かぼちゃ料理。 かぼちゃの中華風レシピ特集!料理上手さんに学ぶ絶品メニューをご紹介

土井善晴の絶品おかず 揚げかぼちゃ

かぼちゃ料理

かぼちゃは加熱すると日持ちしないので、使う分だけ加熱し、すぐに使いきりましょう。 料理2[煮ものにする場合]ところどころ皮をむいて味がしみ込みやすくする かぼちゃは皮つきのまま調理すると煮崩れしにくく、盛り付けも美しく仕上がります。 ただし、一般的に多く出回っている「西洋かぼちゃ」の場合は、皮が硬めなので、下の写真のようにところどころ皮をむいて味をしみやすくしましょう。 切り口を下にして置き、皮の色が残る程度に、ところどころ薄く削ぎ落とします。 4~5cmの大きさの角切りにし、切り口の角を薄く切り取ります(面取り)。 こうすることで、煮崩れを防ぎます。 料理3[炒めものや揚げものにする]繊維に沿って押し切り、薄切りに かぼちゃが安定するように切り口を下にして置き、繊維の向きに沿って、5~7mm幅の薄切りにします。 包丁は、手前から押し出すように動かしましょう(押し切り)。 料理4[サラダやコロッケなどの具材にする場合]電子レンジで加熱してからつぶす つぶした果肉を具材にする場合は、使う分量を切り分けて、種とワタを取り除き、ラップをかけて電子レンジで加熱します。 加熱の目安は、600Wで4~5分。 時々竹串を刺してみて、スッと入るくらいにやわらかくなったら、スプーンで果肉をすくい出してつぶします。

次の

土井善晴の絶品おかず 揚げかぼちゃ

かぼちゃ料理

甘いかぼちゃはおかずとしてだけでなく、おやつにも使われる身近な野菜です。 保存がきき、アレンジもしやすい食材として人気があります。 1年中購入できる野菜ですが、旬である時期は7~12月ですが、ハロウィンのある10月には特に注目される食材といえるでしょう。 採れたてのかぼちゃはまだ甘みが弱いので、購入するときはヘタが乾燥していて縦線が入っているもの、ヘタの周りがへこんでいるものを選びましょう。 熟したかぼちゃの目じるしです。 焼いても煮ても揚げてもおいしいかぼちゃはアレンジもしやすいのでレシピも豊富にあります。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ヘルシーな焼き野菜のサラダです。 野菜はフライパンで焼いてこんがり焼き色を付けます。 かぼちゃはなるべく薄く切るようにしましょう。 さっぱりしてコクがあるマスタードドレッシングは、レシピを考えたユーザーさん自家製のもの。 野菜にかけて食べても、つけて食べてもOKです。 簡単にできるので我が家の定番サラダの一つに加えてもいいですね。 野菜はお好みで。 かぼちゃの風味を存分に味わえるデニッシュパンのレシピです。 100gのかぼちゃをレンジでチンしてやわらかくしたら、80g分をパンにはさむ「かぼちゃシート」にし、20g分をパンきじに混ぜ込みます。 かぼちゃシートをきじの間に折り込んで焼いたら、ぜいたくなかぼちゃデニッシュができあがります。 かぼちゃが好きな人にはたまらない、かぼちゃづくしのデニッシュパンを味わえます。 日本にかぼちゃが伝わったのは16世紀ごろ。 原産地は南米ですが、カンボジア産と伝えられたため、カンボジアがなまってかぼちゃと言われるようになりました。 いまやかぼちゃは和食にスイーツにと、多くのレシピを持ちます。 そしてペースト状にしやすいことから、スムージーの材料としても人気。 また、ダイエット効果が期待できる作り方もあります。 この記事では、かぼちゃのダイエット効果や栄養に加え、フルーツベースのかぼちゃスムージー、野菜ベースのかぼちゃスムージー、かぼちゃのスイーツスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。 無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!• 江戸時代から「冬至にかぼちゃを食べると病気にならない」と言われるほど栄養価の高いかぼちゃは、夏から初秋にかけて収穫され、2〜3ヶ月貯蔵した頃が食べ頃です。 今でこそ通年野菜は食べられますが、当時は秋を過ぎると野菜が少なくなってしまうことから、長期保存できて、栄養のあるかぼちゃを冬至に食べて冬を乗り越えようという知恵から冬至=かぼちゃという由来になりました。 程よい甘さは小さな子供からも愛され、離乳食を始めたばかりでも使われる野菜です。 家族みんなで食べて、寒い季節を元気に乗り越えましょう。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

かぼちゃの中華風レシピ特集!料理上手さんに学ぶ絶品メニューをご紹介

かぼちゃ料理

かぼちゃは加熱すると日持ちしないので、使う分だけ加熱し、すぐに使いきりましょう。 料理2[煮ものにする場合]ところどころ皮をむいて味がしみ込みやすくする かぼちゃは皮つきのまま調理すると煮崩れしにくく、盛り付けも美しく仕上がります。 ただし、一般的に多く出回っている「西洋かぼちゃ」の場合は、皮が硬めなので、下の写真のようにところどころ皮をむいて味をしみやすくしましょう。 切り口を下にして置き、皮の色が残る程度に、ところどころ薄く削ぎ落とします。 4~5cmの大きさの角切りにし、切り口の角を薄く切り取ります(面取り)。 こうすることで、煮崩れを防ぎます。 料理3[炒めものや揚げものにする]繊維に沿って押し切り、薄切りに かぼちゃが安定するように切り口を下にして置き、繊維の向きに沿って、5~7mm幅の薄切りにします。 包丁は、手前から押し出すように動かしましょう(押し切り)。 料理4[サラダやコロッケなどの具材にする場合]電子レンジで加熱してからつぶす つぶした果肉を具材にする場合は、使う分量を切り分けて、種とワタを取り除き、ラップをかけて電子レンジで加熱します。 加熱の目安は、600Wで4~5分。 時々竹串を刺してみて、スッと入るくらいにやわらかくなったら、スプーンで果肉をすくい出してつぶします。

次の