ヘルツ 西日本。 東日本と西日本の境目はどこ?何県?未定義の東西境界線を徹底調査

【動画撮影の極意】シャッタースピードは 1/50秒もしくは 1/100秒に設定しよう♪

ヘルツ 西日本

A ベストアンサー 儲かる業種は以下の通り。 減益になる業種はありません。 1 印刷関連……紙幣、印刷物の切り替え 新元号に変わるたびに紙幣や貨幣、印刷物といった元号を使用する物のすべてを切り替える必要が出てくるため、印刷関連業への思惑が発生する可能性は高い。 2 硬貨・紙幣処理関連……紙幣や効果のデザイン変更による読み取り機械 また改元をきっかけに紙幣や硬貨のデザインが変更される可能性もあるため、それを読み取る機械関連にも注目が集まる可能性が考えられる。 3 システム関連……元号管理や表示の改修対応 官公庁や金融機関など元号で管理や表示を行っている組織はコンピューターシステムの改修も必要になるだろうから、システム関連にも注目が集まる可能性が考えられる。 A ベストアンサー ビッグリップですか? もし宇宙の膨張が加速し続けて重力、電磁気力、弱い力、そして強い力でも太刀打ちできなくなると、 物質や素粒子を結びつける力は事実上ないも同然になり、 この世の粒子はすべて空間の拡大に伴って引き裂かれていきます。 現在宇宙の拡大に伴って銀河と銀河が遠ざかっているように。 なお、たとえば人体に空間膨張の影響が及ばないのは、その程度のスケールでは空間膨張のペースが遅く、 先ほど述べた4つの力の方が大きく勝るからです。 ただしこれは想定されるケースの一つです。 もう少し宇宙の膨張の加速が小さければ、宇宙は熱的死を迎えると言われています。 さらに宇宙の膨張がいずれ止まり反転に転じれば、遠い将来宇宙はビッグバン以前の宇宙のように一点に縮んでしまいます。 このように宇宙の将来のシナリオはいくつか提唱されています。 それは宇宙の将来の姿を決める宇宙の膨張が今後どうなるか、いまだよくわからないからです。 それにはダークエネルギーやダークマターの正体の解明がほとんど進んでいないことが大きくかかわっています。 したがって、現段階では宇宙の将来の姿は断定されていません。 ビッグリップですか? もし宇宙の膨張が加速し続けて重力、電磁気力、弱い力、そして強い力でも太刀打ちできなくなると、 物質や素粒子を結びつける力は事実上ないも同然になり、 この世の粒子はすべて空間の拡大に伴って引き裂かれていきます。 現在宇宙の拡大に伴って銀河と銀河が遠ざかっているように。 なお、たとえば人体に空間膨張の影響が及ばないのは、その程度のスケールでは空間膨張のペースが遅く、 先ほど述べた4つの力の方が大きく勝るからです。 ただしこれは想定されるケースの一つです。 A ベストアンサー 年金暮らしの隠居生活者ですので、暇つぶしに。 一日で早朝6時出発で暗くなった夜8時30分まで高速道路をほとんど休憩なしで1200キロ走ったのが最高。 まだ大丈夫と思ったけど、車を降りると後頭部がしびれている感じなので、そこで宿泊はしました。 1日に500キロくらいは近いと思っています。 200キロくらいで天気が良ければ大型バイクです。 左目は白内障でほとんど見えず、左耳はツンボですが、同乗者に見破られたことはなしです。 とにかく、乗せてもらっていて、怖さをまったく感じないで運転がうますぎるって言われています。 TVなんかで観光地など紹介されると、すぐに検索で、1000キロくらい離れていても、そんなら行ってみるか~!なってしまいます。 行先が街である場合は、到着後が不便なので長距離バス使用が多くなっています。 1年間で18万キロ走ったのが最高。 2~300キロで長距離なんて言ってる人は、アホかと思ってしまいます。 72歳の爺です。 でも上には上がいて、85歳の爺ちゃんが後ろに婆ちゃんの嫁さんを乗せて125ccの小さなオートバイで1ヶ月に8000キロ以上の旅をしょちゅうされているお方には脱帽です。 坂道で二人乗りでは登らない、後ろから奥さんが押して峠越し、暑かろうが寒かろうが雨が降ろうが雪が降ろうがのオートバイ野郎です。 年金暮らしの隠居生活者ですので、暇つぶしに。 一日で早朝6時出発で暗くなった夜8時30分まで高速道路をほとんど休憩なしで1200キロ走ったのが最高。 まだ大丈夫と思ったけど、車を降りると後頭部がしびれている感じなので、そこで宿泊はしました。 1日に500キロくらいは近いと思っています。 200キロくらいで天気が良ければ大型バイクです。 左目は白内障でほとんど見えず、左耳はツンボですが、同乗者に見破られたことはなしです。 とにかく、乗せてもらっていて、怖さをまったく感じないで運転がう... A ベストアンサー 以前、視力が落ちた気がしたとき、眼科に行きました。 乱視の入った近視というのは分かっていたのですけど、医者は、いろんなレンズに交換しながら検査して、最後に処方箋?にレンズの仕様みたいなものを書いてくれました。 「眼科の処方箋は、こんな感じで作るのか」と思ったものです。 この時は、メガネを作りませんでした。 そして、ちょっと前、ノートパソコンの文字が見えにくくなったので、メガネを作りなおそうと思いました。 そのメガネは、メガネ屋さん(メガネスーパ)で作ったのですけど、眼科と同じような検査を行っていました。 それで、「別に眼科に行く必要もないだろう」と同じお店で作ってもらいました。 お店にいくと、昔と違って、検査機械はパソコンと連動になっていて、瞳の動きを測定する装置とも接続しているように見えました。 他にお客もいなかったためか、いつもこうなのか分かりませんが、眼科よりもずっと丁寧に検査してくれましたね。 そして、最後のあたりで「この度数が最適ですが、ちょっとクラッとするかもしれないので、いくらか度数の弱いこちらも試してみてください」と、検査用メガネをかけて、店内や店外の視え方を確認し、弱い度数のものを選んで、検査終了となりました。 他の方も書かれていますが、たぶんおおざっぱな検査は、私がそのお店の検査に使ったような機械を使えばバイトでも、短時間で自動測定できるのだと思います。 乱視が無くて、単焦点レンズでいいなら、そんな格安のメガネ店で作ればいいのだと思います。 でも、左右の度数が違って、乱視が入っていて、さらにパソコン仕事に合わせて、中近両用レンズ希望となれば、もう少し手間がかかる検査をやったほうがいいのではないか?と感じますね。 あと、オプションで、傷が付きにくくなるハード・コーティング?を追加してオーダ完了となりました。 懐具合が寂しかったのと、別にフレームを交換する気はなかったので、レンズのみ交換でお願いして3万5千円くらいだったと思います。 (レンズのグレードと加工精度のレベル、オプション有無によって、この金額は上下する) 妻が知人たちに、この金額を話したら「えー、私はもっとやすいメガネだよ!!」と言われたそうです。 ということで、処方箋無しでメガネ屋さんにいくのはいいとして、どこのメガネ屋を選ぶか?ってのは、ご自身の目の状態と、希望するメガネ(レンズ)のランクをどのレベルにするか?懐の判断しだいではないでしょうか? 以前、視力が落ちた気がしたとき、眼科に行きました。 乱視の入った近視というのは分かっていたのですけど、医者は、いろんなレンズに交換しながら検査して、最後に処方箋?にレンズの仕様みたいなものを書いてくれました。 「眼科の処方箋は、こんな感じで作るのか」と思ったものです。 この時は、メガネを作りませんでした。 そして、ちょっと前、ノートパソコンの文字が見えにくくなったので、メガネを作りなおそうと思いました。 そのメガネは、メガネ屋さん(メガネスーパ)で作ったのですけど、眼科と同じ...

次の

50ヘルツと60ヘルツ|周波数が地域によって異なる理由とは?

ヘルツ 西日本

3月になると引越のシーズンになってきます。 私も数年前に福岡から東京に引っ越した時にちょっと困ったトラブルにあいました。 それが 電化製品です。 例えば、 西日本から東日本へ引っ越す場合、電化製品によっては使えない家電があるんですね。 逆に東日本から西日本でも同じことがいえます。 これは ヘルツ(周波数)が違うからなんですが、家電もたくさんあるのでイチイチ調べるのも大変です(汗) そこで、私の経験を元に誰でも簡単に使える物と使えない物を見分ける方法をご紹介したいと思います。 なので、まずはチェックして欲しいものを先にご紹介しますね。 それは、 電子レンジ、洗濯機、蛍光灯(照明器具)この3つです。 これらの家電はその地域専用に製造されているケースがあるので、引越するところでヘルツが違うと動かない、もしくは故障するといった事が起きます。 具体的には 東日本が50Hz(ヘルツ)、 西日本が60Hz(ヘルツ)の交流の電気を供給している為、60Hz専用の電子レンジだと東京などの東日本では使えないことになります(汗) では、他の電化製品はどうなのでしょうか? ここに一覧でまとめてみました。 さらに、先ほどチェックして欲しいといった家電も、 数年以内に購入した比較的新しい場合はそのまま使えるケースが多いです。 かなり古い電子レンジなんかが怪しいという事ですね。 しかもすぐにわかる所にあるので、まずはココを見るようにしましょう。 例えば、さきほど要チェックだった電子レンジ。 自宅にあったレンジの場合、このように横(側面)にシールが貼ってあるのでそれを確認します。 この電子レンジは 60Hz(ヘルツ)専用と書いてありますね。 最後は冷蔵庫。 つまり、要らなくなってしまうワケですが、持っていくワケにもいかないですし、 処分はどうすればよいのでしょうか? 家電製品は処分にお金が掛かると聞いたこともありますが、できれば 無料で済ませたいところ。 引越業者に廃棄も同時に頼む• 買取業者に来てもらう• 地元の粗大ごみに出す 順に解説していきますね 引越業者に廃棄も同時に頼む 遠方に引越しをする場合、業者に頼むことがほとんどだと思います。 1人で軽トラに積んでやるのはとても大変ですからね…。 実は、引越の業者のなかには運ぶだけでなく、要らなくなった家電や粗大ごみなども一緒に処分してくれるサービスがあるんですね。 引越と買取の両方を請け負ってくれますので、一度の手続きで全て完了できます。 買取業者に来てもらう 「いや、引越業者は会社が用意してくれるから、処分だけしたいんだよね…」 と言う方もなかにはいらっしゃるかと思います。 この会社の良い所は、家電だけではなく、ソファーやマットレスなど 粗大ごみも一緒に処分してくれるところ。 引越しの料金は家財道具の重さと距離で決まることが多いので、少しでも軽くしてお願いした方が安くなります。 実際にどれ位やすくなるのか?まずは一度無料で確認してもらったらいかがでしょうか? 地元の粗大ごみに出す 最後はお住いの地域の 粗大ごみ受付センターに電話して処分してもらう方法です。 予め電話しておいて、決められた日に持ち込めばOKです。 メリットは電話一本なので、一番手っ取り早く廃棄ができる所です。 ただし、決められた日に仕事があるとなかなか難しいですし、お金も発生します。 個人的には早めに引越し業者や買取業者に申し込んでおけば、少しはお金の足しになるのでおススメですね。 最後に 引越しの際に電化製品がHz(ヘルツ)によって使えなくなる可能性があることをここまでお伝えしてきました。 私が実際に使えないかもと思ったのは先ほどにもありましたように 電子レンジでした。 古いタイプや安い電子レンジを使うと、50Hzか60Hzのどちらか専用になっているケースが多いようですね。

次の

電気の周波数は西日本と東日本でなぜ違う?何か問題あるの?

ヘルツ 西日本

ガス器具(ガス炊飯器やガスレンジ)に都市ガス用とプロパンガス用があるように、電気製品に交流モーターが使われている場合、西日本が100V 60Hzに対して、東日本が100V 50Hzの交流電源になりますので、回転数が異なります。 AC100V電源でも家電製品の中で直流に変換して内部で直流電源で動作している機器は問題ありませんね。 そういったものは切り替えてやれば問題ないですね。 問題は、家電製品の取扱い説明書や家電製品の後部のプレートや貼り付けシールに60Hz用と書いてある(刻まれている)機器は、問題ありますね。 そのまま、50Hz圏から60Hz圏に移動して使うと支障が出ます。 例えば、ミキサーの回転数や掃除機の回転数が変わって、出力(パワー)や消費電力が変わったりする事がありえますね。 家電製品の取扱い説明書や後部の定格を書いたプレートやシールが60Hz用と書いてないか、総チェックして、早目に交換するなど対策してください。 交流モーターを搭載している機器など、効率(能力)や消費電力が変わる機器がありますが、もともと消費電力の小さい家電製品では無視できる程度の差です。 周波数に依存する電動タイマーを内蔵した機器や安定器式の蛍光灯など、正常に動作しない機器もあります。 「50Hz」または「60Hz」という表示があるか確かめてください。 昔の家電製品の中には、切替式になっていたり、部品交換を必要とするものもありました。 交流モーターを搭載している機器など、効率(能力)や消費電力が変わる機器がありますが、もともと消費電力の小さい家電製品では無視できる程度の差です。 周波数に依存する電動タイマーを内蔵した機器や安定器式の蛍光灯など、正常に動作しない機器もあり... A ベストアンサー 違うのは電圧でなく周波数です。 東日本は50Hz(ヘルツ)、西日本は60Hzです。 影響が出るのは低価格な電子レンジ、蛍光灯照明器具の一部、アナログタイマーを使用した機器などです。 即壊れる訳ではありませんが過熱したり性能を発揮できなかったりする場合があります。 今売られている製品でも50Hz専用、60Hz専用や切替え操作の必要がある代表的な機器類をあげてみました。 他にもエアコンのごくごく一部機種、外国製の洗濯機など周波数ごとの専用製品があったりします 旅行ではまず心配ありませんがお引っ越しではご注意ください。 A ベストアンサー すでに解答されている通り、周波数が、東日本と西日本でそれぞれ50Hzと60Hzと違います。 これは明治時代に東日本(北海道電力・東北電力・東京電力)ではドイツ製の発電機を、西日本では(中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力)アメリカ製の発電機を使用していることに起源があります。 しかし、基本的に家電製品はこれらの相違に対応しているもの(本当に昔のものは対応していないので説明書の仕様等を見るほうがよい)が多いです。 テレビ、ラジオ、ビデオ、DVDなど音響機器・映像機器やパーソナルコンピュータや周辺機器 インバーター内蔵エア・コンディショナー、照明器具など トースター、電気コタツ、電気毛布、 掃除機 しかし周波数の違いで性能に変化があるものもあります。 冷蔵庫 扇風機 インバーター内蔵でないエアコン しかし、電子レンジや蛍光灯照明器具など電源周波数を指定して設計・製造されているものがあるあり、このような製品では、周波数の異なる地域(たとえば東京から大阪)に引っ越す際に部品交換や買い替えが必要になる場合がある。 しかし、東日本でも60Hz地方が、群馬県の一部に、中部地方にも50Hzの地域が長野県の一部にあり、また静岡県富士郡芝川町は芝川町の中を富士川が横切り、50Hzと60Hzが混在しているので、基本的に両周波数対応製品が多く存在します。 余談ですが、最近ではパソコンなど海外でも電圧変換機が無くても使える製品もあります。 すでに解答されている通り、周波数が、東日本と西日本でそれぞれ50Hzと60Hzと違います。 これは明治時代に東日本(北海道電力・東北電力・東京電力)ではドイツ製の発電機を、西日本では(中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力)アメリカ製の発電機を使用していることに起源があります。 しかし、基本的に家電製品はこれらの相違に対応しているもの(本当に昔のものは対応していないので説明書の仕様等を見るほうがよい)が多いです。 テレビ、ラジオ、ビデオ、DVDなど音響機器・... Q 50Hz専用の電子レンジを持ってます。 (5年位前に購入) 60Hzエリアに住んでる友人に譲ろうと思っているのですが動作に問題があるのでしょうか? このレンジは暖めるだけのダイヤルタイマー型の単純レンジです。 9000円くらいで売ってるようなやつです。 (maruman製だと思いました) たぶんタイマーがずれることは予測できるのですが、それ以外の問題点はありますか? 考えられる症状は下記のようなものです。 ・タイマーがずれるだけで普通に使える ・機器に負荷がかかるかもしれないが普通に使える ・問題が多く使用できない ・すぐに壊れる ・その他 当然周波数の違う地域で使うのは良くないでしょうが、実際にはどの程度使えるものでしょうか? A ベストアンサー 電子レンジのHz交換については必ず行ってください。 もしそのまま使用すると、発熱、発煙、最悪は発火する場合も考えられます。 (大体そうなる前に部品が壊れてヒューズが飛ぶ場合が多いですが・・・。 または家のブレーカーが落ちることも) この状況になると、部品代が増えるので修理代金が高くなります。 それから、#3の方が書いているような使い方もできません。 60Hzから50Hz地域に持ってきた商品でも、同様の故障となります。 抵抗を入れても周波数は変わらないですし、流れる電流を押さえるだけの抵抗となるとかなりなことになります。 (抵抗を入れるよりもきちんとしたHz交換をしたほうが簡単です) また、素人の方が電子レンジを分解して高圧部分に触れるというのは大変危険です。 (長時間電源コンセントを抜いていても、中に電気がたまっている可能性があります) 死亡事故につながる恐れもありますので、絶対に分解してはいけません。 Hz交換については金額がはっきりしているので、型番を調べてメーカーサービスに問い合わせすれば金額を教えてくれるはずですよ。 電子レンジのHz交換については必ず行ってください。 もしそのまま使用すると、発熱、発煙、最悪は発火する場合も考えられます。 (大体そうなる前に部品が壊れてヒューズが飛ぶ場合が多いですが・・・。 または家のブレーカーが落ちることも) この状況になると、部品代が増える... Q PASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか? 東京近辺に住んでいます。 今まで不便も感じなかったためどちらのカードも作っていませんでしたが、今回どちらか1つのカードを作ろうと考えています。 事前に申込書などで情報収集しましたが、今ひとつ2つのカードの違いが分からず・・(PASMOでJRだけの定期は作れない、SUICAでメトロだけの定期は作れないようですが、どちらもどちらの路線にキャッシュレスで乗れるようなので、その他の違い メリットやデメリットなど があまりよく分かりません。 年会費がかかることとあまりカードは増やしたくないので、この2つのカードの特徴や使い勝手など、またどこかお勧めのカードなどがあれば、どなたか、何かアドバイスがいただけると嬉しいです!! A ベストアンサー SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。 ただし定期券だけは多分違うかも知れません。 最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。 ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。 買う場所 駅 によってどちらが入手できるかが決まります。 またどちらも記名式と無記名式があります。 カード内部に所有者情報があるかどうかの違いです。 定期券として購入したものは、当然の事ながら記名式になります。 単なる乗車券変わりのカードとしてカッタ場合には、無記名式も選べるようです。 ただし紛失した時の扱いが違うでしょう。 費用はどちらも購入時に500円かかります。 この費用は、カードが不要になって駅に返却する場合には、返金してくれます。 要するにカードの借用料のようなもので、それ以外に年会費などは一切かかりません。 利用の上で言えば、かつてはSUICAではバスに乗れませんでした。 現在のSUICAは乗れますから、全く差はありません。 古いSUICAは無料で取り替えてくれます。 そしてJRのSUICAで私鉄線だけを乗車券として利用することも、逆にPASMOでJR線のみを利用することもできます。 JRには電子グリーン券の機能があります。 主にJR管内なので普通列車の指定席ですが、駅の乗車券の自販機でグリーン券を購入すると、その情報がSUICAに書き込まれます。 グリーン券は出ませんが、車掌にSUICAを見せれば、読み取り機に通してそれでOKです。 コンビニなどでの買い物に関しても、SUICAとPASMOは同一扱いです。 JR系の売店にはSUICA、私鉄系の売店にはPASMOと表示されていますが、他方でも全く同じ扱いです。 チャージも全く同じで、JRの駅でMASMOにチャージ、その反対も全く同じにできます。 コンビニでも同じです。 最近の話ですが、JR東海管内の駅でもJR東日本のSUICAで買い物ができる様になりました。 ですから、現在は利用者にとっては、どれを持っていても実質的な差が全くないと言えるでしょう。 逆に言えば、定期を買うのでなければ、録れか1枚だけを買えば良いということになります。 SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。 ただし定期券だけは多分違うかも知れません。 最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。 ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。 買う場所 駅 によってどちらが入手できるかが決まります。 またどちらも記名式と無記名式があり...

次の