運転手 仕事。 トラック運転手の仕事内容をご紹介!トラック運転手ってどんな仕事?

タクシードライバー(タクシー運転手)・・・実は良い仕事です

運転手 仕事

タクシー運転手の危険性の種類 まずは、タクシー運転手がどのような 危険に遭遇するのか?考えてみましょう。 タクシー運転手は、ひとりで行う接客業です。 また、基本的にあらゆる性質の客を相手にする 可能性があると考えてよいでしょう。 一応乗車拒否もできなくはありませんが 見た目だけで危険な客を判断するには限界がありますので… 上記の特徴から、暴行・殺人などの凶悪事件に 巻き込まれる可能性は無いとは言い切れないでしょう。 また、特に窓を閉めている場合は密室での接客となるため 客が感染症にかかっている場合は感染する危険性もあります。 さらに言うと、タクシー運転手はお金も1人で管理しています。 そのため、車内のお金を狙って強盗に狙われたり 運転手の請求を踏み倒して無賃乗車されたり という可能性もあるでしょう。 また、タクシー運転手は1日に長時間 車の運転を行う上、はじめての道を 通ることも珍しくありません。 もちろんペーパードライバーよりは 運転の技術的に長けていますが それでも他の職業と比べて交通事故の 危険性があることも否定できません。 タクシー運転手は暴行、傷害の被害に遭う可能性 まずはタクシー運転手が暴行事件に巻き込まれた事例から見ていきましょう。 タクシー運転手に暴行して軽傷を負わせたとして、警視庁目黒署はテレビ東京制作局社員、牧佑馬容疑者(28)を傷害容疑で現行犯逮捕した。 目黒署幹部によると、牧容疑者は2月29日午後11時40分頃、東京都目黒区大橋付近で、自分が乗車したタクシーの70歳代の運転手男性に因縁をつけ、男性を路上に押し倒して数回蹴るなどし、頭を8針縫うけがを負わせた疑い。 容疑者は当時、酒に酔っており、「覚えていない」と供述している。 テレビ東京広報部は「警察などの調べを待って厳正に対処する」としている。 出典: この事件は、犯人がテレビ局員というある程度の 社会的影響力を持つ人物で、かつ暴行を通り越して 傷害にまで至っているため、比較的大きなニュースとなっています。 一般的に暴行だけでニュースになることは少なく 運転手が何らかの傷を負って傷害事件になると ニュースに取り上げられることが多くなります。 上の事件も含めた事例を見ると、 いずれの犯人も酔っていた状態だとあります。 最近はタクシーにも防犯カメラやドライブレコーダーが ついているのが一般的ですから、客も理性が働いているうちは 威圧的な行動は慎みます。 しかし、お酒で理性のたががはずれてしまうと ドライブレコーダーのことを忘れて暴行に走ってしまうのでしょう。 タクシー運転手が喧嘩に巻き込まれる危険性 フリーアナウンサーの高橋真麻(37歳)が、7月22日に放送されたバラエティ番組「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。 」(中京テレビ)に出演。 自身は「タクシーでケンカするタイプ」だと明かした。 タクシーの運転手に「左車線に行ってください」とお願いしたところ、「頑として右車線のまま」で、左車線に行ってくれなかったという。 そのため、「私が『えっ? なになになに、怖い怖い怖い、左にどうして行けないの? 左にどうして行けないの?』って」と、当時の状況を、熱を込めて説明。 出典: 暴行や傷害まではいかなくても、 客とのもめ事というのはありうる話です。 上記は運転にクレームをつける客の例ですが これ以外にも 「時間に間に合うように急いで」とせかされたり、 「料金が高い」といちゃもんをつけられたり、喧嘩の内容は様々です。 上記の通り、イメージが大事な有名芸能人でさえ 喧嘩を起こしてしまうのですから 決して珍しくない事例と言えるでしょう。 個人的な意見としてはやはり、運転手の接客態度なども 大きく影響すると思います。 こういったトラブルを避けるには とにかく客の指示したルートに従うことです。 逆に、ルートを任された場合は、 事前に必ずルートを示し、確認をとることが重要です。 タクシー運転手が殺人事件に巻き込まれる可能性 タクシー運転手を殴り、運賃を支払わずに逃走したとして、北海道警苫小牧署は23日、強盗容疑で自称廃品回収業、渡辺正継容疑者(59)=苫小牧市木場町=を逮捕した。 「停車位置がずれていたから、金を払いたくなかった」と容疑を認めている。 運転手は約2時間後、搬送先の病院で死亡が確認された。 出典: 「喧嘩」が起こり 「暴行」に至り、 結果的に 「殺人」となったのがこの事件です。 危険性の最たるものが殺人です。 確かに、運転手と客、2人だけの密室空間になるわけですから 客の側からすれば狙いやすいと思います。 ただ、過去の報道を見ますと、2000年代までは タクシー運転手の殺人事件はちらほら見かけ、 未解決の事件も多いようなのですが、 2010年頃から件数が減り、ここ5年では上記事件のみでした。 暴行同様、 防犯カメラなどの対策が功を奏していると思われます。 タクシー強盗に遭う危険性 2009年11月1日午前1時30分頃、新潟県新潟市東区空港西一丁目の路上に停車中のタクシーが発見され、タクシー内からは運転席シートにもたれ掛かるような状態で倒れ、上半身から血を流しているタクシーの運転手の男性(当時63歳)の遺体が見つかった。 遺体は刃物で胸などを刺されており、タクシー内にあった売上金はなくなっていた。 捜査本部がある新潟東警察署(現・新潟警察署)の調べによると、車内の料金メーターの状況などから、運転手男性は料金精算の際に襲われたとみられるという。 さらにタクシーの車内から男性の血で車の下にも血痕が広がるなど、運転手男性が大量の出血をしていたことから、犯人は返り血を浴びている可能性もある。 出典: 「タクシー強盗」には大きく分けて2つの場合があります。 1つ目は暴行・傷害を受けて支払いを踏み倒される場合。 もう1つはタクシーの売上金を強引に奪い取られる場合です。 (どちらにしろ支払いを踏み倒されることは同じですが) ここでは後者の事件を取り上げます。 前の殺人事件の項で「ちらほら見かける」2000年代の事件です。 人気のないところに運転するよう指示し、支払いをする段階で襲えば、 タクシー強盗で捕まらないことも、難しくないように思えます。 しかし最近は、防犯カメラやドライブレコーダーに加え GPSでタクシーや犯人の居場所を特定することが できるようになったため、捕まらない、 ということがかなり難しくなっています。 そのため、殺人同様、強盗の危険性も 2000年代に比べると少なくなっています。 実際のところ、2008年には約200件のタクシー強盗があり そのうち3分の1以上が犯人が分からずに終わっていますが 2010年以降は年100件程度に減り、検挙率も9割程度を維持しています。 参考: 23ページ(32枚目) タクシー運転手が業務中に事故を起こす可能性 2016年12月、福岡市博多区の原三信(はらさんしん)病院にタクシーが突っ込み、3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われた元タクシー運転手の松岡龍生(たつお)被告(66)の判決が27日、福岡地裁であった。 平塚浩司裁判長は「被告がアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えた」と認め、禁錮5年6カ月(求刑禁錮7年)を言い渡した。 出典: 2017年の タクシー運転手が起こした事故の件数は13,171件です。 参考: 8ページ なにせ、私的利用の場合は週に10時間も 運転すれば多い方だと思いますが タクシー運転手の場合は業務で週に50時間以上 運転することもざらにあります。 かつ、タクシー運転手は平均年齢が60歳と高齢なこともあり 運転経験は豊富とはいえ、中には衰えの見られる 運転手がいることも否定できません。 このように事故の危険性があるタクシー運転手ですが 多くのタクシー会社では、事故が起きたときに備えて 補償制度や専門の弁護士を用意しています。 契約内容によっては、休業補償が出る可能性もあります。 もちろん免許の反則点数が加算されたり ケガをしたりという、本人が引き受けなければならないという 危険はありますし、本人起因の事故があまりに重なると 契約自体が切られてしまうでしょう。 しかし、一般的に考えられる範囲の事故であれば 多大な補償金が必要である、収入が途切れる、職を失う などの心配はしなくても大丈夫な場合が多いです。

次の

ドライバー・運転手のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

運転手 仕事

運転手とは、タクシー、バス、トラックに乗り、お客さまや貨物を目的地まで安全かつ確実に届けるプロのドライバーのことを言います。 多くの運転手は、タクシー会社やバス会社、運送会社に勤めています。 運転手として働くためには、運転する車に応じた運転免許の取得が必要になるほか、地理に関する勉強をしたり社内の技術研修を受ける必要があります。 業務内容にもよりますが、朝が早かったり夜遅い時間帯に働くこともあるため、体力を要します。 また、常に時間通りの運行が求められることや、絶対に事故を起こしてはならないというプレッシャーもあります。 どの業界も運転手の高齢化が課題となっているため、若手人材の活躍が望まれます。 運転手とは、バス、タクシー、トラックなどを運転して、乗客や貨物を目的地まで安全に届けるプロのドライバーのことです。 高い運転技術で時間通りの運行を意識していますが、最も気を付けなければならないのは事故で、道路状況や車内の様子に気を配りながらいつでも冷静に安全運転をすることが求められます。 運転する車の種類によっては、さらに求められるスキルがあります。 バスやタクシーの場合はお客さまと身近に接する機会が多く、車内で心地よく過ごしていただくための接客スキルも求められるので、このような運転手はサービス業の一種ともいえます。 またトラックの運転手はただ運転をするだけではなく、重い貨物を運び長距離の走行や積み下ろし作業もあるため、体力が求められます。 タクシー運転手は、1回の勤務時間が長いという特徴で、1日に15~20時間働くことが一般的です。 路線バス運転手の場合、早番、遅番、夜番の3交代制で働くことが一般的で、1時間半~2時間程度の運転と小休憩を繰り返します。 一方、観光バスの運転手になると、担当するツアーの旅程によって勤務時間が変わりきます。

次の

トラック運転手の仕事内容(運転以外)が分かる動画5選

運転手 仕事

派遣、出向社員、バイトでも トラック運転手になれる? 結論から述べると、 派遣、出向社員、バイトでもトラック運転手になることは可能です。 雇用期間、保有資格の条件をクリアしていれば、雇用形態は問われません。 それでは、派遣トラック運転手の場合は、どのような条件をクリアすればよいのか、詳細をみていきましょう。 トラック運転手ができないケースとは? トラック運転手ができないケースは、以下の3つです。 ・日雇いで働く ・2ヵ月以内の期間を定めて働く ・使用期間中 14日以上の雇用に至る場合は除く これらの条件を加味すると、逆に 「3か月以上の雇用期間」であれば派遣スタッフとして、トラック運転手に従事できるということです。 これらの条件に違反してトラック運転手として勤務した場合、事業所サイドに処分がくだされます。 派遣のトラック運転手に必要な資格とは? 派遣のトラック運転手に必要な資格は、所属する派遣会社や運転する車種によって異なってきますが、以下の資格は共通で必要になってきます。 ・普通自動車運転免許 トラックを運転するのに必ず必要な資格になります。 現在の普通自動車免許では、総重量が5トン未満の車両を運転することができます。 法改正前に普通免許を取得された方は、 車両総重量8トン未満までのトラックを運転することが可能です。 ただ、車両総重量が5トン未満のトラックは、運べる量に限界があるため、ドライバー職では幅が効きにくいです。 駆け出しのドライバーなど、これからドライバーとしての経験を積んでいきたい人は、まず普通免許を取得して、経験を積んでいきましょう。 ・中型自動車運転免許 中型自動車運転免許を取得すると 、車両総重量が11トン未満のトラックを運転することが可能になります。 中型免許を持っていると「4トン車」と呼ばれる業界で重宝されている車種を扱えるようになります。 中型免許をもっているだけで、運送業者からすると好印象です。 中型免許を取得するのに必要な受験資格は 「20歳以上で、普通免許もしくは大型特殊免許を持っている機関が通算2年以上であること」となります。 トラック運転手として本格的に働いていきたい人は、中型免許の取得をおすすめします。 ・大型自動車運転免許 大型自動車免許を取得すると、 運転するトラックの積載量や車両総重量に制限がなくなります。 どのようなトラックでも運転できるようになるので、中型免許保有者よりもさらに重宝されます。 大型免許取得の受験資格は「21歳以上で普通もしくは大型特殊免許を持っている期間が3年以上であること」となっています。 トラックドライバー関連の資格の中では、最も取得難度が高い資格です。 ただ、取得すれば 運送業界で重宝される人材になれますので、頑張って取得を目指していきましょう。 運転者選任の際に、上記の資格を保有しているか否かで、採用が左右されてきます。 派遣トラック運転手として働く場合は、なるべく上記の免許をすべて保有しておくのが望ましいです。 一気にすべての資格を手に入れるのは難しいので、少しずつステップアップしていくことをおすすめします。 派遣のトラック運転手が担当する車種は? 派遣のトラック運転手が担当する車種は、派遣会社によって様々です。 ただ、市場のニーズから「4トン車」運転の求人が多い印象です。 もちろん、小型や大型トラックの求人もあるので、まずは色んな派遣会社に登録して、自分の要望に沿った派遣トラック運転手の求人を探していくのが無難と言えますね。 トラック運転手の派遣はきつい?仕事内容は? トラック運転手の派遣と聞くと 「ブラックなのでは?」「本当に稼げるのか?」など不安な点が多いかもしれません。 実際に、派遣のトラック運転手のリアルな情報をまとめてみました。 派遣でトラック運転手はいくら稼げる? 派遣のトラック運転手は、所属する派遣会社や運転する車種によって稼ぎが変わってきます。 一般的には、 トラックの大きさが大きくなるほど給与が高くなる傾向にあります。 下記、派遣トラック運転手の給与例です。 大型トラック 8t 時給 1,400円程度 日給 15,000円程度 月給 30万円程度 中型トラック 4t 時給 1,200円程度 日給 12,000円程度 月給 26万円程度 小型トラック 2t 時給 1,100円程度 日給 1,1000円程度 月給 24万円程度 日給での給与計算になるため、出勤日数が少ないと上記給与よりも低い水準の額になってしまうので注意してください。 拘束時間や残業は? 派遣トラック運転手は 拘束時間が短く、残業も少ない傾向にあります。 これは「派遣」という雇用形態が影響しています。 派遣は、労働力を安価に提供するために採用されたシステムですので、運転者選任後の「人件費」を最小限に抑えることが優先されてきます。 したがって、 無理に残業させたり、労働時間を増やすことは避けられる向きにあるのです。 これをメリットと見るか、デメリットと見るかは人それぞれですが、「稼ぐ」という面ではデメリットになってしまいますね。 派遣のトラック運転手の雇用期間は? 派遣トラック運転手の雇用期間は、最低でも 「3か月以上」です。 そこから、どこまで雇用期間が延びるかは、派遣会社によってことなってきます。 3か月きっかりで契約を結ぶところもあれば、半年単位で結ぶところもあります。 ただ、派遣という性質上、運転者選任の際に年数をまたぐ契約をすることはないので、あくまでも数か月単位という雇用期間の範囲に収まります。 派遣契約を延長できれば、数年に渡って勤務することも可能になってきますね。 派遣トラック運転手のメリット 次に、派遣トラック運転手のメリットをご紹介していきます。 運転を仕事にできる! 一番のメリットは 「運転を仕事にできる点」と言えますね。 免許をとって、運転することが好きになった人にとっては、運転が仕事に繋がることほど嬉しいものはありませんよね。 好きなことを仕事にできるのは、大変すばらしいことです。 運転が好きな人ほど、派遣トラック運転手に向いていると言えます。 人間関係のしがらみから解放される? 派遣トラック運転手になると、 人間関係のしがらみから解放されます。 派遣会社には所属しますが、1つの企業に所属して働く訳ではないので、特定の相手と人間関係を築く必要がなくなります。 仕事のストレスのうちの大半が「人間関係」から生じていると言われるほどです。 人間関係から解放されるだけでも、仕事に対するモチベーションが変わってきますよ。 全国各地から仕事を選べる 派遣トラック運転手になると、1つの所属先にこだわる必要がなくなるので 、全国各地から求人を選ぶことが可能になります。 自分の都合で全国を飛び回っても、滞在先で仕事をすることが可能です。 これは派遣トラック運転手ならではのメリットと言えますね。 年齢、性別によって制限はある? 派遣トラック運転手の雇用に、年齢制限や性別の制限は書類上、ありません。 ただ、派遣会社からすれば運転者選任の際に 「なるべく若い人材」もしくは「経験が多い人材」が欲しいということは否めません。 トラック運転者としての経験がなく、年齢を重ねている場合は、派遣トラック運転手として雇ってもらうには少々厳しい条件となります。 派遣トラック運転手になる前に、運送業者でトラック運転手としての経験を積んでから、派遣トラック運転手になることをおすすめします。 派遣と請負って何が違う? 「派遣」と 「請負」という言葉は、似ているようで実は意味が異なるものです。 それぞれの違いを見ていきましょう。 派遣について 派遣とは、 「人材を企業に紹介して、労働力を提供すること」を指します。 労働力を提供するという観点から、派遣社員は、「派遣先の企業」から指示を受けて働くことになります。 ただ、雇用関係は派遣元の企業との間にあるので、給与の受け取りも派遣元からとなります。 請負について 請負は 「労働の成果を提供すること」を指します。 したがって、請負に指示を出すのは請負元の企業となります。 仮に、請負元以外の企業現場で働いていたとしても、その現場企業から指示を受けることはありません。 まとめ いかがでしたでしょうか。 派遣トラック運転手は、業務自体は通常のトラック運転手とは大差ありません。 ただし、メリットや給与形態など、異なる点もあります。 それぞれ比較した上で、ご自身に合っているのか検討してみてくださいね。 【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト 「転職して給与をUPさせたい... 」 「勤務の時間帯を変えたい... 」 「仕事内容を変えたい... 」 などの悩みがある方は、 転職すべきタイミングです。 今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、 現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています! 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ジョブロジ」です。 全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。 地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。 お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。 検索はこちらから。 ドライバー様の転職においては、 希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。 それは、情報収集が不足している事が原因にあります。 より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。 また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!.

次の