斉藤孝信 早川美奈。 なぜNHK斉藤孝信アナは山梨甲府局へ左遷された?理由を検証

斉藤孝信と早川美奈のフライデーの画像を解説付きで紹介

斉藤孝信 早川美奈

Sponsored Link 富山からスタート 斉藤孝信アナは、早稲田大学教育学部卒業後、2000年にNHKへ入局しました。 NHKは一般的に地方にまず飛ばされて、その後大きい都市に移動、そして東京アナウンス室で勤務となることが多いです。 一般企業で言えば、地方支店や地方営業所から始め経験を積み、移動毎に役職も少しずつ上がり、やがて東京本社へ人事異動。 斉藤孝信アナも、まずは富山局からスタートでした。 その後名古屋へ移動し、2010年には東京アナウンス室へ。 斉藤孝信アナは、2010年4月〜2012年3月まで「アインシュタインの眼」でリポーターを、2012年4月〜2015年3月まで「特報首都圏」ではキャスターを努めます。 この「特報首都圏」で、斉藤孝信アナの顔が幅広く知られるようになりました。 やはり東京アナウンス室で働くことは、地方で局アナをしていることとは比べ物にならないくらいの、認知度が出るのでしょうね。 関東・甲信越地方向けの地域情報番組なので、視聴者数は、地方番組よりずっと多いのでしょう。 「特報首都圏」の謎 「特報首都圏」は1988年に始まった、記者リポートやゲストインタビューも交えながら、関東・甲信越地方で起きている社会問題をドキュメンタリー式に仕立てた番組です。 関東・甲信越地方では毎週原則金曜日に、名古屋や静岡でも放送されます。 2012年4月〜2015年3月の間、毎週金・土・月曜日に本放送・再放送された「特報首都圏」に、キャスターとして出演していた斉藤孝信アナですが、この番組のキャスターになると、あることが起こるんです。 それは 「特報首都圏」のキャスターは降板した後、地方へ移動になる ということです。 過去15年間の「特報首都圏」でキャスターを努めたアナウンサーのその後を調べました。 中にはまた東京アナウンス室へ戻って来たアナウンサーもいます。 斉藤孝信アナもこの法則に漏れることなく、「特報首都圏」のキャスター降板後、2015年4月に甲府局へ配属になりました。 この移動を左遷と言うべきかどうかは、単なる移動というべきか分かりません。 しかし東京で働いて、全国版の番組にも出演した後、視聴者人口も番組規模も違う地方へ飛ばされるのは、やはり左遷なのでしょう。 しかも大阪や名古屋のような大都市ではなく、地方ならなおさら、それは左遷と言えるかもしれません。 そしてこれは憶測ですが、地方へ移動させる人材を、あらかじめ「特報首都圏」のキャスターとして選ぶのかもしれません。 NHKの内部事情に詳しいわけではありませんが、この番組に、何かしら意図があるのではと推測します。 Sponsored Link 東京時代の不祥事 さらに、東スポが、NHK関係者からの話として、斉藤孝信アナが東京アナウンス室にいる頃、何らかの不祥事を起こした、と報じています。 その「何らかの不祥事」が何なのかは、その関係者も分からないとのこと。 斉藤孝信アナは東京アナウンス室に5年間いますから、その「何らかの不祥事」を起こして、「特報首都圏」のキャスターになったのでしょうか。 それとも順序が逆で、「特報首都圏」のキャスターになってから、「何らかの不祥事」を起こしたのでしょうか。 いずれにせよ、斉藤孝信アナが東京アナウンス室にいたとき、他の大都市ではなく、地方に左遷されるほどの不祥事を起こしたのは、間違いなさそうです。 まとめ 以上、斉藤孝信アナが東京アナウンス室から甲府局へ移動になった理由についてでした。

次の

不倫騒動NHKアナウンサー早川美奈と斉藤孝信の現在は?!

斉藤孝信 早川美奈

スポンサードリンク (以下引用) 6月下旬の夜8時、本誌のカメラマンは ある情報をもとに張り込みを続けていた。 そこに1台の黒のワンボックスカーが、 片側1車線の狭い国道を登ってやってきて、 停車帯に車体を寄せた。 対向車線のヘッドライトが照らし出したのは、 そそくさとスカートを下げる助手席の 女性と、 周囲をうかがうような仕草を見せる 運転席の 男性。 後続車のヘッドライトが 再び車内を照らすと、 なんともなまめかしい 2本の生足が浮かび上がったーー。 このカップルは NHKの30代後半の 加賀隆一アナと 20代半ばの 山田優香アナ(両者とも仮名)。 つい1時間前まで、二人並んで お堅い夕方のニュース番組の司会をしていた。 そもそも本誌がこの取材を開始したのは、 地元マスコミ関係者からの こんな情報提供がきっかけだった。 「NHKのある放送局の男性キャスターと 女子アナが不倫をしているようだ。 二人の顔は、地元の視聴者だったら 誰でも知っている有名人。 不倫関係は、していないと 思っているのは本人たちだけで、 周囲の人間は苦々しく思っているから 局内の雰囲気も険悪になっているそうです。 実は数カ月前に男性アナは上司から 『不倫関係』を問いただされ、 厳重に注意されている。 にもかかわらず二人は 交際を止めようとしないんです」 そんな二人が逢瀬を重ねているのは、 決まって市街地から車で15分ほどの 距離にある郊外の路上なのだという。 この日、二人は番組内で、 参院選に出馬する地元の候補者や 高校野球の組み合わせ抽選の ニュースを紹介していた。 放送が終了して1時間ほど経ったころ、 加賀アナと 山田アナが乗った車が 現場に現れたのだ。 そこで取った行動が冒頭のシーンなのだ。 女性が 男性の上にまたがる姿が目に入る。 上下に動いたと思えば二人で横に倒れ込む。 激しい逢瀬を重ねたあと、 二人は乱れた服を整えると、 素早く車でその場を去った。 加賀アナは既婚者だ。 本誌が確認しただけでも、二人は週に複数回、 ときには3日連続でデートを楽しむこともあった。 停車帯での 長時間の駐車(駐車禁止)や、 外部から見える路上での わいせつ行為 (公然わいせつ)など、 二人の 「行為」は、 多くの問題を抱えている。 視聴者の信頼を取り戻すのは、 並大抵の努力では済まないだろう。 FRIDAY最新号では、 車中の様子の別カットなども掲載している。 不倫がバレていないと思っていたのは、 当の本人たちだけで・・・ 行為が終了すると 斎藤孝信が住む、 自宅近くのコンビニまで 彼女を送っていたようだが。。

次の

早川美奈の今現在!結婚や彼氏が気になる!年齡や出身高校と大学も紹介!

斉藤孝信 早川美奈

そのローカルニュースのうちのひとつ、山梨県域で放送されているNewsまるごと山梨で突然メインキャスターが降板、HP上からもキャスターの情報が抹消されるという不思議な現象が起こりました。 降板、そして情報が消えたキャスターは早川美奈さん。 早川美奈さんは同じく同番組のキャスターを務めていた斉藤孝信さんと不倫したことが報道されています。 局内のアナウンサーと不倫をしてしまうとは何てあと先を考えられない人物なんだと思い調べてみると、早川美奈さんには意外な経歴があることがわかりました。 そこで今回はNewsまるごと山梨を電撃降板した早川美奈さんについてご紹介していきます。 記事内で登場する山田優香アナと加賀隆一アナはともに仮の名前なのですが、それが早川美奈さんと斉藤孝信さんではないかと言われています。 NHK甲府のまるごと山梨のお二人がやっちまったようでホームページからも抹消されてる。 残念だしなんでそんなことしちゃったのかって思う。 だから昨日からいなかったのかって今分かった。 — コマ2 vfkmcchan324 Newsまるごと山梨はNHK甲府放送局(総合テレビ)で毎週月曜日から金曜日に放送されている山梨県域のローカルニュース番組です。 ローカル局のニュース番組ですから、地元の人たちにとっては夕方・夜の顔として広く認知されていたと思われます。 そんな二人が突然いなくなり、HPのキャスター紹介欄と二人が書いた日記が削除されました。 このことからも、ほぼ間違いなく不倫していたのは早川美奈さんと斉藤孝信さんのようです。 関連: 地方局とはいえ、お茶の間の顔とも呼べるニュースキャスターの不倫。 局内では有名な話だったらしく、上司からはやめるよう注意も受けていたようです。 もちろん不倫がバレてしまったら局としても印象が悪くなりますが、本人たちにとっても今後の社会生活に多くの悪影響を与えるでしょう。 少し冷静に考えれば、少なくとも車内での不倫現場を報道されるようなことはなかったと思います。 それでも、やめることができなかったというのはあと先を考える能力がなかったのでしょうか? 早川美奈さんの意外な経歴、実は真面目でしっかり者? 今回不倫報道された早川美奈さん。 NHK甲府局のキャスターという職業ですが、実は もともとは研究者を目指して機械工学を学んでいたという意外な経歴を持っています。 父親が研究者ということで、 子どもの頃の憧れの職業が研究者だったといいます。 出身高校は地元のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)コースに所属しており、出身大学は山梨大学工学部機械工学科という、いわゆる リケジョです。 進学先に機械工学科を選んだのは研究したい分野の教授がいたからだそうで、この頃はまだ研究者を目指していたようですね。 アナウンサーは漠然とした憧れだったということですが、大学の授業を受ける中で研究者の道に不安を感じ始めた頃から徐々にアナウンサーとしての道に興味を持ち始めたようです。 また、早川美奈さんは大学在学中の2010年には、地元の「 湖衣姫コンテスト」に出場されています。 湖衣姫コンテストとは、山梨県甲府市で行なわれる信玄公祭りの前夜祭として行なわれるコンテストです。 武田信玄の側室・湖衣姫(こいひめ)の役を選ぶコンテストとして毎年4月に開催されています。 このコンテストで 見事で特別賞を受賞された早川美奈さん。 conohana. yamanashi. 小さい頃から憧れていた研究者を目指して理系の高校・大学に進学。 大学では研究者としての道は断念するものの、すぐにもう一つの憧れだったアナウンサーの道を目指すためにアナウンサースクールに通い地元のコンテストに出場。 こうしてみると、将来のことを考えて行動するしっかりした方だという印象を受けます。 そんな早川美奈さんが、何と同じ職場のアナウンサーと不倫してメインキャスターを電撃降板しました。 今後はイメージ的にテレビには出られないでしょうし、契約を打ち切り、つまり解雇処分になる可能性もあるでしょう。 もし解雇になった場合、不倫報道をされてしまったのですからなかなか再就職も難しいと思います。 研究者を目指して大学に行き、アナウンサーを目指してNHKに入社できるくらい考えられる方が、不倫がバレたらこのような悪影響があることを考えられなかったのかな、と思うと少し残念です。 しばらくは風当たりが強くたいへんな日々を過ごすことになるでしょうが、今後はプライベートの方でも先のことを考えて行動して欲しいですね。 関連: -.

次の