雄琴 温泉 湯元 館。 おごと温泉で楽しむ日帰り入浴!人気の日帰り温泉スポット9選

湯元舘【 2020年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】

雄琴 温泉 湯元 館

屋上から見る温泉街 (4年)創業の老舗をはじめとして・が10軒ほどがを挟んで点在する。 の山麓(堅田丘陵とも呼ぶ)沿いに建てられているため、など眺望に優れる。 周辺にはとその、、の、(三井寺)、で有名ななど歴史ゆかりの文化財が多く、観光拠点として適している。 名物料理として料理や料理などがあり、特には冬の琵琶湖を代表する味覚である。 その一方で歓楽温泉としても発展した背景があり、昭和40年代以降に温泉街の南側、苗鹿3丁目の一角にが進出した(この特殊浴場に雄琴温泉の源泉は引かれておらず、温泉としての関連性は皆無である)。 これらは、温泉街とは明確に隔離されている。 最寄り駅の雄琴駅は、地元の働きかけにより、「」に改称された。 、観光施設としてがオープンした。 歴史 [ ] 雄琴温泉で最初に創業したと() 今から約1200年前にが開いた湯といわれるが、次のようなエピソードもある。 昔はこの近くに八つの頭を持つが棲んでいたといわれ、その大蛇の棲む谷にはを少し西に入ったあたりの法光寺境内の北端、字蛇ヶ谷に念仏池という池があった。 この池は病気に効くというので、村人は念仏を唱えながら賽銭を投げ入れていたという。 この池が雄琴温泉の由来だという。 雄琴という地名は、平安時代の貴族の荘園があり、その邸からよく琴の音が聞こえたことから、姓の「雄」と「琴」をとって雄琴と呼ばれるようになった。 雄琴の南方の )境内の念仏池 別名:蛇池)にはが絶え間なく湧出していたが、村人らが飲用するとたちまちに難病すらも癒え、池底の泥をに塗ったところ、などが完治したとの言い伝えが残り、古来よりとして崇められてきた。 霊泉がであることが判明したのは、期になってからで、温泉開発に一気に弾みがついた。 その後、が設けられが開通すると、温泉地としての開発は進んだ。 後、交通アクセスの良さから、の奥座敷として発展した。 特に1970年代前半から、(当時)の開通もあって団体旅行客が増加した。 (45年)にはの特需に沸き、開催地から近隣の雄琴温泉は連日、満員御礼の盛況となった。 だがその後、(昭和46年)、雄琴温泉から南に500m地帯の苗鹿三丁目に、雄琴初の(当時の名称。 現在の「」)「花影」を皮切りに、大規模なが形成されていった (同業態は3月にで禁止されたことから、生き残りをかけて隣接県の当地に多数流入したと見られる [ ])。 からの、温泉には、雄琴温泉の名は記載から外されることもあり、1990年代に発行された、による全国の温泉地を網羅した全国温泉大事典にも、「戦後、歓楽温泉として発展」と書かれるのみで、殆ど温泉地の中身を採り上げられないなど、温泉地として専門家からの評価も低下した。 しかも、その後のマイカーブームで、風俗街の利用者が温泉街に立ち寄らなくなると、宿泊客が激減。 後は、主な得意客だった職場団体客が激減し、28軒あった旅館の多くが閉店へと追い込まれ、生き残ったのは10軒であった。 そのため、生き残りを図るために旅館組合の8名が『雄琴青経塾』を立ち上げ、これまでの体制や慣習を抜本的に見直し、「雄琴=風俗街」というイメージの払拭に懸命となり、1990年代後半から各温泉旅館が一致団結で改装に乗りだした。 各々の旅館が、こぞって全室露天風呂付きの客室の新館や別館を併設したり、趣向を凝らしたなどをしつらえたりしている。 それと並行して、接客やサービスの改善に努めたり、創作料理を提供してみたりと、ハード面・ソフト面双方の改善を旅館同士で切磋琢磨した。 地元のブランド牛である「」を提供する「認定近江牛指定店」に全10軒すべてが登録 し、食へのこだわりがある街としてのイメージを印象づけると共に、時代に似つかわしくない旅館名の変更も相次いでおり、「雄琴国際ホテルきくのや」は「」に、「國華荘」は「」に、「ロイヤルホテル雄山荘」は「」に、「芳月楼」は「」に改称している。 一方、「」「」は、個人客需要をにらみ別館を新たに併設するなどしている。 こうした旅館組合ぐるみによる旅館同士の競争が相乗効果を生み、着実にリピーターや新規顧客を増加させ、安定した成長を続け、日帰り施設なども作られ、年間60万人超が利用する一大温泉地となった。 また、こうした運動が認められ、京都方面への客受け入れ先としても機能を果たすようになるなど、社会信用・信頼も大きく回復を遂げている。 交通 [ ] おごと温泉港(琵琶湖汽船が使用している桟橋)• から自動車。 路線バス• 雄琴温泉・雄琴温泉ホテル前バス停下車。 自動車• から経由、よりを500mほど南下。 (京都東ICから約20分 )• 名神高速道路 からを経由。 (約40分 )• 周辺観光 [ ]• クルーズ - は、が運航する遊覧船「ミシガン」など複数航路の拠点となっている。 - 総本山。 山号は比叡山。 最澄開山。 世界遺産。 根本中堂などが国宝。 - 伝創建。 - おごと温泉港発着、が運航する60分のショートクルーズ。 脚注 [ ] [].

次の

京都 観光 おすすめ おごと温泉 湯元館 葭蘆葦(かろい) 滞在レビュー 一休ダイアモンド特典有

雄琴 温泉 湯元 館

北海道上士幌町にある糠平温泉「元祖 湯元館」の入浴レポートです。 帯広方面から国道241号・273号線経由、60キロ約1時間15分。 JR「旭川駅」・層雲峡方面又は帯広駅より、予約制バス「ノースライナーみくに号」にて「ぬかびら源泉郷」下車。 2020年現在は混浴が廃止され男女別浴に、日替わりで入替になっています。 また、ライダースハウスの営業は終了し、宿泊はコテージのみになっています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「糠平温泉」(ぬかびらおんせん)は、帯広から北へ60キロ、糠平湖の南湖畔にある小さな温泉街です。 国道273号線沿いにはわずか100m足らずのところに、ホテル・旅館・ペンション・コテージ・ユースホステル等9軒の宿泊施設があります。 高度成長期に北海道旅行が流行っていた時には団体ツアーで賑わっていた温泉街ですが、徐々に客足が遠のき、現在は各宿がアイデアと個性を出し合って今どきの観光客を訴求するような温泉地を目指して頑張っている感じです。 温泉街のメインストリート 糠平温泉は、全施設が源泉かけ流し、消毒なしで、2007年に「源泉かけ流し宣言」をしています。 創業大正15年の少々鄙びた宿ですが、代替わりの際に全館リニューアルされました。 多彩なお風呂があり、泉質も良いので人気があります。 平日は素泊まりのみで、食事付は土日祝日だけ。 2食付でお布団セルフならば6,600円と激安です。 隣りにライダーズハウス、他にコテージも経営していて、エコノミー旅行者に嬉しい宿だったりします。 *2020年現在、宿泊できるのはコテージだけになっています。 宿の外観 入口 玄関 *リニューアル後は紺の暖簾とシックなロビーになっていました。 十勝石が売っていましたが、何に使うのだろう・・・アクセサリーや工芸品なのかな。 館内は庶民的な家族経営の宿といった雰囲気です。 フロントで声をかけると気さくなご主人が出てきて、 「今は誰もいないからどこでも好きなお風呂に入ってゆっくりして行って下さいね~」 と言ってくれました。 どこでもいいのか!北海道らしい大らかな宿ですね。 *現在は息子さんに代替わりしています。 ロビーにはぷーさんのぬいぐるみ。 *リニューアル後も玄関入って右側に受付があるのは同じ、ロビーはモノトーンでシックな印象に、熊のプーさんの後ろにはテレビのある畳の休憩室ができていました。 通路の右側には湯上り後の冷水、広めのトイレがあります。 お風呂の入口は分かりやすく表示されています。 フロントから廊下の奥へ、階段を降りた地下に男女別の浴室があります。 素泊まり湯治の方が多いからか、コインランドリーもありました。 地下2階分くらいの階段があります。 バリアフリーではないですね。 *リニューアル後は壁も足元もシックなダークトーンにリニューアルされていました。 地下に降りると手前に女湯、奥に男湯、 更に正面奥には混浴露天風呂の入口(女性用)があります。 お風呂の見取図はこの通り。 下が通路で左が女湯、右が男湯です。 *2020年現在、元は女湯だった左側が「空翠の湯」、男湯だった右側が「神韻の湯」になっています。 2018年にはそれぞれ桧風呂の内湯も新設されています。 【糠平温泉 湯元館 女湯(空翠の湯)】 まずは女湯から。 女性用脱所。 10畳ほどの広さに脱衣棚と洗面台、足マッサージ機があります。 貴重品ボックスやドライヤーはなかったです。 内湯は8畳くらいの広さ。 ブルーのモザイクタイルにコンクリートのシンプルな浴槽で5~6人サイズの大きさです。 内湯は湧水で加水してあり、温度は42度くらいでした。 ちょっと湯気が籠っています。 左のドアから出ると脱衣スペースがあり、露天風呂に出ます。 石組のお風呂で6~8人サイズの大きさです。 ブルーグリーンのお湯に見えますが、浴槽に析出物が溜まっているからでしょうか。 湯口 露天は加水していないそうですが、42度弱で入りやすい温度でした。 ほんのわずかに石膏臭、うす塩味がしました。 浴感はとても滑らかです。 入浴中の眺め。 すぐ下に渓流が流れていて、向かいは木立ちでとても解放感があります。 木立ちの向こうは国道なので、たまに大型バスが通るのが見えてヒヤッとしましたが、 向こうからは見えるはずもないですね。 お風呂から入口を見るとこんな感じ。 *リニューアル後は出入口の左側の草が生えているところに屋根付きの桧風呂が新設されました。 見たことある葉っぱだと思ったら、ミントがたくさん生えていました。 これは自生しているハッカなのかなぁ。 いい匂いがしました。 このおかげなのか、渓流沿いで緑豊かな夏日だったのに、アブはいませんでした。 夏の露天はハーブ水を身体にスプレーしておくと結構効き目があるんですよね。 とりあえず、女湯は満喫したので他のお風呂に移動です。 女湯の内湯には仕切り壁の奥にドアがあり、 女湯側からのみ鍵を開けて出入りできるようになっていました。 向こうは男湯です。 まだお客さんは誰もいないので急げ~ *リニューアル後は出入りできないようになっています。 と思ったら、壁際に小さな扇形の浴槽がありました。 ちょっと暗くて入りにくいのでパスしました。 *リニューアル後はここにお風呂はなく洗い場になっています。 【糠平温泉 男湯(神韻の湯)】 男湯に入ると、ジャーン!大きな楕円形のローマ風呂風の浴槽がありました。 湯船の底はブルーのモザイクタイル、縁は石組、中央には噴水があります。 薄暗い浴室に差し込む太陽光。 この浴槽は上品でいい感じです。 *写真右奥2~4人サイズの長方形の桧風呂が新設されました。 噴水はインパクトがありますね。 お風呂は深め、温度も43度強とかなり熱めでした。 玄関、休憩所、大浴場に降りる階段、脱衣所、みんなまとめてリニューアル。 — 秘湯宿. 男湯からは内湯のドアから露天風呂へ出入りできますが、 女湯からは一旦着替えて外に出て、男湯内湯の隣にある女性専用脱衣所のドアから出入りします。 とはいえ、今は貸切なので着替えを持って男湯から移動してみました。 *2020年現在、こちらは日替わりで男女別となる「神韻の湯」に併設された露天風呂になっています。 ドアを開けるとまず打たせ湯がありました。 *2020年1月に訪問した時には打たせ湯は使用できないようにシートに覆われていました。 打たせ湯の浴槽をくぐって行くと露天風呂の入口があります。 男湯側からの眺め。 大きな石組の深い浴槽です。 女性用の脱衣所から向かうとこんな感じ。 長方形で10~12人くらいは入れるサイズです。 女湯の露天に比べて湯船の底に析出物が多く、より綺麗なブルーグリーンのお湯に見えます。 真ん中のイルカの頭のような石は、女性が入浴中にちょっと隠れるためにあるのあかな。 左側に湯口。 こちらの露天も加水なしでかけ流し100%。 温度は42度強でした。 他の浴槽と比べると泉質は一番濃い感じ。 お湯もはっきり硫黄臭とたまご味がしました。 入浴中の眺め。 女湯の露天風呂に比べると断然開放感があります。 お湯も上品で、もう少しぬるければ長居したいなぁ。 眼下は渓流。 この露天風呂は気に入りました! しばし満喫した後にお客さんがやってきたので撤退しました。 人がいないと安心していましたが、一応バスタオル巻や湯浴み着もOKです。 混浴露天風呂の女性用脱衣所はこんな感じになっています。 脱衣棚の板塀には「〇〇参上!」など、お約束の落書きがいっぱい^^ 【糠平温泉 湯元館 温泉の感想】 庶民的で鄙びた宿でしたが、「湯元」とあるように、 はっきり分かる硫黄臭で上品な浴感、 糠平温泉で3軒入浴した中では泉質は一番でした。 景色も良く、露天風呂の造りが良いのに空いていることが多いそうで、 カップルで来るには良い宿なのではないでしょうか。 女湯もそれなりにいい露天風呂でしたが、 混浴の方に入ってしまうとやはり見劣りします。 人が少なめの時を狙って、混浴露天風呂がおすすめだと思います。 *個人的に「神韻の湯」の楕円形の大きな内湯と元混浴の露天風呂がお気に入りです。 混浴廃止後は、この「神韻の湯」が当たる日を調べて訪問するのが良いと思います。 9月の分析書 「糠平温泉」 泉温59. 2度 湧出量?(自然湧出) 泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)ph7. 一般の予約サイトはありません。 宿に直接お電話でお問い合わせください。 湯元館 TEL: *ブログの内容は掲載時の情報です。 基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

次の

おごと温泉 湯元館

雄琴 温泉 湯元 館

比叡山観光におごと温泉「木もれび」に1泊 雄琴温泉というと、男子が喜ぶHな温泉のイメージがあり、在阪歴の長い私も行ったことがありません。 いったいどんな温泉地なのか・・・? 比叡山観光に時間をかけたかったので、安くて良さそうな宿がないか探していたら、ここ「木もれび」を見つけました。 スポンサーリンク 木もれ日駐車場 ここの売りはお隣の 湯元館のお風呂を追加料金で使えるということです。 観光に時間をかけると、旅館でゆっくりする時間がないが、いいお風呂に入りたい! 食事もブッフェでなくそれなりの料理を!と考える私にピッタリでした。 入り口は姉妹店「湯元館」の並びにありますが、 建物は湯元館の奥(裏手)になります。 うっそうとした森のような入り口のとても急な坂を上がったところに玄関があります。 私達は車で行きましたが、車で登るのもちょっと気をつけて上がったほうがよさそうな位に 急な坂です。 歩いて行くのも結構大変だと思いますが、足の悪い方などは 湯元館から入れると思います。 エントランス 自動ドアの玄関を入ったらロビーがあり、正面にレストランがありました。 レストランはここだけで、エントランス付近はやや ビジネスホテル風って感じです。 ロビーにはエスプレッソマシンがあり、 有料のコーヒーサービスがあり インターネットサービスがありました。 私達のお部屋は2階で、サイズを選んだ 浴衣を持って階段で荷物を運びます。 ほぼ セルフっぽいシステムでここもビジネスホテルっぽい所です。 木もれ日お部屋 お部屋の感じは 温かみのある木目調のインテリアで、私達のお部屋は 和洋室でした。 セミダブルベット2つに3畳程の琉球畳風の畳スペース、 テレビと 冷蔵庫があり、手前には 洗面所と トイレがありました。 お部屋は 旅館風に仕上がっています。 アメニティもそれなりに付いていますので不自由はありませんでした。 玄関を出たこちらの渡り廊下から行けます。 向こうに見えるオレンジっぽい色の建物が 湯元館です。 湯元館の お風呂は3か所あり、 最上階露天風呂からは琵琶湖が一望できます。 各お風呂の入り口に、バスタオルとタオルが置いてあり、 手ぶらで回れます。 木もれび1Fにもお風呂があり、こちらは部屋からタオル持参になります。 出典:湯元館公式ページ 夕食 お風呂も入っていよいよ夕食です。 近江牛ステーキコースにしました。 お肉は上質で量もあります。 あとお刺身もあぶりが入っていて美味しかったです。 焼きながら食べれます。 少し大ざっぱな豚鍋。 いわゆる豚汁です。 かなり量があり、これだけでお腹一杯になりそうです。 締めは鳥肉とキノコの釜飯。 これもたっぷり量があったので全部は食べられませんでした。 茶碗蒸しがかなり後半に出てきて、少しタイミングが遅いかな? あとデザートも梨のゼリーだったか最後に出てきました。 量は全体的に多く、お腹一杯になりますが、旅館の料理というよりは、お家でご飯を食べているような、どちらかというと家庭的なお料理でした。 設備 フロント奥に娯楽室がありました。 卓球・ビリヤード・ブルブルマシーン・マッサージチェアと 何故かジョーバも・・・無料で使えました。 カラオケのみ有料でした。 カラオケボックスはプレハブのような部屋だったので、防音はどうなのか? ちょっと気になる所です。 湯元館にもラウンジやバーもあったので、そちらで遊ぶのもいいかと!? スポンサーリンク 朝食 朝ご飯も昨夜と同じレストランで。 これも定番の朝定食って感じですが、お腹一杯になりました。 サラダと干物です。 ウインナーとベーコンも付いてて、炙って食べます。 お隣の湯元館の数か所のお風呂が入れて、1万円程で宿泊出来る所がここ「木もれび」のいいところです。 WI-FIなど必要最低限の設備は整っていますので、特に滞在中の不自由は感じませんでした。 お宿でゆっくり過ごすなら、お隣の湯元館がいいと思いますが、私のように観光重視の弾丸ツアーで利用されるなら、こちらのほうがお得だと思います。 私は、比叡山延暦寺とガーデンミュージアム比叡に行きましたが、どちらも1日ゆっくり過ごせます。 特に比叡山延暦寺は敷地も広く時間がかかります。 リーズナブルな料金設定ですので、外国人観光客の方も多く見られましたが、食事の際に席を離すなど旅館側の心遣いも感じられました。 車だと最寄りインター京都東です。 所在地 TEL:077-579-8585 帰りに近くの道の駅でお土産を買って帰りました。 スポンサーリンク.

次の