京 アニ 死亡 者 名前。 京アニ放火殺人 犠牲者10名を公表…“アニメ界の宝”たちが生きた証

京アニ犠牲者の名前公表・氏名公表・氏名公開が話題

京 アニ 死亡 者 名前

捜査1課によると、放火当時、役員と社員の計70人が建物内にいて35人が死亡、34人が負傷したほか、建物外でも出勤してきた40代の男性社員1人が煙を吸って軽傷を負った。 府警が6日に身元を公表したのは、建物内にいた35人で内訳は、男性16人、女性19人。 京都、大阪、滋賀、奈良の4府県内在住で、7割超が20代と30代だった。 現在のけがの程度は重篤3人、重体1人、重傷25人、軽傷5人だった。 負傷者の多くはやけどを負い、ベランダから飛び降りた際に足などを骨折した人も複数いる。 心の傷も深く、すでに職場復帰した人もいる一方、「トラウマで職場に戻れない」「もう会社を辞める」と話している負傷者も複数いるという。 府警は、捜査本部のある京都市伏見区の警察学校に、スタジオのフロアを再現した模型を作成。 負傷者一人ひとりに当時どこにいたか、周りに誰がいたか、どんな経路で避難したか、聞き取り確認を進めている。 府警は8月27日までにすべての犠牲者の身元を公表した後、負傷者に匿名で年齢や性別などを公表する方針を説明。 西山亮二・捜査1課長は「犠牲者の身元公表を優先し、負傷者一人ひとりに説明したため、このタイミングでの発表になった」と話した。 これまでも負傷した被害者は匿名で公表しているため、それに沿ったとしている。 捜査1課によると、殺人容疑などで逮捕状を取ったさいたま市見沼区の無職、青葉真司容疑者(41)は、重篤な状態を脱したという。 呼吸器をつけ、言葉は話せないが、医師の呼びかけにはうなずいたり、首を振ったりできる状態になった。 青葉容疑者の容体変化について、府警は6日までに遺族や負傷者への説明を終えたという。 青葉容疑者は今後も皮膚の移植手術を受ける予定で、感染症のリスクも残り、府警は逮捕するには相当な時間がかかるとみている。

次の

京アニ犠牲者全員の身元公表、メディアが苦悩した実名報道の在り方

京 アニ 死亡 者 名前

京都アニメーション第1スタジオで7月18日に起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、犠牲になった35人のうち25人の身元を公表した。 府警は今月2日に亡くなった10人の身元を公表しており、事件発生から40日を経て、犠牲者全員の氏名が公表された。 府警によると、公表された25人は、京都府や大阪府、奈良県に住む21~49歳の男性8人と女性17人。 京アニの人気アニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「響け!ユーフォニアム」で、原作の小説から、アニメのキャラクターを描いた寺脇(池田)晶子さん(44)も含まれていた。 寺脇さんは京アニの取締役の一人でもあった。 事件発生から犠牲者全員の身元公表まで時間がかかった理由について、府警の西山亮二捜査1課長は「被害者のご遺族と実名公表に反対しておられる会社側の意向を丁寧に聞き取りつつ、葬儀の実施状況を考慮し、公表の方法とタイミングを慎重に検討を進めた結果」と説明した。 すべての犠牲者の葬儀が終了しているという。 府警は、25人のうち5人の遺族からは実名公表への承諾を得られたが、20人の遺族は拒否の意向だったと説明している。 そうした状況で、実名公表した理由について、西山捜査1課長は「事件の重大性、公益性から実名を提供すべきだと判断した。 報道機関や一般の方も非常に関心が高く、身元を匿名にするといろんな臆測も広がり、間違ったプロフィールも流れる。 亡くなった方の名誉が著しく傷つけられる」と話した。 身元の公表を巡って、京アニ側は先月22日、府警に対し、「プライバシーが侵害され、ご遺族が甚大な被害を受ける可能性がある」として実名公表を控えるよう要望。 京アニの代理人は27日、「度重なる要請や一部ご遺族の意向にかかわらず、実名が公表されたことは大変遺憾」とコメントした。 今回の放火殺人事件で亡くなり、京都府警が27日に身元を公表した25人は次の方々。 年齢は事件当時。 犠牲者の方々のプライバシーに配慮しながらも、お一人お一人の尊い命が奪われた重い現実を共有するためには、実名による報道が必要だと考えています。

次の

京アニ作品の今後どうなる?京都アニ放火事件の影響や損害額は?(画像・動画)

京 アニ 死亡 者 名前

焼死体の損傷が酷く凄じく…っていうことは報道されてますが、屋内に居た人物と人数は解っています、病院搬送されずにほぼ無傷で助かった人物は判ります、病院搬送された人物と人数も判明できます、であれば、差し引きすれば、差し引きされた=死亡したであろう=ほぼ間違いなく死亡した人物って、判っている、個体個別的にはDNA的までには判別できない段階としても、それでも、差し引きすれば、判かっているでしょう…。 これ、現状況的にでも、発表する、してあげるべき、ではないでしょうか、少なくとも被害者家族は勿論のこと太いつながりのある関係者等には…。 にも関わらず、死亡氏名等を、一切公表発表しないなんて、整合性取れないんではありませんか。 何故に、死亡者名を公表しないのか、判っているはずなのに…、この理由・要因・原因…、教えてくださいますか。 理由は不明ですが、警察が公表していないから、報道機関もわからないと言う事なんでしょう。 被害者の実名報道については、犯罪被害者基本法及び、同法による犯罪被害者等基本計画に基づき、適切な処理を行う事とされています。 今回は、警察が被害者名報道が出来る段階で無いと判断したか、被害者名報道が適切で無い事件と判断したと言う事でしょう。 今回は、容疑者とされる人物の実名が公表されていますが、実行犯が単独であるのか、協力者がいるのかは、容疑者に対する捜査が行えていない状態から、不明です。 このような状況で、被害者が特定できる情報提供を行う事は、被害者家族への加害の可能性や心情を配慮したら、適切とは言い難いでしょう。 被害者の身元検分は行っているので、被害者家族への伝達は、身元が判明すれば、行われるはずです。 報道機関は、被害者名の公表を求めているでしょうが、犯罪被害者基本法により、警察の公表が無い限り報道は不可能です。 なお、同法施行により、自治体などでは、自然災害の被害者名の公表等は、しない場合が多くなっています。

次の