埼玉県立戸田翔陽高等学校 旭空汰。 出身で2年生まれの有名人

今日好き くうた|旭空汰の身長や高校|YouTuber brother4の従兄弟

埼玉県立戸田翔陽高等学校 旭空汰

今日好き くうた の年齢や出身や身長は? プロフィール んむー — 旭 空汰 あさひくうた kuutavlog 名前:旭 空汰(あさひ くうた) 学年:高校3年生 生年月日:2001年11月4日 年齢:17歳 出身:埼玉県 身長:181cm 血液型:B型 趣味:料理 くうた インスタやTwitter SNS:・ 今日好き くうた|旭 空汰の高校は? くうた君は、どこの高校に通っているのでしょう? 早速調べてみたところ 定時制に通っていて、バレー部に所属している事が分かりました。 またバレー部に入部する前は卓球部に所属していたそうです。 そして卓球部で同姓同名があったので、 埼玉県立戸田翔陽高等学校かな?っと予想しました。 昔は太ってたの? よくbefore afterの写真をTwitterに載せていますが、小学生の頃に太っていたそうです。 面影はありますね^^ これがこうなってこうなって… — 旭 空汰 あさひくうた kuutavlog 痩せた理由は・・ もともとおれがついてた脂肪はやわらかくてぽちゃぽちゃしてる感じの脂肪だったから痩せやすかったみたい! 部活で水泳してたらどんどん痩せていったよ! 食事制限は一切してません! 引用:Twitter と、ツイートしています。 中学生は成長期なので身長もグンっと伸びてダイエットしなくても痩せる場合もあると思います^^ くうた|旭空汰の好きなタイプや彼女は? くうた君は、イケメン・高身長・運動神経がいいのでモテないわけがありませんよね^^ 彼女いない歴は2018年9月頃からいないと話していたので、9ヶ月前はいたそうです。 好きなタイプは 【明るい性格の人】です。 brother4の動画にたまに登場しています。 コラボしている動画の中で 好きなYouTuber:「きまぐれキック」 得意な教科:英語 苦手な教科:数学と理科 と話しています。 Sponsored Link くうた|旭空汰の姉や家族は? くうたくんのお姉さんとお母さんは一緒にYouTubeをしているので、よく登場します。

次の

今日好きメンバー最新冬休みバリ島編プロフィール!インスタtwitterは?|トレンドポップ

埼玉県立戸田翔陽高等学校 旭空汰

8月に甲子園で 交流試合。。 新型コロナウイルス の感染拡大で中止。 各都道府県で代替大会 実施。。 第92回 大会中止(3月19日決定 32校の出場校は決まっていた) 第102回 大会中止(5月20日決定 地方大会も中止) 選抜から1週間500球の球数制限が導入される。 500球に達した時点の打者まで投球が認められる。 ノーゲームになった試合の投球もカウントされる。 3年間は試用期間で罰則なし。 選抜から「申告敬遠」も導入される。 新型コロナウイルスの感染拡大で、選抜大会が中止となった。 高野連は3月4日に「無観客試合で開催の 方向」と発表したが、その後も患者数は増え続け、3月11日に中止を決定した。 選抜大会が中止になるのは、戦争中を除いて史上初。 4月11日開幕予定の春季京都大会が、いったん18日開幕に延期され、その後、中止となった。 結局、春季大会は9地区と47都道府県すべて(沖縄県は準々決勝後に打ち切り)で中止。 新型コロナウイルスが世界中に広まる中、東京オリンピック・パラリンピックが1年程度延期された。 高野連は、新型コロナ騒動が続く場合、夏の甲子園大会についても5月末(5月20日)に判断すると発表した。 高野連は5月20日に運営委員会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で大会の開催が難しいため、 夏の甲子園大会及び地方大会の中止を決定した。 夏の大会の中止は、1918年(大正8)、米騒動で本大会が中止になったのと、1941年(昭和16)に戦争の 影響で中止になって以来。 1942〜1945は戦争のため開催されなかった。 米騒動の時は京都大会が行われ、京都二中(鳥羽)の出場が決まっていた。 1941年は予選の途中で 中止になった。 地方大会前の中止決定は戦争中しかない。 春、夏とも全国大会が中止になるのは、戦時中をのぞいて史上初。 各都道府県で独自の代替大会を実施。 8月に甲子園球場で、センバツ出場校が交流試合。 (381試合201勝178敗2分 勝率.530=センバツ終了時点) 京都代表、夏の選手権成績(213試合121勝91敗1分 勝率.571) (春夏通算 383試合202勝179敗2分 勝率.530) 選抜の行進曲は『世界に一つだけの花』(槇原敬之) 平成が4月で終わるため、平成最後の選抜大会となる。 平成元年の選抜で優勝した東邦が、平成最後の選抜も優勝で飾った。 完成度の高い星稜の奥川恭伸投手が、初戦の履正社戦で17三振を奪い3安打完封と圧巻の投球。 東邦は平成最初の選抜大会(1989年=平成元年)でも優勝し、 平成最後の選抜大会も優勝した。 また、愛知勢の優勝が11回目となり、大阪府に並んだ。 選抜の本塁打は19本。 通算805本。 (京都はなしで春16本のまま) 春季京都大会で京都国際が、初めての京都チャンピオンに。 夏の京都大会 参加75チーム 加盟は78校。 久美浜が部員不足で不参加。 京都精華学園が1年生ばかりで初参加。 農芸、朱雀、京都教育大附が連合チームで参加。 夏の京都大会で部員不足による連合チームは初めて。 立命館宇治として7度目の決勝進出で初めての優勝。 夏の岩手大会決勝で、大船渡の佐々木朗希投手が「故障予防」を理由に登板回避。 「登板回避」という監督の判断をめぐって議論が沸騰した。 夏の甲子園は、履正社が星稜を下して初優勝。 夏の大会本塁打は48本。 通算1696本。 初戦で鳥取城北に3対2とサヨナラ勝ちして史上2校目の春夏100勝に到達。 選抜は90回記念大会で参加36校。 選抜に乙訓が、春夏通じて初出場。 この選抜大会からタイブレーク制が導入される。 13回無死1,2塁で打順は継続。 決勝戦はタイブレークは行わず、延長15回まで戦い、引き分けなら再試合。 幻のノーヒットノーランに。 準決勝の大阪桐蔭対三重が延長12回サヨナラ勝ちでタイブレークまでいかず。 一度もなし。 決勝戦は大阪桐蔭と智辯和歌山の阪和決戦。 送りバントで1死2塁から1番宮崎仁人がレフト前へ勝ち越し タイムリー。 8回裏は先頭の中川卓也が四球で出て暴投で2進後、4番藤原恭大が左中間へタイムリー 2塁打。 さらに、5番根尾昴もレフト前タイムリーで5点目をあげた。 5対2で大阪桐蔭が優勝。 胴上げ投手は6安打2失点完投の根尾昴。 大阪桐蔭は史上3校目の春2連覇。 西谷監督は6度目の優勝で、PL学園の中村順司監督と並び史上最多タイに。 選抜の本塁打は20本。 通算786本。 (京都はなしで春16本のまま) 夏の京都大会、洛陽工、伏見工、京都工学院が連合チームとして出場。 洛陽工、伏見工は3年生のみ。 夏は第100回の記念大会で56校が出場。 この大会はバックネット裏が座席指定となり、先行発売された。 無料だった外野席も500円に。 始球式は松井秀喜が務めた。 1回戦の旭川大高対佐久長聖戦で4対4のまま延長12回を終え、春夏通じて初のタイブレークに突入。 13回はともに「0」。 ところが9回表に星稜が2点をあげて延長に。 9対9のまま延長12回を終え、タイブレークに突入した。 「金農旋風」が社会現象に。 胴上げ投手は完投の柿木蓮。 2度目の春夏連覇は史上初。 西谷監督は春夏通じて7度目の優勝で、PL学園の中村順司監督を抜き、歴代最多に。 西谷監督は甲子園通算55勝をマーク。 歴代3位に。 PL学園の中村順司監督に3勝、智辯和歌山の高嶋仁監督にあと6勝と迫る。 夏の大会本塁打は 51本。 通算1648本。 (京都はなしで夏34本で変わらず 春夏50本) 山梨学院の中尾勇介が初戦の高知商戦で大会通算1600号本塁打。 京都代表 センバツ成績(164試合78勝85敗1分 勝率.479) とにかく勝率を5割に戻そう! 京都代表、夏の選手権成績(208試合118勝89敗1分 勝率.570) 京都のチームが1994年度以来23年ぶりに府外のチームに公式戦で1勝もできず。 東山が秋季大会で1995年以来22年ぶりに優勝 綾部が春季大会で63年ぶり決勝進出、夏の京都大会で42年ぶりベスト4に。 選抜の入場行進曲は、『恋』(星野源)。 甲子園練習で初めて女子マネが参加。 21世紀枠で選ばれた不来方は、部員10人で出場した。 2試合連続延長再試合は春夏通じて大会史上初。 第9日に再試合2試合を組み込み、以降1日ずつ繰り下げ。 休養日なしに。 3月のWBCの対オランダ戦でタイブレークとなり、 8対6で勝ったのも弾みにとなった。 決勝は史上初の大阪対決。 大阪桐蔭は藤原の2本塁打、坂之下晴人の本塁打で 3点をリードしたが、8回裏に履正社が2本のタイムリーで同点に追いつく。 すると9回表、1死2塁から 代打の西島一波が2ランを放って突き放した。 胴上げ投手は2年生の根尾昴。 大阪桐蔭の藤原恭大(2年)がセンバツ決勝では史上初めて2本塁打。 選抜の 本塁打は23本。 通算766本。 (京都はなしで春16本のまま) 夏の甲子園の3回戦、史上初となる二度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭、1対0とリードの9回裏 2死1,2塁でショートからの送球受けた一塁手の中川卓也がベースを踏み間違えて満塁。 仙台育英の馬目郁也に中越えヒットされ、2者が生還。 サヨナラ負けとなった。 前橋育英の丸山和郁が、1大会個人8盗塁の最多タイ記録(3人目)。 広陵は、夏4度目の準優勝(1927年、1967年、2007年、2017年)。 中村奨成(広陵) 大会最多本塁打新記録(6本)。 大会通算安打タイ。 (19安打 1986年水口栄二=松山商) 大会通算打点新記録(17打点 15打点 08年萩原圭悟=大阪桐蔭) 大会通算塁打新記録(43塁打 38塁打 09年河合完治=中京大中京) 大会通算本塁打 68本の新記録。 60本=06年 京都成章は、初戦となった2回戦の神村学園戦で9回表に茂木健のホームランで同点に追いついたが、 その裏にサヨナラ負け。 通算1597本。 (京都は1本で夏34本目、春夏通算50本目) 京都成章の茂木健が1点を追う9回表、ライトスタンドへ同点ホームラン。 京都勢の春夏通算50本目。 春と夏の全国大会で99勝69敗1分(勝率589)で勝利数 単独2位に。 1位中京大中京133勝、3位はPL学園96勝 4位県岐阜商87勝 センバツ大会で40勝39敗1分で勝利数単独4位に 1位中京大中京55勝、2位東邦51勝、3位PL学園と県岐阜商48勝 原田英彦監督、春夏通算26勝15敗1分で、通算勝利数18位タイに浮上。 18位は三原新二郎(元外大西)、森士(浦和学院)、佐々木順一朗(仙台育英)ら5人 京都代表 センバツ成績(164試合78勝85敗1分 勝率.479) とにかく勝率を5割に戻そう! 京都代表、夏の選手権成績(207試合118勝88敗1分 勝率.573) 新設の京都工学院が1年生10人だけで夏の大会に初出場。 夏の京都大会出場校が 79校となった。 福知山成美の田所孝二校長が3月で退任。 岐阜第一の野球部監督に。 春、夏の京都を制して夏の甲子園に出場。 秋季大会も準Vと順調だった京都翔英の 浅井敬由監督が10月30日、動脈瘤破裂で56歳の若さで無念の急逝。 後任監督に伊地知正喜部長が就任。 北嵯峨の米川勲監督が、4月の異動で洛東へ。 顧問に。 5月、京都共栄に神前俊彦監督が就任。 PL学園全盛時代の1982年、大阪府立春日丘 高校の監督として甲子園に出場。 選抜の入場行進曲は『もしも運命の人がいるのなら』(西野カナ) この大会からバックネット裏前方に「ドリームシート」が設けられた。 ベスト8で東日本勢は木更津総合のみ。 智辯学園、滋賀学園、平安、明石商、秀岳館、高松商、長崎海星。 ベスト4に東日本勢が1校も入らなかったのは1996年以来20年ぶり。 決勝は、智辯学園が延長11回、2死1塁から6番投手の村上頌樹がセンターオーバーのサヨナラヒットを 放ち、10回目の選抜で初優勝。 村上は5試合全てに完投してわずか3失点。 選抜の本塁打は16本。 通算743本。 (京都は2本で15、16本目。 春夏通算48、49本目) 龍谷大平安の橋本和樹と岡田悠希が1回戦の明徳義塾戦の3回表に2者連続ホームラン。 夏の北北海道代表のクラーク国際は、通信制高校として初めて夏の甲子園に出場。 決勝は1点を追う作新学院が4回、2四球に5安打を集めて5点をあげ、逆転に成功。 夏の大会の本塁打は37本。 通算1529本。 (京都はなしで夏33本、春夏49本のまま) 岐阜中京の吉位翔伍が1回戦の大分戦で夏の大会1500号本塁打。 龍谷大平安と立命館宇治、京都勢のセンバツ2校出場は3年連続。 昭和7=平安中、京都師範、昭和8=平安中、京都商、 昭和9=京都一商、京都商以来。 京商のエースは沢村栄治 京都代表 センバツ成績(160試合75勝84敗1分 勝率.472) 京都代表、夏の選手権成績(206試合118勝87敗1分 勝率.576) 龍谷大平安 全国大会で 96勝68敗1分(勝率. 585) 龍谷大平安、春季京都大会制し、府内で5季連続V。 26連勝。 夏は4回戦で京都翔英に屈し、6季連続Vならず。 春季京都大会からタイブレーク制を導入。 延長13回から無死12塁。 打順は任意。 1次戦2回戦の南陽-京都文教で初めて実施された。 7対7で延長13回に入り、12対9で 京都文教が勝利。 鳥羽が夏の甲子園出場で、2003年以来続いた平安、成美、外大西の独占時代終了。 立命館宇治の卯瀧逸夫監督が、夏の大会を最後に勇退。 後任に、鳥羽高校時代の教え子で甲子園出場経験のある里井祥吾コーチ。 京都翔英の太田弘昭監督が2015年秋季大会後に退任、 後任に東邦の1977年夏準優勝メンバーで早稲田大出身の浅井敬由監督。 西城陽の南條浩一監督が、4月の異動で山城へ。 秋から監督に就任。 北稜の市川靖久監督が、4月の異動で乙訓へ。 監督に。 山城の手島健守監督が、4月の異動で北稜へ。 監督に。 乙訓の末常拓司監督が、4月の異動で京都八幡へ。 乙訓の卯瀧洋直部長が、4月の異動で北嵯峨へ。 16年秋から監督に。 高校野球100年の歴史で初めて。 決勝でも8回に決勝の2ラン。 敦賀気比のエース平沼翔太は、全5試合を完投(2完封)。 全試合完投は2002年、報徳学園の 大谷智久以来13年ぶり。 通算727本。 (京都はなしで14本のまま)、 高校野球100年、第1回大会優勝の鳥羽が甲子園へ 高校野球100年を記念して第1回大会に出場した10校の後続校の部員1人ずつが、100年前の ユニフォームを着用して開会式で行進した。 (鳥羽、秋田、早稲田実、宇治山田、兵庫、桐蔭、鳥取西、 広島国泰寺、高松、久留米商) レジェンド校鳥羽、主催者に指名され、梅谷成悟主将が開会式で選手宣誓。 始球式は王貞治さん。 プロ野球経験者の始球式は春、夏通じて初めて。 早稲田実のスーパー1年生・清宮幸太郎、関東一の快速オコエ瑠偉が大注目される。 小笠原慎之介と吉田凌の 2枚看板を擁した東海大相模が強かった。 京都代表、9年ぶりの夏2勝 (2006年の福知山成美3勝以来) 夏の大会の本塁打は32本。 通算1492本。 (京都は1本で夏33本目、春夏47本目) 鳥羽の小園晋之介が初戦の岡山学芸館戦で初回にレフトのポール際へ先制2ランを放つ。 神宮大会に出場。 龍谷大平安、春38回、春夏合わせて70回の通算最多出場記録を更新。 龍谷大平安、1回戦・大島戦の勝利は、京都代表の選抜通算70勝目。 京都勢、2年連続2校のセンバツ出場は、1998年(京都西、京都成章)、 1999年(平安、峰山)以来15年ぶり。 京都代表、センバツ成績(158試合75勝82敗1分 勝率.478) 龍谷大平安、夏33回目、春夏合わせて71回目の通算最多記録を更新。 京都代表、夏の選手権成績(203試合116勝86敗1分 勝率.574) 福知山成美の田所監督、4月に校長就任。 夏の京都大会をもって監督を退任。 府立工の守本尚史監督が、4月の異動で宮津へ。 秋から監督に。 この夏の京都大会から、シード校は1回戦を免除されることに。 2回戦から登場。 選抜の入場行進曲は『恋するフォーチュンクッキー』(AKB48) 2回戦の広島新庄対桐生第一は延長15回1対1の引き分け。 翌日再試合が行われ、 4対0で桐生第一が勝利。 この再試合のため、準々決勝が一日遅れ、休養日がなくなった。 決勝は史上初の京阪対決。 9回表、平安の河合泰聖が2ランを放ち、試合を決めた。 平安は、春38回目にして初めての優勝。 夏も合わせれば、1953年夏以来、58年ぶりの全国優勝。 選抜の本塁打は20本。 通算710本。 (京都は4本で春通算11、12、13.14本目、 春夏通算の43、44、45、46本目) 龍谷大平安の元氏玲仁が1回戦の大島戦の3回裏、右中間へ先制ソロ。 (春11本、春夏43本目) 常仁志が1回戦の大島戦の5回裏、レフトへ2ラン。 (春12本、春夏44本目) 徳本健太朗が準決勝の佐野日大戦の2回裏、右ポール際へ2ラン。 (春13本、春夏45本目) 河合泰聖が決勝の履正社戦の9回表、完璧な当たりの右越2ラン。 (春14本、春夏46本目) 1チーム4本塁打は、京都代表で一大会最多本塁打記録。 八戸学院光星の新井勝徳が、1回戦の横浜戦で選抜通算700号。 夏の甲子園は、台風の進路を考慮して開会式が2日順延された。 1回戦の大垣日大対藤代は、1回表に藤代が8点を先取したが、その後、大垣日大が追いつき、逆転。 12対10で勝った。 8点差からの逆転勝利は最多逆転差ゲームのタイ記録。 夏は2年ぶり4回目の優勝。 夏の大会の本塁打は36本。 通算1460本。 神宮大会に出場。 龍谷大平安、春37回、春夏合わせて69回の通算最多記録を更新。 京都代表、選抜成績(150試合68勝81敗1分 勝率.456) 京都代表、夏の大会成績(202試合116勝85敗1分.勝率.577) 京都、センバツで1999年(平安、峰山)以来の2校出場。 センバツで1998年(京都西、京都成章)以来の2校とも初戦敗退。 選抜の入場行進曲は『花は咲く』(花は咲くプロジェクト) 第85回記念大会の21世紀枠として東日本大震災の被災地から、いわき海星が選出された。 また、今回限定の東北枠として山形中央が選ばれた。 東北から史上最多の5校が出場し、4校が初戦を突破した。 最終回、本塁突入が守備妨害となって 試合終了。 通算690本。 選抜で、高田涼太(浦和学院)、松井秀喜に並ぶ3戦連続本塁打。 夏の甲子園で、前橋育英の高橋光成が、1回戦の岩国商戦で9者連続Kの史上2位。 夏の甲子園で日大山形の奥村展征が2回戦の日大三戦で史上2組目の父子ホームランを放った。 父の伸一(甲西)は、1986年夏の三沢商戦でホームランを打っている。 決勝は前橋育英が接戦をものにして史上12校目となる初出場、初優勝。 延岡学園が宮崎勢として初めて選手権の決勝へ進出。 選手権で決勝へ進出したことがないのは、山形、富山、山梨、島根の4県となった。 夏の大会の本塁打は37本。 通算1424本。 (京都は1本で夏通算32本目、春夏通算42本目) 福知山成美の坂本義仁が1回戦の沖縄尚学戦の5回、レフトへソロホームラン。 5月に実質的な引退試合となる両丹総体に出場した坂本は、その試合でホームランを放つ。 その後、Aチームに抜擢され、京都大会では4番ファースト。 甲子園でも4番を担い、本塁打を記録。 京都代表、夏の大会成績(201試合116勝84敗1分.勝率.580) 選抜成績(148試合68勝79敗1分 勝率.463) 大阪桐蔭、史上7校目の春夏連覇。 大阪桐蔭vs光星学院、史上初の春夏決勝同一カード。 選抜の入場行進曲は『Everyday,カチューシャ』(AKB48) 1回戦で藤浪晋太郎を擁して優勝候補の大阪桐蔭と、大谷翔平の花巻東が激突。 横浜の渡辺監督が必死の逆アピールも判定は覆らず。 決勝は大阪桐蔭の藤浪が12安打を浴びたが、バックの好守とここ一番の踏ん張りで光星学院を3点、 11残塁に抑え、大阪桐蔭が選抜5回目の出場で初優勝。 選抜の本塁打は19本。 通算670本。 (京都はなしで春は通算9本のまま) 松井裕樹(桐光学園)、夏の甲子園1回戦の今治西戦で、戸田善紀(PL学園・昭和38春)の21を上回る 9回22奪三振の最多記録、 小川正太郎(和歌山中・大正15夏)の8個連続を上回る10連続三振の最多記録をマーク。 大会4試合で通算68奪三振。 (最多は昭和33年夏・板東英二=徳島商の6試合83K) 夏の大会の9イニング最多奪三振は、1925年(第11)の森田勇(東山中)ら 5人の19Kだった。 決勝は史上初の春夏同一カードに。 大阪桐蔭はエース藤浪が決勝戦最速記録の153キロ、 決勝戦最多の14三振を奪って2安打完封。 春に続いて光星学院を下して夏は3度目、史上7校目の 春夏連覇を達成した。 夏の大会の本塁打は56本。 通算1387本。 (京都は2本で夏通算30本、31本目、春夏通算39本、40本目) 龍谷大平安の井澤凌一朗が1回戦の旭川工戦の初回に「空紺碧に晴れ渡り」の応援曲に乗せて 先頭打者本塁打。 7回には、レフトスタンド上段へ特大2ラン。 夏の30本目。 春夏40本目の記念アーチ。 大会通算56本塁打は史上2位。 1位は2006年の60本。 龍谷大平安、春夏合わせて67回の通算最多出場(春36回、夏31回)記録を更新。 京都代表、夏の大会成績。 (199試合115勝83敗1分.勝率.581) 京都代表、選抜の成績。 (147試合68勝78敗1分 勝率.466) 選抜の入場行進曲は『ありがとう』(いきものがたり) 東日本大震災を受けて『がんばろう!! 日本」をテーマに掲げ、数々の特別措置がとられた。 応援については鳴り物が全面禁止された。 決勝は東海大相模が強打を発揮。 投げては長田竜斗、近藤正崇のリレーで九州国際大付を8安打1点に 抑えて選抜で2回目の優勝。 九州国際大付の高城俊人が最多連続打数安打8の大会タイ(5人目)。 東海大相模が大会通算最多安打74の大会新記録をマーク。 選抜の本塁打は15本。 通算651本。 (京都は1本で春は9本目、春夏通算37本目) 京都成章の岡田晃汰が1回戦の静清戦で本塁打を放った。 夏もナイター試合を避けるため、4試合日の第一試合を午前8時開始とした。 決勝戦も、昼過ぎの電力消費を考慮して午前に実施。 9時31分試合開始となった。 決勝は強力打線の日大三が、光星学院を圧倒。 日大三は全6試合で二桁安打をマーク。 反撃ののろしとなるべき犠牲フライで3塁走者が生還と思ったら、新湊が離塁が早かったとアピール。 球審の土井氏(和歌山)がアウトのコールをしてダブルプレーとなった。 しかし、ビデオ再生で確認すると、 誤審だったことが明らかになった。 夏の大会の本塁打は27本。 通算1331本。 (京都は1本で夏通算29本目、春夏通算38本目) 龍谷大平安の2年生主砲・高橋大樹が、新湊戦で名刺代わりの大ホームラン。 興南、史上6校目の春夏連覇。 選抜で日大三の吉澤翔吾が1回戦の山形中央戦でホームランを放つ。 父の俊幸が、1971年の 第43回選抜の坂出商戦でホームランを打っており、史上初の父子ホームランとなる。 選抜の入場行進曲は『My Best of My Life』(Superfly) この大会から経営難の毎日新聞社を援護するため、大会の後援社として朝日新聞が加わった。 開星の野々村直通 監督が「末代までの恥」と発言して大問題に。 野々村監督は、その後辞任。 決勝は5対5の同点で延長に突入、12回表に一挙5点をあげた興南が日大三を破って初優勝。 興南の我如古盛次が連続打数安打8の大会タイ(4人目)。 選抜の本塁打は15本。 通算636本。 (京都はなしで春は8本のまま) この夏の大会から毎日新聞社が選手権大会の後援となった。 決勝は興南が圧倒して東海大相模を破り、史上6校目の春夏連覇を達成した。 夏の大会の本塁打は26本。 通算1304本。 (京都はなしで夏通算28本のまま) 北大津の山口元気が3回戦の成田戦で夏の通算1300本目の本塁打。 夏の京都大会出場78校に。 昨年の秋季大会に不祥事で出場できなかった龍谷大平安が、春季大会後の急成長で混戦の 京都大会を制す。 選抜の入場行進曲は『キセキ』(GReeeeN) この大会から「希望枠」が廃止された。 選抜大会で早稲田実と慶応義塾が早慶揃って出場。 選抜で早慶揃い踏みは初めて。 夏は1956年に1度。 1,3塁コーチもヘルメットの着用が義務付けられた。 利府のベンチ入りメンバーがブログに対戦相手(掛川西)の選手中傷する書き込みを行っていたことが 発覚。 高野連の厳重注意を受けて、野球部長が辞任。 試合が続行となった。 長崎代表が、春夏通じて初めて優勝。 九州地区で優勝経験のないのは宮崎県のみとなった。 選抜の本塁打は13本。 通算621本。 (京都はなしで春は8本のまま) 夏の開会式に皇太子が臨席。 選手宣誓の伊万里農林・吉永圭太主将が異例の読み上げで行った。 関西学院が1939年以来70年ぶりに出場。 2000年に61年ぶり出場の札幌南を上回り、最長ブランク 記録を更新。 開会式の先導役は宇治山田(旧制三重四中)、始球式は広島国泰寺(旧制広島一中)が担当した。 第1回大会の参加10校のうち、両校のみがその後出場していないことから。 インフルエンザの流行で、立正大淞南は3回戦でベンチ入り14人、準々決勝は13人で戦う。 花巻東の菊池雄星が、3回戦の東北戦で左腕最速の154キロをマーク。 決勝は、着々と得点を重ねた中京大中京に対し、6点リードされた日本文理が9回2死から怒涛の反撃。 四球(2盗)、左中間2塁打で1点。 右中間3塁打で2点目。 死球(P堂林翔太に代わって森本)、四球で満塁。 三遊間安打で2者生還して2点差、左前安打で1点差まで追い上げたが、サードライナーで試合終了。 中京大中京の河合完治が大会最多塁打28の新記録。 夏の大会本塁打は35本。 通算1278本。 選抜後、校名が「龍谷大学付属平安」に。 ユニフォームの左袖に「龍谷大学」と入った。 奥本保昭監督、塔南に赴任。 甲子園球場が改修された。 選抜の入場行進曲は『蕾』(コブクロ) 選抜の80回大会を記念して、開会式で谷村新司が開会式で観客に『今ありて』の歌唱指導を行った。 選抜の本塁打は14本。 通算608本。 (京都はなしで春は8本のまま) 北大津の石川駿が選抜通算600号本塁打。 夏の大会の選手宣誓は、福知山成美の椎葉一勲主将。 代表は55校。 北京五輪の日程(8月8日〜24日)を考慮して、史上最も早い8月2日に開幕。 組合せ抽選は予選決勝終了直後にその球場で主将が引いた。 甲子園練習も行わなかった。 開会式の前に、中西太(高松一)、仲宗根弘(首里)、板東英二(徳島商)、村椿輝雄 (魚津)、太田幸司(三沢)、坂本佳一(東邦)、香川伸行(浪商)、桑田真澄(PL学園) 芝草宇宙(帝京)、鈴木康仁、糸屋義典(駒大苫小牧)が高校時代のユニフォームで 登場し、子供たちとキャッチボールを行った。 常葉菊川のセカンド町田友潤の好守が話題に。 実況で「セカンドに飛んでしまえば希望がありません」と 言われた。 萩原圭吾が3試合連続本塁打も放って大会通算打点15の新記録。 大阪桐蔭は、夏の決勝史上最多の21安打をマーク、17得点は決勝での最多得点タイ記録。 エース福島由登が、1998年松坂大輔(横浜)以来となる決勝で完封勝利。 夏の大会本塁打は49本。 通算1243本。 京都翔英、新チームから太田弘昭監督。 07年春、卯瀧逸夫監督、立命館宇治へ。 選抜の入場行進曲は『宙船(そらぶね)』(TOKIO) この選抜大会から、高校野球の公式戦で初めてダートサークルのラインが引かれた。 「飛ばないボール」が廃止され、従来の高反発球が廃止された。 2003年の広島は、自県と旧外地を含まない全都道府県に 勝利をあげた第1号。 決勝は常葉菊川が終盤に逆転し、希望枠で出場して決勝まで進んだ大垣日大をうっちゃって初優勝。 常葉菊川の森下知幸監督は、1978年の選抜で浜松商の主将として優勝を経験。 選手、監督の両方で 優勝を経験したのは史上13人目となった。 選抜の本塁打は10本。 通算594本。 (京都はなしで春は8本のまま) 夏は、この大会から組合せ抽選で「東西対抗方式」をやめ、フリー抽選となった。 同一都道府県から 2校以上出場の場合は振り分けられる。 1回戦の仙台育英対智辯和歌山戦で、仙台育英の佐藤由規投手が154キロをマーク。 日南学園の 寺原隼人投手(2001)に並ぶ最高記録タイ。 さらに3番の 副島浩史が逆転満塁本塁打を放って逆転した。 公立校の決勝進出と優勝は、1996年の松山商以来。 8回裏はストライク・ボールで微妙な判定が続き、広陵のエース野村祐輔の驚く顔や、ミットを地面に叩き つけるキャッチャー小林誠司が話題になる。 夏の大会本塁打は24本。 通算1194本。 06年4月、山田知也監督、綾部から鳥羽へ。 明治神宮大会で優勝していた駒大苫小牧が、卒業生部員の飲酒、喫煙問題によって3月6日に 出場を辞退。 補欠校の北海道栄が代わりに出場した。 全47都道府県が白星をあげた。 2回戦の早稲田実対関西は延長15回7対7で引き分け。 横浜は8年ぶり3度目の優勝。 決勝戦の21点差は春夏通じて最多得点差。 通算584本。 (京都はなしで春は8本のまま) 夏の準々決勝の智辯和歌山対帝京は、9回表に4点を追う帝京が一挙8点をあげて逆転したが、 その裏、智辯和歌山が5点をあげてサヨナラ勝ち。 両チーム合わせて7本塁打は大会新記録。 決勝は、1969年の松山商対三沢以来、37年ぶり引き分け再試合となった。 「ハンカチ王子」と呼ばれた早実の斎藤佑樹が7試合登板の大会新記録をマーク。 夏の大会本塁打は60本。 通算1170本。 (京都は1本で夏通算28本目、春夏通算37本目) 福知山成美の駒谷謙が2回戦の静岡商戦でホームラン。 大会通算60本は史上最多記録。 前年の秋季大会(福知山成美の初優勝)から1次戦で敗者復活戦が導入された。 選抜の入場行進曲は『気味こそスターだ』(サザンオールスターズ) 開幕の3月23日が雨で、開会式のみ実施された。 公式には3月23日は「大会第0日」となっている。 「大会第0日」とされたのは史上初めて。 選抜の本塁打は10本。 通算570本。 (京都はなしで春は8本のまま) 夏、開会式2日前に明徳義塾が部員の喫煙と暴力行為で出場辞退。 県準優勝の高知が代替出場。 規定により高知大会決勝戦の記録も抹消された。 平田良介(大阪桐蔭)が藤代戦で放った本塁打が戦後1000号の記念アーチ。 平田良介(大阪桐蔭)が、準々決勝の東北戦()で1試合3本塁打のタイ記録。 決勝では駒大苫小牧が京都外大西を下し、1947年、48年の小倉以来、57年ぶりに夏連覇。 準優勝に輝いた。 夏の大会本塁打は32本。 通算1110本。 東海が3から2.中国四国が6から5に減らされた。 選抜大会もベンチ入りメンバーが18人となった。 1回戦で東北のダルビッシュ有が、熊本工戦で無安打無得点試合。 決勝戦は天候を考慮して16時45分開始とされ、史上初のナイター試合となった。 創部2年目の済美が、愛工大名電の猛追を振り切り、初出場・初優勝を飾った。 選抜の本塁打は23本。 通算560本。 (京都はなしで春は8本のまま) 夏の準々決勝で駒大苫小牧の林裕也が、横浜の涌井秀章からサイクル安打を達成。 駒大苫小牧が、北海道勢として甲子園で初優勝。 優勝旗が初めて津軽海峡を越えた。 駒大苫小牧が大会通算打率. 448で、2001年の日大三を上回る新記録。 済美は春夏連覇ならず。 夏の大会本塁打は33本。 通算1078本。 03年4月卯瀧逸夫先生、京都すばる教頭(副校長)に。 野球部は総監督。 選抜の入場行進曲は『大きな古時計』(平井堅) 選抜に「神宮大会枠」と、「希望枠」が設けられる。 「希望枠」は各地区の補欠1位校から守備力(被塁打、与残塁、失点)のデータで選ぶもの。 2008年までで廃止となった。 この大会から関東4・5、東京1・5の地区割となった。 近大附が秋の近畿大会初戦敗退ながら出場。 大阪の76年ぶり不出場を免れた。 この大会から開幕日が3月22日前後と繰り上げる。 それまでは3月26日前後に開幕。 翌日の再試合も延長戦に突入。 引き分け再試合が延長になったのは史上初。 この勝利で広島県勢が、自県以外の全都道府県から勝利を あげた第1号となる。 選抜の本塁打は9本。 通算537本。 (京都は1本で選抜通算8本目。 春夏通算34本目) 平安の西野隆雅が初戦(2回戦)の宇部鴻城で本塁打をマーク。 ベンチ入りメンバーが、16人から18人に増えた。 開幕戦の桐生一対神港学園戦で、菊池智(桐生一)がランニング本塁打をマーク、これが甲子園通算 1000本目の記念ホームランとなった。 (木内監督は08年に復帰) 東北のエースは2年生のダルビッシュ有。 夏の大会本塁打は13本。 通算1045本。 (京都はなしで通算26本で変わらず) 常総学院、1987年から2003年までの17年間に、春夏V各1回、準V春2、夏1. 春5回、夏9回出場で春10勝、夏21勝の計31勝。 21世紀枠は2で計32校が出場。 選抜の本塁打は14本。 通算528本。 (京都はなしで通算7本のまま) 夏の大会に創部2年目で、全員が1,2年生の遊学館が出場。 ベスト8進出。 3回戦で智辯学園対智辯和歌山の直接対戦が実現。 夏の大会本塁打は43本。 通算1032本。 野球部に三原新二郎監督が復帰。 選抜の入場行進曲は『TSUNAMI』(サザンオールスターズ) 選抜に「21世紀枠」が設けられ、安積と宜野座の2校が出場した。 32+2=34校が参加。 決勝は5回までに6点をあげた常総学院が、仙台育英の反撃を抑えて初優勝。 選抜の本塁打は21本。 通算514本。 夏の開会式に、日本に野球を伝えたとされるアメリカ人教師ホーレス・ウィルソンの親族4人が参加。 始球式を宇宙飛行士の若田光一が務めた。 日南学園のエース寺原隼人が、2回戦の玉野光南戦で甲子園史上最速の154キロをマーク。 日大三はチーム打率. 427で前年の智辯和歌山を上回る新記録。 夏の大会本塁打は29本。 通算989本。 選手の健康管理のため、延長戦が15回で打ち切られることになった。 1回戦の智辯和歌山対丸亀で、智辯和歌山が1試合チーム最多安打となる24安打を放つ。 丸亀も17安打を放ち、両チーム41安打も大会記録に。。 門馬敬治監督は就任1年で全国優勝を果たす。 選抜の本塁打は14本。 通算493本。 (京都はなしで通算7本) 夏の大会も、延長が15回で打ち切られ、引き分けの場合は翌日以降に再試合となった。 智辯和歌山が打撃記録を塗り替えた。 通算最高打率. 412、通算最多本塁打=11本 通算最多安打=100本、通算最多塁打=157塁打、1試合最多本塁打=4本タイ 決勝戦最多安打=20本、決勝戦最多本塁打=3本 東海大浦安はエースが故障し、急造投手の浜名翔=背番号4が、5試合登板の活躍。 夏の大会本塁打は38本。 通算960本。 (京都は2本で夏通算25,26本目。 福知山商が「福知山成美」に校名変更。 京都北部から始めて峰山が選抜大会に出場した。 峰山は丹後ちりめんを振っての応援で応援団最優秀賞に選ばれた。 試合後、甲子園初のウェーブが両校応援席を巻き込んでつながったことで、 ユネスコ・日本フェアプレー賞実行賞が贈られた。 選抜の本塁打は7本。 通算479本。 (京都はなしで通算7本) 夏も、春の峰山に続き、京都北部から福知山商が甲子園へ。 夏の大会本塁打は21本。 通算922本。 横浜、史上5校目の春夏連覇。 選抜の入場行進曲は『硝子の少年』(KINKI KIDS) 開会式で京都西 三好剛首相が史上初めて手話を交えた選手宣誓を行う。 ベスト4に神奈川2校(横浜と日大藤沢)、大阪2校(関大一とPL学園)が残る。 松坂が5試合で618球を一人で投げ抜いて三完封。 22安打、43奪三振。 選抜の本塁打は8本。 通算472本。 (京都はなしで通算7本) 夏は80回記念で大阪、神奈川、埼玉、千葉、愛知、兵庫で2代表ずつ参加して55代表に。 2回戦の宇部商対豊田大谷の試合で、宇部商の藤田修平が延長15回サヨナラの押し出しボーク。 8回裏に横浜が4点を返すと、 9回表に松坂が右腕のテーピングを引きはがして登板。 その裏、横浜は3点をあげ、逆転サヨナラ勝ち。 横浜の松坂大輔は京都成章との決勝でノーヒットノーランを達成。 第25回大会の嶋精一以来、 59年ぶり2度目。 122球3四死球11奪三振。 内野ゴロ13(うち1併殺)、内野飛球1、外野飛球2. 横浜は公式戦41連勝で夏の甲子園を終了。 京都成章のエース古岡基紀が、金属バット採用以来最多となる6試合54回で57奪三振。 夏の大会本塁打は34本。 通算901本。 横浜は神宮大会、春、夏の甲子園、そして国体の4冠に輝く。 この選抜大会から球審がメジャーリーグ方式でボール、ストライク」の順でコールするようになった。 守備、攻撃時のタイムが9回まで各チーム3回以内と制限された。 天候不順で4日間延期された。 選抜の4日間延期は1933年(第10回)以来。 4月9日に行われた決勝戦は午後の天気予報が悪く、史上初めて10:00から行われた。 奈良県勢の選抜優勝は初めて。 選抜の本塁打は7本。 通算464本。 (京都はなしで通算7本) 夏の大会から、開会式、閉会式の司会進行を高校生が担当するようになった。 光星学院の山根新が1回戦の佐賀商戦で本塁打。 青森県代表の初ホームランを放った。 これまで47都道府県で青森代表だけにホームランがなかった。 夏の大会本塁打は28本。 通算867本。 (京都はなしで通算24本で変わらず) 96年秋福知山商新チームから田所孝二監督。 97年卯瀧逸夫監督、鳥羽に赴任。 組合せ抽選が東西対抗から地区別対抗に変更された。 鹿児島実が選抜7回目(夏11回)の出場で初優勝。 鹿児島勢としても春夏通じて初優勝。 選抜の本塁打は5本。 金属バット採用後では最少となる。 通算457本。 (京都はなしで通算7本) 夏の大会から記録員1名のベンチ入りが認められる。 地方大会の参加校が4089校となり、前年の4098校からが戦後初めて減少した。 3対3になって延長戦へ入った。 10回裏には熊本工が1死満塁のチャンスをつかむ。 3塁ランナーの星子崇(松下電器)がスタートを切ったが、高い軌道を 描いた送球がダイレクトに返り、しかも滑り込むランナーの顔面にドンピシャでタッチアウト。 NHKの実況アナ、ライト飛球が上がった瞬間に「行ったぁ〜、これは文句なし」と絶叫。 スロー再生では「満塁ですから、これ、タッチいらないんですよね」と大混乱した。 それほど「奇跡のバックホーム」だった。 延長11回に3点をあげた松山商が夏5回目の優勝を果たした。 通算839本。 2月21日に選考会議が行われた。 兵庫から報徳学園、育英、 神港学園の3校が選抜された。 応援団の楽器使用が自粛された。 選手は電車で球場入り。 地下鉄サリン事件の影響で 観客には厳重な手荷物検査が実施された。 両耳の打者ヘルメットの着用が義務化された。 今治西のエース藤井秀悟が準々決勝の神港学園戦で左ひじ内側側副靭帯を損傷して降板。 強気な攻めで勝ち上がった観音寺中央は、決勝でエース久保尚志が強打の銚子商を 7安打完封し、初出場で初優勝。。 選抜の本塁打は18本。 通算452本。 (京都はなしで通算7本) 夏の大会の抽選方法を改め、最初の抽選で3回戦まで櫓を組む方式に。 決勝は白木隆之(帝京)と 山本省吾(星稜)の2年生投手対決。 帝京は、ここ10年で春夏12度出場し、優勝3回。 夏の大会の本塁打は13本。 通算816本。 複数投手制推進のため、ベンチ入りが15人から16人に増える。 (夏は5回出場)。 選抜の本塁打は10本で通算434本。 (京都はなしで通算7本と変わらず)。 この夏から、地方大会に登板した全投手に関節機能検査を実施。 夏のベスト4に佐賀商、樟南、柳ヶ浦の九州勢が3校。 樟南は4月に鹿児島商工から校名変更。 ベスト4のもう一校は初出場の佐久。 夏の本塁打は18本。 通算803本。 京都のチーム、公式戦で府外のチームに1勝もできず。 行進曲も「今ありて」(谷村新司) 北海道の知内が、町立高校として初めての選抜出場。 大会を通じて4試合に登板して3試合で完投(うち1試合完封)の活躍。 東山のエース岡島は制球が定まらず、8四死球で自滅。 選抜の本塁打は11本で通算424本。 北嵯峨の平田俊介が世田谷学園戦で本塁打を記録。 (選抜7本目。 春夏28本目) 地方大会は天候不順で延期が相次ぎ、山口県と宮崎県で代表決定は8月3日。 週刊朝日の甲子園特別号で、山口と宮崎は決勝に残った2チームを紹介して刊行された。 本大会も天候不順にたたられた。 夏の決勝で、育英の安田聖寛が負傷。 病院へ行って戻ってきた直後の8回裏、1死 2、3塁からスクイズし、春日部共栄の土肥が本塁へ悪送球して決勝点となる。 主将の安田は深紅の大優勝旗を足をひきずりながら受け取り、場内一周した。 夏の本塁打は21本。 通算785本。 京都西の巌克哉が初戦の佐野日大戦、青山眞也が郡山戦、岡崎克政が市立船橋戦で本塁打。 夏は通算22、23、24本目、春夏通算31本目。 青山の本塁打が京都の通算30本目。 ここ3年間の選抜の大会本塁打が 20本(89年)、25本(90年)、18本(91年)だったのに対してこの年は7本と激減した。 その7本のうちの3本が星稜の松井秀喜だった。 決勝は史上初の東京対神奈川対決となり、帝京が10回目の出場で選抜初優勝。 東京では早実、日大三、日大桜丘、岩倉に続いて5校目。 東海大相模8番吉田道の第一打席、カットが3バント失敗とみなされ三振をとられた。 上宮の控え投手に黒田博樹がいた。 また、近畿ベスト8の神戸弘陵も不祥事で出場を辞退し、兵庫3位で近畿ベスト8だった 育英が繰り上げ出場した。 東山のエースは背番号「10」をつけた2年生の岡島秀樹。 御殿場西のエースはおなじく2年生の小野晋吾(千葉ロッテ)だった。 選抜の本塁打は7本で通算413本。 (京都はなしで6本のまま) 夏の甲子園2回戦 星稜対明徳義塾戦で、星稜の4番松井秀喜に対し、5打席連続で敬遠して 大きな話題になった。 決勝は西日本短大付のエース森尾和貴が拓大紅陵打線を6安打完封。 6試合を一人で投げ、 わずか1失点だった。 準優勝の拓大紅陵は2回戦〜準決勝まで4試合で投手4人が勝利投手となった。 4人は史上最多。 夏の本塁打は14本。 通算764本。 (京都は通算21本で変わらず) 91年秋から京都西が三原監督から真鍋知尚監督に。 92年春、守本尚史監督、峰山に赴任。 「ミラクル市川」と呼ばれた。 エースは樋渡卓哉(慶応義塾大) イチローが愛工大名電のエースとして出場。 5対5の9回裏、広陵は二岡聡のレフト前安打と盗塁、四球で2死1、2塁とし、 8番下松孝史が7回からライトに入っていたエース上田佳範の頭上を越えるサヨナラヒット。 大会史上2回目の決勝サヨナラで広陵が65年ぶりの優勝。 選抜の本塁打は18本で通算406本。 夏の決勝は5対7と逆転された大阪桐蔭が5回裏に6点をとって再逆転。 初出場で優勝は14校目。 創部4年目の全国制覇は、史上最速。 沖縄水産のエース大野倫は、春からヒジを痛め、沖縄大会では痛み止めの注射をうって登板。 甲子園でも6試合全てに完投した(773球)。 大会後に疲労骨折と診断された。 これをきっかけに高野連はメディカルチェックを義務付けるようになった。 北嵯峨のエース細見和史が京都大会で6試合に登板して4完封、62奪三振、防御率0.00を マーク。 夏の本塁打は37本。 通算750本。 2回戦(対日大藤沢 9回裏逆転サヨナラ3ラン)と準決勝(対北陽 17回)でサヨナラの 新田が「ミラクル」と呼ばれた。 選抜の本塁打は25本で通算388本。 (京都はなしで6本のまま) 夏の予選参加校、初めて4000校の大台に(4027校)。 甲子園大会の観客数が史上最多の92万9000人。 初日の第二試合に登場した高崎商は11人が食中毒にかかり、レギュラー4人がベンチに 入れなかった。 沖縄水産が沖縄勢として初めて決勝へ。 4番はのちの日星・山中始之監督。 夏の本塁打は39本。 通算713本。 京都は初戦の関東一戦で平安の笠井裕と松岡正樹が本塁打。 京都で通算20、21本目。 春夏通算26,27本目。 京都商が「京都学園」に校名変更。 準々決勝の広島工戦、2対2の9回裏、京都西は1死満塁の大ピンチを招いた。 打者は4番だったが、 7回裏にもスクイズ(失敗)をしかけており、「100%スクイズ」と読んだ三原新二郎監督は、公式戦で 一度も投手経験のない二塁手・西村晃爾をマウンドにあげた。 西村はピッチャー前のスクイズを うまく処理し、ホームでアウトにした。 日頃からこういう場面を想定して練習していたが、試合後、 三原監督が「うちで一番守備のうまい選手なんで」と答えたことから、意表を突く作戦という意味で 以後、「三原マジック」と称されている。 センバツ優勝は2年連続決勝進出の東邦。 東邦の山田喜久夫投手(中日、広島)、決勝で上宮の 元木、種田を抑え、前年準Vの雪辱果たす。 選抜の本塁打は20本で通算363本。 (京都の本塁打は、春通算6本に 春夏24本目) 夏は仙台育英が、東北としては18年ぶり、宮城県勢として初の決勝進出。 優勝旗の白河越えが 話題となる。 優勝は帝京。 帝京の吉岡雄二(巨人、近鉄)、仙台育英の大越基(早大中退)の投手戦となって 延長戦へ。 10回表、帝京は中前安打と四球で1死2,3塁とすると、3番鹿野浩司(ロッテ)が中前に 2点タイムリーして均衡を破った。 帝京の鹿野は2回戦の米子東戦から準々決勝の三重海星戦まで8打席連続安打のタイ記録。 上宮の元木大介が初戦の丸子実戦で2本のホームランを記録。 甲子園通算6本塁打(清原に次いで 2位タイ 桑田真澄 中村奨成) 帝京、1980年代 春6回出場で準V2度、夏3回出場で優勝1度、ベスト4に1度。 春10勝、夏9勝の計19勝。 通算674本。 京都は初戦の学法石川戦で村田利泰が放ち、通算19本目。 選抜の入場行進曲は『夢冒険』(酒井法子) 選抜は60回記念大会で最多の34校が出場。 京都は3年ぶり出場なし。 宇部商の玉国光男監督は、66年に春夏連覇した中京商に、選抜の準決勝で延長15回サヨナラ負け した時の主将・二塁手。 センバツ優勝は、強打の宇和島東。 (6対0東邦) 選抜の本塁打は18本で通算343本。 (京都はなしで通算5本のまま) 夏は70回記念大会。 始球式は浩宮。 打者は常総学院の1番仁志敏久(2年生)。 宮内は3年夏にも4番で甲子園に出場、住友金属を 経て横浜に入団。 2年在籍。 宇部商は劇的な試合が多いと評判に。 常総学院の須田努が開幕戦の対小浜で、1試合8の個人最多打点。 6度目の優勝は中京と並び最多。 夏の本塁打は36本。 通算646本。 のちにプロ選手5名。 選抜の入場行進曲は『CHA-CHA-CHA』(石井明美) 京都西は選抜で上羽功晃主将が英語も交えた選手宣誓。 選抜の本塁打は19本で通算325本。 (京都はなしで通算5本のまま) 卯瀧逸夫率いる北嵯峨、初めて甲子園へ。 帝京の芝草宇宙、2回戦の東北戦でノーヒットノーラン。 夏の本塁打は32本。 通算610本。 北嵯峨の海藻幹弘が東海大山形戦で本塁打。 京都で夏通算18本目。 春夏通算23本目) 東海大山形の畑地久幸が、選手権通算600号本塁打。 (50勝56敗勝率.472)。 夏は天理が松山商を破り、奈良代表の初優勝。 準優勝の松山商、6試合で88安打のチーム最多安打。 松山商の水口栄二が6試合19安打で個人最多安打。 8打席連続安打はタイ記録。 通算578本。 選抜の本塁打は18本で通算287本。 大会後、この敗戦が山形県議会で取り上げられる。 PL学園の清原和博、決勝で4回と6回にそれぞれ同点本塁打。 夏の大会で5本塁打の大会記録。 5大会で通算13本。 チーム本塁打10本の新記録。 桑田真澄、5季連続出場で通算20勝3敗。 防御率1.55. 大阪代表が通算100勝突破。 宇部商の藤井進が3試合連続本塁打。 東農大二戦のHRは大会通算500号。 夏の本塁打は46本。 通算553本。 外野フェンスの優勝校ボード撤去。 選抜決勝で、岩倉がPL学園の甲子園連勝記録を「20」で止めて優勝。 岩倉のエース山口重幸が、強打のPL打線を1安打に抑える。 京都西の池内建司が明野戦で打って選抜の京都勢の通算5本目。 春夏通算22本目。 京都勢の本塁打は1970夏、平安の中山義朗が2回戦の熊谷商戦で放って以来14年ぶり。 京都勢の選抜での本塁打は1961年に平安の伊達早智男が松江商戦で放って以来23年ぶり。 清原和博、夏の甲子園1回戦の享栄戦で1試合3本塁打の新記録。 1回戦の境・法政一戦で境の安部伸一投手がノーヒットノーランのまま延長に突入したが、 10回裏2死から末野芳樹にサヨナラ本塁打を浴びた。 その裏、桑田が レフト席上段へ飛び込む特大2ラン。 決勝は取手二が3点リードで迎えた8回に2点、9回に1点をとってPLが追いつくが、 エース石田文樹をライトへ回し、再びマウンドへ上げて再生させた。 木内マジック。 延長10回、中島彰一が決勝3ラン。 桑田、血染めの投球で無念の降板。 夏の本塁打は47本。 通算507本。 (京都はなしで通算17本のまま) 京都西は三原監督就任2年目で夏も初出場。 夏春連覇。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏は、桑田、清原の1年生KKコンビがデビュー。 決勝では清原が右中間ラッキーゾーンへ甲子園初HR。 PL学園はチーム8本塁打の大会新記録。 夏の本塁打は31本。 通算460本。 (京都はなしで通算17本のまま) 83年春、京都西に三原新二郎監督就任。 昭和5,6年の第一神港商以来、52年ぶり春2連覇。 選抜の本塁打は7本で通算223本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏は、池田の「やまびこ打線」が大爆発。 従来の甲子園戦法を粉砕した。 5期連続出場した荒木の甲子園が終わった。 9回2死まで完全ペースも、代打に死球で完全試合ならず。 夏の本塁打は32本。 通算429本。 (48勝52敗 勝率.480)。 荒木大輔2年擁する早実を破る快挙。 槙原寛己(大府)の快速球が話題に。 選抜の本塁打は13本で通算216本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏は京都商が小さな大投手・井口和人の好投で決勝へ。 5試合で9得点、6失点。 京都代表の決勝戦は、平安全国制覇の1956年以来25年ぶり。 10回裏にサヨナラ勝ち。 通算397本。 春19勝、夏11勝、春夏30勝。 帝京のエースも、後にプロ野球で活躍する2年生の伊東昭光。 準決勝の丸亀商戦 の12回サヨナラ本塁打。 投手としては史上2本目のサヨナラ弾。 (京都はなしで通算4本のまま) 選抜通算200号は、中西清起(高知商)対尼崎北(準々決勝) 夏は西東京代表に超進学校の都立国立。 44.2回無失点で「大ちゃんブーム」起きる。 代わった芳賀から4番崎本が意地のHR. 東宇治の斉藤監督は4月に就任。 それまで監督経験なし。 夏の本塁打は19本。 通算377本。 (京都は1本で通算17本。 京都は4年連続出場なしで、選抜連続不出場の最長記録。 2回戦の宇都宮商戦で、PLの阿部慶二が史上初の2打席連続本塁打。 選抜の本塁打は18本で通算189本。 (京都は出場なしで通算4本のまま) 夏の甲子園3回戦で箕島対星稜、延長18回の死闘。 延長で2度、箕島が起死回生の 本塁打で追いつく。 浪商のドカベン香川伸之、3試合(倉敷商、広島商、比叡山)連続本塁打。 夏の本塁打は27本。 通算358本。 京都は3年連続選抜出場なし。 これは第2回〜第4回以来の連続出場なし最長記録。 桐生の阿久沢毅が、王貞治以来20年ぶりに2試合連続本塁打。 選抜の本塁打は10本で通算171本。 (京都は出場なしで通算4本のまま) 第60回記念の夏の大会で、予選参加校が3000校を超えた。 この大会から、1府県 1代表、道都各2代表の計49代表制になった。 ベンチ入りメンバーも、14人から15人となった。 1回戦の仙台育英対高松商は、大久保美智雄と河地良一の投げ合いで延長17回まで進んだ。 その裏、1死満塁から河地が投じた206球目が打者の頭を直撃。 サヨナラ押し出し死球の 幕切れとなった。 以後、真っ向のストレート勝負を心掛け、プロ野球では「炎のストッパー」 と呼ばれた。 また、この敗戦から座右の銘を「弱気は最大の敵」とした。 盛岡一の応援団の伝統「弊衣破帽」が話題になる。 夏の本塁打は15本。 通算331本。 77年秋、京都商の勝山五郎監督が勇退。 エースは、定時制 の生徒だった東裕司(三菱自動車水島)。 部員12人の中村が「24の瞳」で話題に。 エースは山沖之彦(阪急)。 準々決勝の中村対天理(4-1)が選抜通算3000試合目。 選抜の本塁打は9本で通算161本。 (京都は出場なしで通算4本のまま) 夏の決勝は、東洋大姫路が10回裏、4番安井浩二のサヨナラ3ランで東邦を下す。 決勝戦史上初のサヨナラ3ラン。 エースは松本正志。 東邦の1年生エース坂本佳一が「バンビ坂本」と呼ばれてアイドルになった。 (サヨナラ本塁打は史上6本目)。 三重海星の矢田恭裕が史上2人目の2打席連続本塁打。 夏の本塁打は21本。 通算316本。 2回戦の崇徳対鉾田一は、黒田真二と戸田の投げ合いで7回まで無得点。 8回裏、 鉾田一は戸田のチーム初ヒットが本塁打。 9回表2死ランナーなしから、一塁手のエラーで出塁、 さらに遊ゴロをはじいて1,2塁とすると崇徳の4番永田が逆転の右中間3塁打。 準決勝の福井戦で、崇徳の黒田は8回2死まで完全に抑えたが、24人目の打者にヒットを許し、 史上初の完全試合を逃した。 選抜の本塁打は6本で通算152本。 (京都は出場なしで通算4本のまま) 夏の開会式で京都商の山崎康司主将が選手宣誓。 夏は、長崎大会で16人連続三振を記録した長崎海星の酒井圭一が「サッシー」と 呼ばれて話題に。 柳川の末次秀樹が8打席連続安打の大会記録。 「イエス、イエス、イエス」の校歌が話題になる。 通算295本。 同高生徒が起こした事件 の責任を取るため。 急きょ、補欠校の佐世保工が出場することになったが、開会式 は欠席。 選抜の行進曲は『おかあさん』(森昌子) 選抜では、この大会から金属バットが採用された(夏は前年から)。 好投手の赤嶺賢勇(2年)を攻略した。 豊見城は初出場。 監督は、当時34歳の栽弘義。 センバツでは、家庭の事情で19歳 だった部員をベンチに入れるため、部員を監督とし、自身は部長として背広で采配。 選抜の本塁打は11本で通算146本。 (京都はなしで通算4本のまま) 選抜で大会本塁打が10本を超えたのは第1回大会以来。 ただし、第一回大会の 山本球場は狭かったので1982年まで大会本塁打と認められていなかった。 夏は、記録的な長雨で日程消化が遅れた。 8月23、24日に阪神対ヤクルトが予定 されていたが、高校野球を優先し、プロ野球を中止とした。 習志野が2度目の優勝。 夏の本塁打は15本。 通算282本。 監督は、当時34歳の福島敦彦。 11人で戦う山の学校・池田が決勝に進出、「さわやかイレブン」として話題になる。 監督は、当時50歳の蔦文也。 選抜の表彰式で、この大会から『栄光』が使われる。 これまで春、夏とも『勇者は還りぬ』を 使っていたが、この曲はアラブとの戦争に勝って凱旋するユダヤ戦士を讃える曲。 前年のオイルショックによってアラブ諸国を気遣い、急きょ、オリジナルの曲を作った。 作曲は、元大阪市音楽団長の永野慶作。 評判がよく、センバツで引き続き使われることに。 選抜の本塁打は1本で通算135本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏の大会から、金属バットが正式に採用された。 アメリカのイーストン社製のバットしか 使用できなかった。 銚子商の土屋正勝、土浦日大の工藤一彦という剛腕投手と、鹿児島実の定岡正二、 東海大相模の1年生・原辰徳が甘いマスクで人気となる。 東海大相模が夏の2回戦(初戦)で土浦日大と対戦。 東海大相模は、準々決勝の鹿児島実戦も9回裏に1点をあげて3対3で同点に。 ナイター の延長戦となり、14回お互い1点ずつをとり、15回表、無死満塁から押し出しが決勝点と なる。 準決勝の鹿児島実対防府商戦で、定岡正二は3回、ホームへ滑り込んだ際に右手首 を負傷。 控えの堂園一広がリリーフ。 1対1の9回裏、2死2塁で堂園が2塁へけん制。 これがセンターへ抜け、さらにセンターが後逸して2塁ランナーがサヨナラのホームを 踏んだ。 夏の甲子園の本塁打は11本。 通算267本。 日大山形が出場し、センバツ空白県がなくなった。 都道府県では最後。 作新学院の江川卓、選抜大会60K。 (北陽19、小倉南10、今治西20、広島商 11)。 現在も最多奪三振記録。 江川の快速球に初戦の北陽戦ではファールしただけで「バットに当たった」と拍手が 起きた。 江川卓は140イニングぶりの失点だった。 また、1対1の8回裏、広島商が2死1、2塁からダブルスチールを敢行。 延長10回表、横浜は1死1塁からバントを広商の サードが一塁へ悪送球。 1死1,3塁とすると、佃正樹の暴投で勝ち越した。 その裏、広商は2死3塁から 3番楠原基のレフトフライをレフトの冨田毅が落球(記録はヒット)。 同点に追いついた。 延長12回は、1死から3番高橋三昌がセフティーバント。 広商のキャッチャー達川光男がダッシュしたが、 ボールをつかみ損ねて内野安打。 4番長崎誠のピッチャーゴロで2塁封殺され、2死1塁から 5番富田毅が内角高めに浮いたカーブを叩き、レフトポールを巻く2ラン本塁打。 横浜は初出場、初優勝。 選抜の本塁打は8本で通算134本。 (京都はなしで通算4本のまま) この夏の甲子園から京都は1代表に。 滋賀1位は、福井1位と代表決定戦を行う。 夏の1回戦、柳川商は作新学院の江川に対してプッシュ打法で粘り、1対1のまま 延長戦へ。 2回戦で、作新学院対銚子商は、江川と土屋正勝(2年)の投げ合いとなり、0対0の まま雨中の延長戦に。 12回裏、サヨナラ押し出し四球で銚子商が勝つ。 夏の本塁打は10本。 通算256本。 2年連続は初めて。 選抜の入場行進曲は「また逢う日まで」(尾崎紀世彦) 選抜から、耳付きヘルメットの着用が義務づけられた。 沖縄が5月15日に日本へ返還されるのを記念して選抜に名護が出場。 選抜の本塁打は5本で通算126本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏は、沖縄の日本返還を記念し、南九州代表・名護の平安山良克主将が選手 宣誓を行った。 雨天のため、開会式だけの8月11日は大会第0日とされている。 夏の本塁打は7本。 通算246本。 初出場の1928年(昭和3)からの6年連続出場に並ぶ。 選抜で北海が、野球部員とは関係のない在校生の暴力事件で出場を辞退。 青函連絡船の中で辞退を聞いた部員は青森から引き返した。 「涙のUターン」。 野球ドラマ「ガッツジュン」のオープニング映像に、この年の開会式と、 木更津中央対高知の一戦の模様が使用された。 選抜の本塁打は4本で通算121本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏は、創部5年目で初出場の桐蔭学園が優勝。 夏の本塁打は5本。 通算239本。 選抜の入場行進曲は、大阪万博に合わせ、2度目の行進曲となる 「世界の国からこんにちは」(三波春夫)だった。 選抜の決勝は、箕島対北陽の近畿対決。 延長12回裏、2死3塁から箕島の エース島本講平のサヨナラ安打で5対4と勝つ。 島本講平が甲子園のアイドルに。 監督は、当時27歳の尾藤公。 近畿同士の決勝は選抜史上5度目。 北陽(現関大北陽)のエースは、のちに大阪学院大高の監督として96年 センバツに出場した永井春夫(西川物産 大阪学院大監督)。 当時、蒸発して5年間も 連絡が取れなかった母親と再開して話題になった。 選抜の本塁打は4本で通算117本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏の甲子園大会の優勝は東海大相模。 監督は、1965年に三池工を全国制覇に 導いた原貢。 優勝校としては歴代最多の18失点したが、スクイズを1度もせず、 打ち勝った。 夏の本塁打は10本。 通算234本。 (京都は1本で通算16本に) 平安の中山義朗が2回戦の熊谷商戦の10回表、勝ち越しとなる本塁打をレフトラッキー ゾーンへ放り込んだ。 京都代表としては夏の16本目、春夏通算20本目。 京都の高校では初めての選手宣誓だった。 浪商の上田芳央が、1回戦の日体荏原戦で戦後初の満塁本塁打を放った。 また、浪商は、この試合で山田康雄、山本吉雄も本塁打を放ち、史上2チーム目の 1試合3本塁打を記録した。 選抜の本塁打は6本で通算113本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏の決勝は、松山商対三沢の延長18回引き分け再試合。 三沢の太田幸司がアイドルに。 夏の甲子園で、松商学園の降籏英行が、1回戦の三笠(南北海道・現市立三笠高校)戦で ノーヒットノーランを達成。 夏の本塁打は9本。 通算224本。 工業高校としても初優勝。 準決勝の箕島戦は病院から甲子園へ直行した。 箕島のエースで4番は、東尾修(西鉄、西武)。 選抜の本塁打は5本で通算107本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏は、50回を記念し、開会式に皇太子と美智子妃が出席。 入場行進の 先頭に歴代優勝校の校旗が行進。 北海道のみ2校の48校が出場。 夏の50回大会には、アメリカ施政下の沖縄からも興南が出場しベスト4進出 の快挙(興南旋風 4番センター主将が我喜屋優)。 準優勝の静岡商では1年生(定時制1年を経て普通科1年に)エース の新浦寿夫が話題に。 韓国籍だった新浦は、ドラフト対象外だったことからプロ野球の 争奪戦が始まり、この年、高校を中退して巨人と契約した。 これをきっかけに、日本の 学校在籍者はドラフトの対象者となるように改められた。 夏の本塁打は13本。 通算215本。 エース吉良修一(阪神)が 4試合で54奪三振。 選抜の本塁打は7本で通算102本。 夏の優勝は習志野。 ホームスチールでの決着は史上初。 夏の本塁打は11本。 通算202本。 選抜の準決勝、中京商は初出場の宇部商と対戦。 3対3で延長に入り、 14回に1点ずつ取って両者譲らず。 ついに延長15回、無死満塁から犠牲 フライで中京商がサヨナラ勝ちした。 試合時間4時間35分は、歴代最長記録。 選抜の本塁打は6本で通算95本。 夏の本塁打は11本。 通算191本。 (京都は1本で通算15本 春夏通算19本目) 平安の藤本和男が初戦の花巻北戦で本塁打をマーク。 2次ドラフトで平安から門野利治(近鉄1位)、杉政忠雄(阪神3位)、畑矢敬治(阪急3位) 伊藤博昭(阪神4位)と4人が指名された。 2018年の大阪桐蔭などと並び、最多タイ記録。 ただし、門野以外は入団しなかった。 決勝の3回まで39イニング連続 無失点。 市和商の藤田平が、2回戦の中京商戦で大会史上初の1試合2本塁打。 大会通算20塁打の新記録も達成。 選抜の本塁打は5本で通算89本。 (京都はなしで通算4本のまま) 夏の大会から、走者にもヘルメットの着用が義務づけられる。 夏の大会からNHKのカラー放送が始まった。 夏は三池工が初出場で初優勝。 三池炭鉱が大いに沸いた。 監督は、当時30歳の原貢。 10回裏にサヨナラ勝ち。 夏の本塁打は5本。 通算180本。 選抜の行進曲は「こんにちは赤ちゃん」(梓みちよ) のちのジャンボ尾崎こと尾崎将司を擁する徳島海南が初出場V。 尾道商のエースは、巨人などで活躍した小川邦和。 選抜の本塁打は1本で通算84本。 エースで4番と主将を欠いて優勝した。 夏の開幕戦=掛川西対八代東は、山崎道夫(2年・日本楽器)と池田純一 (のちに阪神)の投げ合いとなって延長18回0対0。 いきなりの再試合と なった。 夏の本塁打は6本。 通算175本。 (京都は平安の2本で通算14本に。 春夏通算18本目) 夏通算173本目を梅村好彦、174本目を小西義和が、いずれも武相戦に放った。 選抜の行進曲は「いつでも夢を」(吉永小百合・橋幸夫) 選抜の優勝旗が新調された。 傷みの激しい旧旗は高野連で永久保存に。 選抜では最多奪三振記録。 夏は松井裕樹(桐光学園)が平成24に22奪三振。 通算83本。 (京都は出場なしで通算4本のまま) 夏は45回記念大会で沖縄代表を加え48校が.

次の

全国高校総体陸上(和歌山インターハイ) 結果・速報(リザルト)

埼玉県立戸田翔陽高等学校 旭空汰

第102回 日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走 第34回 U20日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走 第43回 IAAF世界クロスカントリー選手権 日本代表選考会 第33回 福岡クロスカントリー大会 第33回 海の中道市民クロカン 2019年2月23日 img via: 第102回 日本陸上競技選手権クロスカントリー・第34回 U20日本陸上競技選手権クロスカントリーが2019年2月23日 土 、福岡県福岡市 国営海の中道海浜公園クロスカントリーコースで開催されます。 ここでは、日本陸上競技選手権クロスカントリー 2019 の エントリーリスト・出場選手一覧を掲載していきます。 選手 所属 地区 1001 坂本 大志 トヨタ自動車九州 福岡 1002 今井 篤弥 トヨタ自動車九州 福岡 1003 中平 大二朗 トヨタ自動車九州 福岡 1004 志水 佑守 トヨタ自動車九州 福岡 1005 吉田 晃一郎 九州大学 福岡 1006 辻川 諒 九州大学 福岡 1007 河村 駿 九州大学 福岡 1008 江原 駿太 九州大学 福岡 1009 東 遊馬 九電工 福岡 1010 有馬 圭祐 九電工 福岡 1011 田村 友祐 黒崎播磨 福岡 1012 小田部 真也 黒崎播磨 福岡 1013 城戸 栄輝 福岡大学 福岡 1014 道津 新太 福岡大学 福岡 1015 冨田 三貴 西鉄 福岡 1016 林 慎吾 安川電機 福岡 1017 梶原 有高 ひらまつ病院 佐賀 1018 津留 健太郎 formula K 熊本 1019 市田 孝 旭化成 宮崎 1020 小野 知大 旭化成 宮崎 1021 安藤 大樹 旭化成 宮崎 1022 松藤 仁 武田薬品 山口 1023 藤井 翔太 武田薬品 山口 1024 廣瀬 岳 武田薬品 山口 1025 小林 親平 武田薬品 山口 1026 北 魁道 中国電力 広島 1027 佐藤 孝哉 中国電力 広島 1028 山崎 亮平 中国電力 広島 1029 秋山 雄飛 中国電力 広島 1030 延藤 潤 マツダ 広島 1031 松本 葵 大塚製薬 徳島 1032 秦 将吾 大塚製薬 徳島 1033 國行 麗生 大塚製薬 徳島 1034 新井 和貴 大塚製薬 徳島 1035 村上 隼 松山大学 愛媛 1036 河本 慎之介 松山大学 愛媛 1037 山本 渉 松山大学 愛媛 1038 青野 勇紀 今治AC 愛媛 1039 岡田 篤典 高知大学 高知 1040 三谷 康一郎 高知大学 高知 1041 山﨑 竹丸 まるランニングクラブ 高知 1042 辻本 聖一朗 摂南大学 大阪 1043 平田 健司 AST 大阪 1044 馬場 翔大 NTT西日本 大阪 1045 梅原 知希 京都教育大学 京都 1046 三上 純 京都教育大学 京都 1047 平井 敦也 京都教育大学 京都 1048 大塚 倭 京都陸協 京都 1049 高畑 祐樹 立命館大学 滋賀 1050 前川 紘導 立命館大学 滋賀 1051 鈴木 雄太 立命館大学 滋賀 1052 高畑 凌太 立命館大学 滋賀 1053 石橋 安孝 SGHグループ 滋賀 1054 櫻岡 駿 NTN 三重 1055 大野 日暉 愛三工業 愛知 1056 西山 雄介 トヨタ自動車 愛知 1057 森 拳真 トヨタ自動車 愛知 1058 山口 浩勢 愛三工業 愛知 1059 高橋 流星 愛知製鋼 愛知 1060 林 勇輝 大同特殊鋼 愛知 1061 服部 弾馬 トーエネック 愛知 1062 寺嶋 大輔 尾張クラブ 愛知 1063 荻野 太成 神奈川大学 神奈川 1064 越川 堅太 神奈川大学 神奈川 1065 安田 共貴 神奈川大学 神奈川 1066 井手 孝一 神奈川大学 神奈川 1067 北﨑 拓矢 神奈川大学 神奈川 1068 成瀬 隆一郎 神奈川大学 神奈川 1069 西方 大珠 神奈川大学 神奈川 1070 山田 翔太 プレス工業 神奈川 1071 大西 亮 プレス工業 神奈川 1072 大川 一成 プレス工業 神奈川 1073 池田 紀保 プレス工業 神奈川 1074 三上 嵩斗 東海大学 神奈川 1075 吉冨 裕太 東海大学 神奈川 1076 鬼塚 翔太 東海大学 神奈川 1077 小松 陽平 東海大学 神奈川 1078 吉川 大智 湘南工科大学 神奈川 1079 植村 拓未 青山学院大学 東京 1080 生方 敦也 青山学院大学 東京 1081 鈴木 塁人 青山学院大学 東京 1082 竹石 尚人 青山学院大学 東京 1083 田辺 浩司 青山学院大学 東京 1084 永井 拓真 青山学院大学 東京 1085 中根 滉稀 青山学院大学 東京 1086 中村 友哉 青山学院大学 東京 1087 花輪 瑞貴 青山学院大学 東京 1088 谷野 航平 青山学院大学 東京 1089 吉田 祐也 青山学院大学 東京 1090 市川 唯人 青山学院大学 東京 1091 岩見 秀哉 青山学院大学 東京 1092 大藏 洋人 青山学院大学 東京 1093 新号 健志 青山学院大学 東京 1094 長嶺 龍之介 青山学院大学 東京 1095 中山 大樹 青山学院大学 東京 1096 松葉 慶太 青山学院大学 東京 1097 森川 弘康 青山学院大学 東京 1098 飯田 貴之 青山学院大学 東京 1099 久留戸 黛良 青山学院大学 東京 1100 髙橋 勇輝 青山学院大学 東京 1101 能島 翼 青山学院大学 東京 1102 野川 寛太 青山学院大学 東京 1103 早田 祥也 青山学院大学 東京 1104 宮内 明人 青山学院大学 東京 1105 渡辺 大地 青山学院大学 東京 1106 石鍋 颯一 青山学院大学 東京 1107 近藤 海太 青山学院大学 東京 1108 森 凪也 中央大学 東京 1109 舟津 彰馬 中央大学 東京 1110 池田 勘汰 中央大学 東京 1111 川崎 新太郎 中央大学 東京 1112 三浦 拓朗 中央大学 東京 1113 五郎谷 俊 コモディイイダ陸上競技部 東京 1114 木田 貴大 コモディイイダ陸上競技部 東京 1115 宮本 甲斐 コモディイイダ陸上競技部 東京 1116 黒河 一輝 コモディイイダ陸上競技部 東京 1117 沖守 怜 サンベルクス 東京 1118 折居 卓哉 サンベルクス 東京 1119 坂口 裕之 明治大学 東京 1120 酒井 耀史 明治大学 東京 1121 茂木 亮太 住友電工 東京 1122 田村 和希 住友電工 東京 1123 西池 和人 コニカミノルタ 東京 1124 大山 憲明 コニカミノルタ 東京 1125 阿部 涼 日本大学 東京 1126 竹元 亮太 日本大学 東京 1127 青木 涼真 法政大学 東京 1128 安田 有佑 東京外国語大学 東京 1129 落合 海斗 東京陸協 東京 1130 小畠 翼 法政大学第二体育会 東京 1131 鈴木 祐希 カネボウ 東京 1132 鈴木 太基 ラフィネグループ 東京 1133 三木 啓貴 GMOアスリーツ 東京 1134 赤澤 省吾 東京地下鉄 東京 1135 中村 大成 駒澤大学 東京 1136 塩尻 和也 順天堂大学 千葉 1137 澤藤 響 順天堂大学 千葉 1138 難波 皓平 順天堂大学 千葉 1139 藤曲 寛人 順天堂大学 千葉 1140 清水 颯大 順天堂大学 千葉 1141 野口 雄大 順天堂大学 千葉 1142 潰滝 大記 富士通 千葉 1143 横手 健 富士通 千葉 1144 佐藤 佑輔 富士通 千葉 1145 片山 優人 山梨学院大学 山梨 1146 久保 和馬 山梨学院大学 山梨 1147 今西 駿介 東洋大学 埼玉 1148 西山 和弥 東洋大学 埼玉 1149 片根 洋平 大東文化大学 埼玉 1150 奈良 凌介 大東文化大学 埼玉 1151 新庄 翔太 Honda 埼玉 1152 服部 潤哉 城西大学 埼玉 1153 中谷 雄飛 早稲田大学 埼玉 1154 武田 凜太郎 ヤクルト 埼玉 1155 牧 良輔 SUBARU 群馬 1156 上村 純也 SUBARU 群馬 1157 廣田 雄希 SUBARU 群馬 1158 野上 善弘 NINE TOCHIGI TC 栃木 1159 西澤 佳洋 小森コーポレーション 茨城 1160 森田 佳祐 小森コーポレーション 茨城 1161 伊勢 和浩 札幌学院大学 北海道 1162 宇野 翔 札幌学院大学 北海道 1163 田中 佑典 札幌学院大学 北海道 1164 工藤 真 札幌学院大学 北海道 1165 幸谷 玲弥 札幌学院大学 北海道 1166 松舘 悠斗 星槎道都大学 北海道 1167 ケセテ ハブテシオン 星槎道都大学 北海道 1168 我那覇 和真 日清食品グループ 東京 1169 三浦 洋希 日清食品グループ 東京 1170 坂東 悠汰 法政大学 東京 1171 一重 祐樹 会津陸協 東京 2019 女子シニア8km No. 選手 所属 地区 2001 田中 佑香 福岡大学 福岡 2002 光恒 悠里 福岡大学 福岡 2003 井手 彩乃 福岡大学 福岡 2004 林田 美咲 九電工 福岡 2005 髙野 鈴菜 肥後銀行 熊本 2006 山ノ内 みなみ 京セラ 鹿児島 2007 吉田 菜月 ナンチク 鹿児島 2008 石澤 ゆかり エディオン 広島 2009 横瀬 彩也香 エディオン 広島 2010 菅野 杏華 エディオン 広島 2011 淺田 美菜 エディオン 広島 2012 藪田 裕衣 大塚製薬 徳島 2013 秋山 あみる 大塚製薬 徳島 2014 岡田 佳子 松山大学 愛媛 2015 大谷 菜南子 松山大学 愛媛 2016 西山 未奈美 松山大学 愛媛 2017 西田 留衣 シスメックス 兵庫 2018 谷萩 史歩 シスメックス 兵庫 2019 鳴瀧 ほのか シスメックス 兵庫 2020 田中 希実 ND28AC 兵庫 2021 髙谷 愛奈 大阪学院大学 大阪 2022 田村 幸希 大阪学院大学 大阪 2023 谷川 愛美 大阪学院大学 大阪 2024 岡本 奈々依 大阪学院大学 大阪 2025 竹内 優花 大阪学院大学 大阪 2026 橋本 晴圭 大阪学院大学 大阪 2027 戸田 朱音 大阪学院大学 大阪 2028 加藤 詩帆加 大阪学院大学 大阪 2029 樋口 朱花 大阪学院大学 大阪 2030 室伏 香音 大阪学院大学 大阪 2031 藤田 玲那 大阪学院大学 大阪 2032 入江 ちはゆ 大阪学院大学 大阪 2033 川村 楓 佛教大学 京都 2034 山﨑 夢乃 佛教大学 京都 2035 青松 真那 佛教大学 京都 2036 岡本 佳奈絵 佛教大学 京都 2037 谷口 真菜 ワコール 京都 2038 長谷川 詩乃 ワコール 京都 2039 橋本 奈津 京都産業大学 京都 2040 田中 綾乃 立命館大学 滋賀 2041 真部 亜樹 立命館大学 滋賀 2042 三浦 佑美香 立命館大学 滋賀 2043 中田 美優 立命館大学 滋賀 2044 松本 美咲 立命館大学 滋賀 2045 太田 麻衣 立命館大学 滋賀 2046 坂尻 有花 立命館大学 滋賀 2047 竹内 ひかり 立命館大学 滋賀 2048 御﨑 舞 立命館大学 滋賀 2049 吉薗 栞 立命館大学 滋賀 2050 荘司 麻衣 デンソー 三重 2051 池内 彩乃 デンソー 三重 2052 森林 未来 デンソー 三重 2053 矢田 みくに デンソー 三重 2054 松本 亜子 デンソー 三重 2055 加世田 梨花 名城大学 愛知 2056 髙松 智美 ムセンビ 名城大学 愛知 2057 和田 有菜 名城大学 愛知 2058 松澤 綾音 名城大学 愛知 2059 川口 桃佳 豊田自動織機 愛知 2060 堀 優花 パナソニック 神奈川 2061 渡邊 菜々美 パナソニック 神奈川 2062 金丸 清香 パナソニック 神奈川 2063 奥村 紗帆 東海大学 神奈川 2064 保坂 野恋花 東京農業大学 東京 2065 小川 奈々 東京農業大学 東京 2066 棟久 由貴 東京農業大学 東京 2067 土田 佳奈 東京農業大学 東京 2068 平賀 奏美 東京農業大学 東京 2069 北川 結衣 東京農業大学 東京 2070 竹内 あさひ 東京農業大学 東京 2071 柴原 佑紀 東京農業大学 東京 2072 大澤 由菜 東京農業大学 東京 2073 高橋 ひより 東京農業大学 東京 2074 伊藤 ひかり ユニクロ 東京 2075 川本 希花 ユニクロ 東京 2076 勝木 順子 ユニクロ 東京 2077 今井 千尋 ユニクロ 東京 2078 笹川 葉名 拓殖大学 東京 2079 八田 ももか 拓殖大学 東京 2080 佐野 英里佳 拓殖大学 東京 2081 木下 友梨菜 中央大学 東京 2082 五島 莉乃 中央大学 東京 2083 岡本 海愛 資生堂 東京 2084 出水田 眞紀 第一生命グループ 東京 2085 工藤 杏華 日本体育大学 東京 2086 佐藤 みな実 順天堂大学 千葉 2087 白石 由佳子 順天堂大学 千葉 2088 髙橋 優菜 順天堂大学 千葉 2089 花田 咲絵 順天堂大学 千葉 2090 甲本 まお 順天堂大学 千葉 2091 座間 栞 順天堂大学 千葉 2092 松本 奈々 順天堂大学 千葉 2093 伊澤 菜々花 ユニバーサル 千葉 2094 猿見田 裕香 ユニバーサル 千葉 2095 鷲見 梓沙 ユニバーサル 千葉 2096 折笠 有彩 しまむら 埼玉 2097 田浦 英理歌 東洋大学 群馬 2098 伊東 明日香 東洋大学 群馬 2099 小澤 夏美 日立 茨城 2100 佐々木 芽衣 日立 茨城 2101 佐々木 瑠衣 日立 茨城 2102 池亀 彩花 ホクレン 北海道 2103 加藤 凪紗 ホクレン 北海道 2104 清水 萌衣乃 東京農業大学 東京 2105 久保倉 実里 コモディイイダ陸上競技部 東京 2106 和田 美々里 東洋大学 群馬 2107 上田 雪菜 筑波大学 茨城 2019 男子U20 8km No. 選手 所属 地区 3001 島﨑 昇汰 大牟田高校 福岡 3002 濵地 進之介 大牟田高校 福岡 3003 足立 一己 大牟田高校 福岡 3004 江口 清洋 大牟田高校 福岡 3005 藤田 寛大 大牟田高校 福岡 3006 大木 バートン 大牟田高校 福岡 3007 田島 龍聖 大牟田高校 福岡 3008 中野 清正 大牟田高校 福岡 3009 吉冨 純也 大牟田高校 福岡 3010 川﨑 颯大 大牟田高校 福岡 3011 太田 蒼生 大牟田高校 福岡 3012 神谷 青輝 大牟田高校 福岡 3013 林 虎大朗 大牟田高校 福岡 3014 井元 葵音 希望が丘高校 福岡 3015 猿渡 永遠 希望が丘高校 福岡 3016 西村 心 希望が丘高校 福岡 3017 藤崎 大翔 希望が丘高校 福岡 3018 松成 尚輝 希望が丘高校 福岡 3019 秋本 恭佑 希望が丘高校 福岡 3020 鮎川 康平 希望が丘高校 福岡 3021 澤山 舜矢 希望が丘高校 福岡 3022 長谷田 英義 希望が丘高校 福岡 3023 林田 朋揮 希望が丘高校 福岡 3024 福田 大陽 希望が丘高校 福岡 3025 髙倉 優人 近畿大学附属福岡高校 福岡 3026 酒見 凌輔 近畿大学附属福岡高校 福岡 3027 重松 賢聖俊 近畿大学附属福岡高校 福岡 3028 上村 侑瑞樹 近畿大学附属福岡高校 福岡 3029 菊地 大和 飯塚高校 福岡 3030 丹下 正登 飯塚高校 福岡 3031 西垣内 和輝 飯塚高校 福岡 3032 田中 晃大 折尾愛真高校 福岡 3033 横山 隼人 筑前高校 福岡 3034 吉田 鴻太 柏陵高校 福岡 3035 槇木直人 修猷館高校 福岡 3036 平 駿介 白石高校 佐賀 3037 山口 大地 白石高校 佐賀 3038 山田 一輝 白石高校 佐賀 3039 西久保 遼 鳥栖工業高校 佐賀 3040 髙瀨 桂 鳥栖工業高校 佐賀 3041 堤 渉 佐賀清和高校 佐賀 3042 宮崎 琉太郎 長崎南高校 長崎 3043 花尾 恭輔 鎮西学院高校 長崎 3044 後藤 拓磨 大分東明高校 大分 3045 河野 友誠 大分東明高校 大分 3046 遠入 剛 大分東明高校 大分 3047 青木 森 大分東明高校 大分 3048 上野 優人 大分東明高校 大分 3049 萱島 和 大分東明高校 大分 3050 小山 晴空 大分東明高校 大分 3051 庭瀬 俊輝 大分東明高校 大分 3052 太田 瑠星 鶴崎工業高校 大分 3053 日高 拓夢 鶴崎工業高校 大分 3054 河野 琉威 鶴崎工業高校 大分 3055 工藤 郁也 鶴崎工業高校 大分 3056 佐藤 俊輔 鶴崎工業高校 大分 3057 藤井 健登 藤蔭高校 大分 3058 詫間 僚 藤蔭高校 大分 3059 内田 征冶 開新高校 熊本 3060 椛山 海斗 開新高校 熊本 3061 園木 大斗 開新高校 熊本 3062 田尻 幸士朗 開新高校 熊本 3063 麓 逸希 開新高校 熊本 3064 松本 一総 開新高校 熊本 3065 持田 竜汰 開新高校 熊本 3066 冨田 幸音 開新高校 熊本 3067 野田 崇央 開新高校 熊本 3068 竹上 直希 開新高校 熊本 3069 成田 翔馬 開新高校 熊本 3070 一瀬 雅人 開新高校 熊本 3071 横原 琉星 開新高校 熊本 3072 井川 龍人 九州学院高校 熊本 3073 湯浅 仁 宮崎日本大学高校 宮崎 3074 佐藤 航希 宮崎日本大学高校 宮崎 3075 曳田 道斗 宮崎日本大学高校 宮崎 3076 松井 遼太 宮崎日本大学高校 宮崎 3077 荒木 勇人 宮崎日本大学高校 宮崎 3078 畦地 貴斗 小林高校 宮崎 3079 愛甲 翼 鹿児島実業高校 鹿児島 3080 神薗 竜馬 鹿児島実業高校 鹿児島 3081 川添 凌弥 鹿児島実業高校 鹿児島 3082 武下 孝輔 鹿児島実業高校 鹿児島 3083 和田 渉夢 鹿児島実業高校 鹿児島 3084 安藤 風羽 鹿児島実業高校 鹿児島 3085 岡野 凌成 鹿児島実業高校 鹿児島 3086 毛下 大暉 鹿児島実業高校 鹿児島 3087 砂川 大河 鹿児島実業高校 鹿児島 3088 徳丸 寛太 鹿児島実業高校 鹿児島 3089 菱沼 大晟 鹿児島実業高校 鹿児島 3090 堀口 陽太 鹿児島実業高校 鹿児島 3091 松山 晃琉 鹿児島実業高校 鹿児島 3092 北薗 元泰 鹿児島城西高校 鹿児島 3093 出口 静之心 鹿児島城西高校 鹿児島 3094 直 麗弥 鹿児島城西高校 鹿児島 3095 中西 巧磨 鹿児島城西高校 鹿児島 3096 町田 寛太 鹿児島城西高校 鹿児島 3097 矢吹 波音 鹿児島城西高校 鹿児島 3098 野村 昭夢 鹿児島城西高校 鹿児島 3099 中田 紫音 鹿児島城西高校 鹿児島 3100 山口 温大 鹿児島高校 鹿児島 3101 金丸 翔星 鹿児島高校 鹿児島 3102 新山 舜心 鹿児島高校 鹿児島 3103 芝上 丞乃助 鹿児島高校 鹿児島 3104 山内 健登 樟南高校 鹿児島 3105 甲斐 拓人 樟南高校 鹿児島 3106 内村 寿希 樟南高校 鹿児島 3107 倉村 大地 樟南高校 鹿児島 3108 立迫 光平 鹿児島工業高校 鹿児島 3109 西久保 雄志郎 鹿児島工業高校 鹿児島 3110 坂口 歩 鹿児島工業高校 鹿児島 3111 荒武 真也 国分中央高等学校 鹿児島 3112 上部 知紀 西京高校 山口 3113 菖蒲 敦司 西京高校 山口 3114 瀧口 大河 西京高校 山口 3115 田村 友伸 西京高校 山口 3116 田村 光 西京高校 山口 3117 三木 雄介 西京高校 山口 3118 森重 孝哉 西京高校 山口 3119 阿部 陽樹 西京高校 山口 3120 大谷 悠真 西京高校 山口 3121 小林 海葵 西京高校 山口 3122 松村 優斗 西京高校 山口 3123 藤井 一樹 美祢青嶺高校 山口 3124 野村 颯斗 美祢青嶺高校 山口 3125 山本 悠真 美祢青嶺高校 山口 3126 歌田 慶上 美祢青嶺高校 山口 3127 白浜 徹也 美祢青嶺高校 山口 3128 藤井 翔大 美祢青嶺高校 山口 3129 洌鎌 優希 聖光高校 山口 3130 東條 侃慧 聖光高校 山口 3131 花谷 そら 聖光高校 山口 3132 復光 駿介 聖光高校 山口 3133 家永 大樹 高川学園高校 山口 3134 武居 尚輝 高川学園高校 山口 3135 清見 涼真 高川学園高校 山口 3136 岩本 二千翔 世羅高校 広島 3137 上本 青空 世羅高校 広島 3138 永地 泰貴 世羅高校 広島 3139 梶山 林太郎 世羅高校 広島 3140 田井野 悠介 世羅高校 広島 3141 前垣内 皓大 世羅高校 広島 3142 上森 界児 世羅高校 広島 3143 大本 樹 世羅高校 広島 3144 倉本 玄太 世羅高校 広島 3145 篠原 匠 世羅高校 広島 3146 三浦 大志 世羅高校 広島 3147 見川 壮太 世羅高校 広島 3148 岡崎 太郎 世羅高校 広島 3149 小川 兼太郎 世羅高校 広島 3150 沖田 稜平 世羅高校 広島 3151 中野 翔太 世羅高校 広島 3152 細迫 海気 世羅高校 広島 3153 保井 風満 世羅高校 広島 3154 植野 泰生 世羅高校 広島 3155 野原 凌央 世羅高校 広島 3156 増木 祐斗 世羅高校 広島 3157 北村 惇生 世羅高校 広島 3158 山口 智哉 世羅高校 広島 3159 石本 健人 世羅高校 広島 3160 大西 陸 世羅高校 広島 3161 新谷 絋ノ介 世羅高校 広島 3162 中尾 伸二 世羅高校 広島 3163 中野 春希 世羅高校 広島 3164 福留 浩太 世羅高校 広島 3165 吉木 駿平 世羅高校 広島 3166 吉本 真啓 世羅高校 広島 3167 片山 直人 広島皆実高校 広島 3168 山崎 大空 広島皆実高校 広島 3169 三好 紘生 広島皆実高校 広島 3170 大窪 晴天 広島皆実高校 広島 3171 北村 響生 広島皆実高校 広島 3172 竹下 仁晟 広島皆実高校 広島 3173 増田 涼太 広島皆実高校 広島 3174 三藤 翼 広島皆実高校 広島 3175 黒原 優人 広島皆実高校 広島 3176 仁井矢 颯希 広島皆実高校 広島 3177 竹内 望 広島皆実高校 広島 3178 倉本 晟伍 広島皆実高校 広島 3179 兼原 尚也 広島国際学院高校 広島 3180 岡野 智也 広島国際学院高校 広島 3181 北山 裕祐 広島国際学院高校 広島 3182 藤本 浩輝 広島国際学院高校 広島 3183 森屋敷 幸太 広島国際学院高校 広島 3184 岩田 楽也 広島国際学院高校 広島 3185 熊谷 幸路 広島国際学院高校 広島 3186 笹木 恵斗 広島国際学院高校 広島 3187 濱本 零士 広島国際学院高校 広島 3188 吉田 周 広島国際学院高校 広島 3189 板本 和瀬 呉高校 広島 3190 山田 隼輔 呉高校 広島 3191 宮田 大生 呉高校 広島 3192 土田 力暉 呉高校 広島 3193 平岡 真央斗 呉高校 広島 3194 安食 翔斗 西条農業高校 広島 3195 高橋 駿来 西条農業高校 広島 3196 太良坊 航 西条農業高校 広島 3197 東 陽晃 西条農業高校 広島 3198 堤 楽歩 西条農業高校 広島 3199 本山 嵩 広島県立呉三津田高校 広島 3200 立花 一貴 広島県立呉三津田高校 広島 3201 保手濱涼介 広島県立呉三津田高校 広島 3202 寺本 航輝 呉高等学校 広島 3203 正田 琢朗 広島商船高専 広島 3204 餘多分 亮雅 広島工大高校 広島 3205 和田 将希 水島工業高校 岡山 3206 安藤 勘太 水島工業高校 岡山 3207 土居 尚哉 水島工業高校 岡山 3208 土倉 光貴 水島工業高校 岡山 3209 長谷川 舜 水島工業高校 岡山 3210 三宅 隼人 水島工業高校 岡山 3211 由谷 功至 水島工業高校 岡山 3212 八木 志樹 倉敷高等学校 岡山 3213 若林 陽大 倉敷高等学校 岡山 3214 井田 春 倉敷高等学校 岡山 3215 石原 翔太郎 倉敷高等学校 岡山 3216 井上 直人 就実高校 岡山 3217 中西 真大 就実高校 岡山 3218 高見 真拓 出雲工業高校 島根 3219 木山 達哉 尽誠学園高校 香川 3220 木山 克哉 尽誠学園高校 香川 3221 香西 祐一朗 つるぎ高校 徳島 3222 山本 航輝 つるぎ高校 徳島 3223 笠井 春輝 つるぎ高校 徳島 3224 和田 倖明 つるぎ高校 徳島 3225 生田 琉海 徳島科学技術高校 徳島 3226 河野 涼太 徳島科学技術高校 徳島 3227 吉成 啓介 徳島科学技術高校 徳島 3228 岩佐 祐誠 徳島科学技術高校 徳島 3229 菊川 尚悟 鳴門高校 徳島 3230 岸本 大樹 鳴門高校 徳島 3231 吉田 鐘 鳴門高校 徳島 3232 竹内 大貴 鳴門高校 徳島 3233 目片 将大 須磨学園高校 兵庫 3234 北野 開平 須磨学園高校 兵庫 3235 池野 竜正 須磨学園高校 兵庫 3236 浮田 直弥 須磨学園高校 兵庫 3237 川端 拳史 須磨学園高校 兵庫 3238 川畑 昇大 須磨学園高校 兵庫 3239 上仮屋 雄太 須磨学園高校 兵庫 3240 喜多村 慧 須磨学園高校 兵庫 3241 永吉 恭理 須磨学園高校 兵庫 3242 八澤 輝人 須磨学園高校 兵庫 3243 酒井 亮太 西脇工業高校 兵庫 3244 谷本 勇陽 西脇工業高校 兵庫 3245 平田 恵大 西脇工業高校 兵庫 3246 藤本 珠輝 西脇工業高校 兵庫 3247 吉井 来人 西脇工業高校 兵庫 3248 藤井 利哉 西脇工業高校 兵庫 3249 片岡 渉 大阪高校 大阪 3250 長壁 佳輝 大阪高校 大阪 3251 田村 一智 大阪高校 大阪 3252 富山 大智 大阪高校 大阪 3253 鍋野 涼雅 大阪高校 大阪 3254 東原 豪輝 大阪高校 大阪 3255 藤村 晴夫 大阪高校 大阪 3256 小島 慎也 大阪高校 大阪 3257 上野 南翔 大阪高校 大阪 3258 福島 弦太郎 大阪高校 大阪 3259 朝山 航大 興國高校 大阪 3260 千原 憂晟 興國高校 大阪 3261 杉本 平汰 興國高校 大阪 3262 横山 志穏 興國高校 大阪 3263 藤原 直己 興國高校 大阪 3264 河合 紀舟 興國高校 大阪 3265 池田 一貴 清風高等学校 大阪 3266 堀畑 佳吾 清風高等学校 大阪 3267 奥田 歩凪 清風高等学校 大阪 3268 徳野 秀飛 清風高等学校 大阪 3269 田中 駿祐 清風高等学校 大阪 3270 山本 尽 清風高等学校 大阪 3271 葛西 潤 関西創価高校 大阪 3272 本田 晃士郎 関西創価高校 大阪 3273 志村 健太 関西創価高校 大阪 3274 中辻 隼人 大阪体育大学浪商高校 大阪 3275 永山 大楽 大阪体育大学浪商高校 大阪 3276 禰宜田 敬幸 大阪体育大学浪商高校 大阪 3277 宮内 浩志 東海大学付属大阪仰星高校 大阪 3278 盛本 聖也 洛南高等学校 京都 3279 若山 岳 洛南高等学校 京都 3280 赤星 雄斗 洛南高等学校 京都 3281 三浦 龍司 洛南高等学校 京都 3282 諸冨 湧 洛南高等学校 京都 3283 若林 宏樹 洛南高等学校 京都 3284 多賀井 悠斗 桂高校 京都 3285 三上 晋弥 立命館高校 京都 3286 重石 卓哉 田辺工業高校 和歌山 3287 都築 勇貴 田辺工業高校 和歌山 3288 野村 優作 田辺工業高校 和歌山 3289 井澗 翔太 田辺工業高校 和歌山 3290 水井 翔哉 田辺工業高校 和歌山 3291 加藤 厚弥 土岐商業高校 岐阜 3292 小島 龍斗 土岐商業高校 岐阜 3293 中洞 将 中京学院大学附属中京高校 岐阜 3294 宇留田 竜希 伊賀白鳳高校 三重 3295 山本 恭澄 伊賀白鳳高校 三重 3296 関口 雄大 豊川高校 愛知 3297 栁本 匡哉 豊川高校 愛知 3298 鈴木 竜太朗 豊川高校 愛知 3299 小林 亮太 豊川高校 愛知 3300 砂平 淳也 名経大高蔵高校 愛知 3301 脇田 幸太朗 新城東高校 愛知 3302 中倉 啓敦 愛知高校 愛知 3303 近藤 幸太郎 豊川工業高校 愛知 3304 榎本 光希 阿久比高校 愛知 3305 牧野 拓也 日本大学三島高校 静岡 3306 榎本 晃大 日本大学三島高校 静岡 3307 丹所 健 湘南工科大学附属高校 神奈川 3308 伊東 正悟 湘南工科大学附属高校 神奈川 3309 木原 大地 湘南工科大学附属高校 神奈川 3310 中山 敦貴 湘南工科大学附属高校 神奈川 3311 児玉 真輝 鎌倉学園高校 神奈川 3312 力石 暁 鎌倉学園高校 神奈川 3313 中嶋 亮翔 鎌倉学園高校 神奈川 3314 下條 乃將 東京実業高校 東京 3315 濱田 祐知 東京実業高校 東京 3316 並木 寧音 東京実業高校 東京 3317 山林 レオ 東京実業高校 東京 3318 中津川 亮 東京実業高校 東京 3319 丸岡 拓 東京実業高校 東京 3320 山崎 大地 東京実業高校 東京 3321 伊東 大翔 國學院大學久我山高校 東京 3322 関口 絢太 國學院大學久我山高校 東京 3323 安部 柚作 國學院大學久我山高校 東京 3324 宮澤 徹 國學院大學久我山高校 東京 3325 浦田 優斗 國學院大學久我山高校 東京 3326 湯原 慶吾 青山学院大学 東京 3327 杉坂 侑紀 八千代松陰高校 千葉 3328 石井 一希 八千代松陰高校 千葉 3329 佐藤 一世 八千代松陰高校 千葉 3330 鶴 元太 八千代松陰高校 千葉 3331 工藤 大和 八千代松陰高校 千葉 3332 川添 健人 八千代松陰高校 千葉 3333 油谷 航亮 八千代松陰高校 千葉 3334 大野 雅也 八千代松陰高校 千葉 3335 富田 峻平 八千代松陰高校 千葉 3336 鴨志田 遼太郎 八千代松陰高校 千葉 3337 髙見 智志 専修大学松戸高校 千葉 3338 忠内 侑士 専修大学松戸高校 千葉 3339 橋本 基紀 専修大学松戸高校 千葉 3340 松永 伶 専修大学松戸高校 千葉 3341 金田 遼祐 専修大学松戸高校 千葉 3342 髙須賀 大勢 専修大学松戸高校 千葉 3343 藤島 幹大 専修大学松戸高校 千葉 3344 中村 唯翔 流通経済大学付属柏高校 千葉 3345 木村 聖哉 流通経済大学付属柏高校 千葉 3346 梅谷 康太 流通経済大学付属柏高校 千葉 3347 河南 颯汰 流通経済大学付属柏高校 千葉 3348 山中 泰地 成田高校 千葉 3349 橋口 歩生 成田高校 千葉 3350 本木 寛大 成田高校 千葉 3351 吉田 壮志 大多喜高校 千葉 3352 漆畑 徳輝 山梨学院高校 山梨 3353 加藤 聡太 山梨学院高校 山梨 3354 志津 優騎 山梨学院高校 山梨 3355 松尾 康平 山梨学院高校 山梨 3356 藤本 優太 聖望学園高校 埼玉 3357 松崎 涼佑 聖望学園高校 埼玉 3358 青柿 響 聖望学園高校 埼玉 3359 久保田 徹 聖望学園高校 埼玉 3360 飯嶌 有人 聖望学園高校 埼玉 3361 白鳥 哲汰 埼玉栄高校 埼玉 3362 宮坂 大器 埼玉栄高校 埼玉 3363 工藤 翼 花咲徳栄高校 埼玉 3364 唐澤 拓海 花咲徳栄高校 埼玉 3365 砂岡 拓磨 城西大学 埼玉 3366 石田 洸介 東京農業大学第二高校 群馬 3367 西川 魁星 太田高校 群馬 3368 大澤 佑介 樹徳高等学校 群馬 3369 山森 龍暁 鯖江高校 福井 3370 清水 蓮 鯖江高校 福井 3371 中村 颯太 鯖江高校 福井 3372 清水 悠雅 鯖江高校 福井 3373 近藤 惇平 鯖江高校 福井 3374 中西 大翔 金沢龍谷高校 石川 3375 中西 唯翔 金沢龍谷高校 石川 3376 松崎 咲人 佐久長聖高校 長野 3377 宮内 斗輝 佐久長聖高校 長野 3378 鈴木 芽吹 佐久長聖高校 長野 3379 服部 凱杏 佐久長聖高校 長野 3380 加藤 歩夢 中越高校 新潟 3381 岸本 大紀 三条高校 新潟 3382 櫛田 佳希 石川高校 福島 3383 小指 卓也 石川高校 福島 3384 横田 俊吾 石川高校 福島 3385 松山 和希 石川高校 福島 3386 安達 響生 秋田工業高校 秋田 3387 鈴木 吟河 秋田工業高校 秋田 3388 竹村 拓真 秋田工業高校 秋田 3389 鈴木 玲央 秋田工業高校 秋田 3390 畠山 莉央 秋田工業高校 秋田 3391 高橋 銀河 秋田工業高校 秋田 3392 柴田 宜憲 秋田工業高校 秋田 3393 中川 雄太 秋田工業高校 秋田 3394 小松 兼梧 秋田工業高校 秋田 3395 金田 龍心 仙台育英学園高校 宮城 3396 黒須 優翔 仙台育英学園高校 宮城 3397 佐藤 礼旺 仙台育英学園高校 宮城 3398 吉居 大和 仙台育英学園高校 宮城 3399 喜早 駿介 仙台育英学園高校 宮城 3400 菊地 駿介 仙台育英学園高校 宮城 3401 山平 怜生 仙台育英学園高校 宮城 3402 中澤 優希 仙台育英学園高校 宮城 3403 山岸 柊斗 仙台育英学園高校 宮城 3404 白井 勇佑 仙台育英学園高校 宮城 3405 児玉 悠輔 東北高校 宮城 3406 稲毛 崇斗 東北高校 宮城 3407 松田 爽 東北高校 宮城 3408 田澤 廉 青森山田高校 青森 3409 高田 佑人 札幌静修高校 北海道 3410 大野 尊 札幌静修高校 北海道 3411 山本 新汰 北海道滝川西高校 北海道 3412 前田 直輝 北海道滝川西高校 北海道 3413 下舘 真樹 星槎道都大学 北海道 2019 女子U20 6km No. 選手 所属 地区 4001 辻田 翔子 筑紫女学園高校 福岡 4002 飯島 理子 筑紫女学園高校 福岡 4003 市原 沙南 筑紫女学園高校 福岡 4004 池田 朱里 筑紫女学園高校 福岡 4005 永長 里緒 筑紫女学園高校 福岡 4006 野末 侑花 北九州市立高校 福岡 4007 日吉 鈴菜 北九州市立高校 福岡 4008 松本 夢佳 北九州市立高校 福岡 4009 酒井 美玖 北九州市立高校 福岡 4010 菅田 雅香 福岡高校 福岡 4011 渡辺 夕奈 佐賀清和高校 佐賀 4012 山下 藍 佐賀清和高校 佐賀 4013 大津 安沙菜 諫早高校 長崎 4014 平岡 美紀 諫早高校 長崎 4015 大原 美月 諫早高校 長崎 4016 弟子丸 小春 諫早高校 長崎 4017 畑本 夏萌 諫早高校 長崎 4018 森田 真帆 諫早高校 長崎 4019 北原 芽依 長崎女子高校 長崎 4020 中村 まこ 長崎女子高校 長崎 4021 田畑 朱彩 長崎南高校 長崎 4022 花田 雪乃 長崎南高校 長崎 4023 廣中 璃梨佳 長崎商業高校 長崎 4024 濵添 麻那 長崎商業高校 長崎 4025 奥西 杏樹 大分西高校 大分 4026 木本 胡実 大分西高校 大分 4027 平松 彩華 大分西高校 大分 4028 小松 優衣 大分西高校 大分 4029 中村 朱里 大分西高校 大分 4030 川野 朱莉 ルーテル学院高校 熊本 4031 大保 桜 ルーテル学院高校 熊本 4032 原田 まつり 樟南高校 鹿児島 4033 尾方 星華 樟南高校 鹿児島 4034 古川 結美 樟南高校 鹿児島 4035 松永 彩葉 樟南高校 鹿児島 4036 原田 まりん 樟南高校 鹿児島 4037 小代﨑 陽向子 国分中央高校 鹿児島 4038 立迫 望美 国分中央高校 鹿児島 4039 岩本 里菜 中村女子高校 山口 4040 河村 真央 中村女子高校 山口 4041 白井 明衣 中村女子高校 山口 4042 内田 爽月 中村女子高校 山口 4043 石松 空 西京高校 山口 4044 舩木 千花 西京高校 山口 4045 舩木 柚花 西京高校 山口 4046 酒井 珠乃 高川学園高校 山口 4047 相原 美咲 広島県立世羅高校 広島 4048 平村 古都 広島県立世羅高校 広島 4049 朝比奈 雅姫 広島県立世羅高校 広島 4050 西田 鈴菜 広島県立世羅高校 広島 4051 永地 由香里 広島県立世羅高校 広島 4052 加藤 小雪 広島県立世羅高校 広島 4053 加藤 美咲 広島県立世羅高校 広島 4054 神笠 知子 広島県立世羅高校 広島 4055 下高 美聡 広島県立世羅高校 広島 4056 山際 夏芽 広島県立世羅高校 広島 4057 小倉 女依 呉高校 広島 4058 橋本 七摘 呉高校 広島 4059 光田 心愛 呉高校 広島 4060 梶岡 奈々 呉高校 広島 4061 河本 彩伽 呉高校 広島 4062 戸倉 瑛菜 呉高校 広島 4063 大崎 ななみ 西条農業高校 広島 4064 小原 弓佳 西条農業高校 広島 4065 田㞍 友渚 西条農業高校 広島 4066 西川 さくら 西条農業高校 広島 4067 平岡 美帆 舟入高校 広島 4068 谷本 七星 舟入高校 広島 4069 松尾 晴乃 舟入高校 広島 4070 三好 彩奈 福山暁の星女子高校 広島 4071 兼友 良夏 沼田高校 広島 4072 樫原 沙紀 呉三津田高校 広島 4073 本郷 沙穂 岡山操山高校 岡山 4074 堤 真花 岡山操山高校 岡山 4075 小林 璃々 富岡東高校 徳島 4076 大塚 日真莉 山田高校 高知 4077 荒井 優奈 須磨学園高校 兵庫 4078 大西 ひかり 須磨学園高校 兵庫 4079 土井 葉月 須磨学園高校 兵庫 4080 後藤 夢 ND28AC 兵庫 4081 雲丹亀 美月 西脇工業高校 兵庫 4082 上野 日菜子 大阪体育大学浪商高校 大阪 4083 田村 麻衣 大阪体育大学浪商高校 大阪 4084 山田 莉里花 大阪体育大学浪商高校 大阪 4085 大西 葵 大阪体育大学浪商高校 大阪 4086 伐栗 夢七 大阪体育大学浪商高校 大阪 4087 栗原 史歩 大阪体育大学浪商高校 大阪 4088 田中 星理菜 大阪体育大学浪商高校 大阪 4089 左部 来夢 大阪体育大学浪商高校 大阪 4090 松室 真優 大阪薫英女学院高校 大阪 4091 髙田 晴香 大阪薫英女学院高校 大阪 4092 佐藤 千紘 大阪薫英女学院高校 大阪 4093 高橋 栞奈 立命館宇治高校 京都 4094 桶谷 南実 立命館宇治高校 京都 4095 三原 環 立命館宇治高校 京都 4096 津熊 莉菜 立命館宇治高校 京都 4097 三原 梓 立命館宇治高校 京都 4098 村松 灯 立命館宇治高校 京都 4099 千賀 若奈 京都外大西高校 京都 4100 奥田 真実 京都外大西高校 京都 4101 池田 朱里 京都外大西高校 京都 4102 柴田 来夢 桂高校 京都 4103 村山 彩夏 桂高校 京都 4104 浅田 遥香 豊川高校 愛知 4105 荻野 実夕 豊川高校 愛知 4106 古川 璃音 豊川高校 愛知 4107 水谷 怜愛 豊川高校 愛知 4108 永井 美希 豊川高校 愛知 4109 城所 日和 岡崎学園高校 愛知 4110 内田 妃 岡崎学園高校 愛知 4111 杉江 風花 岡崎学園高校 愛知 4112 山本 有真 光ヶ丘女子高校 愛知 4113 藤中 佑美 光ヶ丘女子高校 愛知 4114 國立 華蓮 至学館高校 愛知 4115 田代 なのは 東海大学付属静岡翔洋高校 静岡 4116 依田 来巳 東海大学付属静岡翔洋高校 静岡 4117 平川 星波 東海大学付属静岡翔洋高校 静岡 4118 澤木 はな 常葉大学附属菊川高校 静岡 4119 菅谷 茉生 常葉大学附属菊川高校 静岡 4120 町 碧海 常葉大学附属菊川高校 静岡 4121 菅田 もも 日本大学三島高校 静岡 4122 根上 真菜 日本大学三島高校 静岡 4123 吉村 玲美 白鵬女子高校 神奈川 4124 下里 芽依 白鵬女子高校 神奈川 4125 小谷 真波 白鵬女子高校 神奈川 4126 松田 梨里 白鵬女子高校 神奈川 4127 森 磨皓 パナソニック 神奈川 4128 増渕 祐香 錦城学園高校 東京 4129 保坂 晴子 錦城学園高校 東京 4130 三輪 南菜子 錦城学園高校 東京 4131 前田 海音 資生堂 東京 4132 青山 由佳 船橋高校 千葉 4133 小林 陽花 船橋高校 千葉 4134 土井 菜摘 船橋高校 千葉 4135 杉山 明沙 船橋高校 千葉 4136 江村 穂乃花 船橋高校 千葉 4137 風間 歩佳 成田高校 千葉 4138 小杉 真生 成田高校 千葉 4139 小坂井 智絵 成田高校 千葉 4140 山﨑 りさ 成田高校 千葉 4141 大塚 来夢 日本体育大学柏高校 千葉 4142 中村 紗夏 日本体育大学柏高校 千葉 4143 伊藤 夢 山梨学院高校 山梨 4144 渡辺 萌梨 山梨学院高校 山梨 4145 平塚 莉珠 山梨学院高校 山梨 4146 鬼頭 このみ 山梨学院高校 山梨 4147 鈴木 葵 ニトリ 埼玉 4148 星野 輝麗 常磐高校 群馬 4149 橋野 玲奈 水城高校 茨城 4150 小林 成美 長野東高校 長野 4151 高安 結衣 長野東高校 長野 4152 萩谷 楓 長野東高校 長野 4153 高松 いずみ 長野東高校 長野 4154 柳舘 禎乃 花輪高校 秋田 4155 武田 千捺 仙台育英学園高校 宮城 4156 木村 梨七 仙台育英学園高校 宮城 4157 清水 萌 仙台育英学園高校 宮城 4158 柳川 愛絵 仙台育英学園高校 宮城 4159 奥山 瑞希 宮城県利府高校 宮城 4160 寺嶋 璃々亜 札幌静修高校 北海道 2019 男子U20 4km No. 選手 所属 地区 3501 日高 颯仁 九州産業大学付属九州高校 福岡 3502 山本 浩太 九州産業大学付属九州高校 福岡 3503 永田 そら 九州産業大学付属九州高校 福岡 3504 山北 兼慎 九州産業大学付属九州高校 福岡 3505 渡邉 勇斗 九州産業大学付属九州高校 福岡 3506 武藤 龍平 九州産業大学付属九州高校 福岡 3507 渡辺 大仁 九州産業大学付属九州高校 福岡 3508 山本 真冬 九州産業大学付属九州高校 福岡 3509 渋谷 健伸 九州産業大学付属九州高校 福岡 3510 中光 航介 九州産業大学付属九州高校 福岡 3511 塩田 航大 九州産業大学付属九州高校 福岡 3512 川畑 浩輝 九州産業大学付属九州高校 福岡 3513 矢野 隆己 九州産業大学付属九州高校 福岡 3514 髙木 駿斗 大牟田高校 福岡 3515 土屋 雅也 大牟田高校 福岡 3516 久冨 大嗣 大牟田高校 福岡 3517 姫野 辰也 大牟田高校 福岡 3518 岡本 啓伸 大牟田高校 福岡 3519 藤本 竜汰 大牟田高校 福岡 3520 久保田 智大 大牟田高校 福岡 3521 赤池 陸 大牟田高校 福岡 3522 田中 廉 大牟田高校 福岡 3523 福場 仁之甫 大牟田高校 福岡 3524 菅原 良太 大牟田高校 福岡 3525 丸野 源太 大牟田高校 福岡 3526 馬場 日向 大牟田高校 福岡 3527 鬼木 晴大 筑前高校 福岡 3528 髙橋 理人 筑前高校 福岡 3529 林 颯真 筑前高校 福岡 3530 久下 裕悟 筑前高校 福岡 3531 矢野 迅人 筑前高校 福岡 3532 内藤 大瑚 筑前高校 福岡 3533 平野 皓大 筑前高校 福岡 3534 有住 哲平 筑前高校 福岡 3535 松田 康聖 小倉工業高校 福岡 3536 本田 翔一朗 小倉工業高校 福岡 3537 池田 圭佑 小倉工業高校 福岡 3538 長末 大空 小倉工業高校 福岡 3539 南 怜汰 小倉工業高校 福岡 3540 伊達 健人 小倉工業高校 福岡 3541 松屋 葵大 小倉工業高校 福岡 3542 大里 昌真 純真高校 福岡 3543 加来 汰成 純真高校 福岡 3544 稲森 勇翔 純真高校 福岡 3545 阿部 真碧 純真高校 福岡 3546 紙屋 諒真 純真高校 福岡 3547 内場 冬都 純真高校 福岡 3548 森田 宏紀 純真高校 福岡 3549 小林 翔馬 飯塚高校 福岡 3550 谷川 智哉 飯塚高校 福岡 3551 原田 燎侍 飯塚高校 福岡 3552 松浦 魁大 飯塚高校 福岡 3553 稲葉 冬愛 飯塚高校 福岡 3554 柿原 幹太 飯塚高校 福岡 3555 德田 正輝 飯塚高校 福岡 3556 野田 大喜 柏陵高校 福岡 3557 池田 豊 柏陵高校 福岡 3558 谷口 直弥 柏陵高校 福岡 3559 島内 良輔 柏陵高校 福岡 3560 湯原 健太郎 柏陵高校 福岡 3561 築地 駿輔 柏陵高校 福岡 3562 島田 鴻慈 宗像高校 福岡 3563 田村 颯天 宗像高校 福岡 3564 今西 結威 宗像高校 福岡 3565 朝倉 尚輝 宗像高校 福岡 3566 山中 翔陽 宗像高校 福岡 3567 江 真多郎 祐誠高校 福岡 3568 佐田 学 祐誠高校 福岡 3569 田川 純平 祐誠高校 福岡 3570 光安 唯 祐誠高校 福岡 3571 川﨑 凜 祐誠高校 福岡 3572 有馬 圭志郎 糸島高校 福岡 3573 中西 崇人 糸島高校 福岡 3574 陣内 尚馬 糸島高校 福岡 3575 河邉 航太 糸島高校 福岡 3576 木村 俊吾 糸島高校 福岡 3577 鴛海 光平 玄洋高校 福岡 3578 小金丸 和真 玄洋高校 福岡 3579 後藤 涼介 玄洋高校 福岡 3580 満生 翔 玄洋高校 福岡 3581 米倉 駿 福岡西陵高校 福岡 3582 畑江 夏輝 福岡西陵高校 福岡 3583 松尾 昇樹 福岡西陵高校 福岡 3584 吉田 俊介 福岡西陵高校 福岡 3585 仙波 寛騎 福岡舞鶴高校 福岡 3586 髙松 聖 福岡舞鶴高校 福岡 3587 鬼塚 海任 福岡舞鶴高校 福岡 3588 田中 誠也 福岡舞鶴高校 福岡 3589 波多江 隆人 福岡第一高校 福岡 3590 徳田 秋斗 福岡第一高校 福岡 3591 キモソップ ビクター 福岡第一高校 福岡 3592 古場 大輔 玄界高校 福岡 3593 岩﨑 純矢 玄界高校 福岡 3594 竜口 典久 玄界高校 福岡 3595 治部田 匠 直方高校 福岡 3596 新原 大輝 直方高校 福岡 3597 厚東 蒼一朗 福翔高校 福岡 3598 松村 将希 福翔高校 福岡 3599 浅井 楓矢 修猷館高校 福岡 3600 谷口 生貴斗 修猷館高校 福岡 3601 稙田 大凱 折尾愛真高等学 福岡 3602 堤 亮雅 筑紫中央高校 福岡 3603 髙木 駿太 福岡魁誠高校 福岡 3604 髙倉 拓己 中津東高校 大分 3605 下田 智晴 中津東高校 大分 3606 木部 翔太 中津東高校 大分 3607 弘瀨 壮一朗 藤蔭高校 大分 3608 溝口 優斗 鹿児島工業高校 鹿児島 3609 中島 琢登 鹿児島工業高校 鹿児島 3610 中原 胡太郎 鹿児島工業高校 鹿児島 3611 村吉 孝海 鹿児島工業高校 鹿児島 3612 田中 宏武 鹿児島工業高校 鹿児島 3613 久保 諒馬 鹿児島工業高校 鹿児島 3614 中村 蒼太郎 鹿児島工業高校 鹿児島 3615 山田 裕大 鹿児島工業高校 鹿児島 3616 木佐貫 響 鹿児島工業高校 鹿児島 3617 折小野 怜旺 鹿児島工業高校 鹿児島 3618 山下 尚生 鹿児島工業高校 鹿児島 3619 冨松 大地 鹿児島工業高校 鹿児島 3620 神野 拓斗 鹿児島工業高校 鹿児島 3621 松田 圭佑 鹿児島高校 鹿児島 3622 安﨑 泰 鹿児島高校 鹿児島 3623 岩川 剣武 鹿児島高校 鹿児島 3624 坂口 虎太郎 鹿児島高校 鹿児島 3625 宮園 天惠 鹿児島高校 鹿児島 3626 吉留 楽 鹿児島高校 鹿児島 3627 家弓 海龍 鹿児島高校 鹿児島 3628 山野 力 宇部鴻城高校 山口 3629 波多野 佑大 宇部鴻城高校 山口 3630 岩﨑 良祐 宇部鴻城高校 山口 3631 片岡 優斗 宇部鴻城高校 山口 3632 小西 壮 宇部鴻城高校 山口 3633 小林 寛多 宇部鴻城高校 山口 3634 高野 颯汰 宇部鴻城高校 山口 3635 富永 勘太 宇部鴻城高校 山口 3636 野上 永遠 宇部鴻城高校 山口 3637 関野 稜介 宇部鴻城高校 山口 3638 正路 颯 宇部鴻城高校 山口 3639 田中 稜起 宇部鴻城高校 山口 3640 石田 哲大 高川学園高校 山口 3641 井上 幸太 高川学園高校 山口 3642 田中 亮実 高川学園高校 山口 3643 御園生 廉叶 高川学園高校 山口 3644 宮本 駿希 高川学園高校 山口 3645 山内 翔哉 高川学園高校 山口 3646 土井 友輔 高川学園高校 山口 3647 安村 零音 高川学園高校 山口 3648 岡村 武尊 美祢青嶺高校 山口 3649 福田 紘斗 美祢青嶺高校 山口 3650 江本 翔稀 美祢青嶺高校 山口 3651 藤村 太陽 美祢青嶺高校 山口 3652 吉松 誠也 美祢青嶺高校 山口 3653 伊藤 ファルクアリ 美祢青嶺高校 山口 3654 野村 直生 美祢青嶺高校 山口 3655 小松 颯翔 聖光高校 山口 3656 高重 一輝 聖光高校 山口 3657 東條 吏起 聖光高校 山口 3658 吉末 健人 聖光高校 山口 3659 田中 智崇 聖光高校 山口 3660 髙山 侑大 山口総合支援学校 山口 3661 元永 好多朗 宇部工業高等専門学校 山口 3662 石丸 大輝 広島国際学院高校 広島 3663 北野 弘大 広島国際学院高校 広島 3664 加藤 聖也 広島国際学院高校 広島 3665 山﨑 光貴 広島国際学院高校 広島 3666 吉田 直樹 広島国際学院高校 広島 3667 中組 裕翔 広島国際学院高校 広島 3668 塩村 洸介 広島国際学院高校 広島 3669 後藤 圭 広島国際学院高校 広島 3670 井上 克秀 世羅高校 広島 3671 北村 向気 世羅高校 広島 3672 福田 翔 世羅高校 広島 3673 福田 真太郎 世羅高校 広島 3674 松田 陽太 世羅高校 広島 3675 水川 裕斗 世羅高校 広島 3676 松尾 拓哉 世羅高校 広島 3677 弓田 直希 世羅高校 広島 3678 西田 悠太郎 西条農業高校 広島 3679 山田 省吾 西条農業高校 広島 3680 角本 奨真 西条農業高校 広島 3681 坂田 凛 西条農業高校 広島 3682 野田 哲平 西条農業高校 広島 3683 野本 賢志 西条農業高校 広島 3684 林 和哉 西条農業高校 広島 3685 平延 瑞基 西条農業高校 広島 3686 五藤 英明 沼田高校 広島 3687 中村 祐太 沼田高校 広島 3688 普久原 遥哉 沼田高校 広島 3689 杉原 良祐 盈進高校 広島 3690 磯上 麻沙也 鳥取中央育英高校 鳥取 3691 谷口 唯翔 鳥取中央育英高校 鳥取 3692 若月 順図 鳥取中央育英高校 鳥取 3693 表 響希 鳥取中央育英高校 鳥取 3694 北尾 風馬 鳥取中央育英高校 鳥取 3695 盛 友士 徳島科学技術高校 徳島 3696 栗尾 大和 徳島科学技術高校 徳島 3697 溝内 将人 富岡東高校 徳島 3698 佐藤 迅介 大阪体育大学浪商高校 大阪 3699 信原 太一 大阪体育大学浪商高校 大阪 3700 明後 達也 大阪体育大学浪商高校 大阪 3701 薮中 佳佑 大阪体育大学浪商高校 大阪 3702 岡本 優生 桂高校 京都 3703 横井 友基 桂高校 京都 3704 井澗 洸太 田辺工業高校 和歌山 3705 清水 友登 田辺工業高校 和歌山 3706 中山 友哉 田辺工業高校 和歌山 3707 福本 翔 田辺工業高校 和歌山 3708 土井 唯斗 益田清風高校 岐阜 3709 天野 佑哉 益田清風高校 岐阜 3710 岩島 共汰 益田清風高校 岐阜 3711 中田 朝陽 益田清風高校 岐阜 3712 黒木 翔太 益田清風高校 岐阜 3713 大井 陸翔 日本大学三島高校 静岡 3714 浅利 元太 相洋高校 神奈川 3715 熊澤 優良 相洋高校 神奈川 3716 石川 昌樹 法政大学第二高校 神奈川 3717 林田 隼一郎 専修大学松戸高校 千葉 3718 籠倉 侑太郎 専修大学松戸高校 千葉 3719 五十嵐 堅太郎 聖望学園高校 埼玉 2019 女子U20 4km No. 選手 所属 地区 4501 中尾 有梨沙 東海大学付属福岡高校 福岡 4502 浦郷 里奈 東海大学付属福岡高校 福岡 4503 川原 一文 東海大学付属福岡高校 福岡 4504 中山 優奈 東海大学付属福岡高校 福岡 4505 前田 悠乃 東海大学付属福岡高校 福岡 4506 松田 百代 東海大学付属福岡高校 福岡 4507 矢納 遥 東海大学付属福岡高校 福岡 4508 梅﨑 可愛 東海大学付属福岡高校 福岡 4509 衛藤里帆 東海大学付属福岡高校 福岡 4510 高田 陽織 東海大学付属福岡高校 福岡 4511 西村 涼寿 東海大学付属福岡高校 福岡 4512 藤岡 加梨 東海大学付属福岡高校 福岡 4513 鬼塚 沙奈 北九州市立高校 福岡 4514 中尾 伽音 北九州市立高校 福岡 4515 廣瀬 琴理 北九州市立高校 福岡 4516 宮崎 有沙 北九州市立高校 福岡 4517 吉田 陽 北九州市立高校 福岡 4518 西田 涼夏 北九州市立高校 福岡 4519 吉村 唯 北九州市立高校 福岡 4520 吉田 純 北九州市立高校 福岡 4521 山口 真実 北九州市立高校 福岡 4522 有浦 万貴 筑前高校 福岡 4523 河野 涼香 筑前高校 福岡 4524 山田 萌恵 筑前高校 福岡 4525 山本 亜子 筑前高校 福岡 4526 安達 朱梨 筑前高校 福岡 4527 川野 菜々花 筑前高校 福岡 4528 橘 未也美 自由ケ丘高校 福岡 4529 野田 麻帆 自由ケ丘高校 福岡 4530 枇杷 華愛 自由ケ丘高校 福岡 4531 橋本 玲菜 自由ケ丘高校 福岡 4532 興梠 初奈 自由ケ丘高校 福岡 4533 和田 ひなた 九州産業大学付属九州産業高校 福岡 4534 吉里 祐衣子 九州産業大学付属九州産業高校 福岡 4535 乙守 歩美 九州産業大学付属九州産業高校 福岡 4536 大原 陽香 九州産業大学付属九州産業高校 福岡 4537 野上 藍梨 九州産業大学付属九州産業高校 福岡 4538 渡辺 未来 筑紫女学園高校 福岡 4539 髙橋 美凪 筑紫女学園高校 福岡 4540 棟近 光 筑紫女学園高校 福岡 4541 深江 桃樺 福岡大学附属若葉高校 福岡 4542 板平 遥香 福岡大学附属若葉高校 福岡 4543 手島 楓 福岡大学附属若葉高校 福岡 4544 辻 純奈 福岡県立玄洋高校 福岡 4545 田中 梨愛 福岡県立玄洋高校 福岡 4546 國武 野の花 宗像高校 福岡 4547 市原 南美 宗像高校 福岡 4548 長田 愛実 筑紫中央高校 福岡 4549 立石 美咲 筑紫中央高校 福岡 4550 德永 楓 福岡魁誠高校 福岡 4551 德永 雛 福岡魁誠高校 福岡 4552 林田 有希菜 直方高校 福岡 4553 樋渡 結 純真高校 福岡 4554 大久保 穂香 希望が丘高校 福岡 4555 小島 慈音 佐賀清和高校 佐賀 4556 武藤 実 佐賀清和高校 佐賀 4557 諸田 来奈 佐賀清和高校 佐賀 4558 山口 遥 佐賀清和高校 佐賀 4559 山下 藍 佐賀清和高校 佐賀 4560 山下 花音 佐賀清和高校 佐賀 4561 田中 愛夢 佐賀清和高校 佐賀 4562 谷口 莉蘭 佐賀清和高校 佐賀 4563 堤 麻尋 佐賀清和高校 佐賀 4564 寺山 春菜 佐賀清和高校 佐賀 4565 西野 天葉 佐賀清和高校 佐賀 4566 古川 智那 佐賀清和高校 佐賀 4567 中尾 真依 伊万里商業高校 佐賀 4568 黒川 光 諫早高校 長崎 4569 末永 結愛 諫早高校 長崎 4570 宮本 江里菜 諫早高校 長崎 4571 戸村 文音 諫早高校 長崎 4572 小代 響子 諫早高校 長崎 4573 山下 真実 諫早高校 長崎 4574 山下 真央 諫早高校 長崎 4575 石田 藍莉 長崎市立長崎商業高校 長崎 4576 原田 佑菜 長崎市立長崎商業高校 長崎 4577 久松 彩己 長崎市立長崎商業高校 長崎 4578 浦田 葉月 長崎市立長崎商業高校 長崎 4579 戎谷 ゆら 長崎市立長崎商業高校 長崎 4580 酒井 里菜 長崎市立長崎商業高校 長崎 4581 上田 ひかり 長崎女子高校 長崎 4582 栗原 朱里 長崎女子高校 長崎 4583 谷口 玲央奈 長崎女子高校 長崎 4584 宇都宮 羽奏 長崎女子高校 長崎 4585 貞松 真帆 長崎女子高校 長崎 4586 岡 ちひろ 長崎南高校 長崎 4587 沼田 萌 長崎南高校 長崎 4588 笠野 愛菜 藤蔭高校 大分 4589 前田 有葵乃 藤蔭高校 大分 4590 五百蔵 愛良 藤蔭高校 大分 4591 三池 実乃梨 熊本信愛女学院高校 熊本 4592 長沼 優香 熊本信愛女学院高校 熊本 4593 原賀 藍実 熊本信愛女学院高校 熊本 4594 塚田 千尋 熊本信愛女学院高校 熊本 4595 松井 優奈 熊本信愛女学院高校 熊本 4596 皆越 麻世 熊本信愛女学院高校 熊本 4597 井 菜那花 熊本信愛女学院高校 熊本 4598 松山 明日香 熊本信愛女学院高校 熊本 4599 甲斐 紗冬菜 熊本信愛女学院高校 熊本 4600 池田 ひかり ルーテル学院高校 熊本 4601 福山 詩織 ルーテル学院高校 熊本 4602 松本 まどか ルーテル学院高校 熊本 4603 吉永 琉音 ルーテル学院高校 熊本 4604 國吉 南美輝 ルーテル学院高校 熊本 4605 岡本 亜依里 ルーテル学院高校 熊本 4606 星子 七海 ルーテル学院高校 熊本 4607 黒田 澪 ルーテル学院高校 熊本 4608 坂本 香雪 開新高校 熊本 4609 芥川 慧 開新高校 熊本 4610 橋本 歩 開新高校 熊本 4611 山本 莉菜 開新高校 熊本 4612 川手 美雨 開新高校 熊本 4613 穂積 葵 開新高校 熊本 4614 山本 李呼 開新高校 熊本 4615 鎌田 早紀 小林高校 宮崎 4616 福川 侑花 小林高校 宮崎 4617 山口 莉理 小林高校 宮崎 4618 大坪 沙代 小林高校 宮崎 4619 末山 優珠 小林高校 宮崎 4620 前田 愛佳 樟南高校 鹿児島 4621 藤田 佳奈 樟南高校 鹿児島 4622 吉徳 彩花 樟南高校 鹿児島 4623 原田 まりん 樟南高校 鹿児島 4624 松永 彩葉 樟南高校 鹿児島 4625 塚田 華花 樟南高校 鹿児島 4626 山田 一華 樟南高校 鹿児島 4627 西元 愛理 樟南高校 鹿児島 4628 外園 藍渚 樟南高校 鹿児島 4629 德永 歩果 樟南高校 鹿児島 4630 森 楓花 樟南高校 鹿児島 4631 河野 萌衣 樟南高校 鹿児島 4632 塩福 莉音 樟南高校 鹿児島 4633 石神 日菜美 鹿児島高校 鹿児島 4634 岩橋 優里 鹿児島高校 鹿児島 4635 福田 莉々 鹿児島高校 鹿児島 4636 森 揺雪 鹿児島高校 鹿児島 4637 北林 ゆづき 聖光高校 山口 4638 﨑野 愛理 聖光高校 山口 4639 佐古 茉優 聖光高校 山口 4640 竹浦 千尋 聖光高校 山口 4641 竹浦 万尋 聖光高校 山口 4642 野村 希美 聖光高校 山口 4643 今村 里桜 聖光高校 山口 4644 浴森 美優 聖光高校 山口 4645 弘中 愛美 聖光高校 山口 4646 岡村 はな 西京高校 山口 4647 田村 美空 西京高校 山口 4648 浅田 遥花 西京高校 山口 4649 岡﨑 莉子 西京高校 山口 4650 水田 真希 西京高校 山口 4651 御堂 薫 西京高校 山口 4652 廣石 那萌 西京高校 山口 4653 黒石 瑠香 宇部鴻城高校 山口 4654 安山 佳七 宇部鴻城高校 山口 4655 山岸 楓花 宇部鴻城高校 山口 4656 飯嶋 美優 中村女子高校 山口 4657 國貞 凛 中村女子高校 山口 4658 白波瀬 千紘 沼田高校 広島 4659 管沢 舞 沼田高校 広島 4660 松本 凜 沼田高校 広島 4661 田畠 綾乃 沼田高校 広島 4662 行田 陽梨 沼田高校 広島 4663 嘉屋 かおり 沼田高校 広島 4664 進藤 綾乃 沼田高校 広島 4665 石田 千紘 広島県立世羅高校 広島 4666 鍋島 萌花 広島県立世羅高校 広島 4667 田垣内 葵 広島県立世羅高校 広島 4668 土肥 未央 広島県立世羅高校 広島 4669 柿原 帆春 広島県立西条農業高校 広島 4670 中澤 優里 広島県立西条農業高校 広島 4671 市井 麻央 広島県立西条農業高校 広島 4672 西川 穂香 広島県立西条農業高校 広島 4673 梅里 夢 岡山南高校 岡山 4674 真也加 ジェルーシャ 有里 鳥取中央育英高校 鳥取 4675 岩﨑 琴音 鳥取中央育英高校 鳥取 4676 長石 知佳 鳥取中央育英高校 鳥取 4677 池岡 杏都紗 鳥取中央育英高校 鳥取 4678 瀬尾 叶望 徳島北高校 徳島 4679 梶崎 百花 徳島北高校 徳島 4680 戎井 真優 富岡東高校 徳島 4681 金山 琳 須磨学園高校 兵庫 4682 鯉田 優奈 須磨学園高校 兵庫 4683 後藤 藍子 須磨学園高校 兵庫 4684 松尾 瞳子 須磨学園高校 兵庫 4685 広内 来幸 須磨学園高校 兵庫 4686 隂山 朋佳 西脇工業高校 兵庫 4687 山下 柚月 大阪体育大学浪商高校 大阪 4688 貴島 萌夏美 大阪体育大学浪商高校 大阪 4689 津田 明翔 大阪体育大学浪商高校 大阪 4690 津田 百翔 大阪体育大学浪商高校 大阪 4691 阿部 小町 大阪体育大学浪商高校 大阪 4692 福塚 美海 大阪体育大学浪商高校 大阪 4693 小林 舞妃留 大阪薫英女学院高校 大阪 4694 安 なつ美 大阪薫英女学院高校 大阪 4695 土井 理沙 大阪薫英女学院高校 大阪 4696 飯島 果琳 大阪薫英女学院高校 大阪 4697 田中 花歩 京都外大西高校 京都 4698 大浦 はるな 京都外大西高校 京都 4699 蛭子野 世空 京都外大西高校 京都 4700 西嶌 凜 京都外大西高校 京都 4701 岸部 蓮希 京都外大西高校 京都 4702 林 日菜 京都外大西高校 京都 4703 前田 里奈 京都外大西高校 京都 4704 片山 紫稀 岐阜県立土岐商業高校 岐阜 4705 水野 玲美 岐阜県立土岐商業高校 岐阜 4706 上村 莉沙 益田清風高校 岐阜 4707 横道 亜未 常葉大学附属菊川高校 静岡 4708 土岐 優花 日本大学三島高等学校 静岡 4709 夏川 茂子 白鵬女子高校 神奈川 4710 相澤 瑠香 白鵬女子高校 神奈川 4711 中島 璃音 白鵬女子高校 神奈川 4712 坂口 愛和 錦城学園高校 東京 4713 島貫 恵梨子 錦城学園高校 東京 4714 福田 萌心 錦城学園高校 東京 4715 中村 朱里 長野東高校 長野 4716 小原 茉莉 長野東高校 長野 4717 五味 叶花 長野東高校 長野 2019 結果・速報(リザルト) 結果は競技後に掲載します。 第102回 日本陸上競技選手権クロスカントリーは2019年2月23日 土 に開催。 各部門のスタート時刻は以下の通りです。 大会当日の模様は、JNN全国28局ネットで15:30からオンエア。 U20日本選手権の部は、でもインターネット配信されます 3月3日 24:00まで。 【 2019年2月23日(土)】• 10:30 男子一般 10km• 10:30 女子一般 10km• 11:10 男子一般高校 2km• 11:25 女子一般高校 2km• 11:40 男子中学 2km• 11:55 女子中学 2km• 12:20 女子U20 4km(福岡クロカン)• 12:40 男子U20 4km(福岡クロカン)• 13:00 女子U20 6km(日本選手権)• 13:25 男子U20 8km(日本選手権)• 14:00 女子シニア 8km(日本選手権)• 15:40 男子シニア 10km(日本選手権).

次の