ビル ゲイツ ワクチン。 【速報】「ビル・ゲイツ氏の逮捕」伊政治家が要求! ワクチンが不妊・麻痺を招く!?

ビルゲイツ推奨のワクチンは危険!?コロナ発生の予言は人口削減計画の一部か|ソクラテスのつぶやき

ビル ゲイツ ワクチン

この記事は為清さんに訳してもらえるだろうと思って待っていました。 William Engdahl マイクロソフト創設者であり、世界で最も裕福な男の一人、ビル・ゲイツは、自らの非課税財団(ビル&メリンダ・ゲイツ財団)を通じて巨額の寄付をすることで、病気と戦い、アフリカの食糧不足を解決し、貧困を軽減している慈悲深い博愛主義者のイメージを醸し出している。 最近のカリフォルニアでの会議で、ゲイツは彼の慈善事業の目的を明らかにした。 その目的とは、一般には殆ど認識されていないが、「人口削減」だった。 「優生学」と言えばわかる人もいるだろう。 このカリフォルニア州ロングビーチで行われた招待客限定のTED2010会議[]で、ゲイツは、「ゼロへの革新」と題した演説を行った。 2050年までに世界全体の(人間由来の)CO2排出量をゼロに削減するという科学的にバカげた提案をしたが、話を始めて4分半ほどで、こう断言した。 「何よりも人口が先だ。 現在、世界の人口は68億人である。 これから90億まで増えようとしている。 そんな今、我々が 新しいワクチン、医療、生殖に関する衛生サービスに真剣に取り組めば、 およそ10~15%は減らすことができるだろう。 」[1] (強調は筆者)。 簡単に言えば、世界で最も強力な男の1人が、人口増加の抑制のためにワクチンを活用することを望んでいると明確に発言したのである。 何ら力のない人間が話しているのではなく、実際にワクチン事業に大きな影響力を持つビル・ゲイツが言っているのだ。 エリートが集まった2010年1月のダボス世界経済フォーラムにおいて、ゲイツ財団は今後十年間に新型ワクチンを開発し、途上国の子供に送り届けるために、 100億ドル(約75億ユーロ)を提供すると発表している。 [2] 数十億規模のゲイツ財団の最重視課題は、ワクチンであり、特にアフリカなど未発展国での予防接種である。 ゲイツ財団は、世界銀行、WHO、ワクチン業界と提携して、GAVIアライアンス(ワクチンと免疫付与のための世界連盟)を創立している。 GAVIの目標は、途上国の全ての新生児にワクチンを打つことだ。 それは高尚な博愛活動に思えるだろう。 だが問題なのは、 ワクチン業界は、西側諸国でワクチンの処分に困ると、危険な(つまり、検証されていないが故に安全でない、あるいは有害であることが判明している)ワクチンを、無知な第三世界の人々に向けて投げ捨ててきたことが何度もあることだ。 [3] ワクチンの本当の目的は、人々を病気にすること、病気に感染しやすくして、早く死なせることにあると言っている団体もある。 [4] 第三世界に毒物を廃棄 ごく最近の話で、H1N1豚インフルエンザの地球規模の非常事態ということで不必要なパンデミック宣言がなされた後遺症により、先進工業国には、未検証のワクチンが何億本も余っている。 各国は、処理に困っている余剰ワクチンをWHOに引き渡すことに決定し、WHOは、それを一部の貧しい国に無料で押し付ける計画である。 フランスは、巨大製薬会社からサルコジ政権が購入した9,400万回分のワクチンの内、9,100万回分を供与している。 同様にイギリスは、6,000万回分の内、5,500万回分を供与した。 ドイツとノルウェーも似たような状態だ。 [5] ローマのコクラン・リサーチセンターの伝染病学者トーマス・ジェファーソン博士は、「パンデミックは世界の大部分で終息しているというのに、なぜ途上国にワクチンを与える必要があるのか?貧困国で今一番問題なのは、心臓・循環器系の病気であり、ウィルスの病気は優先度が低い。 1億8千万回分も寄付する医学的根拠は何だ?」と言っているが、その通りだ。 [6] さらに、日照量の多い地域ではインフルエンザはあまり問題ではないし、また恐怖の「新型大疫病」のはずだったH1N1パンデミックは、記録的に軽微なインフルエンザだったことがわかっている。 ワクチン・メーカーは、多くのワクチンに含まれている有毒なアジュバント(増強剤)や保存料に起因する自閉症や数々の神経・筋肉の奇形など、乳幼児にワクチン接種をすることで大きな健康被害があることについては黙っている。 多くのワクチンには(特に第三世界向けに安く製造される複数回ワクチンには)、チメロサール(EUではチオマーサル)と呼ばれるものを含んでいる。 1999年7月、米国の「全国ワクチン情報センター」は、「水銀の摂取が蓄積されると脳に損傷を与える可能性がある」と報道機関に発表した。 その同じ月に、米国小児学会(AAP)と疾病管理予防センター(CDC)は、チメロサールの入ったワクチンと関連性のある健康問題について国民に警戒を呼びかけた。 できるだけ早期に、ワクチンからチメロサールを除去するよう強く勧告したのだ。 また、1997年・FDA近代化法の規定に基づき、FDA 食品医薬品局 も、チメロサール入りのワクチンを何度か接種した幼児は、連邦の推奨ガイドラインを超える水銀暴露の可能性があると判断している。 [7] 新手の優生学? 黒人や少数民族の人口削減を図るというゲイツの願望は、残念ながら新しいものではない。 これはヒットラーの第三帝国の時代も続いた。 ヒットラーのドイツによる強制不妊化手術を絶賛し、ナチスの人種的「純潔性」という考え方を称賛したのである。 1950年代より、ニューヨークの私的機関・人口評議会を通じて新マルサス主義の人口削減運動に「免税」財団の資金を投じたのは、生涯を通じて優生学を支援したジョン・D・ロックフェラー三世[D. Rockefeller III]だった。 第三世界の出生数をひそかに減らすためにワクチンを使用するというアイデアも、新しいものではない。 ゲイツの親友であるデービッド・ロックフェラーとそのロックフェラー財団は、すでに1972年の段階でWHOなどと協力し、「新たなワクチン」を完成させるプロジェクトを進めていた。 引用者参照: 強制中絶、癌ウイルスの拡散、大量殺人者たちへの資金提供:ロックフェラー年代記 by David Rothscum 、、 、1990年代前半、大量の人間モルモットに使用された。 は、ニカラグア、メキシコ、フィリピンで、破傷風に対抗するとして大規模な予防接種キャンペーンを総括した。 メキシコのコミテプロビダ(ローマ・カトリック教会の在家団体)は、WHOのプログラムの背後にある動機に疑念を抱き、様々なワクチン瓶を検査することにした。。 それは、錆びた釘でケガしたり、土壌のバクテリアに接触して感染する開口障害を予防するワクチンとしては不思議な成分だった。 それに、破傷風という病気は、実際のところ稀な病気だった。 さらに本来のhCGは、妊娠を維持するために必要な天然ホルモンであることも奇妙な話だった。。 そして、女性は妊娠状態が維持できなくなる。 ということは、一種の秘密中絶ということになる。 とからも、ワクチンにhCGホルモンが入っているという類似の報告がなされている。 , speech to the TED2010 annual conference, Long Beach, California, February 18, 2010, accessed in. 2 Telegraph. cit. 6 Ibid. 7 Noted in Vaccinations and Autism, accessed in 8 F. William Engdahl, Seeds of Destruction: The Hidden Agenda of Genetic Manipulation, Global Research www. globalresearch. ca , Montreal, 2007, pp. 79-84. 9 James A. Miller, Are New Vaccines Laced With Birth-Control Drugs? , HLI Reports, Human Life International, Gaithersburg, Maryland; June-July 1995. 掲載2010年4月29日 訳者メモ 『ロックフェラーの完全支配・アグリスーティカル編』のダイジェスト・補足的な記事です。 ウィリアム・イングドール著・完全支配シリーズのご案内 ロックフェラーの完全支配 アグリスーティカル(食糧・医薬)編 最新の記事 at 2014-10-13 18:53 at 2014-10-11 07:10 at 2014-10-11 06:26 at 2014-10-03 05:26 at 2014-09-27 20:12 at 2014-09-23 08:50 at 2014-07-20 23:27 at 2014-07-17 19:28 at 2014-07-13 18:56 at 2014-07-08 23:31 at 2014-07-06 23:22 at 2014-07-03 22:31 at 2014-06-19 00:39 at 2014-06-07 15:07 at 2014-06-04 20:20 at 2014-05-31 20:14 at 2014-05-30 19:51 at 2014-05-29 21:46 at 2014-05-27 20:28 at 2014-05-19 21:26.

次の

ビル・ゲイツ ワクチンを70億人に接種する予定と公言

ビル ゲイツ ワクチン

米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルス感染症に対するワクチンが人類史上最速で開発されるだろうとの考えを、4月30日のブログで示した。 同氏が特に期待しているのは、RNA(リボ核酸)と呼ばれる遺伝物質の特性を活用したRNAワクチンだという。 同氏によると、新型コロナウイルス感染症の流行が始まった2019年12月より前の世界を取り戻せるのは、ほぼ完全な治療薬を手に入れた時、または、地球上の全ての人が新型コロナウイルスに対するワクチンの接種を受けた時だ。 ブログで「極めて効果が高い治療薬が登場するまでには時間がかかるだろう。 現在検討されている治療薬候補は、いずれ多くの命を救えるかもしれないが、パンデミック(世界的な大流行)を完全に終わらせることができるほどの効果は持っていない。 残された希望はワクチンだ。 できるだけ早く、有効で安全なワクチンを開発し、大量に製造して、世界の隅々にまで送り届ける必要がある」と、同氏は指摘した。 米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、新型コロナウイルスに対するワクチンの開発には18カ月を要するとの考えを明らかにしている。 それに対して、ゲイツ氏は、「最短で9カ月、最長2年以内にワクチンが開発できる」との考えを提示した。 これまでのワクチン開発に約5年がかかってきたことを考えると、18カ月というのは非常に短い時間での開発成功を意味する。 通常、ワクチンの開発は、臨床試験で好結果を得てから、商品化のための製造と承認申請を行い、審査、承認という一連の過程を経て実用化される。 しかし、「新型コロナウイルス感染症との闘いにおいては、全ての過程をできるだけカットし、迅速に商品化することによって、より多くの命を救い、経済的なダメージを縮小できるはずだ」とゲイツ氏。 「通常のワクチン開発においては、コストを増やさないために、開発の各段階で慎重な検討が行われる。 しかし新型コロナウイルス感染症の場合には、費用対効果の高い開発を心がける必要はない。 科学者たちは速やかな開発と商品化に集中できるはずだ」とした。 4月9日の時点で、新型コロナウイルス感染症を対象に開発されているワクチン候補の数は115品目に上る。 ゲイツ氏は、それらのうちの8品目から10品目について、「特に有望」と考えているという。 115品目の候補品の中には、病原性をなくしたウイルスを活用した「不活化ワクチン」やウイルスの毒性を弱めた「弱毒化生ワクチン」といった伝統的なワクチンも含まれているが、「それらは開発に時間がかかる。 特に有望と考えられるのは、RNAワクチンとDNAワクチンだ。 短い時間で商品化できる可能性がある」(ゲイツ氏) 同財団はこれまで約10年間、マラリアのような疾患を対象とするRNAワクチンの開発を支援してきた。 そして今、RNAワクチンを、新型コロナウイルス感染症ワクチン候補の中で最も有望なものの一つとみなしている。 RNAワクチンの中で最初にヒトを対象とする臨床試験の段階まで開発が進んだのは、米モデルナの製品候補である。 ゲイツ氏は、「ワクチンの臨床試験では、有効性と安全性が示されなければならない。 安全性については、軽い発熱や注射部位の痛みといったマイナーな副作用は許容範囲内だ。 また、通常、高齢者ほどワクチンの効果は低いことに触れ、「新型コロナウイルス感染症ワクチンは高齢者にも有効でなければならない」とした。 さらに、ワクチンについては、有効性と安全性以外にも、(1)接種回数は1回が理想的だが、十分な免疫を得るためには複数回接種が必要になるかもしれない。 加えて、「世界の全ての地域に対して、同時にワクチン接種を可能にできるわけではない。 全世界にワクチンが行き渡るまでには数カ月から数年を要するだろう。 実用化後、最初に接種すべきは医療従事者であることについては、議論の余地はないだろう。 しかし次は誰にすればよいのか」との問いを投げかけ、「低所得国への提供を早くすべきだと考えている。 貧困国では新型コロナウイルスの流行拡大のスピードが速く、死亡リスクが高いからだ。 ワクチンが早期に利用できるようになれば、多くの命を救うことができる」との見解を示した。 最後に、「通常ならワクチン製造会社は、工場が所在する国と契約を結び、その国の人々に優先的にワクチンを供給することになる。 しかし今回は、全世界の人々が平等に入手できる方法を見いださなければならない。 世界保健機関(WHO)と各国の規制当局は、公平な分配のためのルールを構築する必要があるだろう」と指摘している。 (ライター 大西淳子) [日経バイオテクオンライン 2020年5月7日掲載].

次の

第222話 TEDでワクチン財団のビル・ゲイツが「ワクチンで人口削減できる」と明言、子宮頚がんワクチンが不妊ワクチンであることも科学的に証明された

ビル ゲイツ ワクチン

ビル・ゲイツといえば、昔はコンピュータの天才で、今じゃワクチン推進人口削減の悪役。。。 ではないんですよ。 若い人は全く全然知識が無いかもしれませんが、この人物というのは生まれながらの邪悪であって、何もマイクロソフト引退した後で悪人になったわけではございません。 彼は別にコンピュータの天才などでは全然ありません。 たしかに最初のBASICは自分で作ったものなんですが、それ以降独占を確立するまでというのは、ほぼすべて盗んだか、騙して二束三文で買い取ったものです。 特に有名なのは、最初のIBM製のコンピュータに載せたMSDOS PC-DOS ですね。 このあたりの話はPirates of Silicon Valley(バトル・オブ・シリコン・バレー)という映画で語られてますので暇な方は見てください。 スティーブ・ジョブズも出てきますよ。 しかし、個人的に特におすすめしたいのは、「マイクロソフト帝国 裁かれる闇」という本です。 ビル・クリントン政権時代の話ですが、この人物の悪辣なやり口がこれでもかというくらいに暴露されてます。 売り言葉としてはこうですね。 コンピューター界の表舞台に登場したゲイツは、その後、市場制覇のためにはありとあらゆる手段を講じてきたという。 裏切りと詐術。 略奪的なマーケティング戦略。 法律や契約を盾に取り、取引相手をどこまでも追い詰める商法。 独占はやがて、恐怖をもたらすに違いない。 テレビの映像では涼やかに見えるゲイツの素顔は、絶えず苛立ち、思い通りに事が運ばなければ部下や取材に訪れた記者たちを罵倒することがしばしばだという。 はい、もともとこういう人物なわけです。 この時代の話はもはやどうでも良くなっちゃってますが、今やってることも全く同じなんですよ。 邪悪な人間というのは人生を通じて全く変わらないものなのですね。 もちろん、現代のコンピュータ業界もマトモな人間は一人もいません。 エリック・シュミット、スーザン・ウォシッキー、ジェフ・ベゾス、マーク・ザッカーバーグ、ジャック・ドーシー、素晴らしい人間のクズの見本のような方々ばかりですね。 このクズ連中を放逐しないことには、人類の未来は開けませんよ。 以下は、NewsTargetの記事です。 新生児に対する完全に最悪の医療的決断といえば、医師や看護師に新生児の免疫システムを深刻に傷つけさせることだろう。 既知の神経毒、異種タンパク質、水銀のような発がん物質、ホルムアルデヒド、猿腎臓細胞、豚ウイルス、堕胎ヒト遺伝子組換細胞によってだ。 だから、ビル・ゲイツ、つまり悪名高く、邪悪な人口削減マニアでマイクロソフトの権力者は、彼自身の子供の成長期にワクチンを拒否したのだ。 一方で彼は世界中に毒性の一突きを推進している、特に第三世界の国々にだ。 これは真実である。 1990年代に個人医だったシアトルの医師が言ったことだ。 「私は、子どもたちが大人になってから彼がワクチンを打たせたかは知らないが、しかしこれは言える、彼は単刀直入にワクチンを拒否したのだ、子供のときには」。 これがわかったのは、この言葉がゲイツの医師のでのこぼれ話にあったからだ。 これが参加した医師たちの間でちょっとした騒動になった。 彼らはゲイツの医師をけなしたものだ、医師と患者の信頼関係を傷つけるものだといって(もっともこれは「グレーゾーン」だ。 なぜなら、彼は他の医師に個人的に話したからだ)。 しかしもはや遅い、覆水盆に返らず。 今や世界中が知ってるぞ、エリート達のを。 連中は、過激にそして宗教的にワクチンを医療の聖杯のように推進するが、一方で同じ毒物を自身の子供の血液や筋肉組織から遠ざけているのだ。 知ってるからさ、副作用の高リスクと有害事象をね、いかなる可能な利益よりはるかに大きなものだ。 ビル・ゲイツの三人の子供、ジェニファー、ローブ、ローリーはワクチンを受けたことがなく、今や健康的なヤングアダルトだ。 ゲイツの子供は、1996年から2002年の間に生まれた。 彼らは一度も水銀やホルムアルデヒドの入った注射を「免疫」という形で筋肉組織に入れたことが無い。 その父親が、ワクチン産業の最もドグマ的なキャンペーナーであり、サクラであるにも関わらずだ。 ちょっと待って、こう思うだろう?彼はその富をコンピュータ・ソフトウェアから作ったと。 もう一度考えてみよう。 化学薬品と人口削減計画には大きな利益があるんだ。 そして、邪悪なビルは、その金を生む牛に毎日乗ってるのさ。 TruthWikiによればこうだ「ゲイツは広く批判されている、独占とワクチン推進狂信者としてだ。 彼は、多くの慈善活動に従事している。 例えば、多くの化学研究プログラムに多額を提供している、ビル&メリンダ財団を通じてだ。 ゲイツは、さらにその先にも行く、大規模不妊化だ。 彼の言うところの世界人口問題に取り組むためだ」。 集団免疫理論はいつも大きなインチキだ。 世界のエリート達はそんなことは知っている。 最もワクチンを受けた子どもたちが、実際には互いに危険なのである。 なぜなら、彼らは注射されたばかりのウイルスを発するからだ、この毒性の一突きを受けた最初の数週間の間は。 一つの研究によれば、カリフォルニアの最富裕の家族は、子供にワクチンを打たないそうだ。 事実として、カリフォルニアの16,000名の幼稚園年齢の子どもが何のワクチンも受けていない。 なぜなら、彼らの白人エリートの親たちが自身を除外しているからだ、宗教、個人的信仰、そして医師承認による免除によってだ。 わかった?エリートは知ってるのさ、免疫化には本質的に何かしら間違ったことがあるとね。 しかし、連中はそれを言わないし、主流派ニュースも決して報道することはない。 最富裕の米国民は自身の子供が、実験的ワクチンで自閉症になる危険を犯したくない。 ここには、ポリオ、マラリア、MMR、そしてCDCが「高く推奨する」毎年のインフルワクチンが含まれる。 ビル・ゲイツの元医師、医療セミナーの閉ざされたドアの向こうでうっかり喋った人だが、彼によれば、ゲイツは言ったという。 彼の子供にはワクチンは必要ないと。 しかし、全世界の人間には他のことが教えられたのではなかったか?CDCは我々全員に言ったはずではないか、すべての赤ん坊は弱く、弱体化した免疫システムしか持たないから、7歳になるまでに50のワクチンを受けるべきだと。 でなければ、遅かれ早かれ感染性病気で死ぬことになりかねないと。 そういう話じゃなかった? こちらは、ビル・ゲイツによるワクチンへのさらなる意見だ。 これは、彼自身の医師によるものだ。 「彼らは美しい子供です。 本当に賢く活発で。 そして、彼は宣言しました、彼らはそのまま大丈夫だから、何の注射も要らないのです」と。 今や、ビル・ゲイツと彼の腐敗基金が推進しているぞ、未テストのマラリアワクチンを無垢なアフリカ人にね。 ケニヤ、ガーナ、マラウィでだ。 批評家は叫び声を上げてる、これらすべてが人口削減計画の一部であると。 そして破傷風を含むワクチンの中に発見されたのだ、若い女の子を不妊にさせるものだ。 この化学物質はワクチンの機能には全く無関係なものだ。 ビル・ゲイツの「ミッション」というのは、大量ワクチン接種によって第三世界の人々を病気から守るというものだが、これは真逆なのだよ、彼自身の子供に対する個人的な行動とは。 そして、都合よくも、健康期間とワクチン産業との彼の深い金銭的つながりに関係するものなのだ。 このワクチン安全性にまつわる腐敗の疫病については、vaccines. newsを見てくれ。 そして、なぜ世界のエリートが正確にその理由をよりよく知っているかをだ。 連中の子供を実験的で、未テストで致死的な神経毒と遺伝子組み換えバクテリア株から引き離してるかをだ。

次の