ストレス性胃腸炎 仕事何日休む。 「ストレス性胃腸炎」に関するQ&A

ストレスが原因の胃腸炎の症状は?胃がキリキリ。脂が多い食事はNG

ストレス性胃腸炎 仕事何日休む

胃腸炎の主な4つの原因 1. ストレスによるもの 「ストレスで胃が痛い」は立派な胃炎です。 胃痛や胃潰瘍で会社を休むことは広く行われている比較的人気な方法ですから、是非とも視野に入れるべきでしょう。 食中毒(ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルス、カンピロバクター、O157などが主な原因) 食中毒において激烈な症状を呈し、各種報道によって社会問題とさえされるノロウイルスやO157等の食中毒も広義では胃腸炎です。 ウイルスによって胃と腸が荒らされた結果、嘔吐や下痢の症状が出るからです。 症状の軽いものとしてはアデノウイルスやロタウイルスがあります。 食品を扱う仕事に従事している場合、これら食中毒に罹ってしまうと出勤停止になってしまう上、きちんとした会社であれば診断書の提出を求められることがあります(傷病手当金受給のため)。 つまり、軽い気持ちで食中毒で休んでしまうと後々面倒なことになってしまうので注意が必要です。 その他の雑ウイルスによる感染症(胃腸の風邪とも呼ばれる) 風邪とは名もなきウイルスによって各種症状が発現し健康が損なわれることですが、胃腸炎においても名もなき雑ウイルスによってやられることがあります。 軽度で原因不明の症状は「胃腸の風邪」とも呼ばれますから、ズル休みの理由にもしやすいです。 魚介類の寄生虫によるもの(アニサキスなど) 特にアニサキスが有名ですが、刺し身などの生魚に付着していた寄生虫によって胃が荒らされ、嘔吐や胃痛などの症状が出ることもあります。 「吐き気が止まらない。 昨日食べた刺し身のせいかも」というのは有効な戦術です。 胃腸炎の症状 胃痛 胃痛の長所は人気すぎず、マイナーすぎずということです。 「風邪で休みます」はありきたりな言い訳のためバレやすく、「脳梗塞のため休みます」は事態が深刻すぎて後にバレます。 「胃痛で休みます」はその中間の丁度よい隙間を突く秀逸な弁明であるということです。 関連記事: 腹痛 腹痛はそのポピュラーさが魅力です。 「お腹が痛いので休みます」は休む理由としての緊急性は高いけれど、長期に渡る深刻性はあまりない。 つまり、翌日にケロっとした顔で「やー、すみませんでしたー」と出勤しても何の問題もないということです。 関連記事: 下痢 上記腹痛を具体的にしたものが下痢です。 おおよそ腹痛と組み合わせて使うのが良いでしょう。 症状も後を引くことがないので、腹痛同様に翌日にさわやかな顔で出勤したとしても、上司や同僚は水に流してくれるでしょう。 関連記事: 吐き気 この中で最も緊急性の高いのが「吐き気が止まらないので休みます」です。 オフィスで嘔吐されても困ってしまうので、殆どの場合は「休み給え」と言ってもらえるでしょう。 関連記事: 発熱 発熱のメリットは具合の悪さを数値化でき、客観的に伝達できることです。 お手軽な上に効果が高い。 コスパで選ぶなら発熱が一番です。 関連記事: 上記を踏まえて、胃腸炎で会社を休む戦略 冒頭で述べた通り、まずすべきことは「症状を会社に連絡する」ことです。 で、一日休んだ後の出勤の際に「どうやら、胃炎のようでした」と報告します。 留意すべきことは、あまり長期に渡る深刻な症状を言い訳にしないことです。 あくまでも「ストレスによる一時的な胃炎」「胃腸の風邪による一時的な腸炎」のスタンスを貫きましょう。 後に「病院で診断書を貰ってこい」と言われて打つ手なしとなってしまわないためです。 戦術は無限にあります。 その手段をどのように調理し、食卓に出すのかが腕の見せ所です。 誰もが一流の「ズル休み料理人」になれることを当サイトでは願っています。 胃腸炎でのズル休みはバレやすいか? 胃腸炎でのズル休みは軽いものであればまずバレることはないでしょう。 例えば風邪は職場への復帰後にマスクをしたり、頭に冷えピタを貼ったり、咳をする演技をしたりしなければなりませんが、胃腸炎によるズル休みはそういったアフターケアが全く必要ありません。 極端な話「昨日はすいやせんしたー」と次の日に出勤したとしても、その態度について指導されることはあってもズル休みを看破されることには繋がらないと思われます。 もちろん、普段の勤務態度が真面目であるほどバレる可能性は低くなるわけですが、各種ズル休みの中でも胃腸炎は「当日の症状は激烈でイメージしやすい」もので「次の日には完治」というズル休みにとってこれほど都合の良いものはないでしょう。 胃腸炎でズル休みする際の電話のかけ方 前述の通り、「胃腸炎のため休みます」はご法度です。 私たちは「腹痛と発熱のために休ませてください」のようにまずは症状を伝達する必要があります。 この際、「とりあえず薬は飲んだので、症状が治まったら病院に行ってきます」と言い添えると完璧です。 で、翌日の出勤の際には「病院で診てもらった結果、軽い胃腸炎だったみたいです。 胃腸の風邪みたいな感じのようです」と弁明します。 胃腸炎での早退の仕方 胃腸炎を原因として早退したい場合に有効なのは「トイレにこもる」作戦です。 10分ほど無言でトイレにこもった後にうつむきがちで戻れば充分な体調が悪いアピールになります。 で、「吐き気がするので、早退させてください」と言えば完璧です。 例えば、風邪で早退の場合には熱を計らさせられること必至であり、咳などの演技もしなければならないのが面倒ですが、胃腸炎は症状が臓器の中で完結しているのが魅力です。 つまり、症状が外から見えない。 「吐き気がある」と言えば吐き気があることになります。 「吐き気がある」からといってオフィスで派手に嘔吐する必要はもちろんありません。 胃腸炎で休んだ翌日の出勤の仕方 普通に出勤することが肝要です。 無駄な演技は必要なく、なんなら「完治した」くらいのスタンスで臨みましょう。 下手な病み上がりの演技は見破られた際に厄介です。 出勤した後には職場の上司や同僚の一人ひとりにきちんと「昨日はご心配、ご迷惑をおかけしました」と深々と頭を下げておくことで「真面目な人」と印象づけることが可能になります。 人は「真面目な人」がまさかズル休みをするだなんて考えていないものです。 従って、そのように丁重な態度を取っておくことで、昨日のズル休みがバレる可能性が限りなく低くなると共に次のズル休みへの布石を打つことができます。 意外と重要な事です。 胃腸炎で連休は可能か 胃腸炎におけるズル休みは連休には向いていません。 なぜなら、長期的な深刻度が増すことによって、例えば会社から「ノロウイルスの検査をしてもらってこい」などと余計なおせっかいを言われかねないからです。 会社が善意で言っていたとしても悪意だったとしても「診断書を提出せよ」と言われるような事態は避けたほうが賢明です。 診断書は公文書なので偽造は不可能。 頑なに提出しないとなれば不自然。 結果、ズル休みがバレることにもなりかねません。 一日だけ休んで翌日にケロッと出勤するのが私たちにおける最善の選択肢です。

次の

ストレスからくる体調不良の症状!仕事退職の原因にもなる?

ストレス性胃腸炎 仕事何日休む

責任のある仕事を担当したり、部下を持つということは、自分の仕事の成果が評価されていることの表れなので、やりがいのあることだと言えます。 当然、周囲からは期待されるのですが、それが重荷になってしまうと大きなストレスを抱えてしまうことになります。 そんなストレスを感じているときに、 何となく胃腸の調子がよろしくない、と感じる方もいるようです。 ……例えば、胃が痛いとか、食欲が落ちるとか、緊張すると下痢してしまう、といった症状ですね。 近年になってストレスが原因で急性胃腸炎になる人が増えてきました。 では、この ストレス性の胃腸炎とはどういうものなのでしょうか? チェック方法などについて記事にしてみました。 どうぞお付き合いください。 胃がキリキリ痛くなる• 胃がムカムカする• 吐き気・胸やけ• 胃もたれがする• 食欲不振• 腹部の膨満感• 胃の不快感による睡眠障害• 緊張すると下痢してしまう 極度のストレスを感じた時に、一番に影響が出るのが胃と腸なのです。 ここまで読んで、 「あっ!この症状があるから、自分はストレス性胃腸炎かな?」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。 上に挙げた症状は胃腸に病気 病態 があっても現れるものです。 ストレス性胃腸炎と胃腸病との違いは 器質的異常の有無が前提になります。 器質的異常 器質的疾患 とは、内視鏡検査などで病態が確認できることをいいます。 例えば、胃潰瘍とかの病気があることをいいます。 器質的異常の有無を調べるには、内視鏡検査が手っ取り早いです。 ストレス性胃腸炎と自分で判断してしまう前に、消化器内科にて 医師の診察や内視鏡検査を受け、病態がないことを確認することが必要です。 もし、病態が確認できれば、まずそれを治療します。 ストレス性胃腸炎は 胃の不快感や食欲不振が主な症状の「神経性胃炎」と、胃よりも下痢や便秘のように 腸の方に不快感が出る「過敏性腸症候群」に分かれます。 テレビのCMでよく見る、緊張すると「お腹グルグルグル~~~~」は過敏性腸症候群ですね。 昔から男性はお腹が弱いと言われるように、女性より男性の方がストレスが腸に出やすいようです。 ストレス性胃腸炎の原因は、人間関係や激務による過重労働・失業状態や、家庭不和・緊張・不安・パニックなど心理的に追い詰められた時に、身体に現れる事が多いです。 「腸は第二の脳」と言われるように、 胃腸と脳は自律神経を通じて密接に関係しています。 これを 「脳腸相関」 のうちょうそうかん と呼ぶのですが、ストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、胃腸が影響を受けてしまうんですね。 ストレス性胃腸炎を治療する方法は? 内臓に器質的異常がないのですから、病院に行って検査をしてもらっても「異常がない」と言われることがあります。 胃腸薬を処方してもらっても、ストレス性胃腸炎の場合は症状が治まらない場合も多いようです。 この症状が続くようなら、 神経内科や心療内科で精神安定剤を処方してもらうか、カウンセリングを受ける事になります。 最近は、ストレス外来も出来ています。 鍼灸治療によって胃炎の回復を早め、完治までの時間を短縮させる事ができるという事で、鍼灸院に通う人もいます。 ストレスが原因なのですから、根治するにはそれを取り除くのが最善の方法です。 ……とは言え、人と関わるのを止める事も仕事を辞める事も出来ないのが現実です。 ストレスを取り除くのではなく、うまくストレスと付き合って解消する事が治療の大前提です。 それには、自分の為の時間を作る事です。 自律神経のバランスを整えることも大切です。 自律神経には緊張したり、何かに集中しているときに優位になる交感神経と、 リラックスしているときに優位になる副交感神経があります。 交感神経と副交感神経はあたかもシーソーのように、一方が優位になるともう一方は下がります。 両者がいいバランスを保つことが大事です。 ストレス過多の人は交感神経が必要以上に優位であることが多く、バランスを欠いています。 これが胃腸の働きを鈍らせることになります。 では、ストレス性胃腸炎の改善に役立つ生活習慣を見ていきましょう。 ONとOFFを使い分ける。 月~金曜日まで、目いっぱい仕事をしても土日は趣味の時間と決めていれば、平日の仕事のストレスが軽減します。 自分には趣味がないという人は散歩でもいいのです。 散歩は副交感神経を優位にします。 できれば、 朝の出勤前に15分ほど散歩をしてみましょう。 自分一人で悩みを背負わない。 一人で悩むことは一番いけません。 仕事が重複してきつければ人に助けてもらう。 人にうまく仕事を振れる人は仕事が出来る人です。 友人や家族に話を聞いてもらう。 私も以前は、仕事を家に持ち込まない事にしていました。 そういう人は多いと思います。 そうするうちにストレスがピークになって入院する場合もあります。 家族に仕事の事を話すようになったら、気持ちが随分楽になりました。 リラックスできる時間を作る• ぬるめの風呂に長めに入る。 熱い風呂やシャワーのみで済ますことは、逆に交感神経を刺激してしまいます。 食事の早食いを止める。 食事をゆっくり取ることは副交感神経を優位にします。 睡眠時間を十分に取る。 よく寝ることは心身の回復を促します。 ボーッと自分の好きな音楽を聴く、といった時間を取ることも有効です。 食欲不振があれば、 食事の時刻を一定にし、間食は一切しないようにします。 これは決まった時刻に食事をする習慣を持つことで、自律神経のバランスを正しく戻す狙いがあります。 その他気をつけることは?• たばこを控える• 香辛料などの刺激の強いものは食べない• 生活のリズムを整える• 疲れを溜め込まない• 暴飲暴食をしない まとめ ストレスはどんな人にもあるものです。 「私はストレスなんて感じたことがないわ!」と言う人でも、満員電車に乗れば不快ですし、寒い・暑いといった気候の変化を感じてもストレスなのです。 ストレスとは、生活上のプレッシャーの感覚です。 自分だけが……と思う事は強いプレッシャーになります。 心に余裕を持って、自分を大事にしてくださいね。

次の

ストレス性胃潰瘍にかかるしくみ・症状とは?病院でうける検査や治療を解説

ストレス性胃腸炎 仕事何日休む

「ストレスで胃がキリキリする」 よく、こんなことを言ってしまいがちだが、実は古代ギリシアの時代から「ストレスで胃が痛む」と言われていたという。 現代の私たちも胃の辺りを押さえながらそんなことを言うことがあるが、実はその痛みの原因とストレスはイコールではない。 では、痛みの原因は何なのか?私たちの体の中にある消化器はどんな組織なのか、胃や小腸、大腸の働きについてなどを記した『胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康』(幻冬舎新書)の著者であり、内科医、産業医を務める奥田昌子医師に話を聞いた。 ストレスが与える消化器への影響 ストレスがあると緊張感が生まれ、勉強が捗ったり、仕事ができたりとストレスは悪い面ばかりではないが、過度なストレスを受けると人の消化器の働きは悪くなり、そして体の不調へとつながっていくという。 「ストレスが続くと、いろいろなホルモンが出たり、自律神経のバランスが乱れたりして、胃腸の働きに問題が起こります。 しかし、「お酒やタバコ、食べ過ぎが原因だと思い至ることが多く、少し話を聞くだけで、胃の痛みの原因はたいていわかります」とした。 胃に不調を感じている人は生活習慣が乱れていることも多く、まずは、生活習慣を整える必要があるという。 「起きる時間と寝る時間をできるだけ毎日、揃えてください。 生活リズムができ、決まった時間になると交感神経と副交感神経が自動的に切り替わるようになり、2つの神経がバランスよく働きます。 また、起きている間は有酸素運動を心掛け、毎晩お風呂でぬるめのお湯にゆっくりつかるのも有効です。 ストレスによって交感神経の働きが過剰になると、胃腸の粘膜への血液の流れが悪くなるので、そういうときは温かいものを飲むと血行がよくなり、胃の不快感が和らぐ可能性があります」と話した。 じつは、ストレスが原因で胃潰瘍や十二指腸潰瘍になることはまれで、ストレスが溜まることで潰瘍の症状が悪化する。 そう、「ストレスで胃が痛い」と思うその痛みは、ストレスそのものによるものでなく、すでに胃などが弱っていたり、何かしらの病気になっているところにストレスが重なって起こる痛みなのだ。 もちろん、痛みが続いていれば病院へ行く必要があり、強いストレスを感じている人は、病院での治療に加えて、ストレスの原因を取り除いたり、生活習慣を整えることで、胃腸の調子を改善し、強い胃腸になることができる。 なぜかというと、胃腸は私たちの体の中でとても重要な役割を担っています。 生命の維持に支障が出ないよう最後の最後まで自分の役割を果たそうとするんです。 そのため、本当の胃腸の調子を一般の方が判断するのは難しいものです」 忙しい毎日の中、少しの痛みや違和感で病院に行くことは難しい。 「痛み」を感じたら、どんなタイミングで病院へと行けばいいのだろうか。 「どんな症状でも、1ヶ月続いたら病院に行くことをおすすめします。 市販の胃腸薬を飲む場合は、飲み始めて2週間経ってもスッキリしなければ、受診してください。 「胃腸は独立して存在しているのではなく、体の他の組織や心とも結びついています。 ちょっとしたボタンの掛け違いで、胃腸の不調が全身の不調を招くことがあります。 また、胃腸は全身の状態を映す鏡でもあるので、胃腸の調子がどこか優れない時は、心を含め、どこか他に原因が隠れている可能性も考えてください」 春は気候だけでなく、仕事などで環境の変化を受けやすい季節。 歓迎会などで飲み過ぎた、食べ過ぎた…なんてこともあって、胃腸へ負担を掛けていることがあるかもしれない。 春は新しいことを始めるには良い季節であるからこそ、今から生活習慣を見直し、自身の胃腸、健康と向き合ってはいかがだろう。 奥田昌子 内科医。 大手化学メーカー産業医も務める。 京都大学大学院医学研究科修了。 京都大学博士(医学)。 『内臓脂肪を最速で落とす』(幻冬舎新書)や、『欧米人とはこんなに違った 日本の「体質」』(講談社ブルーバックス)、『実はこんなに間違っていた!日本人の健康法』(大和書房)、『「日本人の体質』研究でわかった 長寿の習慣』(青春新書インテリジェンス)などの著書がある。

次の