発酵 なし ピザ。 パン生地をうまく発酵させる方法解説!発酵なしの作り方も紹介

発酵なし:蕎麦粉のクリスピーピザ : sweet+

発酵 なし ピザ

強力粉 130g• 塩 3g• 水 60~70CC• ピザ用ソース 適量• マヨネーズ 適量• ブラックペッパー 適量• ピザ用チーズ 適量• タバスコ(お好みで)適量 ピザの具) 具はお好みで構いませんがウチで作ったピザの具を紹介します。 ハーフ&ハーフにしました。 冷凍エビ 60g 冷蔵庫で解凍しておく• ウインナー 2本• 冷凍コーン 30g 1. ピザ生地を作る。 ドライイースト不要! まずボウルに強力粉・塩を入れ水を半分くらい回しかけ手でクルクルとかき混ぜます。 その後に残りの水を水分が足りない粉のところにかけ更にクルクル混ぜダマのようになってきたらオリーブオイルを回しかけてひとまとめにして2分くらいこね生地を作ります。 ピザ生地をこねたら丸くしてビニール袋に入れて暫く放置します。 ポイント1 ドライイーストを使わないのでお湯ではなく水で大丈夫です。 ポイント2 水の量は季節などで変わりますので、水を入れすぎないように生地がまとまらなかったら足すようにしてくださいね。 今回ウチで作った時の水の量は65ccでした。 ポイント2 ピザ生地を放置することで水分が全体に馴染みますので少なくても15分くらいは置いてくださいね。 ウチでは夜食べる場合は昼くらいまでにピザ生地を作ってしまいます。 暑い時期はピザ生地が傷まないように冷蔵庫の野菜室で保存し作る1時間くらい前から常温に戻して使っています。 ドライイーストを使わないので発酵しすぎの心配がありません。 早めに作ってしまうと後がラクです。 ピザの具を準備する ピザの具を準備します。 具材はお好みで構いませんが、ウチで作ったハーフ&ハーフの具材で紹介します。 冷凍エビは解凍して水分を拭き食べやすい大きさにカットしておきます。 ツナは油やスープをしっかりと切っておきます。 ウインナーは食べやすいように薄い輪切りにしておきます。 冷凍コーンはそのまま使いますので解凍しなくて大丈夫です。 ピザ生地を伸ばす 放置しておいたピザ生地を台の上で少しこねて丸くします。 その後に1のピザ生地をだいたい縦30㎝横20㎝くらいの長方形に麺棒を使って伸ばしてください。 クリスピータイプにしますので、生地はかなり薄くなります。 ピザ生地を伸ばしたらスケーラーなどを使ってオーブンの鉄板にクッキングペーパーをひき、 その上にのせます。 上にのせたら縮んでしまったピザ生地を優しくひっぱり整えてください。 ピザ生地を整えたらフォークで15回くらい等間隔に刺して穴を開けます。 フォークで刺すことで膨らみを防ぎます。 ポイント1 伸ばしたピザ生地は薄いので優しく扱ってくださいね。 ピザ生地にフォークで刺したもの以外の穴が開いてしまったらつなぎ合わせれば大丈夫です。 クッキングペーパーの上に乗せた時に縮んでしまった場合は優しく引っ張るかクッキングペーパーごと台に戻しクッキングペーパーの上から麺棒で伸ばしてみてください。 クッキングペーパーの上で伸ばした際はピザ生地がクッキングペーパーから剝がれるか チェックしておいてくださいね。 (万が一焼いた時にピザ生地が剥がれないと大変ですので) 4. ピザ生地に具材をのせて焼く まずはオーブンレンジの準備をしてください。 オーブンレンジの余熱をスタートさせたらピザ生地にオリーブオイル(分量外)を刷毛で全体的に塗る。 オリーブオイルを塗ったらピザ生地の半分にピザソースを塗り、残り半分にマヨネーズを塗る。 ピザソースを塗ったところにピザの具のウィンナーとコーンをバランスよくのせる。 マヨネーズを塗ったところにはエビとツナをバランスよくのせ、その上からブラックペッパーを振る。 ピザの具を全部のせたら、ピザ用チーズを全体的にかけ余熱が終わったらオーブンレンジに入れる。 ポイント1 時間の設定は長めにして途中で焼けているか確認し、焼けていたら取り出すようにしてみてください。 ピザが焼けたらできあがり ピザのチーズに焼き目がつき、ピザ生地のフチが茶色く美味しいそうになっていたらできあがりです。 ポイント1 焼きあがっているか確認するにはピザをフライ返しで持ち上げ、ピザ生地の裏が生焼けでなければ大丈夫です。 今回紹介したレシピをウチで焼くと16分です。 ウチで作る時はピザ用チーズが冷凍してあること、エビに火を通さずに焼いていることで 通常より焼き時間が長くなっていると思います。 ピザ生地はイースト不要で発酵なしの簡単クリスピーレシピ、私からのアドバイス もともとウチで作っていたピザはドライイーストを使って作るピザ生地でした。 そのピザ生地のレシピは料理教室で教えてもらったものだったのでとても美味しかったんですけど作る機会が限られてしまっていました。 なぜかというとドライイーストを使っているので発酵しすぎないように気をつけなければならず食べる時間を逆算して作り始めなければいけなかったからです。 それで作ってみたのがドライイーストなしのレシピです。 ドライイーストを入れていないので発酵しすぎの心配がありません。 ですので作りたい時間にピザ生地の準備ができてしまいます。 そして食事をする前にピザ生地を伸ばせばいいだけなので気分的にとてもラクなんです。 ピザはウチの人気料理です。 人気料理ですので、できるだけ簡単なレシピにしてリクエストがあればすぐに作れるようにしました。 もしよかったらピザ生地はドライイーストなしで発酵不要の簡単レシピで作ってみてくださいね。

次の

発酵いらずの簡単ピザのレシピ・作り方

発酵 なし ピザ

本格的なピザは、イタリアやアメリカではパン生地と同じような材料と製法で作られています。 日本でも、イタリア風・アメリカ風と 強力粉と イースト菌や 酵母を使って作る専門店やレシピがたくさん紹介されています。 しかし、一方で簡単にできる、 発酵時間が必要ないフライパンでも作れるピザに人気が高まり、家庭や中学・高校の調理実習でも作られています。 発酵あり・なしの材料の違い ピザ生地の発酵のあり・なしの一番の違いは、材料で使う ドライイーストや 酵母です。 発酵の時間をしっかりと置いて作るピザ生地のほとんどは、ドライイーストまたは ビール酵母などを使用します。 しかし、発酵をしない生地では、 ベーキングパウダーを使うものが一般的です。 中には、ドライイーストもベーキングパウダーも使わず、 小麦粉と 塩と オリーブオイルだけというものもありますが、こちらはピザ生地というよりも、 お好み焼きの生地にピザの具をトッピングしたという感じです。 ドライイーストを使わない、発酵せずにベーキングパウダーを使うなんて邪道、もちもち感がなくなると思われるかもしれませんが、意外と美味しくてしっかりと歯ごたえもあります。 ドライイーストもベーキングパウダーも配合する理由は、熱を加えると膨らむという性質でピザ生地の もちもちふわふわとした食感を味わうためです。 ドライイーストは水を吸収し温かい場所に置くことで、酵母が発酵します。 その時に、糖を分解し アルコールと炭酸ガスを発生させます。 そのために膨らんできます。 ただし、糖の分解には時間がかかるため、どうしても 寝かせるという時間が必要になります。 ベーキングパウダーは 「重曹」です。 ベーキングパウダーは温かい水を加えると、炭酸ガスを発生します。 ベーキングパウダーと重曹は正しくは違いがあり、重曹はそれだけだと苦みがあるため、お菓子には向きません。 そこで、中和剤としての コンスターチが配合されたベーキングパウダーをお菓子やピザ作りには使用されています。 ドライイーストもベーキングパウダーも、どちらもピザ生地を膨らませるために使用されている材料になりますので、 代用品として使われることが多いということです。 発酵あり・なしの作り方と出来上がりの違い 発酵ありとなしの絶対的な違いは、生地を作るまでの時間です。 ドライイーストを使って発酵をさせた場合は、 発酵時間に 30分~45分ほどかかります。 発酵をする間に一定の温度を保つことも必要で、 ホームベーカリーを持っていたり オーブンレンジに発酵機能があればいいですが、面倒という人もいます。 一方、 ベーキングパウダーを使うピザ生地は、ひたすらこねるだけです。 とにかくしっかりとこねて、そして伸ばすということで、 中学・高校の短時間で仕上げなければいけない調理実習で人気のレシピになっています。 家庭でも簡単にできるということで、 ホームパーティなどで作る人も増えています。 しかし、ドライイーストでじっくりと発酵し膨らませた生地の方が、生地がしっかりとして小麦を焼いたときの風合いにコクが出ます。 一方、ベーキングパウダーで短時間で作ったピザ生地は、 小麦の独特の生っぽい臭いが残ってしまいます。 さらに、ベーキングパウダーの場合は、焼くときのタイミングや温度で膨らみが足りなく、 生地にふわふわ感が出ないということもあります。 出来上がりが美味しいのは、やはり時間と手間をかけた ドライイーストのようです。 フォンターナの生地で使われている酵母は、パンの発酵に適した イースト菌です。 そのため冷凍をした状態で家庭に届いてもフライパンでふわふわの生地を楽しむことができます。 まとめ では、イースト菌を使ってしっかりと発酵をした生地を使用しています。 家庭では出せない味とふわふわ感をお届けしますので、ぜひお楽しみください。

次の

ピザ生地の発酵について詳しく解説します!これを見るだけであとはなし!

発酵 なし ピザ

ドライイーストは夏場は1~1. 5gでよいです。 気温で量を調整して下さい。 水は氷水を用意します。 手ごねだと特に、手の温度で生地の温度が上がり、イーストが活発になりすぎて発酵が進み過ぎてしまいます。 小麦粉を混ぜるタイミングで小麦粉の温度でも水の温度が上がるので、キンキンに冷えた水に氷が浮かんでる状態から始めましょう。 粉を投入したらちょうど氷が溶けてなくなる程度の氷の量を目指しましょう• ナポリピッツァは生地にオリーブオイルは入れません。 が、オリーブオイルは生地が伸ばしやすくもなるので、家庭のピザであれば20~30g程度入れてもよいかもしれません。 順番に説明していきます。 ピザ生地の仕込み:材料の混ぜ合わせ 水に塩を溶かす ほぼ見えなくなるまで溶かしきります。 塩は冷水にでもしっかり溶けます。 ピザ粉の投入 一気に全部入れてはいけません! まず最初に6,7割分のピザ粉を投入します。 これはダマになるのを防いで均等に混ぜるため。 序盤はピザ生地へ体温が伝わりにくいように、スプーン等で混ぜるのがオススメ。 手も冷たいですから。 ドライイーストの投入 ドライイーストを冷水に溶かしたものを投入。 冷水だと溶けづらいですが、ぬるま湯に溶かすとその時点で一気に発酵が進んでしまいます。 キンキンに冷えている必要はないので冷水になるべく溶かして下さい。 溶けきらないと思いますが、塊が多少残る位で大丈夫です。 残りの粉を投入 残りの粉は2,3回に分けて投入しましょう。 手ごね ある程度スプーンで捏ねたら回らなくなってくるので、手で捏ねます。 殴るではなく拳で押してはまとめる。 の繰り返しです。 10分も経たずにこんな一纏まりの生地になると思います。 ここから10分程度手のひらで潰しては纏めるを繰り返します。 疲れる。 目的はダマがなく、均等にする事なので、手触りで判断して下さい。 コネればコネるほど美味しくなるわけではありません。 一枚分量に小分けする利点• 一枚ずつ同じ量のピザが焼ける。 生地を丸く仕込むことで、伸ばした時にそのまま丸く伸びる。 発酵した生地の塊から一枚分をちぎるとき、生地を潰してしまい、せっかく発酵で生地内に含んだ空気が逃げてしまう。 最初から切り分けて発酵させることでこれをを防ぐ。 生地を丸める 小分けにした生地を丸めます。 これが意外と難しい。 ここで真ん丸に仕込めるかどうかで、焼き上がりが丸くなるかどうかを左右します。 欲しい質量に切り分けたら、一点のおへそにグイグイ生地を端から押し込んでいきます。 そうすると外側の生地の表面が伸ばされ、デコボコのない面が広がっていきます。 おへそに入れていくだけでもかなり丸い状態までもっていけます。 ピザ生地の二次発酵でのポイント ピザ生地は半日以上掛けてゆっくりじっくり発酵させることで美味しい生地が出来上がります。 ここまでの過程で生地の温度が上がらないように頑張りましょう! 蓋のできるケースで保管しますが、サイズ感で無印のポリエチレンケースがすごくちょうどいいです。 120グラム程度の生地が4つほど入ります。 ここからは気温により保管場所を変えますが、冬場であれば、そのままキッチンに放置でよいでしょう。 夏場は冷蔵庫でじっくり発酵させるのがオススメです。 12時間~15時間程度が理想の発酵時間。 ちなみに夜11時に仕込み終わり、翌朝6時の様子がこちらです。 いい感じに発酵が進んでますが、実際焼くのが昼食時の為、このまま外に置いておくと過発酵になりそうなので、10時迄は一旦冷蔵庫へ。 焼く前の状態がこちら。 ピザ生地の伸ばし方 ピザ生地の伸ばし方はこちらで詳しく解説しております。 参考になれば。 一般の方が伸ばすのであればローマピザのように麺棒で伸ばすのが一番上手くいくと思います。 伸ばしについてはちゃんとやろうとすると経験が必要なので、今回はあまり詳しく説明しませんが、生地内の発酵で含まれた空気をなるべく潰さないのが最大のポイント。 空気を含んだままの状態で焼き上げることで、しっかりとした食感の生地になります。 ピザのパフォーマンスで、空中でクルクル回したりしますが、あれは生地内の空気を潰さずに遠心力で伸ばす意味もあるのです。 そばやうどんの仕込みのように、麺棒で潰しながら伸ばすような感覚とはちょっと違います。 あとは耳の部分にはなるべく触らない。 潰れると焼いたときにキレイに耳が膨らみません。 麺棒だと無理ですが、ローマピザの場合はカリカリの耳が売りなので気にせず潰しましょう。 生地を伸ばすときは、大理石の上で伸ばすのが理想的です。 人工大理石のプレートは案外安いので、本気を出すなら買ってみましょう。 粉が飛び散るのでなるべく大きめの方がいいです。 伸ばすときは、大理石に打ち粉 余った小麦粉でよい を振って伸ばしていきますが、生地に過剰についた打ち粉は焼いた時に苦味の原因になります。 伸ばした後には生地から粉を落とすのも美味しく焼くポイントです。 伸ばしたらすぐ焼く! ピザ生地は、伸ばした時点から急激に劣化していきます。 表面積が増えることで乾燥、発酵が急激に進む事が原因ですが、生地を伸ばしたら2分以内に窯に入れる事を意識するといいピザが焼きあがります。 そのためには、オーブンの温度、ソース、チーズの準備は完璧にしておきましょう。 理想を言えば、生地を伸ばし始めるところから1分後にはオーブンに入っていると最高ですが、家庭のキッチンでそれをやるのは中々難しいかもしれません。 おいしいピザ生地の仕込みのまとめ 長時間の発酵、小分けの仕込み、仕込み中はなるべく手の温度を伝えない事。 等のポイントを抑えることで、食感がイタリアンに近づいていきます。 生地の温度が高いとイーストが活発になりすぎて過発酵してしまうため、夏場は小麦粉も冷やした状態から始めることをオススメします。 家庭のキッチンでも本格ピザにチャレンジして頂けると幸いです。 の作り方はこちらに記載してます。 モッツァレラチーズやプチトマトも事前の仕込みが必要です。 東京の美味しいピザ屋を紹介しています。 極上のピザを食べてからその味を目指すのも目標が明確になって良いですね。 ちなみに今の僕は元プロ状態です。 また職人に戻るつもりですが。。。 生地が余ったから勿体ないので食パンを焼いてみました。 以上、『プロが教える美味しい本格ピザ生地の作り方。 お店のピッツァのレシピを真似して仕込んでみよう! 』でした。

次の