ディアルガ パルキア アルセウス デッキ。 【オルタージェネシス】アルセウス&ディアルガ&パルキアGXデッキレシピ 【ポケモンカードチャンネル】

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX デッキリスト・相性の良いカード考察

ディアルガ パルキア アルセウス デッキ

デッキ概要 このデッキはオルタージェネシスGXを使った後のユキメノコめっちゃ強い!というところからスタートしたデッキです。 ユキメノコが1エネでカプ・テテフGXやデデンネGXに加えて、ほとんどの非GXを倒せるという点で多くのデッキに有利を取れると考えています。 主に2ターン目までにアルセウスに2エネつけてオルタージェネシスGXを使えるようにすることと、ユキメノコを2体場に並べることを目指します。 ポケモン メイン:ユキメノコ 1エネで非GXなのに140ダメージ出せるのすごい!140出せるとギラティナ、ドリュウズ、水弱点のすべてのポケモンを倒すことができます。 主にアルティメットレイの加速先。 イラストがかわいいことと、逃げるのに必要なエネルギーが1であることが採用の決め手。 クチートGX 省エネの鋼アタッカーとして採用。 2エネでワザが使えるので アルティメットレイで1エネつけておくだけで相手への牽制となります。 不安定ですが最大ダメージが相手ベンチ5体並んでいる状態で160ダメージ、オルタージェネシス後で190、こだわりハチマキ込みで220ダメージなので2エネでは十分なダメージ。 カプ・テテフGX・デデンネGXを倒すのに最低ベンチ4体いる必要がありますが、特性と合わせてそこまで条件は難しくないと思います。 特性をうまく使って場に並べさせましょう。 アタッカーとしてもほどほどに活躍しますが、やはりクチートGXは特性が非常に強力です。 このカードも逃げ1であることが採用の決め手でした。 Nの覚悟 後攻1ターン目に使えればいいかなという程度の認識で、先行の場合は使わないのでこのデッキの場合はあまり強くないと思います。 4枚目のグズマに変えた方が勝率上がるかもしれません。 現状は安定性重視でその枠をドローサポートに割いています。 あと逃げ2が微妙に使いづらかった。 キリキザン ユキメノコと同様に非GXで1エネで大ダメージを出せるという点で候補でしたが、こだわりハチマキがないとGXを倒せず、フェアリータイプに対して強くなるくらいだったので採用見送り。 可能性はありそうです。 ネクロズマたそがれのたてがみ オルタージェネシス後1エネ90をバトル場に出せること、ラスティネイルでギラティナを倒せる、かつその後ギラティナに倒されないという点はいいかなと思ったのですが逃げ3が重かったです。 なんと、もれなくかわいいのです。 すごいですね。 CL東京はかわいさで勝利をもぎとりましょう。

次の

開発者と伝道師の「オルタージェネシス」デッキレシピと解説を公開!

ディアルガ パルキア アルセウス デッキ

そして山札を切る。 追加で水エネルギーが1個ついているなら、そのワザのダメージで相手のバトルポケモンをきぜつさせた場合、サイドを1枚多くとる。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 ] 通常ワザは150ダメージで山札にある基本エネルギーを3枚まで、自分のポケモンに好きなようにつけれます。 序盤にGXワザを使えれば、かなり有利に試合を進めれそうですね。 重めの必要エネルギーは「Nの覚悟」でつけるみたいです。 一度エネルギーがついてしまえばワザ「アルティメットレイ」で後続を育てれます。 ジジーロン 自分の山札を上から6枚トラッシュし、その中にある基本エネルギーをすべて、自分のベンチのドラゴンポケモン1匹につける。 このデッキのエネ加速手段みたいです! まとめ ドローサポートが一枚も入っていない特殊な構成になっているのが特徴ですね。 また、「Nの覚悟」を1ターン目から高確率で使えるように、「カプ・テテフ」、「デデンネ」が2枚ずつ、「ミステリートレジャー」、「プレシャスボール」が4枚ずつ入っていて普通のデッキより多めなのも特徴ですね。

次の

【CL2020東京18位】アルセウス&ディアルガ&パルキア デッキレシピ+解説+対戦レポート|雅也|note

ディアルガ パルキア アルセウス デッキ

どうも、螺旋()です。 CL東京まで約1ヶ月になりました。 新弾オルターのカードも徐々に公開されてきているので、どのような環境になるか気になるところですね。 まずは、パッケージにもなっているカードから考察していきましょう! &&GX 以下三神 です。 アルティメットレイは、ピカゼクのフルドライブに近い技の効果なので、強力な技であることは間違いありません。 そして、さらに強力なオルターGXは、自分のの技のダメージが+30され、追加でエネルギーが付いていると取れるサイドまで1枚増えるという、とんでもないGX技です。 しかも、効果は1ターンではありません。 対戦中効果が続くので、あまりにも強力すぎますね。 それでは、このカードを使う上でのポイントや、相性の良さそうなカードを考えていきましょう。 アルティメットレイも確かに強いのですが、どうしても1ターン目に倒さないといけないがいる場合を除けば、GX技を使ってからの方が良いでしょう。 そして、もう1つのポイントが「1ターン目」であることです。 厳密には、「後攻1ターン目、もしくは先攻2ターン目」になりますね。 なぜ、そこまで早くGX技を打ちたいのかと言うと、それだけ隙が大きいからです。 いくら強力な技でも、相手を倒す技ではないので相手は無傷ですし、これだけ高火力の技が飛び交う時代ですから、GX技を使った後に三神が倒される可能性も充分あるでしょう。 そのため、何としても早くGX技を打ちたいところです。 では、先攻2ターン目は手貼りで間に合うので、後攻1ターン目にGX技を打てる方法を考えましょう。 これは、アクアパッチ+エネルギーつけかえが一番安定すると思います。 水・鋼エネルギーの加速手段は僅かですし、後攻1ターン目から出来るとしたら、この組み合わせでしょう。 炎デッキは未だに環境トップにいますし、水は入れておいた方が良さそうです。 私は、そこまで上級プレイヤーではないので、初手の動きを見ただけではサイドを取るプランは立てられませんが、三神のデッキなら通常よりは立てやすいと思います。 なぜなら、倒す必要のあるは、特別な効果を除けば最大で3体だからです。 例えば、ほっぺすりすりデッキ相手なら、無理にを枯らすプランをとらずに、を3体狙って倒すプランも取れるでしょう。 レシリザ相手なら、GXとGXを倒して終わらせても良いんです。 このように、倒すべきの総数が少ないので、サイドを取るプランを考えて、確実に倒す動きをとるようにしましょう。 三神を使ったデッキは基本短期決戦で済ませたいので、これくらい思いきった山札の掘り方で良いと思いますよ。 こちらを採用する場合は、よりもエネルギースピナーの方が良いかもしれませんね。 上記に挙げたカードは、あくまでGX技の成功率を上げるためのカードです。 ここから、相性の良いまで考えると非常に長くなりますし、明確な正解もまだ出てこないので、今回は省略します。 というわけで、三神について考察してみましたが、いかがでしたでしょうか? 確実に環境入りするでしょうし、HPが280なので今まで270ダメージを基準としていた、アタッカーの構築まで変えないといけない程の影響力です。 作る側も対策する側も、以上のポイントを押さえて新弾の構築を考えていきましょう。

次の