野 ブタ を プロデュース 山田 裕貴。 2012年4月頃

「野ブタ。をプロデュース」特別編 PRODUSE5 △2

野 ブタ を プロデュース 山田 裕貴

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 巧拙はさておいて、原作と違い、ラストで修二の一定の変化を描いたのは評価したいですね。 全員が成長したという展開は良かったと思います。 【悪い点】 メイン3人の演技が拙く感じました。 堀北さんは、評価が高い女優さんですが、個人的には彼女の演技はイマイチに思います。 男子2人、特に修二役の亀梨くんの棒読みっぷりは・・・ 苦笑。 蒼井という明確な「悪役」を設定してしまった点。 この話はそれぞれの他人との関係の「自省」で成り立つと思いますので、変に悪役を入れなくてもよかったのでは。 しかも、皆さん御指摘の通り、その描き方が中途半端です。 プロデュース対象の「野ブタ」を女の子にした点と、マイペースで生きられる「彰」の存在。 修二が彰を苦手としつつ、徐々に認めて行くようになるというのは、単品で見ればいいんですが。 クラスで不人気の存在は「野ブタ」と「彰」の2人も要らなかったのでは、と思います。 それと、野ブタが女の子である必要もなかったのでは・・・原作ヒロインのマリ子の存在意義が薄まりましたし。 修二と信太の関係と成長を軸にしても、十分に連続ドラマ1クール分を埋められると思いますけどねぇ。 山下くんを出すための苦肉の策だったんでしょうな・・・いくら何でも細身の山下くんが「野ブタ」役は苦しいでしょうし。 【総合評価】 原作の欠点は埋めようとしてみたものの、新たな穴を空けてしまった印象の作品です。 評価は「とても悪い」で。 料理の仕方によっては、非常に良作になったと思うんですけどねぇ・・・原作にしろドラマにしろ。 放送当時大人気だった山下・亀梨・堀北を起用したドラマ。 普段の彼らの演技をあまり評価していないが、野ブタに関しては彼らの演技は意外にも良かったと思える。 まず山下が演じる彰は簡単に言えばバカキャラ。 思った事を口にする素直だが、時折空気が読めないキャラは何故だか役にハマって見えた。 次に亀梨演じる修二はクラス1の人気者を演じるキャラ。 世の中の人間、自分以外は全てレベルが低いとも思ってるような常に斜めに構える中二病のような役柄だが 基本的に格好付ける事に抵抗の無さそうな亀梨が演じると、とても自然に見えてしまうのが不思議。 時折見せる寒いギャグは置いといて、人間誰しもが腹の内を見せたがらないと思うし、自分という人間を演じている事には、納得せざるを得なかった。 そして堀北演じる信子。 修二によってプロデュースされる前のいじめられていた信子は どこか表情に暗さがある堀北が演じると実は昔いじめられっ子だったのか? 思ってしまう程の影の落とし方を見せてくれた。 物語の途中で笑うシーンがあるのだが、その時の引きつった笑顔と言ったら、もう顔の表情を変えられない人間が作る笑顔そのものに見えた。 イケメンを蔓延らせる役柄が多いドラマよりいじめられっ子の方が個人的にはハマリ役だと思う。 そんなキャラ設定がハマっていた作品だが、問題なのはシナリオの薄さ。 信子がいじめられる原因然り、蒼井が信子達に嫌がらせをする理由然り なんとなく感が漂う理由が、見ていて不快感しか残らなかった。 それに前半までのテンポが良い流れとは裏腹に蒼井のいじめが始まってからは 話のテンポが悪くなり始め、いじめの陰湿さというより蒼井のメンヘラさだけが残る作品だった。 終わり方こそスッキリした部分はあるが、なんとも後味が悪い話だった。 あんなに簡単にプロデュースして変わり、あそこまで劇的に人の反応は変わるものなのか。 御都合主義な部分が見えてくると、どうしても物語の薄さしか感じられない。 それが少し勿体なかったように思う。 原作を読んで居ないので、どこまでがこのシナリオとマッチしているのか分からないが まあ良くも悪くも主題歌を含め、話題になった事は確かである。 どんなに素晴らしい作品も、見てもらえなければ評価も出来ないし、存在すら知りえない。 それを考えればこのドラマは「結果としては」成功したのだろう。 ただ、ドラマそのものの評価としては、残念ながら悪いです。 「クロサギ」や「コードブルー」などではクールな主人公を演じられてますが こういうバカっぽい役のほうが似合ってて可愛いと思うんですよね。 草野は痛い子かもしれませんが良い奴でしょう。 後半から草野と小谷のラブコメになっていくのが良かった。 Wデートの回で悔しそうに小谷たちをつけてたりして面白かった。 「周りはガキばっかだぜ! 」と他人を見下している。 その主人公も女子生徒から「バカじゃないの? 」と思われてしまってる。 修二もただのガキにしか見えません。 言ってることは間違ってないと思うんだけど・・・。 まり子と付き合ってるのも体裁のためで尽くしている良い子の彼女がかわいそう。 調子のいい性格のせいか後々痛い目を見ることになるし 草野や小谷を見て自分を見直していってるけどね。 「こんにち月火水木金ど〜〜〜! 」 「バイセコー」「バイバイセコー」 「おは4メートル! 」「出た〜新記録〜」挨拶がいちいち寒すぎる。 ・2年B組の生徒 小谷がブレザーにブスと落書きされたのを知って最悪だのなんだの 言ってたくせに私服登校がうらやましくなって便乗しようとした女子、 寒いなんちゃってお笑いコンビデスティニー、机を掃っただのキモいだの 理不尽な理由でいじめる坂東達など主人公含めろくな人間がいないクラスですね。 ・蒼井がなぜ卑劣な嫌がらせをするのかわからない 嫌いだからうっとおしいからってだけでなぜそこまで小谷たちに執着して 手が込んだ陰湿なことをするのか理解できません。 人のあとつけて写真まで撮ってるなんてよっぽどの理由がないとただの異常者。 嫌がらせをしてしまう事情、背景が見えてこない。 散々酷いことをした後に自殺未遂って本当この子どうしたんだ? と思っていたときに修二が「じゃあさ、お前何がしたいんだよ? 」 お! よく聞いた! すると蒼井は「覚えててほしい、それだけ」 ・・・構ってちゃん? 結局このやり取りは夢オチだったので真意はわからずじまい。 この回のオチもよくわからなかったよ。 総評 良くも悪くも馬鹿馬鹿しいしくだらない。 思っていたより楽しめました。 作品DB内ブログ記事 1. by 陣兵... 脚本は『 野 ブタ。 を プロデュース』... by mind... してなかったな… ドラマで一番多いのって恋愛ものだと思います 学園物も実質上恋愛ものなのが多い。 でも私は今の恋愛ドラマは見る気になれないんですよ。 何故なら誰と誰がくっつくかすぐにわかっちゃうのが多い! 酷いのだと番組紹介だけでバレバレ。 その点で良いと思ったのは「 野 ブタ。 を プロデュース」ぐらいです。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

「野ブタ。をプロデュース」特別編 PRODUSE5 △2

野 ブタ を プロデュース 山田 裕貴

概要 [ ] 第41回(度)受賞作品であり、第132回候補にもなった。 クラスの人気者・桐谷修二は、これまで「人生はつまらない、この世の全てはゲームだ」と考えていたが、突如自分の高校に転校して来た典型的なられっ子・通称「野ブタ」を人気者にプロデュースしていく。 物語は終始修二の語りで進行し、男子高校生の殺伐とした人間関係をコミカルに、そして生々しく描いた。 「主人公が転校生をプロデュースする」「主人公が最後に転校する」といった部分は原作とドラマで重なるが、それ以外のストーリーや設定は大きく異なり、別物といえる。 原作はバッドエンドとも言えるような結末で話題となった。 その一方で、ドラマ版では青春ドラマらしく明るく爽やかな最後を迎える。 漫画版も存在し、原作を土台にしているが、終盤の展開が異なる。 ストーリー [ ] 高校生の桐谷修二は、大した努力もせずになんでもこなせる文武両道な人気者。 優秀さに驕り、表向きは仲良く接している周囲の人々を、自分よりも劣る者として内心では嘲っていた。 その一方で、素の自分を誰にも見せられず、恋人のまり子にもつい一線を引いて接してしまう事を気に病んでいた。 新学期でもない時期外れの頃に、急に修二のクラスに転校生がやってきた。 その転校生・小谷信太は、無口で人と関わる事が苦手で、一目で「いじめられて転校してきた」とわかるような、修二からすれば底辺の部類の人物だった。 当初は彼に興味を持っていなかった修二であったが、やがて小谷が挙動不審さからいじめの対象になり、深刻な暴力さえ受けるようになってからは彼を気にするようになった。 修二は本気で彼を心配しているわけではなかったが、退屈しのぎの「ゲーム」として、いじめられっ子の小谷を人気者へと変貌させる「プロデュース」を行う事に決めた。 修二の様々なプロデュースの結果、小谷へのいじめはやがてなくなった。 小谷は人との接し方が不器用ではあったが、根は誠実で優しい人柄であったため本当の人気者となった。 外面を良く見せる事によって人気者の地位を保っていた修二は、素のままで周囲からの支持を得る野ブタへと嫉妬さえ感じるようになった。 とあるトラブルから修二は友人たちからの信頼を失ってしまった。 その時になって初めて修二は、今まで内心で抱いていた周囲への侮蔑が隠し切れておらず、周囲の人々はその事も見抜いた上で、そんな修二の幼さを黙って受け入れてくれていただけだと知らされてプライドを打ち砕かれた。 人気者と蔑まれる者、いつの間にか修二と小谷の立場は入れ替わっていた。 修二はまり子や小谷からのとりなしを拒み続けて孤立し、その後転校していった。 新しい学校では修二は、今度は誰にも見破られぬように完璧な人気者を演じ切り自分自身を「プロデュース」するのだと誓い、素の自分を殺す二面性をより強くしてしまうのだった。 登場人物 [ ] 桐谷 修二(きりたに しゅうじ) 本作の主人公。 高校2年生。 文武両道でなんでも上手くこなせる人気者で、誰からも好かれるキャラクターを演じているが、内心では自分よりも劣る周囲の人々を見下している。 皆の上に立つ「人気者」という立場に強いこだわりを持っている反面、そのための背伸びをした態度に窮屈さを感じてもいる。 学校だけでなく、家庭内でも猫をかぶっており、両親不在時の自宅でしか気の休まる事がない。 小谷 信太 こたに しんた 修二のクラスにやってきた時期外れの転校生。 修二の勘違いから野ブタが愛称になる。 転校当初は脂ぎった伸ばしっぱなしの髪などの不潔な容姿や、挙動不審な態度から非常に気持ち悪がられていた。 ほどなくして不良たちからいじめの対象とされ深刻な暴力を受けていたが、修二の「プロデュース」によって救われ、人気者となる。 前の学校でいじめに遭った事が転校の原因であり、それが原因で人付き合いが異常に下手になってしまっていたが、本来の性格は穏やかで誠実。 どん底の状況からプロデュースして救ってくれた修二を恩人として慕っている。 修二にトラブルが起こった後も、悪い噂を信じずに一途に修二を信じ続け、彼を支えようとするが、修二が引越してしまう。 上原まり子(うえはら まりこ) 才色兼備で、学年のマドンナ的存在。 周囲からは修二の恋人と思われているが、実際には恋人ではない。 修二の一線を引いているようなそっけない態度に悩んでいた。 修二にトラブルが起こった後も、悪い噂を信じずに一途に修二を信じ続け、彼を支えようとする。 書籍情報 [ ]• 原作小説• 「野ブタ。 をプロデュース 単行本」(著:白岩玄、)• 「野ブタ。 をプロデュース 河出文庫」(著:白岩玄、河出書房新社)• 「野ブタ。 をプロデュース デザートKC」(原作:白岩玄、画:、) テレビドラマ [ ] 野ブタ。 をプロデュース ジャンル 原作 脚本 演出 北川敬一 佐久間紀佳 出演者 当時 エンディング 「」 製作 プロデューサー 河野英裕 小泉守 下山潤 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜21:00 - 21:54 放送枠 土曜ドラマ 日本テレビ 放送分 54分 回数 10 からまで毎週の21:00 - 21:54 に、系の「」枠において(主演)との共演で放送された。 脚本はが、音楽はが手掛けた。 同枠で前クールに放映された『』からの続投となる。 トップクレジットは亀梨であり、山下のクレジットには特別出演の表記があった。 ただし、当時スポーツ新聞で亀梨・山下のW主演と報じられ、エンディングクレジットも亀梨、山下の並列表記されている。 そのような事情により後日W主演と誤解される事があるが、DVDボックスもトップクレジットが亀梨和也特別出演山下智久という記載があり、あくまでも亀梨の単独主演の作品である。 また、の出世作としても知られている。 『』誌主催の第47回ドラマアカデミー賞で最優秀賞作品等六部門を獲得。 このドラマの登場人物である「」はユニットとしてCDを発売し、その年のCD年間セールス1位に輝いている。 原作では男子であった「野ブタ」が女子に変更されている。 そのことからストーリーの展開も大幅に変わり、原作に登場する人物もテレビドラマ版ではほとんど登場しない。 また、彰はテレビドラマ版のオリジナルキャラクターであり、原作には登場しない。 ドラマ版では「希望の持てるラストにしたい」という製作サイドの意向のもと、原作とは異なった世界観・ストーリー展開がなされている。 毎回一話一話に何かしらのメッセージが含まれており、修二・彰・野ブタの3人が内面的な葛藤と成長を経験し、友情を育んでいく過程を描いている。 そのため、中盤からクラスの間での人気取りから3人の間の関係に重点が置かれている。 いじめられっ子を修二がする、というところは同じだが、小谷が女子高生という設定により女子としての魅力を高めるという方向のプロデュースが多い。 最初単なる受けの良さや軽いノリで始まったプロデュース作戦から、三人それぞれの物事に対する思いが垣間見え、普遍的な教訓を感じ取る。 小説では修二は常に物事を斜に構えて見る存在として描かれているが、ドラマでは冷たいように見えて人が好きで、他の人を気遣いすぎるあまり愛想よく表面的に振舞ってしまうという性格設定がなされている。 そんな修二が野ブタのプロデュースを通して自分を見つめなおすという方向で話を進めている。 から開始予定であった『』の放送開始延期を受けて、同日からまで、土曜日22:00 - 22:54枠で全10回の「特別編」として放送予定。 4月18日、6月13日の放送内では、亀梨・山下からの緊急メッセージも挿入して放送された。 作品概要 [ ] ドラマの前半(1話-6話)では「教室」という独特のルールや移ろいやすい価値観、いじめという現実が存在する場所で、どのように自分を魅力的に見せ、自分の居場所を確立していくかという点を基調にしつつ様々なプロデュース作戦を展開する。 表面的にしか人と接しなかった修二が、不器用だがひたむきな信子、自分に正直な彰とのかかわりの中で、徐々に心情に変化が現れる様子が描かれている。 後半(7話-10話)から修二自ら作り上げた「桐谷修二」と現実の乖離、彰の信子への想い、いじめの犯人(蒼井)との対決が絡んでくる。 その中で3人が戸惑い、傷つき、翻弄されながらも、互いを信じ友情を育んでいく過程を描いている。 ストーリー(テレビドラマ) [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 キャスト [ ] 私立隅田川高等学校 [ ] 主要生徒 [ ] 桐谷 修二(きりたに しゅうじ) 演 - () 本作の主人公。 2年B組の生徒。 誕生日は。 表向きは明るく面倒見が良くて誰からも好かれるが、実は何事もゲーム感覚の冷めた性格で、自分のポジションを得るために人気者のキャラクターを演じており、常に打算的な言動で自身のイメージ作りに腐心している。 彰と信子との出会いによって、今まで着けていた「仮面」を外し、自分に正直に生きていく。 正直な気持ちを告げるが故にフッてしまった、まり子のために教室で「海岸」を作り、最後の想い出づくりをするなど、本当は人に優しい少年。 最終話で転校する。 物語は修二の目線で語られていく。 草野 彰(くさの あきら) 演 - (当時)() 2年B組の生徒。 修二の親友と称し、修二にまとわりつく。 性格は基本的におおらかだが、優柔不断でおっちょこちょい。 喧嘩が強い。 口癖は「~だっちゃ」「なのよ〜ん」「コン!」。 正義感が強く自分なりのルールを持っており、思ったこと感じたことがそのまま発言や行動に出る性格で、いつも周囲との兼ね合いを気にする修二とは対照的。 一方、クラスでも一人浮いた存在で、父親が会社社長という恵まれた環境で育ったが故に「やりたいことがない、今まで楽しいと思ったことがない」と述べる。 そこで修二を強引に誘って信子のプロデュースを開始。 父親の旧友である平山の家(豆腐屋)に居候しており、そこを修二や信子とともに溜まり場として、飲み物としていつも二人に(彰はマメチチと呼ぶ)を振舞う。 物語の中盤から、信子に恋心をいだくようになる。 最終話では、修二が転校先に登校する前日に同じ学校へと転校してくる。 また、彼は原作には登場しないテレビドラマ版のオリジナルキャラクターである。 小谷 信子(こたに のぶこ) 演 - (幼少期:) 2年B組の生徒。 転校生で地味な冴えない少女。 破れたネクタイを修二がブタのワッペンで修繕したことから野ブタと呼ばれる。 暗い性格で小学生の頃からいじめを受けてきたが、それは継父との不仲にも起因する。 家は狭いマンションで経済的にも恵まれていない。 無口で笑顔がなく、自分を魅力的に見せる事をしないが、修二や彰とのかかわりの中で徐々に心を開いていく。 話が進むにつれ、不器用だがひたむきな性格や、他人を思いやる優しさや、前向きで逞しい面を見せるようになり、最初はゲーム感覚だった修二のプロデュースに対する姿勢や表面的な付き合いしかできない修二の性格にも影響を与えていく。 最終話で修二の転校を知ってショックを受けるが笑顔で送り出すために奔走する。 上原 まり子(うえはら まりこ) 演 - 2年A組の生徒。 女子バスケットボール部ので、学校のマドンナ的存在。 常に周囲の人に優しく誠実に接する。 人の噂や意見に一喜一憂することがない、芯の強い性格。 修二とは誰もが羨む美男美女のカップルだが、本心を見せない修二に対して不安を抱いている。 付き合わなくなった後も修二に弁当を作ってあげるなど気遣っていた。 また、蒼井の本性を知り、打ちのめされた信子を慰め、友達になる。 教職員 [ ] 横山 武士(よこやま) 演 - 修二、彰、信子たちの担任(国語教師)。 「えー」と言いながらズボンのベルトを上げるのが癖。 過去にはを自主制作していたが、自身の生活を考えて教師になった。 頼りなげな小心者だが、生徒を温かく見守っており「教師の仕事は好き」らしい。 酔った勢いで校長に辞表を提出したことがあり(おまけに校長を殴っている)、生徒らの署名により辞任は免れた。 早乙女先生(さおとめせんせい) 演 - 体育教師。 いつもを持つ強面。 通称「 セバスチャン」。 だった時期にも自分を見捨てなかった母を大切にしている。 家原 靖男(いえはら やすお) 演 - 校長。 黒木 広子(くろき ひろこ) 演 - 数学教師。 佐田 杳子(さだ ようこ) 演 - 魔女のようなスタイルをした教頭兼美術教師(通称「 キャサリン」)。 神出鬼没。 おどろおどろしい雰囲気を持っているが、生徒たちの状況をよく把握しており、修二たちに教訓を与える。 2年B組 生徒 [ ] 蒼井 かすみ(あおい かすみ) 演 - 信子の初めての友達。 クラスでは目立たない世話好きな普通の女の子だが、実は信子のビデオテープを再生不能にしたり、お化け屋敷を破壊する等のを行っていた。 信子が水族館で助けた老人は自分の祖父だと嘘をつき信子に近づくが、それは信子をさらに追い詰め、修二と彰を追い落とす腹つもりでプロデュースに加わる。 しかし後にまり子に正体がばれてしまい、信子に本性を見せる。 一時信子をにしてしまうが、信子が復帰し、逆に自分が追い詰められる事になる。 明石 博之(あかし ひろゆき) 演 - クラスメイトからはそのまま「アカシ」と呼ばれる。 目立った行動はしないが、明るくノリのいい好青年。 井上 美咲(いのうえ みさき) 演 - 優しく明るい性格で誰にでも愛想が良い。 カラオケ好き。 植木 誠(うえき まこと) 演 - 色々と知ったかぶりをするので「シッタカ」と呼ばれる。 信子に恋心を抱いていることに気づいた修二は、2人をデートさせてプロデュースしようとするが、デート中に助けた老人の吐いた物が付着した信子の手を拒否してしまい、そのことを信子に嫌悪されてしまう。 遠藤 文太(えんどう ぶんた) 演 - クラスの硬派不良軍団3人のリーダー的存在。 坊主頭とピアスが特徴で、常に難しい顔をしながら両手を組んでいる事が多い。 修二たちが「野ブタ。 キーホルダー」を製作・販売する際に、「願いが叶う」というウワサを広めるため、ちえとくっつけた。 それ以降はちえと付き合っているらしく、昼休みに一緒に弁当を食べている。 実はアクロバットが得意。 大石 里恵(おおいし りえ) 演 - 河合 哲司(かわい てつじ) 演 - 木村 愛里(きむら あいり) 演 - 近藤 利晃(こんどう としあき) 演 - 末高斗夢(現・) 隅高「お笑い研究会」に所属するお笑いコンビ・「デスティニー」のボケ担当。 佐伯 奈美(さえき なみ) 演 - 佐藤 学(さとう まなぶ) 演 - ガリ勉で「トーダイ」と呼ばれている。 高田 由佳(たかだ ゆか) 演 - 谷口 健太(たにぐち けんた) 演 - 大東俊介(現・) 通称「タニ」。 吉田や修二と同じグループにいる。 強気な性格で意思表示がはっきりしている。 他校の不良高校生3人組に絡まれ暴行を受け、ケガをした所を修二が目撃したが、クラスメートと気づかず助けなかった事で谷口は修二を責め、修二はクラスで孤立するようになった。 その後修二が不登校になった信子を学校に登校させるため、クラスメートのメッセージをビデオに撮って届けたいと提案した時は即座に受け入れた。 これもあって信子はまた登校するようになった。 修二のこの行動が見直されたのか、その後修二はタニらグループの面々と和解した。 手塚 真吾(てづか しんご) 演 - 昆虫オタクの変わり者。 1年生の時「114」の日に告白相手から水をかけられて以来、昆虫に夢中になるようになった。 ほとんどのクラスメートからは無視されている。 長谷川 俊明(はせがわ としあき) 演 - (現・) 隅高「お笑い研究会」に所属するお笑いコンビ・「デスティニー」のツッコミ担当。 沼田 真弓(ぬまた まゆみ) 演 - 野村 明美(のむら あけみ) 演 - 橋本 麗子(はしもと れいこ) 演 - 斉藤友以乃(現・) 坂東 梢(ばんどう こずえ) 演 - 上記の4人は信子を転校初日から敵視し、いじめていた。 坂東が信子を「114」の日に認めて以降はいじめをやめ、信子が不登校になった時は学校に来るように呼びかけた。 福浦 浩輔(ふくはら こうすけ) 演 - 宮里 亜沙子(みやさと あさこ) 演 - 矢沢 恭平(やざわ きょうへい) 演 - 山田ジェイムズ隆志(やまだジェイムズたかし) 演 - クラスメイトからは「ジェイムズ」と呼ばれる海外。 修二たちのグループの中にいる事が多いが、特に目立った行動はしない。 ハーフながら英語は苦手らしい。 「114」の日を知らなかったことから、昨年その日以降からの転入生という設定になっている。 湯川 瞳(ゆかわ ひとみ) 演 - 吉田 浩(よしだ ひろし) 演 - 修二と同じグループにいる。 和久井 拓三(わくい たくぞう) 演 - 渡辺 ちえ(わたなべ ちえ) 演 - 2年B組 座席表 [ ] 撮影場所は東京都台東区の竜泉中学校(現在は廃校) この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 遠藤文太 矢沢恭平 佐藤学 木村愛里 高田由佳 和久井拓三 渡辺ちえ 湯川瞳 小谷信子 蒼井かすみ 手塚信吾 佐伯奈美 井上美咲 沼田真弓 河合哲司 福浦浩輔 明石博之 野村明美 橋本麗子 桐谷修二 草野彰 坂東梢 山田ジェイムズ隆志 谷口健太 吉田浩 宮里亜沙子 大石里恵 植木誠 近藤利晃 長谷川俊明 教壇 主要生徒たちの家族 [ ] 桐谷 悟(きりたに さとる) 演 - 修二の父(会社員)。 愛妻家で、多忙な伸子のかわりに家事をこなし、子供たちによく気を配っている。 友情に厚い熱血漢。 桐谷 伸子(きりたに のぶこ) 演 - 修二の母。 海外を転々とした仕事をしている。 時折日本に帰国するが、すぐに海外へ行ってしまうため登場回数は少ない(演じる深浦の体調を考慮した設定と思われる)。 桐谷 浩二(きりたに こうじ) 演 - (当時・現) 修二の弟(小学5年生)。 小谷 滋(こたに しげる) 演 - 信子の父(信子の母の再婚相手)。 幼い信子に対して他人行儀な態度をとったことが信子の人格形成に大きな影響を与えている。 草野 庄一(くさの しょういち) 演 - 彰の父(会社社長)。 平山とは親友。 非常に喧嘩っ早い性格なうえ、親子喧嘩をしても彰と互角。 その他 [ ] ゴーヨク堂店主・デルフィーヌ 演 - 隅田高校の近くの書店の主人(隅高OB)。 本屋での立ち読みを禁止している。 坂東たちが立ち読みした際は力づくで追い返したが、修二からお願いされたため、信子の立ち読みは了承した。 自分で本も執筆・出版しているらしい。 台車を押して行商しており、突然現れ、去り際には含蓄の深い一言を残す。 平山 一平(ひらやま いっぺい) 演 - 彰の下宿先の豆腐屋の主人。 庄一の旧友。 気さくな楽天家であり、彰の良い指南役である。 修二達の呼び名は おいちゃん。 スタッフ [ ]• 原作 -• 脚本 -• 音楽 -• アクションコーディネーター -• 演出 - 、北川敬一、佐久間紀佳• 主題歌 - 「」()• 挿入曲 - 「グリーン・ウィロー」(作曲:池頼広)• VFXスーパーバイザー -• タイトル・アニメーション -• 協力 - NiTRo• プロデューサー - 河野英裕、小泉守、下山潤• 制作プロダクション -• 製作著作 - 日本テレビ 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル アクションコーディネーター 演出 視聴率 PRODUCE 1 2005年10月15日 いじめられっこ転校生を人気者に 剱持誠 岩本仁志 16. 土曜21:00 - 21:54• ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・• 月曜14:05 - 15:00• (・日本テレビクロスネット)• 火曜22:00 - 22:54• (フジテレビ系列)• 土曜16:00 - 16:54• 番組のオープニングとエンディングで登場するブタはピンクが修二で、緑が彰を表している。 ピンクのブタの父親が飛行機で世界中に郵便を届ける職業という設定で、石造りの家の格納庫に複葉機がしまってあるのだという。 『』では「ズムサタで野ブタ。 をプロデュースをプロデュース」というコーナーで番組のPRを行っていた。 その当時の『ズームイン!! サタデー』の司会者で日本テレビのアナウンサーのとサブ司会者のは、後にゲストとして出演している。 番組内で登場する修二とまり子が食べる弁当と学生カバンは、『』内の番組応援企画「野ブタ。 をプロデュースをプロデュース」で公募したものである。 ドラマのOAに際し、原作本には亀梨と山下の写真が載った帯が用いられたが、この写真やドラマの放送前PRのCMのセットは当該作品の前の『』のものを使っている(黒板が一般の物と比べるとかなり明るいところなどからわかる。 なお、この黒板は『女王の教室』でが演じた阿久津真矢の黒い衣装にマッチするように通常の物よりも明るい緑となっている特別品である)。 また、教室のセットも同作で用いられた物を改装して用いられている。 ドラマ中に修二が発する「今日月火水木金、どぉー」や「バイバイセコー」は亀梨の発案によるものであり、彰ののモノマネやの口癖のまねは山下の発案によるものであった。 (旧東京商船大学)越中島キャンパスで大部分のロケが行われた。 また、桐谷家があるマンションは同じクールのドラマ『』の皆川勇太郎のマンションとしても使われていた。 亀梨と山下がドラマの役名『』で歌う主題歌「」は11月2日に発売され、わずか4週で100万枚以上を売り上げ、オリコンの「2005年シングル売上げ年間ランキング」の1位を発売からわずか3週で獲得した。 スウェーデンでも 2006年6月21日に発売され、その次の週にスウェーデンのシングル売り上げランキングで41位を獲得した。 脚本執筆、撮影ともにぎりぎりのスケジュールの中で行われた(脚本家・木皿泉愛用のワープロが壊れるなどのアクシデントがあった)。 そのため、予告が放映されない回もあった。 9月中旬に始まった撮影がクランクアップしたのは最終回の放映前日12月16日の朝4時15分で、クランクアップの模様はその16日朝、寝ずにそのまま『ズームイン!! SUPER』に参加した亀梨と山下を交え放映された。 堀北は番組終了後、(2005年末-2006年年明けに開催)のテレビ中継のイメージキャラクターを務め、その際にこの番組の衣装(制服姿)で登場している。 また、選手たちのインタビューなどのBGMにはドラマで使用されていたBGMが使われた。 修二と彰が転校した学校の名前は「県立 網五高等学校」で、「網五」は「アミーゴ」を表している。 第1話の時点で柊瑠美の演じた役は「蒼井 かすみ」という名前ではなかった。 これは第1話の出席確認のシーンで、蒼井が呼ばれた時返事をしたのが別の人物だったことからも確認できる。 同局のドラマでもある『』にて本作の存在を示唆する描写がある。 同局の亀梨が主演する2016年放送の『』の第6話に同クールで放送の『』とのコラボ企画で、主演の堀北がゲスト出演し1シーンを再現した。 両者ともドラマでの共演はこの作品以来、10年ぶりとなった。 亀梨と山下は4月より『』にて12年ぶりの再共演、テーマ曲を『亀と山P』のユニット名で歌うことになっている。 系 前番組 番組名 次番組• 関連商品 [ ]• 「野ブタ。 をプロデュース シナリオBOOK」(原作:白岩玄、脚本:木皿泉、)• DVD• 「野ブタ。 をプロデュース DVD-BOX」()• Vol. 1「第1話、第2話」収録、Vol. 2「第3話、第4話」収録、Vol. 3「第5話、第6話、第7話」収録、Vol. ・「私の好きなもの」フルver. ・「野ブタ。 COME BACK! 」フルver. ・エンディングCGノンクレジットver. サウンドトラック• 「野ブタ。 をプロデュース オリジナル・サウンドトラック」(バップ) 脚注 [ ]• 初回は30分、最終回は15分拡大。 ORICON NEWS. オリコン. 2020-04-09. 2020年4月9日閲覧。 映画ナタリー. ナターシャ. 2020-04-17. 2020年4月18日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン. 2020-04-17. 2020年4月18日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン. 2020-05-01. 2020年5月1日閲覧。 mantanweb. まんたんウェブ. 2020-05-15. 2020年5月15日閲覧。 2020年6月14日閲覧。 2016年1月2日閲覧。 2009年2月4日. 2015年12月17日閲覧。 2020年4月13日 , 2020年4月14日閲覧。 2020年4月23日 , 2020年4月25日閲覧。 2020年4月27日 , 2020年4月28日閲覧。 モデルプレス 2016年2月20日• 2006年4月5日. 2015年12月17日閲覧。 2005年11月23日. 2015年12月17日閲覧。 外部リンク [ ]• - らによる全話解説.

次の

木皿泉

野 ブタ を プロデュース 山田 裕貴

人物 [ ] 和泉 務( - 、出身、男性)は当初・としてライターデビュー。 妻鹿 年季子( - 、兵庫県出身、女性)は美術科コース 卒業後、商社勤務を経てシナリオライターとなる(当時のペンネームは本名の妻鹿年季子)。 和泉は木皿泉のペンネームでシナリオを書き始めるが、『』の脚本依頼を機に妻鹿とペアを組み、共同のペンネームとなる。 ちなみにペンネームの由来は「キザな和泉」から。 [ ] 和泉は『すいか』の脚本の執筆後の2004年にで倒れ、病院で生死の境をさまよい、退院後は重度ののため妻鹿のとサービスを受け生活している。 なお、この出来事を機に妻鹿は和泉との結婚を決意、1月に婚姻届を提出した。 妻鹿は『セクシーボイスアンドロボ』の脚本を書く頃からを発症し(そのため4・5・7話の脚本が代理執筆)、治療しながら脚本を書いていたことをインタビューや講演、著書『二度寝で番茶』などで赤裸々に語っている。 仕事の成功を祈願する時ににを奉納する。 [ ] 二人とも大の読書家で、ドキュメンタリー番組では化と共に壁という壁が本棚にリフォームされている自宅の様子が見られた。 エアコンも扇風機も必要がないと言い、脚本もワープロで書くなどアナクロなポリシーを持つが、捜しても本が見付からない時は、通販で買った方が早い、と言うなど合理的な一面も見られた。 互いに相手を「とむくん」「ときちゃん」と呼び合う。 共同で脚本を書くスタイルは独特で、まずは二人で登場人物その他の設定を考え、後は妻鹿がほぼ一人で執筆していく。 そして妻鹿が行き詰ると和泉が膨大な知識や経験を元にアイデアを捻り出し場面を展開していく、というもの。 連ドラの執筆中はプロデューサーが打ち合わせのため東京から神戸に通ったり、脚本の遅れから撮影が遅れ、編集作業の完了が放送直前になることもしばしばあることから、脚本家としては遅筆であることが有名。 [ ] 来歴 [ ] には、『』(系列)で連続テレビドラマにも進出。 視聴率こそ振るわなかったものの、連ドラ初脚本にも関わらず第22回が贈られるなど、高い評価を受けた。 『』(2005年、日本テレビ系列)は平均視聴率16. 2%を最終話で記録するなど 、好調な視聴率だった。 のちに行われた書籍のインタビューで、木皿自身も明らかにしている。 また、ほかの木皿作品同様に、ストーリーに内包しているメッセージは大きく深く、最終回放送後から続編やDVD化を望む声が殺到した。 執筆に当たって、「十代の人のために、真剣に、わかりやすく、媚びずに」を念頭においていたと語る。 その内容は高く評価され、誌主催の第47回で最優秀賞作品等6部門を制覇した。 最優秀作品賞、主演男優賞(亀梨和也)、助演女優賞(堀北真希)、脚本賞(木皿泉)、監督賞(岩本仁志ほか)および音楽賞を贈られている。 4月に新設された日本テレビ系列の新ドラマ枠(火曜日22時台)第1弾となる、『』の脚本を担当した。 『すいか』以降担当している日本テレビのドラマ作品は全て同社の河野英裕がプロデュースしている。 2013年上演の『君ほほえめば』から舞台脚本を手掛けることになった(作・演出は演劇ユニット「ピースピット」主催の末満健一) が、後に依頼を受けた『すうねるところ』の方が先に2012年に上演された。 『君ほほえめば』では主役の引きこもり青年の父母役として和泉、妻鹿共に声の出演をした。 には、『』でを果たす。 本作は『すいか』に感銘を受けた小野寺優(当時編集者)の依頼によりに執筆が開始されたものの、病気や多忙により執筆が中断されていたものを、河出書房新社のに就任した小野寺の強い後押しにより9年越しで完成させた作品である。 自身初の小説であるものの、第11回(第2位)や第27回の候補に選出されるなど、高い評価を受ける。 2014年10月には、自身の脚本によりでドラマ化された。 には『カゲロボ』で第32回山本周五郎賞候補。 脚本・原作 [ ] テレビドラマ [ ]• (第2シーズン1990年 - 1991年、スペシャル版2005年、・・主演、)• (1998年 - 1999年)・出演、SKYPerfectTV• (2003年、小林聡美主演、) - 優秀賞• (2005年主役・特別出演・ヒロイン日本テレビ)• (2007年、・主演、日本テレビ)• (2010年、・主演、日本テレビ) - 優秀賞• 第一話 さまざまな人が通って日が暮れる• 第二話 うそがきらいで顔がさびしい• 第三話 腹立つ時見るための海• 最終話 世の中を忘れたやうな蚊帳の中• 人生、成り行き〜天才落語家〜(2013年、NHK BSプレミアム)• 「ドブコ」(2014年、堀北真希主演、)• (2014年、主演、NHK BSプレミアム)• (2016年1月2日、薬師丸ひろ子・主演、)• (2017年1月3日、薬師丸ひろ子・小泉今日子主演、NHK総合テレビ)• (2017年3月31日 - 4月1日、主演、)• 2017年12月9日・16日・2018年5月12日、NHK BSプレミアム 劇場アニメ [ ]• (2013年) ラジオドラマ [ ]• 「」(2001年—2008年、主演、福島三郎演出、)• 「」 2012年2月4日、、、出演、)• 「呼吸する家」 2013年6月29日、、、、清水智子出演、NHK-FM)• 「」 2014年3月8日、柿澤勇人、石川褝、金沢映子、佐藤みゆき 他出演 舞台 [ ]• (2012年、主演)• 君ほほえめば(2013年3月、末満健一、清水智子、永津真奈、橋爪未萠里、杉森大祐、岡嶋秀昭出演)• (2014年、薬師丸ひろ子主演) 連載 [ ]• 『小説推理』(双葉社)にエッセイ「二度寝で番茶」を2009年1月より2010年1月まで連載(同社より単行本化) 同誌にエッセイ「マイ シークレット ライフ」を2014年1月から寄稿、2018年12月現在、連載中。 『波』(新潮社)に「カゲロボ」を 2014年5月 から2017年5月 まで36回連載。 NEXTに2018年12月28日現在、『木皿食堂』を連載中 (双葉社より単行本化)• 冊子「scripta」()に『ぱくりぱくられし』を2012年から連載開始 、 2018年現在、第12巻第3号まで連載中。 書籍・雑誌 [ ] シナリオ [ ]• すいか• 「すいか」『1997年版 テレビドラマ代表作選集』日本放送作家組合; 、日本放送作家組合、1998年。 『すいか : シナリオBook』、日本テレビ放送網、2004年。 文庫に改版、2冊 『すいか』山田 あかね、河出書房新社〈河出文庫〉、2013年。 -[き7-1] 第1話—第5話。 『野ブタ。 をプロデュース : シナリオbook』、河出書房新社、2014年。 小説 [ ]• 「夕子」『文藝』第52巻第2号、河出書房新社 編 、2013年5月、 208-221頁、。 昨夜 ゆうべ のカレー、明日 あした のパン• 『昨夜 ゆうべ のカレー、明日 あした のパン』河出書房新社、2013年。 文庫に改版 『昨夜 ゆうべ のカレー、明日 あした のパン』河出書房新社〈河出文庫〉、2016年。 『ハル』マッグガーデン、2013年。 『さざなみのよる』河出書房新社、2018年。 エッセー [ ]• 木皿食堂• 『木皿食堂』双葉社、2013年。 『木皿食堂』双葉社〈双葉文庫〉、2016年。 『二度寝で番茶』土橋とし子 絵 ; 高山なおみ 料理 、双葉社、2010年。 その他 [ ]• 『木皿泉 : 総特集 : 物語る夫婦の脚本 これまで と小説 これから 』河出書房新社〈KAWADE夢ムック 文藝 〉、2013年。 増補新版 『木皿泉 : 総特集 : ますます物語る夫婦作家のこれから』河出書房新社〈KAWADE夢ムック 文藝 〉、2018年。 「苺のケーキ」『おやつ : アンソロジー』PARCO出版、2014年。 「ダンナの祖母がくれたもの」『ほんのきもち』扶桑社、2018年。 映像メディア [ ]• セクシーボイスアンドロボ• DVDビデオディスク 1枚 セクシーボイスアンドロボ. 日本テレビ 製作著作 ; バップ 発売.. 1 : 、v. 2 : 、v. 3 : 、v. 4 :• しあわせのカタチ• NHK DVD. NHKエンタープライズ; 河出書房新社 発売.. 2015年. 木皿泉-しあわせのカタチ-. NHK DVD. NHKエンタープライズ; 河出書房新社.. NHKエンタープライズ; ポニーキャニオン.. 2015年. 富士ファミリー• ビデオディスク 1枚 116分 富士ファミリー. NHK DVD. NHKエンタープライズ.. 2016年• ビデオディスク 1枚 134分 富士ファミリー2017. NHK DVD. NHKエンタープライズ.. 2017年• バップ.. 2011年3月. 関連図書 [ ]• コミック化 『昨夜のカレー、明日のパン』、幻冬舎コミックス; 幻冬舎 発売 〈バーズコミックス〉、2016年。 - コミック化• 翻訳版 毛, 叶枫 2017 中国語. 昨夜的咖哩, 明日的面包 Zuo ye de ka li, ming ri de mian bao. 读客外国小说文库. ・: 江苏凤凰文艺出版社. 人物評 島崎今日子「現代の肖像 木皿泉 脚本家」『Aera』第23巻47 掲載通号1251 、2010年10月25日、 62-66頁、。 - 妻鹿年季子のシナリオ作家としての伝記。 死生観 宇野常寛「ゼロ年代の想像力--「失われた10年」の向こう側 第6回 ふたつの「野ブタ。 」のあいだで--バトルロワイヤルの離脱条件」『SFマガジン』第48巻12 620 、2007年12月、 226-233頁。 - 木皿の描くテーマと独特の死生観に注目。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2015年発売の「木皿泉〜しあわせのカタチ〜DVDブック」のコメンタリーでは、ワープロは使い続けているが、エアコンは購入したと語っている• 「野ブタ。 をプロデュース」第10回 2002年12月17日 視聴率 69分 18. TVドラマ『野ブタ。 をプロデュース』 2005年 の当時は「ふたりでひとつ」の男女ペアの覆面作家として正体を明かさなかった木皿泉が、長時間の取材を受けて『すいか』をバブル批判として書いたこと、『野ブタ。 』に託したメッセージを述べた。 木皿泉脚本と河野英裕プロデューサーとのコンビは 『すいか』 2003年 、 『セクシーボイスアンドロボ』 2007年 、 『Q10』 2010年 、 『おやじの背中』 2014年。 『君ほほえめば』上演期間は2013年3月14日—18日、会場は兵庫・。 『すうねるところ』上演期間は2012年8月27日—9月9日(東京都・)と2012年9月13日—9月14日(兵庫県・)。 木皿泉(脚本)のほか内藤裕敬(演出)。 ギャラクシー賞優秀賞。 初出は『別冊文藝春秋』2013年7月号 、第11回本屋大賞2位。 DVDの形式はカラー; ステレオ; ワイド; PCM; 字幕: 日。 島崎今日子著『〈わたし〉を生きる : 女たちの肖像』 に収載。 『SFマガジン』連載 2007年7月号-2008年6月号 に大幅に加筆、単行本 に収載。 出典 [ ]• yomiuri online. 2018年6月28日. 2018年12月29日閲覧。 島崎 今日子「」『』第23巻47 掲載通号1251 、2010年10月25日、 62-66頁、。 木皿 泉「」『婦人公論』第100巻23 1437 、2015年11月24日、 26-29頁。 マガジンハウス 2018年2月15日. 2018年12月28日時点のよりアーカイブ。 2018年12月28日閲覧。 2018年2月14日. 2018年12月28日時点のよりアーカイブ。 2018年12月28日閲覧。 木皿 泉「」『小説tripper : トリッパー』第2008巻冬季、2008年、 18-25頁。 artv 2002年. 2018年12月28日閲覧。 『』2005年10月19日号「ディレクター『野ブタ。 をプロデュース』日記」第1回• 他 2006年8月13日. 第二次惑星開発委員会. PLANETS 2. 2018年12月28日閲覧。. 2006年1月25日発表• 河野英裕 プロデューサー 2010年9月2日. 日本テレビ. 2011年2月21日時点のよりアーカイブ。 2018年12月28日閲覧。 2014年8月10日. 2014年9月24日時点のよりアーカイブ。 2018年12月28日閲覧。 CINRA. inc 2013年3月5日. 2016年4月26日時点のよりアーカイブ。 2018年12月28日閲覧。 CINRA. inc 2012年5月18日. 2016年1月5日時点のよりアーカイブ。 2018年12月28日閲覧。 「ぱくりぱくられし 第13回 「自分は自分でいいんだと思えるところからしか、オリジナルなものは出てこないと思う」 『二度寝で番茶』より 」『Scripta』第9巻4 掲載通号 36 、2015年、 14-16頁。 「マイ シークレット ライフ」『小説推理』、双葉社、 161-168頁。 「カゲロボ 1 G 前編 」『波』1 掲載通号529 、新潮社 編 、2014年1月、 101-107頁。 「カゲロボ日記 最終回 コレデオシマイ」『波』5 掲載通号569 、新潮社 編 、2017年5月、 88-91頁。 2018年12月28日閲覧。 神戸新聞NEXT. 2018年12月28日閲覧。 「ぱくりぱくられし 新連載・第1回 「2010年には、まだあるのよ奇跡が」 『Q10』9話より 」『Scripta』第6巻4 掲載通号 24 、2012年、 22-24頁。 「ぱくりぱくられし 第23回 」『Scripta』第12巻3 掲載通号 47 、2018年、 12-14頁。 BOOK STAND 2014年4月8日. AERA dot 朝日新聞社. 2018年12月28日時点のよりアーカイブ。 2018年12月28日閲覧。 PR TIMES 2018年4月18日. 2018年12月28日閲覧。 朝山実 2018-06-20. 週刊朝日 AERA dot 朝日新聞社 2018年6月29日号. 2018年12月28日閲覧。. (創作は)いろんなものをかき集め、風呂敷でギュッとまとめた感じ(妻鹿)、夫婦で縁起物を作っているようなもん(和泉)。 山本真也 2018年7月18日. 毎日新聞 地方版. 2018年12月28日閲覧。 会員限定有料記事• CINRA. NET 2015年11月5日. 2015年12月19日閲覧。 『ゼロ年代の想像力』早川書房、2008年7月。 外部リンク [ ]•

次の