許す まじ と は。 許すまじ痔瘻~シートン法手術~

[詩(うた)のゆくえ] 第4部 響け平和へ <1> 「原爆を許すまじ」作詞者 浅田石二さん

許す まじ と は

これが、今回頂戴したテーマだ。 なかなか難しくて重い。 まず、我々が新型コロナウイルスの襲来に見舞われる前の時点で、この国のかたちがどうなっていたのかを抑えておく。 ここから始めるべきだろう。 コロナ前のこの国のかたちは、相当に危険な変形を強いられようとしていた。 そう言わざるを得ないだろう。 今や、どこにどう仕舞い込まれてしまったか分からない「モリカケ問題」。 どう改善されていくのか方針が示されないまま放置されている基幹統計の不正集計問題。 「桜を観る会」の総理大臣による私物化疑惑。 これら一連の問題にまつわりつき、とぐろを巻く「忖度」と「改ざん」という二つのイヤな言葉。 年金収入のみでは、生活費が「30年で2000万円」不足する。 この分析を含む金融審議会の報告書が、明るみに出るという騒動もあった。 この一件については、今になってこんなことが判明するという不始末もさることながら、そのことに対する政府の反応に唖然とさせられた。 所管大臣である麻生太郎金融担当大臣は、この報告書の内容は政府方針にそぐわないとして受け取りを拒否した。 政府が受け取らないのだから、この報告書は存在しない。 そういうことになってしまったのである。 これには背筋が寒くなった。 ここで、ある小説に思いが及ぶ。 かのジョージ・オーウェル作の恐怖の近未来物語「1984年」である。 徹底的な独裁体制と徹底的な監視社会の下で、人々は「二重思考」を強いられる。 昨日までの真理が今日は虚偽になる。 ある出来事が、突如として起こっていなかったことになる。 頭の中で白を黒に塗り替える。 しかも、自分がこの塗り替えを行ったという事実を、瞬時にして脳内で抹殺する。 これらのことができない者は存在自体が抹殺される。 目の前にある報告書が、大臣の一言で目の前から消える。 なかったことになる。 「ある」が瞬時にして「ない」になる。 相当に高度な「二重思考」を要する芸当だ。 それを国民に強要してはばからない。 コロナ前夜のこの国では、こんな行動原理に従っている人々が政策を取り仕切っていたのである。 そして何が起こったか。 我々が目の当たりにしたのは、実に場当たり的かつ情報開示不足で、やり過ぎと及び腰の間を右往左往する対応だった。 なぜ、こういうことになるのか。 それは、政策責任者たちが政策責任の何たるかを理解していないからだ。 理解する気がないからだ。 何しろ、国民に「二重思考」を強いるのが当たり前だと思っているような連中である。 公式行事を私物化して平気の平左の集団だ。 自分の野望や下心やご都合主義やお仲間優遇のためなら、行政にどこまでお先棒担ぎ役をやらせても構わない。 権力とはそういうものだ。 そう考えているとしか思えない。 そんな人々に、まともな有事対応ができるわけがない。 彼らの辞書には、「世のため人のため」というフレーズが含まれていない。 全てが「我がため我がため」だ。 だから、コロナ対応もしょせんパフォーマンスに過ぎない。 パフォーマンスが滑ってはまずい。 どうすれば、パフォーマンスの好評を確実なものにできるか。 ひたすら減点回避型で、もっぱら加点指向型。 これが彼らの基本的な構えだ。 このような構えから出て来る対応は、せいぜい下手くそなモグラたたきだ。 しかも、ここに来てさらに唖然とすることが起こっている。 今、まさにこの時、政府は検察庁法改正案を国会に持ち出している。 検察官の定年を引き上げるとともに、内閣や法務大臣の判断で定年を延長できる規定を盛り込んだ提案である。 事の発端は、1月に黒川弘務東京高等検察庁検事長の定年延長を閣議決定したことだ。 これによって、安倍政権に近いと目される黒川氏に検察トップの検事総長就任への道が開けた。 今回の検察庁法改正案は、後付け的にこの閣議決定に法的根拠を与えようとするものだ。

次の

許すまじ。痔瘻。①痔瘻とは

許す まじ と は

それから真面目な問答が続いたんですの。 私が腕一本と胎児と同じだと云つた事が許すまじき危険思想に響いて居るんですねえ。 私は成るべくなら判つて貰ひたいと思つて随分云ひました。 … 原田皐月『獄中の女より男に』 より引用• だがみなが舞踏室のほうへ戻ってきたとき、エマは彼を目で一生懸命呼び寄せ、お礼を言った。 彼はエルトン氏の行為は許すまじき無礼だと、激しく腹をたてていた。 エルトン夫人の態度もまた彼の非難を免れなかった。 … オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』 より引用• 余のこの塔には、まことにあいふさわしくも、剥製術師に造らせた人間の体を保管してある。 しかあれど、人間がかようなことを鳥になすのは、許すまじき、堪えられぬことだ。 したがって当然の報いとして、即刻おまえを剥製術師に引き渡す。 … クラーク・アシュトン・スミス/大瀧啓裕訳『ゾティーク幻妖怪異譚』 より引用• とI君と話しあったが、会場は緊張した雰囲気で、飲食許すまじの気配が濃厚だ。 東海林さだお『食後のライスは大盛りで』 より引用• 何をか言いわけをしようとするのを、山崎は許すまじき色で手首を持って引き寄せました。 中里介山『大菩薩峠』 より引用• もちろん警備員やスタッフが止めに入るが、少年たちの気合の方がはるかに大人たちの力を上回った。 羽村許すまじと集まった他の少年数十人もこれに加わり、周辺は一気に大騒動となった。 押しくらまんじゅうの群衆の中で、警備員に殴られて目の上を腫らした真平が、賢三の体を入り口の中へとつき飛ばした。 … 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』 より引用• 洞窟の中から走り出て来た五、六人の石工は、市九郎の危急を見ると、挺身して彼を庇いながら「了海様をなんとするのじゃ」と、実之助を咎めた。 彼らの面には、仕儀によっては許すまじき色がありありと見えた。 … 菊池寛『恩讐の彼方に』 より引用• と、実之助の言葉は、あくまで落着いていたが、そこに一歩も、許すまじき厳正さがあった。 が、市九郎は実之助の言葉をきいて、少しもおどろかなかった。 … 菊池寛『恩讐の彼方に』 より引用• 彼はただその目を爛々と輝かしていた。 その目にはなにかしら、許すまじきものがあった。 … 佐左木俊郎『恐怖城』 より引用• 柄の悪い少年たちがインタビューを受けている。 賢三同様に羽村許すまじと駆けつけた美甘子ファンらしかった。 彼らと少女ファンがあちこちで小競り合いを起こしていた。 … 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』 より引用• その釣り上った眼の中から憎悪の光が迸るように見えました。 ただ姉が弟を叱るだけの態度ではなくて、眼の前にあることを一刻も許すまじき 嫌悪 けんおの念から来るもののようでしたから、お君はいよいよわからなくなって、ほとほと立場に苦しむのでありました。 … 中里介山『大菩薩峠』 より引用• 瞋というのは、いろいろのことに怒ることです。 他人のことに口惜しがり、また決して許すまじと思い募る激情です。 痴というのは馬鹿のことです。 … 岡本かの子『仏教人生読本』 より引用• 一年間以上も自分の家の門外に姿を現わしたことのなかったドラミン老人も、大骨折りしてここへ運ばれてきていた。 審議会の空気は、敵への許すまじき怒りがみなぎっており、もし御老体が一言賛成したら、直ちに行動が開始されたに違いない。 しかし、愛息の火のような勇気を知り抜いているドラミンは、あえて一言も発しようとしなかったのだと私は思う。 … コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(下)』 より引用• この古狸の老刑事は、昭和五年以来の執念をこめて、関係者のいかなる虚言をも許すまじと、 虎視眈々 こしたんたんと眼を光らせ、おりおり鋭い質問をそばから放った。 それらの一問一答は、小山という若い屈強の刑事によって丹念に記録され、田原警部補や井川老刑事も、とくに重要と思われる部分は、めいめいメモを取っていた。 … 横溝正史『金田一耕助ファイル08 迷路荘の惨劇 v0. 9』 より引用• だが、もうこうなっては、のがれるわけにはゆきません。 先方の 咎 とがめが、許すまじき威圧を以て抑えているという意味のみではなく、実は米友の良心として、もはやこのままごまかしてはいられなくなりました。 … 中里介山『大菩薩峠』 より引用• それ以外のことを全然考えていないと言っても華厳の滝上りではないわ。 だから新入団員にだって 妥協 だきょうは許すまじと思うワケよ。 … 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』 より引用• ビニールシートの四隅に石を置いただけ、という簡単なのもあれば、四隅に真新しい杭を打ち、ヒモを張りめぐらし、固有の領土を強くアピールしているところもある。 もっと領土意識、防衛意識の強いところは、張りめぐらしたヒモにズラリと洗濯物風に新聞紙をかけまわし、侵略許すまじの姿勢を一層明確にしている。 … 東海林さだお『タコの丸かじり』 より引用• ところがいつものように彼女はすまなそうな顔をしただけだった。 もし私が彼女だったら、同僚の男の薄笑いや、後輩の気の強い女の子の、ミスは絶対許すまじという厳しい責め苦には耐えられない。 いままでだって嫌なことは数限りなくあっただろう。 … 群ようこ『無印OL物語』 より引用• すると旧主人は新主人に向って、この上は仕方がないから貴方が本人を雇ったという証書を書いてくれと請求した。 新主人は烈火の如く怒って答えるには、貴方は人間の子と物品と間違えて居られるようであるが、物品ならば拙者は預り書も差上げようが、奴隷売買は廃され人間は自由の権を与えられたる今日、かくの如き人権を無視するということは許すまじき乱暴の行為である。 それでも本人をつれ戻さねばならぬものならば、首に繩でも結びつけて引張って行かれようと叱ったので、彼の旧主人は渋々帰って行った。 … 相馬愛蔵『私の小売商道』 より引用• 鞍頭の高い特殊な鞍にまたがり、解放された足裏のぜんたいで駱駝の首を律動的に蹴りつけて、たちまち駱駝の速度をあげさせます。 騎馬の群盗が横行 跋扈 ばっこするなど許すまじと、すでに矢をつがえて、長槍も 擲 なげつけんばかり。 しかも人員の補充された部隊は大集団です。 … 古川日出男『アラビアの夜の種族1』 より引用.

次の

許すまじ。痔瘻。①痔瘻とは

許す まじ と は

この「許すまじ。 」シリーズでは 痔瘻になった体験談を主に、そしてそれに伴って判明したピロリ菌。 逆流性食道炎について体験を書こう と思っています。 まず、痔瘻とはなんなのか。 お腹を下したら 便が軟らかくなりますよね。 軟らかい便は 肛門の壁にヒュッと入り込みます。 入り込んだ便には 大量の菌がいますよね。 その 菌が壁をずんずん突き進みます。 ずんずんずんずん突き進んで、 膿が出てたまります。 すると、高熱が出ます。 39度を超えます。 その間も菌はずんずん突き進み… ついにはおしりに肛門以外の穴があくのです… もちろん便がここから出るようなことはありません。 が・・・膿が出てくるんです。 この膿でパンツが汚れてしまったり・・・ なので、治療用の女性用のナプキンが必須になる場合も。。。 ちなみにこの半年以上。 私は24時間ナプキンをつけて生活しています。 便の通り道をくり抜き、そこにゴムや糸を通して、時間をかけて肉を切ってしまう手術です。 メリットは比較的重度な痔瘻でも、再発しない完治が期待できる点です。 また、 括約筋や肛門の形に悪影響なく完治が期待できます。 デメリットは 治療期間が長いこと。 そしてその間ゴムがおしりに付き続けること。 菌の通り道を周りの肉と一緒に取り去ってしまう手術です。 メリットは治療期間がシートン法と比べて短く済むことと、括約筋を痛めることなく手術できる点ですね。 デメリットは 再発する可能性が高いことです。 これは非常に恐ろしいデメリットですよね。 いま治療中の私としては再発という言葉は本当に絶望的な言葉です。 そのおかげで約一年治療中ですが。。 というか軽度な痔瘻にしか施術できません。。 というのも手術の方法を簡単に言うと、膿の道より外にある肉を切ってしまうのです。 とにかく、軽度な痔瘻にしか使えません。 重度ならば括約筋をおおきく失ってしまうことになるからです。 メリットは再発が起こりにくいことと、比較的簡単な手術という点滴。 デメリットは肛門の形がいびつになることがあること。 最悪の場合は便を我慢することもできなくなるかも。。。 痔瘻とはこんな病気です。。 私はシートン法で手術をしましたので私の体験記はシートン法の体験記になります。 興味がある方は先に進んでみてください!.

次の