イデコ ニーサ。 NISA(ニーサ)とiDeCo(イデコ)、投資に活用するのはどっち?

つみたてNISAとイデコはどう選ぶ?比較表でわかりやすく

イデコ ニーサ

実際のチャートを見てみましょう。 株が下がったときにゴールドは上昇する傾向があり、リスクを分散することができます。 金はリスク資産とか安全資産と言われていて、世界恐慌に陥ったり、何かしらのパニックになったときに株式の代わりによく買われます。 たとえばリーマンショックは2009年頃に起きました。 株式は大暴落。 そのため下落は他の資産と比べて一時的でその後は株式と反する形で上がっています。 一方で株式が活況に沸いた2013年〜2018年にかけては下落&横ばいの状況。 具体的な違いを以下でお見せします。 引用: 上の図はジェレミー氏が提唱しているもので、「長期だと過去株式が一番伸びている」ことを示しています。 また、かの有名なウォーレン・バフェットも言っています。 」と だから長期では株式(米国株)のほうがパフォーマンスが良かったことになります。 ただし注意点もあります。 普通の投資家では売ってしまいそうな場面でも我慢が必要です。 だから全て株式で運用する場合、以下の条件をすべて満たしている人におすすめします。 【対象者】 20年以上の長期投資家 目的は将来の資産形成 投資に初級者〜中級者 生活資金を株に入れてない 途中で絶対に狼狽売りしない 【手法】 ドルコスト平均法で コストの安い米国or先進国株or全世界なとに連動した投資信託を買い続ける。 その意味では株式メインででの長期投資に向いていると思います。 iDeCoで買えるゴールドの投資信託 ゴールドをiDeCoで買うとなってもほとんどの金融機関では取り扱いがありません。 しかしネット証券なら少ないながらもありますが、実際にどんな投資信託を買えるのか解説します。 商品 信託報酬(年率税込) 1 0. 407% 4 0. 407% 5 メガバンク3社 取扱なし ー 6 0. 5085% 7 地方銀行 取扱なし(私が見た限り) ー コスト面で一番割安だったのが、なんとイオン銀行でした。 いつもならSBI証券を推しているところですが、ゴールドに関してはそんなに安くはないようです。 金以外の商品のコストはSBI証券のほうが安いので、• 資産を組み合わせて持つ人はSBI証券• ゴールドだけで運用する人はイオン銀行 というのも選択肢としてありかもしれませんが。 とはいえ、SBI証券ってコスト面だと他者に追随してくるイメージがあるので、待っていれば良い商品を出してくれる気もしますが。

次の

iDeCo(イデコ)とふるさと納税は併用した方がお得?シミュレーションとともにFPが解説します

イデコ ニーサ

この記事のポイント• iDeCo(イデコ)とふるさと納税は併用できる。 人によっては、iDeCo(イデコ)とふるさと納税を併用すると、ふるさと納税の限度額(損にならない上限)が下がることがある。 節税面だけで見ると、ふるさと納税は厳密には節税にならない。 課税所得のある人は、節税になるiDeCo(イデコ)をどうするか、考慮する。 この記事は約7分で読めます。 近年、何かと話題に上ることの多い言葉の一つがiDeCo(イデコ)とふるさと納税です。 どちらも「なんとなくいいことがありそう」な気がしますが、実際には、どのようなものなのでしょうか。 そして、気になるのが「iDeCo(イデコ)とふるさと納税は併用できる?」という疑問ですが 「併用できます 」。 そしてさらに「併用したらどうなる?」という点にも、一例を交えつつ迫ってみたいと思います。 iDeCo(イデコ)とふるさと納税の特徴を比較 まず最初に、iDeCo(イデコ)とふるさと納税のそれぞれの特徴を比較してみましょう。 iDeCo(イデコ)の特徴 iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことです。 現在では、原則として日本に住むほぼすべての人(原則として20歳から60歳まで)が加入できます。 このiDeCo(イデコ)の目的は、老後の資産形成です。 もう一つの(自分で行う)年金というところです。 最低5,000円から、毎月(または決まった月などに)資金を出す(拠出)することができます。 毎月出すお金は、大きく次の2種類に分けられます。 (基本的に)元本の確保されている預貯金タイプでコツコツ貯める• 価格変動リスク(元本割れもあり得ます)のある投資信託という金融商品に積み立て投資をする この上記2つを組み合わせることもできます。 一例:毎月1万円の掛け金のうち5千円は預貯金タイプ、5千円は投資信託にそれぞれ積み立てる このようにすることができるのですね。 もちろん、投資信託を選択した場合は、経済情勢などによって、元本割れを起こす可能性があります。 ただ、これだけですと、通常の銀行や証券会社で預金や投資をするのと変わりません。 大事なポイントとしては 「iDeCo(イデコ)の口座で行うと、税制で優遇されている」というところです。 ポイントは、大きく3つです。 掛金が 全額所得控除になる(課税所得がある人の場合は、税金が小さくなるので、実質的にお得になる)• 運用益が 非課税で再投資される• 受け取り時にも各種控除がある(原則として受け取りは60歳以降) 一見すると、地味な3ポイントですが、人によってはトータルで数百万円もお得になることがあります。 iDeCo(イデコ)とは、老後のための資金形成制度で、税制面で優遇されているので、お得! iDeCoについて以下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。 ふるさと納税の特徴 ふるさと納税の概要は、総務省のHPによると、次のようになっています。 都道府県・市区町村に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分について、一定限度額まで、原則として所得税と合わせて全額が控除されます。 なお、所得税・住民税から寄附金控除の適用を受けるためには、確定申告を行う必要があります。 ふるさと納税の特徴を3つにまとめます。 税金が 控除される(戻ってくる)• お礼の品がもらえることがある• ふるさと(生まれ故郷)に限らず寄附できる 大変乱暴に要約をしますと、ふるさと納税をすると、自治体に寄附をすることでお礼の品がもらえることがあり、さらに税金が戻ってくる、というものです。 下記イラストは、子どもの時はふるさと(地方)で生活をしていたけれど、大人になると就職先(都会)に納税をするので、ふるさと(地方)に納税ができないことを意味しています。 これでは、ふるさと(地方)は財政が厳しくなります。 そこで、大人になったら、任意でふるさと(地方)の自治体に寄附をする、というのがふるさと納税の基本的な考え方です。 出典: ふるさと納税は、住んでいる自治体以外に寄附できる制度。 ふるさと納税を行うと、返礼品がもらえたり、税金が戻ってくることがある。 ふるさと納税についての詳しい説明は以下の記事をご覧ください。 ふるさと納税は節税になる?ならない? ただ、注意点というか、誤解しやすいポイントがあります。 それは 「ふるさと納税は、厳密には節税にはならない」という点です。 どういうことでしょうか。 簡素化した一例を見てみましょう。 まずは通常の税金の流れです。 すると、こうなります。 これは、寄附という形で税金を前払いしていることになる• そのため、税金は還付されるが、実際には、自己負担の2,000円分だけ、損をしていることになる このようになっています。 ザックリ言いますと、税金をX市に普通に払うか、自己負担の2,000円を出しつつ税金をY市に支払うか、の違いでしかありません。 つまり、 厳密には節税メリットは発生していな いのですね。 ただ、それでも自治体によってはお礼の品を用意しており、それが高額化しているケースもあります。 一般的には「還元率が高い」などと呼ばれることもあります。 そのため、節税ではなく、単純に2,000円の自己負担分を上回り、かつ高額の返礼品をもらえた場合には 「お得である」と言えるケースもあります。 ふるさと納税は「寄附」なので、厳密には節税にはなっていない• ただ、一部返礼品が高額化(還元率が高い)しているモノがあるので、お得だと考えられる一面もある ふるさと納税の限度額・上限はいくら? 個人の年収や家族構成によって、ふるさと納税の限度額(上限)は異なります。 ふるさと納税に関する、寄付金控除額のシミュレーションは総務省HP内にある「寄付金控除額の計算シミュレーション」で確認ができます。 気になるポイント!iDeCo(イデコ)とふるさと納税は併用できる? このように、iDeCo(イデコ)とふるさと納税にはそれぞれの特徴があります。 そして、iDeCo(イデコ)とふるさと納税は併用することができます。 それでは、ここで併用をした場合の一例を見てみましょう。 iDeCo(イデコ)とふるさと納税は併用できる iDeCo(イデコ)とふるさと納税を併用した場合のシミュレーション一例 ふるさと納税を「自己負担額の2,000円でできる限度額」が、iDeCo(イデコ)とふるさと納税を併用した場合、どのくらい減るのか、を見てみましょう。 「自己負担額の2,000円でできる限度額」を超えてもふるさと納税をすることはできますが、一般的には「より多くの税金を支払っていて、損だ」と考えられることがあります。 もちろん、寄附ですから、より多くのお金を寄附しても構いません。 ここでは「」のシミュレーションデータを引用しています。 また、シミュレーション結果は一例であり、数値を保証するものではありません。 正確な計算は、市区町村にお尋ねください。 年収500万円でiDeCo(イデコ)に未加入の場合 (詳細条件:年収500万円・配偶者あり(収入なし)・15歳以下の子ども一人の場合) 上記条件では、 71,557円までなら、自己負担2,000円で済むことになりました。 もちろん、これ以上の金額を寄附することもできますが、その部分は還付されず文字通り寄附したことになります( 一般的には損だと捉えられることの多い状況です)。 年収500万円でiDeCo(イデコ)に年144,000円出した場合 今度は、先ほどと同じ条件に追加でiDeCo(イデコ)に年間144,000円( 毎月12,000円)出した場合です。 この場合は、 67,948円までなら、自己負担2,000円で済むことになりました。 年収500万円でiDeCo(イデコ)に年276,000円出した場合 今度は、iDeCo(イデコ)に年間276,000円( 毎月23,000円)出した場合です。 この場合は、 64,639円までなら、自己負担2,000円で済むことになりました。 今後は、医療の発展などに伴い、 女性の場合は4人に一人が100歳を超えて生きる可能性があります。 そして、今後、仮に少子高齢化が加速するなら、従来の公的年金だけでは老後の資産が不十分になる可能性が多くの人にあるかもしれません。 iDeCo(イデコ)はその不足分を補うための一つの制度ですので、積極的に利用を考えた方が良い人が実は多いのかもしれません。 ふるさと納税を始めるなら「さとふる」がおすすめ ふるさと納税をこれから初められる方には、ネットでカンタンにふるさと納税が行えるCMでもお馴染みの「さとふる」がおすすめです。 自身の利用できる限度額の計算ができる控除額シミュレーションや、確定申告・ワンストップ特例制度の仕組みなどもわかりやすく解説されていて初心者の方でも利用しやすいです。 iDeCo(イデコ)とふるさと納税の併用に関するまとめ• iDeCo(イデコ)とふるさと納税は併用できる• 人によっては、iDeCo(イデコ)とふるさと納税を併用すると、ふるさと納税の限度額(損にならない上限)が下がることがある• 節税面だけで見ると、ふるさと納税は厳密には節税にならない• 課税所得のある人は、節税になるiDeCo(イデコ)をどうするか、考慮する おさらいですが、ふるさと納税は厳密には節税になりません。 ただ、返礼品などを楽しみにしつつ、地元などへの応援として納税を楽しむには一向にかまいません。 そして、課税所得のある人にとっては、iDeCo(イデコ)で掛け金を出すと、老後の資産形成もしつつ、節税になります。 どちらを優先するか、また、優先したほうがメリットが多いかは、個人の考え方よる部分も大きいですが、 いまを楽しむふるさと納税と、 老後に備えるiDeCo(イデコ)では、根本的にお金を使う時期が異なります。 いまの「お得感」を追求するあまり、老後のお金に困るようでは、本当にお得とは言えない一面があります。 人生トータルで考えて、iDeCo(イデコ)も行いつつ、ふるさと納税の限度額(損にならない上限)でふるさと納税を行うのも良いかもしれません。 iDeCo口座はSBI証券か楽天証券がおすすめ iDeCoを始めるには口座を開設する必要があります。 銀行や証券など多くで投資信託の取扱いがございますが、おすすめはSBI証券か楽天証券です。 業界屈指の格安手数料や、豊富なサービス・商品ラインナップを誇るネット証券業界最大手の2社です。

次の

積立NISAとiDeCoの違いを徹底比較【1分でわかる】

イデコ ニーサ

315%の税金が課税されます)。 確定申告も不要です。 口座開設できる期間は、2014年(平成26年)~2023年(平成36年)までです。 NISA投資可能期間(金融庁HPより抜粋) 参考: 2.iDeCo(個人型確定拠出年金)とは? 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは、公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金で、加入者が拠出する掛金をあらかじめ用意された金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取る制度です。 運用の成果次第で受け取る年金または一時金の額は異なります。 参考: 3.NISA(ニーサ)とiDeCo(イデコ)の比較 NISA(ニーサ)は、貯蓄に大きく偏っている日本の金融資産を投資へと振り向けるための制度です。 一方、iDeCo(イデコ)は、公的年金の上乗せとして個人の自助努力を促す制度です。 目的の異なる2制度ですので、特徴にも違いがあります。 NISA(ニーサ)とiDeCo(イデコ) の違いについて、税制優遇策や非課税期間などの観点で以下の通り比較してみました。 3-1拠出額の上限は? NISA(ニーサ)の投資枠は、年間120万円です。 一方、iDeCo(イデコ)の掛金上限は、個人事業主(第1号被保険者)である個人開業医の方に関しては、年間816,000円です。 ただし、国民年金基金と拠出枠が合算されます。 つまり、個人型確定拠出年金と国民年金基金の掛金とを合わせて、年間816,000円が上限となります。 3-2税制上有利なのは? 運用益が非課税になる点は、NISA(ニーサ)もiDeCo(イデコ)も同じです。 しかし、掛金が全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)になるのは、iDeCo(イデコ)のみで、拠出時については、iDeCo(イデコ)の方が税制上有利になります。 掛金が全額所得控除になれば、その分課税所得が減り、節税になります。 所得が多く所得税の税率が高い個人開業医の方にとっては、非常に有利になります。 3-3運用商品は? NISA(ニーサ)は国内株式や海外株式、株式投資信託などが運用対象商品となります。 一方、iDeCo(イデコ)は株式投資信託や預金、保険が運用対象商品で、NISA(ニーサ)より運用対象商品は絞られています。 運用商品の選択肢はNISA(ニーサ)の方が広いですが、iDeCo(イデコ)には預金や保険といった元本保証の商品があり、元本割れのリスクをどうしても避けたい場合には、保険や定期預金を運用商品として選択し、掛金の全額所得控除の恩恵だけを受けることも可能です。 3-4非課税期間は? NISA(ニーサ)の非課税期間は5年間ですが、期間終了後にロールオーバーすることにより、10年間が非課税期間となります。 一方、iDeCo(イデコ)は60歳まで掛金の拠出が可能で、運用期間中の運用益は非課税となります。 3-5途中での引き出しは? iDeCo(イデコ)は原則、60歳まで掛金の引き出しはできません。 また、加入した年齢によって、段階的に年金や一時金の受取開始年齢が65歳まで延長されます。 一方、NISA(ニーサ)の場合は、いつもで引き出し可能です。 ただし、一度引き出しを行うと、その投資枠(非課税枠)は再利用できません。 NISA(ニーサ)とiDeCo(イデコ)の違いをまとめると下表の通りになります。 NISA(ニーサ) 少額投資非課税制度 iDeCo(イデコ) 個人型確定拠出年金 対象年齢 20歳~ 20歳~60歳 拠出上限 年間120万円 816,000円 (第1号被保険者の場合) 運用商品 国内株式、外国株式、投資信託など 定期預金、保険、投資信託 所得控除 なし 掛金全額が所得控除 (小規模企業共済等掛金控除) 非課税期間 5年間 (ロールオーバーすると10年間) 掛金の運用期間中 引き出し いつでも可能 原則、60歳まで不可 4.NISAとiDeCoどちらを活用すべきか? NISA(ニーサ)とiDeCo(イデコ)のどちらか一方を選択しないといけないわけではありません。 両方の制度を併用することが可能です。 どちらの制度も活用すべき制度ですが、どちらを優先すべきかといえば、iDeCo(イデコ)です。 所得の多い個人開業医の方にとって、掛金の全額所得控除のメリットは非常に大きいためです。 iDeCo(イデコ)と同様にNISA(ニーサ)も運用益は非課税になりますが、それは運用が上手くいった場合のメリットです。 運用益が出るかどうかは不確実ですので、まずは確実にiDeCo(イデコ)で掛金が全額所得控除になるメリットを活用して頂ければと思います。 iDeCo(イデコ)や国民年金基金の掛金を満額拠出しているのであれば、NISA(ニーサ)も併用して資産運用を行って頂ければと思います。 まとめ 今後は、現在のような充実した日本の社会保障制度を維持することは非常に難しいと思われます。 社会保障が削減されるのは、ほぼ間違いなでしょう。 よって、自助努力が大変重要になります。 iDeCo(イデコ)やNISA(ニーサ)などの税制上優遇されている制度を使って、老後資金等の準備をすることが重要となります。 Advertisement• 2017. 06 第1号被保険者が65歳以降に受け取れる老齢基礎年金は夫婦2人、満額で月額約13万円です。 その第1号被保険者の老後資金の不足を補う制度が国民年金基金です[…]• 2017. 29 国民年金の老齢基礎年金や国民年金基金等の年金などは、公的年金等の雑所得扱いとなり、税制上優遇されていますが、実際には、どのようなメリットがあるのでしょ[…]• 2017. 22 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)等を一時金で受け取ると退職所得扱いとなり、税制上メリットがあるということをよく聞かれると思いますが、実際にはどの[…]• 2017. 21 国民年金基金と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、拠出枠が同枠で、2制度の掛金を合わせての拠出限度額は月額68,000円(年間816,000円)[…]• 2017. 26 資産運用を検討する際には、税制上優遇されているNISA(ニーサ)の特徴は押さえておくべきです。 NISA(ニーサ)の特徴について解説します。 また、201[…].

次の