スカイ パイロット tc。 スカイパイロット TC

サバティカル猛追!テンマクデザインサーカスTCやばいぞ

スカイ パイロット tc

SABBATICAL(サバティカル)スカイパイロット TC 出典: サバティカルの中で、1番気になっているのが、スカイパイロット TCというシェルターです。 センターポール1本で全体を立ち上げ、サブポール4本でデッドスペースを無くすようにサイドに空間を作るようになっているシェルターです。 出典: センターポールの頂点からボトムにかけて、直線で結んで四角錐のピラミッドラインを作っています。 これがある事で、ワンポールテントの設営のしやすさや、耐風性をキープしているとの事なんですが、僕的には、このラインとサイドポールで作られた三角形など、直線的なデザインが機能云々よりも、魅力的に感じるところなんです。 最近のゼグーMでも、HIDEOUT-DACでも、三角形を作る直線的なデザインですよね。 そこが、僕の心を奪う要因だと思うんです。 機能 出典: このスカイパイロット TCは、デザインだけではなく機能性も良いんです。 例えば、ドアパネルの構造は、メッシュパネルとの二重構造になっています。 僕が今まで使ったテントでは、それぞれが独立しているので、捲りあげたり、巻いて固定したりする時って、ちょっと煩わしかってりします。 それがスカイパイロット TCでは、2枚のパネルがコーナー部分でベルクロで固定できるようになっています。 すると、ドアパネルを開閉する時に、メッシュパネルがくっ付いているので、そのまま同時に捲れますよね。 これって、ちょっとした事なんですが、意外と便利だと思いませんか? 今までも他のテントにもそのような機能があったかも知れませんが、僕は初めて見ました(忘れているだけだったりして) ベンチレーション 出典: ベンチレーションの開閉も画期的なんです。 僕が今まで使ったテントでは、ベンチレーションの窓に固い棒のようなものがあり、それを立ててベンチレーションを使うという物が多かったです。 スカイパイロット TCのように、ジッパー付きのベンチレーションは見た事がありません。 さらにこのジッパーに、長めの棒が取り付けてあるので、上部にあっても開閉しやすくなっています。 そして、ただ開けただけだと、ベンチレーションパネルがブラブラとだらし無くなってしまいますよね。 スカイパイロット TCでは、その開けたベンチレーションパネルにあるコードを引っ張ると、蛇腹にまとまるようになっているんです。 これだけみても、他のテントやシェルターよりも、機能性が良いと思いますよね。 スカートの巻き上げ 出典: 二重のドアパネルやベンチレーションだけでも、機能性があると思いますが、さらにスカイパイロット TCではスカートを巻き上げる事が出来ちゃうんです。 僕が使っているテントでは、スノーピークのトルテュライトだけにスカートが付いているのですが、それを巻き上げた事がありません。 そもそも、巻き上げるようにはなっていないと思うのですが、スカイパイロット TCでは、シルエットの事も考えてスカートを巻き上げる事が出来るようになっています。 夏場に使った時にも、スカートを巻き上げておけば、シルエット的にもスッキリするし、風も入ってきて良いですよね。 ハンガーテープ 出典: サバティカルの全てのモデルに、ランタンを吊るすのに便利なハンガーテープが付属しています。 1本のハンガーテープに、3つのリングがセットされているので、とても便利に使えると思います。 テントやシェルターの使い方って、人それぞれですよね。 ランタンフックが付いてなかったり、決められた一ヶ所だけだったら、時には不便に感じてしまいます。 サバティカルのハンガーテープは、ちょっと便利に過ごす為に、とても気の利いたアイテムだと思います。 生地 出典: スカイパイロット TCは、名前にあるようにTC素材を使用しています。 TC素材は、ポリエステルとコットンの混紡素材なので、通気性や遮光性に優れています。 そして、焚き火などによる火の粉が飛んできても、直ぐに穴が空いてしまうという心配もありません。 TC素材なら、その点では多少余裕を持てると思います。 個人的にも、ヘリノックスのシェルターを買う時に、TC素材のものわ探しました。 しかしシェルターだと、ツインピルツフォークTCぐらいしか候補がありませんでした。 なので、スカイパイロット TCの登場は、かなり嬉しいんです。 サイズだけで見れば、ogawaのツインピルツフォークTCより大きく、スノーピークのランドステーションLよりも小さい感じです。 スカイパイロットは、6〜8人で使うのに適したサイズです。 少し大きめに感じますが、中にテントを入れて使う(カンガルーテント)事にしたら、ちょうどいいサイズになると思います。 ナショナル ジオグラフィック HIDEOUT-DACと比較 サイズの比較 出典:(HIDEOUT-DAC) 前回紹介した、ナショナル ジオグラフィックのツーポールシェルターのHIDEOUT-DACは、僕の物欲を駆り立てました。 今年買ったばかりの、ヘリノックスのシェルターを売って、買い替えを考えてしまう程でした。 そのナショナル ジオグラフィックのHIDEOUT-DACと比較してみます。 スカイパイロット TCのサイズと比較すると、床面積では少しだけ狭くなっていますが、その分高さがあります。 しかしHIDEOUT-DACは、サイドを立ち上げてないし、その角度もありません。 その為、シェルター内の有効スペースでみたら、意外とスカイパイロット TCよりも狭いと感じてしまうかも知れません。 とは言え、まだ両方とも実物を見ていないので何とも言えませんよね(笑) 生地の比較 出典:(HIDEOUT-DAC) サバティカルのスカイパイロット TCは、コットンとポリエステルの混紡素材を使用しています。 それに対し、ナショナル ジオグラフィックのHIDEOUT-DACは、リップストップナイロンを使用しています。 その生地の厚さは明記されてないので、詳しくは分かりません。 基本的には、TC素材よりもナイロン素材の方が軽いと思いますが、これもスペックに記載がないので分かりません。 ただ、僕的には、TC素材を使用したテントやシェルターの方が好みです。 TC素材は、完全防水ではないという弱みもありますが、焚き火に強いという魅力があります。 燃えないという事ではないのですが、ちょっと火の粉が飛んできても、そのまで慌てなくても良いというのが僕は好きなんです。 その為、生地だけで考えたら、サバティカルのスカイパイロット TCに惹かれてしまいます。 出典: しかも、スカイパイロット TCは、フォレストグリーンとライトベージュの2色あるんです。 僕が好きなベージュがあるのは、ナショナル ジオグラフィックのHIDEOUT-DACよりも評価出来る点です。 (色には好みがあるので、あくまで個人的な見解です。 ) SABBATICAL(サバティカル)モーニンググローリー TC 出典: サバティカルの、もう1つのシェルターもかなりいい感じです。 2〜4人用のシェルターで、センターにポール1本、フロント部分に3本ポールを使用します。 フロント部分に3本のポールを使用する事で、入口になるフロントパネルが大きく開いているデザインが特徴的です。 出典: フロント部分全体が大きく開いているので、見る方もインパクトがあるし、使用する方は解放感を感じられると思います。 しかも、フロントパネルは、メッシュになるので、虫の侵入を防ぐ事も出来ます。 バックパネル・サイドパネル 出典: 開閉できるのはフロントパネルだけではなく、バックパネルも開閉する事ができます。 バックパネルの開口は、フルとハーフで選択する事ができ、換気する時にとても便利です。 出典: バックパネルの両サイドのサイドパネルも開閉する事が出来ます。 サイドパネルを開けるためには、バックパネルを閉じた状態にしておく必要がありますが、これにより、色々なレイアウトを楽しむ事が出来るようになっています。 インナーテント 出典: オプションのインナーテントを吊るして、寝室を作る事ができます。 インナーテントがあれば、ツールームテントのような使い方をする事ができすね。 しかし、その時のリビングスペースの広さは、2人で使用するのに丁度良いサイズになっています。 インナーテントを使用する時は、モーニンググローリー TCは2人で使用するのが良さそうです。 素材 出典: サバティカルのモーニンググローリー TCの素材は、スカイパイロット TCと同じくコットンとポリエステルの混紡素材を採用しています。 TC素材の生地の性質上、完全防水というわけにはいきません。 雨がコットン素材を膨張させて、目を詰まらせて雨の侵入を防ぐようになっています。 その性質が、逆に言えば通気性を良くしています。 遮光性もあり通気性もあるので、夏でも快適に使えるようになっています。 少人数なら、モーニンググローリー TCも良さそうですよね。 2㎏、ポール3. 7㎏、ペグ1. その中で、特にスカイパイロット TCに惹かれてしまいました。 前回紹介したナショナル ジオグラフィックのHIDEOUT-DACと比較したくなる、魅力的なシェルターです。 スカイパイロット TCを知ると、そのカラーリングやデザイン、素材な機能性などにも惹かれてしまいます。 ナショナル ジオグラフィックは、そのブランドネームが魅力的です。 デザインも良いのですが、素材がナイロンだという点と、ベージュではないという点が、個人的には残念です。 そして今回比較しなかったゼインアーツ のゼグーM。 人気があり過ぎて、全く購入できる気がしません。 凄くカッコイイのですが、入手困難ですよね。 それを考えたら、SABBATICAL(サバティカル)のスカイパイロット TCの方がチャンスがあるような気もします。

次の

サバティカル猛追!テンマクデザインサーカスTCやばいぞ

スカイ パイロット tc

出典:SABBATICAL Lサイズが 500cm x 500cm こちらも値段が34,500円!! TC素材で5メートルあるタープはなかなかないので大型タープでの選択肢が増えますね。 実際に触れてみて なんといってもZANE ARTSの小杉さんがデザインにかかわってるだけあって シンプルですが洗練されたデザインでどれもかっこいいです。 しかもお値段もお手ごろ。 この辺はZANE ARTSの信念を継承してる事が伺えます。 デザイン以外で違うところといえば、生地の素材がTC(ポリコットン)というところ。 ポリコットン製でデザインがいいテントが欲しかった人も多いんではないでしょうか。 個人的にはフォレストグリーンが限定カラーっていうのが惜しいところです。 あとグリーンにホワイトロゴもちょっと安っぽく見える気がしちゃって。 あえて目立たなくてもブラックカラーの方がカッコよかったんではと。 あくまでも個人的意見ですので。 なんいしても、今後も大注目のブランドになる事は間違いないし!! 今後も増えていくであろうラインアップなどにも目が離せませんね。 2019年の展示受注会 今後の展示受注会は以下のように行われるそうです。 実際に見てみたい方、 スカイパイロットTCのフォレストグリーンの抽選に参加されたい方。 フォレストグリーンのモーニンググローリーTCやマリポサTCが欲しい方は早めに注文したほうがいいと思います。 限定カラーなので早くなくなりそうでしたよ。

次の

物欲:サバティカル(SABBATICAL)のシェルター、スカイパイロット TCとモーニンググローリー TC、タープのマリポサ TCを見てきた

スカイ パイロット tc

SABBATICAL(サバティカル)スカイパイロット TC 出典: サバティカルの中で、1番気になっているのが、スカイパイロット TCというシェルターです。 センターポール1本で全体を立ち上げ、サブポール4本でデッドスペースを無くすようにサイドに空間を作るようになっているシェルターです。 出典: センターポールの頂点からボトムにかけて、直線で結んで四角錐のピラミッドラインを作っています。 これがある事で、ワンポールテントの設営のしやすさや、耐風性をキープしているとの事なんですが、僕的には、このラインとサイドポールで作られた三角形など、直線的なデザインが機能云々よりも、魅力的に感じるところなんです。 最近のゼグーMでも、HIDEOUT-DACでも、三角形を作る直線的なデザインですよね。 そこが、僕の心を奪う要因だと思うんです。 機能 出典: このスカイパイロット TCは、デザインだけではなく機能性も良いんです。 例えば、ドアパネルの構造は、メッシュパネルとの二重構造になっています。 僕が今まで使ったテントでは、それぞれが独立しているので、捲りあげたり、巻いて固定したりする時って、ちょっと煩わしかってりします。 それがスカイパイロット TCでは、2枚のパネルがコーナー部分でベルクロで固定できるようになっています。 すると、ドアパネルを開閉する時に、メッシュパネルがくっ付いているので、そのまま同時に捲れますよね。 これって、ちょっとした事なんですが、意外と便利だと思いませんか? 今までも他のテントにもそのような機能があったかも知れませんが、僕は初めて見ました(忘れているだけだったりして) ベンチレーション 出典: ベンチレーションの開閉も画期的なんです。 僕が今まで使ったテントでは、ベンチレーションの窓に固い棒のようなものがあり、それを立ててベンチレーションを使うという物が多かったです。 スカイパイロット TCのように、ジッパー付きのベンチレーションは見た事がありません。 さらにこのジッパーに、長めの棒が取り付けてあるので、上部にあっても開閉しやすくなっています。 そして、ただ開けただけだと、ベンチレーションパネルがブラブラとだらし無くなってしまいますよね。 スカイパイロット TCでは、その開けたベンチレーションパネルにあるコードを引っ張ると、蛇腹にまとまるようになっているんです。 これだけみても、他のテントやシェルターよりも、機能性が良いと思いますよね。 スカートの巻き上げ 出典: 二重のドアパネルやベンチレーションだけでも、機能性があると思いますが、さらにスカイパイロット TCではスカートを巻き上げる事が出来ちゃうんです。 僕が使っているテントでは、スノーピークのトルテュライトだけにスカートが付いているのですが、それを巻き上げた事がありません。 そもそも、巻き上げるようにはなっていないと思うのですが、スカイパイロット TCでは、シルエットの事も考えてスカートを巻き上げる事が出来るようになっています。 夏場に使った時にも、スカートを巻き上げておけば、シルエット的にもスッキリするし、風も入ってきて良いですよね。 ハンガーテープ 出典: サバティカルの全てのモデルに、ランタンを吊るすのに便利なハンガーテープが付属しています。 1本のハンガーテープに、3つのリングがセットされているので、とても便利に使えると思います。 テントやシェルターの使い方って、人それぞれですよね。 ランタンフックが付いてなかったり、決められた一ヶ所だけだったら、時には不便に感じてしまいます。 サバティカルのハンガーテープは、ちょっと便利に過ごす為に、とても気の利いたアイテムだと思います。 生地 出典: スカイパイロット TCは、名前にあるようにTC素材を使用しています。 TC素材は、ポリエステルとコットンの混紡素材なので、通気性や遮光性に優れています。 そして、焚き火などによる火の粉が飛んできても、直ぐに穴が空いてしまうという心配もありません。 TC素材なら、その点では多少余裕を持てると思います。 個人的にも、ヘリノックスのシェルターを買う時に、TC素材のものわ探しました。 しかしシェルターだと、ツインピルツフォークTCぐらいしか候補がありませんでした。 なので、スカイパイロット TCの登場は、かなり嬉しいんです。 サイズだけで見れば、ogawaのツインピルツフォークTCより大きく、スノーピークのランドステーションLよりも小さい感じです。 スカイパイロットは、6〜8人で使うのに適したサイズです。 少し大きめに感じますが、中にテントを入れて使う(カンガルーテント)事にしたら、ちょうどいいサイズになると思います。 ナショナル ジオグラフィック HIDEOUT-DACと比較 サイズの比較 出典:(HIDEOUT-DAC) 前回紹介した、ナショナル ジオグラフィックのツーポールシェルターのHIDEOUT-DACは、僕の物欲を駆り立てました。 今年買ったばかりの、ヘリノックスのシェルターを売って、買い替えを考えてしまう程でした。 そのナショナル ジオグラフィックのHIDEOUT-DACと比較してみます。 スカイパイロット TCのサイズと比較すると、床面積では少しだけ狭くなっていますが、その分高さがあります。 しかしHIDEOUT-DACは、サイドを立ち上げてないし、その角度もありません。 その為、シェルター内の有効スペースでみたら、意外とスカイパイロット TCよりも狭いと感じてしまうかも知れません。 とは言え、まだ両方とも実物を見ていないので何とも言えませんよね(笑) 生地の比較 出典:(HIDEOUT-DAC) サバティカルのスカイパイロット TCは、コットンとポリエステルの混紡素材を使用しています。 それに対し、ナショナル ジオグラフィックのHIDEOUT-DACは、リップストップナイロンを使用しています。 その生地の厚さは明記されてないので、詳しくは分かりません。 基本的には、TC素材よりもナイロン素材の方が軽いと思いますが、これもスペックに記載がないので分かりません。 ただ、僕的には、TC素材を使用したテントやシェルターの方が好みです。 TC素材は、完全防水ではないという弱みもありますが、焚き火に強いという魅力があります。 燃えないという事ではないのですが、ちょっと火の粉が飛んできても、そのまで慌てなくても良いというのが僕は好きなんです。 その為、生地だけで考えたら、サバティカルのスカイパイロット TCに惹かれてしまいます。 出典: しかも、スカイパイロット TCは、フォレストグリーンとライトベージュの2色あるんです。 僕が好きなベージュがあるのは、ナショナル ジオグラフィックのHIDEOUT-DACよりも評価出来る点です。 (色には好みがあるので、あくまで個人的な見解です。 ) SABBATICAL(サバティカル)モーニンググローリー TC 出典: サバティカルの、もう1つのシェルターもかなりいい感じです。 2〜4人用のシェルターで、センターにポール1本、フロント部分に3本ポールを使用します。 フロント部分に3本のポールを使用する事で、入口になるフロントパネルが大きく開いているデザインが特徴的です。 出典: フロント部分全体が大きく開いているので、見る方もインパクトがあるし、使用する方は解放感を感じられると思います。 しかも、フロントパネルは、メッシュになるので、虫の侵入を防ぐ事も出来ます。 バックパネル・サイドパネル 出典: 開閉できるのはフロントパネルだけではなく、バックパネルも開閉する事ができます。 バックパネルの開口は、フルとハーフで選択する事ができ、換気する時にとても便利です。 出典: バックパネルの両サイドのサイドパネルも開閉する事が出来ます。 サイドパネルを開けるためには、バックパネルを閉じた状態にしておく必要がありますが、これにより、色々なレイアウトを楽しむ事が出来るようになっています。 インナーテント 出典: オプションのインナーテントを吊るして、寝室を作る事ができます。 インナーテントがあれば、ツールームテントのような使い方をする事ができすね。 しかし、その時のリビングスペースの広さは、2人で使用するのに丁度良いサイズになっています。 インナーテントを使用する時は、モーニンググローリー TCは2人で使用するのが良さそうです。 素材 出典: サバティカルのモーニンググローリー TCの素材は、スカイパイロット TCと同じくコットンとポリエステルの混紡素材を採用しています。 TC素材の生地の性質上、完全防水というわけにはいきません。 雨がコットン素材を膨張させて、目を詰まらせて雨の侵入を防ぐようになっています。 その性質が、逆に言えば通気性を良くしています。 遮光性もあり通気性もあるので、夏でも快適に使えるようになっています。 少人数なら、モーニンググローリー TCも良さそうですよね。 2㎏、ポール3. 7㎏、ペグ1. その中で、特にスカイパイロット TCに惹かれてしまいました。 前回紹介したナショナル ジオグラフィックのHIDEOUT-DACと比較したくなる、魅力的なシェルターです。 スカイパイロット TCを知ると、そのカラーリングやデザイン、素材な機能性などにも惹かれてしまいます。 ナショナル ジオグラフィックは、そのブランドネームが魅力的です。 デザインも良いのですが、素材がナイロンだという点と、ベージュではないという点が、個人的には残念です。 そして今回比較しなかったゼインアーツ のゼグーM。 人気があり過ぎて、全く購入できる気がしません。 凄くカッコイイのですが、入手困難ですよね。 それを考えたら、SABBATICAL(サバティカル)のスカイパイロット TCの方がチャンスがあるような気もします。

次の