くださいますと幸いです。 ご教授いただければ幸いです・ご教授くださいの意味/使い方/英語

ビジネスメールでよく使う「幸いです」「幸甚です」…この2つの違い、理解してる?

くださいますと幸いです

ビジネスシーンにおける「ご一考」の使い方 社会人のみなさんにとって一番気になることはビジネスシーンにおける「ご一考」の使い方であると思います。 ここからはそんな疑問を解決するため 「ご一考」を使用したフレーズを例文と共にご紹介していきます。 「ご一考様」としての使用は間違い! 「ご一考」と聞いてホテルや旅館などで目にする「ご一考様」のこと?と連想してしまった人・・・、 その連想は誤りです。 集団や団体を敬う場合は「ご一考様」ではなく、「御一行様」が正しい表記です。 そもそも「ご一考様」は誤用であるため存在しませんが、同じ読みでも、まったく意味が異なります。 仕事上で「ごいっこうさま」と記載する際は「ご一考様」と間違えて書かないようにしてください。 「ご一考」の類語(言い換え表現) 「ご一考」は、使用するフレーズによって目上の人や上司、クライアントに対して使えるため、ビジネスシーンでの使用頻度は高いと言えるでしょう。 しかし、硬い表現でもあるため、もう少し カジュアルに言いたい場合には類語を使用して言い換えてください。 カジュアルに使えるフレーズから、丁寧でありながらも同じニュアンスとして伝えられる表現を確認しましょう。 I would be happy if you could give it a thought. となります。 「ご一考」を使用して丁寧な依頼を心がけよう! 「ご一考」を使用した言葉は、 検討や考える意味を持ちます。 「ご一考ください」以外にも「ご一考いただければ幸いに存じます」や「ご一考のほどお願い申し上げます」など、より丁寧に表現した依頼のフレーズもあります。 少し硬いと感じたら、類語を使用することで言い換えましょう。 「ご一考様」の使用は誤りですので、その点も覚えておいてくださいね。

次の

目上の人には失礼?「ご承知おきください」の意味と使い方

くださいますと幸いです

え……!ちゃんと敬語で話してますよ?! 相手に待って欲しいときに使いたい「お待ちください」は、敬語表現になっているためビジネスでも使用できる言葉です。 とはいえ、使用の際には少し注意が必要。 敬語ではあるものの命令形のため、相手に命令したような印象を与えてしまう場合があります。 日常的なやりとりの中で使う分には特に問題はありませんが、 目上の相手や大切なクライアントなどには、より丁寧な言い方で伝えるのが望ましいです。 「少々お待ちください」や「お待ちくださいませ」などのように、前後にクッション言葉を付けて工夫してみましょう。 または「お待ちください」というフレーズ自体を置き換えてしまう方法もあります。 「お待ちください」の意味 「お待ちください」は、「お」「待ち」「ください」の3つに分類できます。 「お」は、名詞や動詞の連用形の前に付いて尊敬の意味を表す言葉。 日常的に使用している敬語フレーズでよく見られますね。 そして「ください」は「くださる」の命令形で、「くれ」の尊敬語にあたります。 相手にものなどを請求したいときに使う言葉です。 「お待ちください」は、「待ってくれ」という意味を敬語で丁寧に表現したもの。 ただ、丁寧な表現にはなっているものの、命令形というスタイル自体は変わっていません。 そのため、相手に命令できる立場にないときにはさしひかえるのがおすすめです。 「お待ちください」の使い方 「お待ちください」は丁寧な表現ですが、伝えた相手に命令されたような気分を与えないように、命令形の印象を和らげる表現をおさえておきましょう。 取引先との会話など、より丁寧な表現が望まれるビジネスシーンでは、「お待ちください」の前後にさらに言葉をプラスして使うのがポイントです。 付け加える言葉によって相手に待たせる時間の印象が変わってきますので、時と場合に応じて使い分けるのがコツ。 「お待ちください」を使用した例文 ここでは「お待ちください」という言葉を維持して、より丁寧な印象を与えられる文章を紹介します。 表現ごとに例文をまとめましたので、シーンにあわせて工夫してみましょう。 お待ちくださいませ 「お待ちください」+「ませ」の表現方法です。 「ませ」は、丁寧語「ます」の命令形。 相手に何かを要求したいときに、丁寧な気持ちを込められる表現です。 ただ「ませ」は、女性特有の表現や言葉を意味する女性語のひとつでもあります。 接客業などでは性別に関わらずよく使用される言葉のため、必ずしも女性だけのもの、というわけではありませんが、言葉の背景を知っておくと場面別に選びやすくなるでしょう。 「お待ちください」の類語(言い換え表現) 「お待ちください」は命令形のため、シーンによっては使いづらい場合もあります。 そのようなときには、類語表現を用いた言い換えを利用しましょう。 相手に待ってもらう、ということは、相手の時間をいただいている、ということでもあります。 言い換え表現では、お時間をいただく、という考え方に焦点を当てるとわかりやすいですよ。 「お時間をいただきたく存じます」 「お時間をいただきたく存じます」にある、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、頼んで手に入れることなどを指します。 「存じます」は、思うや考えるなどを意味する謙譲語「存ずる」が形を変え、「ます」が付いて丁寧になった言葉です。 つまり、あなたの時間をもらいたいと思います、という意味を表しています。 謙譲語が使われ敬意を表しているため、クライアントや上司などに向けてビジネスシーンで使っても問題ない表現です。 ・Hang it here and please wait! ・I will prepare it for you so please wait for a while. ・I will get you connected so please wait a little. ・For now it is under adjustment so please wait for a while. 「お待ちください」は言葉をプラスして丁寧な表現に変えよう! 上司やクライアントなど目上の方に伝えるときには、「お待ちください」に適切な言葉を組み合わせてより丁寧な表現を心がけましょう。 待ってほしい時間やその場の状況にあわせて、上手に言い方を工夫してみてくださいね。

次の

「ください」と「下さい」の違い・使い方・敬語表現

くださいますと幸いです

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の