ソフトバンク iphone android。 【解決】ソフトバンクのAndroid SIMを流用して、他の端末に差し替えて使うための4つの方法

SoftBank SELECTION Wireless Charging Base for iPhone/Android™通販|ソフトバンクセレクション

ソフトバンク iphone android

ソフトバンクでsmsが届かない この記事では、ソフトバンクユーザーのためのソフトバンクからSNSメールが届かない方の対象方を紹介します。 iPhoneの設定方法とAndroid搭載のスマートフォン別でも解説していますので、参考にしていただけたら幸いです。 またソフトバンクからの認証メールがSNSに届かない場合の対処法も合わせてご確認ください。 【iPhone】ソフトバンクでsmsメールが届かない場合 iPhoneでソフトバンクからSNSメールが届かない場合について、確認すべき項目、届かない場合の対処法を解説します。 確認方法、対処法も簡単なので、ぜひお試しください。 【iPhone】ソフトバンクでsmsメールが届かない場合に確認すべき項目 ではソフトバンクからのSNSメールが届かない場合の確認すべき項目をみてみましょう。 以下の手順で確認してみてください。 迷惑メール設定を確認 最初にソフトバンクでSNSメールが届かない理由で一番多いのが、迷惑メール設定により届かない様に設定されていることです。 迷惑メール設定の設定がオンになっていないか、確認してみましょう。 オンになっている場合は、それが原因で受信できない様になっている恐れがあります。 自分宛にSMSを送信して確認 自分宛にSMSを送信して確認することもできます。 この方法で受信できた場合はiPhoneの動作は正常に行われています。 新規メッセージを作成して自分の携帯電話番号宛に送信します。 件名などは入力せずに送信してください。 うまく動作しない場合は、iMessageの設定がオンになっているとSMSをうまく送信できない場合があります。 iMessageの設定をオフにして再度操作してみてください。 【iPhone】ソフトバンクでsmsメールが届かない場合の対処法 電源を入れ直す 上記の確認方法でも受信しない場合は、iPhone本体の電源を入れなおしてください。 再起動することで、受信できることもあります。 ネットワーク設定をリセット それでも受信できない場合ネットワーク設定をリセットします。 iPhoneの設定から、一般、リセット、ネットワーク設定をリセットを選択してください。 iPhoneの設定から一般を選択します。 上の画像の様に表示されていれば大丈夫です。 リセットを選択してください。 このリセットはiPhoneを正常化させるものですのでご安心ください。 ネットワーク設定をリセットを選択します。 ネットワークとは通信環境のことです。 他のデータを削除(リセット)するものではありません。 その後警告画面が出ますので、ネットワーク設定をリセットを選択します。 これで直らない場合はiPhoneが故障している可能性も視野に入れておきましょう。 すべての設定をリセット 上記でも受信しない場合すべての設定をリセットを行いましょう。 このリセットではデータやメディアなどは削除されませんが、 バックアップは先にしておくことをオススメします。 【android】ソフトバンクでsmsメールが届かない場合の対処法 続いてAndroid搭載のスマートフォンでの対処法を解説します。 Android搭載のスマートフォンでの対処法も難しいことはないので、一つづつ対処していきましょう。 これで直る場合もあります。 この動作は電波を拾うスマートフォンが何かしらの原因で。 受信できていない場合に切り替えることで、受信できます。 再起動すれば、ほとんどの場合受信することができます。 SIMの不具合による受信ではないのかを確認するためです。 支払いが滞納している場合利用できない可能性があります。 この様にiPhoneでもAndroid搭載のスマートフォンでも再起動すればほとんどの原因は解決します。 これでも解決しない場合は、Android搭載のスマートフォンが故障している可能性を視野に入れておきましょう。 ソフトバンクsmsに認証メールが届かない場合 ソフトバンクSNSに認証メールが届かない場合の原因と対処法を解説します。 ほとんどの原因は認証メールが迷惑メールとして設定され、届かないということがほとんどです。 どうしても認証メールを受信しないといけないのであれば、SNSメールの迷惑メールを解除するか細かい設定をするのかを考えておきましょう。 まずは、迷惑メールの設定の確認をします。 以下の方法で、迷惑メールの設定強度などの内容を確認することができますので、手順通りiPhoneまたはAndroid搭載のスマートフォンを操作してみてください。 ソフトバンクsmsに認証メールが届かない場合の対処法:迷惑メール 以下の手順で設定の確認迷惑メールの設定強度などの内容を確認することができますので、手順通りiPhoneまたはAndroid搭載のスマートフォンを操作してみてください。 マイソフトバンクにログイン 「スクリーンショット」 まずはマイソフトバンクにログインしてください。 ログイン番号などは御仁でご確認ください。 メール設定をタップ マイソフトバンクにログインできたら、続いて上の画像の赤枠にあるメール設定をタップします。 こちらから設定確認、変更できます。 迷惑メール対策をタップし確認 続いてマイソフトバンクのメール設定をタップしたら、迷惑メール対策をタップします。 こちらでSNSメールの設定確認を行います。 現在の設定から変更します。 この方法で迷惑メール設定を緩めると、他のマイ枠メールも届く可能性があるので、お気をつけください。 迷惑メール設定を緩めたくない場合 どうしても設定変更したくない場合で、認証メールを受信したい場合は上記の画像の様に、特定のメールだけ受信する設定を行いましょう。 ここに受信したいアドレスを入力すれば、認証メールの受信が可能です。 アドレス(ドメイン)は各認証メールのホームページなどに記載していますので、ご確認ください。

次の

AndroidでiMessageは使える?移行方法は?SMS機能おすすめアプリも紹介!

ソフトバンク iphone android

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 ドコモからソフトバンクへ乗り換え(MNP)の際には、キャリア間のデータ移行が難しそうに思えます。 ですが、実際のところは 適切なアプリケーションを利用すればデータ移行は簡単です。 本記事では、ドコモからソフトバンクへの乗り換えでの、 iPhoneとAndroidそれぞれのデータ移行方法をまとめました。 これからデータ移行に取り掛かる方や、今後乗り換える予定のある方は、スマホ内の大切なデータを確実に移行するためにも一度確認してみてください。 iPhone間のデータ移行方法は、主に 「iCloud」を利用する方法と 「iTunes」を利用する方法の2通り。 基本的には、 PCがある方はiTunes、それ以外の方はiCloudを利用するのがおすすめです。 ここでは、どちらの方法にも 共通する事前準備を確認してから、それぞれのバックアップ・データ移行方法について説明していきます。 iTunes・iCloudを使ったデータ移行の事前準備 事前準備として確認しておきたいことは以下の3点。 Apple IDとiPhoneのパスコード• 新旧iPhoneのiOSのバージョン• パスワードを忘れてしまった場合は、2ファクタ認証やApple ID アカウント管理ページなどから確認・再設定ができます。 「iPhoneのパスコード」は、Touch IDやFace IDの登場で入力機会が減りましたが、再起動の際などに入力を求められる iPhone端末のパスコードのこと。 どちらかを忘れてしまった方は、以下のApple公式サポートページを活用してください。 新旧iPhoneのiOSのバージョン 新旧iPhoneのiOSも 最新のバージョンへアップデートしておきましょう。 LINE・アプリゲーム・Apple Payの引継ぎ LINEをはじめとする一部のアプリでは、 アプリごとに引継ぎが必要です。 例えば LINEはFacebookと連携するか、メールアドレスを登録することで引き継ぎが行えます。 詳しい手順を知りたい方はを確認してみてください。 アプリゲームはアカウント引継ぎ用のコードなどを発行して、アプリごとにデータの引継ぎを行うものが多いです。 ただしOSが異なる場合、ゲーム内通貨の引継ぎができないケースもありますので、アプリ内でよく確認しましょう。 Apple Payは、基本的に新iPhone側でクレジットカードを登録すれば移行が完了しますが、Suicaに限っては、 旧iPhone側の「Wallet」アプリ内のカードを削除してから新iPhoneでカードを追加する必要があります。 セキュリティ面も考えると、データ移行が完了したクレジットカードも「Wallet」アプリから削除しておくと安心です。 iTunesを利用したデータ移行方法 まずは iTunesを利用したデータ移行方法です。 PCのiTunesに旧iPhoneのバックアップを取ってから、新iPhoneで復元することで、データ移行を行います。 ここからは順を追ってiTunesを利用したデータ移行を進めていきましょう。 iTunesが最新バージョンかどうか確認する iPhoneのiOSは事前準備のところで最新バージョンであることを確認しましたが、iTunesも同様に 最新バージョンであることを確認しておきましょう。 iTunesの自動同期機能をオフにする iTunesの 自動同期機能は便利ですが、データ移行時に使用すると予期せぬタイミングで同期されてしまう危険性があるので、 あらかじめオフにしておきます。 旧iPhoneをiTunesに接続し、暗号化バックアップを行う iTunesを起動しているPCに旧iPhoneを接続し、iTunesが旧iPhoneを認識したら、iPhoneのアイコンからiPhoneのメニューを開きます。 暗号化バックアップがはじめての場合は、バックアップを保護するためのパスワードを設定するポップアップが表示されます。 このパスワードは暗号化バックアップ復元時に必要ですので、 忘れないように保管しておきましょう。 「最新のバックアップ」がバックアップを行った日時に更新されれば成功です。 新iPhoneを起動し、iTunesに接続する 新iPhoneに SIMカードを挿入してから起動し、iTunesを起動しているPCに接続します。 iTunesのバックアップから復元する iTunesが新iPhoneを認識すると 「新しいiPhoneへようこそ」と画面に表示されますので、 「このバックアップから復元」からバックアップデータを選び、「続ける」を選択してください。 それから暗号化バックアップ時に設定したパスワードを入力すると、あとはiTunesがデータを復元してくれます。 新iPhoneのセットアップを完了する 復元が完了すると、自動でiPhoneが再起動され、 再度初期設定の画面が表示されます。 あとは、画面の指示に従い通常の初期設定を行えば、無事iTunesによるデータ移行が完了です。 iCloudを利用したデータ移行方法 PCがない場合は、AppleのクラウドサービスであるiCloudに旧iPhoneのデータのバックアップを取ってから、新iPhoneでiCloudにあるデータをダウンロードして、データ移行を行います。 新旧iPhoneをWi-Fiに接続する iTunesを利用する場合と異なり、iCloudではデータのやり取りをネット上で行いますので、 Wi-Fi環境が必須です。 デフォルトでiCloudのバックアップはオンになっていますので、知らずに利用している方も多いかもしれません。 なお、iCloudで使用しているデータ容量が 無料分の5GBを超えているとバックアップを作成できません。 月額130円で50GB、月額400円で200GB、月額1,300円で2TBの追加容量を購入できますので、データ移行を行う月だけ購入するのも良いでしょう。 新iPhoneを起動し、iCloudのバックアップを復元する 新iPhoneの初期設定を進めると、「Appとデータ」の画面になりますので、 「iCloudバックアップから復元」をタップします。 Apple IDやパスコードの入力、バックアップデータの選択などを行うと、新iPhoneにバックアップが復元されます。 新iPhoneのセットアップを完了する あとは、画面の指示に従い通常の初期設定を行えば、無事iCloudによるデータ移行が完了です。 iOS11移行はクイックスタートでのデータ移行が簡単 iOS11以降の端末であれば、2台のデバイスを並べて初期設定を行う 「クイックスタート」も利用することができます。 いくつかの入力手順が省略されていますので、データ移行時はクイックスタートの利用もおすすめです。 詳しい手順については、以下のAppleの公式サポートページを参考にしてみてください。 PCを持っているなら「iTunes」、それ以外は「iCloud」でデータ移行する• 無料でダウンロードできるアプリですが、Google Playなどのレビュー数を見ればわかるようにこれまで 多くのユーザーが使ってきた定番のアプリですので、安心して使用することができます。 「JSバックアップ」を利用したデータ移行方法 それでは、 「JSバックアップ」を利用したデータ移行方法について確認していきましょう。 新旧スマホに「JSバックアップ」をインストールする まずは新旧スマホの両方にアプリ 「JSバックアップ」をインストールしましょう。 他のアプリと同じく、iPhoneの場合はApp Storeから、Androidの場合はGoogle Playからインストールできます。 「取り込み時に必要なパスワード」を設定するとデータの取り出しに進み、一定時間経過すると旧スマホでの手順は完了です。 データの取り出しが完了した旧スマホの画面には、 QRコードが表示されます。 「QRコード読み取り」を選択し、起動したカメラで 旧スマホの画面に表示されているQRコードを読み取りましょう。 旧スマホで設定したパスワードを入力し、「データ取り込みスタート」をタップすると、データ移行へと進みます。 それから一定時間経過すると、新スマホでのデータ取り込みが完了します。 新スマホに移行されたデータを確認する 最後に、新スマホに旧スマホの データが移行されたかどうか確認しておきましょう。 画像・動画などもデータ移行したい場合は、 「Dropbox」や「Googleフォト」などのクラウドサービスを利用したり、一度PCに保存して移行するといった方法が必要になりますので注意しましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモから乗り換えて高額MNPキャッシュバックをもらう方法をご存知でしょうか。 もし高額MNPキャッシュバックを現金でもらえれば、ドコモで違約金が発生しても支払いに充てることができて便利です。 高額MNPキャッシュバックを受け取るために気を付けたい注意点や乗り換え前 […]• スマホやガラケーをMNPするとなると手続きやデータ移行、設定などの手間が増えるので敬遠している方も多いと思います。 ただスマホやガラケーも機械なので使い続けていると買った当初と比べて「動作が重くなった」「電池のもちが悪くなった」などMNPや機種変更を検討する方も少なくない […]• 大手3キャリアでiPhone SE 第2世代 に最安購入方法で乗り換え MNP ると、最大7万円お得になります。 2020年4月20日より、大手3キャリアのドコモ・au・ソフトバンクにて、 iPhone […]• 格安SIMが流行る中苦戦を強いられているイメージの強い大手キャリアですが、大手キャリアには格安SIMに無いメリットとして「高額機種をお得に買える」という利点があります。 特にソフトバンクは大手キャリアの中でも割引やキャッシュバックなどでユーザーを獲得してきたキャリアであり […]• auからソフトバンクへ。 乗り換えを決断する背景には色々な状況があるかと思われますが、多くの人が現況よりもより経済的にお得に、そして納得のサービスを受けた上での機種変更をしたいと考えるでしょう。 各キャリア顧客を確実に維持するのが困難になってきている中、より多くのユーザーの […].

次の

【解決】ソフトバンクのAndroid SIMを流用して、他の端末に差し替えて使うための4つの方法

ソフトバンク iphone android

1円で売られていたパナソニックのスマートフォン、P-07Cを購入し 記事:を参照 、7インチタブレットのを購入。 さらにiPhone5を購入し、アンドロイドのを購入。 もともとXperia rayを で購入して、でデータ通信契約をしたのがきっかけだったんですけれど、これが想像以上にAndroidの出来がいい! 以前、イー・モバイルのEMONSTERというを購入して大失敗したので、スマホはiPhoneじゃないとダメだろうと信じ込んでいたんですね。 ところが、アンドロイドはiPhoneには出来ないことが、簡単に実現したり、と割りと使いやすい! 詳しくは、を参考にして欲しいんですけれど、 iPhoneで出来なかったアレ、やコレがほとんど出来る!! ただ、バッテリーが急に減る、といったバッテリー関連のトラブルが多いことや、ブラウザなどのスクロールがもたつくなど、悪い部分も目につくようになりました。 結局iPhone5を購入して、安定した性能のiPhoneに落ち着いてしまったんですけれど。 でも、今回2012年の夏モデルのOptimus itを購入して、だいぶiPhoneに追いついてきた。 という印象がありました。 また、今後もiPhoneには絶対に ? ありえないであろう、「おサイフケータイ」「防水」「ワンセグ」など三種の神器を搭載している日本向けアンドロイドは、1台で生活を変えてしまうぐらいの便利さを提供してくれたりと、果たしてiPhoneとアンドロイド、どっちを購入していいのか難しくなって来ました。 ゲームの世界でたとえるなら、マリオができるWiiにするか、ハイスペックなゲームを求めるプレステにするか迷う。 ってとこでしょうか? でも、思うんですけれど、1台にするから迷うんであって、2台持っちゃえば?ってのが私の考えです。 車があればバイクや自転車がいらないかって言うと、用途によって乗り物を変えたほうがすごく効率的だし、利便性は上がると思うんです。 「え~。 2台も持ったら維持費が高くなるし・・・」 維持費に関しても、すごく安く抑える方法があるので 私の場合、7台のスマホとタブレットを持っていますが、月々の費用は9,000円ほど 、月々の維持費を安くするテクニックも紹介して行きたいと思います。 iPhoneに出来なくてAndroidで出来る iPhoneにできなくて、Androidでできることの代表を上げると、ホーム画面に配置できるウィジェットがあげられますね。 ウィジェットとは、パソコンのガジェットのように画面の一部を使って動作するアプリのようなもので、いちいちアプリを立ち上げなくてもデータを交信して表示してくれたり、Androidの設定を変更したりできる機能。 画像は、上の段はAndroidの無線LANやBluetooth、GPS、画面の明るさ等を設定画面を開かなくてもホーム画面上のウィジェットをタップすれば変更できるウィジェットと、下の段が天気予報のウィジェット。 iPhoneではどちらも設定やアプリを立ち上げないと、変更できなかったり、情報を見ることができませんでしたが、Androidはいちいちアプリを立ち上げる必要がありません。 それと、Androidは日本語入力を自由に変更できます。 パソコンの日本語漢字変換ソフトで有名なATOKをはじめ、google日本語漢字変換や、もともとメーカーがインストールしている漢字変換ソフトを自由に変更できます。 私が最も気に入っている日本語変換ソフトは、ソニー・エリクソンのXperiaに搭載されている。 iPhoneの日本語入力と違い「、」や「。 」といった句読点が切り替えなしに入力できるのと、音声入力にも対応。 声だけでブログの更新もできてしまうぐらい使いやすい! こちらはiPhoneの日本語入力。 これはこれで入力しやすいんですけれどね。 1台持ちではダメか 多分、iPhoneの1台持ちでも全然問題はないんですけれど、一度Androidのこの便利さを体験してしまうと、手放せない。 というのが正直なところ。 そこで、やのような音声通話はできないけれど、1000円以下でインターネットが利用できるSIMをAndroidに刺して使えば、2台持ちでも7,000円弱で済んでしまうんですよね~。 iPhoneでこのような安いデータ通信専用SIMを使う場合、外国製のSIMフリーのiPhoneを7~8万円で購入しなければならないので、2台持ちの場合、1台をアンドロイドにするのがベスト。 ただし、このような安価なデータ通信専用のSIMは、音声通話ができない 出来るものもありますが、無料通話がないのとあんまり安くないのでおすすめできません ので、電話用にもう1台必要になるわけです。 アンドロイドが使いやすいなら、ドコモのアンドロイド1台なら、月々6,755円で済むじゃないか。 という人もいるかもしれませんが、先程も書いたとおり、私の周りの友人はほぼソフトバンク。 会社の同僚も含めると、25人ぐらいの電話しそうな相手がいますが、このうち2人を除いて全てソフトバンク。 なので、ソフトバンクのiPhoneは外せないんです。 じゃあ、ソフトバンクのアンドロイドでいいじゃないか。 それに、FacetimeやiMessage、音楽の管理などはiPhoneの方が全然使いやすいので、料金的にも機能的にも、2台持ってかさばることを除けば、2台持ちは全然ありだと思います。 2台だと、当然、どちらかがバッテリーが無くなっても使えますしね。 2台持ちの使い分け• iPhone• 電話・メール• インターネットをブラウジング• Android• ニュースなどのチェック• テザリング• カーナビ• 無料電話アプリ• FXや株価のチェックや取引• 写真の撮影と管理• YouTubeの視聴• スケジュール管理 こんな感じで使い分けています。 最近は、しゃべってコンシェルのスケジュール管理が最も使っていますね。 iPhoneもAndroidも、SMSは吹き出しのチャット風な画面なんですけれど、iPhoneは携帯メールも吹き出しで表示できるので、メールのやり取りはiPhoneのほうが使いやすいです。 音楽はiTunesとの組み合わせは、Androidの2~3倍使いやすいですね。 Android側も、iTunesの音楽ファイルを同期させて使っています。 安く2台持ち! さて、イオンb-mobileやIIJmioそして、ドコモののSIMは、安い反面色々な制限があります。 また、ソフトバンクのiPhoneは、2段階制の「パケットし放題 for スマートフォン」にすると、パケット通信を行いわない場合 Wi-Fiオンリーにする 、になります。 IIJmioでAndroidとの2台持ちの場合でも、月々3,850円しかかからない計算に! 当サイトでは、そうした2台も持てて、なおかつ最も安く月々の料金を抑える方法を考察したり、実践したりして公開していきたいと思います。 パソコンなしで、なおかつBluetoothでのファイル共有ですね。 すいません!まだ試したことはありません。 でも面白そうですね。 Bluetoothを使わなくていいなら、SugerSyncやDropBoxなんかで実現できそうですが・・・。 AndroidはdocomoタブレットのSIM無しですが SIMのみ買うか、ルータを買うか悩んでいます。 自宅は無線LANがあるのですが 外出先でiPodの写真を転送できれば SIMだけで運用出来るかなぁと思った次第です。 状況としては、3G回線が使えないアンドロイドタブレットとiPod Touchの2台を持っているってことですね。 電話は、今んとこガラケーってとこでしょうか? 個人的には、その2台を持っていて、なおかつ月々の料金が上がってしまっても構わないというのであれば、iPod Touchの代わりにiPhoneとタブレットという組み合わせがベストかと思います。 iPhoneとiPod Touchではカメラの画質が雲泥の差ですし、iPhoneをルーターが割りとして使えるし、いろいろなやりたいことが一気に解決されると思います。 もし、月々の料金を抑えたいのであれば、イー・モバイルのSTREAM Xというアンドロイドをおすすめします。 当方の説明不足で申し訳なかったのですが 通話はPHSを利用しています。 なのでPORTUSやDIGNO Dualが現実的ですが 費用面でIIJ mio SIMに惹かれています。 docomoタブレットがMVNO SIMでテザリング出来れば こんなに悩まなくて済むのですが・・・ emobileスマホは確かに魅力的なので検討してみます。 早朝から詳しく説明して頂き感謝しています 有難うございました• カテゴリー• iPhone• モバイル・携帯• Mac• 同じカテゴリーの記事•

次の