薙刀鎌は基本的に 上段と中段の切り替えで戦うので、下段の武技はそこまで必要じゃないです。 上段は「涅槃裁、衆生裁」、中段は「応報、印堂鋒」が早期習得ができて使いやすいのでおすすめ。 常時発動スキルでは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨」辺りを優先的に習得しましょう。 奥義スキルでは、 「転変燎原」がかなり強力です。 まとめ 陰陽術の恩恵の大きさに加え、武器自体も扱いやすく強いのが薙刀鎌の良さですね! 自分はしばらく槍で戦っていましたが、限界を感じて薙刀鎌にした途端に難易度が下がりました 笑 攻略に困っている人ほどに、薙刀鎌はおすすめの武器なので、陰陽術と共に使ってみて下さい。

次の

仁王2【攻略】真の最強ビルド「雪月花マン」を作る (アプデ1.09感想つき)

仁王2 ビルド おすすめ

どんなビルド? 旋棍武器の武技 「灰燼」を軸に 通常攻撃(速い攻撃)から 状態異常の毒を付与させ 回復しながらゴリ押すビルドとなります。 (正直に状況によってはゴリ押す事ができない敵はいますが、それでも仙薬を使用する回数はグッと少なくなるので、戦闘テンポを維持する事が可能です。 ) またビルドとは直接関係ないですが、旋棍の武技 「絶招寸勁」も強力で人形の敵であれば一方的に攻撃できるのもオススメポイントです。 毒・灰燼ビルドの準備 このビルドは突き詰めるとかなり強力なビルドとなりますが、ここで紹介するのは 下準備が簡単&厳選を極力省くという考えのもと 誰でも簡単に組めるビルドとなっています。 必要な武器と必要なOP 装備オプション 特に武器の指定はありませんが、 無属性または 毒属性武器を用意してください。 持ってない方は何でも良いので現状一番強い旋棍を製造してください。 そして用意した武器に以下のOPを付与させてください。 どれも継承なしで焼き直しで付与できるOPです。 武器: 仕込み旋棍 攻撃反映 勇 A- 速い攻撃で体力回復 または 武技で回復 毒属性付与 補足2:東国無双の鎧一式の製造書は暗影篇のミッション 「手には蜻蛉、頭に角」から入手する事ができます。 割り振るステータス ステータスを 勇:99 呪:30 に割り振った後、 残りは装備したい防具のステータスに割り振って、余ったポイントを全て 「体」に振りましょう。 「勇」は旋棍の基礎攻撃力を上げてくれるので必須です。 「呪」は必須ではありませんがあるとボス戦や強雑魚戦でかなり有効に攻略する事ができるので、楽に攻略したい場合は振りましょう。 オススメの術は 「符術・封力符」、「符術・克金符」、「符術・結界符」です。 「体」も99振った方が良いですが、防具の装備ステータス分を含めるとレベルが230ぐらい必要なため、2周目をクリアしていない人は上げれる分だけで構いません。 所属を「本多」にする 本田の効果は 「被ダメージ軽減(無傷)50. ここで さらに 灰燼のダメージを伸ばします。 武技「灰燼」を取得する 灰燼は 「武の道 中伝」をクリアしていれば何も振っていない状態からスキルポイント3で会得する事が可能です。 白蝮守護霊と夜刀神と禍ツ武者の魂代をセット 白蝮の効果で 「敵の毒の蓄積」、そして夜刀神の 「毒の敵への近接ダメージ」と禍ツ武者の魂 「武技のダメージ」で 更にダメージの底上げをします。 どちらの魂代も確定でついているOPなので厳選する必要がありません。 以上で準備完了です。 あとがき 冒頭でも書きましたが、あくまでも厳選を極力しないで、お手軽に組めるビルドとなっています。 なので現状のままではまだスーパーサイヤ人になれていない界王拳10倍止まりです。 ですが、厳選やレベルが上がればいずれはスーパーサイヤ人となり無双します。 唯一弱点と言えば、毒が効かない敵や耐性が高い敵だと最大限効果が発揮しない点ですが、そういう場合は灰塵連発でゴリ押可能です。 また防具のOPに 「アムリタ吸収で体力回復」があると更にゴリ押し可能になるので、ある程度揃ったら厳選してみましょう! こちらのビルドもオススメです!.

次の

ビルド:おすすめスキル/揃え効果|仁王2攻略

仁王2 ビルド おすすめ

ステータスは忍特化 ステ振りは風魔シリーズが装備できるように 技7が必要。 後は 全て忍に振るだけでOKです。 忍が40くらいからクナイのダメージがかなり高くなるので、忍に振れば振るほど強くなるのが特徴。 忍が反映される鎖鎌の攻撃力が高くなるのもおすすめなポイントです。 陰陽スキルも使うなら、ある程度呪に振ってもOKです。 修行ミッションの「忍の道・奥伝」をクリア後に入手できる『 鳶加藤シリーズ』は、体15・技17が必要になるので、それぞれ強化しておきましょう。 ステータスの振り直しは、鍛冶屋で購入できる 六道輪廻の書を使えばOKです。 序盤の装備は風魔シリーズがおすすめ クナイや手裏剣のダメージがアップするので、クナイ特化ビルドなら 風魔シリーズがおすすめです。 装備に技7必要なのでステ振りしておきましょう。 装備が入手できない時は、血刀塚を周回していればまずまず出現します。 中盤からは鳶加藤シリーズがおすすめ 体15・技17が必要ですが、中盤以降は揃え効果が強力な『 鳶加藤シリーズ』がおすすめです。 武器は刀の「早鷹」にする必要がありますが、サブ武器として装備しているだけでOKです。 忍術が使用されない効果で、クナイや手裏剣の使える回数が増えるのがかなり強いです。 また、 忍術のダメージ反映が高いので、ステータスの「忍」が高ければダメージも上昇します。 小物は忍術の術力を上げる「矢立」がおすすめです。 守護霊は猫又がおすすめ 守護霊は投擲武器のダメージを上昇させる「 猫又」がおすすめです。 特技・迅の無敵時間延長効果は優秀ですが、ステータスの要求が武+呪で39なので無視してOKです。 猫又は薄明篇(5章)の開始時に半蔵からもらえるので、もらったらすぐに主の守護霊にしましょう。 習得しておくスキル クナイ 乱れ打ちクナイ 手裏剣 目潰し 猫歩きの術 透っ波の術 手裏剣連ね打ち クナイ・乱れ打ちクナイ・手裏剣などのクナイ系スキルは必須。 全て 参まで強化しておきましょう。 道中はクナイなどで雑魚敵を簡単に倒せますが、数が足りなくなるので、 透っ波+猫歩きでガンガンスルーして進みましょう。 スルーできない時はクナイで対処するだけ簡単に進めます。 また手裏剣の攻撃力をアップする 打剣法もしっかりと入手しておきましょう。 ちなみにアイテムのショートカット枠が足りなくなると思うので、 メニュー設定で4つまで増やしておきましょう。 雑魚戦・ボス戦のどちらでも強い 道中は透っ波+猫歩きで戦わずに進めます。 敵と戦う時もクナイや手裏剣で比較的安全に対処可能です。 ボス戦ではさすがにクナイだけでは足りなくなるので、火薬玉などの投擲スキルを利用しましょう。 レベルによって変わりますが、クナイなどを全て投げるだけで体力を半分以上削れている事も多いです。 残った体力を鎖鎌スキルの薮切を上手く使ってダメージを稼ぎましょう。 ゲージがあれば、超優秀な妖怪技の『 夜刀神』をガンガン使っていきましょう。 それでも倒せない強敵なら、素直に忍のステータスを上げたり、接近戦のパターンを覚える必要はあります。 アムリタ稼ぎ・熟練度稼ぎにも有効! 飛翔編のサブミッション『 墨俣妖捕り物』は、開幕に逃げる河童をクナイで倒すだけで簡単に約1万アムリタを稼ぐ事が可能です。 暗影編のサブミッション『 御前試合』でも、クナイと手裏剣を投げるだけで、1分程度で約4万アムリタを稼ぐ事が可能です。 アムリタと同時にニンジャスキルの熟練度も稼げるのでおすすめです。 2周目は火力不足なので他のビルドがおすすめ 陰陽術による強化と敵の弱体化、防具の継承による忍術の術力を強化すれば、2周目でも比較的高めの火力を出すことが可能です。 しかしビルド作成に手間がかかる割には、他のビルドに比べて火力が低めなので、素直に別のビルドを使用した方がいいかもしれません。 Ver1. 08では毒や天眼孔雀を使った近接ビルドが強いです。 例えば毒・天眼孔雀・雪月花ビルドでは短時間で2万近くのダメージを与える事が可能になっているので、 クナイビルドは2周目だと火力が低いという評価になります。

次の