し て いただき たく 存じ ます。 「させていただきたく存じます」意味と使い方・敬語|メール

「~いただきたく存じます」の意味&上司に失礼のない使い方を解説!

し て いただき たく 存じ ます

「 私があなたに お送りします」「 私があなたを ご案内します」 「お送りしてください」は相手の行為に謙譲表現をつかっているので、誤りです。 「 あなたが お持ちしてください」「 あなたが ご用意してください」は誤りです。 「 あなたが お申し込みできます」「 あなたが ご利用できます」は誤りです。 正しくは「お申し込みになれます」「ご利用になれます」ですが、 「お申し込みいただけます」「ご利用いただけます」も許容されるでしょう。 「お」「ご」がつかない「呼んでいただく」「指導していただく」などは正しい謙譲表現です。 「いただく」が謙譲を表しますが、「呼んで」の部分には謙譲の意はありません。 その意味で、敬意のレベルがそれほど高くないと言えます。 「ご返送して」と言った時点で謙譲表現になります。 したがって両者のうち 「ご返送いただきたく存じます」 が正解です。 「願う」という行為の主語は自分です。 ここで問題にしているのは、お願いの内容の、つまり「~よう」の部分です。 「送ってくださる」「送ってくれる」…主語は相手です。 「送っていただく」「送ってもらう」…主語は自分です。 ただこれも文法的にはやはり正しい形ではないということは、前の回答に書いた通りです。

次の

「いただきたく存じます」は二重表現だから使えない?!意味や正しい使い方、言い換え表現を解説

し て いただき たく 存じ ます

「いただく」と「頂く」の違い 「いただきたく存じます」と「頂きたく存じます」ひらがなと漢字、この違いについて解説いたします。 漢字で「頂く」と書くのは「飲む」や「食べる」など、動詞として使うときだけです。 例えば出されたコーヒーを飲むときは「コーヒーを頂く」という表現になります。 また、もしお中元などでコーヒーをもらったときは「コーヒーを戴いた」と漢字が変わりますのであわせて覚えておくと良いでしょう。 ひらがなで「いただく」と表現するときは、何かをしてもらうときやさせてもらうとき、補助動詞として活用する場合です。 例えば、今回のテーマである「いただきたく存じます」も「連絡 して欲しい」または「調査 させて欲しい」など、連絡や調査、様々な動詞につく補助動詞としての「いただく」というと表現なので、漢字ではなくひらがなを使います。 「いただきたく存じます」の使い方 この表現は、目上の人やお客様などに対して敬意を示すためにつかう尊敬語のため、同僚や後輩などには使いません。 例えば「調査を進めて欲しいと思います」と伝えたいときは「調査を進めていただきたく存じます」という表現を使います。 もし、「調査を進めさせてもらいますが良いですか?」とお伺いを立てるときは「調査を進めさせていただきたく存じますが、よろしいでしょうか?」という表現を使うと良いですね。 「~をしていただきたく。 」という表現 メールなどで「~をしていただきたく」という表現をする人がいますが、これは間違いです。 社内の独特なルールとして使う会社もありますが、敬語を使うべき相手に対して言葉を省略したメールを送信するのはとても失礼なことです。 社内ルールで決まっている会社などでは仕方ないケースもあるかもしれませんが、相手が社外の人の場合は正式な表現を使いましょう。 「させていただきたく存じます」という表現 「~させていただく」という表現に関しては、そのほとんどの場合は「~いたします」など他の表現を使った方が自然です。 ただし、明らかに相手の意に反する結果になってしまったときや、相手の同意や許可が必要なときは「~させていただく」を使っても間違いではありません。 例えば、「早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は上司に許可を得るためなので正しい使い方です。 分かりやすくするために、一度「~させていただいてもよろしいでしょうか?」に置き換えてみましょう。 この場合は、「ご返信いたします」という表現が妥当です。 「~させていただく」という表現が多いと、へりくだった表現のつもりが逆に失礼に思われ、クドくなることもあるので注意してください。 「いただきたく存じます」の類義語や言い換え 次に、「いただきたく存じます」の類義語をいくつかご紹介します。 これは何かをして欲しいとお願いするための表現なので、.

次の

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

し て いただき たく 存じ ます

1-2.「させていただきたく」は「させてもらいたい」という意味 「させていただきたく」は、この一文が敬語表現で、「相手にその行為をする許可をもらい、相手に遠慮しながらする」という意味です。 「」だけでも相手を敬う表現ですが、「存じます」をつけることでよりな表現になります。 また「」と、「させて」がつかない場合には、「して欲しいのですが」と相手にお願いをする意味になります。 1-3.「頂く」と「いただく」の違い 漢字表記の「」は謙譲語ですが、ひらがな表記の「いただく」は謙譲語ではありません。 「いただく」は、漢字で「頂く」と変換すると「食べる・飲む・もらう」のになります。 一方、ひらがなの「いただく」は「」のように動詞につけて使います。 ひらがなの場合は「何かを〜してもらう」という意味です メールなどで使う場合、変換してしまいがちなので注意が必要です。 違いについて、例文で詳しく見てみましょう。 <例文>• 「いただく」を使う場合 「担当者が不在ですので、改めてお電話 させていただきたく存じます」 最初の例文では、「ジュースをもらった」ということを丁寧に表現して「頂く」と漢字に変換しています。 この場合はあったことをそのまま表現しているだけなので、漢字でもひらがなでもかまいません。 2つめの例文では、「電話をしてもいいか」相手に許可を願っていますので、漢字ではなくひらがなの「いただく」を動詞の「電話する」につけて使います。 この場合の「いただく」は補助動詞として使います。 補助動詞は動詞と結びつくことで意味を持つ言葉です。 「謙譲語」は漢字表記、「補助動詞」はひらがなというルールを覚えておきましょう。• <使いがちな二重敬語と正しい表現>• しかし、 「させていただく」は、助動詞の「させる」+接続助詞「て」+補助動詞「いただく」で、「敬語連結」と呼ばれ、正しい敬語表現として認められています。 2.「させていただきたく存じます」の使い方 「させていただきたく存じます」は、目上の方や上司に対して使うことができる謙譲語です。 ただし間違った使い方をすると、相手に失礼になるばかりでなく正しくこちらの気持ちが伝えられないことにもなりかねません。 そこで「させていただきたく存じます」を使う際に、注意したいポイントをご紹介します。 2-1.謙譲語を重ねない 「させていただきたく存じます」を使う場合、「させていただきたく」の前に謙譲語を使ってはいけません。 「させていただきたく」は一つの表現で、謙譲語です。 そして「させて」の前には「相手に了解を得てする行動」である動詞がつきます。 この動詞が謙譲語だと、二重敬語になってしまうのです。 例文で正しい使い方を見ていきましょう。 2-3.相手にお願いするときに使う 「させていただきたく存じます」は、「相手に許可を得た上で、自分がそれをおこなう」ため、相手にお願いをする場合に使います。 「相手のや許可が必要な場合」や「相手の意に反したりそぐなわない場合」に使います。 相手に許可を取る必要がないことにまで「させていただきたく存じます」を使うと、くどい表現になってしまいます。 どういった場合が当てはまるか、例文で見ていきましょう。 逆に「ことでもない」と思われることに対しては、「させていただきたく存じます」ではなく「いたします」など別の表現を使った方が、相手に伝わりやすいので、そちらを使いましょう。 続いては、「させていただきたく存じます」の言い換え表現をご紹介します。 3.「させていただきたく存じます」の言い換え表現 「させていただきたく存じます」を多用すると、くどくなったり、相手にこちら側の意図を伝えづらくなってしまうことがあります。 そこで「させていただきたく存じます」の言い換え表現を4つご紹介します。 <例文>• できればご参加 いただきますようお願い申し上げます。 お忙しいとは存じますが、アンケートにお答えいただきご返送 いただきますようお願い申し上げます。 「いただきますようお願い申し上げます」と似た表現に「いただけますようお願い申し上げます」があります。 「き」と「け」の違いですが、「いただけ」の場合は「~してもらえるよう」という可能の表現となり、「もしよければ~」という意味が加わります。 「いただき」でも「いただけ」でも間違いではありませんが、「いただけますよう」のほうが丁寧な表現です。 言い換え表現3.「なさってください」 「なさってください」は「してください」の丁寧な表現です。 相手に依頼をする際、「させていただきたく存じます」の繰り返しをしたくない場合に、言い換えることができます。 例文で詳しく見てみましょう。 言い換え表現4.「願いたく存じます」 「願いたく存じます」は、「お願いしたいと思う」の謙譲語です。 謙譲語は自分がへりくだり、相手を敬う表現のことです。 「存じます」は「思っています」「知っています」という意味があるほか、相手に何かをお願いするときに使います。 「願いたく存じます」は、「させていただきたく存じます」と同じように、相手に許可を得る必要がある場合に使うことができます。 「させていただきたく存じます」を何度も繰り返さないように、「願いたく存じます」で言い換えるといいでしょう。 文例で見ていきましょう。

次の