内定者研修 メール。 内定者フォローのメール例文集|新卒者にとって嬉しい内容とは?

【例文付き解説!】研修に参加する際のメールの書き方や例文

内定者研修 メール

季節はもうすぐ春、フレッシャーズのシーズンです。 今は新たな門出にドキドキしながらもワクワクしている心境ではないでしょうか? なかには早くも新社会人としての研修が始まっている会社もあるでしょう。 研修のひとつに、内定を出した後すぐに始まる「内定者研修」というものがあります。 この「内定者研修」いったい何をするのでしょうか? どんな心構えで臨めばいいのか? ビジネスマナーも踏まえて詳しく解説していきます。 内定者研修って何をするの? 内定者研修を行うかどうかはその会社によって大きく変わるようですが(内定者研修を行わないで春の入社後に研修を行うところもある)、早いところは内定者を対象に、秋ごろから開催されているようです。 どんな内容で行われているのか、実際の研修プログラムを見てみましょう。 電話での応対の仕方(言葉遣いや取り次ぎ方)、ビジネス上でのあいさつや名刺交換の仕方などビジネスマナー全般をレクチャー• 取り扱う商品の製造工程を工場などで見学• IT企業では、プログラミングなど実際の課題が出される• 会社の経営に関わる課題図書を出されて、読んで感想文を提出• 社内の先輩方から、実際に働いてみての仕事の魅力や学生時代との意識の違いを教わる• 内定者同士の交流を目的としたワークショップ• 最後はだいたい懇親会(飲み会) 内定者研修を行う意味 「内定者フォロー」と呼ばれる、こうした研修を入社前に行う目的はどこにあるのでしょうか? 企業側のねらいを調べてみました。 内定ブルー(夏頃までに複数社から内定を勝ち取った学生がひとつに絞り切れずに悩むこと)の結果、内定辞退されることを避けるため• 内定を出した直後の早い時期から内定者研修を行い、その度に課題を出すことでさらに就活しようとしている学生に歯止めをかける(公には言わないですが、こんな意味もあるようです…)• 入社前に企業側と内定者同士のコミュニケーションを図ることで、学生側の心理的不安を解消させる• 内定者同士の横のつながりをつくるきっかけを与える• 企業研究が十分ではない内定者に、工場見学などで会社を深く理解してもらう• 学生から新社会人になるために必要となるビジネスマナーをあらかじめ研修しておく 内定者研修の目的の多くは 「内定者の心理的不安を解消し、新社会人になるべくモチベーションアップをはかるお手伝いをする」意味合いが強いものとなります。 企業側としては内定を出した学生らが 内定を辞退することなく、無事に入社してからも 早期退職しないように(新卒で入社した学生のじつに3割が3年以内に退職している)、先々までのリスクマネージメントを念頭に実施している会社が少なくありません。 内定者研修後のレポートってあるの? 企業によっては内定者研修で課題図書が出され、「後日、レポートを送付してください」なんてこともあるようです。 「レポートって、どう書けばいいんだろう…」とネット上で相談している学生さんも少なくありません。 学生時代のようなレポートでないのは確かかもしれませんが、企業ごとに出される課題も違えば、問われる内容も書き方も変わってきて当然です。 レポートをどう書けばいいのか、形式すら分からない?のであれば、研修時に必ず人事担当に質問するようにしましょう。 入社後の仕事も、分からなければ上司や先輩に聞きながら覚えていくことになるのです。 内定者研修を欠席する場合はどうしたらいいの? 今の就職活動はメールでの申し込みが常識です。 内定後の研修案内もほぼメールで送られてきます。 内定をいくつも獲得していて、まだひとつに絞り切れていない段階で内定者研修に呼ばれてしまうと、参加すべきか悩むところです。 内定者研修は前述の通り、 企業と内定者同士の交流を目的としていますので、できれば参加することが望ましいでしょう。 万が一、欠席することになった場合、欠席連絡もメールで済ませていいのでしょうか? 「これまで就活にかかわるすべてのやりとりがメールだった会社なら、欠席連絡もメールで構わないと思う」という意見もあります。 ですが、企業が就職試験や面接を経てひとりの学生に内定を出すということは、たやすいことではありません。 会社の未来を託すつもりで選考しているのです。 もし内定者研修に欠席する旨をメールで送信した場合、企業側からは電話連絡がくるかもしれません(内定者が欠席するということは、他社に行くつもりなのか?などと危惧するからです)。 内定を出してもらったからには、一社会人として責任ある行動を示すことが必要となります。 メールで欠席連絡をするにしても「誠意ある文章」で伝えるように心掛けましょう。 その節は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 また今後とも何卒よろしくお願いいたします。 今回、ご連絡いただきました内定者研修のことなのですが、 大変申し訳ございませんが、欠席させていただきたく、メールをお送りさせていただきました。 改めまして、またこちらから連絡させていただきます。 何卒宜しくお願い致します。 出席することを簡潔に伝えるメールを送信し、あとは研修当日に向けて準備しておきましょう。 大変お世話になっております。 今回ご連絡をいただきました内定者研修ですが、出席させていただきます。 人事部をはじめ、社内の皆様にお会いできます事を大変楽しみにしております。 何卒宜しくお願い申し上げます。 入社後に担当する実際の業務内容や、諸先輩方の話を直接お聞きすることができ、本当に勉強になりました。 また懇親会では大変ごちそうになりまして、ありがとうございました。 入社後は一日も早く即戦力となれるよう、懸命に務めさせていただく所存です。 今後もご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。 jp ———————————————————————— 内定者研修時の服装は?ビジネスマナー 「人の印象は会った瞬間に7割が決まる」とされています。 怖くもありますが、それだけ外見(服装)とは大事なものなのです。 就活が終わると、それまで戦闘服として着ていた「就活スーツ」は脱ぎたくなってしまいますね。 それだけ頑張ったんですから、当然のことです。 ですが、就活が終わっても捨てずに、すみやかにクリーニングに出しておきましょう。 内定式や研修時に着ることになります。 ここで研修時から気をつけておきたい、ビジネスの上でのファッションについて男女別にご紹介していきましょう。 もし夏用の裏地のないスーツを購入した場合は、 秋口になったら秋冬用のウール混の厚手のスーツにチェンジしましょう(きっと内定を獲得したお祝いに親御さんなどからいただけるかもしれません)。 今後のために購入するならば、お店のスタッフに「秋冬用の生地のスーツ」と相談することをおすすめします。 その際は必ず「フィット感」もみてもらいましょう。 ダブダブやキツキツはデキる!ビジネスマンに見えませんよ。 ジャストフィットが命!となることを肝に銘じてください。 カラーは黒、紺はもちろん、春からの新生活に備えて薄いグレーやベージュで一着持っておくのもいいかもしれません。 ネクタイの柄は「レジュメンタル」や「ドット」でいかがでしょうか? 爽やかなイメージのカラーリングをチョイスしましょう(分からない人は店員さんに相談しましょう)。 あくまで研修もビジネスの一貫です。 業種によっては「デニムもok! 」とされているところは問題ないでしょうが、一般的にはスーツが基本です。 紫や白、信号のような原色を使ったスーツはオフィスにふさわしいとは言えません。 また大きな刺繍のはいったジャケットもあるようですが、ビジネスシーンで活躍することは一切ないと思っていいと思います。 カラーも黒や紺など、就活カラーで問題はありませんが、内定後は少しずつアレンジを施して、オフィス対応服を増やしていってもいいかもしれません。 例えば白や淡いパステルカラーのブラウスにカーディガン、ボトムスは膝丈のタイトかフレアスカート、もしくは紺やグレーのスラックスパンツはいかがでしょうか? コーディネイトもしやすいですし、新生活スタートの慣れない時期はこの組み合わせで乗り越えていけるはずです。 リップやチークは薄めにが基本! だからといって、 スッピンもいけません! オフィスでは取引先やお客様への対応も重要な業務となります。 「わたし、スッピンに自信があるんで」「別にお客なんてこないから、化粧しなくていいよね?」では一人前のオフィスレディとは言えません。 TPOに合わせてメイクやファッションを変えられてこそ、一人前と言えます。 ネイルに関しても、仕事に支障をきたすようなデコネイルは控え、次第に職場に慣れてから自分のスタイルを楽しむくらいにするのがベストと言えます。 また、目の覚めるようなショッキングピンクやゴールドカラー、キラキラ・ラメのついた一着は、夜の仕事を連想させます。 日中にオフィスで着る服としてはふさわしくありません。 足元も、カジュアルなおしゃれ靴として見かける「厚底」のソール靴は避けたほうが無難でしょう。 オフィスを歩くたびに「カラン・コロン」と足音が鳴り響き、業務の迷惑となります。 内定者研修のヘアスタイルについて 男女とも、内定獲得後に残り少ない学生時代を謳歌しようと「ゴールド」や「アッシュ」などのカラーを施してはなりません。 黒でなくとも、茶などの一般的なカラーを維持してください。 就職する職種によっては「髪色は黒」であったり「女性は常にまとめ髪」などと注文がつくこともあります。 研修時も同様のことが求められると考えて、 就活時とかけ離れたヘアスタイルにしないように気をつけましょう。 内定者研修に交通費は出るの? 「内定者研修に交通費やお給料は出るの?」 気になるところですね。 しかもわざわざ遠くから出向かなくてはいけない場合、まして地方からまだ引っ越していないとなると、宿泊先も予約しなければならなくなります。 もし「内定者研修」が 企業側からの強制参加とされる場合は、「労働」とみなされますので、法的には給与を出さなければいけないのだそうです(あくまで法的には、です)。 中には交通費だけは支払う、なんて企業もあるようです。 また、4月の入社以降に初任給に内定者研修分を上乗せして支払う、なんてところもあります。 企業によってまちまちとなるので、確認が必要です。 すべての企業が対応してくれるか?というと、一概には言えず、中にはすべて自腹というところもあるかもしれません。 もし地方からはるばる上京しなければならないなど、交通費や滞在費が膨大にかかってしまう場合は、人事の担当者に電話して相談してみましょう。 「ちょっと困っている」という状況を説明するだけなら、怒られることはないかと思います(無理をしなくてもいいよ、と譲歩してもらえる可能性も)。 相談したが何もしてもらえず、経済的負担が大き過ぎるのであれば、内定者研修を欠席する選択も止む得ないとも思います(あくまで自己責任となりますが)。 入社後の研修となれば、交通費はもちろん、給与も発生しますので心配はいりません。 ビジネスマンの一生はアスリートのように 「ビジネスマンの一生はまるでアスリートのようなもの」と書かれた本を読みました。 ルーキーがいきなり「先発」に抜擢されることもあります。 ときには「代打」となり、そして長いシーズン中にはスランプに陥ることもあるでしょう。 それでも一流になればなるほど、自分で心と体のスキルバランスをうまく調整することができて、結果、高いパフォーマンスを発揮することができるのだそうです。 まだスタートラインに立ったばかりの新入社員の皆さんへ、贈る言葉とさせていただきます。 (参考文献:入社1年目の教科書 岩瀬大輔 ダイヤモンド社).

次の

内定者研修とは?内容から服装まで一挙解説します

内定者研修 メール

内定者研修の目的とは? 研修の目的は、通常「一定の学習成果をあげる」スキル獲得がメインです。 内定者研修においてもスキル獲得は重要ですが、実務での応用を重視する入社後と異なり、「信頼関係の構築」にも十分配慮しなければなりません。 内定辞退防止 内定者研修を実施する一番のねらいは、 内定辞退の防止です。 早い段階で会社や業務について学ぶ場を設けることで 入社後の業務イメージを明確にし、自社で働く意識の強化に寄与します。 内定者が集まる研修は交流の場も兼ねており、同期となる学生に一緒に参加してもらうことで仲間意識を形成しやすくなります。 内定者の不安軽減 就職白書2019によると、2019年12月時点で2社以上内定を得ている学生は60. 1%と、 最初の内定取得後も就職活動を続ける割合が多いことがわかります。 つまり企業にとっては、内定を出した後、他社よりも魅力を訴求し内定者の志望度を維持・向上させられるかが勝負どころです。 内定取得後に就職活動を続けた理由は「より志望度の高い企業の選考を受けるため」、次いで「内定取得先の企業でいいのか不安に感じたため」となっています。 内定者研修を通じて企業理解を深めつつ内定者の不安に寄り添うことで、良い印象を持ってもらえる可能性が高まります。 社会人スキルの育成 入社後スムーズに業務に取り組んでもらうためのスキル育成も重要です。 社会人として求められるビジネスマナーやコミュニケーション上の礼儀、どの業務でも最低限必要なパソコンスキルなどを身につけてもらうことで内定者の不安を解消しつつ、現場での育成を担う社員が受け入れやすい素地を形成します。 「面白い」内定者研修プログラムとは? 一方的な講義形式で終わらせず、内定者が参加できたり、研修を通じて互いのコミュニケーションが深まったりする内容だと、印象に残りやすくフォローとしてより高い効果を発揮します。 内定者にとって「面白い」研修にするには単に勢いで盛り上げるのではなく、 興味を持って取り組める内容になっているか、という視点が大切です。 ビジネスゲーム ビジネスゲームとは、数人のグループを「会社」に見立て、ルールに従って生産や販売、投資といった意思決定をこなして勝利を目指すプログラムです。 チーム対抗で得点や「業績」を競うため、ゲームとしての楽しさを感じながら、ビジネスの視点や意思決定のコミュニケーションを学ぶことができます。 さまざまな立場、職種向けのゲームがあるため、自社の状況に適したゲームを選んで活用することで手間をかけずに研修を実施でき、時間も比較的柔軟に設定できるのが長所です。 内定者研修を含め、幅広い教育シーンでぜひご活用ください。 ビジネスゲームと似ていますが、テーマはビジネスゲームより幅広く、競争ではなくディスカッションや進行の協力が重視されます。 選考で実施されることの多いグループディスカッションもグループワークのひとつです。 内定者研修では合否を出す必要がない分、振り返りによる内定者へのフィードバックに力を入れましょう。 内定者合宿 内定者研修を、宿泊を伴う「合宿」として実施するパターンもあります。 まとまった時間を確保でき、日常生活を離れた環境になるため内定者の一体感を形成しやすいというメリットがあります。 研修後の懇親会開催もスムーズに行えます。 ただし、会議室や研修室などを活用する内定者研修より、コストが大幅にかかるのも事実です。 実施する場合は採用コストとして適切か、慎重に検討しましょう。 内定者研修設計の流れとポイント 研修内容をおさらいしたら、ここからは設計の流れを確認しましょう。 研修設計の流れ 新入社員に求めるスキルを明確化する 入社後の育成計画に基づき、部署や職種別に備えるべきスキルを整理しましょう。 キャリアステップから逆算して最初の1年で必要なスキルを検討し、そのためには入社時にどのようなスキルや姿勢を身につけていてほしいか洗い出します。 内定者研修で身に付けるスキルを絞り込む 内定者研修では入社後と異なり都合がつかず、参加できない学生がいる可能性があります。 また、OJT教育のような実務と密接に結びついた指導をすることは難しいため、課題や目標をいくつも盛り込むことは避けましょう。 業務に取り組むうえで優先度が高く、現場の社員が受け入れる時点で習得しておいてほしいスキルを優先するのがおすすめです。 研修の対象者、目的、期間、方法を決める 内定者研修での目標を描けたら、実施に移せるよう具体的な項目を決定します。 対象者は、内定者全員の一斉研修にするのか、部署や学歴別に異なるプログラムを設定するのかなど、範囲を明確にしましょう。 対象を決定することで適切な目的を定めることができます。 内定者研修の目的に合わせ、適切な期間と方法を検討します。 例えば「企画職に必要な、チームの会話を通じてアイデアを広げ、建設的な結論を出す力をつける」ことを目的とした場合、計3回の研修で自己紹介~グループワーク、発表と振り返りなど、必要なプログラムを設計しましょう。 スケジュールを決めるにあたっては、参加する社員の都合も重要ですが、内定者の出席率が下がらないよう卒業論文の執筆時期などに注意することが大切です。 関係者に周知・実施準備 研修内容が決定したら、内定者や参加する社員に早めに知らせましょう。 特に司会進行や内定者のフォローを任せる社員には目的を含めて詳細な内容を共有し、当日のスムーズな実施につなげましょう。 内定者研修設計で注意すべきポイント それでは内定者研修で失敗やトラブルを発生させないために、注意したい3つのポイントを紹介します。 内定者と企業双方のニーズを把握する 内定者研修では、 内定者と企業側のニーズをバランス良く取り入れることが大切です。 内定者は「交流を深めたい」「社風や仕事内容を知りたい」というニーズが大きい一方、企業は「ビジネスマナーを身につけてほしい」「できれば即戦力として活躍してほしい」など、学生らしさを脱却し新入社員として恥ずかしくない人材になってほしいという傾向が強くなります。 内定者のニーズに寄りすぎると懇親会のような要素が増えてしまい、企業のニーズに寄りすぎると入社前にもかかわらず業務の一部のような研修になってしまう可能性も。 志望度を高めてもらうためにも、学びの提供とニーズに応える落とし所を探りましょう。 賃金支給の対象になるか確認する 内定者研修への参加を義務とする場合、内定者にも賃金が発生します。 また、形式上「任意」としていても、研修内容が配属や業務に直結し不参加によって不利益が生じる場合は、参加が義務であると見なされ、賃金を支払う必要があります。 不参加でも特に不都合のない懇親会や交流会のような内容であれば、賃金を支払う必要はありません。 過度な即戦力化、参加強制はNG 内定者研修はあくまで入社前に実施するものです。 即戦力化を目指すあまり過度な負担のかかる課題を設定したり、欠席を申し出た内定者に研修参加を強制したりしてはいけません。 新入社員と違い内定者には労働の義務がないため、研修参加には本人の同意が必要です。 まとめ 内定者に入社してもらう可能性を高めるには、内定後~入社までのフォローがカギとなります。 不安を解消し企業理解につながる効果的な研修を実施できれば、多くの内定者に魅力を感じてもらえるでしょう。

次の

学生が求める内定フォローランキング&NG内定フォロー事例│キャリブロ!

内定者研修 メール

この記事の目次• 内定者研修ってどんなもの? 内定した企業がどんな企業かと気になる一方で、内定者研修には参加しなければならないのか、どんなことをするのかなど不安になりますよね。 そんな内定者研修の疑問点についてご説明します。 内定者研修の目的・内容は? 内定者研修は、初めて社会人となる内定者の方々が、 入社後に少しでもスムーズに就業することが主な目的です。 これから社会人として働いていく上で基本となる礼儀作法や、内定した企業の理念などを理解する機会となります。 ・社会人としての意識を持つ ・企業の理念や業務への理解を深める ・ビジネスマナーを身に付ける ・企業と内定者のコミュニケーションを図る ・同期の方たちと親睦を深める ・内定者の不安を少しでも解消する 上記の内容以外にも企業によっては、さまざまなカリキュラムが用意されています。 内定者研修の実例は次章でもご説明しますので参考にしてください。 内定者研修の時期は? 内定者研修は、内定式がある10月以降、すぐに始まる企業や入社前の2~3月に実施する企業などさまざまです。 1日だけ懇親会が催されたり、研修が 複数回行われたり、 1週間など長い期間の場合もあります。 入社前ではなく入社後に研修を始める企業もあります。 内定後に連絡がこないなど予定を知りたい場合には確認することは失礼ではありませんので問い合わせをしてみましょう。 賃金は発生するのか 強制参加の研修であれば賃金が発生する決まりになっています。 しかし、研修の案内に強制かどうかを明記している企業はほとんどないといえます。 内定とは 「始期付・解約権留保付労働契約」を結んだことになり、法的には入社前に研修を強制することはできません。 参考: 企業側は ぜひ参加してほしいという意図がありますが、賃金を支払うかどうかはその企業によって違います。 賃金が支払われる場合には、4月分の給与に研修分を上乗せする場合があります。 また、交通費や昼食代は別途支給されるのが一般的です。 内定者研修は欠席できるのか 本来、 内定者研修は強制ではありませんので欠席することができます。 企業側は研修に欠席した内定者がいても、 評価を下げることや内定取り消しをすることはできません。 実際は、内定が決まって研修に参加しないとなると、やる気があるのかと疑われて印象を悪くしてしまうこともあるので身内の不幸など特別の事情がない限り、ほぼ出席しているのが現状です。 研修に参加するメリットとして、 勤める企業の情報や雰囲気を知ることができますし、 自身にとって今後に活かせる内容もありますので参加することをおすすめします。 内定者研修が決まったら 内定通知とともに内定者研修の案内が届くことがあります。 内定後、すぐにではなくても入社までの間に研修が行われると想定しておきましょう。 内定者研修が決まった後の研修案内への返信や準備などご紹介します。 案内メールへ返信しよう 研修案内のメールが届いたらできるだけ早く、遅くても 24時間以内に返信をしましょう。 また、 案内メールに返信(Re:)して件名を変えないことがポイントです。 担当者は複数の相手に送信している場合があり、メールの判断が容易になるからです。 企業の人事担当者はこの時期いろいろな業務に追われて忙しい可能性がありますのでなるべく負担をかけないようにしましょう。 <例文1 参加の場合> 〇〇会社 人事担当 〇〇様 お世話になっております。 〇〇大学4年の〇〇〇〇と申します。 ぜひとも参加させていただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。 以上、よろしくお願いいたします。 〇〇大学 〇〇〇〇 <例文2 参加できないことがわかっている場合> たいへん申し訳ございませんが〇月〇日は、〇〇と日程が重なり、参加することができません。 誠に残念ですが今回の〇〇研修は欠席とさせていただきます。 <例文3 参加するために努力することを伝える> この度は〇〇研修を行っていただけるとのことですが〇月〇日は〇〇の予定がありますので、たいへん申し訳ございませんが欠席とさせていただきたく、よろしくお願いいたします。 もし、〇〇の変更が可能でしたら、またすぐに参加させていただく旨ご連絡いたします。 研修参加の返信を送った後、 急きょ欠席しなければならなくなった場合、 早めに電話連絡をいれ、メールでも連絡をします。 電話が通じた場合でも お詫びのメールを送ることが礼儀です。 気になる内定者研修での服装 特に服装の指定がない場合には、リクルートスーツででかけましょう。 複数日ある場合には、中のシャツなどを変えて出席しましょう。 ヘアスタイルやヘアカラー、バッグや靴なども無難にまとめることをおすすめします。 服装は印象を大きく左右します。 特に規定がなくても 悪い印象になるのはもったいないことです。 軽装と指定された場合は、派手な色やデザイン、デニム、サンダル、素足などをさけてカジュアルでも ジャケットがある方がおすすめです。 研修内容を記録しておくこと 研修後に研修報告書やレポートの提出を求められることがあります。 入社後、多くの報告書を作成することになりますが、これが報告書作成の第1歩になります。 読み手にわかりやすく整理し、あなたの 意見をうまくまとめた文章を書くために研修中から 研修内容や所感などのメモをとっておくことをおすすめします。 報告書の「所感」とは、よかった、難しかった、ためになったなどの 単なる感想だけではなく、気づきや改善点、疑問点などを具体的に付け加えて簡潔な文章をめざします。 このような習慣が身についていると今後も業務上、大いに役立ちます。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 内定者研修のプログラム例 近年は少子化や売り手市場の傾向であり、 内定辞退や入社後の離職者をなるべく出さないために内定者研修の内容についてさまざまな取り組みが行われています。 「 入社前の過度の期待感」と 「入社後の仕事の厳しさに直面する 」 ギャップをなくすために実質的な業務にふれるプログラムが注目されています。 ビジネスマナー 社会人としての 心構え・身だしなみ・ふるまい・企業に所属する意識・コンプライアンスなどビジネスパーソンとしての基本と 挨拶・言葉遣い・電話の受け方・来客応対・名刺交換などの実践的な内容を学びます。 ビジネス文書作成 報告書・議事録・申請書などの 社内文書、案内状・お礼状などの 社外文書、メール、FAXなどさまざまなビジネス文書の特徴を理解し、 敬語・敬称・時候の挨拶・慣用表現など基本的な文書の書き方を習得します。 パソコンスキル ビジネスにかかせないWindowsやメール・エクセル・ワード・パワーポイントなどの パソコンスキルとビジネスソフトの基礎を学ぶ研修です。 eラーニングなどオンラインプログラムでの研修が多く利用されています。 また、業務に関わる ビジネス英語や中国語などの語学力を入社前から身に付けてほしいと専門のセミナーやオンラインセミナーの研修プログラムが利用されています。 効果的な自己アピールのための自己紹介を練習します。 他己紹介は初対面の 相手の特長を短時間で把握し、他のみなさんへ 伝える表現力を鍛えます。 また、アイスブレイクとしてコミュニケーションを深めたり、お互いを理解する効果もあります。 グループワーク 5~6名程度の人数でグループをつくり、皆でひとつの課題に取り組みます。 力を合わせてものを作ったり、調べた内容をまとめて発表したりします。 チームで作業して効率よく仕上げるためには 自分の役割を理解し、動くことが重要です。 このチームプレー研修での内容によって個人の特性を観察し、配属先が考査される場合もあります。 ゲーム式 研修で使われるゲーム形式のメニューにはたくさんの種類があります。 知識を得るタイプの研修は個人でもできますが、人との関わりを学ぶ研修はこのような機会で行うことが効果的ですので研修では多く活用されています。 コミュニケーションやチームワーク、交渉力、など現実の業務に必要とされる経験をゲーム感覚で楽しく学べます。 運動系 こちらは内定者にとってあまり評判がよくありませんが、 身体と心を鍛えるという意味で山登りやトレーニングなど体育会系なみのカリキュラムが組まれた研修をする企業もあります。 1週間~2週間の合宿生活で長時間拘束に耐え切れず途中でリタイヤする内定者もあらわれます。 度を越した厳しい研修内容で問題となった企業もあり、注意が必要です。 この記事のハッシュタグ• 内定後のおすすめ情報 内定が決まってもし時間がとれるようでしたら、 自分磨きを行うのも社会人として必要な能力といえるでしょう。 趣味に没頭したり、思い切って旅行に出かけたり、セミナーやスクールでスキルアップしたり貴重な時間を有意義に過ごしましょう。 入社前に準備しておくこと 社会人になるとやりたいと思っても忙しくてできなくなることがたくさんあります。 入社前に心も身体もばっちり準備しておきましょう。 自分磨きをしよう 社会人になると生活のペースが変わってしまいますので残りの学生生活を思う存分楽しみましょう。 趣味にはまったり、いろいろなイベントに参加したりアウトドアや旅行に出かけるなどゆったりとした時間を楽しみましょう。 遊びやイベントで いろいろな経験をしたり人脈を広げたりすることも自分にとってプラスにはたらきますのでおすすめです。 ITのスキルアップ 内定前研修のメニューに組み込まれることの多いPCスキルに加えて 少し進んだITスキルを身に付けておくと自分のスキルとしてたいへん役立ちます。 MOS(Microsoft Specialist)やITパスポートの資格を取得したりすることや、もう1歩すすんで プログラミングの勉強をすることも自分の強みとなります。 プログラミングを短期間で習得できるスクールもありますので入社前にマスターすることも可能です。 おすすめのプログラミングスクール テックキャンプ プログラミング教養 最短1か月で未経験者から実践的な技術を身に付けることができる「 短期集中カリキュラム」と個別学習で効率的に習得できます。 無料体験や疑問点解消のためのサポートも充実し、安心して学ぶことができます。 Code Camp オンラインの マンツーマンプログラミングスクールです。 こちらも最短1か月でプログラミングを習得することができます。 ワークショップなども用意されており、気軽に参加することができます。 出典: ELITES CAMP 土日に日本各地でプログラミングキャンプが開催されています。 開催日はまる 1日集中して取り組みますが、 平日もサポート体制が整っているので安心です。 出典: ビジネススキルをあげる 各地でさまざまなビジネスセミナーが開催されています。 興味のある分野があればどんどん参加してみましょう。 視野を広げたりビジネスに関する知識を増やしたりすることも今後の自分に大いに役立ちます。 新聞やビジネス書を読むこともおすすめします。 こんな企業には気を付けよう 内定時に提示される「 雇用契約書」や「 労働条件通知書」の内容をよく確認しましょう。 「雇用契約書」には職種・勤務地・雇用期間・雇用形態・給与・通勤手当・残業手当など・休日・勤務時間・福利厚生・給与の締め日や支払日などが記載されています。 事前に提示された雇用条件との相違や疑問点があれば遠慮なく確認してください。 また、内定時に「雇用契約書」などが届かない場合にも企業へ確認することが必要です。 前述したように内定者研修について、参加を強制して賃金を払わない企業は違反になります。 実際にはこのような企業は 入社後もいろいろな問題が起こる可能性が高いので入社を検討するべきでしょう。 その他に確認する方法としては、インターネットなどの書き込みやその企業の求人状況を見てみましょう。 いつも求人が出ている、全体数に対して求人の人数が多いなどの場合は 離職率が大変高いことが予想されます。 内定者研修の内容にも注目し、長時間の拘束や業務からかけ離れた苦行を強いる、研修費用を内定者が負担するなどの場合も注意が必要です。 まとめ 内定者研修についていろいろな情報をまとめてみました。 ポイントとしては、内定者研修は強制ではないので不参加でもペナルティや内定取り消しはできないということです。 しかし企業側も費用をかけて研修を実施し、あなたに期待をしています。 誠意ある行動をとり、自分自身の目で内定先企業を観察することも重要です。 新しい1歩を踏み出す就職先で有意義なキャリアを積んで充実した人生への第1歩となるように頑張ってください。

次の