ホテルニューオータニ フレンチトースト。 元ホテルオークラ総料理長が教える「極上フレンチトースト」レシピ

元ホテルオークラ総料理長が教える「極上フレンチトースト」レシピ

ホテルニューオータニ フレンチトースト

コロナウイルス感染症のまん延に伴い、多くの人が自宅で過ごしながら『おうち時間』を楽しんでいます。 中には、時間があるからこそ作れるオーブン料理やスイーツに挑戦する人も。 そんな『おうち時間』をもっと楽しんでもらおうと、ホテルニューオータニ大阪が2020年5月31日までの期間限定で『門外不出のホテルレシピ』を公開しました! 普段は料理をしない人も作れるお手軽レシピから、シェフ直伝の本格レシピまで、いつもの食卓が華やぐとっておきのメニューが盛りだくさん。 筆者は早速、家にあるもので簡単に作れそうな『パン・ペルデュ』にチャレンジしてみることにしました! シェフ直伝!『パン・ペルデュ』を作ってみた フランス語で"失われたパン"を意味する『パン・ペルデュ』。 トーストやバケットなどのパンで作るフレンチトーストのことです。 朝食やおやつにぴったりで、よく作るという人も多いのではないでしょうか。 そんなシンプルな一皿こそ、シェフのレシピで作るとひと味違うはず! 『パン・ペルデュ』材料(1人分) ・耳を落としたパン 1枚 ・砂糖 15g ・生クリーム 50㏄ ・牛乳 50㏄ ・卵 1個 ・ヴァニラ 少々 ・バター 15g ・砂糖 15g 筆者はヴァニラが手に入らなかったので、代わりにヴァニラエッセンスを使いました。 パンは、ずっと冷凍庫に余っていたカチカチの食パンを使うことに! まず、ボウルに砂糖、牛乳を入れてよく混ぜます。 そこに生クリーム、卵、ヴァニラを加え、さらに混ぜ合わせます。 できた卵液に斜め半分に切った食パンを約15分漬け込んだら、フライパンに砂糖を入れて温め、パンを入れます。 そこにバターを加え、焦げないように注意して中火で焼き色が付くまで焼きます。 今回、6枚切りの食パンを使いましたが、厚切りの方がよりふんわり仕上がるかもしれません。 パンの片面に焼き色が付いたら、フライパンにさらに砂糖を加えます。 ふたをして、さらにじっくり焼き上げます。 キッチンに甘〜いいい香りが漂ってきました…! 焼き上がる頃にふたを取り、表面がこんがり焼けたら出来上がり!ナイフを入れてみると、外はカリっと中がふんわりジュワ〜。 ホテルで食べるフレンチトーストのようです。 なるほど、フライパンに砂糖を入れることで、パンの表面がカリっと仕上がるのですね。 「ちょっと焼きすぎたかも…」と思いましたが、砂糖がカラメル状になってほろ苦くておいしかったです。 生クリームやジャム、アイスクリームなどを添えれば、より本格的なデザートになりそうです。 ちょっと贅沢な『おうち時間』、あなたも試してみてはいかがでしょうか。 [文・構成/grape編集部] 出典 ホテルニューオータニ大阪 「 おうち時間」応援企画 『門外不出のホテルレシピ』.

次の

ホテルオークラフレンチトーストの作り方をご紹介!ふわとろ食感が楽しめるレシピとは?

ホテルニューオータニ フレンチトースト

パンは、ずっと冷凍庫に余っていたカチカチの食パンを使うことに! まず、ボウルに砂糖、牛乳を入れてよく混ぜます。 そこに生クリーム、卵、ヴァニラを加え、さらに混ぜ合わせます。 できた卵液に斜め半分に切った食パンを約15分漬け込んだら、フライパンに砂糖を入れて温め、パンを入れます。 そこにバターを加え、焦げないように注意して中火で焼き色が付くまで焼きます。 今回、6枚切りの食パンを使いましたが、厚切りの方がよりふんわり仕上がるかもしれません。 パンの片面に焼き色が付いたら、フライパンにさらに砂糖を加えます。 ふたをして、さらにじっくり焼き上げます。 キッチンに甘~いいい香りが漂ってきました…! 焼き上がる頃にふたを取り、表面がこんがり焼けたら出来上がり!ナイフを入れてみると、外はカリっと中がふんわりジュワ~。 ホテルで食べるフレンチトーストのようです。 なるほど、フライパンに砂糖を入れることで、パンの表面がカリっと仕上がるのですね。 「ちょっと焼きすぎたかも…」と思いましたが、砂糖がカラメル状になってほろ苦くておいしかったです。 生クリームやジャム、アイスクリームなどを添えれば、より本格的なデザートになりそうです。

次の

ホテルオークラフレンチトーストの作り方をご紹介!ふわとろ食感が楽しめるレシピとは?

ホテルニューオータニ フレンチトースト

2020年5月7日にフジテレビ系列・情報番組「めざましテレビ」イノ調でも話題になった、 フレンチトースト(パン・ペルデュ)の作り方をご紹介します。 ホテルニューオータニが外出自粛応援として公開してくれた、ホテルの味を家庭でも再現できるレシピです。 よく家庭でも作る食パンを使ったフレンチトーストのレシピですが、 実際作ってみると外はブリュレのようにカリッと香ばしく、中はふわふわトロトロで絶品!ポイントは、砂糖を入れるタイミングや焼き方です。 少しの工夫でこんなにも仕上がりに差が出るんだと感動しましたよ。 バニラビーンズを使う場合は、さやに包丁で縦に切れ目を入れて中の種をこそげ取って使ってください。 2、作った(1)の卵液をパットに移し、耳を切り落として対角線上に半分に切った食パンを入れて15分ほどつけ込みます。 今回私は 5枚切りの食パンを使用しましたが、 7分半でひっくり返し、裏面も 7分半ひたすと卵液が調度良く染み込んでくれました。 下記画像が7分半経ってひっくり返したものです。 そして下記画像は、合計15分ひたしたパンの状態です。 パン全体に卵液が染み込んでしっとりしています。 厚切りの食パンを使う場合や、15分経過してもまだ白いところが残っている場合は追加でひたすと良いかと思います。 3、フライパンに砂糖(15g)をひいて弱火で温めます。 ほんのり甘い香りがしてきたら卵液にひたしたパンを入れ、すぐにバターを加えて全体に中火で焼き色がつくまで焼きます。 今回は5枚切りの食パンを使用しましたが、 4枚切り(厚み4cm程度)で作っても美味しいかも知れません。 分厚いトーストを使った方が、表面のカリカリ感と中のしっとりとした食感がより際立つと思います。

次の