メチル アルコール と エチル アルコール の 違い。 同じアルコールでメチルは目がつぶれる、というし エチルはお酒…

エタノールを飲むとどうなる?知らないと酔っぱらうだけではすまないかも!

メチル アルコール と エチル アルコール の 違い

エタノールは異名を持つアルコールの一種でお酒 メチルアルコール、イソプロピルアルコール、そしてエチルアルコールなどの物質を総じてアルコールと呼びます。 ミクロの世界で言うと、中心となっている炭素原子の数によって種類が異なってきます。 おや?エタノールは?と思いますよね。 エタノールの異名 エチルアルコールがエタノールなのです。 つまり、別名です。 またの名をエチルハイドレート、酒精とも言います。 「アルコールさんとこのエタノール君ったらエチルアルコールという通り名を持っていて、一部ではエチルハイドレートって呼ばれているみたいなのよ」 「あらやだ、こっちでは酒精(しゅせい)って聞いたわよ」 ということです。 そうです。 世界に広く知れ渡っているお酒の「アルコール」が「エタノール」なのです。 スポンサードリンク エタノールはアルコール 化学の世界で初めてエタノールがアルコールだと認められたことから、一般で「アルコール」と言えば「エタノール」のことを指すようになりました。 映画か何かで消毒薬代わりに強めのお酒を使うのも、このためです。 酔っぱらってしまう以外に、人体には悪影響のない物質なのです。 お酒に似せてはいるけれどもアルコールの入っていない飲料を「ノンアルコール」と言いますよね。 化粧品やウェットティッシュで表記されている「ノンアルコール」や「アルコールフリー」も同じことなのです。 と言っても、 市販されている消毒用エタノールは飲めるのかと聞かれれば、いいえと即答しましょう。 こちらには飲み込んでしまったら内臓などを傷付けてしまう刺激物のような添加剤が含まれているので安全ではないのです。 用法をきちんと守りましょう。 ちなみに、先程上げた化粧品とウェットティッシュですが、「ノンアルコール」と書かれていても、体質によっては安心できません。 フェノキシエタノールという成分に注意して下さい。 名前から察せられるように、アルコールの仲間ではあるのですが性質としては全くの別物なので、アルコールとは違った扱いを受けています。 体質や肌の状態によってはヒリヒリとした痛みなどを発生させる刺激物となってしまいます。 まとめ 確かにアルコールとエタノールは同じものと言えます。 しかし、細かい所をつつけば、アルコールは必ずしもエタノールだけを指すとは限らなくなってきます。 あくまでも「アルコールさんとこのエタノール君」の扱いで、他にも兄弟のような仲間がいるのです。 そのため、場合によっては「アルコールはエタノール」、または「アルコールがエタノール」という言い方は間違いになってしまうので注意しましょう。 一言付け加えるなら「アルコールの一種は(が)エタノール」ですね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

【メタノールとエタノールの違い】中毒・治療方法・致死量・死のメカニズムまで…│色すなわち これ空なり

メチル アルコール と エチル アルコール の 違い

エタノールとメタノールの違い エタノールとメタノール。 一文字違いで大違い。 お酒の中のアルコールはエタノール。 燃料用のアルコールはメタノール。 エタノール=エチルアルコール CH3CH2OH メタノール=メチルアルコール CH3OH エチルとメチルが違うだけ。 アルコールランプの燃料はメタノール。 エタノールよりメタノールのほうが安い。 エタノールが分解されると、アセトアルデヒドになる。 メタノールが分解されると、ホルムアルデヒドやギ酸になる。 ホルムアルデヒドはアセトアルデヒドより毒性が強い。 メタノールが体内に入ると、アセトアルデヒドより毒性の高いホルムアルデヒドに分解され、最後に腐食、浸透性がある猛毒「ギ酸」へと分解される。 ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質の一つとして知られ、気体は呼吸器などの粘膜を刺激し、咽頭充血、呼吸困難などの症状をひきおこします。 また、ギ酸は頭痛や吐き気を引き起こし、さらに視神経を傷付け視力障害や失明を引き起こします。 メタノールは無味無臭のため、お酒に混ぜて夫を殺したといった事件もあります。 エタノールを飲むことはありますが、メタノールを飲んだら危険。 というイメージですが、多くのお酒にはエタノールだけでなくメタノールも含有されています。 下戸の私にとっては、エタノールもメタノールも毒ですけどね。 687• 185• 257• 190• 251• 103• 284• 249• 128• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の

消毒用「エタノール」と、有害な「メタノール」の違いにご注意ください!|板橋区公式ホームページ

メチル アルコール と エチル アルコール の 違い

エタノール(エチルアルコール)とアルコールと酒精の違いと意味 まず、私たちがビールなどとして摂取する飲料に含まれるアルコールはエタノールに当たります。 そして、このエタノールは国際化学命名法での呼び方であり、別の呼び方としてはエチルアルコール(慣用名)や酒精とも表現するのです。 化学式(構造式)としては以下のようなものがエタノールに相当します。 つまり、 エタノールとエチルアルコールと酒精には違いはなく、同じ物質といえるのです。 一方で、アルコールとはこのエタノールだけだはなく、メタノール、プロパノール 、ブタノール、ペンタノールなどの多くの種類が挙げられます。 要は、化学構造的に炭素鎖に直接-OH基がついている有機物質の総称がアルコールに対応しているわけです。 つまり、エタノールはアルコールの一種といえるわけです。 なお、アルコールランプなどの理科の実験で使用する物質は「メタノール」や「メタノールとエタノールの混合物」であることも、併せて覚えておきましょう。 エタノールと発酵アルコールと合成アルコールの違い【アルコール】 エタノール(エチルアルコール)やアルコールの違いは上述の通りといえますが、さらによく聞く似た言葉として「発酵アルコールや合成アルコール」というものもあります。 実は発酵アルコールや合成アルコールとはアルコールを製造する際の製法によって分類したときの名称といえます。 具体的には、発酵アルコールとは言葉の通り発酵させてできるアルコールのことといえ、じゃがいもさつまいものデンプン等の糖質を原料として製造されるものを指します。 一方で、合成アルコールはこちらも言葉のまんまといえますが、科学物質を元に人工的に合成されてできるものといえます。 具体的には、エチレン等の炭化水素がベースになっていることが多いです。 なお、先にも述べたようにエタノールはアルコールの一種であることから、発酵アルコールの中でもエタノールであるものを発酵エタノールと呼んだり、合成されてできるエタノールを合成エタノールなどとも表現します。 まとめ エタノールとアルコールや発酵アルコールや合成アルコールや酒精の違い ここでは、エタノールとアルコールと発酵アルコールと合成アルコールと酒精の違いについて確認しました。 エタノールとアルコールの違いとしては、アルコールはメタノール、エタノールのプロパノールなどの様々なアルコールの総称といえ、エタノールはその中の1種といえるわけです。 なお、エタノールは別の言い方で、エチルアルコール、酒精などともいうことを理解しておくといいです、 一方で発酵アルコールと合成アルコール、各アルコールの製造方法に違いがあるといえます。 きちんとエタノールとアルコールや発酵アルコールや合成アルコールや酒精の違いを学び、日常生活に役立てていきましょう。

次の