私 以外 みんな 漫画 ネタバレ 5。 【ネタバレあり】ワタシ以外みんなバカのレビューと感想

ワタシ以外みんなバカ最新話8巻ネタバレ!超エリートの矢作。棚ボタ案件に和代はときめくも…

私 以外 みんな 漫画 ネタバレ 5

主人公なのかな。 とにかく彼女が思いっきり性格が歪んでますね。 仕事が出来る設定ではありますが、毒舌キャラというのを度を超えて、言動はあり得ないほどの、酷い人。 周りの人たち全てを、マウンティングっていうのか、自分より下だと認識して一々観察して評価して、傷つけながら自分を保ってる自意識過剰人間。 真面目な人たちを傷つけ引っ張り回して、上手く世渡りしてきたつもりが、上司や同僚たち男友達は実はよーく彼女をわかってて接してる感じで、このまま順風満帆ではいられなくなる??? 一気に反撃を受けるのかな? 翻されていく世界になるっぽい中で、見てると気分が悪くなるくらいな彼女が、これからどう過ごしていくのか。 気になって気になって、ついつい読みたくなってしまう。 悪は滅びるじゃないけど、スカッとしそうで中毒性ある作品かなと思います。 公開されてる5巻まで読みました。 自分も正直プライドが高い方で、上司や周りに差し出がましい事を言ってしまったり、キツめの物言いをしてしまったりする事があって、組織内での振る舞いに悩んでいたので、泉女史のプライド突き抜けた言動行動は自戒の意味でとても響くものがあり、興味深く読んでいます。 でもそういう考えって隠しても態度に出てしまったりして、そうすると凄く感じが悪くて反感を買うし、行き過ぎるとこの主人公みたいに正しい自己評価も出来なくなって、周りから浮きまくるんでしょうね。 自分のプライドの高さに悩んでいる身としては考えさせられる作品です。 続きを楽しみにしています。

次の

私以外皆馬鹿ネタバレ最新話!最終回まで随時更新

私 以外 みんな 漫画 ネタバレ 5

読みたい巻数をクリックすればピョンと気になる あらすじまで飛びます! ワタシ以外みんなバカ ワタシ以外みんなバカ1巻ネタバレ 主人公の和代は周りの人を見下して自分が一番だと思っている女。 周りからは陰口を言われていることも知らないで… そんな時、派遣社員の綾瀬が和代の元に配属されてきたのですが!? >> ワタシ以外みんなバカ2巻ネタバレ 出来る女・泉 和代は、いつも周りの人々を見下しランク付けをしていました。 付き人として入社した派遣社員・綾瀬を手厳しく指導する和代ですが、営業の袴田が綾瀬に優しく声を掛けたのが気に入りません。 綾瀬の歓迎会が終わった後、和代が帰宅すると、ベッドに袴田の姿があり、和代は上機嫌でシャワーを浴びるのでした。 >> ワタシ以外みんなバカ3巻ネタバレ 既婚者である袴田と秘密の夜を過ごした和代は、仕事でも絶好調。 しかし、側近である綾瀬の一言が気に入らなかったという理由で、合コンを開催して綾瀬を騙し、相変わらずやりたい放題の毎日を送ります。 新たに始動した重大プロジェクトリーダーに任命された和代は、さらに調子に乗り、メンバーを呆れさせるのでした。 >> ワタシ以外みんなバカ4巻ネタバレ 和代がリーダーを務めるプロジェクトが始動し、メンバーの吉田は積極的に意見します。 和代は、吉田の結婚指輪を見て、ダサい指輪だと見下しますが、実は吉田の旦那は袴田だという事が判明します。 嫉妬した和代は、袴田の前で吉田を見下す発言をし、それがきっかけで袴田に悪態をつかれてしまうのでした。 >> ワタシ以外みんなバカ5巻ネタバレ いつでも自分が主役でないと気が済まない和代は、綾瀬を気に入っているプロジェクトの先方が気に入りません。 会食で先方を嵌め、襲われたように見せかけて悲劇のヒロインになりきった和代。 しかし、綾瀬が機転を聞かせて現場を録音していたため、和代の策略はバレ、プロジェクトからは外されるのでした。 >> ワタシ以外みんなバカ6巻ネタバレ 事件を起こしたことにより、デジクリプロジェクトを外され、経理部に飛ばされた和代。 しかし、反省の色は見えず、経理部でも相変わらずやりたい放題です。 デジクリの後任リーダーが吉田だと聞いた和代は、周りを見返すために袴田を呼び出すのでした。 >> ワタシ以外みんなバカ7巻ネタバレ 袴田を呼び出した和代は、不倫の証拠の写真を脅しに使い、社長と会食を取り付けてもらいます。 その席で、和代は早速社長にモルトンプロジェクトに加えて欲しいと言い始めます。 社長の経理で一千万削減することが出来たらプロジェクトに加えると言う言葉を聞いた和代は、社長からの特例に取り組む事にするのでした。 和代のことは「ゲテモノ食い」だと和代に手を出したことを後悔する袴田。 そして、和代は口答えしてくる黒部にイライラを募らせていきます・・・ ワタシ以外みんなバカ9巻ネタバレ 準備中。 しばらくお待ちください。 jp」がおススメです。 25,000以上の作品が無料で読める• 最新から名作まで品揃えが豊富• 会員限定の試し読みが出来る• 半額クーポンがもらえる• 無料で0円作品が読める まんが王国が人気の理由のひとつに 「じっくり読み」 のサービスがあります。 「 ポイント追加」か「 月額コース」の2つから選びます。 月にどれだけ まんが王国を利用するかによって選ぶといいと思いますよ! ポイント追加 読みたい時だけポイントを購入 月額コース 月額制でポーナスポイントがもらえる特典付.

次の

ワタシ以外みんなバカ最新話8巻ネタバレ!超エリートの矢作。棚ボタ案件に和代はときめくも…

私 以外 みんな 漫画 ネタバレ 5

そいつの店の借金を」 そう言って強面の男はまた連絡すると言い、喫茶店を出て行きました。 ーーー城島と七桜も一緒に喫茶店を出ると 「やーびっくりですよ。 七桜さん急に現れるから。 つけられてたなんてなーーー」 「城島君!」 何度も名前を呼ぶ七桜の声にやっと城島が立ち止まりました。 「お店って実家の事だよね。 借金ってどうして…何があったの?」 七桜がそう聞くと、 「実は今父親が病気なんですよ。 だから店を開けれない状態で・・・ 維持費のためにちょっと借りたんですけど、なかなか返すのが追いつかなくて。 」 城島は本当は父親は病気で倒れてそのまま亡くなったのに、 七桜にそう嘘を言いました・・・ 「だったらもっとちゃんとした所から借りたほうが・・・」 七桜がそういうと、小さな店に貸してくれるとこなんてなかなかないですよと答えました。 「じゃ じゃあ城島君が店に戻って・・・」 「無駄ですよ。 名物のわらび餅が出せないんじゃ客も来ないんで。 あれは父にしか作れないんです。 そうだ!わらび餅部屋にあるとか嘘ついちゃってすみません。 口実が欲しかったんです。 七桜さんを誘う」 そんな風に言う城島を見て、七桜は何かほかにも隠してると思いました。 椿にも相談できないし、そして 城島が話してくれた夢は嘘だとはどうしても 思えなかったのです・・・ ーーー翌朝 七桜は朝早くから厨房に向かっていました。 何かをかき混ぜる音が懐かしく感じ、目の覚めた城島は厨房へ向かいました。 「あ!城島くん!ちょうどよかった これ食べてもらっていい? 私なりにつくってみたの わらび餅。 お父さんのとどう違うか教えてほしいの」 そう言われた城島は少し戸惑いましたが、一口そのわらび餅を口にしました。 「どう?」 七桜が心配そうにそう聞くと 「全然違う・・・父のわらび餅は柔らかさの中にもしっかりとした弾力があるんです。 爪楊枝で持ち上げるとスーッとよく伸びる。 でも決して切れない・・・」 と城島が言うので、それを聞いた七桜は 「柔らかいのに弾力がある・・・ 粉に対して水の量を増やせば柔らかくなるけど砂糖の比率は・・・」 そう言いながら、またわらび餅を作り始めました。 その姿を見た城島は、 【この人・・・親父のわらび餅を作るつもりなのか?】 と思いました。 でもこれを機にこっちに気が引けるかと思った 城島はチャンスだとも思いました。 「俺も手伝います。 なんでも聞いて下さい」 城島はそう言いながら、早く落ちろよと心の中で七桜に対して思っていました。 ーーーその頃椿は、七夕の催しに出すためのお菓子を考えていました。 そして、先日多喜川がある事を教えてくれました。 「中央病院。 椿さんが気にしてたので調べたんですよ。 母親が今そこに入院してるようですよ」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 椿は、城島の母親が入院しているという中央病院に一人で出向きました。 「すみません。 城島昭子さんですか?」 椿が城島の母親にそう言って話しかけると、母親は驚いた様子で 「はじめまして。 私・・・ こ 光月庵の・・・椿さん・・・・」 と言うので、椿も驚いて 「俺のこと知ってるんですか?」 と聞きました。 すると母親は 「あ あの祐介が 息子が何かしたんでしょうか? すみません すみません。 店の事は忘れろって言ったんです。 恨んだってあの人は帰ってこないって」 と言って頭を下げて言うので、椿は 「恨む?」 とその言葉が引っかかり、疑問に思いました。 そして、城島の目的は七桜だと思っていたけれど 実は自分はそこを勘違いしていたのではないかと思ったのです。 すると、城島の母親はこう話し始めました。 置いた常連さんは伊勢から足が遠のくし、 コンビニや流行りのスイーツに押されて 何時切れてもおかしくない糸の上を綱渡りしているようなものでした。 夫は店を絶対潰したくない一心で、多額のお金を借入ました。 自分のすべてだったから・・・だからそれまで以上に働いて・・・ そんなとき、うちにしては大きな仕事がきました。 本当に久しぶりの主人の笑顔を見て、それに懸けようって 息子も私もそれこそ死に物狂いで準備したんです。 そんな裏でしまやの打ったお菓子はたった3個でした・・・ 城島が担当者にわらび餅を食べてもらえれば分かる!どうか もう一度チャンスをくださいと頭を下げていると、そこへ椿が通りかかりました。 『騒がしいな。 食べてもらえるときに最高のものを出す。 そんな当たり前のことも出来ないから一流になれないんだ』 そう言われた城島は、無念で心が打ちひしがれていました。 心身共に疲れ果てて、ある朝厨房で倒れてそのまま・・・」 火葬された父親の遺骨を拾った時、毎日厨房に立ち続けていた 父親の腰の骨は、持ち上げただけで脆く崩れ去ったそうです。 「あの子はあのとき壊れてしまったんだと思います。 お願いします!あの子をあの店から追い出してください。 何かする前に! あの子には純粋にお菓子を作ってもらいたいんです。 お願いします!」 そう言って椿に必死に縋りついてくる城島の母親の姿を見て、 子供のためにこんな顔をする母親もいるのかと思いました。 そして椿はこう聞きました。 「あなたは俺のこと恨んでないんですか?」 すると城島の母親はこう答えました。 あんなものを作れる人がそんな事できるのかって・・・」 バサッ! 何かが落ちる音が聞こえたので、椿がと城島の母親が振り返ると そこには驚いた顔の城島が立っていました。 「なんでここに・・・」 すると、椿は城島の母親の病室から出て行きました。 そんな椿を城島は追いかけました。 「待てよ!七桜さんは俺とあんた どっちの言葉を信じるだろうな」 そんな事を言われた椿は 「お前だろうな」 と答えました。 そして続けてこう言います。 「何か勘違いしてないか?俺がアイツと結婚するのはあくまであいつが 店の利益になりそうだからだ。 愛してるからじゃない」 >> まんが王国で2,520円もお得に読む方法! まんが王国の 半額クーポンを使って最新刊までお得に読むことが出来るんです! 解約もスマホから簡単にできるから安心です! >> この機会に是非【私たちはどうかしている】を楽しんでください! 毎日がんばっている自分へのごほうびに、大好きな漫画を読んで息抜きをしてみませんか? 【私たちはどうかしている】24話 5巻 の感想 城島の父親の話を聞いた七桜はどうしても わらび餅を再現したくて奮闘します。 なんとか城島の助けになりたいのと、そんなわらび餅作ってみたいと 思う気持ちがそうさせたんでしょうね。 そして、椿は城島の母親の話を聞いて七桜が目的ではなく自分への復讐のために 城島が七桜を狙っているのに気づいたようです。 だから最後の台詞になったのかな・・・もう七桜に近づかせないためなのかも。 私の泣きポイントは、お父さんの遺骨が腰の骨が脆く崩れたこと・・・ どれだけ努力して一生懸命厨房に立ち続けていたのかと考えると 涙が止まりませんでした。 まとめ 【私たちはどうかしている】5巻に掲載されている24話のネタバレ感想を紹介しました! 七桜はずっと一生懸命、わらび餅を再現しようとしています。

次の