日立 コロナ ウイルス。 日立建機、新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国・地域の生産拠点の状況について(2)

日立建機、新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国・地域の生産拠点の状況について(2)

日立 コロナ ウイルス

【関連記事】• 日立は、政府が4月16日に全国を対象に緊急事態宣言を発令して以降、オフィス勤務者を中心に約7割の社員が在宅で勤務している。 7月末までは原則、この形での勤務を続ける方針だ。 それ以降も現在の在宅勤務者を対象に「週2~3日は在宅で仕事ができる状態を継続したい」として、在宅を標準にする考えを26日に明らかにした。 平日のうち2~3日を在宅で働きながら生産性を高めるためには業務の透明化が必要だと判断。 「その日に何時間働いたか」ではなく「何の成果をあげたか」を基本的な尺度にしたい考えだ。 具体的には、職務定義書(ジョブディスクリプション)で社員の職務を明示し、その達成度合いなどをみる「ジョブ型」雇用を本格導入する。 同社では管理職を中心に段階的に採り入れてきた。 今後、各職場での検討や労働組合と協議し、来年4月からの導入を目指す考えだ。 日立では在宅勤務の継続に向け、押印や会議のために出社する機会を減らすよう業務改革も進める。 在宅勤務で増える光熱費や、出社時に着用するマスクの費用などとして、1人あたり月3千円を補助する制度も新設し、6月から支給する。

次の

日立 在宅勤務を標準へ コロナを機に新たな働き方に転換

日立 コロナ ウイルス

日立市で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことが伝わったのは、12日、感染が確認されたのは、帰省された娘さんと母親の2名です。 日立市内で新型コロナウイルス感染症の患者の発生が確認されたのは初めてで、日立市内では、それぞれ1例目、2例目となります。 また、茨城県内では、106・107例目となります。 その後詳しい感染者情報が出ましたのでお知らせします。 なお、茨城県の最新のニュースは下の記事となっていますので合わせてご覧ください。 日立市の新型コロナ感染者情報 それぞれの感染者情報です。 経過の概要をまとめます。 東京から帰省した娘がコロナ発症 東京都の飲食店勤務の20歳代の女性が、日立市の実家に帰省。 帰省後に症状が出て、そのさらに3日後に、女性の50歳代の母親にも症状が出たということです。 母勤務の介護事業所は「休止中」 女性の母親は、介護事業所勤務のため、勤めていた介護事業所は「事業を休止中」となっています。 二人とも、症状は軽症で安定、現在は自宅で入院調整中とのことです。 日立市のコロナ患者の詳細 以下は、日立市のHPの記載です。 city. hitachi. 水戸市の感染者情報 水戸市では、3例目、水戸市内の消防署勤務の救急隊員とその家族、4・5例目に感染が確認されて、通園していた保育園が休園となっています。 水戸市ではその後新たに6例目までの感染者が確認されています。 水戸市の感染者情報です。 日立市の明秀学園の生徒の感染はデマ また、一部SNSで、日立の明秀学園の生徒が感染したとの情報が流れていますが、こちらはデマだということですので、惑わされないようにしてください。 に下の告知があります。 meishu. 本校につきまして、事実ではない情報が SNS 上に投稿されその誤った情報が一般の方々の間にも広がっています。 この件に関しましては、事実に反した誤った情報であり、4月8月現在本校の寮で生活している男女寮生に発熱している生徒は一人もおらず、新型コロナウイルスに感染が確認された生徒も一人もおりませんのでご安心ください。 なお今回の SNS 上での事実ではない投稿について、本校では法的措置も含め、現在顧問弁護士と協議中ですので、くれぐれも無責任な投稿されないようお願い申し上げます 投稿はもちろんのことですが、ソースがはっきりしないものに関しては、リツイートも慎重に行いましょう。 以上、本日の日立市の新型コロナ感染者情報についてお伝えしました。

次の

日立市で初のコロナ感染 都内から帰省した娘母の介護事業所は休止

日立 コロナ ウイルス

【関連記事】• 日立は、政府が4月16日に全国を対象に緊急事態宣言を発令して以降、オフィス勤務者を中心に約7割の社員が在宅で勤務している。 7月末までは原則、この形での勤務を続ける方針だ。 それ以降も現在の在宅勤務者を対象に「週2~3日は在宅で仕事ができる状態を継続したい」として、在宅を標準にする考えを26日に明らかにした。 平日のうち2~3日を在宅で働きながら生産性を高めるためには業務の透明化が必要だと判断。 「その日に何時間働いたか」ではなく「何の成果をあげたか」を基本的な尺度にしたい考えだ。 具体的には、職務定義書(ジョブディスクリプション)で社員の職務を明示し、その達成度合いなどをみる「ジョブ型」雇用を本格導入する。 同社では管理職を中心に段階的に採り入れてきた。 今後、各職場での検討や労働組合と協議し、来年4月からの導入を目指す考えだ。 日立では在宅勤務の継続に向け、押印や会議のために出社する機会を減らすよう業務改革も進める。 在宅勤務で増える光熱費や、出社時に着用するマスクの費用などとして、1人あたり月3千円を補助する制度も新設し、6月から支給する。

次の