布マスク リスク。 使い捨てマスクと布マスク、効果はどのくらい違いますか?

「手作りマスクは効果が薄く、また感染予防にマスクの効果を過信してはいけない」米専門家【新型コロナウイルス対策】

布マスク リスク

新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環で、安倍晋三首相が洗濯して繰り返し使える布マスクを5千万余りある全世帯に2枚ずつ配る方針を表明した。 布マスクの効用をめぐっては、専門家の間でも懐疑的な見方が多い。 九州大学大学院の矢原徹一教授(生命科学)は「国は布マスクの配布に加え、子どもたちのために自作するよう要請しているが、適切ではない」と指摘する。 布マスクは織り目のサイズが大きいため、飛沫(ひまつ)を防ぐ効果が小さい。 また繰り返し洗って使う場合、管理が悪いと雑菌がはびこる可能性があり、かえって不衛生になる可能性も挙げる。 5年前に英国の医学誌に発表された論文では、1607人の医療従事者を、医療用マスクをつける人、布マスクをつける人、マスクをつけたり外したりする人にわけて感染リスクを比べたところ、布マスクをつけた人がもっとも呼吸器疾患やインフルエンザ症状を示した人が多かったという。 WHO(世界保健機関)は、新型コロナ感染拡大期における布マスク使用について「いかなる状況においても勧めない」と助言している。 聖路加国際大学の大西一成准教授(公衆衛生学)も「布マスクには他者からの感染を防ぐ効果はまったく期待できない」と話す。 布マスクとの間に不織布を挟むというアイデアもあるが、顔との間に隙間ができてしまうため、効果は限定的という。 ただ、大きな飛沫をせき止め、のどを保湿する可能性はあるため「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と話す。 (岡崎明子).

次の

WHOが健康な人へ新型コロナ予防のマスク着用を勧める場合と布マスクの推奨について

布マスク リスク

新型コロナウイルスの飛沫に見立てた微粒子(0. 3マイクロメートル以上)を空気中に漂わせ、マスクを着用。 専用装置を使い、外の空気中とマスクの内側の粒子数を計測し、比較したところ、マスクの種類別で以下のような調査結果となった。 侵入率が最も低かったのは、医療現場や工事現場などで使われる防じんマスクだった。 不織布マスクも、着け方に注意をしないと効果がなくなってしまうという。 「布やガーゼマスクではウイルスの流入を防げません。 日常生活で馴染みがあるマスクの多くは、正式な感染予防用に作られたものではないのです」 一方で、くしゃみや唾などウイルスを含んだ大きな飛沫を直接吸い込むことを防いだり、ウイルスが付着した物に触れた手で、鼻や口を触ることを防ぐことはできるため、大西准教授は「マスク着用に意味がないわけではありません」と念を押す。 その上で、マスクと皮膚との間にすきまができないように着用してください。 それぞれのマスクの特徴を知って、使い分けてほしい」(大西准教授) 防じんマスクでも、密着した着け方をしていない場合は漏れ率が6倍に膨らむ調査結果となった。 大西准教授は「感染リスクが高い医療現場でさえ、マスクが自分の顔に密着し、ウイルスの侵入を防げているかを調べる『フィットテスト』がほとんど行われていない」と指摘。 「高性能のマスクでも着け方によって漏れ率に大きな差が出ます。 医療現場でフィットテストが広がり、感染予防対策に役立ててほしい」と話している。

次の

夏は熱中症対策に「布マスク」の活用を。屋外ではつけないことも大事

布マスク リスク

「WHOは布マスク着用を推奨している」 という人が居ますが、情報の混乱が予想されるので整理します。 WHOが健康な人へ新型コロナ予防のためのマスク着用を勧める場合 WHOが健康な人に新型コロナ予防のためのマスクの着用を勧める場合があります。 それは冒頭の画像のように、 新型コロナウイルスに感染している或いは感染のおそれのある者の身の回りの世話をする場合です。 逆に言えば、それ以外の場合には健康的な人がマスク着用をする意味は無いと言っています。 「身の回りの世話をする場合」とは、COVID-19に感染している者が居る部屋に入る際を想定しているようです。 健康な人が日常的にマスクを着用することは、まったく推奨していません。 そして 手洗いをしっかり行っている場合に限りマスクは効果があるとも言っています。 Cloth e. cotton or gauze masks are not recommended under any circumstance. 布(たとえば綿やガーゼ)マスクは 如何なる状況においても推奨しません。 この記述は"in health-care settings"=医療現場におけるものに限らず、"home care"の場合も推奨しない、という趣旨でしょう。 しかし、この文章は 公衆衛生および感染予防および制御(IPC)の専門家、医療管理者、医療従事者、および地域医療従事者を対象としていますから、一般向けのものとは異なるものです。 この辺りの情報はマスメディアすら混同して報じているので要注意です。 WHOは布マスク推奨している? WHOのHPの中で体調が悪い者に対しては布マスク(紙マスクも)でも推奨している記述があります。 しかし、これは3月26日の" Thailand Situation Report" におけるものです。 タイにおける事情から不織布マスクなどを利用できない場面を想定している可能性も考えられるため、これを「WHOの方針」と捉えるには慎重になるべきだと思います。 再掲: こちらのページを見ると分かるように、不織布マスクなどを念頭に置いていることが分かります。 まとめ• WHOは健康者には新型コロナ患者或いは疑いの者の世話をする際のみ着用を推奨し、特に同じ部屋に入る場合には必ず着用するよう求めている• そのマスクの種類は不明だがサージカルマスク~不織布マスクを念頭においている模様• マスクの着用は、手洗いの徹底をして初めて意味がある• 「WHOが布や紙マスクでも可と言っている」というのはタイの報告書であり、汎用的なものであると扱うには慎重になるべき• WHOは一般人の健康な人が感染予防のためにマスクをすることは非推奨• 体調が悪い人が他人にうつすのを防ぐためにマスクを着用することは推奨されている 一般人相手のアドバイスか・医療現場を対象とした助言か。 健康者か感染者か。 その記述は何を対象にしているのか?という観点を持って情報を整理するべきです。 追記:WHOが布マスクの有用性を示唆しました 以上 Nathannate.

次の