フォッカチオ。 フォッカチオ3種だよぉ

フォッカチオとフォッカッチャ

フォッカチオ

切る前のフォカッチャ フォカッチャ(Focaccia)とはの平たいである。 解説 [ ] やで味をつけ、そのまま食べるか、ハムやや、をはさんでとして食べる事も多く、ピザの原型でもある。 前菜の更に前に出されるおつまみとして、また、料理のつけあわせや、パンと一緒に出されることもある。 の、地方のものが特に有名で、所によっては家族のお祝いごとに普段料理をしない父親が作って提供する習わしがある。 、食物油、、、菌などを原料とした生地をか手で厚く押し延ばし、で焼き上げる。 完全に焼きあがる前のパン生地の表面の一部が膨らんで泡状になってしまうこともあるので、その場合はなどでを抜く。 日本でも各種のカジュアルレストランやパン店などでよく見かけるようになってきているが、なかにはオリーブ油以外の油脂や、乳製品、各種添加物などを用い、本場とはやや異なる風味になっているようなものもある。 なお、いわゆるでは、、などで類似の商品を提供しているが、サイゼリヤでは「フォッカチオ」と呼んでいる。 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

フォカッチャとフォッカチオの違いを分かりやすく解説!

フォッカチオ

「お前は本当にミルクアイスのせシナモンフォッカチオでいいのね?」 こんにちは。 将太の友達で、今回noteを書かせていただきます。 ペンネームは「きゃんどぅー」でいかせていただきます。 将太からの誘いもあり、拙い文章ではありますが精一杯書かせていただきました。 みなさん「ミルクアイスのせシナモンフォッカチオ」って知ってますか? サイゼリア行ったらデザートでこれ頼むか頼まないかで迷いますよね。 僕もサイゼリア行くと結構これ頼むか悩むんですよ。 税込み319円ってデザートにしては意外と高いし。 でもアイスとフォッカチオのハーモニーが癖になる。 俺は大好きですね。 将太含め友達とよくファミレスでご飯食べながら何時間もサッカーの話を熱く語っています。 ある日、サイゼリアでご飯を食べていた時です。 将太は僕に貸しがあったので「ミルクアイスのせシナモンフォッカチオ奢ってね」って言ったんです。 そしたら、「お前こんなところで貸しを回収して満足なの?」って言われたんですよ。 「いや、貸しがある人がなんでそんな強気なの?(笑)」って思わず突っ込みいれました。 貸しは普通返すものですよね?僕間違ってないですよね? 結局その日はミルクアイスのせシナモンフォッカチオは将太の謎理論により食べれず帰宅しました。 でも、なぜか将太から言われた「ここで貸しを回収していいのか?」という問いが頭に引っかかって離れません。 例えば、俺がここでこの貸しを回収してしまうってことはそこでその貸しの効力って消えることを意味しますよね。 それっきりのもの。 俺の場合は「貸し」と「デザート」で等価交換ということになります。 要するに俺の貸しの価値は319円分ということです。 でもそこで回収したらそれ以上の価値は生まれない。 じゃーより高価にするにはどうするべきか? そこで自分はこう考えました。 「貸し=信頼」だと。 貸しができたときに「この分は今度返してもらおう。 」と思って助ける人って結局早く回収しちゃう人の思考回路であり、損得の世界でしか生きてないんです。 例えるなら、まだ10円しかたまってないのにすぐ10円ガム買ってその場で終わっちゃう的な。 (ん?違う?) もう貸した借りたの世界で生きていくほうがめんどくさいし、なんか人間関係もギクシャクしちゃう気がするんですよ。 その場の時間的、労力的、金銭的消費はその人への「信頼」として示すものだと思います。 見返りなんて求めずに信頼してその人のためになにかやることに生きるヒントが含まれているなと最近思っています。 目の前の損はもうどうでもよくて、周りの友達、家族を信頼してどんどん見返りのない貸しをしていく。 それをしていくと次は周りの人たちが自分を信頼して見返りのない貸しをしてくれるようになります。 現に僕の周りにはいつも遊びに誘ってくれる奴、チャリのタイヤがパンクしたらすぐに車で迎えに来てくれる奴、俺をいじって面白さを引き立ててくれる奴、チョコプラの松尾に似ている奴、遅刻しても許してくれる小嶋将太、、、 あげたらキリがないくらい素晴らしい仲間であふれています。 そうなんです。 結局回収が早すぎると結果的に回りまわって損してるし、人との協力やつながりも消えていくんです。 自分は1人で生きていくほどの力はないので周りの人たちの支えが必要なんです。 そして周りの人たちに助けてほしいなら、自分も周りの人たちになにか協力をしていかないといけないんです。 周りの人を助けながら自分も助けてもらう。 実は社会の仕組みと全く一緒なんです。 自分の仕事が誰かのためになっている。 そしてその逆もしかり。 もはや貸し借りの世界線なんてものはこの世に存在しないのかも。 そんな気がしてます。 ちなみに後日、ちゃんと将太からBBQでのおもてなしを受けました。 あの時ミルクアイスのせシナモンフォッカチオで回収しなかったおかげでBBQになりました。 小嶋将太っていつも俺に厳しいくせに、結局仲間思いの良い奴なんですよね。 でも俺はやっぱり「ミルクアイスのせシナモンフォッカチオ」がいいかな。 サイゼリアさんからの企業案件お待ちしております。

次の

サイゼリヤ裏メニュー「ピザフォッカチオ」

フォッカチオ

サイゼリヤで食事をする際にほぼ必ず頼む「フォッカチオ」 サイゼリヤの「フォッカチオ」をさらに美味しく食べる方法をご存知ですか? オリーブオイルと塩を準備するだけで、最高の瞬間が楽しめます。 奥さんが息子くんと共に名古屋の実家に帰っていて、2週間ほど一人暮らしになるということで夕食をどうしようかと思案しております。 だいたい外食になってしまうのですが、そんな時の強い味方がサイゼリヤ。 四国地方にはまだ出店されていないのですが、日本各地に広がっているみなさんおなじみのイタリアンレストランです。 パスタにサラダにセットのプチフォッカ(フォッカチオ)を付けて、晩酌にビールをジョッキ一杯飲んでで1200円くらい。 ちょっと贅沢しましたが、それでも安い。 サラリーマンの懐に大変優しいサイゼリヤさんです。 以前、お仕事の関係でサイゼリヤさんの本社にお伺いしたことがあっていろいろお話を聞いたことがあるのですが、その時に聞いたのは、安さと品質を保つために様々な企業努力をされているという話。 野菜を例に挙げると、直営農場を持っていてそこで野菜を収穫したら鮮度を保つために加工から店舗での提供までずっと気温4度の環境で管理しているとか、レタスなどの野菜の品種改良を続けて理想の野菜と作っているとか。 輸入する食材は少しでも安く品質の高いものを提供するために、バイヤーは日々海外に行って調査しているとか。 小エビのサラダに使われているエビは確か北極海で採れたエビを輸入していると聞いたことがあります。 こういう話を聞くと応援したくなるし、好きになっちゃいますよね。 それ以降サイゼリヤによく行くようになりました。 関係者の方に教えてもらった「フォッカチオの美味しい食べ方」 そんな仕事の話の時に、サイゼリヤの関係者の方から「美味しい食べ方」をいくつか教わったのですが、その中でもとびきり美味しいのがフォッカチオの美味しい食べ方。 今回は食事にセットで付けられる「セットプチフォッカ」でご紹介します。 ちなみにセットプチフォッカは税込み79円!安くて美味しいのだ! フォッカチオを食べる前に、小皿とオリーブオイル、塩を用意します。 サイゼリヤでは店員さんにお願いするとオリーブオイルを出してもらえるんですよね。 お店によってはドリンクバーの片隅に置いてあったりします。 塩はテーブルに常備されている場合もありますが、なければ店員さんにお願いすれば出してもらえます。 小皿にオリーブオイルを出します。 オリーブオイルに塩を振ります。 フォッカチオをそのオリーブオイルにつけていただきます。 はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(恍惚) 美味しい。 絶対美味しい。 ブログを書くようになってから初めてフォント芸に手を出しましたが、それくらい美味しい。 オリーブオイルも美味い サイゼリヤのオリーブオイルはイタリア産のオリーブを使ったエキストラバージンオリーブオイル。 サイゼリヤはmira sud社という100年以上の歴史を誇るイタリア老舗のオリーブオイルメーカーと提携して輸入しています。 味はオリーブの強い香りとスパイシーな味わいで、オリーブオイル単体でも十分味わい深いのですが、塩を少し振ることでスパイシーさを際立たせて、それがフォッカチオの甘みとよく絡むんです。 噛むとフォッカチオに染み込んだオリーブオイルの風味がじゅわっと広がって・・・あぁ至福。 はぁ、書いていてお腹が空いてきました。 それくらい美味しいので、サイゼリヤに行ったときはほぼ100%注文して食べています。 ちなみにオリーブオイルはサイゼリヤの店舗で購入することができます。 500mlで税込み842円とかなりお買い得です。 イタリアで購入すると数千円はするという代物。 サイゼリヤがメーカーと直接提携して大量に輸入するから実現できる価格だとか。 何度か買って自宅で使いましたが、美味しいんですよ。 ドレッシング代わりに使ってもいいし、調理に使ってもいいし。 かなりハイクオリディなオリーブオイルです。 サイゼリヤのフォッカチオとオリーブオイルのマリアージュで幸せになりましょう フォッカチオは119円。 オリーブオイルと塩は無料で使わせてもらえます。 100円ちょっとで味わえる至福のひととき。 サイゼリヤにおけるフォッカチオ+オリーブオイル+塩は幸せの方程式なのです。

次の