ルナベリー 飲み方。 安心な自然由来成分のPMSサプリメント「めぐルナ」感想口コミ

人気のルナベリー(旧ルナリズム)をレビュー!実際に試したリアルな口コミ

ルナベリー 飲み方

「ルナベリー」は安全性の高い原料だけを厳選して使用し、さらにGMP認定の国内工場で生産しているので品質管理と安全性の高さは折り紙付き。 さらに製品は様々な厳しいチェックを受けた上で出荷されている点もうれしいですね。 また薬ではなく栄養食品なので、飲んだ後に副作用や眠気などのトラブルが起こるおそれもありません。 実際に「ルナベリー」を飲んでいる方の口コミとして、• 生理前でも自分をコントロールできるようになった• むくみや頭痛が起こらなくなった• 穏やかな気持ちで生理前を過ごせるようになった など、心身に現れるPMSの症状の軽減や改善を実感している声が多数上がっています。 まずお試ししてみたいなと思った方は、1袋(一ヶ月分30粒入り)通常価格4400円(税込)のところを初回限定で実質無料・送料500円のみで購入できる「トクトクコース」(定期購入)をお申し込みください。 120日間の返金保証がついていますし、変化を実感できたら2回目以降も10%オフの3960円(税込)送料無料で続けられます。 毎回の生理前の心身の不調に振り回されたくない!という女性はぜひ「ルナベリー」をお試しください。 飲むだけで、毎月の辛い悩みから解放されます! 女性は毎月、月経が必ずくる物ですよね。 生理がくる一週間前ぐらいから• ちょっとの事でイライラする• 気分が沈みやすくなる• 精神的に不安定になる そんなお悩みをお持ちの方は多いと思います。 この様な症状は「月経前症候群」と呼ばれていて、生理がくる1週間〜10日前に起こりやすくなります。 実はこの月経前症候群で悩んでいる女性はすごく多いのです。 その確率はなんと8割。 ほとんどの女性がこのような症状を経験した事がある。 といっても過言ではないでしょう。 特に、月経前症候群になると、人に八つ当たりをしてしまう。 というケースは非常に多く、本心では八つ当たりなんてしたくないのに・・と自己嫌悪に陥ってしまうものですよね。 でも、この症状はあなたが悪いわけでなく、ホルモンバランスの乱れが起こすものなのです。 ですので、月経前症候群を何とかしたい!というのであれば、ルナベリーのようなサプリメントを試してみると良いでしょう。 ルナベリーは、同じ悩みを持つ研究員が開発した、月経前症候群専用のサプリメントで、9種のハーブと女性にやさしい栄養素を1粒にぎゅっと閉じ込めました。 チェストベリーと月見草オイルが、月経前症候群にアプローチ! 主な主成分は、月経前症候群の緩和に良いとされる「チェストベリー」です。 チェストベリーは、地中海沿岸部に自生するチェストツリーの果実から抽出されたエキスで、古来より、月経前症候群の治療に使用されてきた、大変信頼でき、かつ安全に使用できるハーブです。 そして、このチェストベリーをサポートするのが• 月見草• ブラックコシュ• ワイルドヤム• レッドクローバー• イチョウ葉• 亜麻仁油• ピクノジェノール• パッションフラワー といった植物たちです。 特に、上の方に記載した植物たちは、美容と健康に役立つ植物として、様々な商品に加工されていますので、女性なら知っている方が多いのではないでしょうか。 また、生理前はニキビなどの肌トラブルも多いもの。 ルナベリーは、その点も考え、肌トラブルを防ぐ効果が高い、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、イソフラボンを配合。 まさに、月経前症候群だけでなく、女性の美と健康、総合的に見てうれしいサプリメントとなっています。 もちろん、安全性の高いサプリですので、毎月飲んでも安心! 薬との併用も可能です。 今ならこのルナベリーが、初回限定の特別価格でご用意! ほとんどの男性が知らない。 という月経前症候群。 これは女性だけの深刻な問題ですよね。 月経前症候群に一人で悩んでいるあなた!是非この機会にお試しください。 ルナベリーでPMS対策を行おう 生理での不調にも個人差があり、それほど影響がないという人もあれば、気分がイライラする、落ち込みがあるなどの精神的な不調を感じている場合もあれば、腹痛や頭痛などの体の調子の悪さで悩む場合もあります。 月経前症候群PMSの悩みを抱える人は多いですが、生理は毎月ありますので、快適に過ごすためにも何らかの対策は行っておきたいところです。 疲労をためない、栄養をしっかりとる、ストレスをうまく発散するなどの努力も行っておきたいですが、サプリメントにも良いものがありますので、活用してみましょう。 女性に人気のサプリメントにもいろいろな種類がありますが、PMS対策で選ぶのであればルナベリーもおすすめです。 このほかでは月見草やパッションフラワー、レッドクローバーなど9種類もの天然ハーブが採用されてました。 薬ではなく、サプリメントですので、副作用の心配もありませんし、GMP認定の国内工場で作られていますので安心して選ぶことができます。 購入は通販が便利ですが、トクトクコースを選んでおくと初回限定、送料だけですので、実質無料で試すことができます。 実際に試してみるまでは体質に合うかどうかを知ることができませんが、120日間の全額返金保証も用意されていますので、もしも体質に合わなかった場合にも安心です。 体質に合う、体調の改善に役立つという場合は長く続けていきたいですが、2回目以降もいつでも割り引き価格、送料無料でお得な価格で購入することができますし、5回目以降はいつでも休止、再開ができますので、これなら気軽に注文できるのではないでしょうか。 ルナベリー 口コミ・評判.

次の

ルナベリー|悪い口コミと良い口コミからわかる本音

ルナベリー 飲み方

・プレフェミン 40mg• ・ルナベリー 40mg プロゲステロンの分泌を正常に整える作用のあるチェストベリー。 ヨーロッパでは昔から婦人科疾患の治療に使われてきたハーブで、 婦人科疾患の治療に使用されているチェストツリーの実です。 配合されている量は同じですが、製品の違いとしてはっきりしているのは、ルナベリーはサプリメントなので食品。 プレフェミンは薬です。 チェストベリーの量は同じですがこの2つの製品はカテゴリーが違います。 そのため購入方法にも違いがあり、 ルナベリーはネットで簡単に購入できますがプレフェミンは薬局で薬剤師の問診に答えてからPMSと判断されなければ購入出来ません。 ルナベリーとプレフェミン結局どっち? ルナベリーとプレフェミンのどちらがPMS症状改善に効果的なのかは個人差があるので一概にこれ! というのは言えません。 どちらが良いか自分で最低でも1ヵ月は試してみて効果が実感できる方を選択するしかありません。 ルナベリーとプレフェミンは色々似ている部分もありますが購入方法の違いが一番大きいです。 その他の違いをまとめました。 ルナベリー プレフェミン チェストベリー 配合量 40mg 40mg PMS有効成分 16種類 なし 購入方法 ネット通販 店頭のみ 薬剤師と面談 ルナベリーはネットで簡単に購入できますし、イライラや情緒不安定に効果的な月見草オイル・アマニオイル・ビタミンB1・ビタミンB2やカルシウム、疲労を回復させるマグネシウム、美肌効果のあるイソフラボンなど多くのPMS有効成分が含まれているため欲張りな人に合っています。 そりゃあ欲張りたいですよ!という人はルナベリーの公式サイトを見てみて、成分やお値段に納得したら飲んでみるといいかも。 ルナベリーが向いている人• ・今すぐに欲しい!• ・面倒なことは嫌い!• ・PMS症状改善も美容も健康も全部欲しい• ・ 薬やピルは副作用が怖い• という人はルナベリーがオススメです。 お値段は1800円。 初めに購入する段階で 薬剤師の問診がありPMSと診断されないと購入できません。 実はPMSプレスのスタッフが実際に薬局でプレフェミンを購入してきたのですが、混雑するレジの横で男性の薬剤師から問診を受けるのはちょっと恥ずかしかったとぼやいていました。 でも、薬剤師と相談しながら購入できるのは安心ですし、専門家とお話することでPMS以外の婦人科疾患があった場合も早期発見できることもあります。 ・ルナベリーは続けても大丈夫• ・プレフェミンは3カ月を目処に ルナベリーは食品のためPMSの症状が軽減されて他に副作用など気になることがなければ続けても問題ありません。 プレフェミンは初めの1カ月で効果を感じられなかった場合はPMS以外の婦人科疾患の疑いもあるため医師、薬剤師に相談してください。 また効果が出ている場合も3カ月以上続けて内服する場合は医師に相談してください。 PMS市販薬のプレフェミンとPMSサプリメントのルナベリーを比較してきましたが、あなたはどちらを飲みたくなりましたか? 「副作用もなく手軽なルナベリーでしょ!」というあなたはルナベリー公式サイトでルナベリーの詳細を見てみるといいかも。 ドラッグストアなどでは薬剤師が不在の時には購入できないので気を付けましょう。

次の

生理痛を和らげるサプリ。ルナベリーの特徴とその効果は

ルナベリー 飲み方

もくじ 生理前のイライラや、だるさなどの辛い症状(PMS:月経前症候群)の緩和に役立つルナベリー(旧ルナリズム)。 チェストベリーという西洋ハーブを中心に、9種類のハーブとビタミン、ミネラル、イソフラボンが配合されたサプリメントです。 服用する際には、どんなことに注意したらいいでしょうか? 副作用がなさそうなイメージのサプリメントや漢方薬でも、副作用は気になる? サプリメントとは、普段の食事に不足しがちな栄養素を補うために飲むもの。 ですから、含まれている成分に対する食物アレルギーがなければ、 サプリメントは副作用がなく、安全性が高いイメージです。 長期間服用する漢方薬や、薬局で手軽に買える市販薬も副作用は少ないイメージですね。 生理痛を和らげる効果のある鎮痛薬には、胃痛の副作用があることが知られています。 でも、胃を守る成分を配合して、テレビCMでは「胃にやさしい」と謳っている鎮痛薬もあります。 ひどい生理痛やPMSを何とかするために、漢方薬や市販薬、サプリメントを購入している方もいるでしょう。 その際、 副作用についてはどの程度気にして購入されているのでしょうか?独自調査で、 女性30人にアンケートをとってみました。 やはり、生理痛やPMSという女性特有の症状に対して服用するので、身体への影響も心配するようです。 薬を新たに購入する際は、薬剤師さんに相談してから、という人もいました。 気になる副作用も色々ありますね。 今回のアンケートでは、 眠気の副作用を気にする人が一番多かったです。 日中眠くなると、家事や車の運転に支障が出そうだ、という意見もありました。 また、持病があって他の薬を飲んでいるため、市販薬を購入する際には飲み合わせについて医師か薬剤師に必ず確認する、という方も2人いました。 複数の薬を飲むとなると、副作用についてもっと敏感になりますよね。 とはいえ、 16. 10人の内、1~2人が副作用を発症していることになりますね。 ドラッグストアなどで販売している商品も、決して安全性が高いわけではないのかもしれません。 どんな副作用がありましたか? ・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):頭や顔が熱くなり、ほてりのような症状になった ・バファリン:ふらふらした、めまいが一日中続いた ・イブA:イブプロフェンが入っている薬を飲むと、2~3日後に頭痛が出る ・ロキソニン:胃がむかむかと気持ち悪くなる ・ダイエットサプリメント:下痢がひどく、服用を中止 やはり鎮痛薬を飲むのは食後にするなど、胃に負担をかけないようにした方がよさそうですね。 私は生理痛ではなく、普段の頭痛の時にも鎮痛薬を飲むので、副作用で頭痛になると困ってしまいます。 漢方薬でも副作用があった、という口コミは予想外でした。 ただ、桂枝茯苓丸は比較的体力がある人向けの漢方薬なので、もしかしたら作用が強く出て顔がほてったように感じたのかもしれないですね。 市販薬とはいえ、やはり体に作用をもたらすので、何らかの影響があることは理解した上で服用した方がよさそうです。 薬は肝臓で分解されるので、数種類の薬を飲んでいる人は肝臓に負担がかかりやすいです。 アンケート回答にもあったように、他にも薬を飲んでいる人は、薬の飲み合わせの相性もあるため、薬剤師さんか病院の先生に確認しましょう。 ルナベリー(旧ルナリズム)には栄養機能食品であるビタミンB群が配合 さて、冒頭でご紹介したルナベリー(旧ルナリズム)には副作用があるのでしょうか?ルナベリーは、「栄養機能食品」のビタミンB群が配合されています。 そして更に、9種類の厳選されたハーブとミネラル、イソフラボンが配合されています。 ハーブはホルモンバランスを整えるなどの作用がある天然成分で、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする栄養成分です。 ですから、 ルナベリーは食品と同じ扱いになります。 ただ、イソフラボンは大豆に含まれる成分ですので、 大豆アレルギーがある方は服用を控えましょう。 また、ホルモンバランスを整えるハーブが配合されているので、避妊や生理痛改善のために ピルを服用している方、子宮内膜症といった婦人科系の病気の治療のために ホルモン剤を服用している方も服用を控えてくださいね。 妊娠中や授乳中の方も控えた方がいいです。 妊娠・授乳中やアレルギーのある方は服用できない命の母ホワイトとピル PMSや生理痛を和らげるお薬といえば、テレビCMでも見かける「命の母ホワイト」や、婦人科で処方してもらえるピルが挙げられます。 でも ピルは排卵を抑えるため避妊効果があるくらいですから、妊娠、出産を考えている女性は躊躇してしまいますよね。 病院を受診するのも勇気が要ります。 命の母ホワイトやピルは、妊娠・授乳中の方や薬アレルギーのある方は服用できません。 また、命の母ホワイトの製品概要によると、お腹がゆるく下痢をしやすい方や、体力が衰えている方は服用前に医師や薬剤師に相談すること、と記載されています。 強い下剤のような作用を持つ大黄(ダイオウ)という生薬が配合されているので、胃腸の弱い方は副作用が出やすいのでしょうね。 ピルは吐き気や太りやすくなる副作用があるイメージですが、低用量ピルができてからは副作用が少なくなったようですよ。 ただ、 ピルは血栓症のリスクが高まるため、定期的に血液検査をして血栓症の兆候がないか確認しないといけません。 ピルを処方してもらう際にも、問診だけでなく、血液検査をする病院もあります。 すると、やはりあくまで食品であるルナベリーは副作用が少なく、安全性が高いと言えそうです。 服用方法も、 ルナベリーは1日1回1粒でOK。 命の母ホワイトは1日3回4錠ずつ服用するので、比べてみるとルナベリーは楽です。 1日12錠飲むって大変ですし、1日3回も飲まなければいけないのも何かと忘れがち。 1日2回、計8錠しか飲めないと、生理痛を改善する効果も期待できないような気もしてきます。 ピルはルナベリーと同じ1日1回1錠を服用します。 でも、毎日決まった時間に飲まなければいけないとか、1日飲み忘れたら次の日に2錠飲むとか、いろいろ制約があります。 また、数日飲み忘れると生理がきてしまうので、 ピルは毎日飲み続けなければいけない、というプレッシャーを感じるお薬だと思います。 PMSや生理痛を和らげるために薬やサプリメントを利用したいと思ったら、市販の漢方薬や鎮痛薬、病院で処方されるピルよりも、 1日1回1粒服用するサプリメント「ルナベリー」から始めてみませんか? 7.まとめ• 市販薬を購入する際に、気になる副作用は眠気・吐き気・胃痛など• 漢方薬や市販薬、サプリメントの副作用を経験したことがあるのは16. ルナベリー(旧ルナリズム)は健康食品であり、食物アレルギーやホルモン剤の服用がなければ安心して服用できる• 1日12錠服用する命の母ホワイトより、1日1回1粒でOKのルナベリー(旧ルナリズム)は服用方法が簡単 実際にルナベリーを購入し、4ヶ月飲み続けました。 生理前の辛いPMSの症状(頭痛や気分の落ち込み)にゆっくり効果を感じることができ、4か月後にはPMSに振り回されない生活が送れるまでになりました。 私が感じた効果を服用1ヶ月ごとにレビューしていますので、こちらもご覧ください。 関連記事: 関連記事:.

次の