2020 秋冬 トレンド。 【2020−21秋冬ファッション】キーワードは何?トレンドアイテム予測まとめ

【2020秋冬ファッショントレンド】決定版! 注目ファッションキーワード15を解説(カラー、ブランド、コーデ)

2020 秋冬 トレンド

左から シャネル(CHANEL),プラダ(PRADA),ミュウミュウ(MIU MIU),マーク ジェイコブス(MARC JACOBS),ジャンバティスタ ヴァリ(GIAMBATTISTA VALLI) 普段着からお呼ばれまで着回しやすいセットアップ。 2020-21年秋冬はボトムスをミニ丈に変えてアップデートしてみては? ミニスカートのツイードスーツがフレッシュな「シャネル」はモノトーンとパールアクセでシックに。 一方、ミディ丈スカートでグッドガールなムードの「プラダ」と「ミュウミュウ」は色使いで遊び心を忘れない。 「マーク ジェイコブス」と「ジャンバティスタ ヴァリ」のセットアップは短すぎないハーフパンツが新鮮。 その影響を受けてか、ブルーのルックをポイントに差すブランドが多く、なかでも目の覚めるようなセルリアンブルーのワントーンコーデが象徴的。 「バレンシアガ」や「グッチ」のように、ピンクやレッドなどの反対色でカラーコントラストをつけた提案も。 フルレングスコート 左から シャネル(CHANEL),ニナリッチ(NINA RICCI),ミュウミュウ(MIU MIU), ジャンバティスタ ヴァリ(GIAMBATTISTA VALLI) 2020年の冬はどんなアウターをワードローブに追加するべき? そのアンサーはフルレングスの細身コート! この数年で定番化したオーバーサイズシルエットよりもスリムで、かつ足首が隠れるほどのロング丈が特徴。 イブニングドレスのように上品かつコート一枚でスタイリングが決まりやすいのもうれしい。 「ニナリッチ」のようにコートの裾からロングスカートをのぞかせたり、「ミュウミュウ」や「ジャンバティスタ ヴァリ」のようにトップハンドルのバッグやグローブなどレディな小物を合わせて。 ファートリムコート 左から グッチ(GUCCI),ミュウミュウ(MIU MIU),サンローラン(SAINT LAURENT),ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) ラペルや袖口にファーをあしらったアウターにも注目。 ベルベットやウールにパステルカラーのエコファーをあしらった「グッチ」と「ミュウミュウ」は、ちょっぴりミステリアスなドーリースタイル。 その一方で、ユーティリティなムード漂うトレンチコートをファーで華やかに仕上げた「サンローラン」と「ルイ・ヴィトン」。 「サンローラン」は真っ赤なラテックス素材とリアルファーでフェティッシュな遊び心を楽しみ、「ルイ・ヴィトン」はコラージュしたレザーのショート丈コートに毛足がカールしたオレンジのファーで、バイカー風スタイルにポップなエッジを乗せた。 タッセル&フリンジ.

次の

Chevron

2020 秋冬 トレンド

トレンドカラーとは、その名の通り、その年に流行るカラーの事を指します。 一般的にトレンドカラーは企業によって作り出され、1・2年前には決められています。 また、そんな、トレンドカラーを決めているのは、日本だけではなく、フランス、スイス、ドイツの他イタリア、ドイツなど多くの国が加盟するインターカラー(国際流行色委員会)によって決められているのです。 ファッションのトレンドにおいては、カラーだけではなくデザインや柄など様々なトレンドがあります。 その為、トレンドカラーだけではなく、様々な形で今年流行りのファッションを楽しむ事ができるのですが、その中でも、取り入れやすいのがトレンドカラーになっています。 トレンドカラーの場合、そのカラーを一色、ファッションに取り入れる事で、トレンドを意識したファッションを楽しむ事が可能です。 いくら、今年流行りのファッションだと言われても、デザイン的に少し抵抗がある場合、トレンドカラーを取り入れると言った方法で、流行りのファッションも楽しむ事ができ、手軽だと言えるのです。 以下、2020年秋冬のトレンドカラーを紹介します。 それに伴い、よく見かけるようになるのが秋服。 大人の女性なら大人らしい上品さや余裕を引き出し、若い女の子ならこなれ感が出てオシャレ上級者な印象になります。 トーンを落とした色調は派手になり過ぎないので、難易度が高そうに見えて実は取り入れやすいのです。 また、落ち着いた色味だからオン・オフ取り入れやすいところも魅力です。 主張が強そうな赤色や黄色なども、トーンを落とした秋カラーなら適度な華やかさになり、職場で取り入れても嫌味な印象になりません。 カジュアルなデザインの服も、秋カラーなら大人っぽく洗練された印象になります。 そう、秋カラーってオシャレの強い味方なんです!誰が着ても素敵になるし、どんなシーンにも対応できるし、秋らしさをストレートに伝えられるしで良いことづくしです。 本当に一枚だけでも持っておくべきです。 ここで、代表的な秋カラーをご紹介。 そんな皆さんに今年の秋のトレンドカラーについてご紹介したいと思います! 秋を取り入れた先取りコーデも是非楽しんでみてくださいね。 今年の秋のトレンドカラーは、ずばりこっくり深みのあるブラウン系が流行の予感です。 秋らしいブラウンやベージュといったアースカラーは、毎年トレンドですがその中でも今年の一押しからは、「こっくりとした深みのあるブラウン」です! ライトなベージュやブラウンは、春夏のイメージが強いので秋は、ブラウン系の他にボルドー、テラコッタが人気カラーになります。 今年の秋も引き続き、ワントーンコーデでまとめるのが大人流です。 秋のワントーンコーデは、こっくりカラーのブラウンで楽しんでみてください。 ブラウンの中でも、グラデーションをつけるとオシャレに決まります。 色のアクセントはもちろん、単調になり過ぎないように上下で素材を変えるというのも素敵ですね。 大振りピアスでアクセントをつけるとメリハリが出て素敵です。 またベージュを取り入れる時は、ワントーンコーデにしてしまうと明るいカラーが春夏のイメージになってしまうので、ブラウンと一緒に取り入れることがおすすめです。 どうしてもベージュを着ると顔色がくすんで見えてしまう、など苦手な方はベージュの中でもグレーに近いクールトーンカラーのグレージュがおすすめです。 顔回りに持ってくると暗い印象になってしまうなという方は、顔から離したところに取り入れるといいですね。 グレージュも今年の秋のトレンドカラーなので、是非注目しておきましょう。 それからニットやカーディガンも引き続き流行です。 ただ今年風に着るなら、ざくりゆるく着られる全体的にゆるいシルエットのものや、袖が広がったデザインになっているドロップショルダーなど女性らしいアイテムがトレンドになります。 また前後で着られる2WAYタイプは、Vネックのものを選ぶととってもおしゃれです。 中にキャミソールを合わせて程よい肌魅せをしたり、ざっくりニットで女性らしさを演出しましょう。 また一枚で着ても様になるワンピースは、前ボタンを全部開ければガウンとしても着られるデザインも人気です。 ちょっぴり肌寒な、という日にはシャツワンピースを取り入れて大人のオシャレを楽しみましょう。 ポイントは、ロング丈を選ぶこと。 今年は、くるぶしまであるロング丈がトレンドになっています。 薄手の素材で中にリブレギンスを合わせたり、デニムを合わせて自分らしいコーデを楽しみましょう。 また秋は、トレンドカラーだけでなく「素材」でも遊べる時期です。 秋コーデを楽しみたいなら是非、コーデュロイを取り入れましょう。 優しくもこもとした肌触りが特徴のコーデュロイは、トップスはもちろんジャケットなどのアウターにも使われている素材なので、コーデのポイントにぴったりです。 シンプルなスキニーパンツと合わせて綺麗なシルエットコーデを楽しんでみてもいいですね。 この秋は、是非トレンドカラーと素材を意識したオシャレを楽しんでみてください。 ボルドー 赤ワインを彷彿とさせる、とても官能的な色です。 落ち着いたトーンでも華やかさがあり、女らしい印象を強めてくれます。 服はもちろん、アイシャドウやリップなどのメイクで取り入れてもセクシーです。 女性らしいファッションが好きな方とは相性の良い色ですね。 ビジネスからカジュアル、フォーマルまで様々なシーンで使え、しかもいろんな色と合わせやすい万能色です。 フェミニンなアイテムでもネイビーカラーなら甘さを引き締め、大人っぽく上品な着こなしができます。 メンズライクなファッションにも多い色のひとつ。 カジュアルでこなれた雰囲気が魅力。 ネイビー同様、様々なシーンで使いやすい色で、オフィスに取り入れている人も少なくありません。 着こなしによって、カジュアルもフェミニンもワイルドもいける隠れたオシャレカラーです。 ボルドーのように、落ち着いた色味でありながら華やかさもあり、健康的な印象になります。 イエロー系なので、元気で親しみやすい雰囲気になり、一番若々しく見える秋カラーと言っても過言ではありません。 秋の温かさや豊潤さを感じさせる色でもあります。 こなれ感を強くアピールできる色で、しかもオレンジカラーの服はあまり多くないため、着るだけでオシャレ上級者に見えます! オレンジは黄色が混じっている色なので、マスタード同様、親しみやすい印象を与えます。 オンにもオフにも積極的に取り入れたい秋カラーです。 これらの色合いは、原色を落ち着かせたような、そして焦がしたような色合いが特徴ですよね。 このような色合いをベイクドカラーとも言います。 ベイクドカラーがトレンド 目次• まだまだ暑い日が続いていても、ショップでは秋物のファッションアイテムが販売され始めています。 着るのはまだ先かもしれませんが、「今年の秋は何を着ようかな」など考えると楽しくなってきませんか。 気になるのが秋のトレンドです。 自分流のファッションで楽しむのもよいですが、みんなと一緒、流行に乗りたいといった気持ちもあるのではないでしょうか。 そこで、秋のトレンドカラーを紹介します。 今年の秋のトレンドカラーの一つは「ベイクドカラー」です。 ベイクドカラーはくすんだ色のことです。 くすんだ色というと暗い印象があるかもしれませんが、スモーキーカラーとも呼ばれています。 呼び方が変わると、ちょっと印象が変わるのではないでしょうか。 特定の色のことを指しているのではなく、くすんだ色調のことをいいます。 ベイクドとは「焼く」という意味、スモークとは「燻製にする」という意味です。 焼いたお菓子は、ほんのり茶色っぽくて深みがある色をしていますよね。 燻製にした食べものも色に深みが増します。 ベイクドカラーもこのような印象のある色です。 ピンク・ブラウン・イエローなど原色をファッションに取り入れるのにはためらいを感じる場合でも、ベイクドカラーのピンクなどはファッションに取り入れやすいです。 原色は似合わないからとこれまでファッションに取り入れることを控えていた方でも、ベイクドカラーなら挑戦できるはずです。 いろいろなカラーの服に挑戦をして、おしゃれの幅が広がることでしょう。 トレンドカラーのレディースファッションコーデ ベイクドイエローカラー ベイクドイエローはマスタード色に似たカラーです。 ベイクドイエローのワンピースにベレー帽を合わせればレトロな雰囲気に。 落ち着いた色合いで秋にピッタリです。 ベイクドピンクカラー 原色のピンクを着るには勇気がいるかもしれませんが、ベイクドピンクならファッションに取り入れやすくなることでしょう。 甘くなりやすいピンクですが、ベイクドピンクなら甘すぎず、落ち着いた雰囲気がでます。 グレーなどくすんだ色のトップスにベイクドピンクのスカートを合わせたり、ベイクドピンクのカーディガンを羽織ったりなど、ファッションに取り入れてみてはどうでしょうか。 ベイクドメイプルカラー ブラインより赤みを帯びた色合いです。 秋の深まりを感じさせるカラーですね。 ベイクドメイプルはメイプルシロップのような深い赤といった感じの色です。 明るい赤はコーディネートが難しいですが、ベイクドメイプルならスカート、パンツ、アウターとして取り入れやすいです。 ベイクドカラーと原色の組み合わせは難しいです。 色が浮いた印象になってしまいます。 ベイクドカラーを取り入れるときは、他のアイテムを落ち着いた色にすると全体的にまとまります。 オートミールやグレーは組み合わせやすい無難な色です。 おしゃれに自信がないときは、小物として取り入れてみるとよいでしょう。 どんな服を着ようかな、どんなカラーがトレンドなのかな、考えるだけでも楽しくなってきませんか。 秋のトレンドカラーははベイクドカラーです。 明るすぎて取り入れにくいカラーもベイクドカラーなら挑戦できるはずです。 秋らしく取り入れやすいカラーなので、いろいろなアイテムをそろえておしゃれを楽しんでみてください。 ベイクドマスタードカラー イエローよりワントーンくすんだ色合いです。 紅葉のように落ち着いた美しさを表現できるカラーです。 ベイクドダークグリーンカラー 深みのある緑色です。 神秘的な雰囲気を感じさせます。 ネイビーカラーで紹介したグリーンカーキもこの色に含まれます。 ベイクドレッドカラー 鮮やかな赤色です。 もちろん、基本スタイルのデザインの洋服でも、ベイクドカラーを取り入れる事で、十分、今年のファッションを楽しむ事も可能です。 以上が、この秋押さえておきたいトレンドカラーであるベイクドカラーになります。 決して、挑戦しにくいカラーでもない為、誰でも挑戦しやすいカラーになっています。 また、持っている人も多いカラーになっている為、今あるベイクドカラーファッションに少し付け加え、新たな感覚で、今年流のファッションを楽しむ事もお勧めです。 まとめ トレンドカラーは、ずばり、ベイクドカラーです。 ベイクドカラーと聞いて、どんなカラーなのかすぐに思いつく人も少ないのではないでしょうか。 ベイクドカラーとは、簡単に言えば、「くすんだ色合い」「スモーキーな色合い」を指します。 その為、元になっているカラーは何色でも大丈夫なのです。 その為、ピンクを選ぶ事も秋の定番色である、茶色やカーキーなどでも大丈夫です。 それらのカラーのもので、くすんだ色合いのものを選ぶだけで、今年流行りのベイクドカラーファッションを楽しむ事ができるのです。 例えば、ベイクドピンクの場合、落ち着いたカラーとなり、大人の女性でもピンクを着こなす事が可能です。 また、定番の茶系においても、ベイクドマスタードやベイクドメイプルなどを選ぶ事、グンと今年らしいファッションを楽しむ事が可能になっています。 ベイクドカラーとは、「くすんだ色合い、スモーキーな色合い」を意味します。 またシックなカラーとも相性が良いので、ポイントで取り入れるのも良いですね。 寒色系カラーも見逃せない! ネイビーやパープルカラーも注目 今年の秋はどんなファッションが流行るのか? これから秋コーデを楽しみたい方に是非取り入れて頂きたいのが、寒色系カラーを使ったトレンドコーデです。 寒色系カラーとは、オレンジや赤といった暖かいイメージのあるカラーとは対照的に少し寒いイメージのあるカラーのことを指します。 今年は特に『ネイビー』がトレンドカラーになっています。 ブラックよりもネイビーを選ぶことで洗練された大人の女性を演出してくれます。 またネイビーはどんなシチュエーションでも着られる万能カラーなので、一枚持っておくと着回しが効きます。 ワンピースを選べば上に羽織るアウター次第では冬まで着られます。 以下、寒色系カラーを取り入れた秋のおすすめコーデをご紹介致します。 ネイビー 流行に乗り遅れたくない方は、今年のファッションのトレンドをチェックする時期です! ファッションのトレンドで一番大事なポイントはトレンドカラー。 毎年、その季節ごとに流行するカラーというのは、ファッション誌やネットのファッション記事でも必ず取り上げられますよね。 ちなみに、春夏は、イエローやピンクといったさわやかなパステルカラーが流行しました。 秋冬のトレンドカラーはというと、寒色系で青みがかったカラーなのです。 この寒色系で青みが買ったカラーは、アビスカラーとも呼ばれます。 その中でも特に注目なのは『ネイビー』です。 ネイビーはこの数年、大定番のブラックに変わり、人気のカラーなんです。 今年の秋冬は、その人気がさらに加速しています。 ネイビーは取り入れやすいカラーですので、ぜひネイビーを取り入れましょう。 今年の秋冬の流行色として提案されているネイビーカラー。 この色は定番色として知られており、様々な着こなしに活用が出来る色として注目されています。 春夏に引き続き秋冬もネイビーカラーのアイテムが目白押しなので、様々な着こなしが楽しめそうです。 ネイビーカラーは学校や会社の制服、浴衣などに活用されていて、日本人にはお馴染みの色です。 ネイビーカラーのコーディネートは、周りの人に新鮮な印象を与えます。 黒・グレー・白のモノトーンと合わせるのは、王道と言っても良い着こなしです。 しかし今年の流行色はグリーナリー 薄い緑 と言われています。 そのため、ディープカラーのカーキグリーンやダークグリーンとも相性抜群です。 一般的にネイビーカラーと言われるのは濃紺ですが、こちらも違うトーンのアイテムが揃っているので、用途に応じてコーディネートする事が出来ます。 ネイビーカラーの代表的なアイテムと言えば「デニム」。 他にもパンツにシャツ、ワンピースなどにもネイビーカラーのアイテムはたくさんあります。 秋冬は重ね着としても活用すると、バリエーションが広がります。 私が憧れているのは、デニムのロングシャツとカーキグリーンのパンツと合わせる着こなしで、シャツがゆったりとしている分カーキグリーンのパンツが細身になっています。 この場合はウエストにポイントをおかないと太く見えるので、ウエストの部分に巻くベルトを選ばないといけなくなりますが、挑戦したい着こなしです。 カーキグリーンと同系色の迷彩色もネイビーカラーと相性が合いますが、全部のアイテムに使えるわけではありません。 デニムの他には、ネイビーカラーのニットやコート、ジャケットも出回っているので、着心地や全体のスタイルを考えて選びたいものです。 ネイビーブルーは奥が深いので、フォーマルな場はもちろんカジュアルなファッションにも活用できます。 今年は春夏のアビス効果が秋冬まで続くので、深海の色と同じようにアイテムによってトーンを変えて組み合わせても良いでしょう。 ネイビーを取り入れた今年流行りのコーディネート トップス 春夏にも大人気だったバルーン袖のトップス。 この人気は、秋冬も継続します。 バルーン袖のボリューミーなネイビーのニットに、ボーイフレンドデニムを合わせると、トップスの女らしさに、ボーイッシュなデニムは外しのコーデですが、かなりオススメのコーデです。 バルーン袖のボリューミーなネイビーのニットに、ロング丈のホワイトのタイトスカートを合わせるのも、大人っぽさを演出できますので、アラサーやアラフォーの方にもいいですね。 ポイントは、裾をスカートにインすることです。 そうすると、袖にボリュームがある分、ウエストがすっきりして見えるんです。 オフィスにも適したコーデですね。 今年の秋冬のアウターやボトムスは、ロング丈やワイドシルエットがトレンドです。 ボトムス またボトムスにネイビーを持ってくる方が難易度は低いと思います。 例えば、ホワイトのシャツに、今年流行りのロング丈のスリット入りスカートなんかは洗練されたスタイルになれますよ。 それから今年は、ボリュームスカートもトレンドです。 ボリュームスカートは、脚をキレイに魅せてくれるので足を出したくない人にもおすすめです。 こちらも寒色カラーのネイビーを選んでポイントに赤のショルダーバッグを持ってくれば完璧ですね。 お子さんがいるママには、スニーカーとロングTシャツなどカジュアルにも着こなせます。 動きやすくてトレンドを意識したアイテムをお探しなら是非一枚は持っておきたいアイテムです。 個人的には、ネイビーのボトムスには、赤はかなりオススメのカラーです。 今年は赤も流行りのカラーで、くすんだボルドーではなく、純粋なレッドが人気です。 赤いニットに、ハイウエストのネイビーのパンツを合わせると、赤がいいアクセントカラーになって人目を惹くこと間違いなしです。 ワンピース 一枚でさらりと着こなせるワンピーススタイルもおすすめです。 まだ暑さが残る秋は、さっと着られて一枚でおしゃれにキマるワンピースがおすすめです。 シャツタイプのワンピースならデートコーデやお出掛けコーデ、ちょっと綺麗めにしていきたい時にもぴったりです。 肌寒い日にはストールを羽織ったり、カーディガンと合わせてもいいですね。 コーデに悩みたくない日にもおすすめのアイテムです。 またネイビー一色のコーデもいいですね。 ネイビーのワンピースは、カジュアルにもシックにも着こなすことができるアイテムです。 1枚持っているといいですね。 今年のトレンドカラーであるネイビーは、今年だけでなく、来年以降もブラックと同様に定番カラーになっていくことでしょう。 今のうちに、ご自分に似合うネイビースタイルをおさえておくといいですよ。 アウター それから寒色カラーの定番ともいえるGジャンは今年も大人気のアイテムです。 毎年、Gジャンはトレンドアイテムとして人気なのですが、今年のトレンドスタイルとして選ぶなら少し大きめのサイズを選んで抜き襟してみましょう。 かちっと着るスタイルよりも抜け感が出ておしゃれにキマります。 寒くなってきたら中にセーターをインしてアウターとしても大活躍、ボトムスはロングスカートでもいいですしパンツやデニムを合わせても素敵です。 カジュアルなアイテムですが、ガーリーなワンピーススタイルと合わせれば甘辛ミックスコーデにも使える優秀アイテムです。 この秋冬のアウターとして是非一枚は持っておきたいアイテムです。 またMA-1もおすすめです。 クールなアイテムですが、白ニットやワンピースといったガーリーなコーデに一枚プラスするだけで、可愛さとかっこよさを合わせもったミックスコーデの完成です。 肌寒い日に一枚あると便利です。 色も今年のトレンドを意識した寒色系でまとめてみましょう。 迷った時はネイビーを選べばどんなスタイルにも合わせやすくおすすめです。 いかがでしたか? 今年の秋のトレンドを意識したコーデを楽しみたい方は、まず寒色系カラーを取り入れてみてください。 洗練された大人の女性を演出してくれるだけでなく、合わせやすく着回しの効くカラーなので初めての方にもおすすめです。 色で迷った時は、青や水色といった寒色カラーを選んでみてくださいね。 秋のトレンドを取り入れておしゃれを楽しんでみてください。 まとめ 以上のように、この秋はネイビーも注目されています。 ネイビーは茶系やカーキ、ワインなどどんな秋色ともあいます。 黒に比べてワントーン明るく、まだ夏の暑さが残る初秋も爽やかに着こなすことができます。 学生服に始まり、大手企業などの制服に紺 ネイビー が用いられることが多いのは、清潔感があって誰にでも似合う色だからです。 紺に白を合わせると夏カラーになってしまうので、秋色の紅葉を思わせるオレンジ系や茶系、ワイン系などの色をひとつ足すとよいでしょう。 昔から季節の花や果物、木々の色を先取りするファッション感覚は、おしゃれさんの鉄則と言われてきました。 和服でもそうですよね。 秋に紅葉柄の着物を着ると野暮で季節の先取りがファッションの原則です。 色の取り合わせに迷ったら、秋の果物を思い浮かべてみましょう。 ブドウや栗、柿などの色を意識的に取り入れてネイビーと合わすと間違いはありません。 相変わらずユニクロやGU、しまむらといたお店の商品を用いたプチプラコーデも人気です。 プチプラコーデのファッションを楽しむコツは、高価なものを何点か用いることです。 ネックレスを金にしたり,スニーカーはナイキなどのメーカーもので少し高価なものを選びます。 全身ユニクロやしまむらだと、コーデネェート的には成功ですが、やはりチープさが出てしまいます。 プチプラショップでもネイビーカラーのブラウスが多種多様、販売されています。 2,000円以内でオシャレなものがたくさんありますが、要所要所に高価なものを足していくことでファッションの品格がアップします。 例えば、金のネックレスに、皮のサッシュベルト、トレンドのスニーカーなどをチョイスするとブラウスとスカートがチープなものでも、大人のトレンド感が演出されます。 おしゃれなキャップ、安価なネイビーのブラウス、上質なバッグ、安価なパンツ、高価なスニーカーといった具合です。 また、ガーリーなものとマニッシュなものを交互に取り入れてもファッションセンスは高くみられます。 甘辛を交互に取り入れてみましょう。 基本はネイビーですが、プチプラショップにもシンプルなネイビーのワンピースが出ています。 今年の秋は自分に似合うシンプルな一着を見つけましょう。 3,000円以内でありますよ。 ネイビーの優れたところは、安価なものでも「きちんと感」が演出できることです。 手持ちのGジャンと合わせ、パンプスを履くとカジュアルな中に「もきちんと感」が出ます。 コーデに迷ったら、ガーリーなものとマニッシュなものを交互にとり合わせてくださいね。 今年の秋はオータムカラーにネイビーをチョイスしましょう。 チープなものでトレンド感を出すには、交互作戦を用いることです。 安価なものと、高価なものを交互に取り入れたりガーリーなものとマニッシュなものを交互に取り入れて、オリジナルなファッションを楽しみましょう。 人は見た目が大事です。 ファッションはある意味ラッピングです。 ラッピングにこだわって、自らの商品価値をあげましょう。 パープルカラー 秋冬に取り入れたいカラーの一つがパープルです。 秋冬に旬を迎えるブドウや紅葉を思わせるカラーで季節感があります。 また、パープルは今年の注目カラーでもあります。 パープルは色味や取り入れ方によって雰囲気が変わるので、なりたい自分にあわせてコーディネートできます。 ここでは、パープルアイテムの取り入れ方を紹介します。 落ち着いた雰囲気のコーディネートが増える秋冬。 そんな季節にピッタリなカラーがパープルです。 この秋冬注目されているマスタード、ブラウン、レッドなどとも相性がよく、これらのカラーとあわせてコーディネートを楽しむこともできます。 パープルは、主役アイテムとしてもちょこっとアイテムとしても活躍してくれるので、「パープルはちょっと」という方でも小物などでちょこっと取り入れて楽しんでみてください。 パープルアイテム ・色味 パープルといっても色味はさまざまです。 はっきりとした濃いパープルに抵抗を感じる場合には、ラベンダー色に挑戦してみてはどうでしょうか。 ラベンダー色は柔らかな印象のあるカラーです。 控えめな色なので、さまざまな色とあわせやすく、コーディネートの幅が広がります。 赤みが強いビビットなパープルには、はっと目を引くようなインパクトがあります。 元気あふれるカラーでコーディネートの主役になります。 青みが強いパープルは、落ち着いた大人の雰囲気があります。 ・主役に トップス、ボトム、ワンピースに取り入れてパープルを主役に。 全体に使用するカラーの数を控えめにするとうまくまとまります。 どのようなカラーともあわせやすいパープルですが、黒やベージュは特にあわせやすいカラーです。 ・小物 メインで取り入れることに抵抗を感じるなら、パープルの小物を取り入れてみましょう。 ちょこっと使いなら抵抗が少ないかも。 鮮やかなパープルのバッグやヘアバンドはコーディネートのアクセントになってくれます。 大人っぽい雰囲気のあるパープルですが、パンプスに取り入れればさらに大人っぽい雰囲気に。 コーディネート まず、注目したいのは「パープル」の着こなし。 今年は淡い色でなく、ビビッドで青みがかった色味がトレンドですよね。 ブルーベースの方にはとても似合う色ですが、そうでない場合や目立つコーディネートが苦手な方も多いはず。 そんなときは、トップスでなくボトムでパープルを取り入れることがおすすめです。 派手な印象になりすぎず、かつシンプルな着こなしでも一気にトレンド感たっぷりの表情になります。 スカートでは断然ロング丈が今どきで、フレアでもタイトでもお好みのシルエットを選んでみてください。 素材をコーデュロイやスエードなど秋らしいものを選べば、よりいっそう季節感のあるコーディネートに。 それ以外ではパープルをバッグで取り入れると、自然なおしゃれ感を出すことができます。 今季流行なのは、断然小さめの巾着バッグです! ファー素材ならパープルの印象が強くなりすぎず、気軽に持つことができますよ。 ファッションはその年の季節で、アイテムが変わります。 そのためファッションに敏感な女性にとっては、アイテムの変化には気になるところです。 秋冬のトレンドは、「ヴィンテージ レトロ 」がキーワードになっています。 女性なら年代を問わずに、いろいろなファッションを楽しみます。 それでは、秋冬のトレンドキーワードをもとにして、アイテムやオススメのコーディネートを見ていきましょう! 3.レトロな花柄 昨年に引き続き、秋冬もノスタルジックな レトロな、ヴィンテージな 花柄もトレンドです。 春夏も流行した花柄のアイテムですが、秋冬には色みが変わり、続けてトレンドになっています。 今年はくすみ系だったり、こっくりとした暗めの色合いの生地に、レトロな印象の花柄が施されているものが多いです。 腕に花柄が刺繍されているものや、デコルテ付近に花柄が刺繍されているもの、全体に花柄がプリントされているものなど様々です。 カットソーや、ブラウス、スウェット、アウターなどにこのような花柄があるものが多いです。 クラシカルで女性らしい印象を作りつつ、レトロな雰囲気を楽しみたい人にぴったりな、秋冬のアイテムと言えるでしょう。 「いつも地味にまとまってしまう秋冬ファッションを華やかに!」 秋冬になると、暗い色を多めに取り入れがちで、より重たい印象になりやすいです。 シンプルなワントーンコーデもオシャレですが、上手くいかないと、地味で暗いイメージばかりが先行しやすくなります。 だからこそ花柄のトップスを取り入れることによって、華やかさを演出することができるのです。 特に、トップスに花柄をもっていくことで、顔も華やかで明る印象になりやすいのでおススメです。 腕に花柄があるタイプのものも良いですが、アウターを着ると袖周り隠れてしまうこともあるので、フロントから花柄見えるものもおススメです。 また全てのアイテムを花柄にすると、うるさい印象になりがちです。 せっかく愛らしさや、上品さを演出したいのに、もったいないコーディネートです。 花柄を上手く活かしたいのであれば、シンプルなアイテムと合わせたり、甘辛ミックスにすると良いです。 例えば花柄のふんわりとしたトップスには、タイトなスカートやパンツを合わせる。 花柄のブラウスワンピースには、レザーのジャケットとブーツを組み合わせる。 以上のように、甘くなりすぎないように、マニッシュでクールなアイテムや、かっちりとしたシンプルなアイテムとコーディネートすることで、引き締まり、おしゃれにメリハリが生まれるのです。 花柄をポイントに置くことで、より印象的で、品のある女性を演出することができるでしょう。 「花柄は実は使いやすい!秋冬こそ花柄アイテムを使って!」• どうしても甘くなりそうなイメージの花柄だったけど、甘辛ミックスでおしゃれになった!• レトロな風合いの花柄ブラウスが、可愛らしくも個性が出ててお気に入りのアイテムになった!• 春夏とは違った、暗めのカラーでもおしゃれに決まって嬉しい というように、秋冬の花柄アイテムが好き、マストだと感じている人はたくさんいます。 甘いカラーリングの花柄は苦手でも、ダークカラーにすることによって一気に使いやすくなったという意見も多いです。 重たい印象になりがちな秋冬のファッションこそ、花柄を取り入れて、おしゃれにコーディネートしましょう。 カラフルでレトロな花柄がポイントのミモレ丈タックスカートです。 今季流行りのトップスをスカートにインしたスタイルがおすすめ!インした時、おしゃれ見えするウエストテープにも注目です。 歩く度にヒラヒラ揺れるシルエットがおしゃれなワイドパンツです。 光沢感のあるベロア素材とカラフルな花柄でトレンド感のある一着です。 定番のフラワー柄ですがプリーツを入れて新鮮に仕上げました。 多色な花柄ですが、シンプルなトップスと合わせればマッチしやすく、いつものコーディネートの幅を広げてくれる一着です。 シックで落ち着いたシャドーフラワー柄のパンツです。 縦のストライプを入れ、モダンな雰囲気に仕上げました。 ハイウエストで脚長効果もあり、付属のベルトでメリハリを付けてトレンドライクな着こなしができる一着です。 上品で鮮やかなフラワーデザインがコーデの主役になるロングシャツです。 インナーはメリハリを付けたスタイリングをすることで、スッキリとバランス良く着こなせます。 羽織としてもワンピースとしても、2wayで着こなせるシャツワンピースです。 深みのあるベースカラーに、甘さのない花柄が、大人向けのエレガントなおしゃれ感を作り出します。 サラリとしてハリ感があり、しっかりとした上質ブラウス生地を使用しており、高級感のある一着です。 ブラウンとネイビーの2色展開です。 フラワー柄カシュクールロングワンピースです。 落ち着いたレトロな雰囲気のある花柄がトレンド感のある一着です。 レトロなローズ柄がトレンドライクなシャツワンピースです。 裾と袖のフレアデザインも今年の流行りで、可愛い印象を与えます。 サッシュベルトでメリハリを付けると、さらにトレンド感のある着こなしができます。 ローズ柄のブラウスです。 羽織るタイプで、フロントは紐で結ぶだけ!今季トレンドのウエストマークとキャンディースリーブがおしゃれポイントの一着です。 抜け感があり、ちょっぴりセクシーなブラウスです。 今季トレンドのヴィンテージ感のあるフラワー柄と光沢感のあるサテン生地を使っています。 バックのリボンデザインが可愛いポイントです! ヴィンテージ感のあるフラワー柄がトレンドライクなロングシャツワンピースです。 大きめの花柄で存在感がありますね!素材はサテン生地を使っており、光沢感があります。 袖口で絞ったリボンが可愛いポイントです! 細かいレース生地に、フラワー柄をプリントしたロングスカートです。 上品で華やかなレディの雰囲気を作り上げます。 ルーズなシルエットのトップスと合わせて、抜け感あるカジュアルコーデがおすすめです。 4.チェック柄 チェック柄は定番で、レトロコーディネートの必須のアイテムです。 チェック柄は種類が豊富なので選ぶのが楽しみですが、シックなコーディネートの場合はグレーのチェック柄がオススメです。 またチェック柄は、ボトムで取り入れることで失敗なく大人らしさを演出できます。 シルエットはタイトロングがおすすめで、ローファーを合わせると旬のマニッシュスタイルを簡単に完成させることができます。 ジャケットを羽織ったり、キャスケットをプラスしても可愛いですよね! ブルーやイエローを基調にしたチェックはもちろん、トップスだと子供っぽくなりがちなレッド系のチェックでも上品なスタイルが叶います。 また、今年人気の「ガンクラブチェック」をご存知ですか? チェック柄でも細かな格子で使う色が2色に限定されているので、大人もコーディネートに取り入れやすいのが特徴です。 主張が強すぎないので、ブラックやホワイトはもちろん前述のパープルにも相性抜群。 「チェックはカジュアルすぎて苦手…」という方はぜひ試してみてください。 密かに流行りつつあるアシメトリーデザイン。 スカートにアシメトリーデザインをほどこすことで、独特の動きが出て、おしゃれで存在感抜群です! グレーのチェック柄のトップスと、ベイクドカラーのボトムスを合わせると一気にトレンド感のある雰囲気に仕上がります。 ボリュームのあるトップスは、ボトムスを細身のものと合わせたり、ボトムスにインしてメリハリを付けたり、スッキリ着こなすのが今年王道のコーディネートです。 5.レジメンタルストライプ 2017年の秋の流行色はベイクドカラーやディープカラーが含まれていますが、それらの魅力を生かす柄の一つがレジメンタルストライプです。 現在では様々な国で定番柄として活用されているお馴染みの柄ですが、元々英国軍の近衛連隊の旗に使われていた模様で、ネクタイの柄としても利用されていました。 レジメンタルストライプが全世界に広まったきっかけは1919年。 当時皇太子だった英国のウィンザー公が訪米時に絞めていたネクタイがアメリカの人達の間で話題になり、あっという間にアイビーファッションの小物として取り入れられるようになったのです。 今年は小物を始めスカートやパンツ、ワンピースなど多くのアイテムが注目されています。 レジメンタルストライプには縦方向と斜め方向の2種類があります。 主にボタンダウンシャツやパンツ、スカートに取り入れられていますが、普通のストライプより太目の線なので、個性的な着こなしをしたい人に適しています。 レジメンタルストライプはトラッドファッションにも活用されやすい柄ですが、日本人向けに細めのストライプや抑え目の配色の商品も展開しているので、気になる方はチェックしてみましょう。 細目の柄を選ぶと大人っぽく洗練された印象になります。 白や黒を基調にしたデザインならモノトーンにも合いますし、前述の秋の流行のディープカラーを合わせる事も出来ます。 この秋発売のワンピースの中にはレジメンタルストライプが使われている物がありますが、ベージュやボルドーカラーの地に黒や白などの線が入った柄が一般的です。 女性らしいデザインが好きな方は袖が七分になっている物なら今年らしさを感じさせる着こなしになります。 全体にレジメンタルストライプが入っているワンピースに抵抗がある場合は、別柄のワンピースのベルト部分にレジメンタルストライプを取り入れているデザインも販売しているので、試してみましょう。 ワンピースを幾通りにも活用したいという方にはガウンワンピースがお勧めです。 ガウンワンピースは一枚でワンピースとして着ても良いですし、肌寒い日の上着としても活用出来る便利なアイテム。 ノーカラーのデザインが多いので下に着るものを選びません。 トップスとボトムスがセットになったツーピースタイプの商品は上下一緒に着る事も出来ますし、別のアイテムと組み合わせる事が出来て便利です。 全部揃えるのが無理な場合はブラウスやスカートを一枚手に入れるだけでも、それまでと違ったコーディネートが楽しめます。 太目のレジメンタルストライプが好きな方はジャケットやパンツなど様々なアイテムを楽しみましょう。 仕事の場では抑え目の配色の柄、それ以外は鮮やかな色の組み合わせを取り入れるのが一般的ですが、周りの人達の意見を参考にすると良いでしょう。 あちこちのアイテムで使うよりワンポイントで使うとより魅力が増して見えますし、タイトスカートやフレアスカートでエレガントな雰囲気にする事も出来るので、重宝する柄です。 その他にも秋冬の流行のファッションは、柄物、キラキラしたベロア素材のアイテムなどがあります。 それらのアイテムは以下の関連記事で紹介しています。 定番のチェック柄を使うのも良いですが、アニマル柄・キラキラしたアイテム・ベロア素材などあまり使わない人も使うと良いです。 「苦手だな」と思っているファッションアイテムも、いつも使わない物を使うと楽しくなり嬉しくなります。

次の

【2020

2020 秋冬 トレンド

Contents• 細身パンツをロングブーツにインして カッコよく着こなすスタイルです。 ここ数年流行ってるオーバーサイズの着こなしとは 反対のコンパクトシルエット。 新鮮ですね! ニーハイブーツ、サイハイブーツも 今年はバリエーション多く登場しそうです。 2020秋冬ファッションおすすめアウターは「ポンチョ」 秋冬ファッションに欠かせないアウター、羽織りもの。 今年はポンチョがきてますよ〜! ブーツインのスタイリングに好相性のポンチョ。 お子さんがいる方は、子供もポンチョ着せて リンクコーデも楽しめそうですね^^ [ad a1] 2020秋冬トレンド「チェーン」使いの小物は要チェック! ごろっとしたチェーンアイテムも続々と出てきそうです。 普通のジャケットじゃ、物足りない〜 オーバーサイズのジャケットコーデに飽きた〜 って方におすすめです。 ベロア素材や刺繍、花柄などなど バリエーション多く登場しそうですよ。 新しいジャケットコーデ、楽しみですね^^ 2020秋冬トレンドアイテム「タキシード風ジャケット」 秋冬ファッションでトレンドアイテムのひとつ、 ジャケット。 ブラックでまとめていつもと違うファッションを楽しみましょう。 2020秋冬ファッション、セットアップは「スカート」で決まり! 2020秋冬のセットアップはスカートが多く登場しそうです。 女性らしさを強調するファッションアイテム、「スカート」。 強く生きる女性。 働く格好いい女性をイメージさせる スカートのセットアップ。 ぜひ働く女性には持って欲しいアイテムです。 強さがテーマの時は必ず出てくるアイテム といっても過言ではありません! ボリュームがあるから小顔効果があるって 知ってましたか?? ぜひ取り入れてみてください^^ 意外と可愛いスタイリングに合います。 厚手であったかいのが特徴です。 キルティングスカートは今年も流行りますね! 新しく加わるのが、キルティングドレス。 ツヤっとした光沢があるので 上品なドレススタイルが完成しますね! 秋冬ファッション、レトロな「スクールガール」コーデもトレンド入り! スクールガールのスタイル、秋冬ファッションではトレンド入りです。 ニットベストにシャツをレイヤードさせて チェック柄スカートを合わせればスクールガールの完成! 大人女性がやるなら、ベージュ系でコーディネートすれば 子供っぽくならず着こなせますよ〜^^ 秋冬ファッション定番「アニマルモチーフ」おしゃれに取り入れて! 秋冬の定番、アニマル柄。 いち早くチェックして 秋冬のおしゃれの参考にしていきましょうね。

次の