動画 編集。 動画編集ソフトVideoPadを無料でダウンロード。本格的なビデオ作品が簡単に作れる、おすすめ無料動画編集ソフトです。

【初心者向け】カンタの動画編集講座

動画 編集

Windows 10で動画編集するにはどうしたらいいの? 最近になって、ビジネスで動画を扱う機会がますます増えてきている。 例えば商品サンプルを取引先に紹介したりする場合は、単なる写真ではなく動画で見せた方が訴求効果が高まる。 より見映えの良い動画を作成するためには、複数の動画をつなげたり、ちょっと音声や文字を入れたり、といった編集が自分でできると便利だ。 かつてWindows XP時代には、標準で「ムービーメーカー」という動画編集ソフトが付いていた。 「ムービーメーカー」は、無料ながら一通りの動画機能を搭載しており、通常の動画編集は問題なく行えた。 Windows Vista以降、OS標準装備ではなくなったものの、マイクロソフトのサイトから無料ダウンロードして利用することができた。 ところが2017年1月10日、「ムービーメーカー」は公開が停止され、利用できなくなった。 「ムービーメーカー」は、かつてはWindowsに標準装備されており、無料ながら高機能で、Windows用の動画編集ソフトの定番といえる存在だった。 しかし2017年1月に公開が停止され、利用することができなくなった。 Windows 10の発売当初は、使いやすい動画編集ソフトが標準装備されておらず、困った人も多かったはずだ。 しかしWindows 10でも、大型アップデートで動画編集機能が使えるようになっている。 Windows 10の動画編集機能は、ちょっと分かりづらい場所にある。 Windows 10の標準状態で画像をダブルクリックすると「フォト」というアプリが開く。 「フォト=画像表示用アプリ」と思っている人も多いだろうが、実はこのアプリを使うことで動画編集ができるのだ。 Windows標準の画像ビューアーである「フォト」。 そのアプリ名から単なる「画像表示用アプリ」だと思っている人も多いだろうが、実は十分な動画編集機能を兼ね備えている。 まずは使ってみよう!「フォト」で静止画像から簡単な動画を作成する それでは早速「フォト」アプリを使って動画を作成してみよう。 まずは練習用として、写真素材を元に、複数枚の写真を次々と表示するスライドショー動画を作ってみる。 このメニューだと、指定した画像ファイルをつなぎ合わせ、アプリ側で自動的に選んだ音楽ファイルをBGMにした動画が出来上がる。 まずはWindows 10のスタートメニューから「フォト」を選択して起動する。 次に「インポート」をクリックして、動画に使いたい素材を登録する。 今回は「フォルダーから」を選び、写真のファイルが入っているフォルダーを登録した。 登録ができたら「フォルダー」をクリックして、登録したフォルダーを開いておく。 今回は代表的な編集機能を簡単に紹介したが、このほかに「フィルター」を使って動画をモノクロやセピア調にするといった効果を付け加えることや、3D効果を追加する、といったことも可能。 一通り編集作業が終わったら、自動ビデオのときと同様に「エクスポート」を行えば、編集した結果を動画ファイルとして出力できる。 以上、「フォト」アプリによる動画編集を簡単に説明したが、編集作業はさほど難しいものではないので、実際に動画を作ってみればすぐに慣れるだろう。 さすがに市販の本格的な動画編集ソフトほどの機能はないものの、簡単な動画であれば驚くほど手軽に作成できる。 Windows 10で動画編集をしたいという人は、ぜひ利用してみてほしい。

次の

【2020】動画編集ソフトおすすめランキング無料有料まとめ比較36選Windows/Mac

動画 編集

もくじ• 動画編集をするならデスクトップパソコンがおすすめ パソコン選びでまず最初に悩む問題といえば「デスクトップパソコンとノートパソコンのどちらが良いのか」ではないでしょうか。 結論から言えば、 動画編集に本気で取り組むならデスクトップパソコン一択です! ノートパソコンは持ち運べて、場所を選ばずに使えますが、本体サイズをコンパクトにするために 拡張性や放熱性が犠牲となってしまっています。 そのため後から性能を高めることが厳しく、そもそもデスクトップパソコンに搭載できるような高性能なパーツを使うことが出来ません。 また、小型化するのにもコストがかかるため、 同じくらいの性能のデスクトップパソコンとノートパソコンですと、 ノートパソコンの方が価格が高くなってしまいます。 部屋に置くスペースが無いなど、どうしてもノートパソコンにしたい理由が無いのであれば、 安価に高性能なマシンが手に入るデスクトップパソコンをおすすめします。 動画編集用パソコンに必要なスペック 動画編集は、パソコンの一般的な用途の中では 最も負荷のかかる作業となります。 そのため、言ってしまえば「パソコンは高ければ高いほど良い」という 身もふたもない結論となってしまいます。 しかし、そうは言っても予算には限りがあるものですので、各パーツの役割や特徴を整理しつつ、 動画編集用パソコンでお金をかけるべきポイントを見ていきましょう。 CPUに最もお金をかけるべき どんなに高性能のCPUを搭載しても、充分な量の メモリ(RAM)を積んでいないと、性能を発揮しきれません。 メモリは作業机のような役割だとイメージすると分かりやすいです。 机が狭いと参考書とノートを広げるのが精一杯でも、机が広ければさらに辞書を置く余裕が生まれて勉強の効率が上がりますよね。 それと同じように、メモリを多く搭載すると、より多くの作業ファイルをまとめて扱えるので、 動作のもたつきが軽減されます。 実際に搭載するメモリ量の目安ですが、先ほどのCPUと同じくフルHD動画のカット編集を例に挙げると、 8GBでなんとか可能、できれば16GBは積んでおきたいところです。 サイズの大きい4K動画ファイルを扱う場合には 32GB程度は確保しておきましょう。 メモリを作業机だとするならば、 ストレージ(データ保存領域)は本棚です。 本棚から参考書や辞書を取り出して机に広げて作業するように、パソコンの場合は必要なファイルをストレージからメモリに持って来て処理を行います。 作業机であるメモリの大きさに比べ、動画編集で扱うファイルの大きさの方が遥かに大きいため、 動画編集作業中にはストレージとメモリ間でのファイルのやり取りが頻繁に発生します。 この時、ストレージの読み込み・書き込み速度が遅いと、操作1つ1つのタイミングで待ち時間が発生してしまいます。 そこで役立つのが SSD(Solid State Drive)です。 SSDは大きなメモリーカードのようなもので、従来のHDDと同じように使えるストレージですが、 読み込み・書き込み速度はHDDの数倍から数千倍にもなります! 数千倍もの速さが発揮されるのは ランダムアクセスと呼ばれる項目なのですが、このランダムアクセス速度こそ、 作業中のもたつきに直結する要素なのです。 CPUと似た役割を持つパーツに GPU(Graphics Processing Unit)が存在します。 GPUは「画像描写処理用の脳みそ」と認識していただければOKで、美しいグラフィックの3Dゲームをパソコンで遊ぶ場合には、高性能なGPUを搭載した グラフィックボードが必要不可欠です。 画像描写処理用と聞くと動画編集にも役立ちそうに思えますが、 動画編集においては先に挙げたCPU・メモリ・SSDに比べると効果が薄く、優先度としては低めになります。 予算が余っていたり、CPUやメモリを充分に積んだ状態でのアップグレード程度に考えればOKです。 また、GPUは NVIDIAと AMDの2社が主にシェアを占めていますが、それぞれ得意分野が異なります。 たとえばAdobe Premiere Proであれば NVIDIAのGeForceシリーズが最適化されています。 「無いよりはある方が良いだろう」といった考えで 性能の低いGPUを積んでも効果は得られませんので、搭載するのであれば、GeForceならばGTX 1660 Tiなど ミドル以上のグレードにしましょう。 スペックは第8世代Intel Core i5 8250にメモリ8GBと、まさに 最低限の構成。 詳しくは私のブログ「力こそパワー」にてレビュー記事で解説をしています。 私の主な用途がフルHD動画の簡単な編集のため、ノートパソコンでもなんとか作業をこなせていますが、お世辞にも 快適とは言えません。 カット編集程度ならば問題無いのですが、倍速などのエフェクトをかけるとプレビューが行えないほどに動作が重たくなってしまいます。 さらに最近はそのような高負荷をかけ続けた影響か、PCのバッテリーが一気に劣化し、 ACアダプターを繋いだままでないと一瞬で電源が落ちるようになってしまいました。。。 やはり 動画編集を行うのであればデスクトップパソコンを使いたいですね。 一眼で高画質の動画を撮影して編集する場合 映像の美しさにコダワリを持ってクリエイティブな動画を編集しているさんの場合は、もちろん デスクトップパソコンを使用しています。 以前はIntel Core i7を中心に そこそこのハイスペックパソコンを使っていたのですが、先日「ワークステーション」と呼ばれる一般向けでない、いわゆる 業務向けのマシンを入手して作業環境が大きくパワーアップしたのです。 さらにはメモリも64GB、SSDも2つ搭載しており、 GPUのGeForce GTX 1060が控えめに感じてしまうほど。 そんなけんいちさんのマシンについてはYouTube動画内でも紹介しています。 raytrek AT マシン構成 CPU AMD Ryzen 7 3700X メモリ 16GB ストレージ SSD(1TB) GPU GeForce GTX 1060 Ti 6GB 価格 159,980円(税別) 動画編集をこれから始めてみたい・フルHD動画をサクサクと快適に編集したいなら、Ryzen 7 3700Xにメモリを16GB、SSDも余裕のある1TBを搭載した raytrek ATがおすすめです。 もっと安価なモデルでも存在しますが、「NUC(Next Unit of Computing)」と呼ばれるお弁当箱ほどのサイズしかない小型マシンゆえにノートパソコンと同様の弱点があるため、動画編集を本格的に行いたいのであれば raytrek ATを選んだ方が、より長く安心して使い続けられます。 raytrek AXGF マシン構成 CPU AMD Ryzen 9 3900X メモリ 32GB ストレージ SSD(1TB)+HDD(3TB) GPU GeForce RTX 2070 SUPER 8GB 価格 274,980円(税別) 4K動画の編集など、 高い負荷のかかる作業もスムーズにこなせるパワフルなマシンが欲しいのであれば、 raytrek AXGFがベストバイです。 一般向けでは最高クラスのCPUとなるRyzen 9 3900Xにメモリもたっぷり32GB、さらには1TBのSSDに3TBのHDDも搭載して、まさに 死角なしのハイスペックマシンとなっています。 何と言っても注目すべきは、 圧巻のコストパフォーマンスです。 と比較して CPU性能で上回りながら、なんと4万円以上も安いという驚きの価格設定です。 raytrek ZZ 9900Kと比べると搭載GPUがGeForce RTX 2080からGeForce RTX 2070 SUPERへと1ランクダウンしていますが、動画編集における優先度としては CPU性能の方が重要ですので、より良いCPUを積みながら価格を抑えられている注目の1台です!.

次の

【在宅】副業で動画編集を始める方法!初心者が月10万稼いだ全手順

動画 編集

本業は整体師で、整体でビジネス的にやるのが嫌だったので、動画編集の副業を始めました。 月商19万円まで伸ばせたので、その方法をお伝えします。 「副業で動画編集をやれば稼げる」という情報をきいても、信じきれないあなたに、「わたしが月19万円稼げるようになった具体的な方法」を書きます。 副業の動画編集で稼ぐには「たったの2つ」を実践するだけ 結論からお伝えすると、稼ぐためにしたことは、「たったの2つ」です。 1つ目は、動画編集の技術を身につけること。 もう1つは、動画編集で稼ぐ案件を獲得することです。 技術は誰でも身につけられるのですが、稼ぐ案件の獲得で困ってる人が多いような気がしています。 このnoteを読むことで、 まずは動画編集で1万円稼げるようになってもらうつもりです。 実践すれば確実に1万円を稼げるようになる自信があります。 理由を説明していきますので、1つ1つ読み込んで実践していってください。 初心者のわたしが動画編集を学んで、19万円を稼げるまでの道のり わたしが動画編集を学び始めたのは、2019年の2月です。 4月から収益が出るようになりました。 次のような感じで収益あげてます。 2月 0 3月 0 4月 24,700 5月 16,000 6月 13,000 7月 49,000 8月 85,834 9月 143,259 10月 191,181 表面的な技術の習得自体は、1ヶ月もあれば終わると思います。 けど、お金をもらえるレベルにはプラス2〜3ヶ月かかると思います。 結論: 動画編集の技術はMovieHacks(有料教材)で学ぶべき ぼくは技術の習得は、MovieHacksという有料の動画教材で学びました。 1〜2ヶ月もあれば、講座はすべてクリアできると思います。 無料で学びたい人は、YouTubeで「Adobe Premiere pro 使い方」とやると出てくるので、やってみると良いかとは思います。 ただ、ぼくの経験ですが独学はすごく遠回りだし、クオリティが低い人が多いです。 独学で勉強しました!みたいな人の編集は「かなり素人っぽさ」が出ちゃいます。 あとは独学って稼ぐために、学ばなくても良いことまで学んだりするんですよね。 お金を稼ぐことが目的なら、MovieHacks買うのが1番早いし確実だとは思います。 お金ないとか、動画編集で稼ぐのが目的じゃないとかなら、独学するので大丈夫だと思います。 つまり、何が言いたいかというと、「動画編集でお金稼ぎたいならMovieHacks買いましょう!お金は取り返せます!」ということです。 もう一つMovieHacksには最強のメリットがあります。 MovieHacks最強のメリットは、動画編集ディレクターと直接コンタクトが取れること ぼくの収益のほとんどが、動画編集講師・ディレクターの生ハムさんからのお仕事です。 うまいことアピールできたら、生ハムさんから仕事もらえます。 やり取りしてたらある時、「高木さん、仕事やってみませんか?」とご依頼いただき、やりますと即答!今もお仕事いただいてます。 ありがたやー。 仕事もらえなかったとしても、ラインで無制限に相談できるのはデカイです。 「こんなこと聞いていいのかな?」と思う方もいるかもしれませんが、権利なんですから聞いちゃいましょう! 約7万円も払ってるので、活用してお金取り返しましょう。 1番の恩返しはあなたが成長して、お金を稼いで、生ハムさんに報告することです。 最近、同じく人生逃げ切りサロンの別の方から、動画編集の仕事をご依頼いただけました。 コミュニティに入ることで、一気に距離が近まります。 正直、技術で圧倒的な差ってあまり出ないと思います。 機械オンチな人からすると、テロップついてたりするだけでも、すごいことだと思うんですよね。 技術よりも「いかに信頼を稼ぐか」が大事だと考えています。 なので、同じコミュニティというだけで一気に距離が縮まって、信頼が高まります。 さらに言うと、コミュニティに入って満足でなく、コミュニティにギブしまくりましょう。 コミュニティに積極的に投稿やコメントをしましょう。 すると、「この人ちゃんと行動する人だな」「こいつコミュニティの使い方わかってるじゃん」って信頼を高めることができます。 他にも依頼を毎月くださる整骨院コンサルの先生も、別のコミュニティで仲良くなった先生でした。 個人で依頼くださったトレーナーさんも同じ感じです。 その中でも人生逃げ切りサロンは、仕事を発注したい人と、仕事を受注したい人がわんさか集まってきてて、月額1980円と超お得なのでオススメです。 12月から値上げするらしいので、入るなら今です。 出張用です。 家ではデスクトップでもうちょい良いやつ使ってます。 わりとせっかちなので、遅いとイライラしてパソコンを叩き割りたくなります。 Macbookでcore i5、メモリ8GBのを使ってたのですが、スマホ撮影の動画なら大丈夫ですが、一眼レフとかのいい画質だとかなり重たくなって、いつもイライラしてました。 笑 あなたが自分でスマホ撮影した動画を編集する程度なのか、人の動画を受注して編集していくのかで考えると良いかなと思います。 よくある質問: 動画編集は今からでも遅くないですか? 以前、個別で「今からでも遅くないですか?MovieHacksを買う価値はありますか?」と聞かれました。 正直、あなた次第です。 約7万円払ってそれを取り返す自信がないなら、買わないほうがいいと思いますよ。 というのが、取り返すつもりで買わない人って結局購入して満足しちゃって、行動もしないでお金も稼げずに終わるので。 読者特典: 動画編集ゼロイチ倶楽部に無料招待 9,800円 ここまで読んでくださったあなたに、読者特典があります! 下のリンクからMovieHacksをご購入いただいた方は、わたしが運営する 「動画編集ゼロイチ倶楽部」に無料招待します!2020年1月現在、メンバー在籍数は473名です。 (2020年1月から、入会に9800円かかります。 メンバー増加に合わせて、値上げ予定です) 動画編集をはじめて困るのが、営業して仕事を取るときに公開できる作成実績がないということです。 わたしの動画を素材として提供し、編集いただき、コミュニティ内で添削をしますので、それを武器に営業してください。 さらに、もう1つの悩みとして「営業しても仕事が取れない」というものがあります。 特典の受け取り方は次のとおりです。 まず、MovieHacksを購入して支払い完了すると、支払い完了の案内が届きます。 わたしのtwitterのDMにて、画面キャプチャしたものをご送付ください。 パスワードは表記されてないかと思いますが気になる部分は、隠してもらって大丈夫です。 twitterでご連絡いただいて、ご購入を確認できましたら、「動画編集ゼロイチ倶楽部」に無料招待します! なお、無料で入会受付中に入れたラッキーな方には、別の特典として個別のオンラインコンサルをします。 ライン電話などで30分の無料コンサルをして、あなたの稼ぐスピードを加速させますね!タイミングは任せますが、MovieHacks購入から3か月たってしまった場合は、無効とします。 なお、私も動画を編集してくださる方を、探しています。 動画編集の依頼のやりとりで「この人優秀だなー、すげーわかってくれてる」と思ったら、 継続で依頼する可能性もあります。 実際に依頼している方は、多くありませんが数名います。

次の