時候 の 挨拶 7 月。 【時候の挨拶】7月上旬の言葉と例文まとめ!!梅雨明け季節にピッタリの挨拶まとめ

7月の時候の挨拶|ビジネス・結婚式・お手紙に使える例文【上旬・中旬・下旬】 | 時候の挨拶と季節の挨拶

時候 の 挨拶 7 月

お中元は、親しい人やお世話になった人への感謝を伝えるための贈り物。 しかし、贈る時期は日本全国同じではありません。 私が住む地域では、一般的には8月上旬頃が目安となっているのですが、期間が長いところでは7月からお盆までの間に贈るという地域もあるようですね。 いずれにしても、お盆明けの8月16日以降に届いてしまうと、残暑見舞いの扱いになるので注意しなければなりません。 さて、このお中元には贈る側の悩みもさることながら、いただいた側にもちょっとした悩みが発生します。 それは、 お礼状の書き方です。 お礼状の冒頭で使う「時候の挨拶」によく合う季語を知り、マナーのある素敵なお礼状を書いてきちんとした大人の振る舞いをしたいものですよね。 そこで今回は、特に関東圏で多いといわれる7月のお中元シーズンに合わせて、 7月上旬・中旬・下旬の季語を使った 時候の挨拶とそれに合う 結びの例文を紹介していきたいと思います。 個人宛てのお礼状、ビジネス向けのお礼状とに分けて紹介しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。 お中元のお礼状に使える7月上旬・中旬・下旬の季語は? お礼状を書くときには、冒頭に 時候の挨拶を置くことでその後の流れがスムーズになります。 時候の挨拶は季節や気候を表す言葉を用いて作りますが、この季節を表す言葉である 「季語」はその時期に応じたものを使わなければなりません。 「季語」は、本来は俳句で季節を表現する際に用いられる言葉です。 対して時候の挨拶は、必ずしも季節を表す「季語」を含む必要はなく、「雨が続く」だとか「暖かくなってきた」といった気候の状態を用いても問題ありません。 ですが、「雨が続く」を「梅雨という季語」にしたり、「暖かくなってきた」を「春を表す季語」にすることで、とてもきれいな時候の挨拶文が完成します。 では 7月の季語はどうなっているのでしょうか? お中元のお礼状に使えるものを、 上旬・中旬・下旬別に見ていきましょう。 時候の挨拶 いよいよ夏本番となりました。 結びの挨拶 熱帯夜の寝苦しさが身体にこたえる毎日ですが、くれぐれもお体にお気をつけて素敵な夏をお過ごしください。 天の川や朝顔、蝉の声などの夏ならではの自然を表す言葉を使うと、とても綺麗な挨拶文になりますね。 また、個人宛てのお礼状では、 口語調と言われる少しカジュアルな表現をすることで、親しみを感じさせる挨拶になります。 対して、次項で紹介するビジネス向けのお礼状では、 漢語調と言われる少し固めの表現を用いた時候の挨拶を作ることで、礼儀あるお礼状に仕上がります。 例文を参考にしながら個人宛てとビジネス向けの違いを比較してみてください。 時候の挨拶 灼熱の候、貴社におかれましてはご盛栄のこととお慶び申し上げます。 結びの挨拶 酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。 ビジネス向けのお礼状を書く際に気を付けておきたいことは、 時候の挨拶と結びの挨拶で同じ言葉を使わないようにすることです。 先に活躍を喜ぶことを言っているのであれば、 結びでは 「ご健勝をお祈りします」「ご多幸をお祈りします」「益々のご繁栄をお祈りします」 といった違う意味の言葉を用いるようにしましょう。 ビジネス向けの固い言葉は難しい用語がたくさんあるので、1つ1つの意味をしっかり確認した上で、時候の挨拶と結びの挨拶のバランスを考えることが大事ですね。 まとめ いかがでしたか? 7月の時候の挨拶のポイントは、夏本番を迎える時期なので暑さで体調を崩さないように!という気づかいをすること、そして夏らしい季語で季節感をたっぷり出すことです。 また、今回はお礼状全体の例文は紹介していませんが、お中元のお礼状の構成として、時候の挨拶の後に、いただいた品に対する感想や感謝の気持ちを述べる必要があります。 時候の挨拶から感想、感謝の気持ちへとスムーズに流れるような文章を心がけると、マナーのあるお礼状に仕上がるでしょう。

次の

7月の季語と時候の挨拶文<手紙の書き出しと結び>

時候 の 挨拶 7 月

毎年7月7日の夜に天の川に隔てられた彦星と織姫が会うことができる という伝説にちなんだ行事のことを言います。 彦星と織姫の伝説の他に、日本の神事であった 「棚機(たなばた)」や、奈良時代に中国から伝わったとされている 「乞巧奠(きこうでん)」という行事が起源になっている説もあります。 7月7日頃の「小暑」とは? 小暑とは 二十四節気の1つで、 本格的な暑さが到来するとされている時期のことを言います。 小暑から大暑、または立秋までの期間が 「暑中」となるので、 「暑中見舞い」を送ることができるのはこの日からになります。 7月上旬を連想させる言葉まとめ 7月上旬を連想させる言葉としては、 次のようなたくさんの言葉があります。 七夕祭りを待ち遠しく思う頃 天の川が美しい季節となりました 七夕飾りが雨に濡れてさびしそうです ひまわりが日に日に背を伸ばすこの頃 七夕の飾りが風に揺れて嬉しそうです 七夕飾りが軒先に揺れております 今日は七夕というのにあいにくの雨です 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした 今年も、早くも半ばを過ぎてしまいました じっとりと汗ばむ蒸し暑さに閉口する毎日が続きます 半そで姿の人も増え、快適な季節となってまいりました じっとりと汗ばむ蒸し暑さに木陰の恋しい季節となりました 子供たちも夏の装いとなり、一段と明るさを増した感じがいたします 夜空にかかる美しい天の川を仰いでは、よしない夢に思いをはせている今日この頃 七夕の短冊に願い事をしたのが懐かしく思い出される季節となりました 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです 【口語調】梅雨明けしていない場合の時候の挨拶 7月中旬になると 九州から徐々に梅雨明けしていくのですが、 7月上旬は梅雨明けしていない地域のほうが多いです。 ですから、 梅雨の時期をイメージさせる時候の挨拶や、 梅雨明け間近をイメージさせる時候の挨拶を使うことができます。 7月に入り、梅雨明けが待たれる昨今 梅雨明け前の天候不順の日が続いています 長かった梅雨もようやく明けようとしています 梅雨が長引き、憂鬱な気分になっております 梅雨明けが待ち遠しいこの頃です 梅雨寒が続くところから、今年は冷夏に終わりそうな様子です 梅雨が例年になく長引き、うっとうしい日が続きます 長引く梅雨にさわやかな夏空が待ち遠しい今日この頃 雨雲に覆われた空を仰ぎながら、梅雨明けの知らせを待ちわびる昨今 【口語調】梅雨明けをした場合の時候の挨拶 沖縄や奄美など、 7月上旬に梅雨明けしている地域もあります。 また、 その年によっては梅雨明けが早まることも考えられます。 そのような、7月上旬に梅雨明けをしている場合は、次のような時候の挨拶を使うことができます。 梅雨も明け、本格的な夏を迎えました 長かった梅雨が明け本格的な夏を迎えました 梅雨明けの暑さがひとしおでございますが 長かった梅雨もようやく明け、猛暑の季節となります 梅雨が明けた途端、日差しも強くなってまいりました 梅雨明けの日差しに日焼け止めが欠かせない季節になりましたね 青空がひときわまぶしく感じられる季節となりました 白南風が、ようやく梅雨明けの知らせを届けにやってまいりました 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃 梅雨明けの季節を前面に押し出して ここまで、梅雨明けの季節をイメージさせる言葉を含めた7月上旬らしい言葉と、梅雨明けの季節にぴったりな時候の挨拶の例文をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか? 梅雨明けという季節は、1年の中でも今しかありません。 だからこそ、 梅雨明けの季節にぴったりな時候の挨拶で、 文章に7月上旬らしさを出してあげる必要があるのではないかと思います。 例文をそのまま使っても良いですし、皆さんなりにアレンジしてみても良いので、是非7月上旬らしい時候の挨拶を添えてみて下さい。

次の

時候の挨拶 7月(文月:ふみづき)

時候 の 挨拶 7 月

・小暑の候、小暑の折、小暑のみぎり:7 月上旬 ・仲夏の候、仲夏の折、仲夏のみぎり:7 月上旬 ・梅雨明けの候、梅雨明けの折、梅雨明けのみぎり:7 月上旬 ・盛暑の候、盛暑の折、盛暑のみぎり:7 月上旬 ・星祭の候、星祭の折、星祭のみぎり:7 月上旬 ・盛夏の候、盛夏の折、盛夏のみぎり:7月 上旬 ・大暑の候、大暑の折、大暑のみぎり:7 月上旬~下旬 ・夕立の候、夕立の折、夕立のみぎり:7 月上旬~下旬 ・白雨の候、白雨の折、白雨のみぎり:7月上 旬~下旬 ・驟雨の候、驟雨の折、驟雨のみぎり:7月上 旬~下旬 ・炎暑の候、炎暑の 折、炎暑のみぎり:7 月上旬~下旬 ・炎昼の候、炎昼の折、炎昼のみぎり:7月 中旬~下旬 ・酷暑の候、酷暑の折、酷暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・極暑の候、極暑の折、極暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・三伏の候、三伏の折、三伏のみぎり:7 月中旬~下旬 ・厳暑の候、厳暑の折、厳暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・灼熱の候、灼熱の折、灼熱のみぎり:7月 中旬~下旬 ・炎熱の候、炎熱の折、炎熱のみぎり:7月 中旬~下旬 ・烈暑の候、烈暑の折、烈暑のみぎり:7月 中旬~下旬 ・甚暑の候、甚暑の折、甚暑のみぎり:7月 中旬~下旬 ・猛暑の候、猛暑の折、猛暑のみぎり:7月 下旬 ・薫暑の候、薫暑の折、薫暑のみぎり:7月 下旬 上記は 7月の季節の挨拶文に使える時候と 適した時期のまとめ一覧表です。 続ける文章は親しい方への挨拶文でも 公式の改まった挨拶文でも使えるものです。 ・ 初夏の候、お元気にご活躍のこととお喜び申し上げます。 ・ 大暑の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・ 暑中お伺い申し上げます。 ・ 小夏の候、暑さに負けずご活躍のことと拝察致します。 ・ 仲夏の折、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・晴天が続く 盛夏のみぎり、ご健勝で暑さを乗り切っていらっしゃることと存じます。 ・ 梅雨が開けいよいよ夏本番を迎えるこの頃、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ 炎暑の候、貴社一段とご繁盛の段大慶に存じます。 ・ 盛暑の折、貴殿には一段とご活躍とのことと拝察いたしております。 ・ 暑中お見舞い申し上げます。 ・ 酷暑の候、貴社におかれましては一層のご発展のこととお慶び申し上げます。 ・時折の 驟雨が涼をもたらす炎暑のみぎり、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ・ 夏木立の緑濃く、木漏れ日も輝くころとなりました。 ・青空に 入道雲がわき、夏真っ盛りとなりました。 ・色とりどりの 七夕飾りに、夏の訪れを感じる季節になりましたが、お変わりありませんか。 ・ 炎暑しのぎがたいこのごろですが、お元気でお過ごしのことと存じます。 ・ ほおずき市も近づき、夏祭りも盛んな季節となりました。 ・ 花火の音が聞こえる季節となりましたが、お変わりありませんか。 ・ 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いていますが、~。 ・ 土用の入りも近づき、蒸し暑い夜が続いていますが、~。 ・ 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえる今日この頃ですが、~。 上記は 7月の季節の挨拶文に使える 書き出し文例 のまとめ一覧表です。 7月から連想される植物や食べ物、 行事などの単語を自由に盛り込んで、 読み手に時節が頭に浮かぶような 書き出しにしても素敵です。 ・猛暑の折、どうかくれぐれもご自愛ください。 ・暑さ厳しき折ではございますが、どうかますますご壮健に。 ・夏風邪などお召しになりませんよう、どうかお体をおいといください。 ・心ばかりのお中元の品を別送いたしましたので、どうかご笑納ください。 ・夏休みの帰省を首を長くして待っています。 ・盛夏の折柄、皆様のますますのご健勝をお祈り申しあげます。 ・時節柄夏負けなどなさらないよう、ご自愛のほどお祈り申しあげます。 ・暑さはこれからが本番です。 体調管理には充分気をつけて下さいね。 ・まずは暑中のお見舞いまで申し上げました。 ・今年は梅雨明けが遅い分、暑さが長引くそうです。 おたがい体調管理に気を付けましょう。 ・ご健勝にて夏を乗り越えられますよう、お祈り申し上げます。 ・ことしは例年にない暑さだそうですから、お体にはくれぐれもお気をつけください。 ・本格的な夏を迎えました。 皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。 ・周りの樹木の緑も色濃くなってきました。 夏休みには一緒に出かけましょう。 ・熱帯夜がつづき寝苦しい日々、クーラーでお身体を冷やしすぎませんよう。 ・暑いさなかでございますので、外出の析にはなにかとご注意くださいますように。 ・食欲も減退する暑さがつづきますが、健康管理にはご注意下さいね。 上記は 7月の季節の挨拶文を使った 結びの例文のまとめ一覧です。 結句で季節の挨拶文を使う場合、 それに続く組み合わせでは 相手の方を思いやるような文章を 続けるようにしましょう。

次の