回線速度 計測。 NURO光速すぎ!口コミや計測結果から見るNURO光の実際の速度とは

2020年インターネット光回線の速度測定ツール 厳選診断テスト9選

回線速度 計測

速度測定について• 現在ご利用されているインターネット回線 IPv6 の速度測定を行うことができます。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Supported」と表示された場合は、IPv6で接続されています。 速度測定をご希望の方は、「SPEED TEST」をクリック後、測定する内容を設定して速度測定を行ってください。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Not supported」と表示された場合は、IPv6接続されていないので速度測定 SPEED TEST をご利用いただけません。 現在So-netのインターネット接続サービスをご利用中の方で、速度測定画面のプロバイダー項目に以下の通り表示された場合は、IPoE方式にてインターネット接続をご利用中です。 速度測定を行う際は、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。 スマートフォンで測定を行う場合、機種によっては速度測定ができないことがあります。 測定設定について 測定方向• 下り:Webページ閲覧や動画視聴など、ファイルをダウンロードする際の速度を測定します• 上り:画像のアップロードなど、ファイルをアップロードする際の速度を測定します• 両方向:下りと上りの両方の速度測定をします 測定精度 速度測定の精度を選択します。 「高」を選択すると時間がかかりますが、測定の精度が高くなります。 測定クライアント 「JavaScript」と「Javaアプレット」の2つの測定クライアントを選択します。 「Javaアプレット」はより精度の高い測定ができますが、ブラウザの種類、Javaのインストール状況などにより選択できないことがあります。 測定クライアントの詳細は、「」をご覧ください。 測定クライアントについて JavaScriptでの測定• スマートフォンやタブレット等でもHTML5の機能のあるブラウザで測定が可能です。 JavaScriptでの測定は、最新のブラウザでのご利用をお勧めいたします。 Internet Explorer 9等リリースから年月の経過したブラウザではサポートされる機能の制限により利用できない場合があります。 測定にはWebSocketを使用しますので、通信にプロクシを利用している場合にプロクシがWebSocketに未対応の場合は測定でができないまたは不安定になる場合があります。 Javaアプレットでの測定• ブラウザの種類によりJavaアプレットが利用できないものがあります。 動作環境によりページ表示時にセキュリティ警告が表示される場合があります。 警告が表示された場合はをご覧ください。 2017年3月現在Javaアプレットの利用できるブラウザは、PC版のInternet ExplorerおよびSafariです。 上記のブラウザでは最新のJavaをインストールすることでJavaアプレットでの測定が利用できるようになります。 通信にプロクシを利用している場合はJavaアプレットでの測定はできません プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます。 測定の精度面ではJavaScriptでの測定に比べJavaアプレットをお勧めいたします。 測定が正しく行われない場合• ブラウザのキャッシュの不具合によりエラーとなる場合があります。 測定ページを一度閉じて、キャッシュをクリアーしてから、再度測定をお試しください。 JavaScriptでの測定時にブラウザのタブの切り替え等を行うと、ブラウザの休止機能により測定がエラー 測定ページが表示されない状態 となる場合があります。 測定エラーの詳細はをご覧ください。 用語について 速度 単位の「k」は1,000倍、「M」は1,000,000倍として使用しております。 測定品質 安定した状態で測定できたかどうかを表します。 回線の品質を表すわけではございませんのでご注意ください。 接続数 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、複数のセッション 論理回線 を使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 複数のセッションで計測することにより、単一のセッションで計測するよりも正確な速度を算出しやすく、実際のお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度を測定できます。 接続数は通信状況から最適な数に自動的に調整され、測定に使用したセッション数が測定結果に表示されます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。 Javaアプレットで測定時の注意事項 一部環境で最新版のJavaを導入した後、Javaが表示されない場合があります。 対策 Javaを全て削除 アンインストール し、最新版を再インストールしてください。 このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールせずに、バージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールされていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 測定エラーについて 初期化失敗、測定失敗 エラー番号310~410の場合は下1桁の値により以下のようなことが考えられます。 下1桁の詳細に関しましては下記をご参照ください。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題です。 URLのアドレスの解決に失敗やセキュリティーなどの問題により測定サーバーと通信を確立できないケースが考えられます。 エラー番号XX4、XX5、XX6、XX7 まれにXX2、XX9 通信上の障害です。 エラー番号に関しては障害が発生するタイミングにより変わってきます。 一番多いケースは通信の接続そのものが不安定なケースです。 ADSLなどではノイズの問題でこのようになるケースも多いですし、無線LANなどを使い電波の状況が悪いケースなどにこうした状況になります。 その他に以下のような理由で問題が発生した例があります。 ルーターのバグ1機種で確認されています 既に改修されているようです。 大きなサイズの通信を正しく管理できていないような不具合でした。 ブラウザのキャッシュの管理などの不具合キャッシュのクリアーで問題を解決できます。 ファイアーウォール等の設定による問題ファイアーウォール等のソフトが通信を遮断する場合にこのエラーとなる場合があります。 エラー番号XX2 サーバーとの初期通信に失敗しました。 サーバーが正常に稼働していない可能性があります。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題 エラー番号XX2 WebSocketのハンドシェイク中の問題 エラー番号XX4 データ送信時の問題エラー番号XX5データ受信時の問題 エラー番号XX6 不正データの受信 測定データの受信の未完了や不正な制御データ受信など エラー番号XX7 通信が意図せず切断した エラー番号XX9 その他の通信失敗• 申し訳ございません。 測定条件が設定できませんでした 通信が不安定な場合に測定のために必要なシステム内の条件設定に失敗することがあります。 特定のクライアントにおいてこの現象が繰り返される場合、ブラウザやセキュリティー対策関係のソフトなどのご利用との相性の可能性などが考えられます。 サーバーに接続できません システム環境の制限のため、測定サーバーに接続できない可能性があります。 測定時間切れです 測定システムで設定されている測定時間の制限の中で測定を終了できなかった場合に表示されます。 通信速度が不安定で適切な測定条件を設定できなかった場合や著しく低速な回線などデータの送信受信に大きな時間を要する場合などに発生する可能性があります。 クライアント情報期限切れ サーバー側に保存されたクライアントに関する情報の有効期限等に関する問題です。 ページをリロードしてください。 その他のエラーメッセージ 測定システムが正常に稼働している場合、通常は発生しません。 ページのリロードを試し解消されない場合はブラウザを一旦終了し、ブラウザのキャッシュをクリアーし、ページを再度読み込み直してください。

次の

NURO オリジナル通信速度測定システム

回線速度 計測

速度測定について• 現在ご利用されているインターネット回線 IPv6 の速度測定を行うことができます。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Supported」と表示された場合は、IPv6で接続されています。 速度測定をご希望の方は、「SPEED TEST」をクリック後、測定する内容を設定して速度測定を行ってください。 IPv6接続情報のIPv6項目に「Not supported」と表示された場合は、IPv6接続されていないので速度測定 SPEED TEST をご利用いただけません。 現在So-netのインターネット接続サービスをご利用中の方で、速度測定画面のプロバイダー項目に以下の通り表示された場合は、IPoE方式にてインターネット接続をご利用中です。 速度測定を行う際は、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。 スマートフォンで測定を行う場合、機種によっては速度測定ができないことがあります。 測定設定について 測定方向• 下り:Webページ閲覧や動画視聴など、ファイルをダウンロードする際の速度を測定します• 上り:画像のアップロードなど、ファイルをアップロードする際の速度を測定します• 両方向:下りと上りの両方の速度測定をします 測定精度 速度測定の精度を選択します。 「高」を選択すると時間がかかりますが、測定の精度が高くなります。 測定クライアント 「JavaScript」と「Javaアプレット」の2つの測定クライアントを選択します。 「Javaアプレット」はより精度の高い測定ができますが、ブラウザの種類、Javaのインストール状況などにより選択できないことがあります。 測定クライアントの詳細は、「」をご覧ください。 測定クライアントについて JavaScriptでの測定• スマートフォンやタブレット等でもHTML5の機能のあるブラウザで測定が可能です。 JavaScriptでの測定は、最新のブラウザでのご利用をお勧めいたします。 Internet Explorer 9等リリースから年月の経過したブラウザではサポートされる機能の制限により利用できない場合があります。 測定にはWebSocketを使用しますので、通信にプロクシを利用している場合にプロクシがWebSocketに未対応の場合は測定でができないまたは不安定になる場合があります。 Javaアプレットでの測定• ブラウザの種類によりJavaアプレットが利用できないものがあります。 動作環境によりページ表示時にセキュリティ警告が表示される場合があります。 警告が表示された場合はをご覧ください。 2017年3月現在Javaアプレットの利用できるブラウザは、PC版のInternet ExplorerおよびSafariです。 上記のブラウザでは最新のJavaをインストールすることでJavaアプレットでの測定が利用できるようになります。 通信にプロクシを利用している場合はJavaアプレットでの測定はできません プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます。 測定の精度面ではJavaScriptでの測定に比べJavaアプレットをお勧めいたします。 測定が正しく行われない場合• ブラウザのキャッシュの不具合によりエラーとなる場合があります。 測定ページを一度閉じて、キャッシュをクリアーしてから、再度測定をお試しください。 JavaScriptでの測定時にブラウザのタブの切り替え等を行うと、ブラウザの休止機能により測定がエラー 測定ページが表示されない状態 となる場合があります。 測定エラーの詳細はをご覧ください。 用語について 速度 単位の「k」は1,000倍、「M」は1,000,000倍として使用しております。 測定品質 安定した状態で測定できたかどうかを表します。 回線の品質を表すわけではございませんのでご注意ください。 接続数 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、複数のセッション 論理回線 を使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 複数のセッションで計測することにより、単一のセッションで計測するよりも正確な速度を算出しやすく、実際のお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度を測定できます。 接続数は通信状況から最適な数に自動的に調整され、測定に使用したセッション数が測定結果に表示されます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。 Javaアプレットで測定時の注意事項 一部環境で最新版のJavaを導入した後、Javaが表示されない場合があります。 対策 Javaを全て削除 アンインストール し、最新版を再インストールしてください。 このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールせずに、バージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールされていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 測定エラーについて 初期化失敗、測定失敗 エラー番号310~410の場合は下1桁の値により以下のようなことが考えられます。 下1桁の詳細に関しましては下記をご参照ください。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題です。 URLのアドレスの解決に失敗やセキュリティーなどの問題により測定サーバーと通信を確立できないケースが考えられます。 エラー番号XX4、XX5、XX6、XX7 まれにXX2、XX9 通信上の障害です。 エラー番号に関しては障害が発生するタイミングにより変わってきます。 一番多いケースは通信の接続そのものが不安定なケースです。 ADSLなどではノイズの問題でこのようになるケースも多いですし、無線LANなどを使い電波の状況が悪いケースなどにこうした状況になります。 その他に以下のような理由で問題が発生した例があります。 ルーターのバグ1機種で確認されています 既に改修されているようです。 大きなサイズの通信を正しく管理できていないような不具合でした。 ブラウザのキャッシュの管理などの不具合キャッシュのクリアーで問題を解決できます。 ファイアーウォール等の設定による問題ファイアーウォール等のソフトが通信を遮断する場合にこのエラーとなる場合があります。 エラー番号XX2 サーバーとの初期通信に失敗しました。 サーバーが正常に稼働していない可能性があります。 エラー番号XX1 通信接続確立時の問題 エラー番号XX2 WebSocketのハンドシェイク中の問題 エラー番号XX4 データ送信時の問題エラー番号XX5データ受信時の問題 エラー番号XX6 不正データの受信 測定データの受信の未完了や不正な制御データ受信など エラー番号XX7 通信が意図せず切断した エラー番号XX9 その他の通信失敗• 申し訳ございません。 測定条件が設定できませんでした 通信が不安定な場合に測定のために必要なシステム内の条件設定に失敗することがあります。 特定のクライアントにおいてこの現象が繰り返される場合、ブラウザやセキュリティー対策関係のソフトなどのご利用との相性の可能性などが考えられます。 サーバーに接続できません システム環境の制限のため、測定サーバーに接続できない可能性があります。 測定時間切れです 測定システムで設定されている測定時間の制限の中で測定を終了できなかった場合に表示されます。 通信速度が不安定で適切な測定条件を設定できなかった場合や著しく低速な回線などデータの送信受信に大きな時間を要する場合などに発生する可能性があります。 クライアント情報期限切れ サーバー側に保存されたクライアントに関する情報の有効期限等に関する問題です。 ページをリロードしてください。 その他のエラーメッセージ 測定システムが正常に稼働している場合、通常は発生しません。 ページのリロードを試し解消されない場合はブラウザを一旦終了し、ブラウザのキャッシュをクリアーし、ページを再度読み込み直してください。

次の

光回線のインターネット速度を測定できるスピードテスト5選【スマホOK】

回線速度 計測

NURO光の口コミや速度測定サイトの集計結果から見える実際のネット平均速度についてまとめた記事です。 NTTの設備を利用したフレッツ光や光コラボレーションサービス(ドコモ光やソフトバンク光)もインターネットの最大速度は1Gbpsと高速ですが、それ以上に 超高速のインターネット接続サービスを提供しているのがNURO光です。 NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズというソニーグループの会社が提供しているサービスで、 基本的なプランでも最大速度が2Gbpsと超高速のサービスを提供しています。 (それ以上の速度のプランもあります) この記事では、実際にNURO光を利用しているユーザー達の口コミや評判・または口コミ上の実際のネット速度や集計サイトで公開されている実際のネット速度などについて、詳しく説明していきたいと思います。 口コミや評判から見えるNURO光の実測平均値 光回線は利用する設備やプロバイダーによって「速度が全く出ない」と悪評が目立つサービスが多くあります。 例えば、ビッグローブ光などは一時期ものすごい数のユーザーから「速度が全く出ない」という口コミであふれていました。 (今は少し改善されてきているようです) 加えて、一部の企業以外 はどのサービスも理論値である最大速度しか記載していない為、インターネットを使った場合に出る実際のネット速度はユーザーの口コミや評判に頼る必要があります。 NURO光に関して実際に利用しているユーザーの口コミや評判を調べてみたところ、ほとんど否定的な意見は見られませんでした。 NURO光を実際に利用しているユーザーからの口コミ NURO光にしたら回線速度下りが800超えてて快適。 回線引くまでに死ぬほどストレス溜まるけど — ぽてまよ🌸 PoteMayo0302 -超高速インターネット NURO 光 1. 1Gbps. 1GB=1,100Mbps フレッツ光からドコモ光に変えてから回線速度が21時台の混む時は700Kbpsだったのが、 nuro光変えた途端21時台で 1100Mbpsとか感動です。 18Mbps 27. 93Mbps 26. 6Gbps=1,600Mbps 一般的にフレッツ光や光コラボレーションサービス等の最大1Gbpsのサービスは平均100Mbps~150Mbpsも出ていればマシなほうですが、 NURO光に関しては段違いのインターネット速度が出ている方が多いようです。 他にも様々な口コミや評判を100件近く見ましたが、特に 実測値が500Mbpsを越えているというユーザーが多いように感じました。 中にはあまり速度が出ておらず200Mbps前後という方もまれにいますし、最大1,000Mbpsを越えた速度が出ている方もいますが、 圧倒的に多かったのは700Mbps~800Mbpsぐらいの速度が出ているという口コミです。 そこから考えると、 NURO光の口コミから見る実際の平均値としては700Mbps~800Mbpsと考えて間違いないかなと思います。 フレッツ光や光コラボレーション等の最大1Gbpsのサービスで実測値が500Mbpsを超えることはまずありえない為、それらのサービスとはインターネット速度という点において全く比較にならないサービスと言っても過言ではありません。 速度測定サイトの集計結果から見るNURO光の実測平均値 光回線の速度測定が出来るサイトの中には、速度測定が出来ることに加えて、他の方達が実際に計測した回線ごとの測定結果を見ることができるサイトがあります。 それがというサイトです。 このサイトでは、下記のような形で光回線ごとに『どこの住所』で測ったのかという点と『実際の計測結果』を見ることが出来ます。 サイトイメージ そこでNURO光で実際に速度を計測したユーザーの実測値を新しい物から50件ほどピックアップして平均値を計算してみました。 計算した結果、 こちらのサイトで公開されているNURO光の実測値の平均も口コミで一番多かった実測値と同じく700Mbps前後という結果になりました。 口コミで見えてきた実際のネット速度に加えて、こちらの計測サイトで公開されている計測結果を考えたとしても、 NURO光は平均で700Mbps前後の速度は出ると考えて間違いないかなと思います。 NURO光と他の光回線の違い サービス名 利用している設備 速度 フレッツ光および光コラボレーションサービス (光コラボレーションサービスは、ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光・ソネット光など100種類近くあります) 屋外=NTTの設備を利用 屋内=NTTの設備を利用 最大1Gbps NURO光 屋外=NTTの設備を利用 屋内=NURO光独自の設備・機器を利用 最大2Gbps以上(MAXで10Gbps) NURO光はご自宅近くの電柱まではNTT東日本・西日本が設置しているダークファイバーと呼ばれる設備を利用しています。 この屋外の設備としてNTTの設備を利用しているという点は他の光回線と変わりませんが、NURO光が違うのは自宅内部で利用する設備や機器の部分です。 自宅内部で利用する設備や機器にNURO光独自ものを用いることで、最大2Gbps以上という速度を実現しています。 しかも現在はさらに高速化してきており、最大で10Gbpsというサービスまで提供を始めています。 NURO光では最大2Gbps以外に6Gbpsや10Gbpsというサービスも利用できる NURO光では基本的な速度プランとして最大2Gbpsのサービスを利用することが出来ますが、 希望をすれば最大6Gbpsと10Gbpsというとんでもない速度のサービスを利用することも出来ます。 この最大6Gbpsと10Gbpsという化け物クラスの速度のサービスは、関東は既に提供を開始していて、他の地域も2019年3月以降に利用可能になるようです。 ただ、月額料金を見ると最大2Gbpsよりも6Gbpsが500円高く・10Gbpsは1,000円ほど高くなる為、基本的には最大2Gbpsの速度で十分だと思います。 加えて、無線とセキュリティソフト(5台版)が無料で使えることを考慮すれば、NURO光は月額料金も最安値レベル 現在、光回線を最安値で提供しているサービスは『enひかり(エンひかり)』という光コラボレーションサービスです。 恐らくこのサービスを知らない方が圧倒的に多いと思いますが、それもそのはず、このenひかりというサービスは 従業員数がたった20人程度しかいない小規模な会社がサービスを提供しています。 NTTの光回線の設備をレンタルして自社ブランドの光回線を提供できる光コラボレーションサービスは、 電気通信事業者の資格さえ持っていればどれだけ小さな会社でも参入できる為、enひかりと同じようにかなり小さな会社が光回線を提供していることも多くあります。 ちなみに NURO光はこの光回線最安値のenひかりと比べてもかなりお得な月額料金になっています。 NURO光で使えるセキュリティソフトはパソコンとスマホ・タブレット合わせて5台まで利用できるソフトですが、市販の物を購入すれば1年版で5,000円はかかりますし、他の光回線でオプションサービスで利用すると毎月500円はかかってきます。 それに加えて、 NURO光はIEEE. 11acといった高速規格に対応した無線(Wi-Fi)も無料で利用することが出来る為、無線ルーターを購入したり無線をレンタルして使う必要もありません。 このセキュリティソフトと無線が無料で使えるという部分も考慮すると、 NURO光は光回線最安値のenひかりよりも実質的により安く利用することが出来る料金体系になっています。 【参考:NURO光のWEB独自キャンペーン情報】 提供エリア確認をされる方はこちら 公式サイト: それと残念な点の2点目としては、 NURO光はソフトバンクの携帯電話料金がセットで安くなる『ソフトバンクおうち割 光セット』には対応しているものの、 ドコモやauの携帯電話料金割引には対応していないという点。 光回線の月額料金だけを見ればNURO光のほうがドコモ光やauひかりよりも安く使うことが出来ますが、ドコモ光を使えばドコモの携帯電話料金割引があり、auひかりを使えばauの携帯電話料金割引が発生します。 その為、料金面だけで見るのであれば、ドコモやauの携帯電話を利用している方はNURO光よりもドコモ光やauひかりのほうがお勧めです。 【参考:ドコモ光の情報はこちら】 NURO光が一番お勧めの方• 北海道・関東・東海・関西・九州エリアでソフトバンクの携帯電話を利用している方• ドコモ・au・格安SIMユーザーであってもネットは超高速のほうがいいという方(携帯電話料金割引はなくてもいいという方) 加えて、NURO光は速度や月額料金という部分がお勧めというわけではなく、 新規申込みをすれば高額のキャッシュバックを受け取れたり工事費が実質無料になるといったキャンペーン面でもかなりお勧めです。 NURO光のキャッシュバックやキャンペーン情報は下記に公式サイトへのリンクを記載してありますので、興味がある方は公式サイトにてご確認ください。 【NURO光のキャンペーン情報を確認される方はこちらから】.

次の