淡路島 釣り ブログ。 淡路島 釣り・釣果

淡路島 洲本ブログ

淡路島 釣り ブログ

はじめに 淡路島で釣りをする時、どこで釣具やエサを準備するか? 初めての釣行の時には迷ってしまいますよね。 淡路島で初めて釣りをするなら、淡路島の釣具屋・エサ屋さんで釣具やエサを準備することをオススメします。 なぜなら、現地の情報を店員さんから直に聞けるからです。 現地の釣果情報に詳しいのは現地の釣具屋・エサ屋の店員さんです。 現地の釣具屋・エサ屋の店員さんは積極的に釣果を調査していたり、 お店に持ち込まれた釣果をまとめていたりしますので、 旬な情報を入手できることがメリットです。 次に淡路島のどの釣具屋・エサ屋さんに行けば良いか? 淡路島にはたくさんの釣具屋・エサ屋さんがあって迷ってしまうと思います。 私は淡路島で子供の頃はサビキ釣りや投げ釣りをして、大人になってからはタチウオ釣りやチヌ釣りをしてきました。 色々な釣りをしながら、たくさんの淡路島の釣具屋・エサ屋さんを見てきた中で、 品揃えが良く、情報量が豊富で初めて淡路島で釣りをする時に適した3店舗を紹介します。 淡路島のオススメ釣具屋・エサ屋 まるは釣具 洲本店 淡路島で一番品揃えが良い釣具屋さん。 サビキ釣りやタチウオ釣りが楽しめる洲本港に近く、エサの調達に便利です。 淡路島で連日の釣りをするときにエサの補給をするためにも立ち寄りたい淡路島で一番オススメのお店です。 もちろん紀州釣り関連のエサも豊富に揃っています。 住所:兵庫県洲本市下加茂1-656• 電話:0799-23-1075• 営業時間:月~金9:00~22:00、土曜4:00~22:00、祝前日9:00~22:00、日・祝日4:00~20:00 公式サイト:スタッフブログ、釣果情報、インスタグラム、ツイッター、LINE、YouTubeあり。 番外編 淡路島の釣具店ではないですが、京阪神から淡路島へ行く時にオススメの釣具屋の紹介です。 フィッシングマックス 芦屋店 名神高速の西宮ICを降りて神戸方面へ向かう途中の芦屋にある釣具屋さん。 品揃え豊富で、釣具や釣りエサはほとんど揃っています。 芦屋店の他に、神戸ハーバー店も淡路島へ向かう途中にあるので合わせてオススメです。 取り扱いエサは、シラサエビ、地エビ、ブツエビ、青イソメ、青イソメ(太)、石ゴカイ、ムシ(本虫)、チロリ(砂虫)、イチヨセ(袋虫)、コガネ、青コガネ、アケミ貝、丸貝、ボケ、小ボケ、ユムシ、本コージ、岩ガニ、クモガニ、タコガニ、シロウオ、活マス、活アジ、ドジョウ、活モロコ、ウグイ、サルボ貝。 住所:兵庫県芦屋市平田町1-41• 電話:0797-34-4848• 営業時間:時期により変更(シーズン中は24時間、HPを参照) 公式サイト:スタッフブログ、釣果情報、エサ在庫状況あり.

次の

淡路島バス釣りの旅2日目。ついに淡路島バスゲット!ポイントや使用ルアーの紹介。

淡路島 釣り ブログ

淡路島 のエギングおすすめポイント 釜口漁港の釣り場紹介記事です。 海図・海底地形図もあるので最後までご覧ください。  地形的にこの釜口漁港の北にある仮谷漁港のあたりが少し大阪湾に突き出しているため、 この釜口漁港は他に比べて少し潮が緩みます。 そのためか漁港外側一帯にベイトが多いです。 メインの釣りものは アオリイカで堤防先端からカーブ付近までどこでも狙うことができます。 アオリイカの魚影は大変濃いです。 ベイトが多く、 潮通しをみても地区的にも青物の回遊もあるかもしれませんが、 ショアジギングをされている釣り人を見たことがないのと、青物が上がってるのを見たことが無いのでなんとも言えません。 釜口漁港の釣り場詳細 釜口漁港は数少ない淡路島東側にある漁港です。 (大きな漁港はいくつかありますが、エギングするような「ちょっとした漁港」は少ないです) 漁港が淡路島をバックにして 南東を向いているため北西風には強いです。 が、 シャローで海底が目の細かい砂であるため、少し海が荒れるとすぐ濁ります。 淡路島でも特に遠浅になっている東岸の北部にあり、 潮通しがよく 秋イカ狙いのエギングにオススメの漁港です。 年にもよるでしょうが、春になっても藻はあまり生えないので春イカ狙いはあんまりかもしれません。 潮通しが良いのは嬉しいのですが、 大潮の引きのタイミングではこのあたりはカナリ潮が走るため軽めのエギを使ったエギングでは釣りになりません。 堤防の外側はテトラがつんでありますが、 小さめのテトラですので足場はそれほど悪くないですし、 すこし風化している感じでツルツル滑らないです。 釜口漁港の水深・海図・海底地形図 釜口漁港はシャローフラット この海底地形の画像は釣りナビくん(マリンネットワークス(株)) の提供で作成しています。 釜口漁港への行き方 釜口漁港への行き方は下記参照 スポンサーリンク 釜口漁港まとめ 釜口漁港は淡路島東側では珍しく、こじんまりとした漁港で、 エギングでランガンする場合には西側ではチェックしたいポイント。 淡路島でのエギングでメインとなる 淡路島の西側が北西風などで釣りにならない場合はこの漁港が有望です。 淡路島を釣りしながら1周するぞ!なんてときには是非。 近くの釣り場は富島漁港 釜口漁港のおまけ淡路島のエギングルール 淡路島のエギングには淡路島ルールがあります。 もちろん他のどの釣り場にもある ゴミを捨てない、 仕事をしている人の邪魔をしない、 なるべく墨を堤防に吐かせない、 騒 がない、 迷惑駐車をしない などなど当たり前のルールはどこにもあるのですが、 淡路島のローカルルールがあります。 (どうやら7月~9月は淡路島ではアオリイカは産卵期のようで、エギンガーが増えすぎてオリイカ激減!! なんてことにならないように守ってください。 もちろんオスメス限らずです。 優しく手では触らず低いところからお願いします。 ん???私が知っているアオリイカの産卵期は春。 場所によっても違うのかもしれません。 これも手で触らず優しく低い場所からリリースする。 これは淡路島だけでなく、どの釣り場でも守りたいものです。 おじいになってもエギングを楽しめる海があると嬉しいですね。 昨日行った釣り場が、明日釣り禁止になってないために、 アナタが何気なく捨てたゴミを見てみんながドンドンそこにゴミを捨てないために、 自分が行く釣り場だけじゃなくて、どこの海も今よりキレイに戻るように、 釣り人全体がゴミしたりマナーが悪いっていうイメージ自体を変えれるように どうか、ここを読んでから記事を読んでやってください。 こんなことにならないようにココを読んでから記事も読んでやってください。 現状の釣り人のイメージがコレです。 一塊で見られるので、 ボクも玄人さんも釣り始めたばっかりの方もアナタも将来釣りするかもなアナタの子供さんも こう見られていますし、このままやとこういう目で見られ続けます。 (に許可を頂いて使わせてもらっています) このブログでは 釣り場を隠すことなく記事を書いています。 たくさんの人が 釣りオモロっ!!ってなったらなんか嬉しいし、 みんなで仲良く楽しめばいいやんか。 と正直思うので、釣り場を隠していません。 このブログを見て行った釣り場もそうでない釣り場も 必ず• 駐車場はキッチリ• 漁港や地元の方の邪魔にならないよう仲良く、指示は守って• 叫んだりせず騒音を立てない• 一人一個持って帰ったら、すぐキレイになると思います。 釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。 ブログ管理人のワタクシは、 釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー、そんなもん知ってる。。。 もちろん押し付けはしません。 でも、、、 悲しいことやけど、看板立ってても横にゴミ捨てるようなのがいてるのも事実、、、 みんながマナー守って、マナー守らん人に教えるような流れにならんと、 釣りできるキレイな釣り場が減ってくのは止めれへんって。。。 という考えで記事を書いています。 (もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。 釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。 で教えていただけると幸いです。 キレイごと!と言ってもらって構いません。 キレイごとですからw その代わり、言ったうえでこういうのが広がるようにご協力よろしくお願いします いつか、このブログで書いてある釣り場のどこもが、逆にキレイになるように、好きなオススメの釣り場をむしろ書いていきたいと思っています.

次の

淡路島 釣り・釣果

淡路島 釣り ブログ

久しぶりのブログ更新!このところ仕事が忙しくサボっていましたが、すこしずつ再開しようかなと。 6月21日(日) 晴れ 大潮 この日は会社の同僚と釣り船を貸し切り8人で釣り船デビュー。 集合時間は淡路島に4時半。 最近は日の出が5時前のようなので5時には出港とのこと。 午前3時に自宅を出て淡路SAでお手洗い休憩。 夜明け前の明石海峡大橋は綺麗です 笑 なんだかんだ淡路SAから20分で目的地の育波漁港に到着。 本日お世話になる釣り船です! 8人全員が素人のため、竿から仕掛けからすべてレンタル。 ターゲットも当日までは詳しいことはわからないが、タコ、タイとの予想のもとYouTubeで勉強。 しかし、船長さんが親切でいろいろと教えてくれました。 午前5時出港です! 朝日が綺麗。 20分ほど船を走らせ、ポイントへ到着。 まずはタコ釣りから、事前の勉強通り、オモリを着底させ、小刻みに振ります。 船長さんからは違和感を感じたら合わせるようにという指示。 しかし、違和感とやらがあまりわからない。 すると突然、、、、お、、重い!!! 一気に合わせて巻き上げると!! 初めてのタコ!!結構いいサイズではないですか! 釣りを初めて5分、ヒット!!!! この日はオレンジのエギが良かったのか、オレンジのエギをしている人にタコが集まる。 ポイントを7か所ぐらい周り、全員でタコを30匹ぐらいはゲット。 良型のものは5匹ぐらい、中型5匹、そのたリリースまではいかない小さなものが20匹ぐらいでした。 リリースしたものが8匹ぐらいいたかな。 タコは比較的簡単で素人の人でも少し練習したらいけそうですね。 しかし、問題はここからでした。 午前10時頃から鯛サビキのポイントへ。 明石海峡大橋の下をくぐりました。 下からみても圧巻ですね。 さあ、鯛サビキ の仕掛けを用意、、、、 って、鯛サビキってこんなに長いのですね。 とにかく、手にハリがささりまくりました 笑 そして、明石海峡は潮の流れがあるので、おまつりしまくりでした。 どうしたらおまつりを防げるのでしょうか??? 素早く、オモリを着底させる??自分だけ実践しても周りの人が遅ければまつってしまうのか?? その中で、本日鯛は1匹のみ。 今まで釣果のなかった知人は鯛サビキの仕掛けにハマチが一気5匹かかっていました。 そして、1つのハリがなくなっていたので、6匹ついていたのでしょう。 初めての体験で見ているほうも興奮しました。 堤防や漁港で釣りをしているときには味わえない興奮でした。 しかし、その後もおまつり騒ぎでほとんど釣れず、、、、 まあ、はじめてのことで勉強代としては安いものかもしれません。 私はタコとこれだけ釣れたので満足でした。 鯛は綺麗ですね!! タコの下処理が大変でしたが、なんとか家族全員でぬめりをとりました。 そして、ゆでる! 夕食はお刺身祭り! 鯛のあら煮 これで初めての釣り船体験は終了。 素人でも安心して、釣らせてくれた船長さんに感謝です!! また、秋に行こう!!.

次の