梅雨 明け 東海 2019。 梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

千葉県の梅雨入り・梅雨明け情報

梅雨 明け 東海 2019

令和元年の梅雨入り 令和元年(2019年)の沖縄の梅雨入りは平年より7日遅い5月16日でした。 沖縄県奄美の梅雨入りが5月14日ですので、これより2日遅れて梅雨に入りました。 その後、6月7日に東海から東北南部まで梅雨入りをし、6月15日には東北北部も梅雨入りをしました(表1)。 表1 令和元年(2019年)の梅雨入り(速報値) 東海から東北北部は、上空に北から寒気が流入したり、下層に南から湿った空気が流入することが多かったために、梅雨前線によるものではありませんが、曇りや雨の日が続いたということでの梅雨入りです。 つまり、曇りや雨の日が多いということでの梅雨入りで、梅雨前線による雨が降っての梅雨入りではありません。 令和元年(2019年)は、太平洋高気圧の発達が遅れ、梅雨前線が沖縄付近から北へ押し上げられることがなかったため、近畿・中国・四国・九州北部の梅雨入りは6月26日と、平年より2週間以上遅れました。 梅雨入り、梅雨明けについては、昭和26年(1951年)以降のデータベースが作られていますが、52年前の昭和42年(1967年)以来の遅い記録を更新しました(表2)。 表2 西日本の遅い梅雨入り(近畿と四国で梅雨入りが特定できなかった昭和38年(1963年)を除く) 西日本の梅雨入りが遅れた52年前、昭和42(1967年)の梅雨には、西日本各地に大きな豪雨被害が発生し、「昭和42年(1967年)7月豪雨」と命名されました。 昭和42年(1967年)7月豪雨と令和元年の九州南部の記録的豪雨 昭和42年(1967年)7月上旬(7日~10日)の大雨は、「昭和42年7月豪雨」と、気象庁が命名するほど大きなものでした。 本州の南岸に停滞していた梅雨前線に、台風第7号から変わった熱帯低気圧から暖湿気流が流れ込みました。 長崎県佐世保市、広島県呉市、兵庫県神戸市といった背後に山地がある都市部で雨によって土中の水分が多く含まれているところに大雨となったため、土砂崩れや鉄砲水が多発し、300名以上の人がなくなる大災害が発生しました。 梅雨入りが遅れた令和元年(2019年)の西日本も、梅雨入り早々に記録的な豪雨となりました。 九州南部(鹿児島県と宮崎県)と熊本県では、6月28日からの144時間(6日間)降水量は400ミリを超え、宮崎県えびのでは、1000ミリを超えました(図1)。 図1 総降水量(6月28日22時から7月3日21時までの144時間(6日間)降水量) 梅雨前線は停滞前線の一種で、もともと南北方向への移動は少ないのですが、令和元年(2019年)6月28日からは、全く動きませんでした。 このため、太平洋高気圧の縁を回るように、湿った空気が、同じ場所に流入し続けました。 高気圧の縁を回るように流入した空気の中には熱帯低気圧(熱低)も含まれています。 台風や熱帯低気圧は、赤道気団という上空まで湿った空気の塊です。 太平洋高気圧のような熱帯気団は、下層は湿っているのですが、上空は乾いています。 熱帯気団に覆われても、南から暖湿気流が流入して大雨になりますが、赤道気団に覆われると、同じ南から暖湿気流が流入すると言っても、大気全体の水蒸気の量が多い分だけ豪雨となりやすく、より厳重に警戒が必要となります。 梅雨らしい日が続く一週間 現在、梅雨前線は沖縄付近まで南下していますので、梅雨が明けた沖縄では戻り梅雨、それ以外の地方では梅雨の中休みに入っています(図2)。 図2 予想天気図(7月7日9時の予想) しかし、週明けは、梅雨前線が北上し、梅雨のない北海道と、梅雨が明けた沖縄を除くと、ほぼ全国的に雨や雨を降らせる可能性がある曇りの日が続きます(図3)。 図3 各地の10日間予報 来週は、梅雨前線の活動が活発になってきますので、再び雨に対する警戒が必要となります。 そこで気になるのが今年の梅雨明けです。 令和元年の梅雨明けは 現在、梅雨明けをしているのは沖縄だけです。 平年では6月29日に梅雨明けをしている奄美も梅雨が明けていません(表3)。 表3 令和元年の梅雨入り(速報値) 鹿児島県・奄美の名瀬の16日先までの天気予報を見ると、7月9日は雨の確率が高く、降水の有無の信頼度は、5段階で一番良いA、また、11日は晴れの確率が高く、信頼度もAです(図4)。 図4 16日先までの天気予報(名瀬の場合) しかし、10日は晴れの確率が高いものの、雨などの確率もあり、信頼度は5段階で一番悪いEです。 名瀬の16日先の天気予報から見ると、奄美の梅雨明けは平年より11日遅い、7月10日前後ということができるでしょう。 同じ鹿児島県でも、鹿児島市の場合は、7月9日から17日まで傘マークが並びます。 そして、18日から20日は黒雲(雨の可能性がある曇り)マークが並び、晴れマークがでてくるのは21日です(図5)。 図5 16日先までの天気予報(鹿児島の場合) 17日は雨、18日から20日は黒雲の確率が高いのですが、ほかの天気になる確率もあり、17~20日の信頼度はEです。 20日の晴れマークにしても、信頼度は下から2番目のDです。 信頼度が低い予報ですが、平年より、一週間ほど遅い21日が九州南部の梅雨明けかもしれません。 ただ気になるのは、来週から連続する傘マークです。 特に、11日と14日は雷を伴って激しく降る可能性があります。 記録的な豪雨となった九州南部では、まだ、土の中に水分が残っており、土砂災害は発生しやすくなっています。 梅雨明け前の豪雨、つまり梅雨末期豪雨には、厳重な警戒が必要です。 一方、東京はというと、7月19日までは傘マークや黒雲マークが続き、晴れマークや白雲(雨の可能性が低い曇り)マークがでてくるのは、20日以降です(図6)。 図6 16日先までの天気予報(東京の場合) 信頼度は、19日がE、20日がC、21日がBと、日ごとに精度が高くなっていますので、関東甲信地方の梅雨明けは、ほぼ平年並みの20日前後ということができそうです。 九州南部だけでなく、来週はほぼ全国的に梅雨末期豪雨に警戒が必要です。 最新の気象情報を入手し、早めの避難行動をお願いします。 図1、図3、図4、図5、図6の出典:ウェザーマップ提供。 図2、表1、表3の出典:気象庁ホームページ。 表2の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。

次の

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨 明け 東海 2019

その地域の梅雨前線が南下していった、戻らなくなった時• 晴れが1週間以上続くと予想された時• 晴れが1週間以上実際に続いた時 などが、一応の目安とされています。 または、夏型のからっとした晴天が続くようになってから、梅雨開けと判断されることもあります。 更に、ぐずついた天候のまま、7月を超えてしまった場合は、 梅雨明け宣言が出ない事もあります。 最近では、2017年の東北地方(北部・南部とも)において、梅雨明けの日が速報値として出されたものの、その後天気が長くぐずついたため、最終的に梅雨明けが特定されませんでした。 こうしたケースもあるんですね。 梅雨のない場所もある 日本ではほとんどの地域で梅雨となりますが、例外的に梅雨のない地域もあります。 有名な所では 北海道ですね。 この時期はあまり雨が降らず快適な季節なんです。 というのも、梅雨前線は北上するほど力が弱まり、北海道に到着するころには、威力を発揮出来ないからです。 とは言っても、全く梅雨がないわけではありません。 少しジメジメした 「蝦夷梅雨」が続く時期もあります。 それでも5日前後と短く、梅雨のある地域からしたら羨ましい限りですね。 関連記事: 北海道以外では、梅雨前線の範囲から外れる 小笠原諸島にも梅雨はありません。 その代わり亜熱帯の気候のため、夏になるとスコールが降るので、これもまた大変ですね。 例年の梅雨入りの平均時期は? 気象庁の過去の梅雨時期のデータによれば、 梅雨入りと梅雨明けの平均(平年値)はこのような時期となっています。 地区 梅雨入り時期 梅雨明け時期 沖縄 5月 9日頃 6月23日頃 奄美 5月11日頃 6月29日頃 九州南部 5月31日頃 7月14日頃 九州北部 6月5日頃 7月19日頃 四国 6月 5日頃 7月18日頃 中国 6月 7日頃 7月21日頃 近畿 6月 7日頃 7月21日頃 東海 6月 8日頃 7月21日頃 関東甲信 6月 8日頃 7月21日頃 北陸 6月12日頃 7月24日頃 東北南部 6月12日頃 7月25日頃 東北北部 6月14日頃 7月28日頃 *ここでは、山口県は九州北部に入ります。 より 2019年の梅雨入り・梅雨明けの予想 2019年はやや雨が少なめ? 気象庁が発表している長期予報の6月予報を見る限りでは、• 北日本、沖縄・奄美…曇りや雨の日が、概ね平年並み、あるいは多め• 西日本・東日本…曇りや雨の日が、概ね平年よりも少なめ と出ています。 また気温は、全国的に平年よりやや高い日が多い傾向ですね。 今後の気象の変化によって、予報は変わっていくとは思いますが、最近の傾向や現段階の予報から見た、 2019年(令和元年)の梅雨入り・梅雨明けの予想は次の通りです。 また 気象庁で発表された予報の結果も随時更新していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 ですが、雨が降らないと夏に水不足が発生しますし、作物の育成にも影響がありますよね。 そうなると、秋には米や野菜が凶作となって、懐にも大きな打撃が・・・ 梅雨の時期は確かに不快かもしれませんが、作物にとっては必要ですし、自然のサイクルなので、無ければ困ってしまいます。 梅雨の時期に雨が良く降るのは仕方がありません。 そういうものだと割りきって、なるべく快適に過ごせるように、気持ちを切り替えていきましょう。 普段の心がけ次第で、 梅雨の季節も楽しんで過ごせるようにしたいものですね。

次の

愛知県(東海地方)2020年の梅雨入りと梅雨明け宣言はいつ?平年の時期や傾向も!

梅雨 明け 東海 2019

元号が平成から 令和へと変わって一年。 期待と共に迎えられた時代の始まりは、我々に大きな試練として立ちはだかっています。 それでも季節や暦は過ぎていきます。 寒い日が続いてると思ったら、いきなり 温かい日がやってきたり…。 2020年、特にこのGWの ステイホームは、これから皆さんの記憶に強く残ることでしょう。 そしてもうすぐ始まる6月。 今年も変わらず訪れる、うっとおしい梅雨の時期でもあります。 こちらの記事では岐阜県での、 梅雨入りや 梅雨明けの宣言はいつなのか? さらに平年での梅雨入り梅雨明けの 日時と 早いか遅いかなどの傾向についても 調査してみました。 全国各地方の梅雨入り梅雨明け情報はコチラ! MEMO 2020年6月10日、 気象庁は 「東海地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。 平年の6月8日よりも 2日遅く、去年よりも 3日遅い梅雨入りです。 梅雨入りの定義とは? 気象庁のHPでの解説によると、 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 この資料に掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 より引用 これはつまり、日照時間の多い日 梅雨入り前 から 少ない日 梅雨 に移る辺りで平均5日程の期間があり、 その中日を梅雨入りの日として発表している事になります。 平年の意味は? 天気予報で誰もが耳にしたことがあるのでは? 「平年並み」という言葉。 これは 「過去30年間の平均値」という 意味なんですが、なかなかこれを知る機会って 無いんですよね〜。 これから天気予報を見る時も、 「過去30年間の平均値」という事を知っていれば これまでとは少し違った見方ができるかも? 岐阜県 東海地方 の梅雨入りの平年の時期や傾向は? 気象庁でも発表されている岐阜県の 過去の梅雨入りについて調査しました。 梅雨入りが遅れる年も見られますが、 ここ近年はこれまで通り6月の上旬からの 梅雨入りが多いですね。 さらに近年は太平洋で ラニーニャ現象が 発生する影響のため、雨の日が減り 日照時間が伸びて夏の時期には 酷暑になる年も増えています。 エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態となっている。 今後秋にかけてエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続く可能性が高い(60%)。 より 令和2年5月12日 とのことです。 エルニーニョ・ラニーニャと共に発生しないということで、これから 夏までの日照時間は例年程度になるものと思われます。 これまでは 冷夏や 酷暑になる年もありましたが、今年は 今まで通りの熱い夏がやってくると予想されます。 毎年言われていますが、 熱中症対策を万全にしておきましょう! 年 梅雨明け 2020年 7月日頃 2019年 7月28日頃 2018年 7月9日頃 2017年 7月15日頃 2016年 7月28日頃 2015年 7月24日頃 2014年 7月21日頃 2013年 7月7日頃 2012年 7月23日頃 2011年 7月8日頃 2010年 7月17日頃 2009年 8月3日頃 2008年 7月12日頃 2007年 7月27日頃 2006年 7月26日頃 2005年 7月18日頃 2004年 7月13日頃 2003年 7月31日頃 2002年 7月20日頃 2001年 7月2日頃 2000年 7月16日頃 1999年 7月22日頃 1998年 7月31日頃 1997年 7月19日頃 1996年 7月11日頃 1995年 7月23日頃 1994年 7月11日頃 1993年 ー 1992年 7月19日頃 1991年 7月21日頃 1990年 7月18日頃 1989年 7月19日頃 梅雨明けの「ー」の箇所は、 梅雨明けの時期がはっきりしなかったために特定しなかったものだそうです。 全国各地方の梅雨入り梅雨明け情報はコチラ!• 家の中で自粛されている方• 普段時間が無くてその内に…と思ってた方• 使い捨てマスクってコスパ悪くない!? そう思われる方も多いはず。 さらに暖かくなってきた季節に先駆けて、 接触冷感素材のマスクも登場しました! しかも 洗濯もできるこのマスク、 3枚:1280円ですぐに買えるんです。 暑苦しい思いをされている方、購入を検討してみては?.

次の