レムデシベル 副作用。 【新型コロナ治療】欧州当局、米ギリアドの抗ウイルス薬「レムデシビル」を推奨

レムデシベルの効果はどうなのでしょうか。賛否両論みたいですが。また、レ...

レムデシベル 副作用

Key:RWWYLEGWBNMMLJ-YSOARWBDSA-N レムデシビル(: Remdesivir、: 瑞德西韦、開発コード GS-5734、商品名: ベクルリー(Veklury、登録商標第5751226号ほか))は、新規ヌクレオチドアナログので、。 が開発し、及び感染症 の治療薬として、後に、一本鎖RNAウイルス(、、、、、(およびウイルスを含む))に対して抗ウイルス活性を示すことが見出された。 追跡調査により、(SARS-CoV-2)を含む複数のコロナウイルス およびニパウイルスとヘンドラウイルス感染症での抗ウイルス活性が明らかとなった。 GS-441524のモノホスホルアミデートプロドラッグ monophosphoramidate prodrug。 2020年5月1日、アメリカ合衆国で緊急使用を認めた新薬であり、日本では「特例承認制度」を用いて2020年5月7日に正式に新型コロナウイルスへの治療薬として承認された。 背景 [ ] 2015年10月9日、(USAMRIID)は、化合物GS-5734がのエボラウイルスを抑制したという、前臨床結果を発表した。 は、2013年から2016年まで続いた。 2007年からUSAMRIIDの主任研究員を務めている、Travis Warren は「この研究はUSAMRIIDととの継続的な協力関係の結果である」と述べている。 望ましい抗ウイルス活性を持つ分子を見つけるための「ギリアド・サイエンシズの化合物ライブラリー」を用いた「初期スクリーニング」は、(CDC)の科学者によって行われた。 その研究の結果、GS-5734は「潜在的な治療薬としての開発を継続するべきである」と推奨され、2015年10月7日から11日まで (: )で開催された (: )(IDSA)の年次IDWeek会議で発表された。 エボラ研究はの組織内で、が最大4である最高度封じ込め施設である、USAMRIID研究所で実施された。 この研究は、および国防総省の医療対策システム合同プロジェクト管理室からの資金提供を受けている。 研究利用 [ ] 研究室レベル(Laboratory tests)では、レムデシビルがSARS-CoVやMERS-CoVを含む広範囲のウイルスに対して効果的であることが示唆されている。 この薬は、2013年から2016年のでの感染を治療するために推進された。 安全であることは判明したが、エボラに対してはあまり効果的ではなかった。 エボラウイルス [ ] レムデシビルは、2013年から2016年ののためにを急速に進められ、当時はまだ初期の開発段階にもかかわらず、少なくとも1人のヒト患者に投与された。 予備的な結果は有望であり、2018年に始まったコンゴ民主共和国北キブ州でのエボラ出血熱流行の緊急事態の中で、病院での治験と共に、2019年8月まで使用された。 コンゴの保健当局によると、治療(mAb114やREGN-EB3など)に比べてその有効性は有意に低かった。 しかし、この試験投与によって安全性プロファイルが確立された。 その他のウイルス [ ] レムデシビルの活性型であるGS-441524は、ネココロナウイルスの治療に有望である。 2019新型コロナウイルスへの適用 [ ] COVID-19 治療薬として2020年5月7日に日本で特例承認された薬剤で、により最長10日間投与する。 SARS-CoV-2 によって引き起こされたに対応して、は、中国の医療機関と協力してその効果を研究するために「少数の患者」にレムデシビルを提供した。 ギリアドは、新型コロナウイルス感染症に対するレムデシビルの臨床検査も開始した。 ギリアドは、レムデシビルがおよびに動物実験で「有効であることが示された shown to be active 」と述べた。 2020年1月下旬、新型コロナウイルスに感染していることが確認された最初の米国の患者に、未承認薬の として、投与された。 肺炎に進行した後での投与だったが、患者の状態は翌日劇的に改善し 、最終的に退院した。 ただし、この急速な回復が薬物の効果によるものであるかどうかを明確に証明することはできない。 2020年1月下旬、中国の医学研究者は、30の薬剤候補の選択を考慮した探索的研究で、そのうちの3つ、レムデシビル、、を、細胞レベルで新型コロナウイルスに対し「かなり良い抑制効果がある fairly good inhibitory effects 」と報道機関に対し発表した。 2020年2月6日、中国でレムデシビルの臨床試験が開始された。 2020年2月15日付けの(発行:中華人民共和国科学技術部)は、上記の in vitro 試験の結果に基づいて、レムデシビル以外にも、、クロロキンの臨床試験を開始したと発表した。 研究チームは、レムデシビルの投与はコントロールされたランダム対照試験のもとで行われたものではないので、その治療効果については評価できないとしている。 レムデシビルの副作用については、これを投与された3人の患者を含む、治療を受けた7人の患者全てで、肝臓の損傷を示す(アミノトランスファーゼ、および)の血中濃度の上昇が見られたが、これとレムデシビルの因果関係については結論を述べていない(グラフから見て、因果関係がありそうなのは3人中1人のみ)。 2020年3月14日付けの、米国の投資情報会社 の調査員 Cory Renauer のレポートによれば、この未査読論文で言及されている、肝臓の酵素の血中濃度の上昇が、もしレムデシビルの副作用であるのなら、レムデシビルの息の根を止めかねないほど重大な問題であるとしている。 ただし、Renauer によれば、この臨床試験においては、レムデシビル投与群とそれ以外の患者群は完全にランダムに配分された訳ではないので、レムデシビルの副作用と判断するのは時期尚早であるとも述べている。 53人の重症患者のうち、 ECMO または使用者が34人、それ以外が19人であった。 用法・用例の標準としては、点滴静脈注射により、初日200mg、それ以降1日100mg、10日間投与であった。 改善についての所見は呼吸機能のみに着目したものであり、胸部X線影像の改善、PCR陰転化などについては触れられていない。 この臨床試験はあくまでコンパッショネート・ユースであり、でランダムに投与群と対照群 を投与する を設定する厳格な対照試験ではないが、現在数カ国でこのような対照試験を実施中であり、近々さらに厳格な証拠が与えられるであろうとの言及がある。 2020年4月23日の、米国の医学情報報道サイト の報道によれば、ギリアド社が中国で実施していた、レムデシビルの無作為抽出による初期臨床試験の報告書の草稿が、誤って WHO のウェブサイト上に掲載され、すぐに削除されたが、STATのスタッフは掲載に気づいて画像を保存していた。 この草稿によれば、コロナ肺炎患者237人のうち、158人をレムデシビル投与群とし、79人を対照群 を投与 として試験を実施したところ、死亡率はレムデシビル投与群が13. 同日、は、削除された草案の内容からレムデシビルの初期臨床試験が失敗に終わったと報じると、製造メーカーであるギリアドの株価は約6%下落。 ギリアド側は、被験者が少なく打ち切られた治験に基づく草案であり、結果は確定的ではないと反論した。 2020年4月30日にギリアド社はプレスリリースにて、レムデシビルの有用性を報告した。 ACTT-1試験において、レムデシビルはプラセボと比較して回復までの期間を短縮させ(11日 vs 15日)、また14日目時点での死亡率を改善させる傾向にあった(7. またSIMPLE試験においてレムデシビルの5日間投与と10日間投与が比較され、有効性に有意差は認めなかった。 2020年5月12日に、日本での医療現場への供給が開始したことがにより発表された。 作用機序 [ ] レムデシビルは体内で代謝を受けてその活性型GS-441524三リン酸に変わる。 GS-441524三リン酸は、ウイルスのを混乱させて、ウイルスエキソヌクレアーゼ ExoN googによる校正(正しい塩基配列に修正すること)を邪魔するアデノシンヌクレオチドアナログ(核酸分子アデノシンの類似物)であり、ウイルスRNA産生の減少を引き起こす。 RNA鎖の合成を終わらせるのか、突然変異を引き起こすのかは不明である。 部分耐性を引き起こすマウス肝炎ウイルスの変異は2018年に確認された。 これらの変異をしたウィルスは、薬剤のない自然な環境においては生活力が弱まって生き残れなくなるであろうと研究者は考えている。 脚注 [ ]• Nature 531 7594 : 381—5. March 2016. Scientific Reports 7 1 : 43395. March 2017. Science Translational Medicine 9 396 : eaal3653. June 2017. Baumann 2020年1月22日. Blumberg Law. 2020年1月23日閲覧。 Times Now Digital 2019年6月3日. 2020年2月10日閲覧。 The Wire 2019年6月2日. 2020年2月10日閲覧。 読売新聞オンライン 2020年4月30日. 2020年4月30日閲覧。 NHK web 2020年5月2日. 2020年5月2日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年5月8日閲覧。 USAMRIID San Diego, California. 9 October 2015. 2020年4月1日閲覧。. Preidt 2017年6月29日. 2017年7月28日時点のよりアーカイブ。 2020年2月10日閲覧。 Open Forum Infect Dis 2. Fall 2015. Nature 531 7594 : 381—5. March 2016. Lancet 388 10043 : 498—503. July 2016. NPR. org. 2019年5月28日閲覧。 2019年8月12日. The New York Times. 2019年8月13日閲覧。 Molteni, Megan 2019年8月12日. Wired. 2019年8月13日閲覧。 Journal of Feline Medicine and Surgery 21 4 : 271—281. April 2019. 日経新聞. 2020年5月8日. 2020年5月11日閲覧。 Fierce Biotech. 2020年1月31日閲覧。 Joseph, Saumya Sibi; Samuel, Maju 2020年1月31日. 2020年1月31日閲覧。 www. pharm. 2020年2月28日閲覧。 The New England Journal of Medicine 0. January 2020. Harmon, Amy 2020年2月5日. The New York Times. 2020年2月7日閲覧。 2020年2月1日閲覧。 Nature 2020年2月4日. 2020年2月4日閲覧。 Grady, Denise 2020年2月6日. The New York Times. 2020年2月7日閲覧。 科技日报记者 付丽丽 刘垠. 中華人民共和国科学技術部 2020年2月15日. 2020年2月27日閲覧。 (中国語) 2020年2月16日• medRxiV. 2020-03-12. The Motley Fool. 2020年3月14日. 2020年3月23日閲覧。 The New England Journal of Medicine. 2020-04-10. STAT USA. 2020年4月23日. 2020年4月24日閲覧。 ロイター 2020年4月24日. 2020年4月23日閲覧。 Beigel, John H. ; Tomashek, Kay M. ; Dodd, Lori E. ; Mehta, Aneesh K. ; Zingman, Barry S. ; Kalil, Andre C. ; Hohmann, Elizabeth; Chu, Helen Y. et al. 2020-05-22. New England Journal of Medicine 0 0 : null. Goldman, Jason D. ; Lye, David C. ; Hui, David S. ; Marks, Kristen M. ; Bruno, Raffaele; Montejano, Rocio; Spinner, Christoph D. ; Galli, Massimo et al. 2020-05-27. New England Journal of Medicine 0 0 : null. mBio 9 2. March 2018. 関連項目 [ ]• アデノシンアナログ adenosine analog でヌクレオシド類似体 nucleoside analog に分類される抗ウイルス薬• () 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• 『』 -.

次の

レムデシビルに特例承認?アビガンには適用できない理由|メディフォネット

レムデシベル 副作用

Contents• レムデシビルについて レムデシビルは、Gilead Sciences(ギリアド・サイエンス)社がもともとエボラ出血熱を対象に開発を進めていた低分子化合物で、ウイルスのRNAポリメラーゼを阻害する作用があります。 つまり、レムデシビルはエボラ出血熱のウイルスの増殖を止める作用に期待して作られていた薬です。 しかし、これまでにレムデシビルが承認された国・地域はありません。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対してはというと、「in vitro」と呼ばれる試験管内での実験(実際は培養プレートと思われますが)で、ウイルスの活性を抑えることが明らかになっています。 そのことから、世界中でレムデシビルの新型コロナウイルスへの有効性を確認するための複数の臨床試験が実施されています。 レムデシビルの臨床試験状況 Gilead(ギリアド)社は、2020年4月29日現在、レムデシビルの新型コロナウイルスへの臨床試験を大きく2試験行っています。 1つはCOVID-19と診断された「中等度」の入院患者1600例を対象とした第3相臨床試験、もう1つはCOVID-19と診断された「重度」の入院患者2400例を対象とした第3相臨床試験です。 これら2本の試験はグローバルで実施中であり、複数の国で同時に行う試験として行われています。 日本はこのうち、1つめの「中等度の入院患者を対象とした第3相臨床試験」に参加しています。 ただし、どの程度の患者さんが国内で組み入れられたかは現時点では分かっていません。 2つめの「重度の入院患者を対象とした第3相臨床試験」については、患者さんの数が必要な人数に達していることから組み入れが終了しており、日本は参加していません。 4月末から5月にかけて、この2本の臨床試験に組み入れられた計1000例の患者データからどのような結果が得られたかが公表される予定とのことです。 特例承認とは 一方で『特例承認』とは、「医薬品医療機器等法」の第14条の3、第1項に定められている、医薬品を必要なときに特別に使えるようにする仕組みです。 しかし特例承認には条件があります。 それが以下の2点です。 (1)国民の生命や健康に重大な影響を与えるおそれがある疾病の健康被害の拡大を防止するために必要な医薬品で、かつ、当該医薬品以外に適当な方法がない (2)承認制度が日本と同等水準にある外国で承認・販売されている医薬品である これらの条件を満たした場合、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を踏まえたうえで、医薬品を承認するという仕組みです。 医薬品の承認を早くするための枠組みには他にも「条件付き早期承認制度」「先駆け審査指定制度」「迅速審査・優先審査」などがありますが、この「特例承認」は緊急性を有する医薬品に対して行うようなイメージがあります。 レムデシビルの特例承認はまだまだ未定 また、医薬品医療機器等法に基づく特例承認は、適用できる医薬品が限られています。 「医薬品医療機器等法の第14条の3第1項の医薬品等を定める政令」の中に、特例承認の制度の対象国や対象品目が規定されています。 その政令によると、現在のところ承認制度が日本と同水準の国となっているのは「英国」「カナダ」「ドイツ」「フランス」のみで、対象となる医薬品は新型インフルエンザのワクチンだけです。 つまり、今の政令では米国で承認された医薬品や、新型コロナウイルス感染症に対する医薬品は対象にならないことになります。 そのため、レムデシビルの特例承認にはまずはこの政令の改正が必要となります。 ただ、政令が改正されたとしても、特例承認を行うためにはそもそもGilead社が承認申請を行い、かつ政令が定めているいずれかの国で承認されることが前提条件にあります。 現時点でこのレムデシビルの承認申請時期についてGilead本社や日本法人からの発表はありませんので、5月の薬事承認の実現には大変な労力とスピード感が求められることでしょう。 アビガンに特例承認が適用できない理由 COVID-19治療薬として期待されているもう一つが「アビガン錠」です。 こちらもウイルスの増殖を防ぐ作用があり、COVID-19への効果が期待されています。 入院した著名人の数人もアビガンで熱が下がったり回復に向かったとの報告があります。 しかしアビガン錠については特例承認が適用できません。 これは「承認制度が日本と同等水準にある外国で承認・販売されている医薬品」に該当しないためであると考えられます。 アビガン(一般名:ファビピラビル)は富士フイルム富山化学が開発した抗ウイルス剤で、国内では新型・再興型インフルエンザ発生時に限り国の判断で使用できる医薬品として2014年3月に承認されています。 しかし海外の状況においては、4月9日に米国でCOVID-19患者を対象として第II相試験が開始した段階です。 なお、国内のアビガン治験は国内最大手のCROであるシミック株式会社が受託しています。 親会社のシミックホールディングスでは医薬品製造工場も自社で持っており、アビガンの製造も開始しています。 アビガンかレムデシビルか COVID-19治療薬にはクロロキンや抗HIV薬などの候補薬もありましたが、現状ではアビガンとレムデシビルに期待が集まっています。 ただしアビガンには催奇形性の危険性が言われており、妊婦の方や妊娠を希望する方には使用できません。 男性の精液にも移行することが分かっているため、男性の場合も相手の女性に与える影響を考える必要があります。 また、レムデシビルでは腎機能や肝機能の低下も報告されています。 抗がん剤では副作用が強いにも関わらず使用しているように、医薬品はその薬を使うことで得られる患者さんへのメリットとデメリットのバランスを見ることが必要です。 また、薬の効果はそれぞれの人の体質や薬物代謝酵素によって異なります。 アビガン、レムデシビル、いずれの薬もCOVID-19への効果が認められ、選択できるようになることが理想ではないかと思います。 アビガンは1錠が600mgととても大きく、高齢者の方などは飲むのがなかなか大変そうです。

次の

【新型コロナ治療】欧州当局、米ギリアドの抗ウイルス薬「レムデシビル」を推奨

レムデシベル 副作用

感染症(新型肺炎)の治療剤として期待を集めた米国製薬企業の抗ウイルス剤「」が臨床試験で効果を得ることができなかったという報道が出た。 しかし、ギリアド社は臨床試験が初期に終了して結論に至ることができなかったとし、報道内容に反論した。 当初、レムデシビルはエボラ治療剤として開発されたが、重症急性呼吸器症候群()と中東呼吸器症候群(MERS)などコロナウイルス系列の感染病にも効果があるということが分かった。 今月23日(現地時間)、通信によると、フィナンシャル・タイムズはこの日、世界保健機関(WHO)で間違って公開した草案報告書を引用して中国で進めた抗ウイルス剤のレムデシビルの無作為臨床試験が失敗に終わったと報じた。 FTはレムデシビルが感染者の状態を改善させ、あるいは血流内病原菌を減らすことができなかったことが明らかになり、使用にともなう副作用も発生したと伝えた。 特に、該当草案報告書は間違ってWHOのウェブサイトに掲示されたことが分かった。 この報告書は同僚審査を受けないものであり、現在はサイトで削除されたとWHOは明らかにした。 FTの報道が出て株価が急落するとギリアド・サイエンシズ社は直ちに反論に出た。 会社側は声明で該当報道が不適切な研究の特性を含んでおり、研究は少ない参加によって早期に終了して統計的に有意義な結論に達することができなかったと主張した。 これに先立ち、米国医療専門誌STATニュースはギリアド・サイエンシズ社がレムデシビルの第3相試験を進めており、シカゴ大学研究陣が感染者にレムデシビルを投与した結果、大多数が発熱および呼吸器症状が早く回復して1週間以内に退院できたと報じたことがある。 みんなの意見.

次の