アタナシア 名前。 アタナシア

ある日、お姫様になってしまった件について◆第32話ネタバレ◆怒れるパパと慌てる姫 │ BOOK REPORT

アタナシア 名前

自分の墓地に「アタナシア・ウロボロス」が存在する場合に、 手札の「アタナシア・ウロボロス」を相手に見せることでのみ、 デッキから「アタナシア・ウロボロス」1体を特殊召喚できる。 このカードがゲームから除外されている場合、エンドフェイズ時に墓地に戻す。 このカードは相手の効果モンスターの効果を受けない。 で登場した闇属性・爬虫類族の最上級モンスター。 特殊召喚モンスターの一体であり、通常召喚できず、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果を持つ。 さらにフィールドにいる間は、相手のモンスター効果を受けない永続効果を持つ。 また、除外ゾーンから墓地に戻る誘発効果がある。 特異な召喚条件を満たさなければ、召喚自体が不可能。 普通に生かすなら、とりあえず3枚採用が前提となる。 まず、手札に加えながら、どこかから墓地にさらに送る必要がある。 さすがにこの最上級モンスターでは、直接手札に加える手段はあまりない。 基本は手札交換を充実させて、このカードを引き寄せることになるだろう。 墓地を経由して集めるならば、それなりに手段も増える。 汎用性のある《死者転生》でもいいし、《創世の預言者》もある。 でも相性がいい。 また、墓地に送るだけならば、比較的簡単である。 《おろかな埋葬》や《終末の騎士》が定番となる。 手札でだぶついたものを墓地に送っても良い。 《トレード・イン》にも対応している。 除外経由でも墓地に送れるため、《闇の誘惑》や、 《封印の黄金櫃》でも墓地に送ることが可能になっている。 ここまでの手間を経て、ようやく特殊召喚ができる。 最上級でも頭一つ抜けた攻撃力と、モンスター効果無効は魅力的。 それなりの活躍が期待できることだろう。 また、一度体勢を整えさえすれば、場で倒されたとしても、 再び蘇ることは十分に可能となっている。 手札に1枚このカードが存在し、墓地に2枚が存在する。 この状態ならば、墓地の1枚をデッキに戻すだけで再び召喚できる。 相性が最もいいのは、《貪欲な壺》である。 コストとしてデッキに戻しつつ、手札補充もできてしまう。 その他、、《無欲な壺》 《転生の預言》、《デス・グレムリン》などが対応している。 デッキに戻すための特殊なサポートを多少要するものの、 その他の手札交換や墓地送りギミックは、ダークモンスターらと共通しやすい。 墓地コストとしての性能も非常に高いため、墓地操作技術に自信があるならば、 このモンスターを使いこなすことにチャレンジしてみるのも一興だろう。 3枚揃えなければ、召喚すらできないカードにも関わらず、 レアリティはウルトラレア。 3枚所有することすら困難となっている。 本編の凶悪な性質を反映し、パックでも購入者の財布に容赦しない。 本編において、ウロボロスが使用したカード。 ウロボロスの主力のカードであり、そのデッキを象徴している。 もとはデュエルアカデミア・ウエスト校に封印されていたカード。 コブラに監禁されていたウロボロスを見出し、同盟を組んだ。 その凶悪な強さと、残虐な嗜好性から、「悪霊」とも呼ばれる。 召喚時には手札・墓地を結んで、「無限大」を描く磁場が発生する。 攻撃名は『ディアボリカル・ヴェイパー』。 凶悪な毒性の障気を吐き出す。 ラストバトル・ウロボロスVS翼戦でウロボロスが使用。 ウロボロスの卓越した墓地操作技術で何度も特殊召喚され、 《砂塵の悪霊》とともに、場を圧倒的に制覇した。 ウロボロスとは強い信頼関係で結ばれているが、依存的ではない。 あくまで共闘するパートナーやトレーナーとしての信頼である。 敵役にも関わらず、《所有者の刻印》でコントロールを戻すことや、 指示するまでもなく、精霊としてウロボロスを護っており、 利害の一致した協力者としてだが、それ以上の結びつきを見せている。 「アタナシア」とはギリシャ語で不死を意味する。 さらに「ウロボロス」とは尾を咬む蛇の図象の呼称であり、 「無限大」を意味するとともに、錬金術の叡智の象徴でもある。 また、蛇は聖書にてアダムとイブを堕落に導いた忌まわしい者ともされる。 不死を目指し手段を選ばないウロボロスそのものを表していると言える。 関連カード• 《砂塵の悪霊》• 《サイバー・ウロボロス》.

次の

【ア行】かっこいいカタカナ語

アタナシア 名前

ある日、お姫様になってしまった件について ジェニットのデビュタント 「かわいらしいお姫様」のワンシーン。 ジェニットが、アルフィアス公爵とイゼキエルに伴われてクロードに謁見する。 ジェニットは、おじきをしながら恐々とクロードの顔を盗み見る。 純粋でかわいらしいジェニット。 謁見室で話を聞くと玉座を立つクロード。 ジェニットは、イゼキエルにエスコートされクロードのもとへと誘われる。 残されたアタナシアは、誰にもエスコートされず、周りの陰口の洪水の中、ただその場に立ち尽くすのみ。 それが、小説の中のアタナシアとジェニットのデビュタントでした。 今のアタナシアは、クロードの庇護のもとで平和に暮らしているけど、こうして可哀想なアタナシアの話が出てくるたびに、いつかドンデン返しがやってくるのかとドキドキします。 アタナシアの誕生日プレゼント さて、アタナシアもいよいよ14歳を迎える年になり、日々デビュタントでのダンスの練習に励んでいるようです。 ダンスを教えてくれる夫人は、アタナシアの動きを褒めてくれるけれど、母親が身分の低い踊り子だったことをチクリと言わずにはいられないのですね。 心の中で「またか」と思いつつ、笑顔で答えるアタナシア。 クロードとの仲も順調のようです。 クロードに会うと、今日も会いたかったと抱きついてほっぺにキス。 それを嫌がりもぜず、受け入れているクロード。 食事中に、アタナシアの誕生日の話が出ました。 もうすぐ、アタナシアの誕生日でダイアナの命日。 お互いに毎年、複雑な思いで過ごしているのでしょうか。 7歳の誕生日。 初めて欲しいものはあるかと尋ねられたアタナシアは、「チョコをくれたメイドのお姉ちゃんたち。 」 と、ルビー宮のメイドが入れ替わった時にいなくなったセスとハンナのことを挙げます。 すると、クロードはたくさんのチョコとともに、セスとハンナを戻してくれたのですね。 9歳の誕生日。 小説の中で、アタナシアが初めてクロードに出会った年。 その時の誕生日プレゼントは、宝物庫のカギ。 アタナシアが黄金に目がないことを、覚えてたのでしょうか。 大喜びのアタナシアは、クロードに抱きつき思わずほっぺにチューを。 何が起こったかわからないみたいに呆けた顔のクロードですが、アタナシアにしたら9歳の誕生日を最高の気分で過ごせたわけですからね。 喜びもひとしおでしょう。 今年も欲しいものがあればと聞くクロードですが、パパがくれるものなら全部!と特別欲しいものがないというアタナシア。 するとなぜかクロードが沈黙してしまい、何なのかよくわからないアタナシアなのでした。 デビュタントのエスコート役 そのあと、フィリックスからプレゼントについて答えたか?と聞かれます。 それでも、宝石も図書館も庭園もドレスも何もかも持ってるアタナシアは、欲しいものを思いつきません。 次に聞かれたのは、デビュタントのデビューダンスを誰と踊るのか。 アタナシアは、フィリックスと踊ればいいんじゃない?と軽く言いますが、なぜかフィリックスはあたふたと落ち着かない様子。 爵位の高い公爵家の人間で、ロイヤルガードで、未婚でイケメン。 これ以上ない条件だと思うのですが、もっと適した方が・・・と煮えきらないフィリックス。 そんなに嫌なの?とショックを受けたアタナシアは、「もっと考えてみる」とフィリックスに冷たい態度。 デビュタントのデビューダンスは、普通は親の決めた婚約者か未婚の兄や従兄弟など近しい人と踊るのですね。 パパと踊るのはダサいらしく、踊る人はほとんどいないみたいです。 しかし、ルーカスが言うには、クロードがそのダサいことをしたがってるんだろうと。 アタナシアは前世が孤児で親子の愛情に恵まれなかったことと、小説の中のアタナシアの運命に思考が引っ張られているので、クロードがアタナシアに向けている愛情にまるで気付いていないのですね。 読者にはバレバレですが、フィリックスやルーカスにもバレバレで、でも気付いてないのはアタナシアだけという。 アタナシアの運命の開花 ルーカスに言われても信じられないアタナシアは、クロードにカマをかけてみることにしたようです。 クロードとのティータイムで、デビュタントのエスコートについて相談するアタナシア。 そこでアタナシアはフィリックスを候補に挙げます。 クロードは顔色ひとつ変えずに、「悪くない。 好きなようにしろ」と言います。 でも、そこからのクロードのフィリックスへの言葉にはトゲだらけ。 その嫌味の応酬を見ていたアタナシアは、ルーカスがクロードは想像以上にアタナシアのことが大好きなんだと言った言葉を思い出します。 すると、頭の中になにやら鐘の音が。 そう、それはアタナシアの運命が開花した音! クロードに愛されてるんだと、心底実感できた日なのでした。 そういえば、ルーカスが髪を切ってました。 短髪になってましたね。 なんで切ったのかな。 また魔法でパパッと伸ばしたりできるのかな。

次の

《アタナシア・ウロボロス》

アタナシア 名前

アタナシア( Athanasia )は、で A(~しない)+ thanatos(死)から、不死(不滅)の意味で付けられた名前である。 表記の揺れ:アサネジア、アサナシア、アサネイジャ。 アタナシア・イオネスク - 、女子団体総合の銅メダリスト• エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル - 『』の登場人物。 ミドルネームの「Athanasia Kitty(アタナシア・キティ)」で「不死の子猫」という意味。 表記の揺れ• アサナシア・ペラ () - ギリシャの女子三段跳選手• - ギリシャの陸上競技選手。 女子20km競歩の金メダリスト 人名の派生• 省略:タナシス、サノス(Thanos)、エイサン(Athan))、英語への変化:トミー(Tommy)、アーサー(Arthur)• アタナシオスの子という意味(Athanasiadis、Athanasiades。 女性名:Athanasiadi、Athanasiadou)• その他• - 太陽系の軌道にある小惑星• - アフリカに自生するキク科の花の属 関連項目• - 薬用植物。 薬用の他、防虫・防腐効果があり、死者の棺桶に詰められた。 元はアタナシアと呼ばれていたが、により古フランス語で tanesie と呼ばれるようになった。 - なんらかの力によって不死となった存在• Immortality.

次の