ポケモンソードシールド 弱点。 【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン ソード&シールド】弱点保険トゲキッスの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモンソードシールド 弱点

ダイマックスとの相性が悪い 今作で最も重要とされているダイマックスですが、ギルガルドがダイマックスを使った場合、 キングシールドによるフォルムチェンジが不可能になります。 これがかなり痛手で、ダイマックスは 主に耐久を上げる、攻撃力を上げるというのがメインですが、耐久の面ではシールドフォルムでいられる期間が1ターンしかなく、ブレードフォルムの耐久では 一撃で相手に沈められることが多いです。 また、ダイマックスで使える技は自分の能力上昇、天候変化、相手への能力現象など強力な効果を持っていますが、正直、ダイマックス時にブレードフォルムになった場合、2ターン生き永らえられるかすら怪しいです。 これらの点が他の弱点保険持ちのアタッカー 主にバンギラス、トゲキッスなど と比較した点です。 素早さの低い相手に対して耐久を生かせない もう一つ、ギルガルドの短所を述べるとしたらこれです。 種族値や能力減少の関係でギルガルドより素早さが低くなるポケモンがいます。 ・ギルガルドの最低の素早さより遅くなりがちなポケモン 等 また、同族での対面も足の遅さで勝負が決まることも。 一部、ギルガルドの攻撃力で粉砕できるポケモンもいますが、足の遅いポケモンは大半が耐久の高いポケモンので耐えられる可能性もあります。 その場合、ブレードフォルムの超低耐久で相手の攻撃をもろ受けることになるので気を付けなくてはなりません。 もし、このようなポケモンと対面した場合は引くことが安定行動だと思います。 ダイマックス、火力アップ系持ち物による高火力の技を受けきることができない 大半のタイプ一致弱点技を受けきることが可能なギルガルドですが、 こだわりハチマキ、眼鏡やいのちのたまなどの火力アップアイテムやダイマックス技をされた場合、一撃で沈められるという難点があります。 一致地震でさえ致命傷なのに 接触技であれば、キングシールドで攻撃力ダウンで火力を抑えることが可能なのですが、非接触技 じしん、つららおとし、ダイマックス技 や特殊技 悪の波動 では火力が下がることがありません。 そして、何と言っても、具体例として記載した技をメインウェポンとする珠ドリュウズ、鉢巻ヒヒダルマ、眼鏡サザンドラが一定数いるというところがまた厄介で持ち物、型を判別しづらく判断を誤れば事故になりかねません。 大半がギルガルドでの不利対面なので引くことも頭に入れておくとよいでしょう。 ・ダメージ計算 意地っ張りA252ドリュウズの地震 87. 珠A252ドリュウズ 性格補正無し の地震 104. A252ドリュウズのダイアース 地震 101. 型読み違えてみがわり貼られたり悪だくみ積まれるとかなり大変なことになります。 意地っ張りA252ヒヒダルマのフレアドライブ 107. ギルガルドの採用理由 先述したことを踏まえての採用理由です。 前記した内容と同じ内容を述べていたりしますので不必要であれば読み飛ばしていただいて構いません。 対面性能 特性バトルスイッチによる高耐久と高火力により、後出しからの受け、そして等倍同士での打ち合いにも勝てるほどの性能、受けポケモンへの削りなど、ギルガルドは対面性能がとても高いポケモンといえます。 まとめて このようにギルガルドは 受け、そしてアタッカーとして活躍でき、サイクル戦への適正も高いなど、汎用性の高いポケモンとして、様々なパーティーに組み込めます。 弱点保険の採用理由• 性格 れいせい or ゆうかん 特性の仕様上、後攻を取ることが望ましい為、すばやさを下げつつ、火力を上げられるこの二択。 私個人としては、れいせいで両刀にすることをおすすめします。 理由は後 述します。 個体値 31-31-31-31-31-0 先述の通り、後攻を取りたいのでs0が理想です。 s0に関してはあくまで理想なので妥協個体でも構いません。 また、物理型にする際はCは31でなくても構いません。 努力値 252-4-0-252-0-0 H:252 総合耐久力の増加。 A:4 余り。 耐久に振るなど個人個人で振りたいステータスに。 くれぐれもSに振らないように C:252 メインウェポンの火力の増加。 物理型の際はここの努力値をAに振りましょう。 一纏めにすると、ぶっぱです。 ぶっぱこそ正義 技構成• 確定技 ・ かげうち ギルガルドの鈍足を補う先制技。 襷をつぶしたり、ギリギリ倒しきれなかった相手への追撃など用途は多数。 弱点保険発動後は結構な火力が出ます。 【与ダメージの計算結果】 ・能力上昇なし 無振りミミッキュ 66. シールドフォルムとブレードフォルムを交換以外でフォルムチェンジできる唯一の技です。 また、接触技を防いだ場合、相手のこうげきを1段階減少という素晴らしい技です。 しかし、変化技は通ってしまうので相手の型を考えて使わなくてはなりません。 相手のダイマックスターンを削るなどの使い方も可能です。 選択技 ・ シャドーボール or シャドークロー 物理型にするか、両刀で使うか、によって変わります。 前述しましたが、私は シャドーボールで両刀にするほうが良いと考えています。 理由としては、• 技自体の威力が高い。 非接触技のため、接触技でのデメリットがない。 キングシールド、ゴツゴツメットなど• いかくの影響がない。 などが挙げられます。 シャドークローのダメージ計算も希望が多ければ追記しようかと思います。 ・能力上昇なし H252ミミッキュ 86. よって、てっぺきやビルドアップで上がった防御を無視して攻撃可能です。 対象であるアーマーガアに対しては火力が足りないが… また、霊で攻撃できないノーマル、悪への補完に優れています。 【与ダメージの計算結果】 ・能力上昇なし H252バンギラス ダイマックス時 41. ダメージ計算の結果を見ていただければわかりますが、A無振りでもとんでもない火力が出せます。 補完に優れ、高耐久のポケモンへの打点にもなります。 こちらは相手の能力上昇を無視できません。 そして、打った後に防御と特防が下がるため、長く居座れなくなるのが欠点です。 【与ダメージの計算結果】 ・能力上昇なし H252バンギラス ダイマックス時 54. 対フェアリーの打点としても、悪、ノーマルへの安定行動としても扱えます。 しかし、特殊耐久の高いポケモンには簡単に耐えられてしまいがちなのが欠点です。 この育成論で誰か一人でもギルガルドの魅力に気づいてもらえれば嬉しい限りです。 コメントへの返信は遅くなることが多々あると思いますのでご了承ください。 確かに耐久を推しているのに耐久の具体的な記述、ダメージ計算がなかったと思いますので追記させていただきます。 ご指摘ありがとうございます。 よりよく使いたいので質問させていただきます。 ジャイロを採用していないのにs0にしている理由が知りたいです。 あまり対戦経験がない初心者なのでもし当然のことでしたらすいません。 ギルガルドとはフォルムチェンジによって能力を変化させるポケモンであり、初期状態ではシールドフォルム BDが高くACが低い になっています。 そしてブレードフォルム ACが高く、BDが低い にフォルムチェンジするタイミングはギルガルドが攻撃を出す直前なので、できる限りシールドフォルムで攻撃を受けてから相手を攻撃したい、というのが多くの方の考えだと思います。 そのためSを可能な限り下げているのです。 具体的な例としてはや辺りでしょうか。 先手をとって攻撃してしまうと返しの地震で吹き飛んでしまいますので。

次の

ヨノワール|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモンソードシールド 弱点

「きあいのタスキ」による行動保証の恩恵を受け、対面で確実に1匹持って行ける型となります。 主にドラゴン・格闘・悪タイプを倒すための武器として役立つ技。 受け崩しの武器として起用。 ギャラドスや水ロトムも対象に含められるため、非常に強力。 くろいヘドロ持ちゲンガー 性格 おくびょう 努力値 HP204 特攻52 素早さ252 実数値 HP161-攻撃76-防御80-特攻157-特防95-素早さ178 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 道具「くろいヘドロ」を持った相手に嫌がらせをしながら戦う「ゲンガー」です。 耐久調整は技「おにび」込みで 「アイアント」の「ダイスチル アイアンヘッド 」を確定3発まで耐えることができます。 素早さは最速調整なので、アイアントよりも早く動けるためダイマックスターンを稼げるのが強みと言えます。 現環境では、ダイマックスターンを枯らす仕事や、技「こごえるかぜ」「おにび」による後続サポートがメインの立ち回りとなります。 後続のサポートをする 「ゲンガー」は技範囲が広いことからサポートに周ることも可能です。 技「おにび」で相手からのダメージを減らしたり、技「こごえるかぜ」で素早さを下げる動きも強力です。 ゲンガーの対策 素早さの高いポケモンで弱点をつく 「ゲンガー」の魅力である高い素早さ種族値も、より素早いポケモンで対策してしまえば何ら問題ありません。 元々耐久の高いポケモンではないことから、高火力で上から殴る方法が一番ゲンガーを倒しやすいと言えます。 おすすめは特性「いたずらごころ」を持ったポケモンで、上から技「ちょうはつ」や「アンコール」を撃ち技を縛る動きです。

次の

【ポケモンソードシールド】たまごの作り方と生まれるまでの時間【移動距離】

ポケモンソードシールド 弱点

もくじ• 【きんちょうかん 夢特性 】 すべての相手は『きのみ』を使用できなくなる。 ワイルドエリアには「砂塵の窪地」に固定シンボルで出現します。 覚える技も強力なものも多く、技範囲もそれなりに広いですね。 特性「すなおこし」のすなあらし状態で、 「いわタイプポケモンの特防が1. 5倍」になるので、かなりの耐久力を得られます。 すなあらしの効果でじわじわとダメージも与えられますし、きあいのタスキを自然に潰せるのもメリットと言えます。 バンギラスは弱点が少し多めですが、 ダイマックスによりHPが倍になるので一撃で落とされる心配はほぼ無いでしょう。 その弱点の多さと耐久力を利用するために、 持ち物「じゃくてんほけん」を使います。 じゃくてんほけんは、 「弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2倍にする」というアイテムです。 これにより化け物じみた火力になりますし、だいもんじを採用しても十分な火力を出せるようになります。 そこまで喰らわない程度の弱点が飛んでくるタイミングで受け出しし、上手く発動させるのが強いですよ! バンギラスの育成論 特性 【すなおこし】 戦闘に出ると5ターンの間、天喜が『すなあらし』になる。 このバンギラスは、 高い耐久力と多めの弱点を利用した「じゃくてんほけんバンギラス」です! 弱点を突かれても、インファイトなどのかくとう技が来ない限りは落ちることはありません。 ダイマックス込みであれば、より安全に「じゃくてんほけん」を発動し、居座ることも可能です。 初手出しで、いきなりダイマックスするのもおすすめです。 安全に発動させるのであれば、「ナットレイ、アーマーガア」のジャイロボールやアイアンヘッドに対してですね。 ジャイロボールは素早さの差が大きく無いので威力が減少し、アイアンヘッドはアーマーガア程度の攻撃力であれば平気です。 ナットレイは「ほのおのパンチ」で確1で、アーマーガアは確2となっています。 「じゃくてんほけん」発動後に、ほのおのパンチorだいもんじでアーマーガアも楽に倒せますし、受け出しするにはおすすめの相手です。 ナットレイを想定する場合は、「ゴツメ&てつのとげ」のダメージが痛いので、だいもんじの方が良いでしょう。 タイプ一致「ストーンエッジ」は命中不安でしたが、ダイマックスであれば必中なのも強みとなります。 「アイアンヘッド」はオーロンゲなどのフェアリー対策に。 「かみくだく」はタイプ一致のメインウェポンであり、ドラパルトやサニーゴに有効です。

次の