マクドナルド の メニュー。 “正直一番おいしいマクドナルドのメニューランキング”が発表

マクドナルドのおすすめメニュー20選!安い組み合わせ5選も紹介!

マクドナルド の メニュー

ファストフードの王様『マクドナルド』のメニューは数あれど、その好みは人それぞれ。 早速1位から3位までを見てみよう。 堂々トップに輝いたのはマックフライポテト。 サイドメニューでありながら、波いるハンバーガー勢を抑え人気NO1に。 第2位は日本生まれのてりやきマックバーガー。 1989年に期間限定メニューとして初登場し、瞬く間にレギュラーに定着。 不動の人気を誇る。 第3位はダブルチーズバーガー。 続いて4位〜10位は、ビッグマック、フィレオフィッシュ、えびフィレオ、チーズバーガー、ハッシュポテト、ホットアップルパイ、チキンマックナゲット 5ピースの順となり、大きな番狂わせはないといえるだろう。 11位以降の順位が気になる方はからご確認を。

次の

正直一番おいしいマクドナルドのメニューランキングの1位は「マックフライポテト」あなたは?

マクドナルド の メニュー

マクドナルドができる前、当時は、注文後何分も待ってからウエイトレスが運んでくるのが常識だったアメリカ。 そんな中、今のファストフードの常識である、提供時間の短縮スタイルを生み出したのが、マクドナルド兄弟です。 更に、ハンバーガー、ポテト、飲み物のセットメニューを開発し、次々と話題を生みました。 提供短縮スタイルを生み出すことができた理由が、パテを焼くだけの担当、バンズに挟んでラッピングするだけの担当、ポテトを焼くだけの担当という風に完全にセクションを分けたことにより、 注文からわずか30秒でハンバーガーを出すことに成功したのです。 今では当たり前の風景ですが、当時は衝撃的で画期的でした。 「これは確実に成功する」そう確信していたマクドナルド兄弟でしたが、このシステムを広げる技術は彼らにはありませんでした。 そこで、マクドナルド兄弟にフランチャイズ展開を提案したのが マクドナルドの創業者であるレイロックです。 レイロックはたった3年で全米展開に成功。 しかしマクドナルド兄弟とレイロックの間には売り上げの取り分を巡り溝が生まれてきます。 ついにレイロックは約3億円で会社を買い取り、両者の間の関係は更に悪くなります。 レイロックは大成功し、億万長者になります。 一方兄弟は「マクドナルド」の商標を使用することを許されず、「BIG M」としてお店を開店。 しかしすぐ隣にマクドナルドを開店し兄弟のお店を閉店に追い込みます。 レイロックの総資産が500億円にもなる中、この画期的なシステムを開発した当の開発者たちの総資産は300万円で人生の幕を閉じることになりました。 これには様々な声がありましたが、この身近なマクドナルドにはこのような深い歴史があったのです。 マクドナルドの発音も日本とアメリカとでは異なる 世界で見ない場所はないほど有名な「マクドナルド」ですが、本場のアメリカで日本の発音が通用しないことでも有名ですよね。 英語のはずなのになぜ通じないのか? マクドナルドの他にも日本の発音が全く通じない単語が多く存在します。 その原因として挙げられる点がいくつかあります。 アクセントの位置の違い• 英単語をカタカナ化する時に、「s」が省略される傾向がある• 母音の有無 それでは、英語圏で通用する「マクドナルド」の発音は? それは 「メkドウナゥズ」です。 アメリカ発音、イギリス発音それぞれ違いはありますが、これで通じます。 アクセントは「ド」の部分です。 kの部分をクと紹介する記事もありますが、kuとは発音しません。 「メkドウナゥズ」のメの部分も正確にいえばマとメの間ですが、細かく修正するときりがないので、一番ネイティブに近いのは「メkドウナゥズ」でしょう。 メニューの違い 日本とアメリカではメニューもずいぶん異なります。 食生活や好みに合わせてオリジナルを作っているというわけですね。 アメリカでは、マッシュルームとチーズがたくさん乗った「マッシュルーム&スイス」や、朝マックの定番「ステーキバーガー」などボリューミーなものから、サイドメニューには「フレッシュベイクドクッキー」というものもあります。 値段の違い マクドナルドはお手頃価格なのは言うまでもないですが、アメリカのマクドナルドは、 クーポンを使うとなんとタダになるものがあるんです。 それは、フルーツ&ヨーグルト。 単品での注文は有料ですが、他にバーガーなどを注文すればフルーツ&ヨーグルトはタダでもらえちゃいます。 また、デラックスブレークファーストプレートがタダ。 これは1個買えばもう1個ついてくる、朝マック専用のクーポンです。 つまり2人で行けば1人はタダで食べてしまうシステム。 99(約199円)、マックマフィンやビスケットサンドイッチがタダになったりと、 何かとタダになるものが多いです。 クーポンはスマホアプリで簡単に手に入れられるので、ぜひダウンロードをしてお得にマクドナルドを楽しんでみてください。 アメリカ限定の商品 アメリカには、 日本では取り扱っていない季節限定の珍しいメニューがあり、その中には、日本ではあまり注文されないのではと思うような、アメリカならではのものもあります。 アメリカのスーパーを訪れた際に、ひときわカラフルなケーキやグミなどに目を奪われた人はたくさんいるのではないでしょうか。 季節限定メニューによく活用されるシェイクを例に挙げると、激しめの色のものが多く、子供は見た目のポップさに喜んで飛びつきそうですが、日本人の大人は少し躊躇してしまいそうです。 その他にも、サーロインステーキを贅沢に使った「ステーキハウス サーロインバーガー」や、おやつにうれしいクッキーやアイスクリームの季節限定メニューもあります。 本場アメリカのマクドナルドというとなんでも大きいイメージがあるかと思いますが、実際は マクドナルドのハンバーガーのレギュラーサイズは世界共通なのです。 レギュラーサイズは同じ大きさですが、サイズの展開に違いがあります。 「アンガスビーフバーガー」というアメリカのマクドナルドで一番大きなハンバーガーがあります。 現在は展開されている店舗と展開を取りやめた店舗があり、注意が必要です。 最近の日本のマクドナルドでは、ビッグマックの倍の大きさを誇る「倍ビッグマック」を販売したり、倍グランクラブハウス、倍ダブルチーズバーガー、倍フィレオフィッシュなど、17:00以降の夜マック限定の倍商品がでてきているため、 バーガーの大きさだけで見るとアメリカより日本のマクドナルドの方が大きくなってきている傾向があります。 ポテトの大きさ アメリカにも日本にもアップルパイはありますよね。 しかしその製造方法は異なります。 日本のマクドナルドの場合は油でカリッと揚げているのですが、 アメリカのマクドナルドはベイクドタイプ、つまり油をほとんど使っておらず、軽めなのが特徴。 「カロリーが高い」「体に悪い」と言われている中、店舗によって様々な工夫をしています。 日本と同じように油で揚げているお店もあるのですが、ヘルシーな油を使わないベイクドアップルパイが主流で、日本に比べてシナモンの風味が強いのも特徴。 ハンバーガー・ポテト・ドリンクと、日本に比べて高カロリーでボリューミーなイメージですが、アップルパイに関してはヘルシー志向というのは興味深いですね。 アメリカの朝食と定番である オートミールに、フルーツとメープルが加わった健康食。 プレーンのオートミールが苦手な方でも、フレッシュなフルーツと、メープルの穏やかな甘味により食べやすくなっています。 普通のチーズではなく、穴の空いたスイスチーズを使用しており、 後味にスイスチーズ独特のまろやかな風味を感じれる一品です。 Quarter Pounder(クォーターパウンダー)/640kcal アメリカのマクドナルドでの注文方法 英語での注文方法 基本的に店員さんが聞いてくるのはこの4点• What can I get for you? (ご注文は何にしますか?)• with meal, or just sandwich? (セットですか単品ですか?)• which size would you like? (セットのサイズはいかがいたしますか?)• for here or to go? (店内で食べますか持ち帰りますか?) セットで注文する場合 セットは、meal(ミール)またはcombo(コンボ)という単語で表します。 間違ってもset(セット)と言っても通じませんのでご注意ください。 また、アメリカのメニュー表にも商品ごとに番号が振ってあるので、英語が話せなくても大丈夫。 といえば大丈夫。 バーガーなのになぜか、サンドイッチと表現します。 また、セットや追加を矢継ぎ早に聞かれるケースも想定されますが、 「Just the Sandwich, Thank You」と返すと、ハンバーガーだけでいいです、という意味になります。 コーラを頼む場合 セットでも単品でも飲み物の注文をする場面はやってきます。 「コーラは英語でしょ?」そう思いCola Pleaseと言っても、店員さんは「???」。 アメリカの製品なので英語だと思われがちですが、コーラは英語でCoke(コーク)です。 しかし、 コーラの正しい注文方法はSoda please(ソーダ プリーズ)です。 ダイエットコークを注文する場合は「Diet coke please. 「Diet sodaじゃないんかい。 」と思わずツッコミたくなりますが、この場合はそのままDiet coke(ダイエット コーク)と表現します。 お店にもよりますが、その場で一杯目を入れてくれる店舗と、空のカップを渡されてドリンクバーで入れてと言われる店舗があります。 違うサイズを注文する場合 セットのサイズは、バーガーの大きさが変わるのではなく、ポテトとドリンクカップの大きさが変わります。 日本人ならMサイズを頼む人が多いですが、アメリカでは基本的にLサイズ。 はっきりサイズを伝えないと自動的にLサイズになることがあります。 テイクアウトしたい場合 Takeoutでも通用はしますが、 持ち帰りたい時はto go please、店内で食べたい時はfor here pleaseと表現するのが一般的です。 タッチパネルでも注文できる アメリカのマクドナルドでは、 2014年からタッチパネルでオリジナルのハンバーガーを注文できるシステムの導入が開始されました。 お店に入ると、注文カウンターの隣にタッチパネルがあります。 操作の順番は以下の通りです。 店内/お持ち帰りを選択• 現金/クレジットカードを選択• I WANT TO CREATE MY OWN(一からオリジナルメニューを作る)またはSHOW ME THE SPECIALTY BUILDS(組み合わせ例から選択)を選択• オリジナルメニュー作成を選択 すると、ハンバーガー作りのメニューが表示され、バンズの種類、チーズの種類、トッピング、ソースを好きなように組み合わせすることができます。 ハンバーガーの作成が終わったら、セットの選択。 最後に注文内容を確認して「YES」を選択すると、出来上がりまでの所要時間が表示されます。 アメリカでは全ての店舗ではないものの、このシステムを導入している店舗が増えてきています。 またヨーロッパや一部のアジア諸国でもこのタッチパネル式が導入されてきています。 あらゆる言語での対応が可能になれば、更に多くの需要ができそうですね。

次の

マクドナルドの人気メニューランキングベスト10(帰れま10)

マクドナルド の メニュー

マクドナルドのハンバーガーはビーフパティのイメージですが、てりやきマックバーガーはポークパティを使用しています。 日本ならではの甘辛い味付けに、シャキシャキレタスにマヨネーズという、子供から大人まで幅広い世代に愛される人気メニューです。 単品でも十分美味しく食べられますし、セットにしてサイドメニューのマックフライポテトやチキンナゲットに、照り焼きソースやマヨネーズをつけて食べても美味しいのでおすすめ! マクドナルドファンなら1度は食べたことがあるのではないでしょうか。 人気ランキングでも常に上位にランクインしています。 こちらも子供から大人まで幅広い世代に支持されるメニューで、イートインで温かいうちに食べても美味しいですし、テイクアウトしてホームパーティーにという使い方もできます。 5ピース入りと15ピース入りがあるので、軽く食べたい時にもたくさん食べて満足したい時にも便利です。 マックチキンナゲットにはソースが付きます。 以前に限定販売されたグランドビッグマックやギガビッグマック、夜マックが登場する前から、 食べごたえのあるボリューミーなハンバーガーとして知られる人気メニューです。 真ん中にもバンズがあって、見た目にもボリューム満点なのが伝わってきます。 いろんな味と食感で、最後まで美味しく食べられるのもいいですね。 食べていると崩れるので食べにくい…という声も聞かれますが、 綺麗に食べるコツはビッグマックを逆さまにすることです。 一番上のバンズは少し重みがあるので、下に重心を持っていくことで崩れにくくなります。 サクサクのチキンクリスプパティは、 スパイスが効いていて最後までサクサク感が続き食感を楽しめるのがポイント。 シャキシャキレタスにマヨネーズが入っているので、途中からはマヨネーズがプラスされてマイルドになります。 サクサクの食感がある分、ハンバーガーよりもお得感があって満足度が高いのも魅力と言っていいでしょう。 小腹がすいた時にもおすすめですし、ハンバーガーに飽きた時食感が違うチキンクリスプを試してみてはいかがでしょうか。 バリューセットで注文すると、サイドメニュー数種類から選べるのですが、マックフライポテトにする人は少なくありません。 バリューセットではMサイズが通常ですが、 Sサイズにすると50円引き、たっぷり食べたい人はプラス50円でLサイズにアップできます。 マックフライポテトをより美味しく食べる裏技として、揚げたてを食べたい時はオーダーの時に「揚げたてでお願いします」と一言付け加えると、揚げたてを提供してもらえます。 塩も多めや少なめ、塩抜きなどにできるので、お好みでアレンジしてもいいでしょう。 無料でケチャップももらえるので、途中で味変できます。 ボリューミーなチキンパティを使用していますが、胸肉なので意外にあっさりとして食べやすいのがポイント。 サクサクの衣とレタスのシャキっとした歯ごたえを楽しめます。 オーロラソースがあっさり系のチキンにボリュームをプラスしてくれるのが嬉しいところ。 同じハンバーガーでも、パティが違うと食感も味も全然違うので、時々気分を変えたい時にはチキンフィレオを試してみてください。 110円のチキンクリスプと間違われることがありますが、チキンフィレオは1枚肉を使用しており、チキンクリスプは成型肉を使用しているので、ボリュームが違います。 白い魚のフィッシュポーションを使用しているので、 衣はさっくりとしていますが、白身魚のホクホク感が特徴的です。 スライスチーズとタルタルソースとの相性も抜群で、マックに行く時はフィレオフィッシュと決めているという根強いファンもいます。 タルタルソースはオーダーの時に、多めにしてほしいと頼んでおくと量を増やしてもらえますよ。 元々は宗教的な理由で肉が食べられない人向けに誕生したメニューなのだそう。 日本人にとっての魚は親しみやすい食材でもありますね。 2016年からはよりリッチになった超グラコロや、2018年には濃グラコロも登場。 超グラコロはエビとマカロニがプラスされ、ホワイトソースにはバターと生クリームがプラスされ、濃厚たまごソースとのバランスが絶妙な逸品になっています。 濃グラコロはグラタンコロッケは同じで、ソースにパルメザンチーズと白ワインをプラスして、チーズフォンデュ風に仕上げています。 どちらも濃厚で、グラコロ好きには堪らないメニューとなっています。 冬まで食べられませんが、バージョンアップや新商品で一層美味しくなったグラコロに期待したいですね。 シュリンプポーションは、 つなぎにまでえびを使用するというこだわりが特徴的。 えびを贅沢にたっぷりと使っているので、えび好きをも満足させるメニュとしても知られています。 シュリンプポーションと相性抜群のオーロラソースが、美味しさを引き立ててくれるので終始えびの香りと味を楽しみながら食べられます。 シュリンプポーションだけ単品で販売して欲しい、という声も上がるほどの人気ぶりです。 えび好きな人はぜひ試してみてくださいね。 トマトやレタスにオニオンがフレッシュなので、 ハンバーガーはジャンクフードというイメージを覆したと話題になったメニューでもあります。 他のメニューよりも少し高めですが、クオリティを見る限りではマクドナルドならではのお手頃価格です。 食べごたえもあって、野菜もちゃんと摂れるので罪悪感なく食べられますね。 国産のたまごで作る黄身がトロトロの目玉焼き、スライスチーズ、スモークベーコンという朝から豪華なラインナップを楽しめます。 最大の特徴はバンズではなく、イングリッシュマフィンを使用していること。 朝からビーフパティはちょっとヘビーだなという時にもおすすめ! バリューセットにはサイドメニューにサラダもありますし、ドリンクはコーヒーやカフェラテ、紅茶も選べるので朝食にもピッタリです。 ランチにマクドナルドのセットを食べるなら、バリューランチがお得です。 バリューランチは 平日の10:30~14:00限定のサービスとなりますが、通常よりも少し安くなるので時間を合わせられるならお得に食べられます。 ビックマックを選択した場合で通常のバリューセットと比較してみると以下の通りです。 バリューセット バリューランチセット バリューランチコンビ 690円 600円 400円 バリューランチセットはバリューセットと同じく、1種類のハンバーガー・サイドメニュー・ドリンクから選べます。 バリューランチコンビは1種類のハンバーガー・ドリンクから選びます。 ただしバリューランチは注文できるハンバーガーが限られます。 選べるハンバーガーは以下6種類です。 ビックマック• グラン ベーコンチーズ• てりやきチキンフィレオ• ダブルチーズバーガー• てりやきマックバーガー• フィレオフィッシュ バリューランチコンビは以下2種類から選べます。 ビッグマック• チキチーはチキンチーズバーガーで、カリカリでスパイシーなチキンパティに、とろけるチェダーチーズ、シャキシャキレタスにレモンをプラスしたマヨネーズを使用したさっぱりタイプです。 ポテトを食べながらシェイクを飲むのもいいですが、 ポテトをシェイクに付けて食べるのが美味しいと評判になっています。 シェイクはバニラ・ストロベリー・チョコレートの3種類あるので、お好みで選べます。 おやつ感覚で食べられますし、ポテトS150円、シェイクS120円の合計270円とお手頃価格なので学生にも人気の組み合わせです。 マックフライポテトをシェイクに付けて食べる方法は、マクドナルドの公式SNSでも紹介され話題になっています。 あまじょっぱいのがハマる、20年以上ずっとこの食べ方をしているという声も聞かれるので、興味がある人は試してみてくださいね。 食べ応え抜群のハンバーガーで、マックの定番の人気メニューの一つです。 濃厚な味わいが特徴のおすすめメニューですが、お得なセットメニューは更におすすめ。 肉汁とチーズの味わい深いバーガーだけに、マックポテトとの相性が抜群です。 カラっと揚がったポテトが、濃厚なダブルチーズバーガーの旨みを中和してくれるので、飽きずに最後まで食べられるセット。 チーズの旨みとポテトの塩気、旨みが合わさって更に美味しいという事もおすすめのポイントです。 また セットにサラダを選択するのもおすすめ。 濃厚な味が特徴のバーガーですので、野菜の水分でさっぱりさせると、更に食べやすく、美味しくなりおすすめです。 そんな甘いバンズで肉汁滴るパティと目玉焼きをサンドするという、とても大胆なメニュー。 キワモノの類かと思われがちですが、一度食べるとその甘さに虜になる人続出のおすすめメニューです。 少しカロリーが高めで、ボリューミーな、マックグリドルソーセージエッグ。 甘くてしょっぱい不思議な味わいは、 ハッシュドポテトとの相性がとても良く、セットで注文するのがおすすめです。 一度食べると癖になる、マックでしか味わえない、大胆でチャレンジングなおすすめメニュー。 まだ食べたことない人は、先入観を捨てて是非とも食べてもらいたい商品でもあります。 平日10時30分から14時までのあいだ、 特定のセットとコンビがお得に楽しめます。 働く人や、ランチ代を節約したい人におすすめのバリューランチシリーズ。 そんな バリューランチの中でも特におすすめなのが、チキンフィレオのコンビです。 ボリューミーで、噛むと肉汁があふれ出す、特製のチキンパティ。 歯ごたえのある衣はしっかりと味付けされており、意外とさっぱりいただけるのが特徴です。 たっぷりのレタスでとてもヘルシー、そして特製のオーロラソースがまた絶品。 さっぱりヘルシーに食べられるので、女性のランチやダイエット中でも安心して食べられます。 また、 お値段も400円という、ワンコインでおつりがくる安さなのもおすすめの要因です。 シャキシャキでみずみずしいレタスの食感と、ベーコンの程よい塩気がたまらない人気のおすすめメニューです。 おすすめの決め手は特製のマスタードソース。 ピリっと刺激的で、たっぷりのレタスとベーコン、そして肉汁溢れるパティと絶妙なコンビネーションを発揮しています。 シャキシャキ食感とさっぱりした味わいが特徴のベーコンレタスバーガー。 単品では物足りないという人にはセット注文もおすすめ。 マックのメニューの中では、比較的さっぱりしたバーガーなので、安心してポテトを注文できるのもおすすめポイント。 前述の マスタードソースとポテトの相性も抜群で、袋にこぼれたソースをポテトに付けて食べるという、通好みの楽しみ方もおすすめです。 おまけで付いてくる玩具は、人気アニメとタイアップしたものもあり、どれもマックに訪れるのが楽しくなるものばかり。 コレクション性のある玩具はもちろん、他にも大人におすすめに理由があります。 それは メインでマックナゲットとパンケーキが選べるという点。 マックナゲットとマックフライポテトという通常のセットメニューではありえない組み合わせが楽しめます。 また、マック特製、アツアツふわふわのパンケーキが昼間に食べられる唯一のメニューでもあります。 おまけの玩具にばかり目が行ってしまいがちですが、実は万能な活躍が期待できるセットメニュー。 少しだけお腹を満たしたい時や、昼メニューの時間帯にどうしてもパンケーキが食べたい時におすすめですよ。 マクドナルドをお得に利用したい人には、クーポンの利用をおすすめします。 クーポンはスマホアプリからゲット可能。 ダウンロードも会員登録も無料で、Facebookアカウントでの登録も可能となっています。 24時間営業やドライブスルーがある店舗、フリーWi-Fiがある店舗を探したい時も、簡単に店舗検索が可能です。 メニューチェックでは使用している食材や、アレルギー情報なども確認できて安心。 マクドナルド公式アプリからゲットしたクーポンと一緒に、ポイントカードもワンタッチで使えますよ。 クーポンはスマホ画面を見せるだけでOK、ドライブスルーにはかざすクーポンもあります。 クーポンを使ってお時になるだけでなく、同時にポイントも貯められるのでぜひ活用してください。 不定期ではありますが、時々新聞の折込広告にマクドナルドのクーポンが入っていることがあります。 切り取って店頭に持っていくスタイルですが、お得になるので見つけたら使ってみては?.

次の