行政書士試験テキスト。 【行政書士】憲法勉強法とおすすめテキスト・参考書

行政書士試験おすすめテキスト2019年版~最短で合格を掴みとれ~

行政書士試験テキスト

テキスト選びのコツ 行政書士試験のおすすめテキストですが、正直なところ、どこの出版しているテキストを選んでも、内容には大して差はありません。 どこのテキストも、最低限覚えておかなくてはいけない知識はすべて網羅してあるからです。 では、テキスト選びのコツはないのかというと、そんなことはありません。 冒頭でも書いたとおり、テキストの良し悪しは学習の進み具合(学習効率)に繋がるので、そのまま合否の影響に直結しうるのです。 テキスト選びのコツは、ぱらぱらとめくって見て見やすいと感じるかどうか、これに尽きます。 これは本当に人それぞれなのですが、テキストを開いた時に見やすいと感じるかどうかは結構重要な部分だったりします。 読みづらいと感じるテキストは、勉強がだんだん苦痛になってくるので避けるようにしてくださいね。 どの教材も必要事項は載っている。 自分のレベルにあったテキストを選ぼう。 ちなみに最近の流行りは、フルカラーテキストです。 カラフルで飽きがこない、初学者にとって見やすくとっつきやすい、重要度ごとにカラーで分けられているテキストもありわかりやすい、などが理由です。 では、全員にフルカラーをおすすめできるかというとそうとも限りません。 人によっては、色はシンプルな方が見やすい、自分でマーカーを引いたあとがわかりやすい、という人もいますからね。 どちらが良いのかはお好み次第なので、購入前に一度は書店で実際に目を通してみることをおすすめします。 書店にいくのがめんどうな方は、えいや!で一度買ってみて、「自分に合わないなぁ」と感じたら、別のテキストを購入するのもありです。 市販本であれば何冊買っても、大した金額にはなりません。 相性の良いテキストに出会った方が、効率的に勉強できて、結果安上がりになりますよ。

次の

行政書士 音丸一哉 博多の行政書士キアカン事務所

行政書士試験テキスト

このタイプのテキストは、行政書士試験に必要とされる知識を一冊にコンパクトにまとめたタイプの書籍です。 ほとんどの行政書士受験生はこのタイプのテキストを買うかと思います。 そして先ほども申した通り、このタイプのテキストはどこの会社のものを買っても大差はありません。 どの出版社のものを使うかによって試験の合否が変わってくるということはほぼありません。 なぜかというと、 このようなオールインワンタイプのテキスト一冊のみで行政書士試験には合格できないからです。 ただしこの話は法学初心者、つまり法律についての知識がない状態から行政書士合格を目指す人が、独学で勉強する場合の話です。 法学部卒業者や在学生、または資格予備校に通っている人はこの話には含まれません。 彼ら彼女らは法学初心者が独学で合格を目指す場合とは土壌が違うので、この手のオールインワンタイプのテキストのみでも合格できる余地があります。 なぜ一冊本では合格できないか 少し話がそれましたが、本題に戻ります。 なぜオールインワンタイプのテキストのみでは行政書士試験に合格できないか。 それはこの手のテキストは 読者に内容を理解させる仕組みが欠如しているからです。 一冊にコンパクトにまとめてしまった分、必要な記述が省かれています。 単なる情報の羅列になってしまっており、読者に内容を理解させようという仕組み、例えば具体例やある情報に対する背景知識と言ったものが大部分省かれてしまっております。 法律というのは難解です。 そう簡単に理解できるものではありません。 紙面をかけてたっぷりと解説をつけなければ、難解な知識を理解することは難しいです。 この手のテキストの不十分な解説のみでは、書かれていることが理解できないので、無理やりの暗記に頼るしかありません。 確かに勉強のどこかで暗記というものは必要になってきますが、脳のキャパシティには限度がありますので、できるだけその量を減らすのが賢明です。 行政書士試験は難関試験と言われています。 実際に合格率が10%を切ることも多いので、難関試験といって差し支えないでしょう。 10人受けて1人、年度によっては1人も受からないこともあります。 簡単な試験ではありません。 生半可な実力で合格できるほど甘い試験ではありません。 行政書士試験に合格するためには 他の人と同じことをやっていても厳しいです。 オールインワンタイプのテキストで得た不十分な理解の知識では、難関試験である行政書士の問題には対応できません。 無理やりの暗記で習得した知識では、応用力が培われません。 そもそも全くわけのわからないものを暗記することほど苦痛なことはありません。 納得して理解しながら得た知識とわからないものをわからないまま覚えた知識とでは、その定着の早さと長さに差があるのは明白だと思います。 わからないものをわからないまま覚える作業というのは非常に苦痛な作業です。 それこそ勉強を投げ出したくなるほどです。 いくら行政書士合格という目標があっても、勉強が苦痛なものであると認識してしまったらそこでやる気が湧かなくなってしまいます。 モチベーションを維持することができなくなったら合格は遠のいてしまいます。 ましてや最悪の場合、勉強をやめてしまい行政書士資格取得をあきらめるという事態になってしまうかもしれません 勉強が苦痛であるということが、行政書士合格という目標達成をはるかに遠ざけてしまうのです。 法学初心者が独学で行政書士試験合格を目指した場合、オールインワンタイプのテキストで試験を乗り切ろうとするのは 非常に危険なことです。 合格の可能性がはるかに低くなります。 では何をすれば合格できるか ではどうすれば合格を近づけることができるか? それはこのブログで散々言及していますが、「 行政法なら行政法、民法なら民法それぞれの専門のテキストを買う」ということです。 この鉄則は何度もこのブログで言及していますので、今詳しく説明することはしません。 詳細を知りたい方は以下の記事を読むことをおすすめします。 独学で合格を狙っている方は、ぜひ一度は読んでおくことをおすすめします。 合格の可能性がはるかに上がります。 オールインワンタイプのテキスト一冊のみで、難関試験である行政書士試験に合格できる可能性は低いということを覚えておいてください。 とは言っても一冊は買っておいた方がいい これまで散々「オールインワンタイプのテキストのみでは行政書士試験に合格はできない」ということを言ってきましたが、「じゃあ買わなくていいか」というとそうではありません。 1冊、どこの会社のものでもいいので買っておくことをおすすめします。 なぜかというと、この手のタイプのテキストはすべての知識がコンパクトにまとまっているので、 一覧性に優れるからです。 例えば使い方として、行政書士の学習の一番初めに、「行政書士試験にはどういう知識が必要とされるのか」ということ知るためにざっと見ていくのです。 行政書士試験という敵の全容を知らずに学習を進めていくのは、終わりのないマラソンのようなものです。 どこを目指して勉強していけばいいのかということを一番初めに知っておくことで、不安を取り除いておくのです。 そうすれば比較的気楽に勉強することができるので、学習の効率も良くなると思います。 また、そのコンパクトさのおかげで 知識の総復習にも向いています。 学習が進んだ段階でこれを読めば、時間をかけずにさっと知識の復習をすることができます。 試験前などは特に役に立ちます。 一般知識と基礎法学が収録されている まだ利点はあります。 この手のタイプのテキストには、行政書士試験の厄介者、 「一般知識」のセクションが収録されています。 一般知識を勉強するには、この手のタイプのテキストを買うのが一番です。 特に「 情報分野」の知識がまとまって収録されていることが重要で、これと問題集を使えば、 足切りを回避するレベルまでに持っていくことが十分可能となります。 一般知識対策としてもこのテキストは役立ってくれます。 また、基礎法学の知識が収録されているのもポイントが高いです。 基礎法学は行政書士試験において2問、わずか8点分出題される程度ですが、その対策としてこのテキストが役立ってくれます。 テキストによるかもしれませんが、例えば「条文の読み方」や「法の適用範囲」といった法学の基礎中の基礎の知識が大体のテキストに収録されています。 これらの知識は法律の勉強をする上において 最低限知っておかなければならない知識ですので、勉強を始める前に必ず読んでおきましょう。 運が良ければ、それがそのまま試験に出る可能性もあります。 これもオールインワンタイプのテキストを買うメリットです。 筆者が使ったテキスト ちなみに筆者が受験生時代に使ったオールインワンタイプのテキストはこれです。 ざっと立ち読みした程度ですが、どちらも割と踏み込んだ知識が掲載されているなという印象です。 どちらかのテキストを買っておけば間違いないのではないかと思います。 が、この記事の冒頭でも説明していますが、 オールインワンタイプのテキストはどこの会社のものを買っても大差はありません。 ここのテキスト選びで合否が決まるということはありません。 ここに時間をかける必要は全くありません。 本屋に行って立ち読みをして、 フィーリングで決めてしまいましょう。 行政書士合格の鉄則 大事なのは「 それぞれの科目の専門のテキストを買う」ということです。 行政法なら行政法、民法なら民法の専門のテキストを買いましょう。 それぞれの科目のおすすめテキストは以下の記事で解説しております。 是非読んでみてください。 独学で合格を目指す場合、 ここが大きな別れ道になります。 オールインワンタイプのテキストのみでごり押しの勉強を進めていても、合格を勝ち取ることは一向にできないでしょう。 一発合格はほぼ無理だと思います。 行政書士試験は難関試験、10人中1人受かるかどうかというレベルです。 他の人と同じことをしていても、ゴールへの距離は縮まりません。 間違った勉強法を実践していても、徒に勉強時間を増やすだけです。 少ない勉強時間で効率よく合格を目指すなら、 正しい勉強法を実践することが必要不可欠です。 正しい勉強法はこのブログで再三説明しています。 つまり「 わかりやすいテキストを買うこと」 それが鉄則です。 正しい勉強法を詳しく知りたい方、こちらの記事をよく読んでみてください。

次の

行政書士試験のテキストでおすすめをランキングでご紹介!

行政書士試験テキスト

当シリーズを含め、各社の行政書士 テキストについては、のページでご紹介しています。• 独学の学習が不安な方は「」のページをご参照ください。 行政書士テキスト「うかる!行政書士」シリーズ(伊藤塾)のラインナップ 伊藤塾の「 うかる!行政書士」シリーズは、以下のように多彩なラインナップが揃えられています。 一般的に、 基本テキストと 分野別過去問題集が 必須のラインナップですが、「うかる!行政書士」シリーズでは、その他に、入門テキスト、要点整理テキスト、予想問題集と、 全部で5種類がラインナップされています。 ただし、必ずしも 全ての教材を購入する必要はありませんので、やはり、基本テキストと分野別過去問題集は必須として、あとは、入門テキスト、要点整理テキスト、予想問題集を、必要に応じて購入すればよいのではないかと思います。 (どんな場合に購入するのが効果的かについては、後述します。 8 x 14. 8 x 13 x 2. 2 x 1. 7 cm ページ数: 160ページ 価格: 1,540円 (送料無料) それでは、「うかる!行政書士」シリーズのラインナップについて、順に見ていきたいと思います。 「うかる!行政書士 総合テキスト」を徹底解説 - 行政書士の基本テキスト - まずは、「うかる!行政書士」シリーズの基本テキスト、「 うかる!行政書士 総合テキスト」からご紹介します。 私が、各社の行政書士のテキストを読み比べた結果、 最もおすすめしたいのが、こちらのテキストです。 さらに、重要な語句を付属の 赤シートで隠して覚えることもできるようになっています(2019年版から採用)。 別冊の六法については、憲法、民法、行政法など、行政書士試験に必要となる法令が収録されていますので、これがあれば、別途、六法を購入する必要はないかと思います。 また、必要な法令のみが掲載されているため(判例の収録なし)、非常にコンパクトで使いやすいと思います。 次に、 構成上の特徴としては、章ごとに 一問一答式の確認問題(ファイナルチェック)が設けられているため、理解度を確認しながら学習を進められるようになっています。 そして、 最も重要な本文についてですが、まず、行政書士の試験科目のうち、 憲法を学習するうえで最も大切な「 判例」については、 事件名、争点、結論、判旨に分けて端的に記載されており、見やすくなっています。 そして、内容をしっかりと理解する必要のある 民法や 行政法などは、 詳しく丁寧な解説が記載されています。 法の意義、要件も整理されており、 事例も交えて説明があるため、非常に理解しやすくなっています。 また、 理解しにくく難解なテーマでは、「Festina lente(ゆっくり急げ)」という囲み記事でウサギさんが語りかけてくるのですが、その難解なテーマの 考え方や理解の助けとなるポイントが記載されており、他社の行政書士のテキストにはない 秀逸なコメントが記載されています。 そして、他社の行政書士のテキストと読み比べるとその違いがよくわかるのですが、 欄外の記事が最小限に抑えてあります。 欄外はあくまでも参考記事として本文から逸れて参考に読み、本論の内容は、本文を順に読んでいけばよいので、 非常に読みやすいと思います。 2 cm ページ数: 840ページ 価格: 3,300円 (送料無料) 【関連記事】• 当シリーズを含め、各社の テキストについては、のページでご紹介しています。 「うかる!行政書士 総合問題集」を徹底解説 - 行政書士の分野別過去問題集 - 次は、分野別過去問題集の「 うかる! 行政書士 総合問題集」です。 これは、行政書士試験において過去に出題された問題のうち押さえておくべき 重要過去問と、まだ出題されていないけれど出題が予想される オリジナル問題とで構成された問題集になります。 最近の行政書士試験では、 過去問を解くだけでは足りないという意見もあり、オリジナル問題や他資格の試験問題を解く必要性も唱えられています。 このため、伊藤塾の問題集では、今後、 出題が予想されるオリジナル問題を盛り込んでいるというわけです。 収録問題数は、他社の問題集と同程度で、 約300問となっています。 なお、テキストとのリンクについては、問題ごとに(1肢ごとではなく)、該当する 章・項が明記されているだけですので、具体的な参照ページ数が明記されているタイプに比べると、 リンク度合いは薄く、使い勝手は劣るかと思います。 【関連記事】• 当シリーズを含め、各社の 問題集については、のページでご紹介しています。 「うかる!行政書士 入門ゼミ」を徹底解説 - 行政書士の入門テキスト - 次は、入門テキストの「 うかる!行政書士 入門ゼミ」です。 内容は 、憲法、民法、行政法などの各科目について、 具体例を交えながら易しく解説してくれており、行政書士試験の各科目のイメージを掴むことができるようになっています。 ちなみに、この行政書士入門ゼミのガイダンスでは、「最低2回は通読してください」と書かれていますが、大雑把にイメージを掴むだけで十分だと思いますので、 1度、サーっと目を通す程度にしておいた方がよいと思います。 じっくり読むのは総合テキストに入ってからにした方が効率的だと思います。 この行政書士入門ゼミを読んでおけば、行政書士の試験範囲の 全体像を把握することができますので、総合テキストに入る前の基礎固めとなり、 総合テキストが、より理解しやすくなると思います。 ただし、基本テキストの「うかる!行政書士 総合テキスト」は、 完全な初学者がイチから学習を始められるように作成されているため、 敢えて入門ゼミを読む必要性は少ないと思います。 8 x 14. 8 x 2 cm ページ数: 256ページ 価格: 1,760円 (送料無料) <参考>入門テキストが効果的なケース それでも、次のような場合には、このような入門テキストで大まかなイメージを掴んでおけば、独学でもスムーズに本格的な学習に入っていくことができると思います。 もう何年も勉強なんてしたことがない• 法律の学習なんてしたことがない• 「基本テキスト」を読むことに 拒絶反応を示してしまう このような場合に、入門テキストを利用すると効果的だと思います。 とりあえず、一旦、基本テキスト「うかる!行政書士 総合テキスト」から始めてみて、読み進めるのがちょっと辛いな、、、と思った場合に、入門ゼミを購入してみる、という順序でよいのではないかと思います。 「うかる!行政書士 新・必修項目115」を徹底解説 - 行政書士の要点整理テキスト - 次は、要点整理テキスト「 うかる!行政書士 新・必修項目115」です。 要点整理テキストというのは、「暗記本」や「まとめ本」といった呼び方をする場合もあります。 この「うかる!行政書士 新・必修項目115」は、合格に必要な 最重要ランクのテーマ115項目について、 図表を使ってわかりやすく簡潔に整理した要点整理テキストになっています。 また、重要ポイントは わかりやすくビジュアルで表現し、 重要なキーワードは赤シートで目隠しできるようになっているほか、 語呂合わせなども掲載されているなど、とても便利な1冊です。 なお、 総合テキストの該当箇所の章項番号が明記されてリンクしていますので、詳しい解説を確認したい場合は、素早く参照することができるようになっています。 ただし、基本的に、テキストとしては、総合テキストがあれば十分だと思いますので、敢えて要点整理テキストまで購入する必要は少ないかと思います。 【関連記事】• 当シリーズを含め、各社の 要点整理テキストについては、のページでご紹介しています。 「うかる!行政書士 直前模試」を徹底解説 - 行政書士の予想問題集(模試) - 次は、予想問題集(模試)の「 うかる!行政書士 直前模試」です。 この問題集は、 2回分の 本試験予想問題が収録された予想問題集になっており、例年、本試験の出題問題のいくつかを ズバリ的中させるなど、確度の高い予想問題になっていることで、定評があります。 また、記述式問題については、 添削指導を無料で受けられるほか、 解説講義も動画で配信されるといった特典もついています。 ただ、基本的に、行政書士試験の受験対策としては、問題集は分野別問題集をしっかりと解いておけば十分に合格することができますので、 敢えて予想問題集まで購入する必要は少ないと思います。 2 x 1. 7 cm ページ数: 160ページ 価格: 1,540円 (送料無料) <参考>予想問題集(模試)が効果的なケース 行政書士試験を受験する場合は、独学の場合であっても、 予備校の模試だけは受験しておいた方がよいと言われることがあります。 これには、次のような目的があると考えられます。 解答の時間配分やマークシートの解答形式、緊張感など 本試験に慣れる。 自分の知識に穴がないか確認し、本試験に向けた 最後の仕上げとして、弱点の補強をする。 過去の出題傾向を分析したうえでの予想問題が出題されるため、その年の 本試験に出題される可能性が高い問題を押さえる。 このような資格予備校が実施する模試を受験することも一つの方法ですが、 それに代替するものとして、「 予想問題集」を購入し、解いてみるという方法もあります。 【関連記事】• 当シリーズを含め、各社の 予想問題集については、でご紹介しています。• 資格予備校の模擬試験(模試)については、のページでご紹介しています。 「うかる!行政書士」シリーズの徹底解説まとめ 以上のように、伊藤塾の「 うかる!行政書士」シリーズをご紹介してきました。 この中でも、基本テキスト「 うかる!行政書士 総合テキスト」は、私が各社のテキストを読み比べたうえで、 一番のおススメのテキストです。 テキストや問題集のシリーズを選ぶ場合、この「 基本テキスト」が 一番重要なラインナップになりますので、 基本テキストを基準に選ぶべきだと思います。 あとは、 問題集については、各社でそれぞれ独自の工夫があるとはいうものの、基本的には、重要な過去問又はオリジナル問題を収録して、それに解説をつけるだけですから、 そう大した差は出てきません。 しかし、 基本テキストの構成や解説の記述は、 各テキストで全く異なるものになっていますので、基本テキストの選択は慎重にすべきだと思います。 ということで、 「うかる!行政書士」シリーズは、 問題集については、標準的な収録数で、オリジナル問題も収録されているという点で、 良い問題集だと思いますが、 テキストへのリンクが薄いというデメリットもあります。 しかし、 テキストについては、 ナンバーワンだと自信をもっておススメできますので、どれがよいか迷った場合は、「うかる!行政書士」シリーズを選んでいただければよいのではないかと思います。

次の