自縛少年花子くん あらすじ。 地縛少年花子くん

地縛少年花子くん (じばくしょうねんはなこくん)とは【ピクシブ百科事典】

自縛少年花子くん あらすじ

地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター ネタバレ 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター 赤根がさらわれた後、八尋と蒼井は喧嘩をしていた。 その理由は、花子くんに頼ろうとする八尋に対して、花子くんを信用していない蒼井との意見の不一致から。 そんな時、女性の霊が2人の前に現れ、赤根のところに案内してくれると言う。 霊はそのまま奥の方に消えていった。 その霊を急いで追いかける2人が行きついたのはエレベーターの中。 蒼井は、旧校舎にはエレベーターなどなかったはずだと言う。 そこから出ようとする蒼井だったが、その瞬間、扉が閉まりエレベーターが下へと動き出した。 下へ行くエレベーターの中で、花子くんから連絡が。 花子くんは、現在の状況を把握していると言う。 花子くんが言うには、エレベーターは世界の狭間。 うかつに行動すれば、永遠にどこでもない場所をさまよい続けるらしい。 以前世界の狭間に行ったことのある八尋は、このエレベーターを使って赤根のところに行けないか? と花子くんに言う。 花子くんは、自分がそこに行けばできるかもしれないと返す。 そして、蒼井が自分の言うことを1つだけ聞いてくれるのであれば、手伝ってもいいと言った。 蒼井は、その条件をのまず、八尋を人質にとる。 しかし、これは花子くんをこちらに呼び出す蒼井の作戦。 その作戦にまんまと乗せられた花子くんは、八尋と蒼井を赤根がいる6番のところに案内することになった。 スポンサーリンク 地縛少年花子くんの最新話を含む「月刊Gファンタジー」を今すぐ無料で読む 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXT という動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 しかし、赤根がさらわれてどうしようもなかった八尋と蒼井が、赤根のところへ行ける方法が見つかってよかったですね。 蒼井に対して意地悪な条件を出す花子くんが、逆に蒼井の作戦によって、2人の前に姿を現したところがかわいかったです。 なんだかんだで花子くんの八尋に対する想いが伝わってきました。 そして、赤根のところに向かうことになった3人。 果たして、無事たどり着けるのでしょうか? また、6番が赤根のことをすんなりと返してくれることはないと思うので、そこからどういう展開になるのかも楽しみです! まとめ ということで、 この記事では、2020年1月18日発売の月刊Gファンタジー2020年2月号に掲載された 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーターのネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• 女性の霊が八尋と蒼井の前に現れ、赤根のところに案内してくれると言う。 霊を追いかける2人が行きついたのはエレベーターの中。 エレベーターは世界の狭間。 花子くんは、このエレベーターを使って赤根のところに行けるかもしれないと言う。 八尋と蒼井のところに花子くんが合流。 3人は、赤根がいる6番のところへ向かう。 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

【あらすじ】『地縛少年花子くん』45話(9巻)【感想】

自縛少年花子くん あらすじ

地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター ネタバレ 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター 赤根がさらわれた後、八尋と蒼井は喧嘩をしていた。 その理由は、花子くんに頼ろうとする八尋に対して、花子くんを信用していない蒼井との意見の不一致から。 そんな時、女性の霊が2人の前に現れ、赤根のところに案内してくれると言う。 霊はそのまま奥の方に消えていった。 その霊を急いで追いかける2人が行きついたのはエレベーターの中。 蒼井は、旧校舎にはエレベーターなどなかったはずだと言う。 そこから出ようとする蒼井だったが、その瞬間、扉が閉まりエレベーターが下へと動き出した。 下へ行くエレベーターの中で、花子くんから連絡が。 花子くんは、現在の状況を把握していると言う。 花子くんが言うには、エレベーターは世界の狭間。 うかつに行動すれば、永遠にどこでもない場所をさまよい続けるらしい。 以前世界の狭間に行ったことのある八尋は、このエレベーターを使って赤根のところに行けないか? と花子くんに言う。 花子くんは、自分がそこに行けばできるかもしれないと返す。 そして、蒼井が自分の言うことを1つだけ聞いてくれるのであれば、手伝ってもいいと言った。 蒼井は、その条件をのまず、八尋を人質にとる。 しかし、これは花子くんをこちらに呼び出す蒼井の作戦。 その作戦にまんまと乗せられた花子くんは、八尋と蒼井を赤根がいる6番のところに案内することになった。 スポンサーリンク 地縛少年花子くんの最新話を含む「月刊Gファンタジー」を今すぐ無料で読む 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXT という動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 しかし、赤根がさらわれてどうしようもなかった八尋と蒼井が、赤根のところへ行ける方法が見つかってよかったですね。 蒼井に対して意地悪な条件を出す花子くんが、逆に蒼井の作戦によって、2人の前に姿を現したところがかわいかったです。 なんだかんだで花子くんの八尋に対する想いが伝わってきました。 そして、赤根のところに向かうことになった3人。 果たして、無事たどり着けるのでしょうか? また、6番が赤根のことをすんなりと返してくれることはないと思うので、そこからどういう展開になるのかも楽しみです! まとめ ということで、 この記事では、2020年1月18日発売の月刊Gファンタジー2020年2月号に掲載された 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーターのネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• 女性の霊が八尋と蒼井の前に現れ、赤根のところに案内してくれると言う。 霊を追いかける2人が行きついたのはエレベーターの中。 エレベーターは世界の狭間。 花子くんは、このエレベーターを使って赤根のところに行けるかもしれないと言う。 八尋と蒼井のところに花子くんが合流。 3人は、赤根がいる6番のところへ向かう。 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

地縛少年花子くんのアニメ化希望の声!あらすじや登場人物が面白い?

自縛少年花子くん あらすじ

あいだいろ先生の地縛少年花子くんは月刊Gファンタジーに連載中です。 『地縛少年花子くん』前回(第51話)のあらすじは・・・ 花子くんから、本当の世界だと余命1年未満だが、この世界ならば寧々が生きていけることを聞いた寧々、光、ミツバ。 花子くんは、この世界を完成させたら迎えに来ると約束し、寧々の前から姿を消す。 一方、捕らえられた寧々は、初めは泣いてばかりいたものの、次第に花子くんの思い通りになることが嫌になり、パレットナイフをシジマの首元に近づけ、協力するように脅したのだった。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 「驚きましたぁ。 まさか、パレットナイフで脅せると思っているなんて…」 と嘲笑う。 シジマは、容易にパレットナイフを持つ寧々の手首を掴み、改めて問う。 「アナタ、本当にこの世界から出ていきたいんですかぁ?元の世界に戻ったら、近いうちに寿命がきて死んじゃいますよぉ?」 しかし、寧々は未だに自分の余命が1年未満だということが半信半疑な様子。 さっきまでの異性はなく、黙って俯く寧々を、シジマは更に追い詰める。 「あなたの死は本当に間近で、回避のしようがない絶対的なものだとしたらどうするんですか?それでも行くんですかぁ?」 寧々は心の中で葛藤を繰り返し、再び涙が溢れ出してしまう。 シジマ曰く、それはなんの根拠もないただの願望であり虚構。 「馬鹿馬鹿しい。 昔…、同じことを言っていた人がいましたけど、いくら夢を見たって現実は変わりませんでしたよ」 シジマが話すその人は、シジマにとって特別な人で、もう会うことができないのだという。 会いたい人に会わせてあげる 寧々とシジマがそんな話をしていると、 「会わせてあげようか?」 と言ってつかさくんが現れた。 つかさくんは、一瞬で檻を破壊し、きっかけとなった寧々も一緒に連れて行くと宣言した。 「さあ、代償はひとつ。 行こうか、四番。 君の願いを叶えてあげる」 そして、関係ないはずの寧々までもが術にかかり、シジマと寧々は飛ばされてしまった。 病院で眠る少女の正体は… 目が覚めた寧々は、病院のような場所にいた。 誰もいない病院に恐怖を感じる寧々だったが、ある病室の前で立ち尽くすシジマを発見し、安心して近寄る。 シジマは、病室で眠る1人の少女を見て呆然としていた。 「だ、誰…?」 寧々のためにできること 一方光は、寧々のことや花子くんの思惑を考え、自分がどうすればいいのか分からなくなっていた。 膝を抱えてうずくまる光に、ミツバは、 「しっかりしろ!源くんさー、簡単にブレるのやめてよね。 あれだけ僕に偉そうなこと言ったんだから。 ちゃんと最後まで責任取ってよ!」 と、背中を叩いて叱咤した。 ミツバの言葉で我を取り戻した光は、シジマをぶっ飛ばしに行くと宣言。 迷いが晴れて、晴れ晴れとした表情の光にミツバは、 「行くな!!源くんバカなの!?そりゃそうだけど、そんな簡単に倒せたら苦労してないの!」 と冷静に突っ込んだ。 そして、これからのことを改めて考える光とミツバ。 そんな時、ミツバの頭に、空から降ってきたある物がぶつかった。 それは、半分に折れて弱々しくなってしまった筆。 「筆…?」 筆の様子を見た2人は、目を見開いて言葉を失う。 『地縛少年花子くん』第53話のネタバレ、最新話 ComingSoon 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで300P貰える。

次の