川崎 チネチッタ。 TOHOシネマズ 川崎:上映スケジュール

川崎駅からチネチッタ(ラチッタデッラ内)への行き方

川崎 チネチッタ

【LIVE ZOUND】について! より LIVE ZOUNDとは。 チネチッタの超シネマサウンドシステム。 ライヴプロデュース集団と手掛ける最新鋭のハイエンド音響装置。 音の職人が映画一作一作を、最適な音で調整し、その魅力を最大限に引き出します。 全身を包む弩級の重低音から、雪の舞音も逃さない広音域の表現が可能。 観客を心地よい新たな音の世界へと誘い込みます。 『 LIVE ZOUND』はチネチッタさんが手がけてきた「 」という従来の音響方式にサブウーファーの増設を行い、ライブハウスさながらの大迫力な重低音の演出を可能にした上映方式の進化版になります! 『音を聴くというより見せたい』という願いで作られたLIVE ZOUND。 どのくらいの迫力なのかと言うと このLIVE ZOUNDで鑑賞した聴覚障害のある方が 『耳が聞こえなくても体で感じることが出来る。 LIVE ZOUNDの明確な鍵となる、非常に明瞭で繊細なオーディオ性能と全体に澄み渡る均一な音声の特性と、ダイナミックなレンジ、圧倒的なパワーを放出します。 おそらくもたらす効果も似たようなものなのでしょう。 バイアキシャルという設計のもとに音の密度感を高め、音の正確なコントロールを可能としています。 こちらのスピーカーを、CINE8スクリーンの左側8台、右側8台、後ろに6本の計22台設置。 新感覚のサラウンドと、高品質なサウンドをお楽しみください。 普通なら他のスクリーンに干渉しないレベルにまで音を下げると思いますが、チネチッタの社長さんは音を下げない判断をしたそうです 笑 音は下げない。 その代わりに影響のでるスクリーンのお客さんに対してドリンクのサービスクーポンを配ったそうです。 その当時のお詫びの言葉がこちら。 この音響システムは既存の映画音響を脱し、今までにない映画音響…つまり映画音響革命を目指しております。 この目標に邁進し今回の『マッドマックス~』では、劇場爆裂の一歩手前の正に狂気の音響空間を実現させた為、振動や重低音の影響が発生する可能性がございます。 お詫び申し上げますと共に、何卒ご理解を賜れればと存じます。 なおこの度、チネ8の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と同時間帯にチネ1、チネ2、チネ3で映画をご鑑賞のお客さまにつきましては、心ばかりではございますが、この映画音響革命へのご参戦のしるしといたしましてご入場時にドリンク(Mサイズ)のサービスクーポンを配布させて頂きますので、どうぞご利用下さいませ。 その 3つというのが harmonics ハーモニクス 音響映画・ミュージカルに適した調和重視型の調整。 hard core ハードコア 劇場が狂震(きょうしん)する超迫力重視型の調整。 hybrid ハイブリッド ハーモニクスとハードコアの良いとこどり、大迫力と調和を兼ね備えた万能型の調整。 この3つの調整によって、LIVE ZOUNDという上映方式の中でも幅が出てきます。 さらに「 ハイブリッド上映」と「 ハードコア上映」など複数のパターンで上映される作品もあります! 映像にも拘る! 2019年9月20日から「 CHRISTIE社」製の最新RGB4Kレーザープロジェクターを導入しています!これによりより高輝度・ハイコントラストの映像表現が可能になりました! 「 CHRISTIE社」のレーザープロジェクターといえば、「 BESTIA」や「 ドルビーシネマ」の「 Dolby Vision」もこの「CHRISTIE社」のレーザープロジェクターを使っています。 今回チネチッタで採用になった「 CP4330 RGB」を調べたところ、コントラスト比は 【6000:1】と記載されておりました。 これは「Dolby vision」には及びませんが、「BESTIA」のスクリーンと同じ数字となっています。 明るさの指標は28,000ルーメンということですが、こちらの数字を基に他のスクリーンと比較はできませんでした。 おそらくですが、「BESTIA」のスクリーンに近いスペックのものと想像できます。 13m スクリーンは大きく感じました! 先日オープンになった丸の内ピカデリーのドルビーシネマと大体同じ。 良いBGM・良い音楽の持つ抵抗不能の感情の揺さぶり。 音が目立つからこそ、 映画における音の力を「これでもか!」と再認識させてくれる上映方式! 今回鑑賞した「 空の青さを知る人よ」のテーマ曲の あいみょんさんの「空の青さを知る人よ」は予告聴いた時にドハマりしてしまった曲で、劇中で流れてきた時は、幸せでしたね。。 これが通常価格でいいなんて…。。 SEがとてもクリアに聴こえて、会話などは普通なのでそのバランスに違和感を感じるかもしれません。 やはり普通の音響ではもう満足出来ない体になってしまった……レーザー導入してからはまだ行ってないしな!— 沖田 okizum 空青、音響比較するとアクティブなチネチッタLIVEZOUNDとバランス良い幕張ULTIRAという感じ。 演奏シーンはチネチッタに分があるけど、音楽堂裏のあかねと慎之介の会話など落ち着いたシーンは幕張の方が合っていたかな。 音がめっちゃ良い。 めっちゃお腹に響く。 5%分のポイントが貰えます。 既にで映画など楽しんでいる方なら、使わないと損です!まだ会員でない方はから! しかも今なら初回チャージ 5,000円以上 に限り 1,000円分のポイントが貰えるキャンペーンをやってます! 還元率にすると、一番お得な5,000円チャージの場合 20%! 終了時期未定ですが、突然終了の可能性も考えられます。 キャンペーン中にエントリーすることをオススメします。

次の

川崎チネチッタ、4K RGBレーザープロジェクター導入。9月20日「HELLO WORLD」やSW最新作

川崎 チネチッタ

月~金・祝前日 ランチ 11:00~15:00 (L. 14:00) ディナー 17:00~23:00 (L. 22:00、ドリンクL. 22:30) 土・日・祝 ランチ・ディナー 11:00~23:00 (L. 22:00、ドリンクL. 22:30) 定休日• 年中無休 平均予算• 3,500円(通常平均)• 3,500円(宴会平均)• 980円(ランチ平均) クレジットカード• VISA• MasterCard• JCB• アメリカン・エキスプレス• ダイナースクラブ• MUFG• NICOS• セゾン• Suica• PASMO• LINE Pay• WeChat Pay• Alipay• PayPay• Origami Pay• はまPay 予約キャンセル規定• 直接お店にお問い合わせください。 席・設備 総席数• 80席• カウンター席あり• ソファー席あり• テラス・屋外席あり 宴会最大人数• 80名様(着席時)• 100名様(立食時) 貸切可能人数• 40名様 ~80名様• テーブル個室あり(2名~80名様用)• 店内全面禁煙(店外・屋外に喫煙スペースあり) バリアフリー• 車いすで入店可• 設備・サービス:• 授乳室あり• 離乳食持ち込みOK• お子様メニューあり• ベビーカー入店OK• ベビーベッド・おむつ交換スペースあり• お子様用トイレあり ペット同伴• 同伴可• 小型犬 テラスOK 中型犬 テラスOK 大型犬 テラスOK ネコ -- その他 小動物 テラスOK• テラス席のみ、ペット同伴可 メニューのサービス・関連情報 メニューのサービス• 飲み放題メニューあり• 誕生日特典あり• ドリンクの持込可• ランチメニューあり• ヘルシーメニューご相談• ベジタリアンメニューご相談• 国・宗教別メニューご相談 このお店のメニュー:• ランチタイムのサービス• ドリンク付きランチ• デザート付きランチ• ご飯おかわり自由• 14時以降もランチメニューあり• たっぷりランチ• 土・日ランチ特別メニューあり• 数量限定ランチあり• ランチタイムのタイムサービスあり ドレスコード• カジュアル 利用シーン• お店のウリ• 日本酒 刺身 牡蠣• 個室 酒 接待 北陸• 貸切 駅近 勝駒 鯛 周辺のお店• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報•

次の

チネチッタ

川崎 チネチッタ

概要 [ ] チネチッタを運営する株式会社チネチッタの親会社である株式会社の歴史は長く、(大正11年)に東京日暮里で創業している。 創業当時の社名は 美須興行、創業者は美須鐄(チッタエンタテイメントの代表取締役の祖父にあたる)。 のちに カワサキ・ミスと改称。 チネチッタは頃に川崎映画街の最初のとして『 』を開業した。 その後、までの間に川崎に同系列の映画館が6館開業し映画館街を形成した。 中に空襲によりほぼ全ての映画館を焼失したが、戦後は川崎銀星座を手始めに映画館街を再建するとともに同一地区内になども建設し 、かつてがあったに同一資本が開設した映画館街とともに、それぞれ ミスタウン(美須の町)と呼ばれていた。 に、これまで別個の建物だった複数の映画館を1つに収容したビルを建設。 同年にチネチッタと改称して再オープン。 現在のシネマコンプレックスに近いものとなった。 チネチッタが開館した直後からそう呼ばれていたわけではないが、株式会社チッタエンタテイメントの公式サイトでは「日本初のシネマコンプレックス」としている。 のにあるヒルタウン その後、関東地方では同様の施設が増加したため、対抗するためにボウリング場、旧クラブチッタ等を閉鎖し改築を開始。 にチネグランデを除き施設の改築を完了し、 LA CITTADELLA:イタリア語で 砦 と改称して新装オープンした。 翌年9月に、元の映画館が収容されていた建物は物販、サービス店舗が入居する建物への転用工事が完了する。 なお、川崎には他のシネマコンプレックスが進出しており、にの開業と同時に川崎(9スクリーン、全1,902席)が、にはの開業と同時に川崎(10スクリーン、全1,957席)がオープンした。 それにも関わらず、チネチッタは年間動員数、興業収入で、・・・の4年連続全国第1位となった。 またの新装開店からのチネグランデ閉鎖までの間、総座席数が国内最多(13スクリーン、全3,808席)であり、映画館ビルとしても(7スクリーン、全4,534席)に次ぐ第2位だった。 全国1位の興行収入を記録する映画館であるために東京・大阪の映画館以外では珍しく舞台挨拶などのチネチッタ独自のイベントが催されることが多い。 上映スタイル [ ] LIVEZOUND [ ] 監修の元、CINE8に導入された音響システム。 2016年9月17日より稼働開始。 こけら落としとなった作品は、「」及び「」。 それ以前は製のものを使用していた。 2017年1月25日に「3つのタクティクス」を発表。 音楽の調和を重視する「ハーモニクス」、迫力を重視する「ハードコア」、調和と迫力を両立する「ハイブリッド」の3種類に分類することになった。 2017年5月16日より、7. 1ch上映が可能となった。 LIVEサウンド [ ] 常設舞台にサブウーファーを増設することで、ライブハウスのような迫力を目指したもの。 LIVEZOUNDと同じく、が監修を行っている。 2016年9月6日までは、CINE8で実施していたが、LIVEZOUND導入のため終了した。 2016年10月7日より、CINE12にて実施している。 スクリーン [ ] マッジョーレ MAGGIORE 内のスクリーン [ ] マッジョーレ MAGGIORE 内には12のスクリーンがあり、劇場出入口はチネ1~チネ7が2階、チネ8~チネ12が4階にある。 チケットはマッジョーレ1階の窓口で購入する。 2017年5月16日より、全スクリーンがデジタル5. 1chからデジタル7. 1chにアップグレードされた。 各スクリーンの規模及び設備等の詳細は次のとおり。 チネ1 CINE1 [ ]• スクリーン寸法:7. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:107席 チネ2 CINE2 [ ]• 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:129席 チネ3 CINE3 [ ]• スクリーン寸法:9. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:138席 チネ4 CINE4 [ ]• スクリーン寸法:10. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:290席 チネ5 CINE5 [ ]• スクリーン寸法:11. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:284席 チネ6 CINE6 [ ]• スクリーン寸法:10. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:244席 チネ7 CINE7 [ ]• スクリーン寸法:10. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:244席 チネ8 CINE8 [ ]• スクリーン寸法:15. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:532席• その他設備:常設舞台あり• 過去にはTHX認定シアターであった チネ9 CINE9 [ ]• スクリーン寸法:9. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:154席 チネ10 CINE10 [ ]• スクリーン寸法:10. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:191席 チネ11 CINE11 [ ]• スクリーン寸法:16. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:407席 チネ12 CINE12 [ ]• スクリーン寸法:15. 音響設備:デジタル7. 1CH• 定員数:488席• その他設備:常設舞台あり 別館のスクリーン [ ] マッジョーレとは別の建物に存在したスクリーン。 チネグランデ CINE GRANDE [ ] 2011年1月10日を以って閉鎖された。 入口にあったチケット売場ではチネグランデで上映される映画のチケットのみ購入でき、映画の日、年末年始、夏休みなど繁忙期のみ使用された。 2003年頃には25階建のマンションへ建て替える計画があったが 、実現していない。 2011年4月には解体され、現在はフットサルのコート及びクラブハウス、隣接するカフェとなっている。 スクリーン寸法:14. 定員数:844席• その他設備:常設舞台あり 詳しくはを参照 チネBE CINE BE [ ] かつてチネBEがあったアトレ川崎(2012年9月撮影) ビルである川崎BE 現在の にかつて存在していたスクリーン。 駅と直結した環境にあるため利用者は多かった。 しかしごろに現在の体制が完成したことにより営業終了。 階段の踊り場に入り口が設けられていた。 付随設備・施設 [ ] 映画館に付随する設備及び施設は次のとおり。 ここでは、チネチッタが直接運営又は管理するものをとりあげている。 チケット売場 マッジョーレ1階にある。 チネチッタの全劇場のチケットを購入できる。 座席はすべて指定席(完全入れ替え制)で、窓口のスタッフに座席の希望を言える。 前寄り、中程、後ろ寄り、通路寄り、列番号などおおまかな指定も可能であるし、他の観客にすでに指定されていなければ具体的に座席番号を指定することもできる。 チネット自動発券機 マッジョーレの1階のロビーにある(8台)。 CINE-T チネット と呼ばれるサービスを利用してインターネットで事前購入(予約)したチケットを発券する装置。 予約番号を入力するとチケット売場で渡されるチケットと同様のものが発券される。 売店 各種、、、、類など映画館では定番の飲食物を販売する。 焼きたてのパン・クロワッサンなどのオリジナルメニューもある。 2階入場口横と、2階・4階場内ロビーの3箇所にある。 ただし、場内ロビーの売店は、時間帯によっては閉店していることがあり、その際は入場口横の売店を利用するようアナウンスされる。 チネチッタグッズショップ 各種映画のパンフレット、キャラクターグッズ、前売券、、、DVD、CDなどを販売する。 マッジョーレ2階にある。 サービス [ ] チネチッタが提供するは次のとおり。 チネクラブ(CINE CLUB) [ ] 2018年3月13日のシステム改変を以て導入された、チネカード・ちねっ子倶楽部Pカードに代わる会員サービス。 年会費は無料。 カードの発行時に500円を要する。 以下のような特典がある。 有料鑑賞1回ごとに10ポイントが付与される。 ポイントの有効期限は最終有料鑑賞日から1年間で、それを過ぎると失効する。 50ポイントで無料鑑賞クーポン(紙ではなくデータ形式)と交換できる。 無料クーポンの有効期限は交換から60日。 更に、チネチッタHPから本登録を行った場合、• 有料鑑賞時のポイント付与が自動的に行われる。 チネチッタHPから無料鑑賞クーポンの引換を行って、インターネット予約で利用することができる。 一部の例外を除き、発券前の予約をキャンセルすることができる。 チネクラブ会員ページから鑑賞履歴を閲覧することができる。 のチネクラブ会員ページから、チネクラブカード裏面にある会員を表示することができる。 といった特典が追加される。 チネット(CINE-T) [ ] で事前にチケットを購入できるサービス。 決済完了後に発行される予約番号を現地に設置されている発券機に入力することで入場チケットを得ることができ、チケット売場に並ぶ必要がない。 また、インターネットチケット購入確認メールのから表示できるを発券機の読み取り機にかざすことで、予約番号などの入力なしに即座に発券することができる。 チネクラブ本会員の場合は、チネクラブカード裏面にある会員を発券機の読み取り機にかざすことで画面に当日の予約の一覧が表示され、一覧から選択して即座に発券することができる。 映画半券サービス [ ] 映画を鑑賞したチケットの半券を利用してラ・チッタデッラにある各種店舗で優待を受けられるサービス。 映画を鑑賞する前でも利用できる。 チネピット(駐車場) [ ] チネチッタが提供する。 立体駐車場が1つ、平面駐車場が2つある。 チケット売り場またはチネチッタグッズショップで映画の半券と駐車券を提示すると、駐車料金が1作品あたり3時間無料となる。 チネピット CINEPIT (立体) 収容台数:320台• チネピット CINEPIT (平面) 収容台数:25台• チネピット CINEPIT2 (平面) 収容台数:40台 駐輪場 [ ] チネチッタ裏手にある有料駐輪場。 チケット売り場またはチネチッタグッズショップで映画の半券と駐車券を提示すると、駐輪料金が1作品あたり3時間無料となる。 ラ・チッタデッラ・シンフォニー [ ] マッジョーレ入口前にあるによるショー。 円形に配置された無数にある噴出口から最大で高さ数mに水を吹き出し、名作映画のテーマ曲と色とりどりのとともに多彩な水の演技を見せる。 毎正時と毎時30分ごろに実施され、実演数分前になるととで予告が放送される。 強風で噴水の水が大きく飛び散る場合は実演を見送ることがあるが、通常時も実演前に「風で水が飛び散ることがある」という注意が放送される。 噴水は平面的で仕切りも凹凸もなく、普段水が張られていることもないため、噴水の直上を即席のステージにしてなどを上演することもある。 かつて存在したサービス [ ] チネカード・ちねっ子倶楽部Pカード [ ] 「」は、高校生以上を対象としたチネチッタのである。 映画を1本鑑賞するたびに1ポイントたまり、5ポイントごとに招待券と引き換えることができる。 招待券を使うと、チネチッタで上映中の全ての映画 特別興行を除く から1本を無料で見ることができる。 なお、カードの有効期限は最初にポイントを獲得した日から1年間で、招待券への引き換えは1年1ヶ月以内であれば可能である。 引き換えた招待券の有効期限は約1ヶ月間である。 「」は、中学生以下を対象としたである。 映画を1本鑑賞するたびに1ポイントたまり、3ポイントごとにドリンクかポップコーンのSサイズに引き換えできる。 また、全てのプレゼントを引き換えるとゴールドメンバーズカードに切り替わり、3ポイントごとにドリンクかポップコーンのMサイズに引き換えできる。 さらに、全てのプレゼントを引き換えるとプラチナメンバーズカードに切り替わり、3ポイントごとにシングルコンボとお好きなパンフレット1冊に引き換えできる。 なお、有効期限は最初にポイントを獲得した日から1年間である。 以上のサービスは2018年3月で終了し、以降は「」に移行している。 チネクラブはチネカード同様に5回観賞で1回無料、有効期間は最終観賞日から1年間。 年会費は無料だがカード発行時に500円かかる(再発行時も同様)。 チネカード、ちねっ子倶楽部Pカードからのポイント引き継ぎは2018年8月31日まで。 飲食店 [ ] を参照 関連施設 [ ]• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 蒲田ミスタウンは川崎のラ チッタデッラ同様に単一の建物に収容され、現在は「アスレチッタ蒲田」ビルとなっている。 シネマコンプレックスという言葉は1980年代中盤から一部では使用されているが、現在とは異なり単純に複数のスクリーンを持つ映画館を指して使われていた。 現在はマルチプレックスと同義で使われることが多いが法的定義はないため、「日本初」を自称する映画館がいくつか存在する。 詳細はの項を参照のこと。 出典 [ ]• LA CITTADELLA公式ウェブサイト. チッタエンタテイメント. 2007年5月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年5月1日閲覧。 川崎元気企業紹介 2002年. 2008年5月6日閲覧。 「日伊映画人迎え前夜祭 チネチッタきょう開館」『朝刊』神奈川新聞社、1987年7月25日、18面。 2019年8月26日閲覧。 日経メッセ. 2015年12月1日閲覧。 CINECITTA'公式ウェブサイト. チッタエンタテイメント. 2017年1月23日閲覧。 CINECITTA'公式ウェブサイト. チッタエンタテイメント. 2017年1月23日閲覧。 LA CITTADELLA公式ウェブサイト. チッタエンタテイメント. 2008年5月1日閲覧。 関連項目 [ ]• (代表取締役)• 外部リンク [ ]• 公式サイト• 公式サイト• - 「港町キネマ通り」サイト内(2017年5月取材のもの)• - YOMIURI ON LINE「ジブリをいっぱい」() オープンストリートマップに があります。

次の