ロッテ 細川。 ロッテ細川亨の嫁と離婚か!?&娘細川愛倫(Alrin)は可愛い…家族を調査!!

細川亨

ロッテ 細川

出典: 2007年 株式会社ニリア・バニーを設立。 2008年 杉並区ひととき保育宮前を開園。 葛飾区アイキッズ認証保育園を開園。 2009年 子ども育成協議会理事に就任。 2010年 スーパー学童「BunBu学院」中目黒校を開校。 2012年 一般社団法人国際リーダー教育研究所を設立 代表理事に就任。 2013年 『「将来有望」な子どもの育て方』Amazon総合2位獲得。 2014年 品川区「BunBu学院Jr」認証保育園開園。 『「将来有望」な子どもの育て方』韓国版出版。 「女性プロデュサー協会」発足 理事就任。 2015年 スーパー学童「BunBu学院」福岡校を開校 一般社団法人100万人女性団体「ウーマン・イノベーション協会」設立代表理事就任 2016年 ウーマンスキルアップアカデミー「ビジネスサプリ」オンラインビジネススクール開設 バーチャルウーマン国会スタート The World Of Scenery Inc. 保育園や学童施設を運営する株式会社ニリア・バニー代表取締役。 両親親戚企業一家に育つ。 叔父であるリクルート創始者・江副浩正氏や親戚である阪急創始者・小林一三氏らの影響も。 大学時代にはミスキャンパスとなり、タレント活動を行った。 2002年にプロ野球選手の細川亨氏(現在はソフトバンク捕手)と結婚。 1男1女を出産後、2007年に会社を設立。 保育園やスーパー学童を企画・運営。 一般社団法人国際リーダー教育研究所の代表理事。 現在教育プロデューサーとして、教育者の育成だけではなく、さまざまな媒体で日本の教育を変える取り組みをしている。 zakzak. htm 細川稀叶は上級国民だった 細川稀叶さんは両親親戚が起業家(叔父:リクルート創始者 江副浩正。 親戚:阪急創始者 小林一三ら)という生まれから、上級国民であることは間違いありません。 野球選手の妻ということで、ただでさえ一般人より裕福なわけですが、もともと家が資産家なので夫の収入を頼るまでもないのでしょう。 プロフィールには2007年に起業したとありますが、これは33歳の時ですね。 上級国民ですから、余裕で自己資金起業でしょう。 細川稀叶さんが上級国民である証拠に安倍昭恵夫人との2ショット画像があります。 細川稀叶さんがやっている事業も森友学園、加計学園のように、税金からの支援がたくさんあるのかもしれませんね。 かつてはメディアで子育てを語っていたが… 細川稀叶さんはかつて「細川眞紀子」を名乗っていた時代に、子育てについてメディアで「【美人教育ブロデューサーが伝授】子育てだけが進化していない!」と題して持論を語っていました。 その一部を紹介します。 「藤光選手は、2014年に男子300メートルでアジア新記録を打ち立て、2016年のリオ五輪にも出場するなど、実力は本物でした。 突然羽振りがよくなり、みんなが電車で通う練習場に、フェラーリで乗りつけたりして……。 以降、タイムも伸び悩むようになりました」(陸上関係者) その変貌のカギとなったのが、稀叶さんの存在らしい。 「彼女が、藤光についてまわるようになったのも、同じころのことです。 藤光は個人事務所を作り、みずから代表に就任したのですが、副社長になったのが細川稀叶です。

次の

【NTR】ロッテ・細川亨、藤光謙司に嫁・細川稀叶を寝取られる!?石垣島キャンプ中に?もっと前から?

ロッテ 細川

「藤光選手は、2014年に男子300メートルでアジア新記録を打ち立て、2016年のリオ五輪にも出場するなど、実力は本物でした。 でも、このときを境に、彼は変わってしまいました。 突然羽振りがよくなり、みんなが電車で通う練習場に、フェラーリで乗りつけたりして……。 以降、タイムも伸び悩むようになりました」(陸上関係者) その変貌のカギとなったのが、稀叶さんの存在らしい。 「彼女が、藤光についてまわるようになったのも、同じころのことです。 藤光は個人事務所を作り、みずから代表に就任したのですが、副社長になったのが細川稀叶です。 保育園や学童施設を運営する株式会社ニリア・バニー代表取締役。 両親親戚企業一家に育つ。 叔父であるリクルート創始者・江副浩正氏や親戚である阪急創始者・小林一三氏らの影響も。 大学時代にはミスキャンパスとなり、タレント活動を行った。 2002年にプロ野球選手の細川亨氏(現在はソフトバンク捕手)と結婚。 1男1女を出産後、2007年に会社を設立。 保育園やスーパー学童を企画・運営。 一般社団法人国際リーダー教育研究所の代表理事。 現在教育プロデューサーとして、教育者の育成だけではなく、さまざまな媒体で日本の教育を変える取り組みをしている。

次の

ロッテ・細川亨は勝利の導き手 熟練のリードで試合を締める|【SPAIA】スパイア

ロッテ 細川

エドガー・アラン・ポー 1809-1849 の「THE RAVEN-大鴉」は1845年に「イヴニング・ミラー」紙に掲載され、瞬く間に人気を博した作品です。 恋人を失って嘆き悲しむ主人公の元に、人間の言葉を操る「大鴉」がやってきては彼の心をかき乱し、その謎めいた言葉はやがて主人公を狂気の淵へと追いやるというものですが、全編を貫く高貴な様式と、文学性、そしてあらゆるところに散見される古典への比喩など、多くの点で人々の心を捉えて話さない魅惑的な物語詩なのです。 日本が誇る作曲家である細川俊夫氏 1955- も、そんな「大鴉」に魅入られた一人であり、彼はこの不可思議な物語から、日本古来の伝統芸能である「能」の世界観を見出し、これらを融合することで新たな宇宙を創り上げています。 物語を進行していくメゾ・ソプラノのシャルロッテ・ヘレカントによる表現豊かな歌唱と語り、それを彩るルクセンブルクの名アンサンブル「ルシリン」の精緻なアンサンブル。 恐怖の中に点滅する甘美な余韻までが見事に捉えられた、緊迫の音楽劇です。 《大鴉について》細川俊夫 日本の伝統的な物語のなかで、動物や植物が、人間と交流を持ち、人間と会話をするような物語はよくあることである。 アニミズムの伝統の深いアジアでは、西洋のように、人間と動植物が、はっきりした境界線を持つことなく共存している。 エドガー・アラン・ポーの「大鴉」のテクストを知ったとき、私は日本の能の劇作品を思い浮かべた。 能は人間中心主義ではない。 その主人公は、動物や植物であったり、またすでにこの世にいない霊であったりする。 ポーの作品は、近代人の理性的世界に守られた存在に、不気味な動物「鴉」が侵入して、その理性的秩序の世界が、崩壊する過程が描かれている。 私は、この作品を一遍の能ドラマとしてとらえ、それを一人のメゾソプラノとアンサンブルによるモノドラマで表現しようとした。 本来は男性が主人公のこの「大鴉」を、女性によって語らせ、歌うようにしたのも、能では、役が女性の場合であっても、男性がそれを演じるのと逆の関係にしたのである。 このポーの主人公は、嵐の夜、一人で回想にふけっている。 ここに起こるドラマはすべて、彼の心の中で起こる想像であり、夢、幻かもしれない。 能では、ドラマはほとんど夢のなかの出来事である。 主人公は、亡くなった愛する恋人レノーアの追想にふけっている。 その時に現れるのが、大鴉である。 そうするとこの鴉は、レノーアの亡霊かもしれない。 「Never more」としかしゃべらない、不気味な霊としての鴉。 その霊との交感、会話がこのポーの作品である。 私の音楽で、女性が中心となる作品の多くは、その女性を冥界とつながろうとするシャーマンととらえている。 この私の"The Raven"での、メゾソプラノも、鴉の不気味な自然の力に、理性を崩壊させる近代人であると同時に、冥界、人間の不可思議な世界との交感をしようとするシャーマンでもある。 その場合、死んだ恋人、レノーアは主人公の声に乗り移って、歌い語り、発狂するのだろうか。 人間の理性の世界と、その理性では捉えることのできない狂気の世界、理解できない自然の沈黙との関わり。 このように私はポーを読み解くことにより、この作曲を行った。 この作品を、私のオペラ「松風」において、村雨役を歌ったCharlotte Hellekantとルシリン・アンサンブルにささげる。 <ユナイティッド・インストゥルメンツ・オブ・ルシリン アンサンブル・ルシリン > ユナイティッド・インストゥルメンツ・オブ・ルシリンは1999年、西欧の中心部に位置し、欧州文化が高度に集約されるルクセンブルク大公国で現代音楽の創造と推進を目的とするアンサンブルとして、有志の音楽家により結成された。 弦楽四重奏にピアノ、打楽器のアンサンブルを基本に、楽曲によって管楽器を加えるフレキシブルな楽器編成を採っている。 本拠地ルクセンブルクを中心に世界各国への客演を含めで年に20回から30回のコンサートを行っている。 その演奏は、知的要素、精神性、視覚などを複合した、独特な表現で高い評価を勝ち得ている。 また、ルシリンは演奏活動のみにとどまらず、演奏家、作曲家、舞台芸術家の集う創造の場として、新ウィーン楽派から新世代のアメリカのミニマリスト音楽、即興演奏や電子音楽など、現代の音楽創造の広い分野をカヴァーしている。 「大鴉」といえば、エドガー・アラン・ポー晩年の傑作として、日本はもとより、世界中に影響を与えた かの芥川龍之介も影響を受けている 物語詩。 鴉が語る「Nevermore 二度とない 」という言葉は、詩の中核を担う言葉として強烈な印象を残す。 現在の日本を代表する細川俊夫もこの作品に魅せられ、その幻想的かつ破滅的な世界観を音として表した。 その姿は現代の音色だけかと思えば、要所要所で和楽器が顔を出し、世界の輪郭を浮き彫りにしてゆく。 詩の内面で目を向け、能につながる世界観を見出した氏だからこその楽器の使い方。 そこに重なる「Nevermore」の言葉…凄いです。 intoxicate C 大場健 タワーレコード (vol. 119(2015年12月10日発行号)掲載).

次の